Agile Cat — in the cloud

Twitter は、データセンターの情報を開示すべきだ

Posted in Data Center Trends, Twitter by Agile Cat on July 31, 2012

Why Twitter should open up about its infrastructure
http://wp.me/pwo1E-4vx
Jul 26, 2012 – Derrick Harris
http://gigaom.com/cloud/why-twitter-should-open-up-about-its-infrastructure/#comments

_ Gigaom

If Twitter wants to remain opaque about its practices, that’s fine — but it shouldn’t expect any slack from upset users or investors. Blaming a two-hour outage on an “infrastructural double-whammy” after remaining mum on even where its data centers are located doesn’t exactly inspire confidence.

もし Twitter が、そのプラクティスに関して不透明さを残したいなら、それも良いだろう。 しかし、混乱の最中にあるユーザーや投資家が、それを大目に見ると思ったら間違いだ。 データセンターのロケーションすら秘密にしておきながら、この 2時間におよぶダウンについては「インフラに起こったダブルの不幸」と言い逃れをするようでは、信頼なんで得られっこない。

Whatever investments Twitter is making to improve the reliability of its system aren’t working, or at least not as well as they should be. The world’s favorite micro-blogging site blamed Thursday morning’s approximately two-hour outage on problems within its data centers — specifically the parallel failure of its running system and its backup system — and it’s the second time in less than two month’s Twitter’s infrastructure has brought the site down. Maybe it’s time for Twitter to talk openly about what its doing in there.

そのシステムの信頼性を改善しようとする、Twitter のあらゆる投資が機能しなかったのか、あるいは、無いも同然だったのか。 この、世界で愛されるマイクロ・ブログ・サイトが、木曜日の朝に約 2時間ほど停止したが、そのデータセンターに問題があったらしい。具体的には、運用システムとバックアップ・システムが同時に障害を起こしたということのようだ。さらに言えば、Twitter のインフラ・サイトのダウンというのは、最近では 2回目であり、前回からは 2ヶ月も経っていない。 Twitter は、何が起こったのかを、オープンに話すべき状況にあると思う。

Don’t get me wrong, Twitter has been nothing if not generous in talking about the software it builds. The company has open sourced numerous data-management tools and other pieces of code. It has occasionally (at least in 2009) been willing to share how it handles, stores, searches, and analyzes billions of data points relating to users and their tweets. But when it comes to the actual infrastructure on which this software runs?

間違えていないと思うが、鷹揚な Twitter には、彼らが作るソフトウェアについて、説明に躊躇するようなことはなかった。 同社は、オープンソースのデータ・マネージメント・ツールなどの、たくさんのコードを有している。 そして何度かは(少なくとも 2009年には)、ユーザーとツイートに関連する何十億というデータポイントを、操作/保存/検索/分析するためにコードが共有化され、実現していくための方式が検討されてきた。 しかし、それたのソフトウェアが走る、実際のインフラの話になると?

Let’s just say Twitter is less than forthcoming. The explanation of today’s outage:

とりあえず、ここでは、Twitter の説明は期待を裏切るものだ、とだけ言っておこう。 今日のダウンの説明は、以下のとおりである:

The cause of today’s outage came from within our data centers. Data centers are designed to be redundant: when one system fails (as everything does at one time or another), a parallel system takes over. What was noteworthy about today’s outage was the coincidental failure of two parallel systems at nearly the same time.

今日のダウンは、私たちのデータセンターにおける問題が原因だ。 データセンターは、冗長性を確保するよう設計されている。 つまり、1つのシステムに障害が発生すれば(全体あるいは部分にかかわらず)、並列に走っている別システムに切り替わる。 今日のダウンにおいて、注目すべきことは、ほとんど同じタイミングで、並列に走る 2つのシステムに、偶然にも障害が発生したことである。

It was minimally more descriptive in explaining the cascading bug that took the site down temporarily last month.

先月は、連鎖的なバグが一時的にサイトをダウンさせたという説明だったので、それと比べれば、少しはマシなのかもれない。

And after publicly detailing the migration into its new data center last March, Twitter has been mysteriously mum about where it’s actually running. In Salt Lake City? In Sacramento? The response from a Twitter spokesperson when asked where it’s data centers are located last June: “I can also confirm that we have multiple sites, but I won’t go into further detail.” Apparently, it now has space in Atlanta, too.

昨年の 3月に、新しいデータセンターへ移動すると公表した後、実際に運用される場所について、Twitter は口をつぐんでいる。 奇妙なことだ。 Salt Lake City なのか? Sacramento なのか? そして、昨年の 6月に、データセンターの場所について質問されたとき、Twitter のスポークスマンは、「 マルチ・サイトについては、確認することも可能だが、これ以上の詳細は述べないだろう」と発言している。 見たところでは、同社は Atlanta にもスペースを持っている

imageIf Twitter wants to remain opaque about its practices, that’s fine — but it shouldn’t expect any slack from upset users or investors. By contrast, we have a pretty good idea where Google’s data centers are and what’s going on inside them, and we know nearly everything about Facebook’s operations. When Amazon Web Services has an outage, it might take days, but provides a detailed post-mortem report explaining what went wrong.

もう一度言うが、もし Twitter が、そのプラクティスに関して不透明さを残したいなら、それも良いだろう。 しかし、混乱の最中にあるユーザーや投資家が、それを大目に見ると思ったら間違いだ。 それと対照的に、Google がデータセンターの場所を示すことや、同社内で検討されていることに、私は良い印象を持っている。さらに、私たちは、Facebook の運用するデータセンターについては、ほとんど全てを知っている。 Amazon Web Services に関しては、ダウンから数日を要するが、何が悪かったのかという、詳細な分析レポートが提供される。

Even if Twitter’s infrastructure team is filled with very smart engineers, there’s certainly benefit to be derived from public discussion about what it might be doing right and wrong. Clearly, something isn’t right; the site is down too often considering how much smaller it is than the aforementioned services. While it’s not disruptive enough to anyone’s business to warrant an AWS-style explanation, we gotta get something better than blaming two hours of downtime on an “infrastructural double-whammy.”

たとえ、Twitter のインフラ・チームが、きわめて優秀なエンジニアを抱えているにしても、正しこと間違ったことに関する公開の場での議論は、明確なメリットをもたらすだろう。 明らかに、何かが正しくないのだ。つまり、このサイトは、他のサービスと比較して、あまりにも頻繁にダウンしすぎるのだ。 AWS スタイルの説明は、あらゆるビジネスにとって、混乱をもたらすものではないなどと、そんなことを言うつもりもない。 しかし、2時間におよぶダウンについて、「インフラに起こったダブルの不幸」と言い逃れをするよりは建設的である。

Image courtesy of Shutterstock user Elnur.

Related research and analysis from GigaOM Pro

ーーーーー

imageそうなんですよね。 Twitter はデータセンターについて、その詳細を明かしませんね。 そして納得できるのは、Google や Facebook の姿勢に対する評価です。そうすることで、ほんとうの意味での信頼を得ていけるのだと、Twitter にも理解して欲しいです。言葉は厳しいですが、Derrick Harris さんの Twitterへの愛が感じられる、とても良い記事ですね :) ーーーimage

ーーーーー

<関連>

100% の再生エネルギーを目指す、Apple のデータセンター戦略
eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す
Dell が Quest を $2.4 Billion で買収 : 狙いは DC マネージメント
NTT Com が 85% を出資する、英 Gyron のデータセンター・ビジネスとは?
Open Compute が創りだす、新世代 Web のためのビジネス・モデルとは?

 

WSJ:Apple が Twitter への投資を検討したのは 1年も前のこと

Posted in Apple, Social, Twitter by Agile Cat on July 30, 2012

WSJ: Apple Considered An Investment In Twitter Last Year, But There Are No Talks Happening Now
http://wp.me/pwo1E-4vn
Jay Yarow | Jul. 28, 2012
http://www.businessinsider.com/apple-considered-an-investment-in-twitter-a-year-ago-wsj-2012-7

_ Business Insider

Last night the New York Times reported Apple has been considering a strategic investment of a few hundred million dollars in Twitter in "recent months".

昨夜(7/28)のことだが、Apple が Twitter に対して、数億ドル・レベルの戦略的投資を検討し、この数カ月のうちに実施される可能性があると、New York Timesレポートした。

Mary Catherine Wellons/Instagram

Apple CEO Tim Cook with Twitter Chairman Jack Dorsey

After that story broke, the Wall Street Journal came out with its own, which says Apple considered an investment in Twitter a year ago, but, "People familiar with the matter said there are no current formal investment or acquisition discussions between the companies."

そのストーリーが知れわたった後に、Wall Street Journal は、 Apple が Twitter への投資を検討したのは、1年前の話であるという自身の見解を発表した。しかし、「この件に精通する人々によると、両社間において現時点では、正式なかたちでの投資あるいは買収に関する話し合いは存在しない」とも、補足している。

Apple and Twitter have been working together for over a year now. Apple has made Twitter a big part of its operating systems, allowing users to tweet photos, web pages, and just about anything else with ease.

Apple と Twitter は、1年以上にわたる協業を継続している。 Apple のオペレーティング・システムにおいて、Twitter を重要なパートとして扱ったことで、写真や Web ページといったあらゆるものを、ユーザーは容易にポストできるようになった。

Apple has not done anything particularly well in the "social" realm. It seems to be leaving that to Twitter.  Perhaps a year ago, when Apple started working with Twitter, it considered making an investment to protect Twitter from being bought by Google or another rival who wouldn’t work with Apple.

そして Apple は、とりわけ「ソーシャル」の領域で、何もせずに済んできた。 それは、Twitter のために、とって置かれているようにも思われる。おそらく 1年前に、Apple と Twitter の協業が始まったころには、Twitter を守るための投資が検討されたのであろう。つまり、Apple と敵対する、Google などのライバルから、Twitter が買収されないようにする必要があったのだろう。

ーーーーー

image一年前の今頃というと、ちょうど Google+ が始まった頃であり、誰もが Twitter の行く末を心配していたことを思い出しました。 しかし Twitter は、その独自の立ち位置とシェアをキープし、いまに至っています。 Google としても、あまりにも Twitter を追い詰めてしまい、Apple のもとへ逃げ込まれてしまうのでは、かえって逆効果という判断があったのかも知れません。 Jack Dorsey が言うように、Twitter にしか出来ないことは、とても価値のあることなので、ぜひとも頑張って欲しいですね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

Twitter がダウンを連発 : 理由も分からないらしい
Twitter が提供する、MySQL 関連のオープンソースとは
Twitter の広告収入が、2012年には 3倍の $400 Million に跳ね上がる
誕生日を迎えた Twitter と、Jack Dorsey による6年前の初ツイート
正確に言うと、Twitter はソーシャルじゃないんだ – Jack Dorsey

 

VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ

Posted in .Selected, PaaS, Virtualization, VMware by Agile Cat on July 30, 2012

VMware Needs Focus; Shedding Cloud Foundry Will Help
http://wp.me/pwo1E-4vh
Posted by
Mike Fratto – July 17, 2012
http://www.networkcomputing.com/virtualization/240003872

image

ーーーーー

注記:この記事がポストされたのは、Nicira の買収が発表される前となります。

ーーーーー

If the news coming from GigaOM that VMware is spinning out Cloud Foundry, Greenplum and Project Rubicon are true, it’ll be a good thing for VMware and EMC. VMware has lost some focus in the last few years in trying to branch out into applications and cloud services.

GigaOM が伝えるように、ほんとうに VMware が Cloud Foundry/Greenplum/Project Rubicon がをスピンアウトしていくなら、それは VMware と EMC にとって良いことになるだろう。アプリケーションとクラウドサービスに手を広げるという観点において、これまでの数年で VMware は、いくつかのフォーカスを失っている。

VMware built up its virtualization product suite in the early years with a single-minded focus on products that built on and augmented server virtualization. Add-on features like vMotion, Distributed Resource Scheduler, High Availability, Fault Tolerance and Site Recovery Manager added significant value to server virtualization, letting IT do things unheard of prior to the hypervisor. And VMware’s been on the right track; features like those are highly desired, according to our 2011 InformationWeek survey, “State of Virtualization.” VMware was the only game in town for a long time, but the company hasn’t sat idly by. It brought wave after wave of useful products to market. VMware also fostered a vibrant partner program, which further enhanced its products. Meanwhile, competitors like Citrix and Microsoft fumbled for strategies like a one-handed juggler.

VMware は、早い時期に仮想化スイートを構築したが、それはサーバーの仮想化の上に構成/拡張されたプロダクトにだけ、フォーカスするものであった。そして、vMotion/Distributed Resource Scheduler/High Availability/Fault Tolerance/Site Recovery Manager といったアドオン機能を加え、サーバーの仮想化に大きな価値を与え、ハイパーバイザーの以前には予想も出来なかったことを、IT により具体化していった。そして、私たちの 2011 InformationWeek 調査である “State of Virtualization” において、VMware は適切な方向へ向かっており、その役割に大きな期待が集まっていると評価された。 そして、長い期間において、VMware は最上のものというポジションを維持していたが、その間に同社が何もしなかったというわけでもない。 つまり、有用なプロダクトを、次から次へとマーケットにもたらしたのだ。 さらに VMware は、自身のプロダクトを拡張していく、活気に満ちたパートナー・プログラムを促進していった。 その一方で、Citrix や Microsoft といったコンペティタたちは、片腕のジャグラーのような戦略で、商機を掴み損ねていた。

imageAs VMware added more features and integrated more of its own products with vSphere, there was always the threat that it would cross over the line with partners that offered competing products. Since VMware owned the ecosystem, it would naturally have an unfair advantage that it could exploit at the expense of its partners/competitors. Yet, due to VMware’s overwhelming market share in server virtualization, vendors with competing products had nowhere else to turn.

VMware は、さらに多くの機能を加えていった。 そして、それ自身のプロダクトを vSphere と統合するにつれて、競合製品を提供しているパートナーとの境界線を、踏み越えてしまうと危機に遭遇するようになった。 このエコシステムは VMware に所有されるため、パートナー/コンペティタを犠牲にする、不公平な優位性を常に有することになった。そして、VMware が仮想サーバーのマーケット・シェアを占有するため、競合製品を手にするベンダーたちは、方向転換すら困難になっていった。

When VMware announced Cloud Foundry, it was the company’s big move into PaaS. It had both a commercial service run by VMware and an open source software archive hosted at CloudFoundry.org. This was VMware’s first move to expand its reach outside of vSphere and server virtualization, but CloudFoundry.com never quite took off. PaaS is more attractive to startups that are launching new services where a PaaS offers a number of advantages, like low operational overhead and manageable costs over IaaS, or owning your own hardware. However, enterprises have been slow to adopt PaaS as a strategy. In fact, many organizations are still in the midst of getting their private cloud off the ground, and haven’t even considered a move to a PaaS service.

VMware が Cloud Foundry を発表したときに、同社は PaaS へ向けた大きなシフトを示した。 そして、そこには VMware が推進する商用サービスと、CloudFoundry.org がホストする OSS の双方が存在した。 つまり、vSphere と仮想サーバーの外側に広がる、VMware としての最初の動きであったが、まったくと言ってよいほど CloudFoundry.com は離陸していかなかった。 PaaS は、新しいサービスを立ち上げるスタートアップにとって魅力的であり、また、より多くのアドバンテージを提供する。たとえば、ハードウェアを所有する場合よりも、さらには IaaS を利用する場合よりも、低く抑えられた運用上のオーバーヘッドとコストが、その利点として挙げられる。 しかしエンタープライズは、これまでのところ、戦略をして PaaS を採用するに至っていない。 実際のところ、依然として数多くの組織は、そのプライベート・クラウドを立ち上げる途上にあり、また、PaaS への移行については、検討さえ行なわれていない状況にある。

There’s still a lot of opportunity in the server virtualization and private cloud markets. In our InformationWeek Report, “Private Cloud Vision vs Reality, only 21% of respondents said they had a private cloud and 30% were starting a private cloud project. In both camps, VMware was the top vendor chosen as part of respondents’ private cloud efforts. However, only 16% of the respondents had settled on a bundled private cloud offering. Thirty-eight percent were going to use best-of-breed products, 30% were undecided, and 16% will use open source and commercial offerings. Neither VMware’s continued dominance in server virtualization nor its ability to expand its share in private cloud are assured.

仮想サーバーとプライベート・クラウドの市場には、依然として大きなビジネス・チャンスが残されている。 私たちの InformationWeek Report である ”Private Cloud Vision vs Reality” では、回答者の 21% のみがプライベート・クラウドを保有しているとし、また、30% がプライベート・クラウドを立ち上げていると状況にあった。 その両方の領域において、VMware はプライベート・クラウドのプラットフォームとして、トップ・ベンダーに選ばれている。 しかし、回答者の 16% に過ぎないが、それらの企業は、セットとして提供されるプライベート・クラウドの採用を決定していた。 また、38% がベスト・オブ・ブリードのプロダクトを使うとし、30% が未決定であり、16% が OSS および商用プロダクトを使うと回答した。 仮想サーバーにおける VMware の優位性と拡張性を、プライベート・クラウドにも継続して展開できるかというと、そこに確実性は存在しない。

Given the strong interest in private cloud, the large majority of organizations that have yet to move to a private cloud, and the company’s market share, VMware is well positioned to thrive. Cutting loose distractions like Cloud Foundry, Greenplum and Project Rubicon will let VMware focus on its core strengths in a very lucrative market.

プライベート・クラウドへの強い関心と、大半の組織がプライベート・クラウドに移動していないという状況、そして、VMware のマーケット・シェアを前提にすると、同社の未来は明るい。 Cloud Foundry のような混迷を切り離すことで、Greenplum と Project Rubicon は VMware のフォーカスを、利益性の高いマーケットにおける基本的な強さへと向かわせるであろう。

And while the company is of a mind to spin out products, the acquisitions of slideware service SlideRocket, miro-blogging Socialcast and collaboration service Zimbra still seems like an off-the wall set of acquisitions with no supporting strategy. VMware should spin them out as well.

そして、同社がいくつかのプロダクトをスピンアウトさせたいと考える一方で、スライドウェア・サービスの SlideRocket や、マイクロ・ブログの Socialcast、そしてコラボレーション・サービスの Zimbra といった一連の企業買収には、戦略的な視点が欠けているように見える。 VMware は同様に、それらを上手くスピンアウトさせるべきだ。

Mike Fratto is editor of Network Computing. You can email him, follow him on Twitter, or join the Network Computing group on LinkedIN. He’s not as grumpy as he seems.

ーーーーー

image実は、この記事、先週の月曜日にポストの予定だったのですが、Nicira 買収の発表により延期となってしまった経緯があります。 それにしても VMware は、どちらの方向を向いていくのでしょうか? ここで指摘されるように、Cloud Foundry のスピンアウトは、VMware にとっても良い結果をもたたすように思えるのですが、そうなると Nicira 買収の意味は何処にあるのかという、新しい疑問が湧いてきてしまいますね。 ーーー

ーーーーー

<関連>

VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
Paul Maritz が VMware CEO を退任するらしい
VMware は OpenFlow を静観する_1
VMware は OpenFlow を静観する_2
VMware は OpenFlow を静観する_3

 

iPad で撮っちゃ ダメ~ と、ゲイツ夫人 – from LONDON

Posted in Apple, Microsoft, Weekend by Agile Cat on July 29, 2012

Bill & Melinda Gates: You can’t take a photo with an iPad!
http://wp.me/pwo1E-4v6

By Jonathan S. Geller | BGR News – July 28 2012
http://www.bgr.com/2012/07/28/bill-gates-ipad-photo/

image

Bill Gates was recently in London for the 2012 Summer Olympics when a group of fans noticed him and asked for a photo. The only problem? They pulled out an iPad to take the picture. Bill’s wife Melinda started screaming out, “You can’t use an iPad!” but quickly said she was just kidding and the photo was taken.  Video after the break.

Bill Gates 氏は London で、2012 Summer Olympics をお楽しみであるが、彼のファンたちが気付いて、写真を撮らせて欲しいと求めた。そこで、些細なトラブルが? 写真を撮ろうとして、彼らがカバンから iPad を取り出したところ、 Bill Bates 夫人である Melinda さんが、“You can’t use an iPad!” と叫び始めたのだ。 ただし、すぐに、彼女は「冗談よ」と事態を収束し、無事に写真は iPad に収められたらしい。  おヒマな方のためのビデオですが。。。

___space

___space

ーーーーー

clip_image001なにかと、「お宅での Apple 製品は?」という、意地悪な質問に晒される Melinda さんですが、その度に 100点満点の対応で、メディアの目論見を上手く外し続けてきました。 しかし、ここで、まさか iPad が登場するとは思わなかったのか、、、 その一部始終を Youtube にアップされてしまったというわけです。それにしても、iPad がカメラ・アングルにするりと入ってくるのと見ると、「ほんとうに偶然? 」と聞きたくなってしまうほどの一品ですね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

さぁ 夏だ! iPhone を持って 海に潜ろう
Starbucks アプリの Android 版が、UK と Canada に進出した
出資するのは Larry と 私で、宇宙に飛び立つのは君だよ Sergey
Pinterest + Instagram = Pinstagram というハイブリッド・ソーシャル
Facebook – 巨大 QR コードは、人工衛星に向かって何を伝えるのか?

 

IDC モバイル調査 2012 Q2 : 世界の 50% を Samsung と Apple が分け合う

Posted in .Selected, Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on July 28, 2012

IDC: Samsung and Apple responsible for 50% of smartphones shipped in Q2 2012
http://wp.me/pwo1E-4uY

By:
Anthony Domanico, IntoMobile – Friday, July 27th, 2012
http://www.intomobile.com/2012/07/27/idc-samsung-and-apple-responsible-50-phones-shipped-q2-2012/

_ into Mobile

The IDC have released their Q2 report on the mobile market, and it paints the same picture we’ve seen in quarters past. Mobile customers are adopting smartphones than feature phones en masse, with a 42% increase in smartphone sales year over year. Overall, more phones were sold in Q2 than ever before, with 406 million units sold in the quarter, representing a 1% increase from the previous quarter.

IDC はモバイル・マーケットに関する Q2 レポートを発表したが、そこに描かれる傾向は、これまでの四半期レポートに似通ったものとなっている。前年比で 42% の増加となったスマートフォンのシェアは、モバイル・ユーザーがフューチャーフォンから大挙して移動した結果である。 全体をみると、この Q2 に販売されたユニット数は 406 million を数え、Q1 に対して 1% の増加という、これまで記録を塗り替えるものとなっている。

When it came to manufacturers, Samsung and Apple continued their global domination, with the two companies combined representing nearly 50% (49.5%) of smartphones shipped in Q2. Samsung shipped a record 50.2 million smartphones devices in the quarter (up 172.8% from Q2 2011), thanks in large part to the release of the Galaxy S III flagship device and continued success with the Galaxy Note superphone, while Apple’s sales showed a more modest year over year growth of 27.5%, resulting in a net smartphone market share drop of 1.9%. Apple device shipments showed a decline from the previous quarter ahead of the Q4 launch of the next iPhone.

マニファクチャに目を転ずると、 Samsung と Apple の合計が 50%(49.5%)に達するという勢いであり、この二社が世界を支配し続けている。 Samsung は、この Q2 に 50.2 million のスマートフォンを販売するという、記録を打ち立てた( 2011 Q2 に対して 172.8% の増加)。 その要因となったのは、フラッグシップ・デバイスである Galaxy S III のリリースと、順調な販売を継続している Galaxy Note である。その一方で、Apple は前年比で 27.5% の成長を示したが、スマートフォン市場におけるシェアとしては 1% を失う結果となった。 Apple のデバイスは、Q1 と比較して低調であるが、次期 iPhone の発売が Q4 に予定されていることから、買い控えが生じた結果だと思われる。

Nokia continues to struggle in the smartphone market, with a sharp decline in smartphone shipments in the quarter due to declined sales of the company’s Symbian and MeeGo smartphones. While its Windows Phone sales nearly doubled from the previous quarter, the company’s year-over year shipments declined almost 40%. Windows Phone 8 is due out in Q4 2012, and the company hopes it will see strong gains in the important holiday sales season. HTC’s year over year shipments also showed sharp declines, though the company gained enough in Q2 to retake the number 4 spot from ZTE, sparked by sales of the HTC One Series of devices in the Asia/Pacific region.

Nokia は、Symbian と MeeGo を搭載するスマートフォンが衰退したことで、この Q2 におけるスマートフォン出荷数が急激に落ち込むという苦境にある。 また、Windows  Phone に関する販売量は、Q1 と比較して倍増しているが、全体でみると 40% を失う結果となった。 Windows  Phone 8は、2012年の Q4 に発売が予定されており、このクリスマス・シーズンにおける販売の伸びに、同社としては大きく期待しているはずだ。 HTC も、前年比では大きくシェアを落としているが、Asia/Pacific 地域における HTC One Series の販売が絶好調だったこともあり、ZTE から 4番手のポジションを取り返すことができた

Competition is expected to heat up in the coming quarters, with the next iPhone, Windows Phone 8, Android 4.1 Jelly Bean, and BlackBerry 10 all on the horizon. As it stands now, however, Samsung has many reasons to celebrate as they’ve managed to drum up a killer Q1, setting a smartphone shipment record along the way.

今後の Q3 と Q4 においても、さらに競合が激化していくと予想される。なぜなら、次期 iPhone および、Windows Phone 8、Android 4.1 Jelly Bean、BlackBerry 10 などが出そろうタイミングとなるからである。しかし、これまでと同様に、Samsung には好材料が揃っている。同社は Q1 に大躍進を果たし、販売記録を伸ばしているが、その勢いは衰えないだろう。

[via IDC, Engadget]

ーーーーー

imageSamsung に勢いがあるのは分かっていましたが、今年に入ってから、これ程までの成長を示しているとは思っていませんでした。 これから先は分かりませんが、わずか 1年の間に、四強時代から二強時代へと、マーケットが変化しているのは明らかですね。ーーー image

ーーーーー

<関連>

Google Drive/Dropbox/SkyDrive/Box の 比較テスト: 30 日間
IDC:データ分析市場は、2016年までに $51 B ビジネスに成長する
Web と jQuery のラブラブな関係を、いくつかのデータで証明する
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/6月
iGoogle がダメなら、NetVibes があるぜ! ただいま引越し中

iPhone のアクティベーション数が、Verizon と ATT で伸び悩んでいる

Posted in Apple, Mobile by Agile Cat on July 27, 2012

Both Verizon, AT&T see iPhone activations slip
http://wp.me/pwo1E-4uM

By
Erica Ogg Jul. 24, 2012
http://gigaom.com/apple/both-verizon-att-see-iphone-activations-slip/

_ Gigaom

AT&T just confirmed it’s seeing the same trend we saw with the iPhone and Verizon last week: iPhone activations lost momentum last quarter. In a note to clients, Wells Fargo analyst Maynard Um noted that it’s the second quarter in a row that AT&T’s iPhone activations have dropped.

AT&T においても、私たちが先週に iPhone と Verizon に見出したものと、同じ傾向が確認された。 つまり、iPhone のアクティベーション数が、この四半期(4月~6月)において、勢いを失っているのだ。Wells Fargo のアナリストである Maynard Um は、そのクライアントへのノートの中で、AT&T における iPhone アクティベーション数が、この Q2 において連続して下落していることを指摘した。

Um writes:

AT&T this morning reported that it activated 3.7 million iPhones in the June quarter (with 22% new to AT&T), down 14% [sequentially]. Verizon Wireless last week indicated it activated 2.7 million iPhones, down 15.6% [sequentially]. The two US operators’ activations combined were slightly below our expectations, accounting for 20.3% of our forecasted 31.5 million versus the March & December quarters where the two accounted for 21.4% and 32.1%, respectively.

Um は、以下のように記述している:

今朝の AT&T からのレポートによると、Q2 6月期ににおける iPhone のアクティベーション数は  3.7 million であり(AT&T への新規加入は 22%)、14% の下落[連続的]となっている。 同様に、先週に発表された、Verizon Wireless での iPhone アクティベーション数は 2.7 million であり、15.6% の下落[連続的]となる。 この、US 二大モバイル・オペレーターにおけるアクティベーション数は、31.5 million(全体?)に対する 20.3% というものであり、私たちの予測を少しだけ下まわっている。これまでの結果としては、2012年 Q1 が 21.4% であり、2011年 Q1 は 32.1% という数字を計上していたのだ。

So both Verizon and AT&T, Apple’s two top carriers in the U.S., still say that iPhones account for a majority of their smartphone activations each quarter, but their respective results show that the percentage is slipping from quarter to quarter since the iPhone 4S debuted last fall. And it’s not a huge mystery why.

Verizon と AT&T は、アメリカにおける Apple の二大キャリアであり、それぞれの四半期におけるスマートフォン・アクティベーション数では、依然として iPhone が大多数を占めると発言している。しかし、それぞれの結果は、昨秋に iPhone 4S がデビューして以来、そのパーセンテージが四半期ごとに低下している状況を示している。 そして、その理由に、それほどの謎は無い。

imageApple chooses to update the iPhone once a year, and that means it gets one gigantic bump in new iPhone activations every year. After a couple quarters that momentum will peter out,  especially when rumors of a new iPhone start to circulate widely — a phenomenon Apple executives pointed to during its October 2011 earnings call. While Apple competitors continue to introduce multiple models of smartphones each year, and thus can have somewhat more consistent momentum with carrier activations, Apple doesn’t. We saw this with a dropoff in iPhone purchases in the third quarter last year, and we’re seeing it again with its two major carriers here in the U.S. during the second quarter.

Apple の選択は、年に1回の iPhone のアップデートである。 そして、新しい iPhone が投入されたときに、アクティベーションの巨大な隆起を生じることになる。 そして、二度目の四半期が過ぎるころ、とりわけ、新しい iPhone のウワサが広がり始めるときに、その勢いも消え始める。 つまり、Apple の経営陣が、2011年 10月の収支報告会で示した現象である。 Apple のコンペティタたちが、新しいスマートフォンのモデルを何に何回も紹介し続け、また、キャリアにおけるアクティベーション数における一定の勢いを保っているが、それを Apple は行なわない。 昨年の Q3 においても、私たちは iPhone の販売量が低下するのを見ている。 そして再び、アメリカの二大キャリアのアクティベーション数が、Q2 で低下しているのを確認している。

Comparing the two operators’ performance this year to the same part of the sales cycle last year, however, paints a different picture. In the second quarter of 2011 — Verizon’s first full quarter of offering the iPhone — it activated 2.3 million units, meaning year-over-year Verizon’s iPhone sales increased 17 percent. AT&T also saw a slight year-over-year bump of 100,000 activations.

しかし、この二大オペレーターにおけるセールス・ライフ・サイクルを、昨年と今年で比較すると、異なる状況が浮かび上がってくる。 2011年の Q2 においては(Verizon が iPhone を提供した最初のフル四半期 )、2.3 million がアクティベートされていた。 つまり、Verison は前年比で 17% の上昇を見せている。そして、AT&Tは、前年比で僅かな落ち込みを見せているが、その差は 100,000 アクティベーションというものである。

But, as Um cautions, the carriers activation figures aren’t “necessarily a pure read to iPhone units,” since there are plenty of other carriers and sales outlets to consider.

しかし、Um が警告するのは、キャリアの言うアクティベーション数が、「必ずしも純粋な iPhone ユニット数」にならないという点である。なぜなら、他キャリアからの沢山のデバイスが、アウトレットとして販売されていると思われるからである。

Apple will give us a true picture of how the iPhone did during April, May and June when its quarterly earnings are released around 1:30 p.m. PT.

今日の 1:30 p.m. PT に、Apple は 4月/5月/6月における収益を、iPhone も含めて提供する予定である。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

image昨日にポストした「Apple の四半期決算 : 1700万台の iPad は新記録」にも書かれているように、iPhone はダウンで、iPad がアップの四半期だったようですね。 これは、新機種の投入時期も関係する、すでに織り込み済みの現象なのでしょう。いま、iPhone 4S を買うなら、もう少し我慢して iPhone 5 を待ちたくなりますよね :) ちなみに、Apple の収支報告書はコチラです。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

Mountain Lion を試したら、すでに Twitter 統合でコケていると?
なぜ アプリの開発は、最初が iPhone で、次に Android なのか?
iPad Mini は Nexus 7 のアドバンテージを払拭できるのか?
Apple Store 人気に便乗して、7.5% も売上を伸ばした Grand Central のテナント
NY の地下鉄では、スマホ・チケットの試みが始まるらしい

 

Twitter がダウンを連発 : 理由も分からないらしい

Posted in Social, Twitter by Agile Cat on July 27, 2012

Twitter users endured second major outage this summer
http://wp.me/pwo1E-4uE

Jul 26, 2012 – 9:00AM PT
http://gigaom.com/cloud/twitter-outage-makes-three/

_ Gigaom

Google Chat and Windows Azure outages are one thing. The latest Twitter meltdown, on the other hand, had Twitter addicts dealing with withdrawal. The site is back up, but still no word from Twitter on why the outage happened. Stay tuned.

Google  Chat と Windows Azure のダウンだけではなかった。 いま、起こっている Twitter のメルトダウンにより、Twitter 中毒者は退避のあおりを食らっている。 同サイトは停止しているが、このような状態に陥った理由について、Twitter からのコメントはない。 様子を見続けるしか無いだろう。

You could be forgiven for thinking the Internet was broken Thursday morning. Twitter went down as of 8:40 a.m. PST and news of that meltdown comes on the heels of high-profile outages of Google Chat and Windows Azure.

あなたは、このインターネットが木曜日の朝に壊れていたことを、仕方ないと思ったであろう。 Twitter は、8:40 a.m. PST にダウンした。 そして、Google Chat Windows Azure に続いて起こってしまった、このメルトダウンのニュースは、高い関心を集めることになった。

The only difference is that news of the Google and Microsoft snafus spread like wildfire on Twitter whereas there was no way to track the Twitter outage on, um, Twitter.

Google と Microsoft における大混乱のニュースは、Twitter 上で野火のように広まっていったが、Twitter 自身が止まってしまうと、そうならないことが唯一の違いである。う~ん。

Reached for comment, a Twitter spokeswoman said: “We’re aware of the issue and are looking into it. Will let you know when we have an update.”

Twitter のスポークスマンが、「この問題には気付いており、それを調査しているところだ。 なんらかの変化があれば、それをお伝えする」というコメントを発していた。

This outage, which surely has Twitter addicts (like say, myself)  in a panic, comes just a month after another outage rocked the popular social networking site in June.

このダウンにより Twitter 中毒者たちは(私も そう)、パニックへと確実に導かれる。この人気のソーシャル・ネットワーク・サイトは、ちょうど1ヶ月前の 6月にも、同じ状況に陥っていたのだ。

10:00 AM PST: Twitter appears to be staggering back, with Tweets getting through for a few users. The site Down Right Now continues to monitor Twitter’s outage.

10:00 AM PST: Twitter は不安定な状態となり、少数のユーザーのみがツイートできているようにみえる。 この Down Right Now サイトは、Twitter のモニタリングを継続している。

10:35 AM PST: Twitter finally appears to be back up for most users, although the company’s status blog still has no update on why the outage occurred.

10:35 AM PST: ついに Twitter は、大半のユーザーに対して停止するという状況になったが、依然として同社のブログには、その理由が示されていない。

ーーーーー

image昨夜は Twitter を触っていなかったので、まったく気付きませんでしたが、かなりの騒ぎになっていたのですね。 ちなみに、上記の Down Right Now を、日本時間の 6:30 ころに覗いてみたら、以下のような状態でした。 普通に動いているように思えるのですが、まだ、問題が解決していないのでしょうかね?

その一方で、Twitter サイトには、以下のようなメッセージが表示されています。これも今朝の 6:30 の情報なのでですが、Twitter によると、日本時間の深夜 1時ころには解決しているとのことです。 でも、理由は分かりません。

普段は、あまり意識していませんが、止まると困る空気のような存在の Twitter です。 がんばってくださ~い! ーーー image

ーーーーー

<追記>

Facebook トモダチの Kaori Kowada さんから、Twitter ブログに「Our apologies for today’s outage 」が掲載されたと、教えていただきました。 冗長化されているシステムが、同時に障害を起こしたとのことですが、オリムピック対策は進められていたはずなので、それが裏目に出たということなのでしょうかね? がんばって、このロンドンを乗り切って欲しいですね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

誕生日を迎えた Twitter と、Jack Dorsey による6年前の初ツイート
正確に言うと、Twitter はソーシャルじゃないんだ – Jack Dorsey
Twitter は Summify を買収して 5億ユーザーを目指す
Twitter が提供する、MySQL 関連のオープンソースとは
Twitter の広告収入が、2012年には 3倍の $400 Million に跳ね上がる<

 

Mountain Lion を試したら、すでに Twitter 統合でコケていると?

Posted in Apple, SOHO with Cloud by Agile Cat on July 26, 2012

I Already Have One Big Problem With Apple’s Mountain Lion
http://wp.me/pwo1E-4uq

Steve Kovach | Jul. 25, 2012
http://www.businessinsider.com/mountain-lion-twitter-notifications-2012-7

_ Business Insider

I’ve only been noodling around with Mountain Lion, Apple’s new operating system for Macs, for a few hours, so I don’t have a lot of deep thoughts on it yet.

まだ数時間しか、Apple が Mac 用にリリースした Mountain Lion を使っていないし、深く考えているわけでもない。  

But I am starting to pick out some major themes in Mountain Lion, such as its overall push towards a more iPhone/iPad-like interface.

しかし、iPhone/iPad のようなインタフェースに向かって、全体的なプッシュを行うという、Mountain Lion における重要なテーマを試し始めている。

Specifically, I’m thinking of the new Notifications Center, which stores updates from apps like Mail and Twitter in a handy toolbar that pops out from the right of your screen.

とりわけ、スクリーンの右側から飛び出てくる有用なツールバーに、Mail や Twitter などからのアップデートをストアする、新しい Notifications Center について考えているところだ。

Developers are supposed to be able to integrate their apps with Mountain Lion’s Notifications Center, just like they can on the iPhone or iPad. So far, it doesn’t seem like too many take advantage of it. (I’m sure that will change in the coming weeks.)

デベロッパーであれば、彼らが  iPhone iPad で行なっているように、そらのアプリケーションと、Mountain Lion の Notifications Center を統合できるはずだ。しかし、これまでのところ、さほど利用されているように思えない。 (でも、これからの数週間で変化すると確信している)

So here’s my problem: Twitter, which is built into Mountain Lion, doesn’t fully work with the Notifications Center. You can log in to Twitter through Mountain Lion’s system preferences, which lets you choose to get notifications for new mentions and direct messages. But when you click on a mention or DM, it takes you to Twitter.com instead of Twitter’s official apps for Mac: Twitter and TweetDeck. You don’t even have a choice.

ここが問題だ: Mountain Lion に組み込まれている Twitter は、Notifications Center との連携が完全ではないのだ。 あなたは、Mountain Lion のシステム・プリファレンスを介して Twitter にログインできる。そして、新しい Mentions と Direct Message に関するノーティフィケーションを受けるように設定できる。 しかし、受信した Mentions や Direct Message をクリックすると、Mac の オフシャル・アプリである Twitter や TweetDeck ではなく、Twitter.com へと飛ばされてしまう。 つまり、行先を選択できない状況にある。

I’m a big-time Twitter user, so I found it annoying that Mountain Lion’s integration with the service is only halfway there. You’d think that since Apple and Twitter are working so closely together on integration that Twitter’s app would be ready to go on launch day. (It was when Twitter integration launched in iOS 5, after all.)

こう言ってはなんだが、私はトップクラスの Twitter ユーザである。 したがって、このサービスと Mountain Lion の統合が中途半端なことに、イライラしてしまうのだ。 Apple と Twitter は、インテグレーションに関して密接に取り組んできたのだから、Mountain Lion のローンチに合わせて、しっかりと準備してきたと思うだろう。 (なんと言ったって、iOS 5 のローンチから、Twitter との統合は行なわれているのだから)

I’m sure the next update to Twitter’s app will fix the issue. In the meantime, the new Notifications Center is pretty useless for me.

次のアップデートにおいて、この Twitter アプリの問題をフィックスすると確信している。それまでの間、この新しい Notifications Center は、私にとっては役立たずである。

ーーーーー

image

Mac 使用歴が 1ヶ月ちょっとの、超ビギナー・ユーザーである Agile_Cat は、まずは周囲の先輩諸氏の動きをみて、その表情を観察しながら、ヌキ足 サシ足で進むのですが、今回の目玉とされる Notifications Center が、この体たらくとはガッカリです。 まぁ、新 OS については、のんびり、まったりで、いくことにします :) ーーー image

ーーーーー

<関連>

100% の再生エネルギーを目指す、Apple のデータセンター戦略
CloudOn 2.0 は、iPad に Microsoft Office を取り込んでしまうのだ!
iPhone のリピート・ユーザーは、どのくらいの比率なのか?
iPhone 5 と Galaxy S3 の対決は、街角のストアへと戦線を拡大する – from UK
AppMobi の狙いは、Mobile + OSS + HTML5 の惑星大直列なのだ!

 

%d bloggers like this: