Agile Cat — in the cloud

Amazon が通り過ぎた後に、どれだけのクラウドが生き残れるのか?

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, Private Cloud by Agile Cat on July 10, 2012

After Amazon, how many clouds do we need?
http://wp.me/pwo1E-4pK

By
Barb Darrow May. 19, 2012
http://gigaom.com/cloud/after-amazon-how-many-clouds-do-we-need/

_ Gigaom

With news that Google and Microsoft plan to take on the Amazon Web Services monolith with infrastructure services of their own, you have to ask: How many clouds do we need?

Amazon Web  Services のモノリシックなインフラ・サービスに対して、Google と Microsoft が戦いを挑むというニュースを聞いて、あなたは疑問を持つだろう。 いったい、どれだけのクラウドが必要とされるのかと。 

This Google-Microsoft news broken this week by Derrick Harris,  proves to anyone who didn’t already realize it, that Amazon is the biggest cloud computing force (by far) and as such, wears a big fat target on its back. With the success of Amazon cloud services, which keep started out as plain vanilla infrastructure but have evolved to include workflow and storage gateways to enterprise data centers, Amazon’s got everyone — including big enterprise players like Microsoft, IBM and HP worried. Very worried.

今週(5月中旬)、この Google と Microsoft ニュースは、Derrick Harris により報じられたが、そのことにより、Amazon が遥かに強大なクラウド・コンピューティングの勢力であり、その背後に大きなターゲットを隠し持っているという現実が、クラウドに疎い一般大衆に対しても証明された。 プレーンなバニラ風味のインフラとして始まったが、エンタープライズ・データセンターにワークフローとストレージのゲートウェイを取り込むにまでに、Amazon クラウド・サービスは発展し、また、成功した。 そして、それにより Amazon は、すべてを取り込んでいる。 たとえば、Microsoft や、IBM、HP といった、大手のエンタープライズ・プレーヤーまで。 それが、心配のタネである。 とても、心配である。

These vendors are betting big that they can give Amazon a run for its money and that their cloud services will help them retain existing customers and (knock wood) win some newbies. Microsoft built Azure as a full-fledged platform as a service, but in the face of Amazon’s success had to tack to offer IaaS-type services, including VM Roles, which has been in beta for more than a year.

それらのベンダーたちは、大きな投資を行なっているが、そのことが、さらなる Amazon の利益に貢献ししてしまう可能性を有している。 もちろん、彼らのクラウド・サービスが、現在の顧客を保持し、また、いくつかの新規ユーザーを得ることに、間違いはないのだが。。。 たとえば Microsoft は、本格的な PaaS として Azure を構築したが、Amazon の成功に直面したことで、IaaS タイプのサービスを提供するという、進路の変更を余儀なくされた。そこには、1年以上もベータであった、VM Roles も含まれる。

Amazon as enterprise apps platform? Don’t laugh

Take the news late this week that IBM is working with Ogilvy and Mather to move the advertising giant’s SAP implementation from its current hosted environment to  ”SmartCloud for SAP Applications hosted in IBM’s state-of-the-art, green Smarter Data Center.” (Note to IBM: brevity is beauty when it comes to branding.)

また、今週の終わりには、IBM が Ogilvy & Mather のために作業を進めているというニュースがあった。 それは、この大手広告会社における SAP を用いた実装を、現在のホスティング環境から「IBM の最先端 Green Smarter Data Center にホストされた、SmartCloud for SAP Applications」へと、移行させるものである。(Note to IBM :ブランディングの話になるとき、簡潔さは美しくなる)

Don’t think that little tidbit is unrelated to last week’s announcement that SAP and Amazon together certified yet another SAP application — All-in-One — to run on Amazon’s EC2.  This sort of news validates Amazon as an enterprise-class cloud platform and that’s the last thing IBM or HP or Microsoft wants to see happen.  So every one of these players — plus Google — are taking aim at Amazon.

この小さなニュースが 、先週のアナウンスと無関係だと思ってはいけない。 それは SAP と Amazon が一緒に表明した、別の SAP アプリケーションである All-in-One を、Amazon EC2 上で走らせるというものだ。  この種のニュースは、Amazon がエンタープライズ・クラスのクラウド・プラットフォームであることを証明し、また、IBM や、HP、そして Microsoft にとって、最も聞きたくない話でもある。  そして、それらのプレーヤーの誰もが Amazon を狙い、さらに Google も参入してくる。

For some hardware players, including HP, which is reportedly about to cut 30,000 jobs see the cloud as a way to stay relevant, and oh by the way, keep customers workloads running on their hardware and software.  HP’s OpenStack-based public cloud went to public beta earlier this month.

伝えられるところによると、30,000 人以上を整理している HP を含めて、それらのハードウェア・プレーヤーたちは、適切な状態を維持するために、クラウドに留まるという認識でいる。そして、顧客たちのワークロードを、自身のハードウェアとソフトウェアの上で走らせたがっている。  その一環として、HP における OpenStack ベースのパブリック・クラウドは、今月の初めにパブリック・ベータの段階に入った。

imageCase in point: Along with the SAP migration news,  IBM also said its SmartCloud Enterprise+, IBM’s managed enterprise cloud infrastructure offers:

好事例: SAP マイグレーションのニュースに合わせて IBM は、そのマネージド・エンタープライズ・クラウド・インフラである SmartCloud Enterprise+ について、以下のように発言している:

“unprecedented support for both x86 and P-Series [servers] running … Windows, Linux and AIX on top of either VMware or PowerVM hypervisors….

x86 と P-Series [Server]の双方を実行し・・・ VMware および PowerVM ハイパーバイザー上で Windows/Linux/AIX を走らせる、前例のないサポート ・・・

and

SCE+ is designed to support different workloads and associated technology platforms including a new System z shared environment that will be available in the U.S. and U.K. later this year.

SCE+ は、新規の System Z 共有環境を含めた、各種のワークロードと関連するテクノロジー・プラットフォームを、サポートするようにデザインされている。 それらのサービスは、今年の終わり頃には、U.S. と U.K. で利用可能となる。

Hmmm. P-Series and System Z —  not exactly the sort of commodity hardware that modern webscale cloud companies run, but they are integral to IBM’s well-being.

ふむふむ。 P-Series と System Z ですか。 厳密に言えば、近代的な Web スケール・クラウド企業が運用するコモディティ・ハードウェアではないが、IBM の幸せを考えれば不可欠なものである。

Vendor clouds to lock customers in

This illustrates what prospective buyers should know: Despite all the talk about openness and interoperability, a vendor’s cloud will be that vendor’s cloud. It represents a way to keep customers running that company’s hardware and software as long as possible. But legacy IT vendors are not alone in trying to keep customers on the farm.

このことは、バイヤーが認識すべきで視野を例示する。 つまり、オープン性とインターオペラビリティに百言を費やすにもかかわらず、ベンダーのクラウドはベンダーのクラウドに過ぎないのだ。 それは、可能な限り長きにわたって、そのベンダー企業のハードウェアとソフトウェアを、顧客に使わせるための方式を示している。 しかし、レガシー IT ベンダーたちは、自らのファームに顧客を囲い込もうとする行為において、決して孤独ではない。

Amazon is making its own offerings stickier so that the more higher-value services a customer uses, the harder it will be to move to another cloud.  As Amazon continues what one competitor calls its “Sherman’s march on Atlanta,” legacy IT vendors are building cloud services as fast as they can in hopes that they can keep their customers in-house. For them, there had better be demand for at least one more cloud.

Amazon が提供するものは、顧客からみて、離れがたいものとなる。 つまり、それらの高付加価値サービスを顧客に使わせることで、他のクラウドに移行し難くしていく。  Amazon が競合相手を Sherman’s march on Atlanta と呼び続けるにつれて、レガシー IT ベンダーたちは、彼らが望む限りのスピードで、そのクラウド・サービスを構築していくだろう。 そして、彼らの顧客をインハウスに囲い込んでいく。つまり、そこに生じる要求は、少なくとも、もう1つの、別のクラウドとなっていく。

Photo courtesy of Shutterstock user Ohmega1982,

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

ーーーーー

imageそれにしても、強すぎる Amazon という感じですね。 そして、AWS との全面戦争を避けて、プライベートへと逃げ込めば、そこで連携せざるを得ないパブリックとして、Amazon が唯一無二の存在になっていく。 そんな流れを、この記事は伝えたいのだと思います。 以前に、「身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?」という抄訳をポストしましたが、その Zynga にしろ、AWS の術中にはまっているのかも知れません。 なお、Sherman’s march on Atlanta というのは、南北戦争時代におけるテネシーの逸話のようです。 ーーー  image

ーーーーー

<関連>

AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!
Amazon の Virginia DC がダウン: Quora や Heroku に影響が!
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?
Amazon S3 にストアされる Object が [1兆 ] に近づいている
Amazon は新しい Cloud Search Service で、Google や HP を出し抜くのか ?

 

One Response

Subscribe to comments with RSS.

  1. [...] Amazon が通り過ぎた後に、どれだけのクラウドが生き残れるのか? « Agile Ca… [...]


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: