Agile Cat — in the cloud

Google Nexus 10 は、$400 で 2560 x 1600

Posted in Google, Mobile by Agile Cat on October 31, 2012

Google and Samsung debut $400 Nexus 10 tablet with beautiful display
http://wp.me/pwo1E-56k

October 29, 2012 9:46 –
Sean Ludwig
http://venturebeat.com/2012/10/29/google-nexus-10-tablet/

_ VB Mobile[5]

After many rumors, Google and Samsung have finally debuted the Nexus 10 tablet, one of the nicest looking 10-inch Android tablets ever and yet another potential competitor for the iPad.

数多くのウワサが流れていたが、ついに Google と Samsung は Nexus 10 をデビューさせた。 この素晴らしい 10 inch ディスプレイを持つ Android タブレットは、iPad に対するコンペティタとして、名乗りを上げる可能性を持つ。

The Nexus 10 has some mighty fine specs: The screen resolution of 2,560-by-1,600 (300ppi) has 4 million pixels packed into it. It also includes a dual-core ARM Cortex-A15 processor, 2GB of RAM, 5-megapixel camera on back, 1.9-megapixel camera on front, and a 9,000mAh battery that Google says runs for nine hours.

Nexus 10 のスペックは、きわめて素晴らしい、2,560 x 1,600 の解像度(300ppi)を持つディスプレイには、400万 Pixel が詰め込まれる。 さらに、Dual-Core の ARM Cortex-A15 プロセッサと、2GB の RAM、5M Pixel のカメラ、1.9M Pixel のフロント・カメラ、9時間の駆動を実現するという 9,000 mAh のバッテリーが含まれる。

On the software side, the device is running a stock version of Android 4.2. You can read more about the changes in 4.2 from Google.

その一方で、ソフトウェア・サイドとしては、Android 4.2 が組み込まれている。 この 4.2 の変更点については、Google から提供される情報を参照して欲しい。

The 16GB Nexus 10 unit costs $400, while the 32GB model retails for $500. These price points make the models competitive with the iPad 2 ($400) and fourth-gen full-size iPad ($500).

Nexus 10 の 16 GB バージョンは $400 で、また、32GB モデルは $500 で販売される。この価格帯は、iPad 2($400)と iPad 4($500)を、ターゲットにしたものである。

The Nexus 10 will be available on Nov. 13 in the Google Play Store in U.S., U.K., Australia, France, Germany, Spain, Canada, and Japan.

なお、Nexus 10 は 11月 3日に、US/Australia/France/Germany/Spain/Canada/Japan の、各 Google Play Store から発売される。

Google unveiled the Nexus 10 alongside the powerful Nexus 4 smartphone from LG and a slightly revamped Nexus 7 tablet. Check out the video below for more on the three devices.

Google は、パワフルな Nexus 4(LG 製のスマホ)および、改善された Nexus 7 と並行して、この Nexus 10 を発表している。これらの、3つのデバイスに関する詳細は、以下のビデオでチェックして欲しい。

___space

___space

ーーーーー

image[10]10-inch で 2560 x 1600 が、$400 で買えるというのは、とても嬉しい展開ですね。 新しい Nexus 7 と同様に、戦略的な価格が設定されているのでしょう。 広告という回収モデルを持っている、Google の強さが感じられます。 もちろん、リテールで攻める Amazon Kindle も、とても手強い存在であり、当面は、この二社がプライス・リーダーとなり、Post-PC デバイスの低価格化をドライブしていくのでしょう image[7]

ーーーーー

<関連>

Google Nexus 7 のアップデートは、32GB + モバイル通信
ーーーーー
Google の次世代 Nexus Phone:そのスペックが明らかに
ネイティブの Facebook App for Android が、最終テストの段階らしい!
Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!
Google Maps は Big Data を使いこなすが、Apple Maps には それが出来ない
Android と Windows の絶対量が、2016年には逆転する?

Google Nexus 7 のアップデートは、32GB + モバイル通信

Posted in Google, Mobile by Agile Cat on October 31, 2012

Google updates Nexus 7 with 32GB, mobile data support
http://wp.me/pwo1E-56b
October 29, 2012 9:55 AM –
Ricardo Bilton
http://venturebeat.com/2012/10/29/nexus-7-32gb-hspa/

_ VB Mobile

Google might have cancelled its Android event in New York today, but that isn’t preventing it from making its device announcements anyway.

今日の New York での Android イベントを、Google はキャンセルしただろうが(ハリケーンのため)、とにかく、このデバイスの発表は予定通りに進んでいる。

In addition to the LG-made Nexus 4 and Samsung’s Nexus 10, Google also announced a new $299 HSPA+-equipped Nexus 7, which can run on mobile networks from carriers like AT&T.

LG の Nexus 4 と、Samsung の Nexus 10 に加えて、Google は HSPA+ 対応の Nexus 7 を $299 で発売するとアナウンスしている。 それは、AT&T などのキャリア・ネットワークで、このモバイル・デバイスを接続するものとなる。

Alongside the new Nexus 7, Google also announced that the Wi-Fi versions of the tablet are getting some storage upgrades: The 16GB Nexus 7  now runs for $199 and is being joined by a 32GB model, which will cost $249.

この、新しい Nexus 7 と並行して、Google は Wi-Fi バージョンのタブレットに関しても、ストレージのアップグレードを発表している。 具体的には、16GB の Nexus 7 が $199 となり、32GB モデルが $249で加わる。

This, of course, likely means Google is sunsetting the 8GB Nexus 7, which hasn’t been offered as widely as its 16GB counterpart.

そして、もちろん、Google は 8GB の Nexus 7 を廃止し、その後継として 16GB を提供するのだろう。

All of these updates come as Google, Apple, and Amazon vie for control of the 7-inch tablet market, which is becoming more and more cutthroat by the day. Not only are the tablet makers competing on price, but they’re also attempting to outdo each other on features.

Google は 7 inch タブレット市場の覇権をかけて、Apple および Amazon と競い合っている。 そして、それが激化するときに、一連のアップデートを発表している。 もちろん、タブレット・メーカーたちは価格において競合するだけではなく、機能面においても優位に立とうと試みる。

By adding support for mobile data, Google is making a strong effort to differentiate the Nexus 7 from the iPad mini and Kindle Fire. Google’s logic behind the move is clear: A highly-portable tablet like the Nexus 7 can be made even more portable when it can connect to the Internet from anywhere.

Google はモバイル・データ通信をサポートすることで、iPad Mini と Kindle Fire に対して、Nexus 7 の差別化を強力にプッシュしていくのだろう。 この、Google におけるロジックは、明確な背景を持っている。 つまり、Nexus 7 のようなポータビリティを持つタブレットであれば、場所を選ぶことなくインターネット接続が得られるということだ。

ーーーーー

imageなんといっても、$300 で 3G モデルというのが嬉しいですね。iPad Mini は良さそうですが、経済的な事情からして、Agile_Cat 的には、これが大本命です!  ところで、HSPA+ って、Docomo や Softbank で使えるのですよね? それが確認できれば、Google Play でポチなんですが、日本も同時発売なのでしょうか? それと、ネイティブの Facebook for Android の出来も気になります。 image

ーーーーー

<関連>

Google Nexus 10 は、$400 で 2560 x 1600
ーーーーー
Google の次世代 Nexus Phone:そのスペックが明らかに
ネイティブの Facebook App for Android が、最終テストの段階らしい!
Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!
Google Maps は Big Data を使いこなすが、Apple Maps には それが出来ない
Android と Windows の絶対量が、2016年には逆転する?

Apple と VMware がタッグを組んで、Microsoft Office を挟撃する

Posted in .Selected, Apple, Byod, Post-PC, VMware by Agile Cat on October 30, 2012

Apple, VMware Gun for Microsoft Office
http://wp.me/pwo1E-561

By
Mike BartonEmail Author – 10.23.12
http://www.wired.com/insights/2012/10/apple-vmware-microsoft-office/

_ WIRED

Can Apple, VMware take down Microsoft Office?
Photo: Wired.com/Jon Snyder

Does Apple see the iPad as a business device? Of course it does. It just doesn’t like to say so in public, writes Wired Enterprise’s Klint Finley.

Apple は iPad を、ビジネス・デバイスと認識しているのか? もちろん、そうだろう。 ただ、公には、それを言いたがらないと、Wired Enterprise の Klint Finley は述べている

On Monday, we received yet another indication that Apple is refining its tablet for use inside the business world. According to a report from CRN citing sources with knowledge of the project, Apple and VMware have joined forces to provide iPads with access to an online version of Apple’s iWork, a suite of office applications. The two companies didn’t immediately respond to requests for comment, but in recent months, CRN has proven to be a reliable source for news on VMware…

月曜日のことだが、そのタブレットをビジネスの世界で利用できるよう、Apple が磨きをかけているという指摘を受けた。その レポートによると、あるプロジェクトの情報を CRN が引用しているとされている。 具体的には、Apple と VMware が連携し、Apple の iWork および Office Suite アプリケーションの、オンライン・バージョンへのアクセスを、iPad から可能にするという。この両社は、いまのところコメントを拒んでいるが、この数カ月の間に、VMware に関する信頼できるニュースについて、CRN はウラを取っているようだ。

According to CRN, the new offering will include hosted versions of Apple’s Pages, Keynote, and Numbers applications running in Apple’s data centers, and these will run alongside VMware’s IT management suite, known as Horizon Application Manager. The applications will be served up to iPads, CRN reports, using VMware View, a tool that provide machines will remote access to virtual desktops running Windows and other operating systems.

その CRN によると、この新しいサービスには、Apple のデータセンターで運用される、Apple の Pages/Keynote/Numbers などの、ホスティング・バージョンが含まれることになる。そして、Horizon Application Manager と呼ばれる、VMware の  IT Management Suite と組み合わせられる。一連のアプリケーションは、VMware View を利用する iPad もサポートすることになると、CRN はレポートしている。このツールにより、仮想デスクトップに対してリモートでアクセスするマシンが実現され、そこで Windows などの OS が実行されることになる。

imageAs CRN notes, Apple and VMware are already working together on VMware Horizon Mobile for iOS, a product that lets business employees use their personal smartphones for work by keeping company data and applications completely separate from personal applications — while giving companies the ability to remotely wipe all company information from an employee’s phone, Finley writes

CRN が指摘するように、すでに Apple と VMware は、Horizon Mobile for iOS を共同で開発している。このプロダクトにより、企業のデータとアプリケーションは、パーソナルなアプリケーションから完全に分離される。そのため、企業の従業員たちはパーソナル・スマホを、自身の作業においても利用できるようになる。つまり、従業員たちのスマホから、すべての企業情報をリモートで排除する機能も、社内の管理者に与えられることになると、Finley は述べている。

The Horizon suite includes Enterprise Connector — an cloud identity management system that provides a “single sign-on” for multiple cloud applications, including Salesforce.com, Webex and Workday — and Policy Manager — a tool for managing user permission and controls across applications and contexts. It seems likely that VMware’s main role in this project would be in controlling which iWorks documents users have access to and giving companies the ability to delete those documents if an employee leaves.

Horizon Suite には、多数のクラウド・アプリケーション(Salesforce/Webex/Workday など)に “single sign-on” を提供する、クラウド・アイデンティティ管理システムである、 Enterprise Connector が含まれる。 そして 、アプリケーションとコンテキストを横断するユーザーの、パーミッションとコントロールを管理する Policy Manager というツールも提供される。おそらく、このプロジェクトにおける VMware の主要な役割は、ユーザーがアクセスする iWork ドキュメントの、コントロールにあると思われる。そして、その従業員が退職する際に、それらのドキュメントを削除する能力が、会社側に与えられる。

imageVMware has branched out into several other new areas in recent years. It created the open source cloud platform called Cloud Foundry. It acquired the open source virtual network company Nicira. And it jumped into the office/productivity market with its Zimbra and SlideRocket acquisitions.

この数年の間に VMware は、いくつかの他の新しいエリアへと広がっている。 まず、Cloud Foundry と呼ばれる、オープンソース・クラウド・プラットフォームが開発された。 そして、オープンソースの仮想ネットワークを提供する、Nicira を買収している。 また、Zimbra と SlideRocket を買収することで、オフィス/プロダクティビティ市場へと参入している。

All these bets could be lucrative new frontiers if open source virtualization tools like Xen and KVM — to say nothing of open source cloud systems like OpenStack and CloudStack — cut into VMware’s traditional product sales. But the broader strategy is for VMware to insert itself into practically every aspect of a company IT infrastructure, from servers to mobile devices, both within private data centers and in the public cloud.

もし Xen や KVM といった、オープンソースの仮想化ツールが、VMware における従来からのプロダクト・セールスに干渉するにしても(OpenStack や CloudStack のような OSS クラウド・システムは言うまでもなく)、すべての前述の試みは、利益を伴う新しい分野になり得る。 しかし、VMware における大局的な戦略は、プライベート/パブリックのデータセンターは言うまでもなく、サーバーからモバイル・デバイスにいたるまでの、企業  IT インフラの全局面に対して、自社のテクノロジーを注入していくことにある。

ーーーーー

imageこの提携が具体化するなら、iOS を搭載する iPhone/iPad という人気のデバイスで、BYOD を容易に実現していく道筋が見えてきますね。 そして、この Horizon ですが、昨年の 9月に GigaOM が、VMworld のレポートとして、詳しい記事を提供しています。 それから1年が経ち、BYOD に対する理解が深まり、また、Apple のデータセンター戦略が進んできた中での、新しい展開として捉えることが可能です。 続報がありましたら、継続してポストしていきたいと思っています。image

ーーーーー

<関連>

エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step
最適な MDM(Mobile Device Management)ポリシーを構成するためには?
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく

 

Apple の四半期決算: iPhone を 2700 万台、iPad を 1400 万台

Posted in .Selected, Apple, Mobile by Agile Cat on October 29, 2012

Apple by the numbers: 26.9M iPhones,14M iPads sold
http://wp.me/pwo1E-55Q

October 25, 2012 –
Meghan Kelly
http://venturebeat.com/2012/10/25/apple-by-the-numbers/

_ VB Mobile

Apple released its fourth quarter earnings today, just meeting market expectations. Wall Street said Apple would be around $35 billion in revenue, while the company reported $36 billion, or $8.67 per diluted share.

Apple は、同社における Q4 収支を発表したが、それはマーケットの期待値を、きっちりと達成するものであった。 Wall Street は Apple の売上について、$35 billion 前後だろうと発言していたが、同社からのレポートは $36 billion を示し、1株あたり $8.67 を下げる結果となった。

Apple money image
 Shutterstock

Apple didn’t release specifics about its iPhone 5, though it did increase its overall iPhone units sold by 900,000. In terms of iPads, Apple said that it saw iPad sales growth in all of the countries it’s available.

Apple は、iPhone 5 に関する詳細をリリースしていないが、iPhone 全体的なユニット数は、前期との比較で 90万台ほど増えている。iPad に関しては、それが提供されている、すべての国における、売り上げが伸びていると Apple は発言している。

It also announced that it’ll start paying out dividends of $2.65 per common stock to its customers on Nov. 15 to all who are stockholder by the close of business on Nov. 12.

さらに Apple は、決算日である 11月12日の時点で、同社の株式を保有しているすべての株主に対して、11月15日までに $2.65/株の配当を支払い始めると発表した。

Thus far Apple’s stock has remain unmoved in after hours trading. Check out the company’s earnings by the numbers:

したがって、Apple の株主たちは、時間外取引で心を動かされないようである。 以下の数値により、同社の収益をチェックしてほしい:

Revenue: $36 billion compared with $28.3 billion in Apple’s fourth quarter of 2011 and $35 billion last quarter.

Net Profit: $8.2 billion compared with $6.6 billion in Apple’s fourth quarter of 2011 and $8.8 billion last quarter.

iPhones: 26.9 million units, which is 58 percent more than Q4 2011. Last quarter Apple sold 26 million units.

iPads: 14 million units, which is a 26 percent increase from this quarter last year. In the third quarter 2012, Apple sold 17 million units.

Macs: 4.9 million units sold, only a 1 percent increase over the same quarter in 2011. Last quarter Apple sold 4 million units.

iPods: 5.3 million units, which declined 19 percent from the same quarter in 2011. Last quarter Apple sold 6.8 million units.

ーーーーー

Revenue:  $36 billion。 昨年同期は $28.3 billion であり、前期は $35 billion であった。

Net Profit: $8.2 billion。 昨年同期は $6.6 billion であり、前期は $8.8 billion であった。

iPhones: 26.9 million ユニット。昨年同期と比較して 58% の伸びであり、また、前期の販売ユニット数は 26 million だった。

iPads: 14 million ユニット。 昨年同期と比較して 26% の伸びであり、また、前期の販売ユニット数は 17 million だった。

Macs: 4.9 million ユニット。 昨年同期と比較して 1% の伸びであり、また、前期の販売ユニット数は 4 million だった。

iPods: 5.3 million ユニット。 昨年同期と比較して 19% のマイナスであり、また、前期の販売ユニット数は 6.8 million だった。

ーーーーー

imageApple の会計年度は、10月から始まり 9月で終わります。 したがって、ここで言う Q4 とは、今年の 7月~9月期を指すことになります。 そして、昨年の Q1では、目も眩むような利益を叩きだした Apple ですが、今年のクリスマス・シーズンも、ものすごい売上と利益を計上しそうな気がします。 先日ですが、Amazon との利益の比較という視点で、おもしろい記事をポストしていますので、そちらも、ぜひ、ご覧ください。 右のチャートは、Bare Figures というサイトからものですが、どの Research サイトも、まだ チャート化していない段階で、すばらしいビジュアル情報を提供してくれています。

ーーーーー

<関連>

iPad Mini と 13-inch Pro の 広告ビデオ : Youtube だよ!
iPad Mini がデビュー : 価格は $329
iPad Mini の価格を、iOS デバイス・ポートフォリオで推測する
Woz 吼える: 大判の iPhone 5 を出さない Apple は傲慢だ!
Intel が減速、そして TABLET と PC の明暗: JP Morgan が分析する

Amazon は久々の 四半期 赤字 : その内容は?

Posted in Amazon, Businesses, Mobile by Agile Cat on October 29, 2012

AMAZON DIVES AFTER EARNINGS MISS
http://wp.me/pwo1E-55K

Matthew Boesler | Oct. 25, 2012
http://www.businessinsider.com/amazon-q3-earnings-2012-10

_ Business Insider 2

Amazon’s Q3 earnings are out. The company missed on estimates for sales, earnings, and forward guidance.

Amazon における Q3 の収益は、マイナスであった。 同社は、販売および収益の見積りと、前向きな誘導において失敗した。

Amazon announced Q3 EPS of -$0.60 versus expectations of -$0.08.

Amazon は Q3 の EPS(earnings per share)について、-$0.08 の予測に対して-$0.60 の結果が生じたと発表した。

David McNew / Getty Images
Amazon CEO Jeff Bezos

$0.37 of the loss was related to a writedown taken on the company’s investment in LivingSocial.

損失分のうち、$0.37に相当する部分は、出資した LivingSocial における評価損に関連する

Sales came in at $13.81 billion versus expectations for $13.9 billion.

売上に関しては、$13.9 billion の予測に対して、$13.81 billion  という結果であった。

The company gave guidance for Q4 below analysts’ estimates, citing a range of $20.25-$22.75 billion, versus expectations of $22.82 billion.

同社は Q4 について、$22.82 billion という期待値と、$20.25-$22.75 billion というアナリストの分析を提供した。

Instead of addressing the loss on the LivingSocial investment, Amazon CEO Jeff Bezos chose to talk up Amazon’s Kindle e-reader device.

Amazon CEO である Jeff Bezos は、LivingSocial における損失を説明する代わりに、Amazon Kindle e-Reader デバイスについて話すことに決めたようだ。

“[T]he $199 Kindle Fire HD is the #1 bestselling product across Amazon worldwide," said CEO Jeff Bezos. "The next two bestselling products worldwide are our Kindle Paperwhite and our $69 Kindle. We’re selling more of each of these devices than the #4 bestselling product, book three of the Fifty Shades of Grey series.”

「 この $199 Kindle Fire HD は、Amazon ワールドワイドにおける #1 のベストセラー・プロダクトである。 そして、それに続く #2 と #3 のベストセラー・プロダクトは、Kindle Paperwhite と、$69 の Fire である。 私たちは、#4 のベストセラー・プロタクトである、 Fifty Shades of Grey 三部作よりも、それらのデバイスを、数多く販売しているのだ 」と、CEO の Jeff Bezos は発言している。

ーーーーー

imageたしか、設立から数年の間は延々と、そして平然と赤字を続けていた Amazon ですが、LivingSocial の評価損で久々の四半期赤字という決算だったようです。 先日のポストでは、Apple との考えからの違いが明確になっていましたが、とにかく薄利多売の道を追求する Amazon において、こうした赤字の計上は、これからも時々起こるのではないかと思われます。その信念にしたがって、独自の道を突き進んでほしいですね。

ーーーーー

<関連>

Amazon 宣言 : すべてのデバイスを原価で提供する – Jeff Bezos
Amazon が CPU ビジネスに参入 : あの TI を買収する?
Android Tablet の出荷数が、iPad の 40% に迫っている?
Amazon AWS の年商は、どう見ても $ 1 billion を超えている
NASDAQ の FinQloud は、AWS ベースの金融サービス・プラットフォームだ

Mac OS の不調は、IPv6 Tunnel が原因だったのか?

Posted in Apple, SOHO with Cloud, Weekend by Agile Cat on October 28, 2012

とりあえず、Snow Leopard 10.68 で Opera が安定したようです
http://wp.me/pwo1E-55B

Agile_Cat_Loupe

夏前に、モバイル用に MacBook Air 11 を(中古で)購入して、その後はご満悦だった Agile_Cat ですが、Mac OS を 10.68 にアップデートしてからというもの、原因不明のクラッシュに悩んでいました。 スリープやレジュームの際だけではなく、ちょっとした操作の拍子に、OS ごとクラッシュしてしまうという、かなり深刻な状況です。 そして間の悪いことに、他にも Opera が 12.02 に上がったり、DropBox を使い始めたりと、一度に色々と手を加えてしまったので、原因がつかみにくい状況になってしまいました。

imageそこで、Google 先生に「 problem mac os 10.68 opera 」と入力し、なにか手がかりが無いものかと探し始めたのです。 それ以前に、Chrome で問題が生じ、Google サイドで対応したとの記事を読んだことがあるので、まずは、Opera との相性を疑ってみました。 そして浮上してきたのが、IPv6 Tunnel という機能の名前です。 おそらく、IPv4 にオーバーレイするための、設定なのでしょうが、これが怪しそうです。そして、参照したのが、ARIN IPv6 Wiki というサイトです。

このサイトでは、長いドキュメントの、ちょうど真ん中辺りに、以下のように記載されています。

Apple Mac OS X
Use of IPv6 with only link/site-local addresses

<中略>
Versions predating 10.6.x «Snow Leopard»

There is no fix this bug available for older versions of Mac OS X like «Tiger» and «Leopard». While it is preferred to upgrade to «Snow Leopard» to get the bug fixed properly, this might be undesired due to it not being a free upgrade, or entirely impossible if the hardware used is PowerPC-based. One of the following work-arounds might help for users of old Mac OS X versions:

Work-around: If the user is using Mozilla Firefox, ensure it is upgraded to version 4.0 or newer. This might avoid the problem by suppressing AAAA lookups.
Work-around: Use the latest version of Google Chrome, which will mask the underlying problem.
Work-around: Disable IPv6 completely in the operating system: System Preferences -> Network -> Advanced -> TCP/IP -> Configure IPv6 -> Off.

クリックで拡大 ⇒

というわけで、System Preferences -> Network -> Advanced -> TCP/IP -> Configure IPv6 -> Off を試してみました。 この画面イメージのように設定しました。 ディフォルトでは、ここが Automatically になっていました。

クラッシュの原因を断定できたというわけでは有りませんが、とりあえず、これで問題は収まったようで、今夜からは安心して眠れそうな感じです。 なお、Firefox および Chrome に関しては、上記の英文リンクにあるように、ブラウザ側で何らかの対応が完了しているようです。

今回の問題で、出口が見つからないなら、Mountain Lion へ移行すべきなのかと、ちょっと諦めかけていた Agile_Cat ですが、これなら何とかなりそうです。 Evernote を中心に据えて、枯れた OS で安定した環境を維持するという、基本的な方針を維持できそうな感じです。それと、余談になりますが、Opera Next として 12.10 のベータが始まっており、Mac 版と Win 版で新機能が提供されるようです。

クリックで拡大 ⇒

話は IPv6 Tunneling に戻りますが、Windows 7 でも、これと同じ問題が出ているようです。 ただし、重戦車の如き Windows 7 は、これしきのことではダウンしないようです。 Opera が完全に終了しないという問題が出ているので、何かがオカシイと分かるのですが、メイン・ブラウザとして立ち上げっぱなしで使っているので、わざわざ対応する必要もないという感じです。 詳しくは、How to disable IP version 6 or its specific components in Windows を見て欲しいのですが、画面イメージの、どれを選んだら良いのか、よく分からいので、とりあえずは、そのままにしています。

前述のとおり、断定できたというレベルの話ではありませんが、Opera on Snow Leopard がチョット安定したので、取り急ぎのレポートです。いろいろと、勘違いや間違いがあると思いますので、お気づきの点がありましたら、ご指摘くださ~い。

ーーーーー

image8月の お盆休みのころに、『赤いオペラと緑のエバノ』という連載を書いてしまった以上、そうそう簡単に Chrome に日和ることもできません。 というわけで、ほとほと困っていたのですが、ひとつ 憂鬱のタネが解消したように思えます Smile  クラウドに軸足を動かしてしまった Agile_Cat にとって、プラットフォームを選ばずに動く Opera と Evernote は、とても貴重な存在です。 それらと比べると、Mountain Lion も Windows 8 も、遠い世界の出来事のように思えてきます。 そして、自分の仕事柄、Opera に加えて Evernote さえ動いていれば幸せという感じもしますが、それは、Evernote にロックインされている状況を意味します。 したがって、並行して利用できる何らかのサービスを、早く探し出すべきなのだと、最近は、そんなふうに考えています。何か、良いのが無いものでしょうか? image

ーーーーー

<関連>

Woz 吼える: 大判の iPhone 5 を出さない Apple は傲慢だ!
だめじゃん Apple : 時計のデザインを盗まれたと、スイス連邦鉄道が怒ってる
iPhone 5 の発売日に、あえて Microsoft Store に行ったら、考え込んでしまった
イイネ な タメイケ は、Facebook 都市伝説となるのか
Woz の言うクラウドへの懸念は、正しくもあり、間違いでもあり

Apple vs. Amazon : リテールの双璧をチャートで比較する

Posted in .Selected, Amazon, Apple, Mobile, Post-PC by Agile Cat on October 27, 2012

The Difference Between Apple & Amazon In One Chart
http://wp.me/pwo1E-55o

Dan Frommer – September 10th, 2012
http://readwrite.com/2012/09/10/the-difference-between-apple-amazon-in-one-chart

__ Read Write

クリックで拡大 ⇒  

Apple and Amazon are both in the business of designing small computers – tablets, ereaders, phones, media players – and selling them to the public. But how they do it is the big difference. And that’s best depicted by the astonishing difference in the two companies’ profits.

Apple と Amazon に共通するものは、小型のコンピュータである Tablet/eReader/Phone/Media Player などをデザインし、一般向けのプロダクツとして、販売するビジネスである。 しかし、その方式には大きな違いがある。 その最たるものは、両社における利益を比較することで表現される、驚くべき相違点である。

Amazon’s Approach: Sell Now, Profit Later

imageAmazon CEO Jeff Bezos explained his approach last week at the company’s Kindle press event.

Amazon の CEO である Jeff Bezos は、先週(9月初旬)に開催された Kindle のプレス・イベントにおいて、自身のアプローチについて説明した。

"We want to make money when people use our devices, not when they buy our devices," Bezos said. "If someone buys one of our devices and puts it in a desk drawer and never uses it, we don’t deserve to make any money."

「 私たちが投資を回収するのは、人々がデバイスを購入したときではなく、そのデバイスを使用するときである。もし、私たちのデバイスを購入した人が、それを机の引き出しにしまい込み、決して使おうとしないなら、私たちの行なっていることが、利益を得るだけの評価を受けていないということだ 」と 、Bezos は発言している。

Bezos clarified that he’s not interested in selling devices at a steep loss – the razors/razorblades model. He is most interested in a business where Amazon makes a little money here, a little money there, and gives people a really good deal.

Bezos が明らかにしたことは、替刃の交換で金のかかるカミソリのビジネス・モデルで、同社のデバイスを販売することに、興味を持っていないことである。 彼の興味は、あらゆる局面で人々を満足させ、Amazon としては少額の利益を回収していくビジネスに集約される。

Amazon’s mantra: "Above all else, align with customers. Win when they win. Win only when they win," Bezos said.

Amazon の信念は、「 何にも増して、顧客と協調することにある。 そして、顧客の利益は私たちの利益であり、顧客が利益を得たときにだけ、私たちも利益を得られる」だと、Bezos は発言している。

A little different than most companies? Yes. But that’s okay: It certainly resonates with customers.

一般の企業とは、少し異なっているだろうか?  たしかに、そう言えるが、問題はない。なぜなら、顧客と共鳴できるビジネス・モデルであるからだ。

Apple’s Approach: Big Profits From Small Devices

imageApple generates profit – up to hundreds of dollars per device, especially for the iPhone – every time it sells a gadget. Its media ecosystem is there to support the hardware. In other words, iTunes and the App Store exist in large part to sell more iPhones, iPads, Macs, Apple TVs, and iPods.

Apple のビジネスは、デバイスを販売するごとに、数百ドルの利益を生み出していく。 とりわけ、iPhone の場合には、必ずそうなる。 そして、媒介としてのエコシステムが、ハードウェアをサポートするために存在する。言い換えれば、より多くの iPhone/iPad/Mac/Apple TVs/iPod を販売するために、iTunes と App Store という大掛かりな仕組みが存在している。

As Apple CFO Peter Oppenheimer described on a 2008 earnings call: "We’re thinking about the App Store in the same way that we think about the iTunes store. While it will generate some revenues, it will be a small profit generator, and just as with the iTunes store making iPods more attractive, we think the App Store will make the iPhone and iPod Touch more attractive to customers. We’ll hopefully see an indirect return by selling more iPhones and iPod Touches."

Apple の CFO である Peter Oppenheimer は、2008年の収支説明会において、以下のように述べている。「 私たちは、App Store について、iTunes Store を同じ考え方で取り組んでいく。 そこでは、少額の売上が上がると同時に、少額の利益も生み出されていく。そして、iTunes Store により、iPod の魅力を高めていくように、App Store により iPhone と iPod Touch を、顧客にとって魅力的なものにしていく。さらに言えば、より多くの iPhone と iPod Touch を販売することで、間接的なリターンが生じることを望んでいる」

What’s Better? They’re Just Different

Obviously, if short-term profit is all that matters, Apple is winning by a mile. Apple has generated more than $73 billion of profit over the span of this chart, while Amazon is around $2 billion. Some of that has to do with the relative size of the companies; Apple is about three times bigger, sales-wise. But Apple’s approach is still dramatically more profitable on a relative basis.

もし、短期的な利益が、すべてにおいて重要であるなら、Apple の方が 1マイルの差で勝っているのは明らかだ。このチャートの期間において、Apple は $73 billion 以上の利益を生み出しているが、Amazon は約 $2 billion である。 だたし、両社における規模の違いという、相対的な要因も存在する。 つまり、Apple の方が 3倍ほど大きく、また、セールスに長けている。 さらに言えば、その基盤に比例して、Apple のアプローチの方が、ドラマチックな利益を生み出す。

That said, there’s also merit to Amazon’s approach. By pricing its devices lower, it’s potentially bringing its technologies to more people in different economic positions. Apple has lowered its pricing premium significantly over the years, but there are still potentially millions of people who could justify buying a $200 Kindle Fire but not a $400 iPad. Apple is now expected to launch a smaller, cheaper iPad, something it once suggested it wouldn’t do – an action attributable in part to Amazon’s success.

それは言っても、 Amazon のアプローチにもメリットがある。 なぜなら、そのデバイスの価格を引き下げることで、異なる経済階層に位置する、より多くの人々に対して、同社のテクノロジーを提供できるからだ。この数年において、Apple も思い切って価格を引き下げているが、$400 の iPad は買えなくても、$200 の Kindle Fire であれば買えるという、何百万人もの潜在顧客が存在している。 いま、Apple は、小型で安価な iPad をローンチしようとしているが(これは iPad Mini が発表される前の記事)、それは以前に否定されたものでもある。 つまり、Amazon の成功に帰因する、リアクションとも思われる。

Will Amazon’s approach ever lead to substantial profits? If Apple and Google are driving media and app prices lower, that leaves less room for Amazon to profit in the future. But Amazon is a multifaceted machine, ranging from digital media sales to paper-towel delivery. It’s possible that getting customers all-in on Amazon’s digital and Prime services will eventually lead to greater profits across the board.

Amazon のアプローチは、いつかは同社を、大きな利益へと導くだろうか? もし Apple と Google が、メディアを活用することで、そのアプリの価格を引き下げていくなら、将来において Amazon が利益を得ていくスペースが、狭められることになる。 しかし Amazon は、デジタル・メディアからペーパー・タオルまでを販売する、多面的なセールス・マシンでもある。 Amazon におけるデジタルの世界へ、すべてのカスタマを取り込み、その Prime サービスにより、広範囲から大きな利益を回収していくことが、最終的には可能になるだろう。

Another question: Could competition from Amazon force Apple to lower its prices, potentially at the expense of its profit margins? Perhaps, over the long term, on some models. But one of Apple’s biggest strengths is the supply chain it has built of the years, meaning better prices and efficiency than its competitors. If Apple and a rival both design devices with similar features and charge the same amount of money for them, it’s entirely possible that Apple could generate a profit off each sale while its competitor takes a loss.

もう 1つ、Amazon から向けられた競合により、Apple は価格の引き下げを強いられ、その利益幅を犠牲にしたか、という疑問が残る。 おそらく、長期的な視点における、いくつかのモデルに関して、それは該当するだろう。 しかし、Apple の最たる強さは、この数年で構築してきたサプライ・チェーンにあり、それにより、コンペティタたちより優れた、費用対効果をもたらしてきた。 もし、それらのコンペティタと Apple が、同レベルの機能を持つデバイスをデザインし、同等の価格を設定するなら、Apple は利益を生み出しても、コンペティタたちは損失を被るという、可能性は大である。

The good news: Today’s market is big enough for both companies. Profitability will eventually help sift the tablet winners and losers, just as it has in smartphones. (Apple and Samsung the big winners; RIM, Nokia, Palm, Motorola, and others the losers.) Amazon is big enough to keep doing what it’s doing; it might work. And in the meantime, Apple will continue to pile up the cash.

The good news: 今日のマーケットは、両社にとって良い展開となっている。 スマートフォンの時と同様に、タブレット市場における勝者と敗者も、その利益性によりフルイにかけられるだろう。(勝者は Apple/Samsung であり、敗者は RIM/Nokia/Palm/Motorola などである) Amazon は、いまの方針を維持していくだけの、充分な強さを持っているし、それを実施していくだろう。 その一方で、Apple はキャッシュを積み上げ続けるだろう。

Also: What The New Kindle Fire Means For Amazon’s Smartphone

ーーーーー

imageいわゆるイノベーションにおける四強の中で、リテールが命の Apple と Amazon です。 そして、これほど極端に異なるビジネス・モデルを持つ両社が、タブレットという市場で、真正面からぶつかり合うというのも、とても興味深いことです。 今週、Apple の膨大な利益と、Amazon の赤字という、正反対の結果が生じましたが、この両者の戦いは、中長期のスコープで見ていくべきなのでしょう。 また、Facebook がデバイスを出すことは、当面はないと思いますが、Google は Nexus 7 で参入です。 サービスを含めて、どのようなイノベーションが、ここから生まれてくるのでしょうか? とても楽しみですね。image

ーーーーー

<関連>

iPad 対 PC : 利用シーンをチャートで比較
iPad Mini と 13-inch Pro の 広告ビデオ : Youtube だよ!
iPad Mini がデビュー : 価格は $329
Amazon 宣言 : すべてのデバイスを原価で提供する – Jeff Bezos
Amazon が CPU ビジネスに参入 : あの TI を買収する?

ソーシャル・エンタープライズでは、ビデオ共有が不可欠に?

Posted in .Selected, Enterprise Social, Post-PC, Social by Agile Cat on October 26, 2012

The Social Enterprise
http://wp.me/pwo1E-55b

by Russ Zack
http://blog.kaltura.org/the-social-enterprise

image

Originally a term coined by Saleforce.com CEO Mark Benioff, the “Social Enterprise” has become an increasingly hot topic these days. Jive, Yammer, and existing incumbents such as Microsoft and Salesforce.com are delivering social enterprise applications to allow employees, vendors, and partners to work and communicate more efficiently across time zones, languages and geographies.

この “Social Enterprise” という言葉は、Saleforce.com CEO である Mark Benioff により造り出されたものであり、最近のホット・トピックでもある。 Jive および、Yammer、そして Microsoft や Salesforce.com といったインキュベータが、タムゾーン/言語/ロケーションをまたいだかたちで、従業員/ベンダー/パートナーたちが、さらに効率良く作業し、また、コミュニケートしていくために、ソーシャル・エンタープライズ・アプリケーションを提供している。

“Social Enterprises” themselves understand the value that collaborative applications and social tools bring: fast knowledge exchange through a many to many communication channel. Video and social go great together, as a social video enterprise leverages the rich characteristics that only the video medium offers.

「ソーシャル・エンタープライズ」自身については、コラボレーション・アプリケーションとソーシャル・ツールがもたらす価値だと理解されている。具体的には、Many to Many のコミュニケーション・チャネルを介した、ナレッジの迅速な交換を担うものとなる。ビデオとソーシャルの組み合わせは、ビデオ・メディアだけが提供する特質を活用した、ビデオ・エンタープライズとしての価値を認められている。

At Kaltura, we have seen an increasing demand for the use of video as part of a social media strategy at organizations. This means adding video to all the communications channels and applications that organizations are in place.

Kaltura での調査において、組織的なソーシャル・メディア戦略の一部として、ビデオ利用に関する需要が伸びていることが確認された。この調査では、対象となる組織が利用する、すべてのコミュニケーション・チャネルとアプリケーションに、ビデオが加えられていた。

クリックで拡大 ⇒
Kaltura Research
Video & Media
Use Cases
Across Indurstries

The core requirements for any enterprise creating a social environment using video include: 1. Tools for individuals to create new video assets and share existing ones, 2. Social networking features such as commenting, rating and tagging and 3. Live streaming.

ビデオを用いたソーシャル環境を構築する、あらゆるエンタープライズにおいては、以下の要件がコアとして含まれる: 1. 新しいビデオ・アセットを構築し、既存のものと共有するための個別ツール。 2) コメントや、レート、タグなどを付ける、ソーシャル・ネットワークの機能。3) ライブ・ストリーミング。

Organizations should also promote keywords and tags as well as SEO for allowing collaborators to discover video and also closely track viewing metrics to learn about how video is being consumed as part of its social video enterprise strategy.

こうした組織が、コラボレーションを実現するためには、キーワードとタグだけではなく、SEO をプロモートすべきである。 その役割を担うコラボレータたちにより、ビデオの検索が容易になる。また、ソーシャル・ビデオ・エンタープライズ戦略の一部として、それらのビデオが消費されている状況を把握するための、参照基準のトラッキングも可能になる。

However, the most challenging part of executing a social video strategy is making video sharing and consumption as easy as possible for end users. That’s where Kaltura comes in. By supplying both the end user capabilities for video creation, sharing, tagging, commenting plus rating, AND the back end platform for integrating video across all social enterprise applications, organizations can easily take advantage of the power and value that video brings.

ただし、ソーシャル・ビデオ戦略を実施するにあたり、最もチャレンジングなパートは、エンドユーザー・レベルにおいて、ビデオの共用と消費を可能な限り容易にすることである。 そのためには、ビデオに関するエンドユーザー機能(作成/共有/タグ/コメント/レート)と、すべてのソーシャル・エンタープライズ・アプリケーション横断しながら、ビデオを統合していくバックエンド・プラットフォームが必要となる。 そして、双方を供給する組織が、ビデオがもたらすパワーと価値を、容易に利用できるようになる。

We elaborate on this subject in one of our most recent webinars, and illustrate how it all works using a examples of different social collaboration applications:

私たちは、最近のウェビナーにおいて、このテーマを詳細に説明し、また、以下のソーシャル・コラボレート・アプリケーションを用いて、ビデオを運用する方式を例証している:

クリックで拡大 ⇒
Video Solutions
In The Social Enterprise

The webinar also includes examples of how Coldwell Banker and Texas Instruments are leveraging video as part of their social enterprise strategies.

また、このウェビナーでは、Coldwell Banker と Texas Instruments などが、ソーシャル・エンタープライズ戦略の一部として、ビデオを活用している方式についても触れている。

At Kaltura, we are committed to working with customers and partners to enable social video enterprises and are looking forward to hearing from you. We want to hear about additional ways in which video can be leveraged for making communications, knowledge exchange and collaboration faster and more efficient within enterprises of all sizes.

Kaltura においては、ソーシャル・ビデオ・エンタープライズを実現するために、カスタマおよびパートナーと協調していく。 そして、あなたからのフィードバックを楽しみにしている。 私たちは、すべての規模のエンタープライズにおいて、迅速かつ効果的な方式で、コミュニケーション/ナレッジ・エクスチェンジ/コラボレーションが行われるよう、ビデオを活用していくための方式を、知らせて欲しいと願っている。

Watch the webinar: Video In The Social Enterprise.

Got questions? Leave us a comment below or contact us at the Kaltura Exchange Contact Mail.

ーーーーー

imageちょっとした調べ物があり、そのために訳したコンテントですが、ソーシャル・エンタープライズでは、ビデオ共有が決手になるという、とても興味深い内容となっています。 言われてみれば、組織内におけるノウハウやナレッジの共有が、ビデオで行われるというのは、きわめて納得しやすいものです。 しかし、そのビデオの存在自体を、どのようにして共有するのか? また、それぞれのビデオの有用性について、どのように評価すべきなのか? ・・・ という点が重要とのことです。 これも、Youtube を見れば明らかなことであり、コンシューマにおけるイノベーションが、エンタープライズを変えていくという、大きな流れに沿ったものとなっています。image

ーーーーー

<関連>

エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
エンタープライスのソーシャル利用を調べてみた
Facebook マーケティング : ここが間違っている!
Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!
赤いオペラと 緑のエバノ : まとめページ

 

%d bloggers like this: