Agile Cat — in the cloud

2013年 : 世界の データセンターの マトメ

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Open Compute by Agile Cat on December 21, 2013

大きく躍進した、今年のインターネット・インフラたち・・・
http://wp.me/pwo1E-72y

Agile_Cat_Loupe

_  space

モバイルからインフラまでをカバーしたいと、常々 考えている Agile_Cat ですから、今年もデータセンター関連情報には力を入れてきました。 そして、この数年を振り返ってみると、データセンターへの関心が、年を追うごとに高まっているようです。 その背景には、これまでは秘密にすべきとされてきた、データセンターに関する情報が、クラウドが躍進するにつれてオープンにされていくという、状況の変化があるのだと思えます。 もちろん、金融や証券といった市場のためのデータセンターは、これからも秘密裏に運用されていくでしょう。 しかし、クラウド・プロバイダーたちはインフラを開示することで、その顧客たちに信頼性をアピールしたいと考え、また、環境への配慮なども理解して欲しいと願っているはずです。つまり、それぞれの企業における理念が、そのインフラを見ることで明らかになってくるのです。 なお、Open Compute Project(Facebook も含む)に関しては、来週にマトメをポストします!

_  space

1/09: コ・ロケーションのための、データセンター Hotsopt を探せ!
1/18: Open Compute Summit 2013 : エコロジーと Asia Pacific
3/01: Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界
3/04: 無印 サーバー は 22% UP : ブランド サーバー は DOWN – Gartner
5/02: Facebook はプライバシーのために、10% のリソースを割り当てる
5/08: Google Glass : 新たな要求をクラウドに突き付けるのか?
5/24: シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
6/06: 空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
6/22: IBM の DC 温度/湿度センサー・ロボットが凄い! まるで ルンバだ!
7/02: IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!
7/02: 400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリングの理論とは?
7/02: 世界中の DownTime をライブで表示:Pingdom の素敵なマップ
7/19: SoftBank と Bloom Energy が提携:最新の燃料電池が日本にやってくる!
8/18: Google が 5分ほど落ちた : そしたら 5千万円ほど 吹っ飛んだらしい
8/19: Google のダウンは数分で収まったが、Microsoft は数日を要してしまった
8/20: 今度は Amazon.com がダウン : US リージョンで 約 45分間
8/28: Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう
9/18: Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
9/25: Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
10/02: クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生
10/08: インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
10/10: SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ
10/22: Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
10/29: Google の洋上データセンター : SF に続いて 東海岸にも出現!
10/31: NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
11/18: Data Center の調査 : DC 内 IP トラフィックが 2017年には 3倍に増大
11/28: Cisco の悩み : 楽観できない見通しと、低迷する株価
12/02: Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
12/10: Google Load Balancing : 100万リクエスト/秒を達成!
12/12: 世界のデータセンター・スペース : 余っているのか? 不足しているのか?

_  space

datacenter_55こうして、この 1年の動きを眺めてみると、計算能力の上昇とメモリの低価格化により、コンピューティング密度が一挙に高まってきたと感じられます。 そこに、光の活用が加わり、キャパシティとスピードを売りにしたデータセンターが、経済性を確保した上で、インターネット・インフラを新たな次元へと、引っ張りあげているような感じです。 おそらく、来年は、データセンター運用における効率化が、大きなテーマとなっていくはずです。 それを実現するためには、SDN や DCIM などの洗練が、欠かせない要因となるでしょう。 また、これだけインフラが整備されてきたのであれば、インターネット接続の在り方も再考すべきという、議論も熱を帯びてくるでしょう。 年明け早々の、1月の Agile_Cat は、Open IX にフォーカスしていきますので、どうぞ、お楽しみに!image

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: