Agile Cat — in the cloud

iPad のビジネスは大丈夫なのか? : それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Post-PC, Research by Agile Cat on August 31, 2013

CHART OF THE DAY: What The Heck Happened To Apple’s iPad Business?
http://wp.me/pwo1E-6ye

Jay YarowJul. 24, 2013
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-what-the-heck-happened-to-apples-ipad-business-2013-7

_ Business Insider

Apple’s iPad business, which is supposed to be its second mega-business, has already hit the wall as far as growth is concerned.

Apple における第二のビッグ・ビジネスになるはずの iPad だが、その成長が懸念されるというカベに、すでに突き当たっているようだ。

Last quarter, Apple reported sales of 14.6 million units, a 14% drop on a year-over-year basis. On the company’s earnings call, Apple’s execs said that if you look at the actual sell through of the iPad, and factor in channel inventory changes, then it was down 3%.

直近の四半期(2013 Q2)において、Apple は 14.6 Million 台の iPad を出荷したとレポートしているが、それは昨年同期との比較において 14% も低い数字である。同社の収支報告会において Apple の経営陣は、iPad の販売における現実を見れば、また、販売チャネルの在庫数の変化を考えれば、前年比において 3% のダウンに過ぎないと発言している。

Part of the reason the iPad business fell is that Apple didn’t roll out a new version of the iPad last quarter. In the June 2012 quarter, it was introduced the high-resolution iPad which boosted sales. With no new model of the iPad, sales lagged in comparison.

iPad ビジネスが低迷している原因の 1つとして、この四半期に Apple が 新しいバージョンを展開していないことが挙げられる。 昨年の 4月~6月期においては、高解像度 iPad が投入され、売上高を押し上げていた。つまり、iPad も新モデルが無いことには、売上が伸びていかないのだ。

However, last year Apple wasn’t selling the iPad Mini. The $329 iPad Mini should have provided enough of a lift to offset the lack of a new iPad model.

しかし、昨年の時点では、Apple は iPad mini を販売していなかった。 この、新しい iPad モデルが登場しなかったことによる落ち込みは、$329 の iPad mini により、充分に補われているはずだ。

___space

___space

This isn’t just a one-off bad quarter. If you look at the trend, you can see that growth is in a general nose dive for the iPad. Analyst Gene Munster says the reason the iPad business is weaker than expected is that the market is "becoming more price sensitive than we previously expected." In other words, consumers are buying cheaper tablets from Apple’s rivals.

ただ、この四半期だけが、落ち込みの傾向を示しているのではない。 このチャートで、これまでのトレンドを見れば、iPad の成長曲線が、全体的にジリ貧の状況にあることが分かるだろう。アナリストである Gene Munster は、iPad ビジネスが予想以上に脆弱な理由として、「これまで以上に、このマーケットが価格主導になったきた」ことを指摘している。言い換えれば、消費者たちは Apple のライバルから、安価なタブレットを購入しているのだ。

For why that’s troubling for Apple, check out Henry Blodget’s take here…

Apple の問題点を、詳細までトレースしたいなら、Henry Blodget のポスト を参照して欲しい。

ーーーーー

TAG index今月の初めに、『 Android 対 iPad : 並走の昨年から、大差の今年へと、変化するタブレット市場 』という抄訳をポストしましたが、スマホにかぎらず、このタブレットの領域においても、凄まじい Android 旋風が吹き荒れているようです。 まぁ、タブレットの主流が、10-inch から 7-inch に移行しているという雰囲気もあるので、仕方ないのかもしれませんが、やはり、iPad には頑張って欲しいと思います。それと、App Store と Google Play の比較ですが、国ごとのテリトリーを持たない Google Play の方が、Agile_Cat は圧倒的に好きです。この点、なんとかなりませんかね? Apple さん・・・ __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iPad Mini の比率が 60% を超えた! それは、それで、大成功なのだが?
スマホ・アプリ Top-10 : 2013 Q2 のランキングをチャートで!
Bloomberg も、薄い iPad 5 と、Retina iPad mini の、裏付けを取ったようだ
Android ヒストリー 写真集 : 世界の 80% を飲み込むパワーを探る
インド市場におけるモバイル・シェア : ここでも Samsung が強い!
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

 

Facebook が Wall Street に愛される理由 : すでにモバイル・アドの 16% をゲット!

Posted in Advertising, Facebook, Mobile by Agile Cat on August 30, 2013

Here’s Why Wall Street Loves Facebook Again
http://wp.me/pwo1E-6y5
August 28, 2013 –
Peter Kafka
http://allthingsd.com/20130828/heres-why-wall-street-loves-facebook-again/

_ all things D

Why did Facebook climb back past its 2012 IPO price this summer, and why has the stock stayed up there?

なぜ、この夏に Facebook の株価は、2012年の IPO レベルを超えるにまで上昇し、なおかつ、そこに留まっているのだろうか

Easy. Because when Facebook announced its Q2 earnings in July, it made a strong case that it had figured out how to make money on mobile ads — which had previously looked like they might sink the company.

その答えはシンプルである。この 7月に Facebook が Q2 の決算を発表したとき、モバイル・アドから収益を上げる仕組みが、すでに考え出されているというパワフルな状況が示されたのである。なお、以前には、それ自体が、同社の勢いを削ぐかもしれないと、懸念されていたものである。

クリックで拡大 ⇒

And here’s what that argument looks like in chart form, via new numbers from eMarketer. The research company figures that Facebook is now on pace to control 16 percent of the mobile ad market this year. That’s up from 5.35 percent last year, and from a goose egg the previous year.

ここでは、eMarketer からグラフ形式で提供された、新しい数値を用いて論点を探っていく。この調査会社の計算によると、いまの Facebook は、今年のモバイル・アド市場の 16% をコントロールするペースで突き進んでいるようだ。そして、昨年は 5.35% であり、一昨年はというと 0% なのである。

Interesting to note that Facebook’s growth hasn’t come at Google’s expense — hard to displace those search ad dollars, and Google has recently started making money from YouTube mobile ads, too — or any of the other biggish mobile players, like Twitter or Pandora.

この Facebook の成長が、Google とは無関係に生じているという指摘が興味深い。つまり、モバイルでは、それらのサーチ・アドから収益を上げることが難しいのだ。そして、最近の Google は、YouTube モバイル・アドから収益を上げ始めている。それは、Twitter や Pandora といった、他の大手モバイル・プレーヤーにも言えることである。

More interesting ad projections here.

この、広告に関する詳細は ココに。

ーーーーー

imageこれから、さまざまなものがモバイルに集約され、また、それに付随して、広告の世界もモバイルに引き寄せられていきます。そして Facebook には、すべての情報のノードをリンクしていく、Open Graph というテクノロジーがあります。 よろしければ、以前にポストした 『 Facebook と Open Graph : 小売業が活用すべき理由 』という抄訳を ご覧ください。Image(221)

ーーーーー

<関連>

Facebook モバイル・アドの 高速突破力 : それを示す1枚のチャート
Facebook のハッシュ・タグは、いまのところ広告には開放されていない
モバイル・マーケティング 支出は 2015年 に $20B:米調査結果をチャートで!
モバイル広告 2013 予測 : GOe が 50% のシェアを維持し、FB は 333% 成長を達成
Pinterest が見えてきた : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!

 

Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開

Posted in .Selected, Cloud Foundry, OpenStack, PaaS, VMware by Agile Cat on August 29, 2013

Piston Provides OpenStack Infrastructure to Cloud Foundry Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-6xZ
Maria Deutscher | August 25th
http://siliconangle.com/blog/2013/08/25/piston-provides-openstack-infrastructure-to-cloud-foundry-ecosystem/

_ Silicon Angle

Piston Cloud has started a new chapter in its partnership with EMC and VMware spin-off Pivotal by setting up an OpenStack environment for the Cloud Foundry development community. The two companies had previously collaborated on an interface that allows the VMware-developed platform-as-a-service (PaaS) solution to run on top of OpenStack.

Piston Cloud は、EMC と VMware からスピンオフし、Cloud Foundry 開発コミュニティに OpenStack 環境を提供する、Pivotal とのパートナーシップにより新しい領域へと飛び込むことになった。この両社は、以前より、VMware が開発した PaaS ソリューションを、OpenStack 上で実行するための、インターフェイスの作成において協力関係にあった。

imagePiston hopes that the deployment will enable “large-scale continuous integration testing” of Cloud Foundry and OpenStack. The goal is to accelerate the growth of the former ecosystem by empowering developers to create and “easily accept contributions from anyone.”

Piston が望むのは、このデプロイメントにより、Cloud Foundry と OpenStack に関する、大規模スケールでのインテグレーション・テストが継続的に展開される状況である。その目標は、デベロッパー達による開発に権限を与え、誰からのコントリビューションも受け入れることで成長してきた、これまでのエコシステムをさらに加速させることである。

Piston Cloud co-founder and CTO Joshua McKenty is joining the Cloud Foundry Advisory Board. The companies will demonstrate the implementation at the upcoming Platform: The Cloud Foundry Conference in Santa Clara.

Piston Cloud の Co-Founder and CTO である Joshua McKenty は、すでに Cloud Foundry Advisory Board に参加している。そして、この両者は、Santa Clara で開催される、The Cloud Foundry Conference で、これから仕上がってくるプラットフォームの実装をデモンストレーションする。

“We believe that the Cloud Foundry platform has the potential to become a remarkable asset that a broader ecosystem can leverage to enable a new generation of applications for the cloud,” said James Watters, the head of product, marketing and ecosystem at Pivotal. “We are already seeing significant traction from joint customers who want to combine the agile Cloud Foundry platform with OpenStack. We are very grateful for Piston’s investment in both Cloud Foundry’s community infrastructure and Joshua’s participation on the advisory board. We look forward to growing and expanding an open Cloud Foundry community together.”

「 私たちは、Cloud Foundry プラットフォームに、きわめて重要な資産となる可能性が秘められていると信じる。それにより、より広範におよぶエコシステムが、クラウドのための新世代アプリケーションを実現していくだろう」と、Pivotal の Head of Product, Marketing and Ecosystem である James Watters は述べている。そして、「 私たちは、Cloud Foundry と OpenStack をアジャイルに接続したいという共通の顧客たちが、このプロジェクトを強力に推進しているのを確認している。Cloud Foundry コミュニティ・インフラとアドバイザリー・ボードへの Joshua の参加という、Piston の取り組みには、とても感謝している。私たちは、オープンな Cloud Foundry コミュニティを、一緒になって成長させることを楽しみにしている」 と続けている。

Pivotal’s decision to adopt OpenStack may undermine VMware, which rightly perceives the project as a threat to its core virtualization business. Chief executive Pat Gelsinger stated in an interview that “we don’t see it having great success coming into the enterprise” because most organizations are heavily invested in their VMware environments, but prominent customers such as PayPal are proving otherwise. The ecommerce giant started rolling out OpenStack in May.

Pivotal が OpenStack を採用するという決定は、VMware を弱体化させるだろう。つまり、そのコアである仮想化ビジネスに対して、脅威をもたらすプロジェクトとして知覚される。CEO である Pat Gelsinger は、「 私たちは、それがエンタープライズで大成功を収めているとは思っていない」と、インタビューで述べている。それは、大半の組織が VMware の環境に対して、大規模な投資を行っているからという理由によるのだろうが、PayPal などの著名な顧客は、他の方向性を明らかにしている。 この eコマース・ジャイアントは、OpenStack の展開を、この 5月に開始している。

ーーーーー

image本文中で述べられている Piston と Pivotal の提携という話は、以前にポストした 『 Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた! 』という抄訳に関連することだと思います。ただ、この記事で出た 2012年4月の時点での、Cloud Foundry と Pivotal の関係はというと、明らかにはされていたかったはずです。それにしても、オープンな IaaS と PaaS の代表格が、このように接続されていくことに、大きな流れが加速しているような印象を受けますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベートとは?
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

 

OpenStack を Next Linux にする : Red Hat が考えるサーティフィケーションとトレーニングとは?

Posted in .Selected, OpenStack by Agile Cat on August 29, 2013

Red Hat Launches New OpenStack Certification
http://wp.me/pwo1E-6xQ

Nicole Henderson on August 26, 2013
http://www.thewhir.com/web-hosting-news/red-hat-launches-new-openstack-certification

_ Web Host Industry

The certificate launched on Monday, combined with the expansion of its OpenStack administration course, will cover new capabilities in the latest release

この月曜日(8/26)に立ち上げられたサーティフィケーション・プログラムは、OpenStack アドミン・コースの拡張と、最新リリースでカバーされる新機能を組み合わせるものとなる。

ーーーーー

Red Hat announced on Monday its new Red Hat Certificate of Expertise in Infrastructure-as-a-Service and extended training for Red Hat’s OpenStack technology.

Red Hat は月曜日に、IaaS における Red Hat Certificate of Expertise と、Red Hat OpenStack トレーニングの拡張をアナウンスした。

As a part of its open hybrid cloud strategy, Red Hat launched its Red Hat Enterprise Linux OpenStack platform in June at the Red Hat Summit. In a blog post announcing its new training, Red Hat says the platform is “the next Linux” in terms of company focus: “As with Linux, we expect to set the benchmark for a technology that is rapidly proving to be a game changer in the industry,” Iain Gray, vice president, global services, Red Hat said.

同社は 6月の Red Hat Summit で、そのオープン・ハイブリッド・クラウド戦略の一環として、Red Hat Enterprise Linux OpenStack プラットフォームを立ち上げている。そして、新しいトレーニング・コースを発表するブログ記事で、このプラットフォームを、The Next Linux として捉えていると述べている。 具体的には、「 Linux のケースと同様に、この業界におけるゲーム・チェンジャーだと証明された、テクノロジーのためのベンチマークを設定していきたい」と、Red Hat の VP Global Services である Iain Gray が発言している。

“From cloud migration strategy consulting, to Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform product-pilot implementation services, through complete IaaS-based solution development, we can support our customers through every stage in their cloud journey,” Gray said.

「 戦略的なクラウド・マイグレーション・コンサルティングから、パイロット的な Red Hat Enterprise Linux OpenStack プラットフォーム・プロダクトの導入サービスにいたるまで、私たちは IaaS ベース・ソリューションの完ぺきな開発を通じて、その道筋における全ステージで、顧客たちをサポートしていける 」 と、Gray は発言している。

imageEarlier this year, Red Hat introduced its Red Hat OpenStack Administration course. The certificate launched on Monday, combined with the expansion of its OpenStack administration course, will cover new capabilities in the latest release and provide preparation for the Red Hat Certificate of Expertise in Infrastructure-as-a-Service Exam.

今年の初めに、Red Hat OpenStack Administration コースが紹介されている。そして、月曜日にローンチされたサーティフィケーション・プログラムが、その OpenStack Administration コースと組み合わされ、最新リリースにおける新機能をカバーしていく。さらに、Red Hat Certificate of Expertise in IaaS 試験のための準備が進められる。

OpenStack lends itself to various types of training. Rackspace was one of the first providers to launch OpenStack training, but more recently, OpenStack bootcamp provider and systems integrator Mirantis closed $10 million in funding to grow its training program, and Piston Cloud Computing launched its training series for OpenStack, offering courses for cloud administrators, end users, developers and use-specific training, including Cloud Foundry integration.

OpenStack には、多様なトレーニングが提供されている。OpenStack トレーニングを立ち上げたプロバイダーは Rackspace だったが、最近では OpenStack Bootcamp の提供者であり、システム・インテグレーターでもある Mirantis が、そのトレーニング・プログラムに関連して、$10 million のファンドを得ている。また、Piston Computing も OpenStack に関連して、クラウドのアドミン/エンドユーザー/デベロッパーのためのコースを提供し、そこには、Cloud Foundry インテグレーションまで取り込まれている。

As the first open source company to surpass $1 billion in revenue, Red Hat is in a strong position to drive success through open source training and supporting services for OpenStack. In a recent quarterly report, Red Hat said it derives revenue and generates cash from customers from two sources: subscription revenue and training and services revenue.

オープンソース企業として、初めて $1 billion 以上を稼ぎだすことになった Red Hat は、OpenStack のためにトレーニングやサポートといったサービスを成功させるという点において、きわめて強いポジションにある。Red Hat の四半期報告書(直近)は、サブスクリプションとトレーニング/サービスという、2つの領域における顧客から、売上が生じていることを示している。

“Training and services revenue increased 12.5 percent or $5.3 million for the three months ended May 31, 2013 as compared to the three months ended May 31, 2012,” Red Hat said in the earnings report.

「 2013年の 3月~5月期と、昨年の同期を比較すると、トレーニングとサービスからの売上は 12.5% ほど上昇し、$5.3 million に至っている 」と、Red Hat は決算報告書で述べている。

ーーーーー

openstack-55a先週にポストした、『 OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ! 』という抄訳でも、Red Hat の Executive Vice President である Paul Cormier が「OpenStack は Linux を再現する」と発言していることをお伝えしましたが、それが具体的に動き出したという感じですね。 Linux のレベルに到達するには、まだまだ時間がかかると思いますが、なかなか素晴らしい Red Hat の第一歩ですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
Red Hat の CEO は語る – Google や Facebook は、Linux と OSS に借りがあるはずだ

iPhone 5S が Youtube にリーク : GOLD も 5C もあるよ!

Posted in Apple, Mobile by Agile Cat on August 28, 2013

GOLD IPHONE 5S PHOTOS
http://wp.me/pwo1E-6xJ

Jay Yarow – Aug. 27, 2013
http://www.businessinsider.com/gold-iphone-5s-photos-2013-8

_ Business Insider

Screenshot

As we get closer (and closer) to Apple’s actual launch event for the iPhone 5S, we’re getting more (and more) leaked images of the phone.

Apple による iPhone 5S のローンチが近づくにつれて、このスマートフォンのリーク・イメージがたくさん溢れてくる。

The latest leak is a hands-on video from AppAdvice with the gold iPhone and the iPhone 5C, which is the low-cost iPhone.

最新のリークは、AppAdvice からのハンズオン・ビデオであり、そこには GOLD iPhone 5S に加えて、廉価版 iPhone 5C も含まれている。

If you haven’t seen what Apple’s gold iPhone is going to look like, this is a pretty clear video.

まだ、GOLD iPhone 5S を見ていないなら、つまり、その出来栄えを確認していないなら、このビデオが最適だ。

___space

___space

We did screengrabs of the video because it’s easier/quicker to look at the images that way. You can see the video here, or flip through our gallery. Use the arrow keys on your keyboard to blast through the pictures if you go the gallery route.

そして、私たちは、このビデオから、いくつかの静止画もキャプチャした。こちらを見てもらえれば、そのイメージを容易かつ迅速につかめるだろう。このビデオもしくは、ギャラリーを参照して欲しい。ギャラリーのルートから、キーボードの矢印キーを操作すれば、すべての写真をウォークスルーできる。

ーーーーー

速報です!__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iPhone 5S の最終予測 : お洒落なイラストを作りましたよ ~
iOS 7 の Beta 5 は、ここまで仕上がっている!
iPhone 5S の発表が、9月10日に決まったらしいが・・・
iPhone 5S の リーク写真 : アルミ筐体の詳細が写っているが?
iPhone 6 の夢をかたる写真集が登場した : ただし来年の話です

Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Google, Open Compute, Strategy by Agile Cat on August 28, 2013

Forget servers; One day Facebook, Google and other web giants will make their own custom chips
http://wp.me/pwo1E-6xC

By
Stacey Higginbotham
http://gigaom.com/2013/07/06/forget-servers-one-day-facebook-google-and-other-web-giants-will-make-their-own-custom-chips/

_ Gigaom

Summary: Will web giants soon follow in Apple’s footsteps with the iPhone, and design specialty silicon for the servers running their operations? An AMD executive thinks that day is around the corner.

Summary: Web の巨人たちは、すぐにでも Apple における iPhone の足跡をたどり、彼らが運用するサーバーに特化された、シリコン・チップをデザインしていくのだろうか?  ある AMD の幹部は、その日が迫っていると考えている。

ーーーーー

photo: (c) 2013 Pinar Ozger
pinar@pinarozger.com

It has become clear that ARM is invading the data center as chips built using its designs grow more powerful for enterprise computing loads and as the workloads and economics of webscale computing make the ARM architecture more attractive. But using ARM cores also changes the cost of designing a new chip, and frees the non-CPU elements on the chip from being dictated by a specific vendor.

しだいに明らかになってきたことは、ARM はエンタープライズ・コンピューティングにおける負荷とワークロードに対して、チップ構成をパワフルにしていくためのデザインを成長させ、データセンターに侵入しようとしていることだ。そして、Web スケール・コンピューティングの経済が、ARM アーキテクチャをより魅力的にする。さらに言えば、ARM Core の利用は、新しいチップのデザイン・コストを変更し、特定ベンダーにより決定されている、チップ上の non-CPU 要素を解放する。

Both of these trends are driving webscale companies to discuss making custom CPU cores for their specific workloads, and are allowing startups to try to break into the world of interconnect fabrics and memory management that used to be locked to a specific x86 core. Right now big web companies like Google and Facebook are designing and building their own gear but soon they may want to have a few chip designers on hand as well.

これらのトレンドが、Web スケール・カンパニーにおけるワークロードに対応する、カスタム CPU コアを作成しようという議論を推進している。 つまり、x86 コアにロックされてきた、インターコネクト・ファブリックとメモリ・マネージメントの世界への、スタートアップたちによる侵入を許容しようとしているのだ。そして、いま、Google や Facebook といった巨大な Web カンパニーは独自のギアを設計/構築しているが、それほどの時間を待つことなく、チップ・デザイナーも手中に収めたいと考えるだろう。

With ARM custom server chips are cheaper and faster

Facebook’s Open Compute
technologies on a rack.

Andrew Feldman, GM and corporate VP at AMD, explained this idea in a series of conversations with me over the last few weeks in which he estimated that one could build an entirely custom chip using the ARM architecture in about 18 months for about $30 million. He compared this to the three or four-year time frame and $300 million to $400 million in development costs required to build an x86-based server chip.

AMD の GM and Corporate VP である Andrew Feldman は、この数週における私との会話の中で、いくつかの考えを説明してくれた。そのときに、彼は、ARM アーキテクチャを用いる完全なカスタムチップの構築が、約18ヶ月の時間と、$30 million のコストで実現されると推定していた。そして、x86 ベースのサーバーチップを構築するためには、3年~4年のタイムフレームと、$300 million ~ $400 million のコストが必要になるとも比較していた。

He wrote in an email:

This vast change in the cost and time to market opens the door for large CPU consumers (mega data center players) to collaborate with ARM CPU vendors–say by paying part of the cost of development– in return for including custom IP that advantages the Mega Data center owners software/offering. There are conversations underway on this topic with nearly every major megadata center player in the world. The mega data center owners are building warehouse scale computers. It is not surprising that they have ideas on custom IP that would advantage their own software and would like that IP embedded into a CPU — ARM makes this feasible by bringing down the cost and development time of CPU creation.

この、立ち上げまでのコストと時間における大きな変化により、大規模な CPU 消費者(メガ・データセンター)が開発コストの一部を支払うことで、ARM CPU ベンダーとの協業のドアが開かれるだろう。そして、見返りとして、メガ・データセンターの所有者たちは、ソフトウェアと提供物に先進性をもたらす、カスタムな IP を得ていく。ほぼ、すべての、世界のメガ・データセンター・プレーヤーたちが、このトピックに関連して、なんらかのビジネスを進めているはずだ。つまり、メガ・データセンターの所有者は、倉庫のような規模のコンピュータを構築しようとしている。彼らが、自身のソフトウェアにおけるアドバンテージとして、カスタムな IP のアイデアを有し、それの IP を CPU に組み込もうとしていても、さほど驚くべきことではない。  ARM は、CPU 開発におけるコストと時間を抑制することで、それを可能にするのだ。

This is a deeper component to Feldman’s talk at Structure about how the shifts in personal computing habits from PCs to less powerful mobile phones and tablets has changed the infrastructure needs of web companies that do most of the computing in the cloud for these devices.

それは、Structure で Feldman が説明した、奥行きのある構成要素に関するものだ。つまり、PC から、それほどパワフルではないモバイルやタブレットへと向けた、パーソナル・コンピューティングにおける傾向の変化が、それらのデバイスのためのクラウド・コンピューティングを提供する、大半の Web カンパニーのインフラ・ニーズをシフトさせるというものである。

Yet custom chips aren’t limited to improving the computing economics at webscale vendors. Feldman said there is a company using custom-made chips on boards to mine Bitcoins, a rumor I had heard at our Structure event, but couldn’t confirm. I’m not sure if the custom-chips are using ARM cores however.

しかし、カスタムチップにおける経済性の向上は、Web スケール・ベンダーのコンピューティングに限定されるものではない。Feldman は、Bitcoins をマイニングするボード上で、カスタム・メイドのチップを使用した企業があるとも発言していた。そのウワサは、私たちも Structure イベントで聞いたが、実態を確認することはできなかった。また、そのカスタム・チップが ARM コアを使用しているのかどうかも分からなかった。

The point however is the same. Building a custom-chip that can efficiently mine Bitcoins is totally worth the cost of building such a processor.

しかし、視点は同じである。 つまり、Bitcoins を効率的にマイニングするカスタム·チップには、そのようなプロセッサを構築するコストに見合うだけの、価値が含まれるという事例である。

But wait, there’s more!

So the Facebooks, Amazons and Googles of the world may soon make their own chips so they can take full control of their computing economics. It may already be happening: Back in 2010 Google bought a company called Agnilux that reportedly was trying to build a power efficient server chip, and details about what Google did with that company are scant. Maybe it’s designing its own server silicon already, much like Apple designs its own iPhone and iPad processors.

したがって、世界における Facebook/Amazon/Google の人々は、ただちに自身のチップを作成することで、自身のコンピューティング経済を完全にコントロールできるだろう。すでに、それが生じている可能性もあル。  話は 2010年に戻るが、Google が買収した Agnilux は、電力効率の良いサーバーチップを構築する会社だった。しかし、Google が Agnilux を使って、何をしたかのかという情報は乏しい。おそらく、Apple が iPhone と iPad の独自プロセッサをデザインしたように、独自のサーバー・チップをデザインしているのかもしれない。

But the use of ARM cores for the CPU also means that there’s a secondary effect for startups and webscale vendors. Today’s CPUs are generally composed of the CPU core and all the related IP associated with how the CPU gets and sends bits; things like I/O, memory controllers, PCI Express interconnects and other elements that most people don’t ever think about are also on a typical x86 chip. Feldman calls these other elements Bucket 2 (the core is Bucket 1).

しかし、CPU のための ARM コアの活用により、スタートアップや Web スケール・ベンダーにとって、二次的な効果も生じることになる。今日の一般的な CPU は、CPU のコアと、CPU に関連する IP(ビットの送受信や、I/O という発想、メモリ・コントローラ、PCI Express 相互接続など)で構成されている。そして、大半の人々は、それらの IP が、一般的な x86 チップにも存在しているとは考えていない。Feldman は、それら一連の要素を Bucket 2 と呼んでいる(Bucket 1 は CPU コア)。

He wrote:

Because Intel and AMD were the only x86 game in town we each developed our own cores (Bucket 1) and each developed our Bucket 2 items as well. There has no been ecosystem, and little innovation in Bucket 2. We have limped along with incremental improvements from one generation to the next. It hasn’t made sense to start a company to do an on-chip fabric (to more intelligently tie cores together), or a better memory controller, or an application accelerator, because you only have two prospective customers, Intel and AMD both working on competitive projects. (Who wants to start a company with 2 potential customers?)

マーケットで競合する x86 は、Intel と AMD だけから提供されているため、それぞれが自身のコア(Bucket 1)を開発し、また、自身の Bucket 2 も開発している。したがって、そこにはエコシステムが不在であり、また、Bucket 2 には、わずかなイノベーションがあるのみである。つまり、私たちは、ある世代から次の世代へと、インクリメンタルな改善を引きずっているだけだ。したがって、このような形態は、オンチップ·ファブリック(よりインテリジェントなコア間接続)や、より効率の良いメモリ·コントローラ、そして、アプリケーション・アクセラレータを実現する、新たな企業を立ち上げるという意味で理にかなっていない。なぜなら、それらのスタートアップから見ると、Intel と AMD という競争力のあるプロジェクトを抱える、2つの潜在顧客しか存在しないからだ(そのような狭い市場で、誰が起業したいと思うだろう?)。

But in the ARM world things are different. Because any number of players can license an ARM core, each one is looking for points of differentiation outside the core (some with architecture licenses are looking to tweak the core itself) and can make chips with better I/O or specific workload accelerators. An example here is Calxeda, which is using an ARM core in highly dense servers but has also built a custom interconnect to send information rapidly between its hundreds of ARM cores.

しかし、ARM の世界は、それとは異なる世界である。何人かのプレイヤーが、ARM コアのライセンスを取得できるため、それぞれがコアの外側で、差別化のためのポイントを探すことになり(アーキテクチャ・ライセンスを持つプライヤーは、コア自体もの手を加えようとしている)、また、さらに効率の良い I/O や、特定のワークロードのためのアクセラレータをもつ、チップを作成することが可能である。事例としては、ARM コアを高密度サーバに用いる Calxeda が挙げられるが、そこれは、何百という ARM コアの間で、情報を迅速に送信するための、カスタム相互接続も構築されている。

So when the mega data centers look at the opportunities presented by ARM, it’s not as simple as buying a piece of silicon from Marvell or Applied Micro, or a Calxeda box from HP. According to Feldman, web giants are looking at co-developing ARM-based chips that will take advantage of the greater levels of customization offered outside of the CPU so they can optimize for their own applications’ needs.

したがって、メガ・データセンターでは、ARM から提示される機会に注目するのだが、 Marvell や Applied Micro からシリコンの断片を買うように、また、HP から Calxeda ボックスを買うように、シンプルなものではなくなってきている。Feldman によると、Web の巨人たちは、ARM ベース・チップの共同開発に注目している。それにより、CPU の外側で提供される、ハイレベルなカスタマイズを活用し、個々のアプリケーションのニーズに合わせた最適化を実現しようとしている。

This is a huge shift for the industry with big implications from players as diverse as Intel, the server makers and corporate IT buyers who suddenly may face higher cost computing than the web and cloud giants — making the move toward outsourcing IT more practical.

それは、Intel や サーバーメーカー、そして 企業の IT 購買が作り上げてきたものと同じくらいの、多様性を持ったプレーヤーたちが提供する、大きな意味を用いた業界の巨大シフトとなっていく。そして、従来からの構造を引きずる者たちは突如として、Web と Cloud の巨人たちと比較して、高額なコンピューティング・コストに直面する可能性を持つだろう。つまり、より実用的な IT アウトソーシングへ向けた移行がもたらされるのだ。

Related research

ーーーーー

image23データセンター用のカスタム・チップって、イイですね! 以前にポストした、『 OCP Summit 2013 キーノート : モノリスを破壊する! 』という抄訳では、Facebook の Frank Frankovsky さんが、ーーー すべてにおいて、最もエキサイティングなのは一連の新規開発であり、これまでのテクノロジーをさらに有効利用していくための、大きなステップを与えてくれる。 1つの産業として、私たちが直面する課題は、そこで構築/消費されていくハードウェアが、きわめてモノリシックでであるという点だ。つまり、私たちのプロセッサは、私たちのマザーボードと不可分であり、さらに言えば、特定のネットワーク・テクノロジーなどとも不可分である。こうした硬直した関係で、すべてが構成されているのだ。 そのため、急速に進化するソフトウェアに追いつくことの出来ないコンフィグレーションが、不完全なシステムへと導かれ、たくさんのエネルギーとマテリアルを浪費してしまう。ーーー と語っています。こうした懸念が、CPU レベルから払拭されていくのかもしれませんね。image

ーーーーー

<関連>

Open Compute 台湾 が 立ち上がった!
Open Compute について、知っておくべき 10 の事柄
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について
無印 サーバー は 22% UP : ブランド サーバー は DOWN – Gartner 2012 Q4

Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く

Posted in .Selected, Data Center Trends, Network, Open Compute by Agile Cat on August 27, 2013

Moving data with silicon and light
http://wp.me/pwo1E-6xv
Jun 2013
https://www-ssl.intel.com/content/www/us/en/research/intel-labs-silicon-photonics-research.html

Image(18)

Intel® Silicon Photonics Technology is a new approach to using light (photons) to move huge amounts of data at very high speeds with extremely low power over a thin optical fiber rather than using electrical signals over a copper cable. After nearly a decade of research and innovation to prove its viability, Intel Labs is now in the process of taking the technology beyond research and development.

Intel® Silicon Photonics Technology は、きわめて細い光ファイバを介して、大量のデータを転送するためのアプローチであるが、そこで用いられる光学テクノロジーにより、銅ケーブルを利用するケースと比較して、大幅な低電力化と高速化を可能にする。その具現化における可能性を証明するために、10年にもおよぶ研究と革新を重ねた後に、Intel Lab は R&D を超えたレベルで、このテクノロジーを完成させる途上にある。

Intel® Silicon Photonics Technology – Justin Rattner Keynote @ IDF 2013

Silicon Photonics Technology (SPT) and operating at 100 gigabits per second (Gbps). This is a completely integrated module that includes silicon modulators, detectors, waveguides and circuitry. Intel believes this is the only module in the world that uses a hybrid silicon laser. The demonstration was made via a video during Rattner’s keynote.

Silicon Photonics Technology (SPT) は、毎秒 100 ギガビット(Gbps)の転送を実現する。それは、シリコンによる、変調器、検出器、導波管、回路を統合するモジュールである。それが、ハイブリッド・シリコン・レーザーを使用する、世界で唯一のモジュールであると、Intel は確信している。以下のデモンストレーションは、Rattner のキーノートにおけるビデオを介して実施されたものである。

In addition to the Intel SPT module, Rattner showed the new photonics cable and connector that Intel is developing with Corning. This new connector has fewer moving parts, is less susceptible to dust and costs less than other photonics connectors. Intel and Corning intend to make this new cable and connector an industry standard. Rattner said the connector can carry 1.6 terabits of information per second.

Rattner は Intel の SPT モジュールに加えて、Corning と共同開発しているフォトニクス・ケーブルとコネクターを示している。 この、可動部分を極力おさえた新しいコネクタは、他のフォトニクス・コネクタと比較して、ホコリの影響を排除しやすく、また、コストも低減できる。Intel と Corning は、この新しいケーブルとコネクターを、業界の標準にするつもりである。 Rattner は、このコネクタについて、毎秒 1.6 テラビットの情報転送を可能にすると述べている。

ーーーーー

open-compute先日の engadget で、『インテル、最大速度 1.6Tbps の光インターコネクト技術『MXC』を予告。9月のIDFで詳細発表』という記事が紹介されていました。これは、Intel の Silicon Photonics をベースにしたものであり、Open Compute Project における大きなテーマでもあるのです。 たまたま、仕事の関係で、このドキュメントを訳しましたので、その冒頭の部分をポストします。 詳細に関しましては、Intel のコンテントを、ご参照ください。image

ーーーーー

<関連>

Intel と Facebook が実現する、100 Gbps でラックを貫く光学素材とは?
Intel の Open Compute にかける意気込みがスゴイ : 100G Photonics!
やったぜ! Facebook の Open Compute Project がオープン・スイッチに挑戦だ!
Facebook と Open Compute は、$55B のサーバー市場を解体/再生する
OCP Summit 2013 キーノート : モノリスを破壊する!

 

iPhone 5S の最終予測 : お洒落なイラストを作りましたよ ~

Posted in Apple, Mobile, Post-PC by Agile Cat on August 26, 2013

Everything we think we know about the iPhone 5S (infographic)
http://wp.me/pwo1E-6xk

By Alex Colon and Rani MollaAUG. 23, 2013
http://gigaom.com/2013/08/23/everything-we-think-we-know-about-the-iphone-5s-infographic-2/

_ Gigaom

Summary: With Apple expected to announce the iPhone 5S in just a few short weeks, we’ve collected every feasible rumor out there and put them in one place.

Summary: Apple が iPhone 5S を発表するまで、あと数週間だと予測される。 そこで、私たちは、すべての実現されると思われるウワサを、1枚のイラストに集めてみた。

photo: Thinkstock

The next iPhone is almost upon us. The invitations should arrive any day now, especially if Apple plans to make good on the September 10 announcement date the blogosphere has all but set in stone through a series of leaks and rumors over the last few weeks.

次の iPhone は、すでに私たちの、すぐ傍まで来ている。イベントへの招待状が、もうじき、届くはずである。もし、Apple が 9月10日を、祝福されたアナウンスメントの日にするなら、これからの数週間において、一連のリークやウワサはふるいにかけられ、真実だけがブロゴスフィアの石版に刻まれていくだろう。

The trick is separating the good rumors, leaks and observations from the ones that are just totally far-fetched. This year is more complicated than ever, though, with some of the wildest reports (like two new iPhone models, which would be a first for Apple) also being some of the most believable.

そのためにトリックなどは不要だ。 本当と思われるウワサやリーク、そして観察の結果を、単なるこじつけ話から分離していけば良いだけだ。今年は、とてもワイルドなレポートがあり(初めての 2つの iPhone モデルなど)、その中のいくつかには信ぴょう性もあるため、かなり複雑になる。

We already know the iPhone 5S will come running iOS 7, which is the biggest change to Apple’s mobile operating system since it first debuted on the original iPhone. It has a totally new look and lots of brand new features like AirDrop and Control Center. You don’t need to buy an iPhone 5S to get it, though – iOS 7 will also be compatible with the iPhone 5, the iPhone 4S and the iPhone 4.

iPhone 5S で iOS 7 が走ることは、すでに周知の事実である。それは、オリジナルの iPhone がデビューして以来の、Apple Mobile OS における最大の変更点となる。全面的なデザインの見直しが行われ、AirDrop や Control Center といった、たくさんの新機能が追加される。ただし、それを得るために、iPhone 5S を購入する必要はない。 つまり、iOS 7 は、iPhone 5/iPhone 4S/iPhone 4 とも互換性を持つのだ。

But onto the speculation. If you’re placing your bets, we’ve collected the most likely iPhone 5S rumors out there in the graphic below (you can click each rumor for further information). There’s a good chance much of this speculation will turn out to be true – but I wouldn’t place all your money on the table unless you know something we don’t. And if you do, tell us.

しかし、ここで再び推測だ。あなたが、それに賭けてくれるかどうか分からないが、以下のグラフィックスに、最も実現性の高いと思われる iPhone 5S のウワサを集めてみた。でも、この賭けに勝てるチャンスがあっても、私は全財産を賭けるきにはならないのだ。ただし、私たちが知らない何かを、あなたが知っていて、教えてくれるなら話は別だ。



Fingerprint sensor beneath a sapphire crystal home button

Apple has been expected to implement a fingerprint sensor in the iPhone since it acquired AuthenTec last year. By placing a fingerprint sensor under the home button, Apple can add a more advanced layer of security and do away with the “swipe to unlock” feature. The home button itself will likely be made of the same scratch-resistant sapphire crystal found on the lens of the iPhone 5.

Apple が、新しい iPhone に指紋センサーを実装すると期待されるのは、昨年に AuthenTec を買収しているからだ。この指紋センサーを、ホームボタンの下に配置することで、セキュリティのための高度なレイヤを追加でき、また、アンロックのためのスワイプを廃止できる。そして、ホームボタン自体は、おそらくiPhone 5 のレンズにような、傷のつきにくいサファイア・クリスタルで作られる。

Dual-flash camera with f/2.0 aperture

Apple is expected to stick with an 8-megapixel sensor, but increase the aperture to f/2.0 and add a dual-LED flash, which should improve low-light camera performance.

Apple は、8M Pixel のセンサーに固執すると思われるが、低照度カメラの性能を向上させる必要があるため、絞値を F/2.0 に増加させ、デュアル LED フラッシュを追加するかもしれない。

Gold iPhone 5S

In addition to black and white, all signs point to Apple introducing a gold color option for the iPhone 5S as well. Actually, make that champagne, as chocolate coin wrapper gold would be far too gauche for the notoriously refined Apple.

Black と White に加えて、iPhone 5S 用として Gold のカラー・オプションを導入されると、すべての観察ポイントが物語っている。チョコレート・コイン・ラッパーのような金色は、名うての洒落者である Apple にとって、あまりにも不似合いであるため、実際にはシャンパンのような色合いになる。

A7 Processor

A new and improved processor is pretty much a given. The latest rumors point to a new 64-bit ARMv8-based A7 system on a chip (SoC) with 1GB of LPDDR3 RAM, which is expected to be 20 percent more efficient than the A6 chip in the iPhone 5.

新たに改良されたプロセッサが、間違いなく導入されるだろう。最新のウワサでは、64-bit ARMv8-based A7 SOC(System On a Chip)と、1GB の LPDDR3 RAM が指摘されているが、それを iPhone 5 に搭載すると、A6 チップと比較して 20% ほど効率が上がると予想されている。

128GB storage option

Apple released a 128GB iPad earlier this year, so a 128GB variant of the iPhone 5S is a distinct possibility. But with so many people streaming music and video, and storing documents in the cloud, this model is only for the most dedicated data users, and will be priced like it. If it follows Apple’s current pricing scheme, a 128GB iPhone 5S would cost $499 on contract.

今年の初めに、Apple は128GB の iPad をリリースしているため、iPhone 5S の 128GB バリアントが出る可能性は否定できない。しかし、これほど多くの人々が、ミュージックやビデオのストリーミングを利用し、また、クラウドにドキュメントを保存するようになると、このモデルは、特殊データを利用するユーザーに対応し、それなりの価格で販売される。それを、現在の Apple 価格体系に当てはめると、128GB の iPhone 5S は、キャリア契約であっても、$499 以上になるだろう。

iPhone 5C

Perhaps the biggest iPhone rumor isn’t about the iPhone 5S at all. Apple is expected to release a budget-friendly new device, the iPhone 5C, alongside the iPhone 5S. The iPhone 5C is expected to feature a plastic build, come in a variety of colors, and take the place of the iPhone 5. It will have a 4-inch display and run iOS 7, but will likely use an older processor and camera.

iPhone に関する最大のウワサが、iPhone 5S だということはあり得ないだろう。Apple は、iPhone 5S と並行して、廉価版の新デバイスである iPhone 5C を発売する予定だ。iPhone 5C はプラスチック製であり、さまざまなカラーが提供され、iPhone 5 の後継になると期待される。 そのディスプレイは 4-inch で、iOS 7 を搭載するが、プロセッサとカメラには旧バージョンが適用される。

Announcement and availability dates

Apple is expected to announce the iPhone 5S at a special event on September 10, and has reportedly already asked Foxconn to begin shipping phones early next month. That means the new iPhone should be available to consumers within a week and a half of the announcement, like usual.

Apple は、9月10日のスペシャル・イベントで、iPhone 5S を発表するだろう。 そして、伝えられるところによると、すでに Foxconn に対して、来月初めの出荷を要求しているようである。つまり、いつものように新しい iPhone も、その発表から 1週間半で、カスタマーに提供されることになる。

Related research

ーーーーー

TAG index数えてみれば、あと 2週間ほどで、iPhone 5S が発表されるのですね。 このところ、途上国マーケット向けの $100 スマホにご執心の Agile_Cat ですが、やはり、新しい iPhone は気になりますし、iOS 7 にはワクワクします。もちろん、iPad 版も出てくるはずですし、早く動かしてみたいと、心待ちにしているのです。楽しみだねぇ~~~ :) __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iPhone 5S の発表が、9月10日に決まったらしいが・・・
iPhone 5S の リーク写真 : アルミ筐体の詳細が写っているが?
iOS 7 の Beta 5 は、ここまで仕上がっている!
iPhone 6 の夢をかたる写真集が登場した : ただし来年の話です
Bloomberg も、薄い iPad 5 と、Retina iPad mini、9/10 iPhone イベントを確認

%d bloggers like this: