Agile Cat — in the cloud

Microsoft は、クラウド・メインストリームに参入するのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Microsoft, Miscs by Agile Cat on June 11, 2012

Microsoft Joins The Cloud Mainstream
http://wp.me/pwo1E-4j3

June 8, 2012
http://seekingalpha.com/article/646791-microsoft-joins-the-cloud-mainstream

_ seeking alpha

While Oracle (ORCL) insists that a cloud is just Software as a Service, that it can indeed be proprietary and closed, that it’s not much different from old-fashioned enterprise computing, Microsoft (MSFT) is seeking to enter the cloud mainstream.

Oracle(ORCL) が主張するクラウドが単なる SaaS に過ぎず、実際にはプロプライエタリでクローズドなものに成り得るのに対して、つまり従来型のエンタープライズ・コンピューティングと大差がないのに対して、Microsoft(MSFT)はクラウドのメインストリームに参加しようとしている。

imageThe reason Microsoft was quietly running a Meet Azure webcast the same day Oracle was trotting out its cloud, assuring developers of their support for Linux and open source tools in its Infrastructure as a Service offering was because it has to.

Oracle が自身のクラウドを披露したのと同じ日に、Microsoft が静かに Meet Azure Web キャストを実施した理由は、 その IaaS における Linux と OSS ツールのサポートを、デベロッパーに対して保証することが、必須であった点にある。

The differentiation Microsoft wants to offer is enterprise surety. So it was important that CentOS, a small Linux vendor, announced at the event it would offer a Service Level Agreement for its software on Azure. Enterprise-quality support and enterprise-standard contracts are bound to be part of any successful pitch.

Microsoft が提供したいと望む別の切り口は、エンタープライズ・セキュリティにある。 したがって、そのイベントで、Azure 上のソフトウェアに SLA を提供したいと発表した、小規模 Linux ベンダーである CentOS が重要となってくる。 エンタープライズ品質のサポートと、エンタープライズ標準のコントラクトが、あらゆる成功モデルにおけるパートとして考慮されなければならない。

Microsoft first thought Azure would be a natural transition for its Windows-based enterprise clients. But many of those companies turned out to be more conservative than Microsoft thought. They didn’t move toward Amazon, but they didn’t move to Azure either.

最初に Microsoft が考えたことは、Windows ベースのエンタープライズ・クライアントにとって、Azure が自然な移行先になるというものだった。 しかし、顧客である企業は、Microsoft が考えたよりも保守的であることが分かった。それらの企業は、Amazon に近付くこともなく、また、Azure に移行することもなかった。

imageFor those companies that have embraced the cloud, concepts like commodity hardware and open source are basic to the decision. They want to build “hybrid clouds” in which work can move seamlessly from their own cloud-based systems to the public clouds of Amazon (AMZN), Rackspace (RAX) and others to achieve maximum bang for minimum buck.

それらの、クラウドを受け入れている企業にとっては、コモディティなハードウェアとオープンソースのようなコンセプトが、基本的な判断材料となる。 つまり、それらの企業は、自身のクラウド・システムから、Amazon や Rackspace のパブリック・クラウドへ向けたシームレスな移行を達成する、ハイブリッド・クラウドの構築を目指しているのだ。 そして、それにより、最大の費用対効果を得たいと望んでいる。

In short, for cloud buyers, cloud is a commodity. Amazon is the leading cloud vendor in part because it offers commodity pricing, even while cloud is a niche product. The ability of companies to move on-and-off the Amazon cloud is proven. The success of cloud-based, open source applications like Facebook is proven.

要するに、それらのクラウド購入者にとって、クラウドはコモディティなものとなる。 その点において、Amazon が主導的なクラウド・ベンダーとなっているのは、クラウドがニッチな製品であるにもかかわらず、コモディティな価格体系を提供しているからだ。 そして、顧客である企業の能力は、Amazon クラウドをオンデマンドで活用することで証明される。 また、Facebook のような、オープンソースによるクラウド・ベースのアプリケーションも、その成功を証明されている。

If Microsoft is to have any hope of competing in this new architecture, in other words, it has to join the cloud mainstream. The Meet Azure event was its assurance to customers that it has indeed done so, and that it will compete directly with Amazon on price and features.

もし Microsoft が、この新しいアーキテクチャ上での競合を望むなら、クラウドのメインストリームに参加しなければならない。 Meet Azure イベントの意味は、そこへの参加を顧客に対して約束するものである。そして、価格と機能という面で、Amazon とダイレクトに競合していくという、意志の表明でもある。

For customers this is great news. For Microsoft it’s a necessary step. For investors it means increased competition and the likelihood that they may have to wait a long time for cloud profits.

顧客にとって、この出来事は、すばらしいニュースである。 また、Microsoft にとっては、必要なステップである。 そして投資家にとっては、クラウドにおける競合の激化が生じ、そこからの利益の回収において、長期的な展望が必要となるという結果がもたらされる。

Disclosure:I am long AMZN, MSFT.

ーーーーー

imageこの件に関しては、「Linux Gambit on Azure は Microsoft に利益をもたらすのか?」というポストで以前にお知らせしました。そして、いま、以下の関連リンクに示されるように、GigaOM や ZDNet などを含む数多くのメディアが、この Linux シフトを報じています。 紆余曲折があって、ここに到達した Microsoft に、幸あれと願わずにはいられません。 --- image@Taipei

ーーーーー

<関連>

Microsoft paints Azure with open source brush
Microsoft Azure gets a big assist from small PaaS companies‎
Windows Azure re-imagined: Microsoft’s fit for the cloud
Competing Against Amazon, Microsoft Adds Linux Support to Windows Azure
Microsoft launches support for Linux on Windows Azure

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: