Agile Cat — in the cloud

Facebook が1位で、Google Maps が2位 : モバイル・アプリ 2012 ランキング

Posted in .Selected, Facebook, Google, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on January 31, 2013

Facebook Vaults Ahead of Google Maps to Finish 2012 as #1 U.S. Mobile App
http://wp.me/pwo1E-5AM
January 23, 2013 – By: Andrew Lipsman
http://www.comscore.com/Insights/Blog/Facebook_Vaults_Ahead_of_Google_Maps_to_Finish_2012_as_number_1_US_Mobile_App

_comScore

While tablets are gaining steam at a rapid clip, smartphone apps remain the key drivers of media consumption in the post-PC paradigm with the majority of mobile Internet access occurring from smartphones and 4 out of every 5 minutes on smartphones spent on apps. The app space is highly competitive and it’s getting more and more important every day for media brands to ensure they are carving out that valuable real estate on consumers’ screens.

タブレットが、ものすごいスピードで勢いを増している一方で、Post-PC パラダイムにおけるスマートフォン・アプリも、メディア消費の主要デバイスとしてポジションを保っている。つまり、大量のモバイル・インターネット・アクセスが、スマートフォンから生じるという状況にあり、また、統計によると、5分間に 4つのアプリケーションが使用されている。この アプリ・スペースは、きわめて激しい競合状態にある。そして、メディア・ブランドにとっては、消費者のスクリーン上に領地を確保することが、日に日に重要になってきている。

The latest comScore Mobile Metrix ranking of the top mobile apps by audience shows that Facebook finished the year strong to capture the #1 position from Google Maps. Of course Apple’s decision to replace Google Maps with Apple Maps on iOS 6 also caused a decline in Google Maps usage in October, which is largely responsible for the position swap. Meanwhile, Google Maps has been clawing its way back the past few months after getting reinstated on iOS 6, so look for the competition for the #1 spot to heat up as we head into 2013.

comScore における最新 Mobile Metrix ランキングは、オーディエンスたちが利用するモバイル・アプリのトップの座を、Facebook が Google Maps から奪い取ったことを、昨年の結果として示している(ユニーク・ビジター数での比較)。 もちろん、Google Maps を Apple Maps に置き換えようとする、iOS 6 に関する Apple の判断により、10月における Google Maps 利用頻度が減少したことも、この交代劇の大きな要因となっている。 そして、Google Maps は、iOS 6 上に復帰してからというもの、この数カ月の間に遅れを取り戻している。 したがって、2013年においては、その競合が激化すると予測される。

クリックで拡大 ⇒

Despite losing the top position, Google maintains a strong leadership position in the app market with five of the top six ranked apps. Given the ubiquity of various Google services in addition to many being native apps on both iOS and Android, its strength should perhaps not come as a surprise. Other apps rounding out the ranking include Pandora, iTunes, Cooliris and Yahoo! Messenger.

最高位を失ってしまった Google だが、上位 6位のうち 5つのアプリ市場を抑えることで、リーダーとしてのポジションを維持している。iOS と Android で、数多くのアプリをネイティブ化することで、ある種の偏差が Google に生じるとしても、その強さに驚く人は居ないはずだ。そして、このランキングの後位につけているアプリには、Pandora/iTunes/Cooliris/Yahoo! Messenger などが含まれる。

クリックで拡大 ⇒

In addition to owning the top app audience ranking, Facebook has consistently ranked #1 in terms of mobile app engagement. Their app currently accounts for 23% of time spent on apps, while sister app Instagram owns another 3% of the market. Various Google apps combine to account for 10% of time spent, with Gmail owning the highest individual share at 3%. These two leading web companies combine for more than 1 out of every 3 minutes spent on mobile apps.

Facebook は、オーディエンス数によるトップ・アプリの座を得ると同時に、モバイル・アプリのエンゲージメントでも 1位となっている。 アプリ全体に費やされる時間の 23% を、現時点において Facebook は支配しており、また、提携関係にある Instagram も 3% を確保している。 Google のアプリに関しては、Gmail が 3% のシェアを保持しており、その他のアプリを加えていくと、全体で 10% の時間を支配していることになる。 Web の世界をリードする、この 2社を合計すると、モバイル・アプリに費やされるすべての時間の、1/3 を支配することになる。

クリックで拡大 ⇒

2013 will present an interesting dynamic as Google and Facebook wrestle for app supremacy, while other media properties look to carve out a niche or establish a more prominent position. Will Twitter, Amazon or eBay find their way into the top 10 apps this year? Will engagement on the Netflix app skyrocket as people become more comfortable viewing video on their phones? What will be the next Instagram to come out of nowhere to build an audience of tens of millions in a few short months?

2013年は、アプリの支配権をかけて Google と Facebook が対峙するという、ダイナミックで興味深い年になるだろう。その一方で、他のメディア企業は、よりニッチな領域を開拓していくか、より突出したポジションを確保するかを、模索していくことになるだろう。 Twitter/Amazon/eBay は、2013年の Top-10 入りを実現するだろうか? 人々がモバイルフォンで、いま以上に快適にビデオなどを楽しむようになると、Netflix アプリのエンゲージメントは急上昇するだろうか? Instagram に続く者は、何もないところから、何千万ものオーディエンスを得るプロセスを、数ヶ月で走り抜けていくのだろうか?

If there is one thing we can all bet on, it’s that the market will look very different a year from now. And may the best apps win.

今から 1年後のマーケットは、まったく異なるものになっているだろう。 それだけが、確かなことである。 また、最良のアプリが勝者になることも、不変の事実である。

ーーーーー

TAG index2週間ほど前に、『 iOS アプリ 調査 : No.1 は Facebook だ! 』という抄訳をポストしましたが、今回のものは Android も含めた調査とのことです。 そして、基準とするのは、それぞれのアプリを介したユニーク・ビジター数と、そのアプリ(サービス)の使用時間という視点です。その二点で、Facebook が Google Maps を超えたという結論ですが、iOS 6 の Apple Maps 騒動がなければ、どのような展開になっていたのでしょうかね? 文中でも指摘されているように、それにしても、パワフルな Facebook と Google です。image

ーーーーー

<関連>

インターネットの怪物たちは、常識はずれのバトルを繰り広げる
Google の Smart Watch 構想 : スマホ は もう古いって?
Facebook が モバイル広告の 首位に! たった1年で 18.4% を支配
2012年 Q4 スマホ 市場調査 : iOS と Android が全体の 92% を占有
Opera の新ブラウザ Ice は、ついに Webkit を採用する?
Google の iOS アプリ攻勢に、Apple は耐えうるのか?

Facebook も Twitter も付いてます : BlackBerry 10

Posted in Facebook, Mobile, Social, Twitter by Agile Cat on January 31, 2013

Facebook, Twitter, Foursquare Apps Available on BlackBerry 10
http://wp.me/pwo1E-5AH

Jan 30, 2013 –
Emily Price 
http://mashable.com/2013/01/30/facebook-twitter-blackberry-10/

_ Mashable

A number of big-name social apps launched alongside BlackBerry 10 Wednesday, including Facebook, Twitter, Foursquare and LinkedIn.

Facebook および、Twitter、Foursquare、LinkedIn などを含む、ビッグネーム・ソーシャル・アプリが、この水曜日に BlackBerry 10 と一緒にローンチした。

Shown off during one of the company’s BlackBerry Jam sessions late last year, the Facebook app offers much of the same features you find in its iOS and Android applications and looks exceptionally similar to the current iOS version of the app.

昨年末に同社が開催した BlackBerry Jan のセッションで、この Facebook アプリはプッシュされていたが、iOS や Android のアプリと同等の機能を提供し、また、現行の iOS バージョンに似ているようだ。

Drop-down menus from the top of the screen offer access to your notifications, friend requests and messages. The app takes advantage of BB10’s “Peek” feature, so you can view a photo full screen, and then slide the image to the right to take a peek at your timeline before returning to the photo.

スクリーンのトップからドロップダウンされるメニューが、ノーティフィケーション/フレンド・リクエスト/メッセージといった機能へのアクセスを提供する。 また、このアプリは、BB10 の Peek という機能を活用する。したがって、フル・スクリーンで写真を見ることが可能であり、また、それを右方向へスライドさせれば、写真が元の位置に戻るまでの間に、Timeline を参照できる仕様になっている。

One distinct difference with Facebook for Blackberry 10: it was developed by RIM not Facebook. What that means is out of the box the app is going to integrate exceptionally well with BlackBerry 10; long term that means Blackberry 10 users may potentially not get new features in the app as quickly as their iOS and Android counterparts.

Facebook for Blackberry 10 の明らかな特異性は、それが Facebook ではなく、RIM により開発されている点だ。 つまり、このアプリでは、BlackBerry 10 との整合性を考えた、インテグレーションが達成されている。しかし、長期的に見ると、iOS や Android の Fecebook を同じタイミングで、最新の機能が提供されるとは限らない。

Foursquare has its own unique BlackBerry 10 feature as well: check-ins on the service can be broadcast to your friends on BlackBerry Messenger.

Foursquare も、BlackBerry 10 専用の機能を持っている。このサービスでチェックインすると、BlackBerry Messenger を用いて、友人たちにブロードキャストされるようになる。

Rounding out the social connectivity of BlackBerry 10, Twitter and LinkedIn are also available on the platform at launch. The mobile operating system offers built-in support for all four in BlackBerry Hub.

BlackBerry 10 のソーシャル・コネクティビティを総括すると、このプラットフォームの立ち上げ時に、Twitter と LinkedIn も利用可能となる。そして、このモバイル OS は、これらの4つのソーシャル・アプリを、BlackBerry Hub でビルトイン・サポートしていく。

ーーーーー

TAG indexこのところ、Blackberry 10 に関する記事がチラホラと見かけられますが、なかなか好意的なコメントが多いように思えます。 老舗が繰り出す渾身の新作なのですから、やはり、頑張って欲しいですね。 それにしても、この記事を読んで思うのは、ソーシャル・メディアの強さです。そのなかでも、Facebook の人気といったら、今や絶好調という感じです。 そのような背景からか、Facebook として開発するのは iOS と Android のみであり、その他はデバイス・ベンダーまかせという方針のようです。以前に、『 Facebook は Windows 8 アプリに言及せず、Microsoft は FB に訊けと言う 』という抄訳をポストしましたが、Facebook for Windows Phone 8 は Microsoft により、開発されているのでしょうかね? いろいろな意味で、今のパワー・バランスが見えてきて、とても興味深い話です。image

ーーーーー

<関連>

iOS アプリ 調査 : No.1 は Facebook だ!
Facebook が モバイル広告の 首位に! たった1年で 18.4% を支配
Zuck の 姉の Randi も困惑する、Facebook のプライバシー
イケてるのは Snapchat と Instagramで、ダサい FB や TW はゴメンだわ!
Instagram が謝罪した : 利用規約を修正します

2012年 Q4 スマホ 市場調査 : iOS と Android が全体の 92% を占有

Posted in .Selected, Apple, Google, Mobile, Research by Agile Cat on January 30, 2013

92% Of All Smartphones Shipments in Q4 2012 Were iOS & Android
http://wp.me/pwo1E-5Az
Dan Rowinski – Jan 28 2013
http://readwrite.com/2013/01/28/92-of-all-smartphones-shipments-in-q4-2012-were-ios-android

_ Read Write (2)

If you are a smartphone manufacturer trying to make a dent in the mobile wars and are not building a device running iOS or Android, you are out of luck. According to Boston-based research firm Strategy Analytics, 92% of all smartphones shipped in the last quarter of 2012 ran either Apple or Google’s mobile operating systems.

もし、あなたの勤め先が、モバイル戦線で苦戦しているスマホ製造業であり、なおかつ、iOS もしくは Android 用のデバイスを作っていないなら、不運と言わざるを得ない。 Boston ベースの調査会社 Strategy Analytics によると、2012年 Q4 に出荷された、すべてのスマートフォンの 92%が、Apple もしくは Google のモバイル OS を搭載しているのだ。

Image courtesy of
Shutterstock.

Overall, smartphone growth for the quarter grew 38% annually between Q4 2011 and Q4 2012 from 157 million units to 217 million. For the year, Strategy Analytics believes that 700.1 million smartphones were shipped in 2012, well ahead of the 490.5 million shipped in 2011.

その概要だが、2011年と 2012年の Q4 を比較すると、それぞれの出荷台数は 157 million 対 217 million となり、38% の成長率が達成されている。また、年間を通して見ると、2011年の  490.5 million に対して、2012年は 700.1 million になると、Strategy Analytics は推測しているようだ。

Growth rates for the smartphone market are slowing. Granted, growth is still in the double digits, but global ship growth slowed from 64% in 2011 to 43% in 2012, according to Strategy Analytics senior analyst Neil Shah in a release.

しかし、スマートフォン市場の成長率は鈍化している。 当然のこと、依然として 2桁の成長率を確保しているが、Strategy Analytics の Senior Analyst である Neil Shah によると、2011年の 64% に対して、2012年は 43% というふうに、グローバル市場の成長は減速している。

クリックで拡大 ⇒

On a global basis, Android is winning the smartphone wars. In Q4, it took 70.1% of all smartphone shipments. Apple’s iOS was second with 22%. That left 7.9% to all other competitors, notably Microsoft’s Windows Phone and Research In Motion’s BlackBerry.

このグローバルをベースにすると、Android がスマートフォン戦争の勝者となる。 2012年 Q4 においては、すべてのスマートフォン出荷台数の 70.1% が、Android により占められている。 Apple の iOS は 22%であり、第 2位となる。 そして、その他は 7.9% であり、Microsoft の Windows Phone や Research In Motion の BlackBerry なども、そこに含まれることになる。

For the entirety of 2012, Android held 68.4% of all smartphone shipments. Apple held at nearly one-in-five (19.4%) while the rest of the market shared 12.2% of all shipments.

また、2012年を通してみると、 すべてのスマートフォン出荷台数の 68.4% を、Android が占めている。 そして、Apple は、マーケットの 1/5 に近い 19.4% を維持し、その他が 12.2% となる。

ーーーーー

TAG indexそれにしても、Android の占有率が強烈ですね。 昨年末に『 約2億台の スマホを飲み込んだ、2012年の中国市場 』 という抄訳をポストしましたが、それによると、 2012年には 157 million 台の Android スマホが、中国で販売されたようです。それ以外にも、『 iOS と Android による 世界大戦 – 2012年/12月 』が示すように、ブラジルを抱える南米などで、Android の躍進が続いています。その一方で、『Android は 強いのか? 弱いのか? : そのパラドックスを探る』 では、オンライン・リテールなどの利用において、Android が伸び悩んでいると分析されています。 つまり、経済を形成するという視点では、圧倒的に Apple が強いという見方です。 それぞれのモバイル OS が、この 2013年に、どのような戦いぶりを見せてくれるのか、とても楽しみですね。Image(70)

ーーーーー

<関連>

Apple の 2012年 Q4 :売上額は $54.51B で、前年比 18% の成長
Intel の時代が1つ終わる : PC マザーボード・ビジネスから撤退
iOS アプリ 調査 : No.1 は Facebook だ!
Ubuntu も Mobile OS に参戦するらしいが、意味はあるのだろうか?
Samsung は Tizen を武器に、Google と Apple に牙をむく?

iPad 単体の売上が、Dell に迫っている!

Posted in Apple, Dell, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on January 29, 2013

CHART OF THE DAY: iPad Revenues Will Soon Pass Dell Revenues
http://wp.me/pwo1E-5Ai

Nicholas Carlson | Jan. 14, 2013, 3:22 PM
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-ipad-vs-dell-revenues-2013-1

_ Business Insider

Dell is in talks to go private. The main reason why it’s in trouble: consumers are buying smartphones and tablets instead of PCs.

Dell は、プライベート・カンパニーに戻ろうかと、協議している最中にある。 そして、困難な状況に陥っている主な理由は、消費者が PC から離れて、スマートフォンとタブレットを購入している点にある。

You can tell by looking at this chart from our presentation on the Death Of PCs.

以下のチャートは、Death Of PC に関する、私たちからの提示である。 これを見れば、あなたも、いまの状況を語れるようになる。

↓ クリックで拡大 ↓

___space

Look how well Apple is doing selling just iPads, versus how Dell is doing sell all products.

Apple に関しては、iPad だけの売上額を示している。 それに対して、Dell の方は、すべてのプロダクト売上である。

ーーーーー

TAG indexこういうチャートを見ると、やはり iPad は、新しい PC なのだと思えてきます。 Agile_Cat が持っているのは、中古の iPad 2(3G)なのですが、ほんとうに便利ですし、たいがいのことは、これで済んでしまいます。最近は、フタにもなる BT キーボードを買ってみようかと思っていますが、そうなると、MBA を持ち歩く機会も、かなり減ることになるでしょう。 先日、『 Microsoft から Dell への 出資はあるのか ? その背景を探る – GigaOM 』という抄訳をポストしましたが、いわゆる、従来型の PC ビジネスは、かなり厳しい状況にあるようです。image

ーーーーー

<関連>

Apple の 2012年 Q4 :売上額は $54.51B で、前年比 18% の成長
Google の 2012年 : $50B の年商と 36% の成長
iOS アプリ 調査 : No.1 は Facebook だ!
Google の Smart Watch 構想 : スマホ は もう古いって?
iOS と Android による 世界大戦 – 2012年/12月

Facebook が モバイル広告の 首位に! たった1年で 18.4% を支配

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Google, Mobile by Agile Cat on January 29, 2013

HART OF THE DAY: Facebook Now Controls Nearly One-Fifth Of U.S. Mobile Display Ad Revenue
http://wp.me/pwo1E-5A8
Marcelo Ballvé | Dec. 28, 2012
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-facebook-mobile-revenue-2012-12

_ Business Insider

<注記> 昨年末の記事ですが、見落としていました。 とても重要だと思います。

Facebook has vaulted past its competitors to control 18.4 percent of U.S. mobile display ad revenues.

Facebook は、アメリカのモバイル広告収入の 18.4% を支配することで、ライバルたちの頭上を飛び超えていった。

According to eMarketer, that means Facebook will end the year as the top U.S. publisher in mobile display, with roughly $340 million in revenue for all of 2012.

eMarketer によると、Facebook はモバイル・ディスプレイ広告において、アメリカのトップ・パブリッシャーとして 2012年を終えることになる。 2012年を通しての収入は、およそ  $340 million となる。

↓ クリックで拡大 ↓

The chart below presents a visualization of Facebook remarkable performance. The social network wasn’t in the picture in 2011. One year later, it has seized a fatter share of U.S. mobile display revenues than heavyweights such as Google, Pandora, and Apple’s iAd platform. In the process, a greater share of revenue has accrued to the top six publishers.

以下のチャートにより、この Facebook の、注目に値するパフォーマンスが視覚化されている。 このソーシャル・ネットワークは、2011年の時点では、ここに居なかったのである。 そして 1年たらずで、アメリカのモバイル広告収入における、最も大きなプレイヤーとなり、また、GooglePandora、そしてApple の iAd プラットフォームといった大手を凌いでしまった。 そのプロセスにおいて、広告収入におけるシェアは、Top-6 パブリッシャーで構成されることになった。

However, Facebook’s accomplishment needs to be placed in context. First, mobile remains a blip in the total advertising landscape. And within mobile, display still accounts for less spend than search ads— 46 percent to 49 percent of U.S. mobile ad spending. (In other countries the picture is even more lopsided in favor of search.)

しかし、せっかくの Facebook の業績だが、そこには背景がある。 まず最初に、モバイル広告は、広告業界における一点に過ぎない。 そしてモバイルにおいて、ディスプレイ広告はサーチ広告に対して、その収益が少ない。 アメリカのモバイル広告では、収益の 46%~49% といったところである。 (外国では、サーチ広告に傾き、さらに不均衡である)

Finally, it’s early days yet for Facebook’s mobile ads, and there are no guarantees the company’s mobile ad formats will continue to succeed indefinitely.

結論として、Facebook のモバイル広告は、まだ黎明期であり、また、同社のモバイル広告フォーマットが、これからも成功し続けるかというと、なんの保証もない。

Caveats aside, Facebook’s surge shows that competitive dynamics can shift very quickly in mobile.

こうした心配はさておき、 Facebook の急上昇が示すのは、その競合の場所がモバイルへと向けて、急速に移行していることである。

ーーーーー

TAG index先日ですが、Google の 2012年 Q4 収支を調べていて、ちょっと気になることが有りました。 それは、1クリックあたりの収益が落ちているというものであり、また、これまでの構成に、単価の安いモバイルが加わったことが要因とのことです。だからと言って、Google にとってもモバイル広告は、これからの主戦場です。 数多くのメディアやアナリストが主張してきたように、やはり、このフィールドが、Google 対 Facebook というゴールデン・カードの、第1ラウンドなのですね。 image

ーーーーー

<関連>

Facebook のモバイル・アドが、$0 から $1B ビジネスへと急成長している
Facebook は Atlas を、Microsoft から買収する?
Facebook 広告が、ソーシャルの壁をのりこえ、外の世界へ溢れでる?
Google Maps の広告が、Twitter に掲載される事情とは?
モバイル 広告の エコシステム について説明しよう

ソフトバンク お父さん シリーズを、米メディアが高く評価してます! ひょぇ~~~

Posted in Advertising, Entertainment, Mobile, Network, Weekend by Agile Cat on January 27, 2013

Why we love the Sprint-Softbank deal: The TV ads
http://wp.me/pwo1E-5zX
By
Kevin Fitchard -   Jan. 18, 2013
http://gigaom.com/2013/01/18/why-we-love-the-sprint-softbank-deal-the-tv-ads/

_ Gigaom

Summary: Forget financial metrics and economies of scale. If Softbank succeeds in taking over Sprint this year, we just want to see one thing: Softbank’s bizarre but highly entertaining TV advertising on U.S. screens.

Summary: 財務の指標や、経済の規模については、ちょっと忘れて欲しい。 今年、もし Softbank が Sprint の支配に成功するなら、アメリカの TV スクリーンで見たいものがある、 それは Softbank の、とても奇妙ではあるが、きわめて面白い、テレビ広告である。

Who cares about the financial or competitive merits of the Sprint-Softbank merger? We just want the deal to go through so that Softbank can bring its brilliant, yet bizarre, TV advertising to the U.S. No offense, Dan Hesse — we like your commercials, but you’re no Otosan.

Sprint と Softbank の合併について、財務や競合の指標なんて、誰が気にするのだろう? 私たちが望むのは、その取引が Softbank にとって素晴らしものになり、また、この奇異なテレビ広告が、アメリカ合衆国に持ち込まれることだけである。Dan Hesse(Sprint の CEO)には、怒ってほしくない。 でも、あなたのコマーシャルが好きであっても、あなたは Otosan ではないのだ。

For those of you unfamiliar with Softbank’s massively successful advertising campaign in Japan, Otosan is the canine patriarch of the (human) Shirato family, which also includes Japanese wife Masako, Japanese daughter Aya and African-American son Kojiro. Trust me, it gets even weirder.

Japan で大成功した、この Softbank の広告キャンペーンを知らない人々にとっても、Otosan は Shirato ファミリー(人間)における犬の家長である。そして、日本人の妻である Masako と娘の Aya、そして、African-American の息子である Kojiro もいる。 私を信じて欲しいのだが、それが、メチャクチャに面白いのだ。

Here’s a typical Softbank commercial in which Otosan attends his high-school reunion:

以下は、代表的な Softbank コマーシャルであり、Otosan が高校の同窓会に出席している話しである:

___space

___space

And here’s another, advertising the iPhone:

これは、iPhone をプッシュしたときのものである:

___space

___space

Despite the success of the Shirato campaign, Softbank has branched out into other equally bizarre but compelling advertising themes. It’s hired Brad Pitt (who can afford Brad Pitt?) as well as film auteurs Wes Anderson, Spike Jonze and Wong Kar-wai to do a series of brand promotion commercials.

そして Softbank は、Shirato キャンペーンの成功にもかかわらず、 同じく奇妙ではあるが、説得力のある広告テーマへと、その流れを分岐させていった。  まず、Brad Pitt を雇ったが(他の誰に そんな余裕がある?)、フィルムの監督たちも、Wes Anderson と、Spike Jonze と、Wong Kar-wai という顔ぶれであり、一連のブランド・プロモーション CM のために採用されているのだ。

Here’s Wes Anderson’s collaboration with Pitt:

これは、Wes Anderson と Pitt のコラボレーションである:

___space

___space

And here’s Spike Jonze’s contribution:

これは、Spike Jonze とのコラボレーションである:

___space

___space
But it all comes back to Otosan. Here’s a fun experiment. Try watching this popular ad featuring the Shirato family and Tommy Lee Jones without the subtitles.

しかし、その、すべては、Otosan に帰結する。 この、Shirato ファミリーと Tommy Lee Jones のやり取りも大人気であるが、まずは、字幕なしで見てほしい(このストーリーの、字幕なし版が貼れなかったので、割愛しています)

___space

___space
Confused? Now try watching with the subtitles. It makes even less sense (unless you happen to be familiar with Jones’ work as a spokesman for Japanese coffee brand Suntory Boss).

ワケが分からないって? それなら、今度は、字幕つきで見てほしい。 それでも、(日本のコーヒー・ブランドである Suntory Boss の、Jones のスポークスマンとして仕事を知らないなら)、ほとんど、意味が無いのかもしれない。

ーーーーー

imageアメリカのメディアで、しかも、あの GigaOM で、白戸家シリーズが、このように高く評価されるとは、同じ日本人としてというか、日本ネコとしてというか、とても気分のよいものです Smile  最初は、うちの次郎が批判されたり、皮肉などを言われたらどうしようと、まるで若尾文子さんが乗り移ったような、プレッシャーの中で訳していましたが、最後まで、そんなことはなく、手放しで褒めちぎりという記事で良かったです Winking smile 個猫的には、樋口可南子さん、ステキですw image41 

ーーーーー

<関連>

Facebook Menlo Park に現れた 巨大 QR コードは、人工衛星に何を伝えるのか?
Apple の宇宙船だが、その離陸が 2016 年に延期されるらしい
出資するのは Larry と 私で、宇宙に飛び立つのは君だよ Sergey
みんなにスマホを買ってあげるわ! iPhone 5 だって OK よ!
Steve Ballmer さん、いまでも Apple を、小物あつかいしたいのね?

 

Google の Smart Watch 構想 : スマホ は もう古いって?

Posted in .Selected, Google, Mobile, Post-PC, Wearable by Agile Cat on January 26, 2013

THE END OF SMART PHONES: Google Is Getting Closer To Making A ‘Smart Watch’
http://wp.me/pwo1E-5zA

Megan Rose Dickey | Jan. 24, 2013
http://www.businessinsider.com/google-is-working-on-a-smart-watch-of-its-own-2013-1

_ Business Insider

Google is actively exploring the idea of making its own smart watch, a source briefed on the plans tells Business Insider. Specifically, it is looking at ways it might be able to market this device. This makes sense for a few reasons.

Google は独自のスマート・ウォッチを作るためのアイデアを、積極的に追い続けていると、ある情報源から Business Insider へ向けて、この計画に関する簡潔な説明があった。 重要なのは、このデバイスを市場に出せるのかという視点で、いくつかの方式が検討されている点だ。 それは、いくつかの理由において意味をなす。

Adrian Maciburko/Dribbble
Google wristwatch concept
クリックで拡大 ⇒

Back in October, Google secured a patent for its smart watch with a flip-up display. But now we know that it’s more than just a patent. As described in the filing, the watch would be able to do things like give directions, retrieve product information, and display e-mail notifications. (See image at bottom of post.) Here’s another reason: Wearable computing is huge right now.

昨年の 10月のことだが、Google はハネ上げ式のディスプレイを持つ、スマート・ウォッチに関する特許を確保した。 しかし、いまでは、それが単なる特許ではなく、それ以上のものであると認識されている。 その申請書類に記述されるように、このウォッチでは、方角の指示や、プロダクト情報の検索、電子メールのノーティフィケーションといった、機能の提供が可能になるだろう。 (このポストの最後のイメージを参照) そして、もう 1つの理由がある。 つまり、いま、まさに、ウェアラブル・コンピューティングが注目されているのだ。

Google has already taken major strides into the wearable computing space with its Google Glass project. Apple is reportedly working on a Bluetooth-enabled iOS watch with a 1.5-inch screen. Pebble, the company that raised a whopping $10 million on Kickstarter, is getting ready to ship its smart watches to more than 69,000 people. There’s also a handful of other companies working on smart watches, including Cookoo and I’m Watch.

すでに Google は、ウェアラブル・コンピューティング・スペースにおいて、Google Glass プロジェクトという大きな進歩を達成している。 伝えられるところによると、Apple 1.5-inch スクリーンを持つ、Bluetooth 対応の iOS ウォッチに取り組んでいる。Kickstarter で $10 million を集めた Pebble は、69,000人以上の人々に対して、自社製スマート・ウォッチを出荷する準備を整えている。その一方では、Cookoo や  I’m Watch を含めた、ひと握りの企業が、スマート・ウォッチに取り組んでいる。

According to Piper Jaffray’s Gene Munster, wearable computing devices could eventually replace the iPhone and other smartphones over the next ten years or so.  If Google ends up releasing a wristwatch, it would fit in nicely with the company’s local search strategy of giving you information before you even ask, and providing that information very quickly.

Piper Jaffray の Gene Munster によると、ウェアラブル・コンピューティング・デバイスは最終的に、これからの 10年くらいの間に、iPhone などのスマートフォンを置き換えるようだ。  もし Google が、腕時計をリリースすることになるなら、それは同社のローカル・サーチ戦略と適合するだろう。つまり、ユーザーが質問する前に、きわめて迅速に情報を提供するものとなる。

Google’s Field Trip app, for example, gives you real-time information about points of interest as you walk by them. Google could easily implement something like Field Trip into a smart watch. We’d caution that these conversations are very early stage, and it remains to be seen if Google will actually end up bringing a smart watch to market.

たとえば、Google の Field Trip アプリは、それを持ってユーザーが歩くにつれて、興味を示すポイントについて、リアルタイムな情報を提供する。 つまり、Google は容易に、この Field Trip のような機能を、スマート・ウォッチに実装できるだろう。 比較的に早い段階から、この種の話をしてきた。 そして、もし Google が現実に、スマート・ウォッチを市場に投入するなら、それを確認すべきだと指摘しておきたい。

Screenshot/United States Patent and Trademark Office

SEE ALSO:  Apple Is Already Late To The Smartwatch Game

ーーーーー

TAG indexウェアラブル・コンピューティングは良いですよねぇ~~~ 。 だいたい、無くしたり、忘れたりしなくなります。 そこで、スマート・ウォッチなのですが、おそらく、これだけでは表示領域が狭すぎてダメでしょう。 そこで、Google Glass との組み合わせになるのですが、すでに透明にもなる液晶(?)は開発されているので、もう時間の問題なのでしょうね。 ひとつ心配なのは、老眼鏡の機能なのですが、ここは Eric Schmidt さんに頑張ってもらい、老人のための Google という、シッカリとしたコンセプトを打ち出してもらいたいです Winking smile  image115

ーーーーー

<関連>

Google はハードウェア企業に、本気で転進するのだろうか?
Google I/O 2012 を Youtube で見よう
Google I/O 2012 の Day 1 キーノートは、こんな感じ
Google I/O 2012 の Day 2 キーノートは、Chrome と IaaS
みんなの 気になる Google 特集

Microsoft から Dell への 出資はあるのか ? その背景を探る – GigaOM

Posted in Byod, Dell, Microsoft, Mobile, Post-PC by Agile Cat on January 25, 2013

A Microsoft investment in Dell would show how vulnerable both IT giants are
http://wp.me/pwo1E-5zq

By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2013/01/23/a-microsoft-investment-in-dell-would-show-how-vulnerable-both-it-giants-are/

_ Gigaom

Summary: Both Microsoft and Dell face lagging stock prices and the perception that they both missed the boat in mobile. But the two companies also face very real threats to their core enterprise IT businesses.

Summary: Microsoft と Dell は、どちらも株価の低迷に直面し、また、モバイルのレースに乗り遅れたと認識している。 それに加えて、この両者は、コアとなるエンタープライズ IT ビジネスにおいて、きわめて深刻な脅威に晒されている。

Most of the commentary about a reported investment by Microsoft into hardware partner Dell has centered on the fact that both companies have missed the consumer, mobile boom and need to make up ground.

そのハードウェア・パートナーである Dell へ、Microsoft が出資するというレポートを受けた、数多くのコメンテーターが重視するのは、この両者が顧客を失い、モバイル・ブームに乗れずにいても、前進して行かざるを得ないという点だ。

But there is a very strong enterprise technology angle here as well. Microsoft needs to entrench Hyper-V and the latest Windows Server in data centers, something a Dell stake could accelerate. “Look, Microsoft needs a phone and a tablet buddy, but it also needs to make sure its core server and virtualization technologies get deployed,” said a former Dell executive who requested anonymity. (Spokesmen for Dell and Microsoft would not comment for this story.)

しかし、きわめて強固な、エンタープライズ・テクノロジーという視点も存在する。 Microsoft はデータセンターに、Hyper-V と最新の Windows Server を定着させる必要があり、また、Dell への出資により、それを加速させたがっている。 『 たしかに Microsoft は、フォンとタブレットの仲間を必要としているが、それと同様に、コアとなるサーバーと仮想化のテクノロジーが、着実にディプロイさせていく必要もある 』と、Dell の前役員が匿名でコメントしている。 (Dell と Microsoft のスポークスマンは、このストーリーについてコメントしないだろう)

Preserving the enterprise stake

“Dell, by virtue of its Wyse and Quest acquisitions has a robust zero client business and if you see a big flip in IT with people leaving local hardware and software for stuff driven from the data center via terminal services or VDI, Microsoft needs help there,” said Dana Gardner, principal analyst with Interarbor Solutions and a GigaOM Pro analyst. “It has to make sure its software is running in the data center whether it’s in the cloud or corporate,” he added.

『 Dell は Wyse Quest を買収したことで、ゼロ・クライアントにおける強固なビジネスを有している。そして、人々がローカルなハードウェアとソフトウェアから遠のき、ターミナル・サービスや VDI により、データセンターから実体を機能させるという、IT における大きな反転現象が確認されるなら、 そのための手助けが Microsoft には必要となる 』と、Interarbor Solutions の主席アナリストと、GigaOM Pro のアナリストを兼任する、Dana Gardner は発言している。そして、『 クラウドであっても、コーポレートであっても、Microsoft は自社のソフトウェアを、データセンターで確実に機能させなければならない 』と、付け加えている。

And, mobile is also driving corporate IT in a BYOD world where Apple’s iPhone and iPad schooled both Microsoft and Dell in part because it offered a tightly integrated hardware/software bundle. Microsoft and Dell together, in theory, could offer more of that integration together.  Microsoft CEO Steve Ballmer and counterpart Michael Dell have both been under fire for failing to keep their stock prices up and the perception that they missed the boat in mobility.

Apple の iPhone と iPad が、Microsoft と Dell の両者に教えてくれたように、コーポレート IT が モバイルにより、BYOD の世界へと突き動かされている。つまり、Apple から学ぶべきは、シッカリと統合されたハードウェア/ソフトウェアのバンドルである。 論理的に考えれば、Microsoft と Dell は一体となり、さらに幅広いインテグレーションを提供できたはずである。  Microsoft の CEO である Steve Ballmer と、そのカウンターパートである Michael Dell は、株価を維持し損ねていると、二人して砲火を浴びいているのだ。そして、モバイル・レースに参加し損ねていることも、認識しているはずだ。

MSFT data
by
YCharts

Still, the idea that Microsoft — which made its fortune parlaying an army of hardware partners and being careful not to play favorites — may now take a stake in a PC maker is mind boggling. Microsoft dipped its toe in hardware by deciding to make Surface, but if it wants to get serious, it needs to do something bold, and buying into Dell would be bold,Gardner said.

しかし、Microsoft が PC メーカーの株を所有しようとする発想は、依然として気の遠くなる話しである(同社は、一群のハードウェア・パートナーと交渉し、また、公平に接することで、富を築いてきた)。Microsoft は、Surface を製造するという判断において、ハードウェアの世界へツマ先を踏み入れた。しかし、さらに本格化したいのなら、何らかの大胆な取り組みが必要がある。そして、Dell の株主になることは、その要件を充たしているだろうと、Gardner は発言している。

It also might hedge bets if HP decides to spin off or sell its PC business.  HP is another huge Microsoft hardware partner in both consumer and corporate markets.

もし、HP が、自身の PCビジネスを独立させるか、あるいは、売却すると判断するなら、この賭けに負けても、損失は防げるかもしれない。  HP は コンシューマとコーポレートの市場において、もう1つの巨大な存在であり、また、Microsoft のハードウェア・パートナーでもあるのだ。

Dell management offers clues to buyout plan

Another former Dell exec, who said he has no knowledge of any deal, said a look at the company’s leadership offers a clue as to why it might opt to take itself private.

この取引に関して、何の情報も持っていないと明言する、もう1人の Dell 前役員は、プライベートなるかもしれない理由に応じて、同社のリーダーたちが、手掛かりを提供するだろうと発言している。

Two top-ranking Dell execs — John Swainson, president of software, came aboard after a stint as an advisor to Silverlake Partners — the private equity firm reportedly backing a buyout. And, Marius Haas, president of enterprise services, came from Kohlberg Kravis Roberts. If a buyout happens, it’s likely that Michael Dell would step down and one of those two executives would become CEO, this source said. Swainson, who was also once CEO of CA, might be the logical choice.

Dell には、2人のトップ・クラスの重役がいる。 その1人である John Swainson は、President of Software であり、また、伝えられるところによれば、買取りを支持している非公開投資会社のアドバイザーを経て、Dell に参画している。 そして、Marius Haas は、President of Enterprise Services であり、Kohlberg Kravis Roberts から参画している。 もし、買取りが起きるなら、Michael Dell は退任し、この2人のうちのどちらかが、新たな CEO になるだろうと、この情報提供者は発言している。 なお、Swainson は、以前に CA の CEO を務めており、論理的な選択になるのかもしれない。

Related research

ーーーーー

TAG indexこういう話を聞くたびに、iPhone という小さなデバイスが、これまでとは異なる方向へと、巨大な IT 業界全体を、導いてしまったことを実感します。 今月にアメリカへ出張した Agile_Cat は、なんと! 国内線に 6回も搭乗するという Crying face  幸運に恵まれたのですが、その機内は iPhone だらけ、Galaxy だらけという感じで(たまに Blackberry)、みなさん離陸直前までスマホを使っていますし、着陸したら直ぐに電源を ON にしていました。とにかく、スマホで、仕事、仕事です。

もちろん、日本から持ち込んだスマホも、ローミングを ON にすれば直ぐにつながりますし、その料金もリーズナブルになって来ました。また、Bay Area で Google Maps を使って、初めての場所へクルマを向かわせることも、Oregon の田舎道を走るクルマの中から、Facebook へ写真をアップロードすることも、まったく問題なく OK でした。ほんと、呆れるほどの便利さです。

こうした背景の中で、Microsoft と Dell が、その行く末を模索するというのは、言ってみれば当たり前の話であり、Post-PC 時代へと向けた、業界再編の一部なのだと思います。軌道の修正がすみやかに進めば、いろいろなチャンスが巡ってくるはずです。 頑張れ Microsoft、頑張れ Dell です!image

ーーーーー

<関連>

DELL による Wyse の買収は、Post-PC へ向けた新たなシフトなのか?
Apple の 2012年 Q4 :売上額は $54.51B で、前年比 18% の成長
Google の 2012年 : $50B の年商と 36% の成長
インターネットの怪物たちは、常識はずれのバトルを繰り広げる
Xmas の大記録: 1740万台の スマホとタブレットが 1日で アクティベート

%d bloggers like this: