Agile Cat — in the cloud

フリーミアムが、成功するとき、失敗するとき

Posted in .Selected, Businesses, Freemium, Research, Strategy by Agile Cat on November 6, 2012

When Freemium Fails
http://wp.me/pwo1E-58m

August 22, 2012, – By
SARAH E. NEEDLEMAN and ANGUS LOTEN
http://online.wsj.com/article/SB10000872396390443713704577603782317318996.html

image

A growing number of new businesses are following in the footsteps of successful companies such as Dropbox Inc., LinkedIn Corp., LNKD -0.06% and Skype Inc., SPU 0.00% by giving away their products and services free to build a customer base.

これまで以上のニュー・ビジネスが、顧客ベースを自由に作るプロダクトとサービスをリリースすることにより、Dropbox や、LinkedInSkypeといった成功者の後を追い始めている。

ーーーーー

James Yang

A growing number of new businesses are giving away their products and services for free to try and build a customer base. But this freemium strategy often takes a long time to work, and can be tough to pull off. We look at some failures with Sarah Needleman.

顧客ベースに自由に取り組み、また、構築していくプロダクトとサービスを配信することで、新規参入企業が増加している。しかし、このフリーミアムのストラテジーにおいては、長い時間を無償で働くことが要求され、その成功が困難になるケースが多い。

Yet for some, the “freemium” strategy is turning out to be a costly trap, leaving them with higher operating costs and thousands of freeloaders.

依然として、いくつかの点において Freemium ストラテジーは、高額な運用コストと、大勢のフリー・ユーザーを抱え込むことで、経営面で落とし穴を持つと認識されている。 私たちは、いくつかの失敗について、Sarah Needleman と一緒に見ていく。

That’s what happened to Chargify LLC, a provider of billing-management software to small businesses, which used the freemium business model when it started out in 2009.

まず、Chargify LLC が 2009年にスタートしたときのことを見てみよう。 同社は、支払請求マネージメント・ソフトウェアのプロバイダーであり、また、フリーミアム・ビジネス・モデルにより、中小企業へサービスを提供し始めた。

The Needham, Mass., company gave away its software to merchants that billed fewer than 50 customers a month. If a merchant wanted to bill more than 50 customers monthly, then the business owner would have to start paying $49 a month.

Needham, Mass ベースの Chargify は、1ヶ月に 50人以下の顧客へ請求書を送る企業に対して、そのソフトウェアを開示した。 もし、それらの企業が、毎月 50人以上の顧客に請求書を送るなら、1ヶ月に $49 の支払いを開始しなければない。

Most Chargify users never became paying customers. Within a year, the company was on the path to bankruptcy.

しかし、大半の Chargify ユーザーは、支払い義務のある顧客には、決してならなかった。 そして、同社は、1年を待たずに、破産への道をたどり始めた。

Chargify eventually put up a paywall for all users. Last month the 12-employee company became profitable, with more than 900 paying customers. The starter plan is $65 a month.

最終的に Chargify は、すべてのユーザーに対して、課金のカベを設けることになった。 そして、先月のことだが、この 12名の企業は、900社以上の顧客からの支払を得ることで、収益を上げるようになった。 最低限の料金は、1ヶ月に $65 である。

“The decision to move away from freemium was the best business decision we ever made,” said Lance Walley, co-founder and chief executive officer.

「フリーミアムから離れるという判断は、これまでに、私たちが行なってきた中で、最も優れたビジネス上の決断であった」と、 Co-Freeounder and CEO の Lance Walley は発言している。

Years ago, selling advertising was the most common way digital start-ups made money because people assumed no one would pay for software. But today, freemium strategies are becoming more prevalent, in part because of the examples set by online file-sharing service Dropbox, social-networking company LinkedIn and Internet-call provider Skype, to name just a few.

数年前までは、だれもソフトウェアに対価を支払わないと想定されていたので、広告を掲載することが、デジタル・スタートアップの収益源であった。 しかし、いまでは、フリーミアムのストラテジーが、マーケットの一部で流行り始めている。いくつかの例を挙げるだけでも、オンライン・ファイル共有サービスの Dropbox や、ソーシャル・ネットワークの LinkedIn、インターネット電話プロバイダーの Skype などがある。

Start-ups are attracted to the freemium model because it is “deceptively simple”—lure users with free services until they’re hooked, then charge for extras, said Vineet Kumar, a professor at Harvard Business School, who is currently working on a study of the model.

スタートアップたちは、フリーミアム・モデルに惹きつけられる。 なぜなら、それが「見かけと違ってシンプル」であるからだ。ユーザーたちが逃れられなくなるまで、無料のサービスで誘い続け、そこから超過する部分に課金していくと、Harvard Business School の Vineet Kumar 教授は発言する。彼は、いま、このモデルの研究に取り組んでいる。

“The problem is, it’s not always obvious what features should be free and which should be paid,” he said. What’s more, he added, offering too many features in the free version risks “cannibalizing your paid customers,” while not offering enough might generate little interest all around.

「 問題は、有償の部分と無償の部分が、必ずしも明らかではない点にある」と、彼は発言している。それ以上の問題は、無償のバージョンで、あまりにも多くの機能を提供することで、「有償ユーザーの利点が失われてしまう」リスクにある。その一方で、十分な機能を無償で提供しないと、関心を生み出すことができないと、彼は続ける。

Steps to Making Freemium Work

  1. Limit free offerings to avoid cannibalizing your paid customers. Expect your free-to-paid conversion rate to be less than 5%.
  2. Promote both free and paid offerings, rather than focus just on acquiring paid users.
  3. Create an incentive for free users to refer their friends to your service or product.
  4. Clearly distinguish between free and paid plans, so users can see value in paying for more.
  5. Create a natural progression from free-to-paid features, such as the option to buy extra storage space on a cloud service once a user runs out of free space.

 

  1. 無償ユーザーへのサポートを、有償ユーザーのメリットを奪わない範囲に設定する。Free-to-Paid のコンバーション・レートは、5% 以下になると想定する。
  2. 有償ユーザー獲得だけにフォーカスするのではなく、無償/有償の提供物を検討する。
  3. 無償ユーザーへのインセンティブを作り、その友人たちを、プロダクトおよびサービスへと誘導する。
  4. 無償/有償の差別化を明確に定義する。それにより、有償サービスの価値を明確に伝える。
  5. 無償から有償へと向けて、自然と発展していくパスを設定する。たとえば、クラウド・ストレージの無償スペースが足りなくなり、有償スペースを買い足すような展開。

Source: WSJ reporting

The freemium approach doesn’t make sense for any business that can’t eventually reach millions of users. Typically only 1% or 2% of users will upgrade to a paid product, said David Cohen, founder and CEO of TechStars, a start-up accelerator since 2007 with five U.S. locations.

フリーミアムのアプローチは、最終的に何百万というユーザー数に達しないビジネスにおいては、意味をなさない。 一般的には、わずか 1%~2% のユーザーのみが、有償プロダクトへとアップグレードするだろうと、David Cohen は語る。 彼は、アメリカ国内の 5ヶ所で、スタートアップを育成してきた Techstar の Founder and CEO である。

About a quarter of the roughly 50 companies that participate in TechStars every year use a freemium strategy, he added.

Techstar に参加する、年間で約 50社のうち、およそ 1/4 がフリーミアムのストラテジーを採用すると、彼は付け加えている。

The strategy also often isn’t effective for businesses whose range of products is limited in scope, because paid users generally expect to get better or different versions of what they’ve already received free of charge. And it rarely makes sense for companies that sell products or services mostly to large businesses. Enterprise clients typically have budgets for buying goods and services, thus, they aren’t as drawn to free products.

このストラテジーの特質として、プロダクトの適用範囲が限定されるケースでは、効率の良いビジネス・スコープにならないという状況が頻繁に生じる。 なぜなら、一般的に見て、すでに無償で利用しているものと比べて、有償ユーザーは優れたバージョンを要求するからである。 さらに言えば、大手の企業向けのプロダクトやサービスを、提供するビジネスにおいても意味をなすことは稀である。 典型的なエンタープライズ・クライアントは、プロダクトおよびサービスを購入する潤沢な資金を持っているため、無料のプロダクトに惹かれるようなことはない。

Phil Libin, co-founder of four-year-old Evernote Inc., said “freemium needs time to work.” Fewer than 1% of users of the company’s free note-taking app become paying customers within a month, compared with 12% after two years, he said. Evernote’s premium app—which costs about $5 a month, or $45 a year—features more editing and file-sharing capabilities than the free version.

設立から 4年を経過した、Evernote Inc の Co-Founder である Phil Libin は、「フリーミアムが機能するまでには、時間を必要とする」と、発言している。 同社の無償ノートを使い始めたユーザーが、1ヶ月以内に有償ユーザーになる確率は 1% 以下であるが、2年以上になると、その確率が 12% に引き上がると、彼は付け加えている。Evernote の Premium アプリは($5/月 もしくは $45/年が対価となる)、その Free バージョンと比較して、拡張された編集とファイル共有のための機能が特徴となる。

“You can’t use it for something that’s a very hit-driven business,” added Mr. Libin, who is CEO of the Redwood, Calif., company, with 250 employees. The company has raised more than $100 million in venture capital.

「 きわめてヒット指向のビジネスや、それに類するビジネスのために、フリーミアムを活用することが不可能だ」と、Redwood, Calif で 250人の従業員を抱える、同社 CEO の Mr. Libin は付け加えている。 Evernote は、VC から $100 million 以上の資金を集めている。

San Francisco-based Dropbox initially tried to hide its free version when it launched in 2008 to encourage more users to choose the pay options—especially users acquired through costly Web-marketing efforts.

San Francisco ベースの Dropbox は 2008年にローンチしたときに、より多くのユーザーに有償オプションを選択させるため、その無償バージョンを隠そうとしたつまり、高額な Web マーケティングを介して、有償ユーザーを獲得していった。

It charges users for extra storage—starting at $9.99 per month for up to 100 gigabytes. The storage limit on the free version starts at 2 gigabytes and can be increased to as much as 18 gigabytes by providing customer referrals.

このサービスは、ストレージの拡張分に対して、ユーザーに対価を請求する。ミニマムは、100 G Byte に対して、月額 $9.99 から始まる。その一方で、無償バージョンのストレージ容量は、最大で 2 G Byte に制限されるが、他のユーザーを紹介することで、約 18 G Byte まで増やすことができる。

But the company, which today has more than 50 million users, has since accepted that offering free accounts is a legitimate marketing cost, said Sujay Jaswa, Dropbox’s head of business development.

しかし、いまでは、同社には 50 million 以上のユーザーがあり、また、それらの無償アカウントを提供する費用を、適正なマーケティング・コストであると認めるようになったと、Dropbox の Head of Business Development である Sujay Jaswa は発言している。

“It’s about getting people engaged with the core free version and if they love it, they’ll move upstream” to the paid versions, he said. “So far we’ve been very lucky.” He declines to specify the number of free Dropbox users.

「それは、コアとなる無償バージョンに、人々をエンゲージさせようとする試みである。そして、それを気に入るなら、上流へと移行するだろう。これまでのところ、私たちは、とてもラッキーであった」と、彼は有償バージョンについて語っている。なお、Jaswaは、Dropbox のユーザー数については、コメントを拒んでいる。

The strategy is gaining momentum in mobile and has become the standard model for apps, where many developers can make money from the 1% or so of people who make in-app purchases of virtual goods. About 77% of the top 100 grossing mobile apps in Apple Inc.’s AAPL -3.25% App Store use a freemium pricing plan, up from just 4% in 2010, according to Velti PLC, a mobile advertising and marketing company.

このストラテジーは、モバイルにおいて勢いを持ち、アップのためのスタンダード・モデルになった。そして、それらのデベロッパーたちは、バーチャル・グッズとしてアプリを購入をする、約 1% 程度の人々から対価を得ている。 Appleの App Store では、Top-100 の 約 77%がフリーミアムの価格設定プランを用いているが、2010年における 4% 足らずから、大きく上昇していることが分かると、モバイルにおけるアドバタイジング/マーケティングに携わる、Velti PLC は説明している。

“Freemium is really a construct of the digital age because there’s almost no marginal cost to digital goods,” said Chris Anderson, author of “Free: The Future of a Radical Price,” and editor in chief of Wired magazine.

「デジタル・グッズには、ほとんど限界コストが存在しないため、フリーミアムはデジタル時代における現実的な構成概念になる」と、”Free: The Future of a Radical Price” の著者であり、また、Wired Magazine の Editor in Chief でもある、Chris Anderson は発言している。

Rob Walling, of Fresno, Calif., said he is struggling to make freemium work for HitTail, an online tool that aims to help website owners optimize their sites for search engines. He bought HitTail in August 2011 from a New York-based public-relations firm, which had grown its user base to 40,000 by offering free accounts.

Calif ベース Fresno の Rob Walling は、Web サイト・オーナーのためにサーチ・エンジンを最適化させる、オンライン・ツール HitTail をフリーミアム化するために苦闘していると語る。 彼は 2011年 8月に、無償アカウントの提供により、ユーザー数を40,000人に増やしていいた HitTail を、New York ベースの PR 企業から買い取った。

Mr. Walling said he hoped to convert as many users as possible into paying customers by offering four versions of the product for between $9.95 and $79.95 a month. But several months passed and he managed to attract only 300 buyers, nearly all of whom selected the lowest-priced option.

Mr. Walling は、1ヶ月あたりの対価を $9.95 ~ $79.95 で選択できる、4つのバージョンを提供することにで有償ユーザーを、可能な限り増やしたいと望んだ。 そして、数カ月が過ぎて、300人の買い手を引き付けることに成功したが、その大半は、最低の価格というオプションを選んでいた。

He has since spent more than $20,000 on marketing to gain more paying customers and is now up to about 1,000.

それからというもの、より多くの有償ユーザーを得るために、マーケティングに $20,000 以上を費やし、現時点では 1,000人近い有償ユーザーを得ている。

He blames his woes on the freemium model, which he likens to a Samurai sword. “Unless you’re a master at using it, you can cut your arm off,” he said.

彼は、困難なフリーミアム・モデルを選んだことを後悔し、また、それを日本刀にたとえる。 「 その使い方に長けていない限り、腕を切り落とすことになる」と、彼は発言している。

Mikengreg Games LLC, a two-year-old start-up in Ames, Iowa, launched a freemium iPad game called “Gasketball” earlier this month. Inspired by the basketball game H.O.R.S.E., the free version of the iPad game has already been downloaded more than 420,000 times.

Ames、 Iowa ベースの、設立から 2年のスタートアップである Mikengreg Games LLC は、「Gasketball」と呼ばれるフリーミアム iPad ゲームを、今月の初旬にローンチした。 バスケットボール・ゲームである H.O.R.S.E. に触発され、この iPad ゲームの無償バージョンは、すでに 420,000回以上もダウンロードされている。

Yet only 1% of users have gone on to pay $2.99 to get the full version of the game. Although the game doesn’t sell virtual goods, it does sell additional in-app features that can improve a player’s moves.

そして、このゲームのフル・バージョンに $2.99 を支払うユーザーは、いまのことろ、わずか 1% である。 このゲームでは、バーチャル・グッズは販売されないが、プレーヤーの動きを改善するための、追加アプリが販売される。

The start-up’s 27-year-old co-founder, Mike Boxleiter, said he was “devastated” when it became clear that the app was making hardly any money. Mikengreg Games now plans to sell banner ads on the free version of “Gasketball,” he added.

このスタートアップの、27歳の Co-Founder である Mike Boxleiter は、このアプリで収益を上げることの困難さが明確になったとき、「精神的に打ちのめされた」と発言している。いま、Mikengreg Games は、「Gasketball」の無償バージョンで、バナー広告の販売を計画していると、彼は付け加えている。

Write to Sarah E. Needleman at sarah.needleman@wsj.com and Angus Loten at angus.loten@wsj.com

Read More GrubHub’s CEO on Using Freemium

 

ーーーーー

imageAgile_Cat がフリーミアムを知ったのは、3年ほど前に Evernote を使い始めたときです。あまりの素晴らしさに、お布施を収めるという感覚で、毎年 $45 を支払っています。でも、よくよく考えると、この WordPress も、ある程度のトラフィックが生じると、自動的に広告が入る仕組みになっているので、フリーミアムの一種です。 $30/年の支払いで、その広告は止まるので、ドメイン・ネーム料の $17 と合わせて、Agile_Cat の場合は年間で $47 を、お支払いしている計算です。そして、さらに、DropBox と、Sky.FM と、reQall(使いこなせてない)が加わり、いわば有償フリーミアム・ラッシュの状態なのですが、これだけの対価で、これだけのサービスが得られるなら、Smile 大満足 Smile という感じです。image

ーーーーー

<関連>

インターネットにおける、無償と利益のパラドックスとは?
Evernote – 900万人のユーザーと、1億 5000万のリクエストに日々対応
Evernote は $20 Million を調達して、何を狙うのか?
Evernote Business がやってくる : 企業ユーザーへの福音となるか?
WordPress が 8歳になった! おめでとう!
すべては オープンソース になるべきだ – WordPress は語る

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: