Agile Cat — in the cloud

NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Government, OpenStack by Agile Cat on June 14, 2012

Did NASA ditch OpenStack for Amazon?
http://wp.me/pwo1E-4jB

By Barb Darrow Jun. 12, 2012
http://gigaom.com/cloud/did-nasa-ditch-openstack/

_ Gigaom

If folks were given to reading tea leaves, they might read a lot into a recent blog post by NASA CIO Linda Cureton in which she discussed IT reform at the U.S. space agency.

あなたが、茶葉占いばかりしている暇人なら、NASA 宇宙局の IT を刷新しようという、CIO の Linda Cureton のブログポストも読んでいるかもしれない。 

imageShe mentioned a few specific cloud computing efforts, including a project at the Jet Propulsion Laboratory that uploaded 250,000 photos of Mars onto Windows Azure, Microsoft’s cloud computing platform as a service. The resulting Be A Martian initiative served up more than 2.5 million data queries, “proving that the cloud can be a terrific way to reach and engage the public,” she wrote.

彼女は、いくつかのクラウド・コンピューティングへの取り組みについても言及したが、その中には、Microsoft の PaaS である Windows Azure に、火星を撮影した 250,000 の写真をアップロードした、Jet Propulsion Laboratory のプロジェクトも含まれている。この Be A Martian イニシアティブの結果として生じた 250 万回のクエリーは、「クラウドを介して、情報を大衆に届けることが、素晴らしい方法になり得ることの証明である」と、彼女のブログには書かれている。

She also said Amazon Web Services played a big role at NASA:

NASA shifted to a new web services model that uses Amazon Web Services for cloud-based enterprise infrastructure. This cloud-based model supports a wide variety of web applications and sites using an interoperable, standards-based, and secure environment while providing almost a million dollars in cost savings each year.

そして、彼女は、Amazon Web Services が NASA で大きな役割を果たしているとも書いている:

NASA は、クラウドベースのエンタープライズインフラに関して、Amazon Web Services を用いる、新しい Web サービスモデルにシフトした。
このクラウドベースのモデルは、インターオペラビリティ/スタンダードベース/セキュアな環境の上で、多種多様な Web アプリケーションとサイトをサポートしているが、その一方で、年間で約 100 万ドルのコストを低減している。

imageWhat she did not mention was anything about OpenStack, the infrastructure as a service platform that grew out of initial work by NASA and Rackspace. OpenStack is being pushed as an alternative to Amazon Web Services by several tech heavyweights including Hewlett-Packard, IBM, and Red Hat. This blog piqued my interest because, in late March, another NASA official said publicly that the agency is backing off additional OpenStack development.

彼女は、OpenStack について、それが NASA と Rackspace により立ち上げられ、巣立っていった IaaS であるにも関わらず、なにも言及していない。OpenStack は、Hewlett-Packard や IBM、Red Hat などを含む、大手テック・カンパニーにより、Amazon Web Services を置き換えるものとしてプッシュされている。3月の下旬に、別の NASA 当事者が、今後の OpenStack に関する開発から手を引くと発言しているだけに、このブログには興味をかきたてられる。

At the time of that earlier report, a NASA spokesman elaborated via email:

If NASA’s cloud computing requirements can be met through commercially available services, then it is not necessary for NASA to continue in a development role in cloud computing. NASA continues to have significant interest in using the OpenStack platform, and takes pride in the contributions made to the furthering of that technology area. Further OpenStack development is desirable and would increase the interest of commercial providers which ultimately benefits NASA and other seekers of cloud services.

以前にレポートが提供された時点で、NASA のスポークスマンはメールで詳細を説明している:

もし、NASA におけるクラウド・コンピューティングの要件が、商用サービスを介して満たされるなら、NASA がクラウド・コンピューティングの開発を担い続ける必要はなくなる。NASA は OpenStack プラットホームを利用することに、大きな興味を持ち続けており、また、テクノロジー・エリアを推進さたコントリビューションを誇りにしている。OpenStack に関しては、さらなる開発が望まれ、また、商用プロバイダの興味を惹きつけているため、究極的には NASA などのクラウド・サービスを追求する組織にとって、役立つものになっていくだろう。

So NASA was stepping back from development work, which made sense, but it could still be using OpenStack. Now, however, Cureton’s blog  –  which Amazon evangelist Jeff Barr highlighted on the AWS site –  raises questions about whether NASA is changing technology partners.  The space agency, after all, is undergoing a change of mission itself. I pinged NASA and OpenStack for comment Monday and will update this with their response.

しかし、いまになって、この  Cureton のブログである。 Amazon のエバンジェリストである Jeff Barr が AWS サイトで取り上げたからなのだろうか? NASA はテクノロジー・パートナーを取り替えたのかという疑問が湧いてくる。結局のところ、NASA は、自身のミッションを変えつつある。私は月曜日に、NASA と OpenStack にコメントを求めてみた。 なんらかの反応があったら、アップデートしていくつもりだ。

Feature photo courtesy of Flickr user jurvetson
Related research and analysis from GigaOM Pro:
Subscriber content. Sign up for a free trial.

    * Infrastructure Q1: IaaS Comes Down to Earth; Big Data Takes Flight
* A field guide to cloud computing: current trends, future opportunities
* Amazon’s DynamoDB: rattling the cloud market

ーーーーー

imageAWS ブログにおける Jeff Barr さんのポストは、6月11日「NASA Saves nearly $1M Per Year By Using AWS」です。文中でも指摘されているように、NASA の役割はクラウドの開発ではありません。 そう考えると、いつかは来る日が、現実に訪れたと捉えることができます。 そして、これからも、自身にとって最適なプラットフォームが見つかれば、また、移動していくのでしょう。 それが、クラウドの本質ともいえます。 --- image

ーーーーー

<関連>

CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _2
OpenStack Essex のコントリビューターたちに感謝! – including MIDOKURA

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. somebody said, on June 17, 2012 at 9:37 am

    reading tea leaves — 茶葉占い

    • agilecat.cloud said, on June 17, 2012 at 9:45 am

      有難うございます! 茶葉占いというのがあるとは、まったく知りませんでした。 これから直します。
      Agile_Cat


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: