Agile Cat — in the cloud

次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _3

Posted in API, DaaP, Government, Hybrid, Research by Agile Cat on July 13, 2012

The next generation business: Data is the new platform
By Ken Oestreich, The Fountainhead Blog Jul. 5, 2012

_ Gigaom


次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _1
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _2
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _3


Where to start?

Does Data as a Platform beginning to sound interesting? It should. Plus, with the cost of data storage plummeting coupled with the onset of Big Data analytics, most enterprises should begin considering developing new IP – in the form of data.

Data as a Platform は、興味をもたらし始めているのだろうか? そうなるべきである。 それに加えて、Big Data 解析の立ち上がりにより、データ・ストレージのコストが急落するという状況にある。 つまり、大半のエンタープライズが、データに基づく新しい IP の作成を、考え始めるべき状況にある。

To get your juices flowing about creating a data platform business of your own, consider the following data attributes you may already be developing:


  • Uniqueness – is your data unique to you, and therefore hard to replicate by others?
  • Size/completeness – how physically large is your data? Does it reach back temporally? Does it include deep details and/or trends? To whom would this be valuable, either pre- or post-analysis?
  • Desirability – in addition to uniqueness, would your data be useful/desirable by others in adjacent spaces? How marketable is it?
  • Complementarity – consider how valuable your data is to complement or complete other forms of data, or to build-upon other data sets in a mash-up fashion?
  • Statistical/correlative relevance – can your data be statistically analyzed for patterns? Are there correlations or patters that might be drawn between it, and other external data sets?
  • Long tail relevance – does your data contain elements that lie +/-3 sigma outside the norm? could this “fringe” data be valuable to incrementally increasing sales, or for addressing customer needs outside the core set?
  • Data gravity – this new term, coined by Dave McCrory, speaks to the physical immobility of data, and the tendency/requirement to co-locate other applications and data sets with it. Is your data potentially so large that it might actually attract actual applications onto the platform? Perhaps within a special purpose compute-cloud?


  • Uniqueness  ーーー あなたのデータの独自性のことであり、それゆえに、他者からコピーされ難い。
  • Size/completeness  ーーー データの物理的なサイズは、どのくらいだろう? それは、時間的に記憶をさかのぼるか? それは、詳細で深淵な情報を、含む傾向にあるのだろうか? それは、誰にとって価値があり、Pre/Post のどちらで分析するのだろうか?
  • Desirability ーーー Uniqueness に加えて、あなたのデータは隣接する領域の他者にとって、有用であり望まれるものだろうか? その市場価値は、どうだろうか?
  • Complementarity ーーー 別データとの組み合わせにおいて、それらを補足/完成させることで、また、マッシュアップ方式で別のデータセットを構築することで、あなたのデータの価値を高めるには?
  • Statistical/correlative relevance ーーー あなたのデータは、いくつかのパターンで統計的に分析ができるか? そこには、相互関係もしくは、データ間および外部データセットの間に描かれるパターンが存在するだろうか?
  • Long tail relevance ーーー あなたのデータに含まれる要素は、その標準の外側に +/- 3 Sigma で展開されるか? この「周辺」データは、セールスを継続的に増大させるために有効か? もしくは、コア・セットの外側で、顧客ニーズに取り組めるか?
  • Data gravity ーーー  この新しい用語は、Dave McCrory により作り出されたものである。データの物理的な不動性と、それを伴うアプリケーションとデータセットの位置を定める傾向/要件を論じるものである。 あなたのデータの潜在性は、対象となるプラットフォームにおける、実際のアプリケーションを引き付けるだけの、規模を有しているだろうか? クラウド・コンピューティングの、特殊な目的の中に存在するだろうか?

In closing, the coming age of big data isn’t just about storing and analyzing lots of bits. It’s about extending the core business models to leverage IP stored-up in your data, and creating new partner ecosystems – and data supply chains – to create even more value for your enterprise. That’s just where the fun starts.

締め括りになるが、来るべき Big Data の時代は、大量のデータをストアして分析するだけのものではない。 それは、あなたのデータに蓄積された IP をテコ入れし、エンタープライズにおける価値を高めるために、また、新しいパートナー・エコシステムやデータ・サプライチェーンを創造するために、コアとなるビジネス・モデルを拡張することである。 そして、いま、そこへ向けて興味が高まり始めている。


Ken Oestreich is a marketing veteran helping develop new categories in the Enterprise IT, Data Center, and cloud computing spaces. He has held product- and corporate marketing roles with Sun, Cassatt, Egenera, and EMC. Find him on twitter as @fountnhead.

Related research and analysis from GigaOM Pro:


次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _1
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _2
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _3


imageこういう記事は、行間を深読みしないと訳せないので、ちょっと腰が引けるのですが、なんとか最後までたどり着きました。 クラウドが当たり前になってくると、こういう、データ・フュージョンというかマッシュアップというか、、、さまざまなデータ連携が展開されるのだと思います。 その2の事例にもあったように、アメリカの小売業とイギリスの旅行業が連携するなど、この流れは国内に留まるものでは無いようです。 日本とアジアで、なにか面白いことが始まらないかなぁ・・・ と期待してしまいますね :) ーーー image



すべてが API になるべきだという、FCC の主張とは? が存続の危機! Data 2.0 カンファレンスは救えるのか?
New York City の地下鉄では、クラウド API が吊り広告に?
東日本大震災の規模と頻度を、Google Map + アニメーションで確認する

Comments Off on 次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _3

%d bloggers like this: