Agile Cat — in the cloud

NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?

Posted in Businesses, Data Center Trends, Telecom by Agile Cat on October 31, 2013

NTT Communications Acquires Controlling Interest in RagingWire
http://wp.me/pwo1E-6Q8
October 28th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/10/28/ragingwire-data-centers-is-acquired-by-ntt-communications/

_ DC Knowledge

In a move that will dramatically expand its presence in the U.S. data center market, Japan’s NTT Communications will acquire an 80 percent equity interest in RagingWire Data Centers for $350 million, the companies said today. RagingWire’s founders and management team will continue to operate the company under the RagingWire brand and maintain a minority interest.

米国のデータセンター市場において、そのプレゼンスを大きく高めようとする動きの中で、Japan の NTT Communications は  RagingWire Data Centers から、その発行株式の 80% を $350 million で取得したと、今日(10/28)の段階で発表している。また、RagingWire の Founder たちと経営陣は同社に残り、RagingWireブランドの下で運営を継続し、さらには、一定の株式を維持していく。

A look at the interior of one of the RagingWire data centers in Sacramento.

The deal will more than double NTT Com’s data center footprint in the U.S., where it currently has data centers in northern Virginia and Silicon Valley. NTT says the additional 650,000 square feet of space operated by RagingWire will allow it to meet strong demand for data center services in North America. It also positions NTT for future growth, as RagingWire has an expansion underway in Sacramento and has acquired property for a large campus in the key data center hub of Ashburn, Virginia.

この合意により、Virginia 北部や Silicon Valley に複数のファシリティを所有する NTT Com は、アメリカにおけるデータセンター床面積を、二倍以上に拡張することになる。そして、NTT は 、RagingWire が運用する 650,000 平方フィートが追加されることで、北米のデータセンター・サービスにおける、需要を満たしていくと発言している。RagingWire の Sacramento ファシリティの拡張が進み、Virginia の Ashburn でハブとして機能する、主要データセンターの大規模キャンパスの取得が進むにつれて、NTT における将来の成長に向けたポジションが確立していく。

NTT is also paying $525 million to acquire Virtela Technology Services, a Denver-based firm that specializes in managed network services, including software-defined networking (SDN) and enterprise cloud services. Between them, the Virtela and RagingWire deals represent an $875 million investment by NTT in the global data center market.

さらに NTT は、Denver ベースのマネージド・ネットワーク・サービス企業である、Virtela Technology Services も $525 million で買収しようとしている。同社のテクノロジーには、SDN(Software Defined Networking)とエンタープライズ・クラウド・サービスが含まれるという。つまり、グローバル・データセンター市場へ向けた NTT からの投資額は、Virtela と RagingWire の取得だけで $875 million に達するものとなる。

“We are rapidly expanding our capabilities to provide cloud and telecommunications solutions worldwide, and the deal with RagingWire is critical to increasing our overall capacity, providing data center infrastructure management tools which enhance colocation service’s reliability and efficiency,” said Akira Arima, CEO of NTT Communications. “RagingWire leads the data center industry in availability, innovation, and customer experience, and that will enhance our global cloud solutions significantly.”

「 私たちは、ワールドワイドにおけるクラウドとテレコムの通信ソリューションを提供するという、当社としてのキャパシティを急いで拡大している。その意味で、RagingWire との契約は、当社の全体的なキャパシティを高めるためるものであり、きわめて重要なものとなる。それにより、コロケーション・サービスの信頼性と効率を高めるための、DCIM(Data Center Infrastructure Management)ツールを提供していく。 供給能力および、イノベーション、カスタマ・エクスペリエンスという観点において、RagingWire はデータセンター業界をリードしている。そして、それにより、私たちのグローバル・クラウド・ソリューションが強化されていく」と、NTT Communications の CEO である Akira Arima は述べている。

Poised for Expansion

RagingWire has annual revenues of approximately $85 million, and has been growing at about 30 percent a year. The company was founded in the year 2000 and has approximately 300 employees at its campuses in Sacramento, California, and Ashburn, Virginia.

RagingWire の年間売上は、$85 million ほどであり、その成長率は 30%/年となる。同社は 2000年に設立され、約300人の従業員を有し、また、Sacramento, California と Ashburn, Virginia にキャンパスを持っている。

RagingWire has begun construction of a new 150,000 square foot data center in Sacramento and will soon break ground on a 78 acre parcel of land in Ashburn, Virginia where it plans to build up to 1.5 million square feet of data center space. The company has more than 200 Internet and enterprise customers including such notable names as Flextronics, Polycom and NVIDIA.

RagingWire は Sacramento において、15万平方フィートのデータセンター構築に着工している。そして、間もなく、Ashburn, Virginia の 78エーカーの区画にも着手する。そこでは、150万平方フィートにいたる、データセンター・スペースを建設する計画だという。同社には、200社を超えるインターネットとエンタープライズの顧客があり、そこには Flextronics や Polycom、NVIDIA といった有名どころも含まれている。

“The RagingWire management team and employees are excited to be part of the NTT family of companies,” said George Macricostas, founder and CEO of RagingWire. “By joining NTT, we will be able to extend our data center platform globally, expand the markets we serve and add more strategic value to our customers.”

「 RagingWire の経営陣と従業員は、NTT ファミリーの一員になることを喜んでいる。NTT グループに参画することで、データセンター・プラットフォームのグローバルな展開、および、マーケットの拡大、顧客に対する戦略的な価値付加の提供が可能になる 」と、RagingWire の Founder and CEO である George Macricostas は発言している。

The acquisition reflects the increasingly global nature of the data center business. Although the U.S. remains the largest market for data center services, data center developers and service providers have been rapidly expanding their presence in the Asia Pacific market. RagingWire won’t be the only prominent provider with a Japanese parent company, as Telehouse is owned by Japanese telco KDDI.

今回の買収は、グローバル化が促進されるデータセンターという、このビジネスの特質を反映したものとなる。データセンター・サービスとデータセンター・デベロッパーにとって、現時点における最大の市場はアメリカであるが、サービス・プロバイダーたちは、Asia Pacific 市場でのプレゼンスを急激に拡大している。Japanese telco である KDDI が Telehouse を所有するという状況が示すように、Japan に親会社を持つ唯一の著名なプロバイダーとして、RagingWire が存在しているわけではないのだ。

RELATED POSTS:

NTT Communications Adds Enterprise Cloud Locations
Closer Look: RagingWire’s Virginia Data Center
RagingWire Plans Major Data Center Campus in Ashburn
RagingWire Adds $140 Million Credit Facility
NTT Communications Acquires India’s NetMagic

ーーーーー

image23このところ、キャリア・クラウドをめぐる動きが活発ですね。 先日に、『 Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす 』という抄訳をポストしましたが、この他にも、BT のアジア戦略など、目の離せないシナリオがたくさんありますね。 そして、NTT Com はというと、先月に Silicon Valley リサーチ・センターを開設したばかりという状況です。なんか、ワクワクしてきますね!image

ーーーーー

<関連>

NTT Com が 85% を出資する、英 Gyron のデータセンター・ビジネスとは?
NTT の 100% 子会社である Dimension Data が OpSource を買収
NTT と KDDI の アジア戦略をアメリカ目線で確認する
Telcom の持論 と Amazon の実践 : クラウド・バトルは どうなる?
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

ソーシャルからの参照数は Facebook がブッチギリで、PI と TW が追う : それを示す1枚のチャート

Posted in Facebook, Pinterest, Research, Social, Twitter by Agile Cat on October 31, 2013

Facebook And Pinterest Dominate Traffic Referrals On The Web; Google+ Is ‘Dwarfed’ By Rivals
http://wp.me/pwo1E-6Q4
Jim Edwards – Oct. 23, 2013
http://www.businessinsider.com/facebook-and-pinterest-dominate-traffic-referrals-on-the-web-google-is-dwarfed-by-rivals-2013-10

_ Business Insider

Facebook and Pinterest are the new kings of referred traffic, according to Shareaholic, a company that distributes sharing widgets and monitors where traffic comes from on the web.

Facebook と Pinterest は、参照トラフィックの新しいキングである。 このレポートは、Web 上のトラフィック経路をモニタリングするために、共有ウィジェットを配布している企業である、Shareaholic の調査による。

The company looks at traffic arriving on 200,000 sites, and measures who sends it there. Over the last year, Shareaholic, says, Facebook, Pinterest and to a lesser extent Twitter have come to dominate where traffic comes from on the web:

同社では、200,000 の Web サイトへと到達するトラフィックを参照し、その送信元を測定しているのだ。Shareaholic が言うは、昨年を通じて Facebook と Pinterest が、このエリアを支配し、そこから少し離れた位置に Twitter がいるとのことだ:

___space

___space

These three social media power players collectively accounted for 15.22% of overall traffic last month. Given their community and share-friendly nature, it’s no surprise that they top the list in traffic referrals and have grown more than 54% each in share of overall visits. Facebook grew 58.81%, Pinterest by 66.52% and Twitter 54.12%. Pinterest’s growth is especially interesting now that the company is flirting with paid advertising.

先月の測定では、これらの 3つのソーシャル・メディアを合わせると、Web トラフィック全体に対して 15.22% の勢力となる。それらのコミュニティおよび、トモダチとのシェアという性質を考えると、リフェラル・トラフィックの上位を独占していることも、それほどの驚きではない、さらに言えば、それらのソーシャル・メディアは、その値を年間で 54% 以上も伸ばしているのだ。それぞれの増加率は、Facebook で 58.81%、Pinterest で 66.52%、Twitter で 54.12% である。とりわけ、いまでは有料広告を惹きつける存在になった、Pinterest の成長が著しい。

Unfortunately, Google+ still isn’t having much of a comparative impact, Shareaholic says.

そして、残念なことに、Google+ は依然として、その競争力を発揮できないでいると、Shareaholic は発言している。

Google+ isn’t yet competitive. Although Google+ referred a fair number of visits to online publishers last month (0.04% is a substantial number when we’re looking at a data set of hundreds of millions of visits), it is hardly a leading referral source. Google+ is consistently dwarfed by the competing social media sites.

たしかに、Google+ には競争力が生じていない。先月の Google+ は、オンライン・パブリッシャーに、かなりのトラフィックを誘導してはいるのだが(私たちが 数百万のビジター・データセットを見る限りでは、0.04% が妥当な値であった)、リフェラル・ソースを代表するポジションには、なり得ていない。Google+ は、競合するソーシャル・メディア・サイトの中にあって、存在感を発揮できないでいる。

ーーーーー

research_552ソーシャルに関する、これまでの調査では、たとえばユーザー数や、滞在時間などを取り上げられてきましたが、リフェラルを調べるたというのは、ちょっと記憶にありません。 この Agile_Cat ですが、やはり Facebook と Twitter からの参照は多いですし、日本のサービスである Hatena、Gnosy、Vigow などにも、お世話になっているという状況です。 Facebook が強いのに納得し、Pinterest が急成長しているのに驚きます。Image(221)

ーーーーー

<関連>

Pinterest : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!
Twitter ユーザー : 米国外に 78% が居住している
モバイル・アドが倍増したが、まだ 全体の 15% に過ぎない
Facebook が セレブたちを支援 : VIP アカウントとは?
Facebook がトップの国々:世界 137カ国中 127カ国を数える

Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?

Posted in Data Center Trends, DCIM, Facebook by Agile Cat on October 30, 2013

The Facebook DCIM whale that got away, Facebook builds its own DCIM solution
http://wp.me/pwo1E-6PQ

TUESDAY, JULY 30, 2013 AT 4:06PM
http://www.greendatacenternews.org/articles/share/625489/

image

Some use the term Whale Hunting to describe going for the big sale, and I would expect that some had used this term going for a DCIM sale at Facebook.

何人かの人々は、捕鯨という言葉を、大売出しを表現するために用いる。 そして、私は、Facebook における DCIM の大売出しのために、この言葉が使われることを期待していた。

If you don’t like the Whale analogy.  Another one is the biggest wins are many times like the "belle of the ball" where companies are the most attractive for a sale.

捕鯨という比喩を、あなたは気に入らないかもしれない。それなら、企業にとって最も魅力的な買い物は、パーティの華と知り合うような思わぬ幸運に似ている、はどうだろう。

Whatever analogy you use the Whale or Belle these companies are smart and know what the market looks like and is used to turning away advances and not taking the bait on a hook.

クジラにしろ、パーティの華にしろ、それらをモノにする企業はイカしている。 そして、マーケットが注目するものを知り、前払いには背を向け、釣針が潜むエサに飛びつくこともない。

Then Facebook sends this message out discussing DCIM at DCD SF.

そして Facebook は、DCD SF で DCIM について議論しようと、以下のメッセージを発信している:

The management tools used today are already a hodgepodge of DIY and third-party solutions. The DCIM solution Furlong hopes will emerge from the current effort will establish a line of communication between management tools on the server side and management tools on the data center side.

今日において用いられているマネージメント・ツールは、すでに DIY と サードパーティ・ソリューションの寄せ集めになっている。Furlong が望む DCIM ソリューションは、現時点での取り組みから生じるものであり、サーバー側とデータセンター側という、2つのマネージメント・ツールの間で、コミュニケーション・ラインを確立していくものである。

Facebook is stuck. With as important as DCIM is, it is not a high enough priority to dedicate the resources to solve.

Facebook は、立ち往生している。DCIM と同じくらい重要であり、それを解決するための専門的なリソースが割り振られていないという、ハイ・プライオリティの領域は他にない。

At the same time, using software-engineer hours to build a solution from the ground up does not make business sense. “Our software developers are better utilized worrying about our infrastructure and worrying about product than they are worrying about data center space.”

それと同時に、ソリューションをゼロから構築するためにソフトウェア·エンジニアの時間を使用することは、ビジネス面で妥当ではない。 「 私たちソフトウェア・デベロッパーたちは、データセンター・スペースを心配する以上に、インフラの活用とプロダクト自身のことを気にかけている」

You don’t hear glowing reviews of DCIM SW from the Whales or Belles in the industry.  Does this mean DCIM is only good enough for the smaller less attractive companies?

つまり、業界におけるクジラやパーティの華から提供される、DCIM ソフトウェアに関する称賛のレビューなど聞いたことがない。 結局のところ、DCIM は、魅力的な企業にとって、小さな問題なのだろうか?

Digital Realty has chosen to build its own DCIM which is part of why they’ll discuss their solution.

Digital Realty は、独自 DCIM の構築を選択している。 以下は、そのソリューションにおける背景と説明の一部である。

SAN FRANCISCO, May 13, 2013 /PRNewswire/ — Digital Realty Trust, Inc. (NYSE: DLR), a leading global provider of data center solutions, announced today that it launched EnVisionSM, a comprehensive data center infrastructure management (DCIM) solution.  EnVision provides increased visibility into data center operations, including the ability to analyze data in a manner that is digestible and actionable; a user interface with displays and reports that are tailored to data center operators; and access to historical data as well as predictive capabilities.

SAN FRANCISCO, May 13, 2013 /PRNewswire/ –  今日のことだが、データセンター・ソリューションのリーディング·グローバル·プロバイダである Digital Realty Trust  (NYSE: DLR) は、包括的な Data Center Infrastructure Management (DCIM) ソリューションである EnVisionSM を立ち上げたことを発表した。EnVision が実現するのは、データセンターの運用に関する高度な可視性であり、理解と対応が容易な形式でのデータ分析能力および、データセンター事業者に合わせて調整された、ディスプレイやレポートによるユーザー・インターフェイス、そして、過去のデータへのアクセスだけではなく、許容量に関する予測機能などを、取り込むものである。

"Up until now, data has been collected, but it has not necessarily been easily accessed or arranged in an intuitive manner that is helpful to a data center operator," said David Schirmacher, senior vice president of portfolio operations at Digital Realty. "The goal in rolling out EnVision across our global portfolio is to give our customers a common database that is structured around the specific needs of data center operators and can therefore manage the millions of data points that are found in today’s large-scale facilities."

「 これまでの方式では、データは収集されるにしても、データセンター・オペレータにとって有用かつ直感的な形式で、容易にアクセスできるように配置されているわけではない。グローバル・ポートフォリオを横断する、私たちの EnVision で実現するゴールは、顧客に対して共通データベースを提供することである。それは、データセンター・オペレータ固有のニーズに合わせて構成され、また、今日における大規模ファシリティで見られる、数百万のデータ·ポイントを管理を可能にするものである」と、 Digital Realty の Senior VP of Portfolio Operations である David Schirmacher は発言している。

DataCenterDynamics discusses this is not a threat.

DataCenterDynamics では、それが驚異的なものではないと、説明している。

DCIM vendors should not see this trend among hyper-scale operators as a threat, however, Ascierto says. Yes, their physical footprint does represent a sizable chunk of the addressable market, but the market is so immature, and the market penetration rate of DCIM is so low, there are plenty of other operators to go after, she says.

しかし、DCIM ベンダーは、ハイパー・スケール・オペレータにおける、このトレンドを脅威として捉えるべきではないと、Ascierto は述べている。たしかに、取り組みが可能と思われる市場において、それらの物理的なフットプリントは、相当量のカタマリを表現しているが、その市場は、とても未熟である。そして、市場での DCIM 浸透率は、とても低い。 つまり、数多くのデータセンター事業者が、それに続いていくことになる、と彼女は発言している。

Not getting the big win may not be a threat, but it never feels good to miss the big sale that could be bragged about as the Whale or Belle of the Ball.

大きな成果が得られていないことを恐れる必要はないが、クジラやパーティの華を自慢するような、大売出しが欠落していることを、良しと思うべきでもないのだ。

ーーーーー

image23DCIM というと、このところは CA や Schneider といったベンダーが頑張っていますが、ここで取り上げられている Facebook をはじめ、Google にしても、Amazon にしても、何らかのソリューションを持っているはずなので、それを公開してほしいと願う人も多いはずだと思います。 とくに、Facebook においては、Open Compute Project もあるのですから、その期待が、更に膨らむのも当然です。先月に、『 Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築 』という抄訳をポストしましたが、そこでは、Facebook は Do It Yourself オプションを見出していると、説明されていました。 そうなると、クジラとか、パーティの華とか、やはり期待してしまいますよね! image

ーーーーー

<関連>

Open Compute について、知っておくべき 10 の事柄
Facebook の空母のようなデータセンター: 効率/温度/湿度 を Web モニタリング
Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう
Facebook が Iowa にもデータセンターを作る? これも デカイ!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!

Google の洋上データセンター : SF に続いて 東海岸にも出現!

Posted in Data Center Trends, Energy, Google, Green IT by Agile Cat on October 29, 2013

Google could have a floating data center in Maine, too
http://wp.me/pwo1E-6PC

by
Daniel Terdiman – October 25, 2013
http://news.cnet.com/8301-1023_3-57609412-93/google-could-have-a-floating-data-center-in-maine-too/

image

The tech giant is likely building a floating data center in San Francisco Bay. But a very similar project rolled into the harbor in Portland, Maine, earlier this month. The two are definitely connected.

この、ハイテク界の巨人は、San Francisco Bay に浮かぶデータセンターを構築しているようだ。そして、きわめて似かよったプロジェクトが、Portland, Maine の港でも展開されていることが、今月の初めに分かった。この 2つのプロジェクトは、絶対に連携していると思う。

___space

(Credit:John Ewing/Portland Press Herald)

This structure, seen on a barge in Portland, Maine, could well be a Google floating data center. A very similar structure is under construction in San Francisco Bay.
Portland, Maine で確認された、このハシケの上に設置された構造物だが、Google の洋上データセンターである可能性が高い。 そして、きわめて似かよった構造物が、San Francisco Bay では建設中となっている。

___space

As CNET reported Friday, it looks very much like Google has been building a floating data center made from shipping containers on a barge in the middle of San Francisco Bay. But it may not be the only one of its kind.

CNET が、金曜日にレポートしたように、Google は San Francisco Bay の真ん中で、洋上のハシケの上に輸送用のコンテナを設置し、それをデータセンターに仕立てあげようとしている。 そして、Portland の構築物も、それに似ているように思える。 つまり、このプロジェクトは、二ヶ所で並行して推進されているのだろう。

Google has not responded to multiple requests for comment. But the project in San Francisco Bay appears likely to be the manifestation of a 2009 patent for a "water-based data center," and would likely leverage the fact that wave energy can provide cheap and plentiful power.

Google には何度か問い合わせているが、何のコメントも戻っていない。しかし、この San Francisco Bay におけるプロジェクトは、同社が 2009年に取得した特許である "water-based data center" を、具現化したものとも思える。つまり、波のエネルギーを活用する、安価で豊富な電力が供給されることになるのだろう。

Now it seems as though Google may well have built a sister version of the project, and, according to the Portland Press Herald, it recently showed up in the harbor in Portland, Maine.

そして、いま、Google は、このプロジェクトにおける姉妹版を構築したかのように見える。Portland Press Herald によると、その構築物が、最近になって Portland, Maine 港に現れたとのことである。

In both cases, the structures on both barges appear to be made from a number of shipping containers, many of which have small slats for windows, and each has one container that slants down to ground level at a 45-degree angle.

双方のケースとも、ハシケの上の構造物は複数の搬送用コンテナで構成されるが、その多くは芯棒により固定されている。 そして、1つのコンテナが、下向き 45度の角度で設置されている。

___space

(Credit:Tom Bell/Portland Press Herald)

The registration on the Portland barge is "BAL 0011," which ties it to the barge in San Francisco Bay, which has the registration number "BAL 0010." Both are owned by By and Large, LLC.
なお、Portland のハシケに記された登録番号は "BAL 0011" であり、San Francisco Bay の "BAL0010" と連番になっている。 そして、その所有者は、どちらも By and Large, LLC である。

___space

If that wasn’t enough to establish that the two are related, it’s also clear that both were built on barges owned by the same company. The one in San Francisco Bay was built on top of a barge with the registration "BAL 0010," while the one in Portland harbor is on a barge with the registration "BAL 0011." According to online documents, both are owned by By and Large, LLC. That company, which has a miniscule online profile, is also the current tenant in Hangar 3, an immense building alongside the pier where the San Francisco Bay project is under construction.

それだけでは、2つのプロジェクトの関連性を確証できないかもしれないが、少なくも、同じ会社が所有するハシケの上に構築されていることは明らかだ。 San Francisco Bay の構造物は、"BAL 0010" という登録番号のハシケに構築され、また、Portland のハシケは "BAL 0011" である。 そして、オンラインで検索したところ、どちらも By and Large, LLC に所有されていることが分かった。同社のオンライン・プロファイルは、あまり詳しいことを書いていないが、現時点で Hangar 3 のテナントになっているようだ。 そして、この埠頭で、巨大な構造物を建造するという、San Francisco Bay プロジェクトが進められているのだ。

___space

(Credit:James Martin/CNET)

The structure that is likely a Google floating data center, on a barge in San Francisco Bay.
San Francisco Bay のハシケ上で構築される、Google の洋上データセンターと思われる構造物。

___space

Now the question is, if there’s one in San Francisco Bay and another in Maine, are there more out there? If you’ve seen a barge with a large structure that looks like the ones pictured here, please let me know.

ここで疑問が生じてくるのだが、1つが San Francisco Bay にあり、もう1つが Maine にあるのなら、どこかに、もっとあるのではないだろうか?この記事で示されている、巨大な構造体を乗せたハシケを見かけたら、ぜひ、教えて欲しい。

ーーーーー

image128文中でも紹介されているように、Google の洋上データセンターに関しては、だいぶ前に特許が申請されたとき、ちょっとした騒ぎになっていました。そして、その後ですが、『 Google がフィンランドに作った海水冷 DC とは? 』という抄訳でご紹介したように、すでに Google は、海水冷のデータセンターを運用しているので、さまざまなデータを所有しているはずです。あの、45度に傾いたコンテナは、熱交換器に吸い込まれてしまった魚などを、捨てるためにあるのでしょうか :) それにしても、デカイですね。 いったい、何本のコンテナを束ねているのでしょうかね?

ーーーーー

<関連>

Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
Google が 5分ほど落ちた : そしたら 5千万円ほど 吹っ飛んだらしい
46MW を湖水で冷却し PUE 1.1 を実現する、アルプスの巨大データセンター
Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ
コ・ロケーションのための、データセンター Hotsopt を探せ!

 

Nexus 5 の発売日は 11月1日で、値段は $349 からというリーク情報が!

Posted in Google, Mobile, Qualcomm by Agile Cat on October 29, 2013

Nexus 5 launching on November 1st; Will be available in black and white
http://wp.me/pwo1E-6Pt
By:
Dusan Belic -October 28th, 2013
http://www.intomobile.com/2013/10/28/nexus-5-launching-november-1st-available-black-and-white/

_ into Mobile

Good ol’ EVleaks. Their latest leak is Nexus 5… in white. As you can see for yourself, this will be one hot device with top-notch specs that include Qualcomm’s Snapdragon 800 quad-core chip clocked at 2.3GHz, 4.95-inch full HD screen, LTE connectivity support, and 16 or 32 GB of internal storage. It is said that the price will start at $349, and launch on November 1st.

EVleaks は、以前からのお気に入りである。 そして、彼らの最新のリークは、White の Nexus 5 である。あなも納得できると思うが、このデバイスは、Qualcomm Snapdragon 800 – 2.3GHz Quad-Core および、4.95-inch Full HD スクリーン、LTE 接続のサポート、16GB or 32GB の内部ストレージを持つ、きわめてホットなものとなっている。さらに、価格に関しては $349 からはじまり、出荷は 11月1日になるとしている。

Yeah, we can’t wait to be among the first ones getting this beast phone. And we suggest you also push the button the moment it hits the Google Play Store. You’ll hardly get a better deal anywhere else. Plus, you’ll also benefit from the timely (as in “be the first to get it”) updates to the Android platform…

そう! この猛獣のようなスマホは、何を差しおいても手に入れたいし、待つなんてことはできやしない。そして、このスマホが Google Play Store に登場する瞬間に、買い求めることをオススメする。これを買い求めることは、他の何より難しいことなのかもしれない。しかし、それを手に入れるということは、最新の Android プラットフォームも得るという、素晴らしいタイミングでもあるのだ…

ーーーーー

TAG index最後のところが、思わせぶりっぽいですが、おそらく KitKat が搭載されるという意味なのでしょうね。 それにしても、このスペックで、しかも SIM Free で、$349 という値段は魅力的です。スマホとして使うことも、ミニ・タブレットとして使うことも可能で、Galaxy Note あたりとガチンコ勝負になりそうですが、価格的には、この Nexus 5 が圧倒的に優位だと思います。  関連情報としては、先週の 『 Android が元気だ : Nexus 5 は $349 なのか? Dell のタブレットは $149だ。Lenovo は Android ラップトップを投入する! 』というポストもありま~す!image

ーーーーー

<関連>

Android デベロッパーに朗報 : Analytics で Google Play 内でのトラッキングを実現
Android が iOS 7 を凌駕する、12 のポイントとは?
Android の分断されたバージョン : それを示す1枚のチャート
Android が all Windows を逆転した:それを示す1枚のチャート
Android のキャラクタは、トイレの、あのマークに触発された?

Hybrid の調査: プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある

Posted in Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on October 28, 2013

Hybrid Cloud Computing: Private Clouds to Mutate into Hybrid Ones?
http://wp.me/pwo1E-6Pn

By Dick Weisinger, on October 17th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4098

_ formtek

Hybrid cloud computing is a combination of infrastructure and services built from combinations of public cloud-computing, a private cloud computing and an on-premises network.

ハイブリッド・クラウド・コンピューティングとは、パブリック/プライベート・クラウドおよびオンプレミス・ネットワークの組み合わせから構築される、インフラとサービスのコンビネーションのことである。

Jeff Wilson, principal analyst for security at Infonetics Research, when summarizing the findings of a study said that, “the best way that vendors can serve customers over the next 3 to 5 years is by delivering true hybrid solutions that seamlessly integrate deployment, policy management, enforcement mechanisms, and reporting across on-premise and hosted solutions.  And also by helping customers get more out of their existing solutions…  Businesses are hoping hybrid SaaS (security-as-a-service)/on-premise solutions will be the magic bullet that kills the security efficacy and complexity problem.”

Infonetics Research の主席アナリストである Jeff Wilson は、ある調査から得られた概要として、「 最もベストな展開は、それぞれのベンダーが、これからの 3年〜5年の間に、本当の意味でのハイブリッド・ソリューションを、彼らの顧客に提供できるようになることだ。そこでは、統合のためのシームレスなデプロイメントおよび、ポリシーの管理、執行のためのメカニズム、オンプレミスとホスティングのソリューションを横断するレポーティングなどが、解決していなければならない。そして、顧客が既存ソリューションから、より多くのものを引き出せるよう、支援することも必要である。数多くの企業が、SaaS(security-as-a-service)とオンプレミスを組み合わせたソリューションが、セキュリティの有効性と複雑さという問題を、完全に排除する特効薬になると期待している」 と述べている

ECM-vendor Alfresco, agrees with that vision and is one of very few software vendors that offer a true hybrid cloud solutionDavid Gildeh, Director of Cloud Services at Alfresco, said that “at Alfresco, we believe hybrid is the only way the enterprise today can address all their ECM needs. We’ve called cloud-only vendors bluff that everything can be managed in the cloud. We’ve also addressed the gaps of legacy on-premise only vendors who can’t meet the increasing needs for enterprises to securely share content outside their firewall with third parties or mobile devices.”

ECM ベンダーである Alfresco は、このビジョンに賛同し、また、本物のハイブリッド・クラウド・ソリューションを提供している、数少ないソフトウェア・ベンダーの中の一社である。Alfresco の Director of Cloud Services である David Gildeh は、「 Alfresco では、ECM における、すべてのニーズに対処するために、今日のエンタープライズが利用できる唯一の方式が、ハイブリッドだと考えられている。私たちは、すべてをクラウド上で管理できると言う、クラウドに特化したベンダーに対して、それはブラフだと主張してきた。また、私たちは、オンプレミスとレガシーのギャップに直面し、エンタープライズで増大しているニーズを満たせないベンダーたちにも、手を差し伸べてきた。 そこでは、ファイアウォールの外側で、コンテントをサード・パーティと共有し、さらにはモバイル・デバイスにも対応するというモデルを、セキュアにしていく必要がある」と発言している

Thomas Bittman, analyst at Gartner, said that “so what does all this mean now? It means look out – the world is not going to be neatly divided into separate private and public cloud services. To maximize efficiency and take advantage of publicly available cloud services, we’re going to munge them together. Private clouds, in particular, will not stay simply ‘private’ for long – Gartner expects most private cloud services to become hybrid.”

Gartner のアナリストである Thomas Bittman は、「 いまの、すべての状況は、何を意味するのだろうか?つまり、この世界は、プライベートとパブリックのクラウド・サービスに、きれいに分離されるものではない、というふうに見える。パブリックに利用できるクラウド・サービスの利点を活かし、効率を最大化していくためには、2つのクラウドを融合させなければならない。とりわけ、プライベート・クラウドについて言及するなら、長期間にわたって ” プライベート " に留まるとは思えない。Gartner が期待すりのは、ほとんどのプライベート・クラウドが、ハイブリッド・クラウドへと変化していく未来である 」と述べている

ーーーーー

research_55最近のハイブリッドに関する話題としては、なんといっても、CERN と Rackspace の協業が興味深いです。 これも、センタライズされた CERN の研究所と、世界中に散らばっている研究者を結びつける、ある種の Enterprise Content Management システムであり、本文で述べられているような懸念を、両者が協力して解決していくというものです。詳しくは、『 Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは? 』 という抄訳をご覧ください。 また、CERN って何? という場合には、『 Google Glass : 新たな要求をクラウドに突き付けるのか? 』のYoutube を お勧めします。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査
OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Amazon が通り過ぎた後に、どれだけのクラウドが生き残れるのか?
AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する

Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!

Posted in Entertainment, Google, Open Graph by Agile Cat on October 27, 2013

Google’s Music Knowledge Graph With YouTube, Google Now, New Carousel & More
http://wp.me/pwo1E-6Pf

Oct 23, 2013 –
Barry Schwartz
http://searchengineland.com/googles-music-knowledge-graph-with-youtube-google-now-new-carousel-more-174893

image

Part of Google’s big birthday event & Hummingbird announcement was that Google has made some serious strides to the knowledge graph. One such example was visible a week or so after the announcement, which was a major improvement and user interface change for musician-related search terms.

Google のビッグな誕生日イベントと、Hummingbird に関する発表の一部は、そのナレッジ・グラフが、いくつかの点で大幅な進歩を遂げているというものだった。その事例となるものが、一週間ほど前というか、その発表の後に見かけられるようになった。 具体的に言うと、ミュージシャン関連の検索用語が大幅に改善され、また、ユーザー・インターフェースも変更されている。

For example, when you search for [neil young] you are given a typical knowledge graph on the right side. If you search for [neil young songs] you are presented with a new songs carousel, displaying the songs Neil Young has published over the years.

たとえば、[neil young] を検索すると、画面の右側に、典型的なナレッジ・グラフが提供される。また、[ neil young songs ] を検索するなら、その新曲が表示されるが、カルーセルを回転させることで、この数年における Neil Young の曲が表示される。

Here is a picture of what I see:

これが、私が参照した、画面のクリップである:

If you click on a song, you are given a rich experience, showing a YouTube video of the song, with more details about the song, the artist, and the song carousel at the top. You can even click on the “keep you updated” link to get Google Now alerts on this artist.

そして、いずれかの曲をクリックすると、とてもリッチなエクスペリエンスが提供される。つまり、その曲の YouTube ビデオが表示され、アーティストなどに関する詳細が説明され、その曲のためのカルーセルがトップに表示される。さらに、 “keep you updated” リンクをクリックすると、そのアーティストに関するアラートを、Google Now が伝えてくれる。

Some readers are reporting not seeing the music carousel, but only seeing the YouTube videos. We cannot replicate that action.

一部の読者は、ミュージック・カルーセルが出てこないので、YouTube の動画だけを見ていると、レポートしてくれた。 そして、私たちも、アクションを再現できないでいる。

ーーーーー

TAG indexそぉかぁ~~~ :) Knowledge Graph + YouTube + Google Now の組み合わせって、言われてみれば、音楽のための、これほど美しいというか、ドンピシャなものは無いですよね。 さすがですという感じで、このところ文句を言わせるスキすら見せない、Google 先生です。 Facebook の Open Graph が、ユーザーによる知の集合体を目指すなら、Google の Knowledge Graph は、もっとフォーマライズされた知の体系を目指すという意味が、だんだんと分かってきたように思えます。 なお、文中にある Hummingbird については、以下の 「検索アルゴリズム」のリンクを、ご参照ください。image

ーーーーー

<関連>

Google の検索アルゴリズムが大幅に変更 : そして、誰も気づかなかった
Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!
Google の Knowledge Graph は、映画の画面をタップすれば俳優の名前も教えてくれる
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう
Facebook の News Feed は、どう 変わったのか? なぜ 変わったのか?
Facebook の超高速ストレージ : TAO の詳細を説明しよう

Twitter ユーザー : 米国外に 78% が居住している

Posted in Research, Social, Twitter by Agile Cat on October 26, 2013

78% of Twitter’s Users are Outside the U.S.
http://wp.me/pwo1E-6P8
By Zoe Fox – Oct 7. 2013
http://mashable.com/2013/10/07/twitter-us-international-growth/

_ Mashable

Twitter‘s international user growth is far outpacing its domestic rate.

Twitter は、インターナショナル市場で順調に成長しているが、そのペースも凄まじいものとなっている。

Image: iStockphoto

Since 2010, Twitter’s international user base has grown 745% — from 20 million to 169 million users. Its user base in the United States has only grown 390%, from 10 million to 49 million users.

Twitter のインターナショナル・ユーザー・ベースは、2010年との比較において 745% という成長率を示し、20 million から 169 million へと、そのユーザー数を増やしている。 一方、アメリカでのユーザー・ベースというと、その成長率は 390% であり、ユーザー数も 10 million から 49 million へと増加するに留まっている。

Statista‘s chart, below, shows Twitter’s relative growth in the U.S. compared to its growth internationally.

以下の、Statista のチャートが示すのは、インターナショナルとアメリカでの成長率を、相対的に比較したものである。

___space

___space

How do you think the company should position its expansion strategy? Let us know in the comments below.

Twitter は、その拡大戦略を、どのように評価すべきなのだろうか? あなたの考えを、コメント欄で教えてほしい。

ーーーーー

TAG indexこの数年、なにかというと Facebook のみが、注目を浴びる状況が続いていましたが、Twitter も IPO を決めたことで、メディアでの取り上げ方が変わったきたように思えます。 Twitter が日本に上陸し、注目を集め始めたころ、角川春樹さんが、『 長屋の井戸端会後のようなものだから、日本人に合っている 』と言っていたことを思い出します。 そして、3.11 のときには、Twitter により、数多くの命が救われたはずです。 このように、日本の場合は、Facebook よりも Twitter の方が先に浸透したこともあり、海外のメディアの捉え方に、ちょっとした違和感を覚えますが、なにはともあれ、Twitter にオメデトウと言いたいです。Image(221)  

ーーーーー

<関連>

Twitter が 7歳になった : 素敵なビデオで思い出を ど~ぞ
Google Maps の広告が、Twitter に掲載される事情とは?
Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?
15歳は言う:イケてるのは Snapchat と Instagramで、ダサい FB や TW はゴメンだわ!
主要ソーシャル・メディアについて、年齢と性別の分布を調べてみた

 

%d bloggers like this: