Agile Cat — in the cloud

Apple Maps のユーザーが 4% に激減 : 騒ぎから 5日後の調査結果

Posted in Apple, Mobile by Agile Cat on September 30, 2012

Just 4% of iOS 6 users still using Apple Maps after 5 days
http://wp.me/pwo1E-4X8

Christopher Peri – September 28, 2012 1:19 PM
http://venturebeat.com/2012/09/28/just-4-of-ios-6-users-still-using-apple-maps-after-5-days/

_ VB Mobile

Unless you’ve been living under a rock, you’ve heard that the maps application in iOS  is awful. It is so bad, Apple actually apologized. What we haven’t seen until now is just how badly iOS 6 is hurting usage of Apple’s maps.

大きな岩の下にでも潜り込んでいない限り、この iOS 上のマップ・アプリのヒドさを耳にしているはずだ。 そして、あまりにも出来が悪いので、Apple も真摯に謝罪した。ただし、どれだけヒドく iOS 6が、Apple Map の利用を妨げたかというと、そんなふうには、誰も思っていないのも事実である。

A company called Snappli, which just launched a few weeks ago (see coverage here and here) is a free mobile app that helps people stay within their mobile data limits by compressing and optimizing mobile data as well as video. Today they pulled some pretty interesting data around Google/Apple Maps, based on data from Snappli users in the UK and US. 64 percent of Snappli users in the U.S. and UK have migrated to iOS 6 in the past few weeks. Here’s Snappli’s summary of what those users did after upgrading:

つい数週前に立ち上がった Snappli というスタートアップは、モバイル・データに加えてビデオも圧縮/最適化することで(ニュースはココココで)、データ転送量をユーザーの設定範囲に収めるという、無料のモバイル・アプリを提供している。 そして、今日のことだが、彼らは UKと US の Snappli ユーザーから、Google/Apple Maps に関連する、きわめて興味深いデータを提供してきた。それによると、US と UK における Snappli ユーザーの 64% が、これまでの数週の間に、iOS 6 へと移行している。 以下は、iOS 6 にアップグレードしたユーザーたちが、その後に行った事を示す、Snappli からのサマリーである:

  • Before the upgrade to iOS 6, 25 percent were viewing Google Maps at least once a day
  • Once they moved to iOS 6, the number of users using Apple Maps was 35 percent
  • However,  over the next 5 days that drops down to 4 percent


  • iOS 6 にアップグレードする以前には、それらのユーザーの 25% が、少なくとも週に一度は Google Maps を使っていた。
  • そして、iOS 6 にアップグレードに移行した直後、それらのユーザーの 35% が Apple Maps を使った。
  • しかし、それから 5日間を経過すると、そのパーセンテージは 4% にまで下がってしまった。

In other words, only 1 in 25 people are using Apple maps — and that number is still falling.This data is based on the 5,000 users that started using iOS 6 recently. Also, this data is a few days old.

言い換えれば、25人に 1人が、Apple Maps を使っているが、その数は、依然として低下していることになる。 このデータは、iOS 6 を使い始めた 5,000 人のユーザーに基づくものであるが、それ自体が、数日前のデータとなる。

Now this is just one data point and not enough to make general conclusions, but I would not be surprised if this is just the beginning of more evidence that Apple users will not put up with degraded user experiences.

現時点において、このデータは、1つの視点からのものに過ぎず、また、その全体を結論付けるには不十分である。しかし、劣化したユーザー・エクスペリエンスに対して、Apple ユーザーが我慢しないことの証明が、ここから始まるのだとしても、私は驚かないだろう。

ーーーーー

imageう~ん ・・・  この不完全な Apple Map が、なんで、こんな無理なかたちでローンチしてしまったのでしょうかね? Google Maps を外すというトップ・デジションがあり、それに従って作るには作ったけど、最終的な仕上がりを検証することなく、サービスを開始してしまったのでしょうか? それとも、マップ・アプリケーションなんて、この程度のものという、甘い考えが支配していたのでしょうか? いずれにせよ、Tim Cook が謝罪したので、何らかの落とし所が、近々に見えてくるのだろうと期待しています。image

ーーーーー

<関連>

Google Maps のスタッフは 7000人 : Apple は どうするの?
Google Maps の iOS 6 版は、Apple の考え方しだいだ – Eric Schmidt
iOS 6 に Google Maps を、とりあえず 連れ戻すには・・・
iPhone 5 が発表される : 4 インチ Retina + 4G 対応など!
Apple iPhone 5 イベント: Live Blog はココで!

iPad Mini のモックだよ! Youtube で ど~ぞ!

Posted in Apple, Mobile by Agile Cat on September 30, 2012

Here’s Another Take On What The iPad Mini Might Look Like
http://wp.me/pwo1E-4WX

Dylan Love | Sep. 29, 2012, 9:43 AM
http://www.businessinsider.com/ipad-mini-mockup-video-2012-9

_ Business Insider

This video showing off an iPad Mini mockup originally surfaced on Mac Otakara and comes to us via Apple Insider.

このビデオは、Mac Otakara に登場した iPad Mini のモックを紹介するのもであり、また、Apple Insider を経由して、私たちの元に届いたものでもある。

It’s clearly a plastic demo unit but it offers a striking similarity to a previously-seen mockup.

それは、明らかに、プラスチックで作られたデモ用のユニットであるが、これまでのモックと比べると、その精度も向上しているようだ。

___space

___space
ーーーーー

imageモックだよと言われても、iPad Mini だと、ついつい見てしまいますね。 Amazon が $159 できたら、Google が $99 で、とか言われていますが、おそらく、多少のプレミアムが許されるのも、iPad Mini の権利なのでしょう。 でも、一連の廉価版タブレットは、まだ、3G/4G 対応していないみたいですね。 Agile_Cat 的には、それが来たら GO ! です。image

ーーーーー

<関連>

iPad Mini の ウワサ に Bloomberg まで乗ってきた : 確定だね!
iPhone 5 は 9月 12日に、iPad mini は 10月に、それぞれ発表という説が浮上
Android Tablet の出荷数が、iPad の 40% に迫っている?
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
iMac 2012 と、13″ Retina MacBook Pro と、OS X 10.8.1 のウワサ話を ど~ぞ

Google Play が、250 億回の DL と、675,000 本のアプリを達成

Posted in Google, Mobile by Agile Cat on September 29, 2012

Google Play reaches 25 billion downloads, 675,000 apps
http://wp.me/pwo1E-4WN

Sep 26, 2012 – 4:49AM PT
http://gigaom.com/mobile/google-play-reaches-25-billion-downloads-675000-apps/

_ Gigaom

Google Play is now up to 25 billion app downloads, a little behind the pace of Apple’s App Store which hit that mark in March of this year. Google Play also has 675,000 apps overall compared to 700,000 for the App Store.

今年の 3月に刷新された Google Play だが、アプリのダウンロード数は 250億回に至るとされ、Apple の App Store の背後につけるというペースで成長している。 また、Google Play に登録されている、アプリのタイトル数は 675,000本に至り、こちらの方も 700,000本の App Store に近づいている。

ーーーーー

Google Play has crested the 25 billion download mark, following in the footsteps of Apple’s App Store, which hit that mark in March. Google’s app store, originally called Android Market, has been shadowing Apple and is now at 675,000 apps, a little shy of Apple’s 700,000 apps.

Google Play が達成した 250億回のダウンロードは、Apple App Store による 3月の記録を、追いかけるポジションにある。 また、元々は Android Market と呼ばれていた Google Play は、700,000本のアプリを持つ Apple の背後に迫る 675,000本というレベルにまで成長し、その差も僅かとなってきた。

photo: Google

Google hit the 25 billion download milestone in a little under four years while Apple took three years and eight months to reach that mark. To celebrate, Google is offering 25-cent discounted apps and games and is creating collections of 25 standout games, books, movies and magazines, all at discounted prices.

ただし、Google が打ち立てた 250億 DL というマイルストーンは、4年の歳月をかけて達成されたものであり、3年と8ヶ月で達成した Apple には、わずかに及ばない。 だが、この記録を祝う Google は、25セントを割引くかたちで、アプリとゲームを提供している。 また、25タイトルの、代表的なゲーム/ブック/ムービー/マガジンのコレクションを、ディスカウント価格で提供している。

Google still has a way to go in matching the quality of Apple’s App Store. And it doesn’t have nearly as many tablet apps compared to Apple, which fields 250,000 iPad applications. Flurry last year said that Google Play still lagged Apple’s App Store in revenue, with Google Play’s revenue per active user 23 percent of Apple’s App Store revenue.

なお、Apple の App Store に追いつこうとする Google には、まだ手段が残されている。それは、250,000本といわれる iPad アプリ・マーケットのことであり、Apple と比較して、タブレットの領域に余力が残されているのだ。また、昨年に lurry が示したように、Google Play における収益を Apple の App Store と比較すると、1人のアクティブ・ユーザーあたりで 23% に留まる、という現実も指摘されている。


Subscriber Content

ーーーーー

imageモバイル OS というプロダクトは、4年前の Google にとって、大きなチャレンジだったと思うのですが、予想を遥かに上回る結果を残していますね。これまでのソフトウェア・ビジネスの糧であるライセンスを、同じフィールドに立って取りに行くのではなく、火をかけて燃やしてしまうという思い切った戦略が、大当たりした結果なのかと思えます。 なお、つい先日に、『 iOS と Android のアプリ数: 依然として縮まらない 10万本の差 』という抄訳をポストしたところですが、GigaOm はオフィシャル・ブログを参照しています。 BI の情報源は、別のところにあるのかもしれませんね。image

ーーーーー

<関連>

Google と Apple は、モバイル市場を独占し続けるのか?
WINTEL による独占は終わった:それを示すチャートを二枚
Google Maps の iOS 6 版は、Apple の考え方しだいだ – Eric Schmidt
もう PC を PC と呼ぶより、Tablet を PC と呼ぶほうが自然だ!
みんなにスマホを買ってあげるわ! iPhone 5 だって OK よ!

iPad Mini の登場に合わせて、Google は $99 の Nexus 7 をぶつける?

Posted in Google, Mobile by Agile Cat on September 29, 2012

As The iPad Mini Looms, Google May Launch A New Tablet That Costs Just $99
http://wp.me/pwo1E-4WF
Steve Kovach | Sep. 27, 2012
http://www.businessinsider.com/google-nexus-7-for-99-2012-9

_ Business Insider

Google is working on a new model of its well-received Nexus 7 tablet that will cost $99, according to a DigiTimes report. The tablet is said to launch in the fourth quarter of this year.

DigiTimes レポートによると、 Google は、その評判の Nexus 7 タブレットのニュー・モデルを、$99 で販売するようだ。 このタブレットは、今年の Q4 にローンチされると言われている。

There will also be a $199 model of the device, according to the report. (The current Nexus 7 also starts at $199.)

このレポートによると、$199 のモデルも提供されるようだ。 (現在の Nexus 7 も $199 から始まっている)

The timing lines up with Apple’s expected release of a smaller iPad, the so-called iPad Mini. Apple has all but confirmed it will announce the iPad Mini at a press event in October. Many think the iPad Mini will be priced around $250.

その発売時期は、Apple の小型 iPad である、いわゆる iPad Mini のリリースに合わせられる。 Apple は 10月にプレス・イベントで、iPad Mini を発表するところまで確認されているが、まだ、情報が不足している。 多くの人々は、iPad Mini の価格について、$250 前後を予測している。

Today’s $199 Nexus 7 is a great tablet. If Google can find a way to offer the same experience for just $99, it’s going to be tough for people to pass up.

現時点で販売されている、$199 Nexus 7 は、素晴らしいタブレットである。 そして、Google が同じエクスペリエンスを、たった $99 で提供する方法を見いだせるなら、より高価なものをユーザーに買わせようとしても、それは難しくなるだろう。

Click here for our review of the Nexus 7 >

ーーーーー

image新しい Kindle Fire が $99 を見送ったと思ったら、今度は Nexus 7 がチャレンジという感じですね。 現時点で、こういう価格設定が可能だとしたら、デバイスからの広告収益が、計算できていると思わざるを得ません。 昨年の 11月に 『 Google は Android で、$ 2.5 B の年商を計上したって? 』 という抄訳をポストしましたが、Google 式の Android ビジネス・モデルは、すでにシッカリとした形で動き始めているようです。 いずれにしても、この秋のタブレット対決からは、目が離せませんね。 image

ーーーーー

<関連>

BYOD 十策 : モバイル・エンタープライズのために
Kindle Fire には 7 inch HD 版もある : 価格は $199 で Nexus 7 とガチンコだ
Google と Apple は、モバイル市場を独占し続けるのか?
iOS と Android のアプリ数: 依然として縮まらない 10万本の差
Win 8 Tab の価格帯は、MS が $300~$800 で、ASUS が $599~$1,299 らしい

 

Apigee は、テレコムのための SDN を考える

Posted in .Selected, API, Network, SDN, Telecom by Agile Cat on September 28, 2012

Apigee launches product as telcos prep software defined networks
http://wp.me/pwo1E-4Wu
By
Stacey Higginbotham Sep 25, 2012 – 6:00AM PT
http://gigaom.com/cloud/apigee-launches-product-as-telcos-prep-software-defined-networks/

_ Gigaom

Many interested in deploying software defined networks are eager for the agility and programmability they can provide. But the fear of breaking their network means IT is leery of deploying SDNs. Apigee has updated its API management products to work on SDNs to alleviate those fears.

SDN( software defined networks )のディプロイに興味を持つ人々の多くが、それを実現するためのアジリティとプログラミング能力に対して、熱心に取り組んでいる。 しかし、ネットワークを破壊してしまうことへの恐れが、IT 部門による SDN のディプロイを慎重にさせる。 こうした恐れを軽減するために Apigee は、各種の SDN 上で機能する API マネージメント・プロダクツをアップデートした。

ーーーーー

Apigee, a company that helps customers manage application programming interfaces that developers use to build services, is introducing a product specifically for software-defined networks that will help its telco customers manage their APIs based on the state of the network and policies already in place for specific users.

Apigee は、デベロッパーがサービス構築に使用する API を、管理する立場にある顧客を支援しているわけだが、 今回は SDN に特化したプロダクトを、テレコム・カスタマに対して提供し始めたことになる。それにより、特定ユーザーに提供されているネットワークとポリシーのステートに基づく API を、それらの顧客が管理していくことになる。

Apigee, which counts customers such as Walgreens, Telefonica and AT&T, is adding software that can be deployed on controllers such as those offered by Nicira, BigSwitch, IBM and others as well as a platform that will help apply analytics to the network to determine when to take specific actions based on polices or the network’s health.

Apigee には、Walgreens/Telefonica/AT&T といった顧客がいるが、今回は Nicira/BigSwitch/IBM が提供する SDN コントローラー上にディプロイが可能なソフトウェアを、そのラインナップに加えたことになる。そして、このソフトウェアが提供するプラットフォームは、ポリシーやネットワークの健康状態に基づく特定のアクションが引き起こされたときに、そのネットワークを解析するための支援も可能にする。

Software defined networks, where the intelligence needed to operate and manage the flow of traffic is no longer housed in expensive gear but in commodity servers running software, are of growing interest to both telcos and data center operators. The benefit of such networks is that the gear is less pricey, but also that such networks are programmable and agile. On the telco side, the hope is that SDNs can help reduce the complexity of moving data across networks and help carriers and ISPs lower their costs.

ネットワークのトラフィックやフローを管理するために必要とされる SDN は、もはや高価なアプライアンスに収められるものではない。そして、テレコムとデータセンターで増大している関心事を、ソフトウェアを実行するコモディティ・サーバー上からサポートしていく。 こうしたネットワークは、装置に対する投資を抑えるだけではなく、プログラミングへの対応とアジリティというメリットも提供する。 テレコム側からは、ネットワークを横断するデータ転送の複雑さを低減し、キャリアと ISP におけるコストを削減するという、SDN への期待がある。

Sam Ramji, VP of strategy at Apigee, says telcos are trying to deploy SDNs to help monitor certain types of traffic across their network and enforce policies imposed by the subscriber’s billing plan in real time. It’s one of many possible use cases for SDNs, and Apigee hopes that by adding the SDN functionality it can become one of several firms that will help make the holy grail of network-aware applications possible.

Apigee の  VP of Strategy である Sam Ramji が言うには、ネットワーク全体を横断する特定トラフィック・タイプのモニタリングを支援するために、また、サブスクライバーの支払いプランに応じたポリシー設定をリアルタイムで実施していくために、テレコムは SDN のディプロイを試みているようだ。それは、SDN におけるユース・ケースの 1つである。 そして Apigee は、その SDN の機能を加えることで、ネットワーク認識型アプリケーションという聖杯を、テレコムも手にすることになると期待している。

Subscriber Content

ーーーーー

image以前に、『 2011 年の クラウド API について、5 つのポイントを予想する 』という抄訳で Apigee について触れたときには、「エンタープライズ API マネージメント・テクノロジーおよび、無料のデベロッパー・ツールを提供する Apigee では、API マーケットびが成長だけではなく、その多角化が 2010年の特徴として確認された」と、いうふうに紹介されていました。 その時から、2年近くが経ちましたが、その API 管理と SDN が結びついたわけです。 SDN に関する、とても具体的なユースケースでもあり、興味シンシンですね! image

ーーーーー

<関連>

NY の地下鉄では、スマホ・チケットの試みが始まるらしい
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _1
Web と jQuery のラブラブな関係を、いくつかのデータで証明する
ヨーダのように語ってくれる Yoda-Speak API とは?
Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?

 

もう PC を PC と呼ぶより、Tablet を PC と呼ぶほうが自然だ!

Posted in .Selected, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on September 27, 2012

CHART OF THE DAY: When People Use Mobile Devices
http://wp.me/pwo1E-4Wl

Thu Sep 27, 2012 06:10
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-mobile-and-pc-content-2012-9

_ Business Insider

Ad company Kontera tracked data from 15,000 publishers to find out when people are using their PC versus iPhones, Android phones, and tablets, which are lumped as "mobile" in the chart below.

広告会社である Kontera は、15,000 社のパブリッシャーを追跡し、どのような時間帯で人々が PC および Mobile(iPhone/Android/Tablet など)を使用しているのかを、以下のチャートにまとめた。

クリックで拡大 ⇒

This chart shows for each hour of the day what percentage of total mobile and PC content is consumed. As you can see, mobile usage is strongest from 6 PM to midnight. PC usage is strongest from 11 AM to 5 PM.

このチャートは、1日を 100% として、それぞれの時間帯における PC と Mobile の使用量が、何パーセントになるのかを示している。 ここで確認できるように、Mobile の利用量については、午後 6時から真夜中まにピークが生じている。 その一方で、PC の利用量は、午前11時~午後5時に盛り上がりを見せている。

What this tells us is that people are using PCs at work, and mobile gadgets at home. Sort of a duh, right? Maybe, but it suggests a big shift in what "personal computing" really means. If we’re doing mobile computing largely during our personal time, which is when we’re out of work, it means people are more likely to buy tablets than traditional PCs in the future.

このチャートが伝えるのは、人々が PC を仕事に使い、Mobile を自宅で使っているという状況である。 まあ、当たり前かと言われれば、その通り?  しかし、ほんとうの「パーソナル・コンピューティング」の意味が、大きくシフトしていることも示唆しているだろう。 つまり、モバイル・コンピューティングの大半が、仕事から離れた、パーソナルな時間帯に集中しているのだ。 そして、伝統的な PC よりも Tablet を、人々が買いたがっている状況を意味する。

ーーーーー

imageこのチャートは、PC と Post-PC の違いを、見事に表していますね。 Post-PC は、午前10時と午後10時で、なんと 2倍もの開きがあるのです。 そう考えると、いまの PC は、そのうち、オフコンとでも呼ばれるポジションに、移行していくのかとも思えてしまいます。 そして、あらゆる消費者の関心は Post-PC に集約され、それがエンタープライズをも変えていくのでしょう、きっと。 image

ーーーーー

<関連>

Google と Apple は、モバイル市場を独占し続けるのか?
WINTEL による独占は終わった:それを示すチャートを二枚
WINTEL による独占は終わった:それを示すチャートを二枚
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく

iOS 6 に Google Maps を、とりあえず 連れ戻すには・・・

Posted in Apple, Google, Mobile by Agile Cat on September 27, 2012

Here’s How To Instantly Get Google Maps Back On Your iPhone
http://wp.me/pwo1E-4Wc
Kevin Smith | Sep. 19, 2012, 3:12 PM
http://www.businessinsider.com/get-google-maps-back-on-iphone-2012-9

_ Business Insider

A lot of people are unhappy that Apple removed Google Maps from the newest iPhone software update, iOS 6. We’re not going to lie, we are too.

最新の iPhone ソフトウェア・アップデートである iOS 6 から、Apple が Google Maps を取り去ってしまったことで、多くの人々が不幸な状況にある。 私たちは嘘をついていないよ。 だって、ほんとうに悲しいのだから。  

Google has been quiet about its plans for releasing a stand alone version.

タンドアロン・バージョンの Google Maps のリリースについて、いまのところ Google は、沈黙を守っている。

Until we hear something, try out this temporary solution.

なんらかの発表があるまで、この一時的な解決策を試してみよう。

Add the mobile web version of Google maps to your home screen!

つまり、Google Maps の Mobile Web バージョンを、Home Screen から簡単に立ち上げられるようにするのだ。

While the web version of Google Maps doesn’t have as many features as the former stock version, we think it will certainly get you by if you can’t stand Apple’s own maps.

この、Google Maps の Web バージョンは、以前の手持ちのバージョンのように、数多くの機能を持っていない。 だけど、あなたが Apple Maps に我慢できないなら、こちらの方が良いだろうと思う。

ーーーーー

image・・・というわけで、BI が提供してくれた手順を、Facebook にコピーして日本語訳を加えました。 でも、写真を順に見ていけば、それだけで操作できるはずだと思います。 Agile_Cat は iPhone ユーザーではないのですが、この役に立ちそうなポストを見つけましたので、簡単に ご紹介しておきます。 手持ちの iPad 2 の方には、iOS 6 のアップデートがきたのですが、とりあえずは保留です Smile  早く、Google Maps for iOS 6 のアプリ・バージョンが使えるようになると良いですね image

ーーーーー

<関連>

Google Maps の iOS 6 版は、Apple の考え方しだいだ – Eric Schmidt
Google Maps のスタッフは 7000人 : Apple は どうするの?
だめじゃん Apple : 時計のデザインを盗まれたと、スイス連邦鉄道が怒ってる
iPhone 5 – 16GB の製造コストは、合わせて $168 なり
Apple のサイトで、iPhone 5 の詳細図面が公開された

Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_2

Posted in .Selected, Network, OpenFlow, SDN by Agile Cat on September 27, 2012

Midokura’s MidoNet: a Layer 2-4 virtual network solution
http://wp.me/pwo1E-4W4

Thursday, August 30, 2012
http://blog.ioshints.info/2012/08/midokuras-midonet-layer-2-4-virtual.html

image

初めての方は:Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_1

ーーーーー

Midokura’s MidoNet: a L2-4 virtual SDN

A month ago Ben Cherian left a comment on my blog saying “Our product, MidoNet, supports BGP, including multihoming and ECMP, for interfacing MidoNet virtual routers with external L3 networks.” Not surprisingly, I wanted to know more and he quickly organized a phone call with Dan Mihai Dimitriu, Midokura’s CTO. This is one of the slides they shared with me … showing exactly what I was hoping to see in a virtual networks solution:

1ヶ月前のことだが、Ben Cherian が「 私たちのプロダクトである MidoNet は、外部 L3 ネットワークと MidoNet 仮想ルーターをインタフェースさせるために BGP をサポートし、そこに Multihoming と ECMP を取り込んでいる」というコメントを、私のブログに残している。 当然のことながら、より多くのことを、私は知りたくなった。 そして、すぐに Ben は、Midokura の CTO である Dan Mihai Dimitriu との電話会談をセットしてくれた。 以下のスライドは、そのときに私たちがシェアしたものである。 それは、仮想ネットワークにおいて、私が確認したいと望んでいた、まさに、そのものである:

Typical MidoNet virtual network topology

As expected, they decided to implement virtual networks with GRE tunnels between hypervisor hosts. A typical virtual network topology mapped onto underlying IP transport fabric would thus like this:

期待していたように、彼らは、ハイパーバイザ・ホスト間に GRE トンネルを配置する、仮想ネットワークの実装を決定していた。基礎となる IP トランスポート・ファブリック上にマップされる、典型的な仮想ネットワークトのトポロジは、以下のようになるだろう:

MidoNet virtual networks implemented with commodity
compute nodes on top of an IP fabric

Short summary of what they’re doing:

彼らが行なっていることを、簡単に説明しておく:

  • Their virtual networks solution has layer-2 virtual networks that you can link together with layer-3 virtual routers.
  • Each virtual port (including VM virtual interface) has ingress and egress firewall rules and chains (inspired by Linux iptables).
  • Virtual routers support baseline load balancing and NAT functionality.
  • Virtual routers are not implemented as virtual machines – they are an abstract concept used by hypervisor switches to calculate the underlay IP next hop.
  • As one would expect in a L3 solution, hypervisors are answering ARP and DHCP requests locally.
  • The edge nodes run EBGP with the outside world, appearing as a single router to external BGP speakers.
  • 彼らの仮想ネットワーク・ソリューションは、Layer-2 仮想ネットワークを持っており、それにより、Layer-3 仮想ルーターとのリンクが実現される。
  • それぞれの仮想ポート(VM 仮想インターフェイスを含む)は、ファイヤーウォールのルールとチェーンに対して、入力を出力を有する。
  • 仮想ルーターは、ベースライン・ロード・バランシングと NAT の機能をサポートする。
  • これらの仮想ルーターは、仮想マシンとしては実装されない。 つまり、基礎となる IP Next Hop を計算するために、ハイパーバイザ・スイッチが用いる抽象概念となる。
  • L3 ソリューションで期待されるものとして、ローカルな ARP および DHCP リクエストに対する、ハイパバイザからの回答が提供される。
  • 外の世界との接点として EBGP を実行するエッジ・ノードは、シングル・ルーターとして、外部の BGP スピーカーから参照される。

Interestingly, they decided to go against the current centralized control plane religion, and implemented most of the intelligence in the hypervisors. They use Open vSwitch (OVS) kernel module as the switching platform (proving my claim that OVS provides all you need to implement L2-4 functionality), but replaced the OpenFlow agents and centralized controller with their own distributed software.

興味深いことに、彼らは、センタライズされたコントロール・プレーンという、いま流行りの信仰に逆らうことを決め、また、大半のインテリジェンスをハイパーバイザ内に実装した。彼らは、Open vSwitch(OVS)カーネル・モジュールを、スイッチング・プラットフォームとして使用するが( OVS は、すべての必要とされる L2-L4 機能の、実装を提供するという、私の主張を証明している)、 OpenFlow エージェントとセンタライズされたコントロール・プレーンを、自身で配布するソフトウェアで置き換えている。

MidoNet packet forwarding process

This is how Dan and Ben explained a day in the life of an IP packet passing through the MidoNet overlay virtual networks (I haven’t set it up to see how it really works):

以下は、MidoNet オーバーレイ仮想ネットワークを通過していく IP パケットが、どのような一生をたどるのかという視点で、Dan と Ben が説明してくれたものである(ただし、実際の動作に関して、私の方では確認していない):

Their forwarding agents (running in user space on all hypervisor hosts) intercept traffic belonging to unknown flows (much like the ovs-vswitchd), but process the unknown packets locally instead of sending them to central OpenFlow controller.

そこでは、MidoNet のフォワーディング・エージェント(すべてのハイパーバイザ・ホスト上のユーザー・スペースで実行される)が、未知のフローに属するトラフィックをインターセプトする(ほぼ、ovs-vswitchd と同じ方式)。しかし、それらのパケットはローカルで処理され、センタライズされた OpenFlow コントローラには送信されない。

The forwarding agent receiving an unknown packet would check the security rules, consult the virtual network configuration, calculate the required flow transformation(s) and egress next hop, install the flow in the local OVS kernel module, insert flow data in a central database for stateful firewall filtering of return traffic, and send the packet toward egress node encapsulated in a GRE envelope with the GRE key indicating the egress port on the egress node.

このフォワーディング・エージェントは、まず、セキュリティ・ルールをチェックすべき未知のパケットを受信する。そして、仮想ネットワークのコンフィグレーションを調べる。続いて、必要とされるフロー変換と、次のホップへ向けた出力を計算する。さらに、ローカルな OVS カーネル・モジュールに、対象となるフローをインストールする。そして、リターン・トラフィックに関する、ステートフルなファイヤーウォール・フィルタリングのための、センタライズされたデータベース内にフローデータを挿入する。最後に、GRE エンベロープ内でカプセル化された出力ノードへ向けて(出力ノード上の出力ポートを指し示す GRE Key を用いる)、対象となるパケットを送信する。

According to Midokura, the forwarding agents generate the most-generic flow specification they can – load balancing obviously requires microflows, simple L2 or L3 forwarding doesn’t. While the OVS kernel module supports only microflow-based forwarding, the forwarding agent doesn’t have to recalculate the virtual network topology for each new flow.

Midokura によると、このフォワーディング・エージェントは、可能な限り汎用的なフロー仕様を生成する。 つまり、ロード・バランシングは、はっきりとマイクロ・フローを要求し、また、シンプルな L2 および L3 の転送は行われない。 この OVS カーネル・モジュールは、マイクロフロー・ベースの転送だけをサポートするが、それぞれの新しいフローのための仮想ネットワーク・トポロジを、このフォワーディング・エージェントにより再計算する必要はない。

The egress OVS switch has pre-installed flows that map GRE keys to output ports. The packet is thus forwarded straight to the destination port without going through the forwarding agent on the egress node. Like in MPLS/VPN or QFabric, the ingress node performs all forwarding decisions, the “only” difference being that MidoNet runs as a cluster of distributed software switches on commodity hardware.

この、出力 OVS スイッチは、GRE keys を出力ポートにマップするために、いくつかのフローをプリ・インストールしている。 したがって、対象となるパケットは、出力ノード上のフォワーディング・エージェントを通過することなく、ディスティネーション・ポートへと向けてダイレクトに転送される。 MPL/VPN や QFabric と同様に、対象となる入力ノードにより、すべての転送が決定される。 そして、唯一の違いは、コモディティ・ハードウェア上の分散ソフトウェア・スイッチとして、MidoNet が実行される点にある。

Asymmetrical return traffic is no longer an issue because MidoNet uses central flow database for stateful firewall functionality – all edge nodes act as a single virtual firewall.

ステートフルなファイヤーウォール機能のために、MidoNet ではセンタライズされたフローデータ・ベースが用いられる。そのため、非対称のリターン・トラフィックという問題が、もはや生じることもない。つまり、すべてのエッジ・ノードは、単一の仮想ファイヤーウォールの役割を果たすことになる。

The end result: MidoNet (Midokura’s overlay virtual networking solution) performs simple L2-4 operations within the hypervisor, and forwards packets of established flows within the kernel OVS.

The end result: MidoNet (Midokura のオーバーレイ方式バーチャルネットワーク化解法)は、ハイパーバイザの中で、シンプルな L2-L4 オペレーションを実行する。そして、カーネル OVS の中で確立されたフローにより、パケットを転送していく。

Midokura claims they achieved linerate (10GE) performance on commodity x86 hardware … but of course you shouldn’t blindly trust me or them. Get in touch with Ben and test-drive their solution.

Midokura は、コモディティ x86 ハードウェア上で、ラインレート(10GE)のパフィーマンスを達成したと主張する。 しかし、もちろん、、、それを闇雲に信頼すべきではない。 Ben にコンタクトし、彼らのソリューションを試すべきである。

ーーーーー

Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_1

ーーーーー

image文中の 『 センタライズされたコントロール・プレーンという、いま流行りの信仰に逆らうことを決め、また、大半のインテリジェンスをハイパーバイザ内に実装した』という表現が興味深いですね。 以前に抄訳としてポストした Google 先生の OpenFlow 講座 – DC 間接続を低コストで達成する では、『OpenFlow がもたらすものは、ネットワークをアプリケーションのように振る舞わせることであり、センタライズされたコントローラの中に、インテリジェントに組み合わされたネットワーク・ギアを論理的に配置していく能力だ 』と明記されています。 Google のようなサービスと、一般的なエンタープライズ・サービスでは、同じ ” 仮想ネットワーク ” という言葉で括られても、その目的は随分と異なるものになるはずです。 だからこそ、SDN に多様性が生じるのでしょうし、その実装形態の1つとして、OpenFlow があるのだという見方が成り立つのでしょう。 とても難しい話ですが、頑張って追いかけていきたいと思います。

ーーーーー

<関連>

Intel が思い描く、コモディティ SDN の構想 _1
Intel が思い描く、コモディティ SDN の構想 _2
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
VMware の考える SDN は、OpenFlow だけでは完成しない

 

%d bloggers like this: