Agile Cat — in the cloud

眩いばかりの iPad 効果と、Apple のマーケティング戦略

Posted in .Selected, Apple, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on November 30, 2012

The iPad Halo Effect – A coming boost for Apple
http://wp.me/pwo1E-5hH

August 3rd, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/08/03/ipad-halo-effect/

_ pingdom

ーーーーー

Halo Effect :人物や物に際立った特徴があると、そのイメージで他の面まで評価してしまう。これをハロー効果というが、後背効果および後光効果とも呼ばれる。

ーーーーー

The heyday of the iPod was a huge deal for Apple. For many people, it was the first Apple product they owned, and those who fell in love with it often went on to buy other Apple products. This was sometimes referred to as the iPod halo effect, and gave Apple a mass-market reach it had never had before. Without the iPod, Apple wouldn’t have been anywhere near as successful in the past decade.

iPod の全盛期に、Apple はビジネスを拡大した。多くの人々にとって、初めて手にする Apple 製品が iPod であり、また、Apple との恋の始まりであり、次々と Jobs  のデザインを買い求めることになったはずだ。 この現象について、iPod の Halo 効果と呼ぶこともある。そして Apple に、それまでには持ち得なかった、マス·マーケットをもたらした。 iPod なしで、この 10年における Apple の成功は語れない。

Much of that halo effect has since moved over to the iPhone, which the last couple of years has been an even more successful entry point, funneling millions of people into the Apple ecosystem. The effect of the iPod is still there, but it’s not as prominent due to the massive success of the iPhone.

その Halo 効果の多くは、この 2年の間に iPhone に生じており、Apple のエコシステムに何百万もの人々収束させる、素晴らしいエントリー・ポイントとして機能してきた。 そして、依然として iPod の影響は残っているが、iPhone の大成功がもたらした影響と比べると、それほど突出したものではない。

Enter the iPad, the new entry point

As we showed earlier this week, iPad is almost completely dominating the tablet space, at least for now. If we see a repeat of the way Apple handled the MP3 player market, they may never release that dominance (the iPod still has over 70% of the MP3 market).

今週の初めに伝えたように、iPad は完全と言ってよいほど、これまでのタブレット市場を征している。MP3 Player での独占を、この新しい市場で Apple が再現しようがしまいが、その優位性は決して手放そうとしないだろう (依然として iPod も、MP3 市場の 70%以上を持っている)。

So Apple has a huge hit on its hands. They just sold 17 million iPads in three months. Extracted over a year, that is 68 million iPads, and it’s quite possible that those numbers will be even higher as the iPad grows in markets such as China, not to mention the possible impact of a smaller, more affordable iPad if Apple does release one as rumored.

すでに Apple は、大ヒットを達成している。 わずか 3ヶ月の間に、1700万台の iPadを販売したのだ。年間で換算すると 6800万台 のiPad となるが、China などのマーケットを加えると、さらなる増大も考えられる。 ただし、小型で安価な、新しい iPad のウワサについて、ここで言及しているわけではない。

___space

___space

Note how sales have been more than doubling year over year when you compare the same quarters, e.g. from 7.3 million in Q4 2010 to 15.4 million in Q4 2011. If this pattern holds, we will see Apple sell more than 30 million iPads in Q4 2012.

注目して欲しいのは、2010年と 2011年の比較において、その Q4 の販売数が 7.3  million から 15.4 million へと伸びている点だ。このパターンが続くなら、Apple は 2012年 Q4 において、30 million の iPad を販売することになる。

These numbers may seem fantastic, but the iPad is Apple’s most successful product launch ever in terms of unit sales. Considering how popular the iPhone is, that is saying something. Earlier this year, Horace Dediu of Asymco put together a very telling chart, showing how fast those iPads are selling compared with other Apple products:

一連の数字は素晴らしいものに見えるだろうが、Apple における販売実績という面で、その立ち上げに最も成功したのが iPad である。そして、言うまでもなく、iPhone も人気のプロダクトだ。 ここで見て欲しいのは、今年の初めに Asymco の Horace Dediu が作成した、iPad を含む Apple 製品を、販売数の観点から比較するグラフである。

___space

___space

Now imagine a few more years of that. Where will the iPad be then? (And the iPhone…)

数年後を想像して欲しい。 そのとき iPad は、どれくらい売れているのだろうか( またiPhoneも)。

With the iPad selling like ice cream on a hot summer day, it will pull in more users to Apple’s ecosystem. The iPad will create new Apple fans, which is exactly what Apple is counting on. The company is waiting with open arms

盛夏に売れまくるアイスクリームのように、iPad は Apple のエコシステムに、より多くのユーザーを引き込んでくるだろう。まさに iPad は、Apple が頼りにする新しいファン層を、作り出す存在になるだろう。 同社は、両手を広げて、それを待っている。

Apple’s ecosystem approach

Apple’s entire product line is designed to maximize the halo effect between different devices. All of Apple’s devices play nice with each other, and that has been getting better and better over the years. Apple is really good at this, and since they have full control of both software and hardware they can integrate their products in ways most other companies can only dream about.

Apple におけるすべての製品ラインは、それぞれのデバイス間で、この Halo 効果を最大にするよう、デザインされている。そして、Apple におけるすべてのデバイスは、相乗効果を引き出すことに成功し、年を重ねるごとにその効果を高めている。ほんとうに、それに Apple は長けており、また、ソフトウェアとハードウェアを完全にコントロールしているため、ライバルたちが夢想する方式でプロダクトを統合することができる。

We’d be extremely surprised if the good people at Apple weren’t very aware of how people flow between their different products and how new users arrive. And being aware of that, of course they want to funnel as many of their new users into other Apple products as well. Sales begets more sales, like a chain reaction.

Apple の優秀な人材が、それぞれのプロダクト間での人が流れや、新規ユーザーを獲得する方式にいて、強く認識していないのなら、とても驚くべきことだ。 しかし、もちろん、そのようなことはなく、新たに Apple ユーザーになった人々を、他のプロダクトに誘導することを意識している。 こうした連鎖反応を促進することで、より多くの売上が生まれている。

Apple’s retail stores enhance this halo effect

Over the past decade Apple has built a significant physical retail presence. The first Apple retail store opened in 2001, and today there are 373 worldwide. Millions of people walk through those doors.

これまでの 10年間において、同社が築いてきた Apple Store は、重要な役割を持つリアルの小売店である。 最初の Apple Store が 2001年にオープンしてからというもの、いまでは 373 店舗がワールドワイドに展開され、何百万もの人々が、そのドアを通り抜けていく。

And what do consumers see in these stores? They see the entire Apple ecosystem; iPhones, iPods, iPads, Macs, all displayed together. In a regular store with many brands competing for attention, that cohesiveness would not be as visible. Here, however, it is obvious.

こうした店舗の中で、消費者たちは何を見ているのだろうか? それは、Apple のエコシステムであり、iPhone/iPod/iPad/Mac が一堂に会する姿である。 一般的な店舗には、競合する数多くのブランドが集まるため、こうした調和は目にできないだろうが、ここでは、それが明らかにされている。

It’s another way Apple can say, “look, we have this for you, but we also have these other things here, and they all play nice together.”

言い方を換えるなら、「これを見てください。 あなたのためのプロダクツを並べています。 そして、すべてが、あなたのために、協調して機能するのです」と言えるのは、Apple だけとなる。

The iOS feedback loop

The similarity between the iOS-based iPad and the iPhone is very convenient for new Apple users. If you can use one, you can use the other, your interaction with them is very similar.

iOS を共有する iPad と iPhone の間には、Apple ユーザーにとって、きわめて便利な類似性が存在する。 つまり、どちらか一方を使えるなら、もう一方も使えることになり、また、両者におけるインタラクションは、とても似ている。

Since it’s very easy to go from the iPhone to the iPad, and vice versa, and both act as entry points into the Apple ecosystem, this creates a positive feedback loop. What we mean here is that iPad sales are bound to trigger iPhone sales, and iPhone sales are bound to trigger iPad sales, and so on. And some of that will also spill over into other Apple products.

iPhone から iPad への移行は、きわめて容易であり、また、その逆も同じである。 それが、Apple エコシステムへの入り口であり、プラスのフィードバック・ループを生み出している。 つまり、iPad のセールスが iPhone のへのニーズを喚起していくが、その逆も、しかりである。 また、こうした相乗効果が、他の Apple 製品におよぶこともあるだろう。

(With that in mind, Apple’s increasing “iOS-ification” of Mac OS X makes perfect sense; it delivers a more uniform experience for Apple’s users across iOS and Mac OS X.)

( それを前提にするなら、Apple が進めている Mac  OS X の" IOS化 " に、意味が生じてくる。 つまり、iOS から Mac OS X にいたるまで、Apple ユーザーは統一されたエクスペリエンスを手にできる)

Apple’s tablet advantage

Even in a tablet market that is barely getting started, Apple is catching a whole slew of new users thanks to the iPad.

ようやく立ち上がったタブレット市場においてさえ、Apple は iPad の成功により、たくさんの新規ユーザーを取得している。

Android-based tablets, on the other hand, haven’t seen anywhere close to that kind of success. When looking at tablet market share based on web usage, Android only has 13%, compared to 86% for iOS (iPad). So there should be almost no halo effect in place for Android (not to mention that it’s a more fractured device lineup with many different tablet makers).

その一方で、Android ベースのタブレットにおいては、この種の成功を目にしたことがない。タブレット市場のシェアを、Web のの使用状況をベースに確認すると、iOS( iPad)の 86% に比べ、Android  は 13% を占めるに過ぎない。つまり、Android における Halo 効果は、皆無といって構わない状況にある( 言うまでもなく、多様なメーカーの、それぞれのデバイス・ラインナップに打ち負かされている)。

This, we suspect, bodes well for the iPhone. And what is good for the iPhone is good for the iPad. Again, that positive feedback loop in effect.

それは、iPhone にとって良い兆しかもしれない。そして、iPhone に良いことは、iPad に良いことである。 こうして、プラスのフィードバック・ループが回転し始める。

Final words

For this to turn into a good thing for Apple, people need to be satisfied with their iPads. If users don’t fall in love with their iPads, there won’t be a halo effect. Good thing for Apple that the iPad is so well received (it wouldn’t be selling as well otherwise, of course). For example, there is a recent survey from ChangeWave showing a 98% satisfaction rate, with 82% being very satisfied.

人々が iPad に満足することが、よい方向へと Apple を向かわせる。そして、ユーザーが  iPad に恋していないなら、Haolo 効果は期待できないだろう。その意味で、iPad がマーケットで歓迎されたことは、Apple にとって良いことであった(もちろん、そうでなければ、販売していないだろう)。 例として、ChangeWave における最近の調査では、98% の iPad ユーザーは満足しており、そのうち 82% が非常に満足しているという、結果が出ている。

It’s also interesting that with its ease of use, the iPad could well be casting a net wider than even the iPhone. Most people today don’t have smartphones, but many are getting tablets, and most of those are iPads. And when those people finally decide on getting a smartphone? It’s very likely that’s going to be an iPhone. And so they take another step into Apple’s garden. There is a certain time delay involved, but it will happen.

さらに興味深いのは、使いやすさという面で iPhone 以上に iPad が、大きな網をうまく広げている点である。現時点において、スマートフォンを持たない人たちが大勢いるが、その多くがタブレットを持ち、また、大半が iPad である。それらの人々は、いつになったらスマートフォンを持つのだろう?  そして、そのとき、iPhone が選ばれる可能性は、きわめて高いと思われる。 つまり、もう一歩、Apple に庭へ踏み出すことになる。ある程度の時間はかかるだろうが、必ず起こる現象である。

We don’t have hard statistics to lean on here, but anecdotal evidence indicates that this is already happening. We asked around, and several of our friends have parents who don’t have Macs or iPhones (or even smartphones) but recently got iPads. And they love them. And guess what, some plan on getting an iPhone soon, or at least the next time they replace their mobile. That’s the iPad halo effect in action.

私たちは、こうした傾向を裏付ける、しっかりとした統計を持っていないが、この現象が既に起こっていることを示す、逸話的な証拠がある。周囲に尋ねたところ、友人の親のなかには、Mac も iPhone(あるいは他スマートフォンも)が持っていないが、最近になって iPad を購入した人が何人かいた。そして、それらの親たちは、iPad を 大いに気に入っているという。そこから推測できることは、すぐに iPhone を入手しようと、彼らが考る状況である。また、少なくとも、次にモバイルフォンを買い換えるとき、iPhone が選ばれるという状況である。それが、動きを止めない iPad の Halo 効果だ。

ーーーーー

imageこうした、iPad を語るポストを読むたびに思い出すのが、『iPad は普通の人々のために存在する、、、と Woz は言う 』という記事です。そのまとめには、こんなことが書いてあります ーーー Wozniak は、「iPad は、世界中の普通の人々のために存在する」と発言するが、それは一般論に過ぎないかもしれない。ただし、充分なコンピューティング・エクスペリエンスを持たないユーザーたちが、それを易々と使う光景は、私たちにとっても初めて見ることである。ーーー とても大切なことですよね。 image

ーーーーー

<関連>

Apple の四半期決算: iPhone を 2700 万台、iPad を 1400 万台
クリスマスには iPad が欲しい! そんな子供たちが多数を占める
iPad 対 PC : 利用シーンをチャートで比較
iPad Mini の価格を、iOS デバイス・ポートフォリオで推測する
Netbook が iPad に踏み潰された状況を、チャートで再現してみる

CIO が クラウド とモバイル の分析を急ぐべき理由 : Gartner から学ぶ

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, Post-PC, Research, Strategy by Agile Cat on November 29, 2012

Why CIOs Are Quickly Prioritizing Analytics, Cloud and Mobile
http://wp.me/pwo1E-5hu

by Louis Columbus on September 16, 2012
http://softwarestrategiesblog.com/2012/09/16/why-cios-are-quickly-prioritizing-analytics-cloud-and-mobile/

image

Customers are quickly reinventing how they choose to learn about new products, keep current on existing ones, and stay loyal to those brands they most value.  The best-run companies are all over this, orchestrating their IT strategies to be as responsive as possible.

顧客たちは、学習すべき新しいプロダクトの選択や、既存システムの維持、そして、最も価値のあるブランドへの信頼を、素早く改革している。  最も適切に運営される企業は、それらすべての面において、可能な限り素早く応答するよう、自らの IT 戦略を調和させている。

The luxury of long technology evaluation cycles, introspective analysis of systems, and long deployment timeframes are giving way to rapid deployments and systems designed for accuracy and speed.

長期間にわたるテクノロジー評価という贅沢なサイクルや、システムに対する内観的な分析、そして充分な時間を確保したディプロイメント・タイムフレームは、迅速なディプロイメントと、正確さとスピードを考慮したシステムにより、取って代わられる。

CIOs need to be just as strong at strategic planning and execution as they are at technology.  Many are quickly prioritizing analytics, cloud and mobile strategies to stay in step with their rapidly changing customer bases.  This is especially true for those companies with less than $1B in sales, as analytics, cloud computing and mobility can be combined to compete very effectively against their much bigger rivals.

CIO たちは、テクノロジーの領域での役割と同様に、戦略的なプランニングの実施においても、強さを発揮しなければならない。  そして、多くのケースにおいて、顧客ベースと足並みを揃えるかのように、クラウドとモバイルの戦略について、分析の優先順位を素早く引き上げている。 それは、とりわけ $1B 以下の売上規模の企業において、まさに進行中の現実であり、クラウドとモバイルを組み合わせることで、ずっと大きい競争相手と戦えるという、それを証明するかのような分析もあるくらいだ。

What’s Driving CIOs – A Look At Technology Priorities

Gartner’s annual survey of CIOs includes 2,300 respondents located in 44 countries, competing in all major industries.  As of the last annual survey, the three-highest rated priorities for investment from 2012 to 2015 included Analytics and Business Intelligence (BI), Mobile Technologies and Cloud Computing.

Gartner による CIO の年次調査は、44ヶ国にまたがるものであり、すべての主要産業で競合している、2,300人からの回答を含んでいる。  この調査の、最も新しい年度では、2012年~2015年において最優先に投資していく領域として、Analytics and Business Intelligence (BI) および、Mobile Technologies、Cloud Computing が Top-3 に選ばれた。

Source: From the Gartner Report Market Insight: Technology Opens Up Opportunities in SMB Vertical Markets September 6, 2012 by Christine Arcaris, Jeffrey Roster

 

How Industries Prioritize Analytics, Cloud and Mobile 

When  these priorities are analyzed across eight key industries, patterns emerge showing how the  communications, media and services (CMS) and manufacturing industries have the highest immediate growth potential for mobility (Next 2 years).  In Big Data/BI, Financial Services is projected to be the fastest-developing industry and in Cloud computing, CMS and Government.

これらのプライオリティについて、8つの主要産業を横断するかたちで分析するとき、CMS(Communications/Media/Services)と Manufactuering が、Mobility の潜在成長力において最も先行している様子(Next 2 Years)が示される。 Big Data/BI においては Financial Services が最も速く進み、また、Cloud computing では CMS と Government となっている。

In analyzing this and related data, a profile of early adopter enterprises emerges.  These are companies who are based on knowledge-intensive business models, have created and excel at running virtual organization structures, rely on mobility to connect with and build relationships with customers, and have deep analytics expertise.  In short, their business models take the best of what mobility, Big Data/BI and cloud computing have to offer and align it to their strategic plans and programs.  The following figure, Vertical Industry Growth by Technology Over the Next Five Years, shows the prioritization and relative growth by industry.

一連のデータおよび、その関連データを分析することで、アーリー・アダプタとしてのエンタープライズのプロファイルが見えてくる。  それらの企業は、ナレッジ集約的なビジネ・モデルに基づき、また、組織の構造を仮想化し、その運用に優れるという、特質を持つ。つまり、顧客とつながるために、また、リレーションシップを構築するために、モバイルを活用するだけではなく、その専門的知識の深い解析を得意とする。  要するに、それらの企業のビジネス・モデルは、Mobility と Big Data/BI と Cloud Computing により、自身の戦略的なプランとプログラムを提供し、また、整理していく上で、最適な方法を手の内に収めていく。 以下の表である、Vertical Industry Growth by Technology Over the Next Five Years は、優先順位と相対的な成長を、産業ごとに示している。

Source: From the Gartner Report Market Insight: Technology Opens Up Opportunities in SMB Vertical Markets September 6, 2012 by Christine Arcaris, Jeffrey Roster

How Mobility Could Emerge As the Trojan Horse of Enterprise Software

Bring Your Own Device (BYOD), the rapid ascent of enterprise application stores, and the high expectations customers have of continual mobile app usability and performance improvements are just three of many factors driving mobility growth.

Bring Your Own Device (BYOD)とは、エンタープライズ・アップ・ストアへのニーズを迅速に急上昇させ、また、モバイル・アプリの継続的な有用性をカスタマに期待させ、パフォーマンスを改善していくという、たった 3つの要因が、モバイルの成長を促進していくという考え方である。

Just as significant is the success many mid-tier companies are having in competing with their larger, more globally known rivals using mobile-based Customer Relationship Management (CRM), warranty management, service and spare parts procurement strategies.  What smaller competitors lack in breadth they are more than making up for in speed and responsiveness.   Gartner’s IT Market Clock for Enterprise Mobility, 2012 captures how mobility is changing the nature of competition.

それと同じくらい重要なことは、数多くの中規模企業が成功を収めるという点だ。それらの企業は、モバイル・ベースの Customer Relationship Management (CRM) や、ワランティ・マネージメント・サービス、スペア・パーツの調達戦略と用いることで、大手の有名企業と競合していく。  小規模なコンペティタたちは、ビジネスの幅において遅れをとるが、スピードと反応性で、それらの弱点を補っていく。   Gartner の IT Market Clock for Enterprise Mobility, 2012 はは、モバイルが引き起こす、競争における性質の変化を示している。

Source: IT Market Clock for Enterprise Mobility, 2012 Published: 10 September 2012 Analyst(s): Monica Basso

Bottom Line – By excelling at the orchestration of analytics, cloud and mobile, enterprises can differentiate where it matters most – by delivering an excellent customer experience.  Mobility can emerge as an enterprise Trojan Horse because it unleashes accuracy, precision and speed into customer-facing processes that larger, complacent competitors may have overlooked.

Bottom Line – 分析作業/クラウド/モバイルの組み合わせを優位に展開することで、つまり、優れたユーザー・エクスペリエンスを提供することで、エンタープライズは最も重要なところで、差別化を図っていける。  つまり、Mobility は、エンタープライズにおける Trojan Horse になり得るのだ。 なぜなら、より大規模で慢心しているコンペティタが見落としているかもしれない、ユーザーに直結するプロセスにおいて、正確さとスピードを解き放つからである。

ーーーーー

image昨年末の iPhone の大ブレークで、世界中が Post-PC の到来を実感したと思いますが、その勢いは 2012年を通じて、さらにパワフルな展開を見せており、従来からのクライアント+サーバーがモバイル+クラウドへと、大きく変化し始めています。 それにつれて、CIO さんたちの見るべき視点も変化すべきです。 以下のリンクは、今年のポストの中でも、とても意味のあるものだと思いますので、お時間がありましたら、ぜひ、ご覧ください。image

ーーーーー

<関連>

クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
BYOD 十策 : モバイル・エンタープライズのために
エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
モバイル BaaS エコシステム相関図 : あの Subway Map が大幅に更新!

 

Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?

Posted in .Selected, Apple, Twitter by Agile Cat on November 29, 2012

Why Apple Should Buy Twitter
http://wp.me/pwo1E-5hj
Jay Yarow | Nov. 22, 2012
http://www.businessinsider.com/why-apple-should-buy-twitter-2012-11

_ Business Insider

What is Apple’s biggest problem? Its web services are terrible.

Apple における最大の問題はなにか? その、ひどい Web サービスである。  

How can it fix its web services? By buying Twitter.

どのようにしたら、その Web サービスを直せるのか? それは、Twitter を買収することだ。

That’s an idea put forth by former Apple employee Patrick Gibson.

このアイデアは、Apple の従業員であった、Patrick Gibson が述べたものである。

Typically, when people say Apple should buy Twitter, they fixate on the idea that Apple needs to have a stronger social networking service.

一般的に見て、Apple は Twitter を買収すべきだと人々が言うとき、Apple はパワフルなソーシャル・ネットワークを必要とするから、という発想に縛られがちになる。

Gibson doesn’t think that’s what Twitter would bring to Apple.

しかし Gibson は、Twitter が Apple にもたらすものについて、そのようには考えていない。

Instead he says Twitter brings lots and lots of web engineers who can help solve Apple’s problems with web services:

それに代えて、彼が言うのは、Twitter が連れてくる、たくさんの Web エンジニアたちが、Web サービスに関する Apple の問題を解決するのに役立つという点だ:

I would posit that the cause Apple’s lackluster web skills stems from their inability to recruit or keep talented web engineers. Historically, if you’re into databases, servers, or web application frameworks, then Apple was probably pretty low on the list of places you aspired to work at. Apple has always positioned itself as a consumer products company, and even killed off its server hardware over the years. Mac OS X Server remains, but who knows for how long.

Apple の精彩を欠いた Web スキルは、有能な Web エンジニアの採用あるいは定着に関する、能力の欠落から生じると、私は思い込んでいる。 歴史的に見て、もし、あなたがデータベース/サーバー/Web アプリケーション・フレームワークに取り組んでいるエンジニアだとしたら、働きたいと思う企業のリストのかなり下の方に、Apple は居たはずだと思う。 Apple は常に、コンシューマ・プロダクトの企業として、自分自身を位置づけてきたし、そのサーバー・ハードウェアを、この数年の間に絶えさせてしまったほどの状況にある。 Mac OS X Server が生き残っているが、どれくらいの寿命があるのかは誰も知らない。

Where Apple falls short, Twitter flies. Not only does Twitter use some of the most advanced web technology, they invented it. They own scale. They know how to send hundreds of thousands of tweets a minute. Further, Twitter is social network with values that (used to) reflect Apple: focus and simplicity.

Apple が弱点をさらすところで、Twitter は羽ばたく。 Twitter は、いくつかの先進的な Web テクノロジーを使うだけではなく、それらを発明してきた。 そして、彼らは、スケールというものを所有する。そして、彼らは、毎分に何十万という Tweet を送信する方式を知っている。 さらに言えば、Twitter の持つソーシャル・ネットワークとしての価値は、Apple の座右の銘ともいえる、フォーカスと単純化を反映するものである。

Apple should buy Twitter not for its social network, but for its talent and technology. That talent and technology could undoubtably help bring Apple and iCloud into the 21st century. The social network is basically an added bonus.

もう一度くり返すが、Apple はソーシャル・ネットワークのためにではなく、タレントとテクノロジーのために、Twitter を買収すべきである。 その才能と技術により、Apple と iCloud が 21世紀に導かれることに、疑いの余地はない。基本的に、 ソーシャル・ネットワークは付加的なボーナスである。

Continue reading it on Gibson’s site →

ーーーーー

imageこれは、とても良い話だと思いますね。ただし、Twitter のような特異なサービスを、Apple の基準で図らずに、自由にさせるべきだという前提になります。 iPhone 5 の Apple Maps で露呈したのは、まさに、バックエンド・サービスの脆弱さであり、ここを何とかしないと、Google というか Android に差を付けられる一方です。その意見で、Apple が Twitter を買収というのは、たしかに 最短のショートカットになるでしょうねimage

ーーーーー

<関連>

WSJ:Apple が Twitter への投資を検討したのは 1年も前のこと
Twitter が提供する、MySQL 関連のオープンソースとは
誕生日を迎えた Twitter と、Jack Dorsey による6年前の初ツイート
Twitter はソーシャルではなく、インフォメーションのネットワークを目指す
Twitter サーチを 3倍速にする新アーキテクチャとは? _1
Twitter が提供する、Hadoop ライクな OSS とは?

Facebook 広告が、ソーシャルの壁をのりこえ、外の世界へ溢れでる?

Posted in Advertising, Facebook, Google, Mobile by Agile Cat on November 28, 2012

Facebook makes it official — an external advertising network is coming soon
http://wp.me/pwo1E-5gM

Nov 23, 2012 – By
Mathew Ingram
http://gigaom.com/2012/11/23/facebook-makes-it-official-an-external-advertising-network-is-coming-soon/

_ Gigaom

Included in the changes that Facebook recently announced to its privacy and governance policies was an admission that it aggregates and shares data on user activity with advertisers — and Facebook says it plans do so not just inside the network but on external websites as well.

先日に Facebook がアナウンスした、プライバシーとガバナンスのポリシー変更には、ユーザー・アクティビティにおけるデータを収集し、広告主と共有するという承認が含まれる。そして、Facebook は、自身のネットワーク内だけではなく、外部の Web サイトでも、同様に計画すると発言している。

There’s been a lot of discussion over the past few days about the recent changes to Facebook’s privacy and governance policies — including the revelation that (gasp!) Facebook is not actually a democracy — but one element of the new rules has gotten less attention than it probably should: namely, the fact that the giant social network is going to use the data it has about your likes and dislikes to show you ads outside of Facebook. This is the first real confirmation that the company is going to roll out an advertising network that extends beyond just its own walled garden, and it could turn out to be one of the biggest factors in the success or failure of Facebook’s revenue-growth strategy.

Facebook におけるプライバシーとガバナンスのポリシーに関する(実際には、Facebook に民主主義はないという、あえぎともいえる意外な事実も含めて)、最近の変更については数々のディスカッションがあったが、新しいルールの1つの要素は、それが持つ意味と比べて、さほど注目されなかったようだ。つまり、このソーシャル・ネットワークの巨人が、あなたの Like や Dislike に関するデータを、Facebook の外側にある広告で利用しようとする、事実のことである。 それは、同社が壁で囲った庭から外へ出て、そのアドバタイジング・ネットワークを展開しようする、最初の確認でもある。さらに言えば、Facebook の収益に関する成長戦略の、成否が掛かった最大の要因であることも分かるだろう。

It’s true that the network wants to do away with the voting process that it implemented as a way of improving its governance policies, which required it to get 30 percent of its users to support something before it could make a significant change. But this approach was mostly a failure before it could even get started, since the last vote the company held saw .03 percent of users participate — and as more than one person has pointed out, getting 30 percent of Facebook users to vote would mean 300 million people, which is more than twice as many as voted in the recent federal election in the United States.

このネットワークが、そのガバナンス・ポリシーを改善する方法としている、投票のプロセスを廃止したがっていることは、おそらく真実だろう。それは、重要な変更を実施する前に、Facebook ユーザーの 30% をいう支持を得るというものである。 しかし、なぜなら、前回の投票でユーザーの 0.3% しか参加しなかったように、このアプローチは、完全に立ち上がる以前から、ほとんど失敗というものであった。 そして、何人かが指摘していたのは、Facebook ユーザーの 30% に投票させることは、3億人に投票させることであり、前回のアメリカ国政選挙と比べて、2倍以上の参加者を必要とする点である。

Soon, Facebook ads could follow you around the web

In any case, the company has other goals it needs to meet first, and one of those is generating enough revenue to make Wall Street and other investors happy with its $50-billion market capitalization. And that has put a lot of pressure on Facebook to come up with a winning mobile strategy, among other things, since its clickt hrough rate for traditional ads is abysmal.

いずれにしても、同社には最初に達成すべき、別のゴールがある。それは、$50-billion という総資産額に見合う利益により、Wall Street と投資家たちを満足させることである。それは、Facebook に多くのプレッシャーを与えたが、とりわけ、以前からクリック・スルー・レートが散々な、モバイル・アドについて対策を講じる必要があった。

Post and thumbnail images
courtesy of Flickr user Balakov

Sponsored stories (which have been criticized in a number of jurisdictions, and could become illegal soon in Norway, according to one recent report) are one way of trying to solve that problem. An external advertising network — one that uses information about users and their activity on Facebook as a way of targeting external ads on other websites — is another way. Chris Dixon, the Hunch founder who just became the newest partner in Silicon Valley venture-capital firm Andreessen Horowitz, has described this as an “embedded option” for Facebook investors, meaning it could stand to significantly enhance the company’s financial prospects if it is handled properly.

Sponsored Stories は、この問題を解決しようとする、1つの試みである(しかし、数多くの地域で批判され、最近のレポートによると、まもなく Norway で非合法になるらしい)。そして、前述の外部アド・ネットワークが、もう 1つの方法である(それは、Facebook におけるユーザーとアクティビティに関する情報を用いて、外部でのターゲティング広告を、他の Web サイト上で展開するものである)。 Silicon Valley の VC である Andreessen Horowitz の、最も新しいパートナーとなった Hunch 社 Founder の Chris Dixon は、Facebook の投資家にとって「埋め込まれたオプション」になると述べている。つまり、その試みが適切に処理されるなら、同社のファイナンシャルに関する見通しを、大幅に高めるものになるということだ。

“An external ad network is inevitable. Google proved this model with Adsense. With an already huge base of advertisers bidding on CPCs, it is impossible for most other ad networks to compete on publisher payouts. But Facebook’s traffic is so great now that an external ad network might increase their revenues by 2x or so.”

外部におけるアド・ネットワークは、必然的なものである。 Google は Adsense と協調することで、このモデルを証明した。 CPC の入札に関しては、すでに広告主の広大な基盤が確立しているため、他の広告ネットワークが、パブリッシャーから収益を得ることは不可能である。しかし、現時点における Facebook のトラフィックは、きわめて大規模であるため、外部での広告ネットワークの展開により、その収益は 2倍以上になると思われる。

To put this in perspective, if an external ad network did manage to double Facebook’s revenues, that would take them to almost $10 billion a year from their current level of about $5 billion. Theoretically at least, it could push them even higher if Facebook manages to attract enough advertisers with its targeted data.

この目論見を、全体的な視野で見てみる。 もし、外部での広告ネットワークが Facebook の売上を2倍にするなら、現状における年間で $5 billion のレベルから $10 billion へと、その収益を引き上げるだろう。控えめに見ても、ターゲティングされたデータというロジックにより、広告主たちを充分に引き付けることに成功するなら、Facebook の収益は高く押し上げられるだろう。

Your activity on Facebook = ads outside of Facebook

There have been hints that the company was planning to roll out such a network: earlier this year, Facebook experimented with sponsored stories on Zynga’s website that were governed by the data that the social network had about users based on their activity inside Facebook. But the changes to the service’s data policies have made it more obvious that this is a goal — and the company’s Chief Privacy Officer said as much in a comment to Forbes magazine about the new rules:

このようなネットワークを、Facebook が計画することについて、適切なヒントがあった。今年の初めに、同社は Zynga の Web サイトで Sponsored Stories を実験していたのだ。それは、Facebook のユーザー・ベースとアクティビティに関するデータにより、 Zynga のサイトで管理するというものであった。しかし、このサービスにおけるデータ・ポリシーに対する変更が、そのゴールをさらに明白にした。 そして、同社の Chief Privacy Officer は Forbes マガジンで、この新しいルールについて、以下のようにコメントしていた :

“Everything you do and say on Facebook can be used to serve you ads. Our policy says that we can advertise services to you off of Facebook based on data we have on Facebook.”

Facebook における、すべての行動と発言が、広告を提供するために使われるだろう。 私たちのポリシーが伝えるのは、私たちが Facebook 上で有するデータをベースにして、あなたに広告サービスを提供できるということだ。

As Quartz points out, the first outcome of this new approach could be the introduction of ads into Instagram, which was acquired by Facebook earlier this year for $735 million. But the social network is sure to extend that to other websites and services it could partner with — if only because the kind of data that Facebook has on user behavior (even though it is anonymized) is one of the biggest potential treasure troves of ad-targeting that exists online. Access to information about the browsing and liking habits of a billion people isn’t something that comes along every day.

Quartz が指摘するように、この新しいアプローチによる最初の結果は、今年の初めに$735 million で Facebook が買収した Instagram 上の広告に導入されるだろう。 しかし、このソーシャル・ネットワークは、パートナーとなる他の Web サイトへ向けて、このサービスを確実に拡張していく。 ただし、それは、Facebook 上でのユーザーの振舞いという種類のデータが(たとえアノニマス化されるにしても)、オンラインに存在するターゲティング・アドにとって、最も可能性のある宝庫となる場合に限られる。10億の人々の振る舞いを、参照/リンクする情報へのアクセスは、毎日のように必要とする何かではない。

Google has built a multibillion-dollar advertising business around showing people relevant ads while they search, and so far nothing has been able to match the effectiveness of that approach. But if Facebook is able to target ads on external websites and services based on the data that it has, we could see one of the first major challenges to Google’s ad dominance.

Google が構築した数十億ドル規模のアド・ビジネスは、人々が検索を行う際に、その興味と関連する広告を見せるというものである。そして、これまでのところ、そのアプローチの効果に匹敵する、他の方式は見当たらなかった。 しかし、Facebook が自身のデータに基づき、外部の Web サイトとサービスで、ターゲティング・アドを実現できるなら、Google が占有する広告に対する、初めての大掛かりな挑戦となるだろう。

Subscriber Content

ーーーーー

imageいよいよ、Google に対する本格的なチャレンジが始まるのですね。 Google はソーシャル・メディアである Google+ を立ち上げ、断片的なユーザー・プロファイルを、一貫性のあるものにしようと取り組んでいるはずです。 そして、Facebook は、大きな課題である、外部での広告に取り組み始めるようです。 そして、両社は、モバイルという環境で、激しく戦っていくのでしょう。 Yahoo とのアライアンスのウワサも含めて、とても気になる展開ですね。image

ーーーーー

<関連>

Facebook のモバイル・アドが、$0 から $1B ビジネスへと急成長している
Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ
Facebook vs. Google : 勝者は どちらに? _1
Facebook vs. Google : 勝者は どちらに? _2
Facebook マーケティング : ここが間違っている!

 

スマホ が PC を置き換える:とってもビックリな証明 Youtube

Posted in .Selected, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on November 27, 2012

Smartphones poised for PC replacement duty
http://wp.me/pwo1E-5gE
Nov 26, 2012 – 6:48AM PT – By
Kevin C. Tofel
http://gigaom.com/mobile/smartphones-poised-for-pc-replacement-duty-video/

_ Gigaom

Most people today wouldn’t think of replacing their PC with a smartphone, but that future may not be far off. Amazing advances in hardware and software show this becoming a real possibility as shown in this fantastic video demonstration with a Samsung Galaxy Note 2.

大半の人々は、PC をスマホで置き換えられるとは思っていないだろうが、そのような未来は遠くないのかもしれない。 ハードウェアとソフトウェアの驚くべき進化により、Samsung  Galaxy Note 2 を用いた素晴らしいビデオで、それが現実となっている状況を示す。

Smartphone performance is improving so quickly that the handheld devices are closer than ever to replacing a full personal computer for some. This isn’t yet a practical solution for most people, but a demonstration video from a YouTuber named ColdFustion shows that the possibility is a reality thanks to high performing mobile chips, more internal memory in today’s modern smartphones and software that adds PC-like multitasking options.

スマホの性能が劇的に改善され、いくつかの点でフル PC を置き換えるというレベルにまで、ハンドヘルド・デバイスのポジションを押し上げている。一般の人々にとって現実的なソリューションとはいえないが、ColdFustion から YouTuber に投稿されたビデオが、その可能性を証明している。 つまり、今日のスマホにおける、高性能のモバイル・チップと大容量の内部メモリ、そして、PC ライクなマルチタスク・ソフトウェアによる、リアリティが示されているのだ。

Watch as a Samsung Galaxy Note 2 is paired with an external monitor, wireless mouse and keyboard and a full sized-USB stick:

Samsung  Galaxy Note 2 が、外部モニターおよび、ワイヤレスのマウスとキーボードと、そしてフルサイズ USB スティックと接続されている。 まずは、以下のビデオを見てほしい:

___space

___space

A few thoughts struck me as I watched this over the weekend after it surfaced on Chris Pirillo’s Google+ stream. Although I’ve followed the computer industry from my early days growing up in the late 1970′s, the video introduction reminds me how far we’ve come since then; especially in the last decade.

Chris Pirillo の Google+ ストリームに登場した週末に、それを見て、いくつかの考えが、私の頭をよぎった。 1970年代の終わりから、つまり、黎明期からのコンピュータ業界を追い続けてきたが、とりわけ、この10年間において、大変な進歩があったことを、このビデオが思い出させてくれた。

The computing power in our pocket is hundreds, if not thousands, of times greater than that of desktop computers from my teenage years. My Samsung Galaxy Note 2 has 2 GB of RAM, a 1.6 GHz quad-core chip and a 1280 x 720 screen, for example. Compare that to my Commodore 64 from 1983 (which I still have): a paltry 64 kB — 39 or so which was usable — a 1.023 MHz chip and 300 x 240 resolution on a computer monitor. Surprisingly, the price for both is roughly the same, not adjusted for inflation; the C64 cost around $600 or a little less than what I paid for my no-contract Galaxy Note 2!

私たちのポケットに収まるコンピューティング能力は、私が10代のころのデスクトップ・コンピュータと比べて、何千倍は無理であっても、何百倍かは素晴らしいものになっている。 たとえば、私の Samsung  Galaxy Note 2 は、2GB の RAM、 1.8 GHz Quad-Core チップ、そして 1280 x 720 のディスプレイを持っている。それと比べて、1983 年の Commodore 64(まだ捨てていない)は、わずか 64 kB のメモリ(ユーザー領域は 39 kB くらい)と、1.023 MHz のチップ、そして 300 x 240 のモニタを持っていた。そして、この両者の価格だが、インフレーションを計算に入れなければ、 驚くべきことに同じなのである。C64 は $600 くらいだったと記憶しているが、SIM フリーのGalaxy Note 2 よりも、わずかに安かったのだ!

While the Android mobile interface isn’t optimized for a large external monitor, it appears easy enough to navigate and use on a bigger screen. And the right applications make all the difference. The ability to run multiple videos or browser tabs on a single screen while taking a Skype call, for example, is certainly something most would equate with a PC, not a smartphone. The gaming examples are PC-like as well. No, they don’t provide a cutting-edge PC experience, but they’re getting closer in many respects: graphics shading and texture, for example, as well as high frame rate support from today’s mobile. Add in the ability to use a wireless game controller and the experience is even better.

Android のモバイル・インタフェースは、外部の大型モニターに最適化されていないようだが、それらの大スクリーンを介して、充分な操作が可能となっている。 そして、適切に実装されたアプリケーションは、まったく異なるものに変化する。 たとえば、Skype コールをしている間に、マルチ・ビデオやブラウザ・タブを、シングル・スクリーン上で走らせる能力がある。 それは、スマートフォンではなく、PC と同等の何かである。 ゲームに関しても、PC と同じである。 いや、それらが最先端の PC エクスペリエンスを実現しているわけではないが、多くの点で、ほとんど等しくなっている。 たとえば、グラフィックスのシェーディグやテキスチャだけではなくフレーム・レートも、今日のモバイルによりサポートされている。ワイヤレスのゲーム・コントローラを利用する能力を加えてみれば、さらにエクスペリエンスが向上する。

Am I recommending that people trash their computers and replace them with a smartphone? Not at all. I’m simply noticing where the smartphone is at when it comes to this possibility. Although I will admit that after watching the video, I’m giving the $99 Samsung Smart Dock a second look for my own Galaxy Note 2. It’s obviously not needed to use the handset in a PC setting, but with three USB ports and a full-sized HDMI interface, it makes it easier to take advantage of the smartphone hardware for computing use.

誰もがコンピュータを捨て、スマートフォンで置き換えるべきだと、私は勧めているのだろうか? そんなことは、まったく無い。 ただ単に、スマートフォンが到達しているレベルと、その可能性を実現する時期について、伝えたいだけだ。 ただし、このビデオを見た後で、Galaxy Note 2 を再認識し、$99 で Samsung Smart Dock を買い求めたことは認める。明らかに、PC の設置で、このハンドセットを使用する必要はないが、3つの USB ポートとフルサイズ HDMI インタフェースを用いることで、コンピューティングためにスマートフォン・ハードウェアを利用するというメリットが、とても容易に享受できるのだ。

Subscriber Content

ーーーーー

imageなんというか、ボーゼンと眺めてしまいました。 いったい、これは、何なのでしょうか? Galaxy Note 2 を大型ディスプレイとつなぐだけで、こんなことが起こってしまうのですね。 PC って何なの? Mac って何なの? ・・・と、開いた口のふさがらない、今夜の Agile_Cat です。 image

ーーーーー

<関連>

Intel が減速、そして TABLET と PC の明暗: JP Morgan が分析する
Google は Chromebook でも、タッチ・スクリーンに対応する?
Chromebook が、Amazon のトップセラーを快走中だ!
Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!
MacBook の ARM シフトは起こるのか? それとも Intel に留まるのか?

CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち

Posted in .Selected, Cloud Stack, Telecom by Agile Cat on November 27, 2012

Leading Telecommunications Companies Choose Apache CloudStack to Power their Cloud Services
http://wp.me/pwo1E-5gs

2012/10/17
http://www.citrix.com/news/announcements/oct-2012/leading-telecommunications-companies-choose-apache-cloudstack-to.html

image

Citrix CloudPlatform, Powered by Apache CloudStack, Selected as the Foundation for Successful Global Cloud Deployments

ーーーーーImage(2)

Citrix today announced that more than a half a dozen of the world’s leading telecommunications companies have chosen Citrix CloudPlatform, powered by Apache CloudStack, as the foundation for their next generation cloud computing offerings, including: BT, China Telecom, EVRY, IDCFrontier, KDDI, KT, NTT Communications and Slovak Telecom. These recent wins by Citrix in the global telecommunications market add to company’s already successful track record in helping the world’s largest providers build highly scalable and successful cloud computing businesses.

今日のことだが、Citrix は半ダース以上の世界のリーディング・テレコム・カンパニーが、次世代クラウ・ドコンピューティングの基盤として Apache CloudStack が提供する、Citrix CloudPlatform を採用していると発表した。 そして、そこには、BT/China Telecom/EVRY/IDCFrontier/KDDI/KT/NTT Communications/Slovak Telecom が含まれている。 最近のグローバル・テレコム市場における Citrix の躍進は、スケーラブルなクラウド・コンピューティングを構築し、そのビジネスを成功させてきた世界の大手プロバイダーのリストに、新たなページを付け加えるものとなる。

The emergence of public Infrastructure as a Service (IaaS) clouds in the last several years is changing the way that individuals, developers and businesses utilize computing power. Unpredictable demand, aggressive development schedules and cost savings are some of the reasons that end-users are signing up for cloud computing offerings and moving their applications to the cloud. With CloudPlatform, Citrix offers all of the necessary management software and infrastructure technology for global telecommunications providers to take advantage of this market demand and deliver cloud computing services that are custom tailored to their customers and market.

この数年における IaaS クラウドの台頭は、コンピューティング・パワーを活用する、個人/開発者/企業の通るべき道筋を変化させている。 予想できない負荷の変動および、積極的な開発スケジュール、そしてコストの削減といった要因の背景には、クラウド・コンピューティングが提供するものに、エンドユーザーがサインアップし、そこに自身のアプリケーションを移動してくるという形態が存在する。 Citrix は CloudPlatform により、グローバル・テレコム・プロバイダが必要とする、すべてのマネージメント・ソフトウェアとインフラ・テクノロジーを提供する。 それにより、それぞれのプロバイダーは、この市場における需要を先取りし、顧客と試乗に合わせて仕立て上げられた、カスタムなクラウド・コンピューティング・サービスを供給していく。

Image(48)

Citrix CloudPlatform is based on Apache CloudStack, the market leading open source cloud computing project currently undergoing incubation in the Apache Software Foundation. Since its introduction, Apache CloudStack has rapidly become the leading open source platform for building, managing and delivering highly scalable infrastructure-as-a-service clouds for a wide range of customers such as these leading providers. CloudStack has more than 30,000 community members, thousands of certified apps, and hundreds of production clouds, collectively generating more than $1 billion in cloud revenue from some of the biggest brands in the industry.

Citrix CloudPlatform は、マーケットをリードし、また、Apache Software Foundation でインキュベートされている、オープンソースのクラウド・コンピューティング・プロジェクトである、Apache CloudStack をベースにしたものである。 その立ち上がりから、Apache CloudStack は、きわめてスケーラブルな IaaS クラウドを構築/管理/供給する、最先端のオープンソース・プラットフォームへの道を、素晴らしいスピードで駆け上がり、また、以下に紹介するリーディング・プロバイダーを含む、広範囲におよぶレンジをカバーしている。 CloudStack には、30,000人以上のコミュニティ・メンバーがいて、数千の保証されたアプリケーションと、数百のプロダクション・クラウドがある。そして、この業界における、いくつかのビッグ・ブランドから、少なくとも $1 billion のクラウドによる収入を生み出している。

Leading telecommunications companies are increasingly choosing Citrix CloudPlatform as the platform for their next-generation cloud services because it is the most proven way to build production ready clouds on an open source platform designed for economics, elasticity and scale – complete with commercial engagement and support from Citrix. Already proven in deployment at over 140 customers worldwide, Citrix CloudPlatfom delivers a powerful, proven, hypervisor-agnostic platform that helps customers of all sizes build true Amazon-style clouds.

リーディング・テレコム企業が、自身の次世代クラウド・サービスのために、Citrix CloudPlatform をプラットフォームとして選ぶケースが増えている。なぜなら、経済性/柔軟性/スケールを考慮して設計された、オープンソース・プラットフォーム上で、プロダクション・クラウドを構築する上で、最も広い範囲で証明された方法であり、また、しっかりと商用を意識し、Citrix からサポートされるからである。 Citrix CloudPlatfom は、すでにワールドワイドで 140社以上の顧客にディプロイメントされ、すべてのサイズの Amazon スタイル・クラウドを、構築を促進するためのパワフルさを証明された、ハイパーバイザを意識しないで済むプラットフォームを供給する。

ーーーーー

Li JinLing
General Manager of Software Development Dept.
China Telecom System Integration Co.,Ltd.

Cloud computing is one of the fastest growing technology movements in China, attracting customers across all industries, regions and sizes of organizations that are looking for the efficiencies and economics associated with on-demand IT services. China Telecom has a long-standing history of working with open source technologies and have been working extensively with Apache CloudStack as the foundation for our new cloud service. We chose CloudStack because of its technical maturity, it’s broad ecosystem of supporters and our ability to participate in its open source community.

クラウド・コンピューティングは China において、最も成長の速いテクノロジーの流れを作り出している。そして、オン・デマンドの IT サービスと結び付けられる、効率と経済に注目している、すべての業種/地域/規模における組織をまたいで、顧客たちを引き付けている。 China Telecom は、オープンソース・テクノロジーと、長期間にわたって協調してきた歴史を持ち、また、私たちの新しいクラウドサービスのための基盤として、Apache CloudStack と幅広く協調している。CloudStack を選択したのは、テクニカルにおいて成熟しているからである。そして、サポートのための広範囲におよぶエコシステムがあり、そのオープンソース・コミュニティに参加していけるところに、私たちの理由がある。

ーーーーー

Baard Mühlbradt
Managing Director
EVRY

As one of the largest providers of Telecommunications and IT services to the Nordic region, when EVRY looked to build out a comprehensive cloud service portfolio of on-demand computing resources, on-demand connectivity, and on-demand managed services for smb and enterprise customers, it was important that we picked a proven platform that met the high standards and functionality that our customers expect. After evaluating the options on the market, we chose Citrix CloudPlatform and CloudPortal as the foundation to our service. Based on the leading open source Apache CloudStack project and proven with large scale deployments in the IT Services industry, it was clear to EVRY that Citrix CloudPlatform gave us the fastest time to market and the richest feature-set that enables us to deliver high quality enterprise cloud services to our customers.

スカンジナビアにおける最大手のテレコムとして、また IT サービス・プロバイダとして、EVRY は包括的なクラウド・サービス・ポートフォリオの構築に注目している。 それは、SMB とエンタープライズのための、オン・デマンドのコンピューティング・リソース/コネクティビティ/マネージメント・サービスで構成されるものであり、また、標準化と機能を高度なレベルで満たすと証明された、プラットフォームの選択を、私たちの顧客は期待していた。 そのマーケットにおける選択肢を評価した後に、私たちのサービスの基盤として、Citrix の CloudPlatform と CloudPortal が選ばれた。 オープンソースをリードする Apache CloudStack プロジェクトが基盤となり、また、IT Services 業界で大規模スケール・ディプロイメントが証明されていた。 したがって、Citrix CloudPlatform が、市場へ向けた最短の道のりと、最もリッチな機能を提供することが、EVRY にとって明らかにされていた。それは、高品質のエンタープライズ・クラウド・サービスを、私たちの顧客に提供できるものであった。

ーーーーー

Mr. Ichiro Nakayama
Division Director of Business Development
IDCFrontier

For the last year, IDC Frontier has been at the forefront of bringing innovative cloud computing services and technologies to businesses in Japan with our leading IDCF Cloud Self Type. In order to take advantage of the the growing interest in public cloud services in Japan, we needed to partner with a technology provider that enabled us to get to market quickly with a solution that met the quality, reliability and technology needs of our demanding customers. IDC Frontier was the first provider to bring Citrix CloudPlatform and the Apache CloudStack project to the Japanese market and we look forward to working with Citrix and the community to advance cloud computing across our region.

昨年を通じて、IDC Frontier は、先進の IDCF Cloud Self Type を用いて、日本企業におけるクラウド・コンピューティングのサービスとテクノロジーを、革新していく最前線に立ち続けた。日本において増大するパブリック・クラウド・サービスへの関心という、最先端のトレンドを形にするために、テクノロジー・プロバイダーとのパートナシップを、私たちは必要としていた。そして、そのパートナシップは、私たちの顧客が要求していくる、品質/安定性/先進技術というニーズを充たすソリューションで、IDCF のビジネスを素早く支援する必要があった。こうした背景により IDC Frontier は、Citrix CloudPlatform と Apache CloudStack プロジェクトを、日本市場にもたらす最初のプロバイダーとなった。 そして、さらに、このリージョンを横断するクラウド・コンピューティングを推進するために、Citrix およびコミュニティと協調できることを、私たちは楽しみにしている。

ーーーーー

Mr. Akihiro Nakashima
General Manager, Cloud Services Planning and Development Department
KDDI

In July, KDDI introduced the KDDI Cloud Platform Service, a highly reliable cloud service specifically focused on addressing the growing needs of enterprises in Japan that have higher requirements around control, security and reliability that typically found in most public cloud services. Citrix CloudPlatform’s proven success with the world’s largest Cloud Service Providers coupled with its commitment to openness and interoperability made it the ideal solution when we were evaluating the various cloud management solutions. We are excited to be working with Citrix on the innovation and evolution of the cloud computing market.

この 7月に、KDDI が導入した KDDI Cloud Platform Service は、日本のエンタープライズの間で増大するニーズにフォーカスする、とりわけ信頼性を重視したクラウド・サービスである。 具体的には、大半のパブリック・クラウド・サービスに顕著な、制御/安全性/信頼性をとりまく、きわめて厳格な要件に対応するものとなる。 Citrix CloudPlatform の成功体験は、オープン性とインターオペラビリティの約束と結び付けられたものであり、また、世界で有数の Cloud Service Provider たちが証明するものである。そして、私たちが、各種のクラウド・マネージメント・ソリューションを評価したとき、そこに理想的なソリューションを見出すことができた。 クラウド・コンピューティング市場にイノベーションと進化をもたらすために、私たちは Citrix と協調している。 とてもエキサイティングである。

ーーーーー

Ji-Yun Kim
SVP of Cloud BU
KT

For the past 2 years, KT has been partnering with Citrix in delivering the ucloud biz,, an innovative public cloud service based on Apache CloudStack. When building cloud systems, choosing pertinent partners is critical for business success. We used Citrix CloudPlatform as the foundation for our private cloud and found it to be an extremely robust solution that minimized the overhead costs of integration and complex deployment schedules. Citrix CloudPlatform technology seamlessly integrated with our existing technology and is allowing us to create a strong and agile public cloud.

これまでの 2年間において、KT は Apache CloudStack ベースの革新的なパブリック・クラウド・サービスである、ucloud biz を展開するために、Citrix とパートナーシップを作り上げてきた。クラウド・システムの構築に際して、適切なパートナーを選択することが、ビジネスを成功に導くために重要となる。私たちは、プライベート・クラウドの基盤として、Citrix CloudPlatform を用いている。そして、インテグレーションにおける間接コストと、ディプロイメント・スケジュールにおける複雑さを最小化する、堅牢なソリューションであると認識している。 Citrix CloudPlatform てテクノロジーは、私たちの既存テクノロジーとシームレスに統合され、強固でアジャイルなパブリック・クラウドの構築を実現している。

ーーーーー

Mr. Motoo Tanaka
Senior Vice President, Cloud Services
NTT Communications

As the industry continues to move to Cloud-based solutions, we focused on developing offerings that help partners leverage the rapid growth taking place in this segment, while also bringing the benefits of Cloud to small and medium businesses. By partnering with Citrix around Apache CloudStack and utilizing the commercial Citrix CloudPlatform, we have launched flexible, scalable, and cost-effective global public cloud service called “Cloudⁿ” which can expedite time to market and develop highly reliable solutions to expand our partners’ business opportunities.

IT 産業がクラウド・ベースのソリューションへ向けて移行するにつれて、このセグメントにおけるパートナーたちが、素早く成長していくための支援を目標に、私たちは自身の開発にフォーカスしてきた。その一方で、クラウドのメリットを、中小企業にもたらすことにも注力してきた。Apache CloudStack に関連するパートナーシップを Citrix と作り上げ、商用の Citrix CloudPlatform を活用することで、 私たちは、フレキシブルで、スケーラブルで、コスト・エフェクティブなグローバル・パブリック・クラウド・サービスを立ち上げた。 それが、Cloudn であり、 私たちのパートナーにおけるビジネスチャンスを拡大するために、彼らのサービス開発サイクルを早め、きわめて信頼性の高いソリューションを実現している。

ーーーーー

Ján Adamec
Chief ICT and Corporate Segment Officer
Slovak Telekom

Earlier this month Slovak Telekom launched TelekomCloud, our innovative public IaaS cloud service portfolio of on-demand computing resources to address the growing interest in cloud computing in the region – the first of its kind in Slovakia. After an extensive search to find the right partner for our service, we chose Citrix CloudPlatform as it provided us with a proven cloud management platform that enabled us to get to market quickly and provided advanced features like billing, self-service portal, networking as a service and a software catalog, helping us operate our cloud as a business.

今月の初めに、Slovak Telekom は TelekomCloud をローンチした。それは、オン・デマンドのコンピューティング・リソースに関する、革新的なパブリック IaaS クラウド・サービス・ポートフォリオであり、私たちの地域において増大する、クラウド・コンピューティングへの関心に取り組むためのものである。 つまり、Slovakia における最初のクラウドである。 私たちのサービスにとって、最適なパートナーを探すための大規模な調査の後に、すでに実績の証明されたクラウド・マネージメント・プラットフォームを提供するものとして、Citrix CloudPlatform を選んだ。それにより、迅速なビジネスの立ち上げが可能となった。そして、先進的な機能である、課金サービスや、セルフサービス・ポータル、サービスとしてのネットワーク、ソフトウェア・カタログなどが提供され、ビジネスとしての私たちのクラウドを、容易に運用することができた。

ーーーーー

Sameer Dholakia
Group VP and GM of Cloud Platforms
Citrix

We believe the biggest winners in the Cloud Era will be clouds built on a platform that is designed from the ground up with a true Amazon-style architecture, proven at scale in real production clouds, compatible with the Amazon architecture and fully committed to open source. The magnitude of global adoption among these telecommunications providers entrusting their core infrastructure service to the Citrix CloudPlatform is tremendous validation and proof of our position in the marketplace.

私たちが確信するのは、まさに Amazon スタイルのアーキテクチャを用いて、ゼロからデザインされたプラットフォーム上のクラウドが、Cloud Era における最大の勝者になる点に集約される。つまり、プロダクション・スケールで証明されたクラウドであり、また、Amazon アーキテクチャとの完全な互換性を持ち、完全なオープンソースを約束するものである。 Citrix CloudPlatform にコアとなるインフラ・サービスを託す、一連のテレコム・プロバイダーに対する、グローバルで大規模なアダプションは、とてつもなく大きな評価を意味し、マーケットにおける私たちのポジションを証明する。

ーーーーー

imageベンダーさんのニュースを訳すのは、ほんとうに久々のことです。 もともと、なぜ CloudStack が、これほどまでテレコムに導入されるのかという、とてもシンプルな興味があったのですが、このレビューを見ても分かるように、世界の 8社の中で、日本勢が 3社を占めるという状況にも惹かれます。 それぞれの理由があるようですが、全体に共通するのは、オープンソースであり、実運用環境での証明が済んでいるという、ふたつのポイントです。 そして、同じレンジで競い合うものとして、OpenStackOpenNebula があります。まさに、使う側の視点から構成された、新しいクラウドの世界へと、私たちは進み行っているわけで、そう考えると、とてもワクワクな気分になってきますね! image

ーーーーー

<関連>

調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!
Apache CloudStack が、4.0.0-Incubating のリリースを発表
Scalr によるクラウド・インフラ管理 : 簡単かつ確実に!
クリエーションラインと、CloudStack/MidoNet/Cloudian の統合戦略とは?
OpenStack の検証プロジェクトが日本で始まる – Bit-Isle / TERRAS / Midokura

Google は Chromebook でも、タッチ・スクリーンに対応する?

Posted in .Selected, Google, Post-PC by Agile Cat on November 27, 2012

Google to launch touch-capable Chromebook?
http://wp.me/pwo1E-5gl
by
Vincent Chang | 26 November 2012
http://asia.cnet.com/google-to-launch-touch-capable-chromebook-62219582.htm

image

Two Chromebooks have been launched in the past two months. Could there be a third?

この 2ヶ月の間に、2つの Chromebook がローンチした。 はたして、3つ目は?

Could Google be introducing a touch-capable Chromebook at the end of the year?

Google は、この年末までに、Touch 対応の Chromebook を投入するのだろうか?

Citing a Taiwanese newspaper, DigiTimes said that the search company will launch a 12.85-inch Chromebook soon. Besides the presence of a touchscreen, we know nothing about the rest of the hardware. However, Chromebooks have always been very affordable and even with the addition of a touch panel, we don’t think that will change drastically.

台湾の新聞を引用するかたちで、このサーチ・カンパニーが間もなく、12.85 inch の Chromebook をローンチするだろうと、DigiTimes が伝えている。 そのハードウェアについては、タッチスクリーンに対応するということ以外、何も知らされていない。 しかし、これまでの Chromebooks は、常に廉価で提供されており、また、タッチパネルが加えられるにしても、そのポリシーが劇的に変化するとも思えない。

Google’s Chrome OS already includes a touchscreen keyboard, which means that it shouldn’t be too difficult to add a touch-centric interface to the operating system, especially with Google’s experience with Android. The company has launched two Chromebooks from Acer and Samsung in recent months, but a third, touch-capable version would send a different signal.

すでに Google の Chrome OS は、タッチスクリーン・キーボードを取り込んでいる。Google が Android でエクスペリエンスを蓄積している状況を考えれば、このオペレーティング・システムにタッチ・セントリックなインタフェースを加えることも、それほど難しいものではないだろう。同社は、この 2ヶ月の間に、Acer Samsung から、2つの Chromebooks とローンチしているが、この 3つ目の、タッチ・スクリーン対応のバージョンは、これまでとは異なるシグナルを発するだろう。

For one, it would also mean that both Microsoft and Google see a future in touchscreen laptops. One could assume that it’s a matter of time before Apple, too, goes down this route.

ひとつには、Microsoft と Google が、タッチ・スクリーンのラップトップに、その未来を見ていると言えるだろう。 それは、このルートを Apple が下ってくる前に動き出すことであり、時間の問題だったと想定できる。

Via DigiTimes

ーーーーー

image昨夜の 『 タブレットが、ラップトップを、ブチ抜いた!:Black Friday 』 というポストで、アメリカ市場におけるタブレットとラップトップの逆転劇について伝えましたが、そこには、価格という大きな要素があると思います。 その点、Chromebook は、ARM 版であれば $249(3G 付きは $330)で提供されているわけですから、まだまだタブレットと競い合うことが可能です。 なにやら、新しい軸が形成されそうな展開ですね。image

ーーーーー

<関連>

Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!
New Chromebook と Chromebox を、Google と Samsung が発表!
Chrome の Remote Desktop ベータ版が出たらしい
Android と Windows の絶対量が、2016年には逆転する?
MacBook の ARM シフトは起こるのか? それとも Intel に留まるのか?

 

タブレットが、ラップトップを、ブチ抜いた! : Black Friday

Posted in .Selected, Amazon, Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on November 26, 2012

Tablets Passing Laptops On Black Friday, Says Analyst
http://wp.me/pwo1E-5g9

Antone Gonsalves November 23rd, 2012
http://readwrite.com/2012/11/23/black-friday-projected-to-push-tablet-sales-ahead-of-laptops

_ Read Write (2)

Black Friday could produce a milestone, this time in the PC market. If NPD DisplaySearch is correct, today, the super-shopping bonanza after Thanksgiving, will be the day that tablets outsell laptops in North America.

今年の Black Friday は、PC 市場におけるマイルストーンを引き起こしたようだ。 もし、今日の NPD DisplaySearch が正確なら、スーパー・ショッピングをもたらした Thanks Giving Day は、North America での販売量でタブレットがラップトップを上回ることが分かった、記念すべき日になるだろう。

The rest of the world’s economies are expected to follow in 2015, when nearly 276 million tablets will ship, compared to 270 million laptops, according to DisplaySearch.

DisplaySearch によると、すべての国々を含む世界の経済としては、276 million 台のタブレットが出荷され、270 million のラップトップを上回るのが、2015年だと予想される。

In North America, the inflection point will be this quarter when tablet shipments are expected to reach 21.5 million units, nearly 50% higher than laptop sales.

North America における節目は、タブレットの出荷数が 21.5 million 台となり、ラップトップに対して 50% 増となる、この四半期になるだろう。

What’s Causing The Shift?

The “why?” behind the tablet juggernaut lies in the U.S., where more than 70% of households have PCs. With such a high penetration rate, pretty much everyone who wants a PC has one and the majority is choosing to buy a tablet rather than upgrade, DisplaySearch analyst Richard Shim said.

70% 以上の家庭に PC があるアメリカにおいて、この絶対的なタブレットのパワーは、いったい何処にあるのだろうか。DisplaySearch のアナリストである Richard Shim は、PC を必要とする大半の人々が、すでに 1台を所有しており、また、それをアップグレードするよりは、タブレットの購入を選択しているため、このような、高い普及レートが達成されているとしている。

Driving that choice is convenience. Tablets are more portable than a laptop, turn on immediately and meet the basic computing needs of email, browsing and entertainment. As a result, U.S. 2011 sales soared 200%, year to year, to more than 38 million units, according to DisplaySearch, This year, shipments are projected to rise 46%, to 56 million units.

このチョイスを促進するものは、タブレット利便性である。 タブレットはラップトップと比べて、ポータブルであり、すぐに立ち上がる。 そして、電子メール、Web ブラウジング、エンターテイメントといった、基本的なコンピューティングの要件を満たしている。 DisplaySearch によると、2011年のアメリカでの販売量は、前年比で 38 million 台を上積み、200% という成長率を見せている。 それは、出荷予測を 46% も上回り、最終的には  56 million 台に至るという。

At the same time, U.S. laptop sales have slowed dramatically. In 2011, shipments fell 2%, to nearly 55 million units, and are projected to rise by only 2%, to 56 million units, this year, DisplaySearch says. (Worldwide, the PC market is expected to shrink 1.2%, marking the first decline since 2001, according to IHS iSuppli.)

それと同時に、アメリカにおけるラップトップの販売量も、劇的にスローダウンしている。 2011年の出荷量は、約 55 million 台であり、前年比で 2% を下げていた。そして、今年は 2% を増やすが、56 million 台に留まると、DisplaySearch は発言している ( IHS iSuppli によると、世界的な PC マーケットも、2001年以来の下落を示し、1.2% の縮小になると予想される)。

Who’s Buying?

Interestingly, this is happening even as a key demographic group demonstrates ambivalence about portable computing.

興味深いことに、人口統計学上の重要なグループが、ポータブル・コンピューティングについて二面性を示すにつれて、この現象が起こっている。

People in their 20s and 30s who own both a tablet and laptop say their laptop is the more important tool of the two, according to a survey released this summer by consulting firm Deloitte. Older adults were much more likely to choose a tablet.

この夏に、コンサルティング会社である Deloitte がリリースした調査結果によると、タブレットとラップトップを所有する 20代~30代の人々は、ラップトップの方が重要なツールであると発言している。 しかし、より年配の人々においては、タブレットを選択する比率が、ずっと高かった。

Major tablet vendors, such as Amazon, Google and Apple, certainly deserve credit for stimulating consumer interest. The companies have delivered solid products and have marketed them well.

たしかに、Amazon/Google/Apple といった、主要タブレット・ベンダーの功績により、消費者の関心が刺激されている。それらの企業は、単体としてのプロダクトを出荷し、また、そのマーケットを上手く構築している。

Falling prices are also driving the market.

そして、価格の引き下げも、マーケットを促進させている。

"The $199 price point has increasingly become the target to match or beat with the introductions of Google’s $199 Nexus 7 and Amazon’s Kindle Fire 7," Shim wrote in a blog post.

『 Google Nexus 7 と Amazon Kindle Fire 7 の登場により、それらと競合するための価格設定として、 $199 がターゲットになってきた』と、Shim はブログ・ポストに書いている。

While prices fall, vendors are releasing more options. In 2011, Apple’s 9.7-inch iPad dominated with a 65% market share, Shim said. This holiday season, companies are trying tablet sizes between seven and 10.6 inches.

価格が引き下げられる一方で、それぞれのベンダーたちは、より多様な選択肢を提供している。 2011年には Apple の 9.7 inch iPad が、65% のシェアで市場を支配していたと、Shim は言う。 このホリデー・シーズンにおいて、各社とも 7 inch ~ 10. 6 inch の間で、タブレット・サイズを試している。

The Fate Of The Laptop

Laptops won’t be going away anytime soon. While tablets are convenient for simple chores, content creation still demands and a higher-performing system. From 2013 to 2016, laptop shipments worldwide will have a compounded annual growth rate of roughly 7%, according to IDC.

しかし、ラップトップが、近いうちに消え失せるという話ではない。 タブレットが単純な作業にとって便利な一方で、コンテント作成は不可欠であり、また、ハイパフォーマンス・システムへの需要もある。 IDC によると、ワールドワイドでのラップトップの出荷量は、2013年~2016年の複合年間成長率において 7% の増大になるという。

Laptop growth in emerging markets will be much higher than in mature markets like the U.S., Western Europe and Japan, where the majority of people own a PC. Companies looking for growth rates over 10% will have to target Asia/Pacific, Latin America, Central and Eastern Europe, the Middle East and Africa.

開発途上国におけるラップトップの成長率は、大多数の人々が PC を所有する、アメリカ/西欧/日本などの成熟したマーケットよりも、ずっと高いものになるだろう。10% 以上の成長率を求める企業群は、Asia/Pacific および、Latin America、Central Europe、Eastern Europe、Middle East、Africa などをターゲットにせざるを得ないだろう。

Everywhere else, people will be holding on to their PCs much longer and will need to be given a good reason to upgrade.

その他の地域においても、人々は長期にわたり PC を維持していくだろう。 そして、アップグレードのための、良い理由を必要とするだろう。

On the tablet side, recent history shows us that even in a nightmarishly uncertain economy, people don’t need a good reason to upgrade or even buy. Many hardly need a nudge at all. All hail the new tech king.

そして、タブレットのサイドでは、悪夢のように不確実な経済状況においても、人々はアップグレードや購入に際して、さしたる理由を必要としていない。 つまり、短い歴史ながらも、動かしがたい事実が示されているわけだ。 数多くの人々が、軽いひと突きすら、まったく必要としていない。 すべての人々が、新しいテック・キングを歓迎しているのだ。

ーーーーー

imageついに、この日が来たという感じですね。 おそらく、このレポートを提供した DisplaySearch の Richard Shim さんは、Black Friday の売れ行き次第で、このような予測が立てられると、狙っていたのでしょうね Smile 以前から、Intel の下方修正などが伝えられていましたが、スマホとタブレットがもたらす Post-PC 時代の到来を、まさに決定づけるマイルストーンになりましたね、今年の Back Friday は! image

ーーーーー

<関連>

モバイル決済が 爆発的に伸びている : Thanks Giving Day 2012
クリスマスには iPad が欲しい! そんな子供たちが多数を占める : Nielsen の調査
Bloomberg 金融アップストアがオープン : Apple みたいに 30% をイタダキ!
Android と Windows の絶対量が、2016年には逆転する?
Chromebook が、Amazon のトップセラーを快走中だ!

%d bloggers like this: