Agile Cat — in the cloud

Gartner の Cloud Hype Cycle 2012 で、これからの市場を占う

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, Research, Strategy by Agile Cat on August 20, 2012

Gartner Releases Their Hype Cycle for Cloud Computing, 2012
http://wp.me/pwo1E-4BL

by Louis Columbus on August 3, 2012
http://softwarestrategiesblog.com/2012/08/03/gartner-releases-their-hype-cycle-for-cloud-computing-2012/

image

Enterprises are beginning to change their buying behaviors based on the deployment speed, economics and customization that cloud-based technologies provide.  Gartner cautions however that enterprises are far from abandoning their on-premise models and applications entirely for the cloud.

エンタープライズの購入行動が、クラウド・ベースのテクノロジーが提供する、ディプロイメントのスピードや、経済的な効果、そしてカスタマイズなどを基準として、その姿を変え始めている。  しかし Gartner は、エンタープライズがオンプレミス・モデルを断念することはなく、すべてのアプリケーションをクラウドに展開する状況からは、ほど遠いところにある、と注意を促す。

Based on an analysis of the Gartner Hype Cycle for Cloud Computing, 2012, the best results are being attained by enterprises that focus on a very specific strategy and look to cloud-based technologies to accelerate their performance.  Leading with a strategic framework of goals and objectives increases the probability of cloud-based platform success. Those enterprises that look to cloud platforms only for cost reduction miss out on their full potential.

Gartner Hype Cycle for Cloud Computing, 2012に基づいて考えると、現時点におけるベストな結果とは、なるきわめて特定された戦略にフォーカスし、そのパフォーマンスを加速させるクラウド・ベースのテクノロジーに注目する、エンタープライズが達成するものとなる。  目標と目的に関する戦略的フレームワークでリードしていくことで、クラウド・ベースのプラットフォームを、成功させる確率が高まっていく。 また、クラウド・プラットフォームを、コスト削減だけのものとみなすエンタープライズは、自身が有する全体的な潜在能力を失っていく。

The Hype Cycle for Cloud Computing, 2012 is shown below:

その Hype Cycle for Cloud Computing, 2012 は、以下のとおりである:

Cloudwashing and Inflated Enterprise Expectations

While the hype surrounding cloud computing may have peaked, cloudwashing continues to cause confusion and inflated expectations with enterprise buyers.  This just slows down sales cycles, when more straightforward selling could lead to more pilots, sales and a potentially larger market. Cloud vendors who have the expertise gained from delivering cloud platforms on time, under budget, with customer references showing results are starting to overtake those that using cloudwashing as part of their selling strategies.

クラウド・コンピューティングを取り巻くハイプは、ピークに達しているのかもしれないが、クラウドによる侵食はエンタープライズ・バイヤーたちを混乱に巻き込み、期待だけを注ぎ込んでいく。こうした背景により、より具体的な商用クラウドが、さらに多くのパイロット・ユーザや、大規模マーケットの潜在能力や売上をもたらすときに、そのセールス・サイクルが低下してしまう。その一方で、時間と予算の制限のもとで、クラウド・プラットフォームを提供し、顧客たちに対して結果を示すことで、専門的な知識を積み上げていくクラウド・ベンダーたちが、販売戦略の一部としてクラウド侵食を用いるベンダーを、追い抜こし始めている。

Additional take-aways from the Gartner Hype Cycle for Cloud Computing include the following:

Gartner Hype Cycle for Cloud Computing から持ち帰れるものとして、以下の項目が記されている:

  • The Cloud BPM (bpmPaaS) market is slated to grow 25% year over year, and 40% of companies doing BPM are already using BPM in the cloud (see “Forecast: Platform as a Service, Worldwide, 2010-2015, 3Q11 Update” and “The State of the BPM Platform Cloud Market, 2011“). Gartner has identified more than 30 bpmPaaS applications and platforms, and defines this category as a model-driven BPM platform in the cloud to construct next-generation process-centric applications for systems of differentiation and innovation.
  • Cloud BPM(bpmPaaS)マーケットは、前年比で 25% の成長を見込まれている。そして、40% の企業が、すでにクラウドで BPM を運用している(“Forecast: Platform as a Service, Worldwide, 2010-2015, 3Q11 Update” および “The State of the BPM Platform Cloud Market, 2011“ を参照のこと)。 Gartner は 30種類以上の bpmPaaS アプリケーションとプラットフォームを認識している。 そして、クラウド上で次世代プロセス・セントリック・アプリケーションを構築する、差別化とイノベーションのための、モデル駆動型 BPM プラットフォームとして、このカテゴリを定義している。
  • Cloud Email is expected to have a 10% adoption rate in enterprises by 2014, down from the 20% Gartner had forecasted in previous Hype Cycles. This represents modest growth as the adoption rate of this category had been between 5 and 6% in 2011.
  • Cloud Email は、2014年までに 10% のエンタープライズが採用すると見込まれているが、前回のハイプ・サイクル時点の予測値である 20% から、その値は低下している。  また、このカテゴリの 2011年の適用レートは、5%~6% という、穏やかな成長率を示している。
  • Big Data will deliver transformational benefits to enterprises within 2 to 5 years, and by 2015 will enable enterprises adopting this technology to outperform competitors by 20% in every available financial metric. Gartner defines Big Data as including large volumes processed in streams, in addition to batch.  Integral to Big Data is an extensible services framework that can deploy processing to the data or bring data to the process workflow itself. Gartner also includes more than one asset type of data in their definition, including structured and unstructured content.  The Priority Matrix for Cloud Computing, 2012 is shown below:
  • Big Data は、2年 ~ 5年の間に、エンタープライズに対して、転換によるメリットをもたらすだろう。そして 2015年までには、このテクノロジーを採用しているエンタープライズは、すべての適用可能な金融基準において、コンペティタたちを 20% まで凌ぐようになるだろう。  Gartner は Big Data に関して、バッチ処理だけではなく、ストリームにおいても、大量データの処理プロセスとして定義づけている。  Big Data にとって不可欠なものは、データ処理のデプロイメントおよび、プロセッシング・ワークフローへのデータの取り込みを実現する、拡張可能なサービス・フレームワークとなる。 Gartner は、構造化/非構造化のコンテントを含む、複数のデータ・アセット・タイプを、自身の定義の中に取り込んでいる。 “Priority Matrix for Cloud Computing, 2012″ を、以下に示す:

  • Master Data Management (MDM) Solutions in the Cloud and Hybrid IT are included in this hype cycle for the first time in 2012. Gartner reports that MDM Solutions in the Cloud is getting additional interest from Enterprise buyers as part of a continual upward trend of interest in MDM overall.  Dominant vendors in this emerging area include Cognizant, Data Scout, IBM, Informatica, Oracle and Orchestra Networks, are among those with MDM-in-the-cloud solutions.
  • Cloud and Hybrid IT における Master Data Management (MDM) Solutions は、2012年になって初めて、ハイプ・サイクルに取り込まれた。  Gartner は、クラウドの MDM Solutions について、MDM 全般における関心事を、継続して上昇させていくものとして、エンタープライズ・バイヤーたちが注目していると、レポートしている。  この新興エリアの最有力のベンダーには、Cognizant/Data Scout/IBM/Informatica/Oracle/Orchestra Networks などが含まれ、それらのエンタープライズ・バイヤーたちに、クラウド・ソリューションにおける MDM を提供している。
  • PaaS continues to be one of the most misunderstood aspects of cloud platforms. The widening gap between enterprise expectations and experiences is most prevalent in this market.  Gartner claims this is attributable to the relatively narrow middleware functions delivered and the consolidation fo vendors and service providers in this market.
  • PaaS は、クラウド・プラットフォームにおいて、最も誤解されている局面の 1つであり続ける。 エンタープライズにおける期待と経験の間に広がる、このギャップは、広範囲のマーケットに行き渡っている。  それについて Gartner は、提供されるミドルウェアの機能が比較的に狭い範囲に限定され、また、マーケットでベンダーとサービス・プロバイダがコンソリデートされていることに起因すると、主張している。
  • By 2014 the Personal Cloud will have replaced the personal computer as the center of user’s digital lives.
  • 2014年までに、一般的なユーザーにおけるデジタル・ライフの中心として、パーソナル・クラウドがパーソナル・コンピュータを置き換えていくだろう。
  • Private Cloud Computing is among the highest interest areas across all cloud computing according to Gartner, with 75% of respondents in Gartner polls saying they plan to pursue a strategy in this area by 2014. Pilot and production deployments are in process across many different enterprises today, with one of the major goals being the evaluation of virtualization-driven value and benefits.
  • Gartner によると、すべてのクラウド・コンピューティングに広がる最も大きな関心事は、プライベート・クラウド・コンピューティングの存在となる。Gartner 世論調査では、回答者の 75% が、この分野におけるストラテジーを、2014年までに達成する計画だと答えている。  パイロットとプロダクションのディプロイメントが、多種多様なエンタープライズを横断するかたちで、いま進行している。そして、仮想化が引き起こす価値とメリットの評価という、大きな目的を有している。
  • SaaS is rapidly gaining adoption in enterprises, leading Gartner to forecast more than 50% of enterprises will have some form of SaaS-based application strategy by 2015.  Factors driving this adoption are the high priority enterprises are putting on customer relationships, gaining greater insights through analytics, overcoming IT- and capital budget-based limitations, and aligning IT more efficiently to strategic goals.
  • SaaS の適用が、エンタープライズにおいて急速に高まったいる。そして、エンタープライズの 50% 以上が、何らかの SaaS ベース・アプリケーション戦略を、2015年までに有するという予測へと、Gartner を導いている。  このアダプションを促進させる要因は、それぞれのエンタープライズで高い優先順位を割り振られているものであり、たとえば、カスタマ・リレーションや、データ解析による高度な洞察の取得、IT と投資を制約する予算ベースの克服、そして戦略的なゴールへ向けた IT の効果的な調整などが含まれる。
  • More than 50% of all virtualization workloads are based on the x86 architecture. This is expected to increase to 75% by 2015.  Gartner reports this is a disruptive innovation which is changing the relationship between IT and enterprise where service levels and usage can be tracked.
  • すべての仮想化ワークロードにおける 50% 以上が、x86 アーキテクチャをベースにしている。そして、この数字は 2015年までに、75% に達すると予想されている。  Gartner は、サービスのレベルと利用法を解析する上で、IT とエンタープライズの関連を変化させる、破壊的なイノベーションであるとレポートしている。

Bottom line: Gartner’s latest Hype Cycle for Cloud Computing  shows that when cloud-based platforms are aligned with well-defined strategic initiatives and line-of-business objectives, they deliver valuable contributions to an enterprise.  It also shows how Infrastructure as a Service (IaaS) and Platform as a Service (PaaS) are the catalysts of long-term market growth.  The following slide from the presentation  High-Tech Tuesday Webinar: Gartner Worldwide IT Spending Forecast, 2Q12 Update: Cloud Is the Silver Lining (free for download) also makes this point.

Bottom line: Gartner がリリースした、最新の Hype Cycle for Cloud Computing は、クラウドベースのプラットフォームが、戦略における明確なイニシアティブと、事業部門における目的を同列に揃えるとき、 エンタープライズにとって価値のある貢献がもたらされることを示している。  そして、さらに、Infrastructure as a Service (IaaS) と Platform as a Service (PaaS) が、マーケットの長期的な成長を促進することも示している。  以下のスライドは、 High-Tech Tuesday Webinar: Gartner Worldwide IT Spending Forecast, 2Q12 Update: Cloud Is the Silver Lining のプレゼンテーションからのものであり、同じポイントを指摘している (free for download) 。

ーーーーー

imageたいへんそうだけど訳そうか、やはり止めようかと、ウジウジと考えていましたが、やはり、この手の猫じゃらしには勝てません :) それにしても、訳していて、あちらこちらでクラウド・ビジネスが、現実に立ち上がってきたのだという実感がヒシヒシと伝わってきて、元気を与えてもらった心地です。 このポストは、自分でも繰り返して読むものになるので、PDF 版も作成しました。 そして、お決まりの Evernote に入れる段になって、適切なタグが無いことに気付きました。 どうしようかと考えましたが、トップ・レベルに「 Market 」というタグを作りました。 我が Evernote も、ビジネス・モードに突入です。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない : それは 経営者の務めである
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する
IDC:データ分析市場は、2016年までに $51 B ビジネスに成長する
アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
PC と Tablet で構成される市場 : その背景と展望を調査する
世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/7月

 

4 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. Louis Columbus said, on August 20, 2012 at 5:37 am

    I am so honored Agile Cat, thank you for the very generous mention! You have an excellent blog, one that provides excellent insight, analysis and shows what is possible when a love of learning and sharing information becomes the foundation of social media. Again, very honored, thanks so much and have a great week!

    Sincerely,

    Louis

    • agilecat.cloud said, on August 20, 2012 at 8:43 am

      I appreciate you with my glad.
      You always do the awesome contribution to the IT world.
      If I propagate your analysis and insight to the Japanese people, I’m very very happy.
      I translated the article with respect to you, so please trust me.
      Thanks a lot!
      Agile_Cat

      • Louis Columbus said, on August 20, 2012 at 12:24 pm

        Agile_Cat, I am truly honored by your propagating my research, it is a great compliment! Thank you! You and I share a passion for helping others with information and writing to enrich others. I wish you all the best my friend, and stay in touch. With sincere and best regards, Louis

      • agilecat.cloud said, on August 22, 2012 at 7:04 am

        We can share the opportunity to break language barrier.
        I’m looking forward with you.
        Thanks again,
        Agile_Cat


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: