Agile Cat — in the cloud

Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?

Posted in .Selected, API, Google, Oracle, Patent by Agile Cat on June 4, 2012

Judge Sides With Google Over Oracle: APIs Were “Fair Use”
http://wp.me/pwo1E-4hd

By
Dan Rowinski / May 31, 2012
http://www.readwriteweb.com/mobile/2012/05/judge-sides-with-google-over-oracle-apis-were-fair-use.php

_ Read Write

Oracle has been dealt a final blow in its court case over the use of Java in Android. U.S. District Judge William Alsup dismissed Oracle’s copyright infringement claim, bringing to an end a dramatic court case that saw Google win in nearly every single important aspect. Oracle has said it will appeal.

Android の Java 利用に関する法廷では、結局のところ Oracle が打撃を受けるという結果に落ち着いた。 U.S. District Judge である William Alsup は、 Oracle からの著作権侵害に関するクレームを却下し、ほとんど全ての重要な局面で、Google 勝利を収めたように見えるというドラマチックな結末で、その法廷の幕を閉じた。しかし、Oracleは控訴するだろうと発言している。

The ruling over whether Google violated the structure, sequence and organization (SSO) of 37 copyrighted APIs fell to the hands of Judge Alsup after the jury came to an impasse during the copyright phase of the trial. The jury was asked to determine several questions concerning whether Google had copied code copyrighted by Oracle after it had acquired the Java programming language when it bought Sun Microsystems in 2010. The jury did not return a complete verdict, ruling that Google had copied the SSO of the 37 APIs but could not decide whether or not that was considered fair use.

この裁判の著作権に関する局面で、陪審員たちが手詰まりとなった後に、著作権が存在する 37 のAPI について、Google が SSO(structure, sequence and organization)に違反しているかという裁定が、Judge である Alsup の手に委ねられた。 陪審員たちが尋ねられたのは、2010年に Oracle が Sun Microsystems し買収し、Java プログラミング言語を取得した後に、その著作権つきのコードを、Google が模倣したかどうかという点である。 陪審員たちは、Google は 37 API の SSO をコピーしているとしたが、用法に関する正当性の有無は判断できないとして、完全な判決を下さなかった。

When viewed as a whole, Oracle lost every significant aspect of the case. The jury found that Google had not infringed on any of Oracle’s patents and was innocent on copyright violations except for nine lines of specific code out of the 15 million lines that constitute the Android mobile operating system. Oracle, which was rumored to be seeking billions of dollars from Google, will now likely only be awarded between $150,000 and $300,000 in statutory copyright damages.

その全体を俯瞰すると、この状況における全ての重要な局面を、Oracle が失っていることが分かる。 そして、陪審員の判断は、Google は Oracle のいずれの特許も侵害せず、また、Android モバイル OS構成する 1500ラインのコードの中の、特定された 9ラインのコード以外に、著作権上の違反がなかったと判定した。 Google から $Billions を取ろうとしていると、噂されていた Oracle であるが、今回に関しては法令に定められる著作権損害の規定により、$150,000 ~ $300,000 を得るだけであろう。

“The court’s decision upholds the principle that open and interoperable computer languages form an essential basis for software development. It’s a good day for collaboration and innovation,” Google said in an emailed statement to the Los Angeles Times.

「オープンでインターオペラブルなコンピュータ言語が、ソフトウェア開発における本質的な基底を形成するという原理を、この法廷は支持した。 それは、コラボレーションとイノベーションにとって、GOOD DAY である」と、Google は Los Angeles Times に対して、電子メールでステートメントを配信した

Oracle’s stance on the ruling is profound. While many have viewed the database company’s efforts as a pure money grab, Oracle is trying to present itself and the Java community as victims of what it implies is unabashed theft by Google. As a programming language, Java was created by Sun Microsystems in the 1990s as a way to “write once, run every” and designed to supersede the closed system created by Microsoft Windows. Oracle alleges that Google has violated the promise of Java and betrayed the entire development ecosystem that relies on the code.

この裁定については、Oracle のスタンスにも深みがある。このデータベース会社金のために頑張っていると、多くの人々がみなしているが、Oracle は自身の立場を明確にし、また、Google の恥知らずな盗みにより、Java コミュニティが犠牲になっていることを示したいだけだ。 プログラム言語としての Java が、「Write Once, Run Every」 というコンセプトのもとに、1990年代に Sun Microsystems により作成されたが、それは、Microsoft Windows のクローズドなシステムに取って代わためにデザインされている。 Oracle が主張したいのは、Google が Java の約束を破り、また、コードに根ざす開発エコシステムのすべてを裏切ったことである。

image“Oracle is committed to the protection of Java as both a valuable development platform and a valuable intellectual property asset. It will vigorously pursue an appeal of this decision in order to maintain that protection and to continue to support the broader Java community of over 9 million developers and countless law abiding enterprises. Google’s implementation of the accused APIs is not a free pass, since a license has always been required for an implementation of the Java Specification,” Oracle stated in am email to technology publication The Verge. “And the court’s reliance on ‘interoperability’ ignores the undisputed fact that Google deliberately eliminated interoperability between Android and all other Java platforms. Google’s implementation intentionally fragmented Java and broke the “write once, run anywhere” promise. This ruling, if permitted to stand, would undermine the protection for innovation and invention in the United States and make it far more difficult to defend intellectual property rights against companies anywhere in the world that simply takes them as their own.”

「Oracle は、貴重な開発プラットフォームとしての Java と、貴重な知的財産権として Java という、2つの側面での保護に忠実である。 今回の件は、900万人以上のデベロッパーと、法を遵守する無数の企業により構成される、広範囲におよぶ Java コミュニティを保護し、また、継続的にサポートしていくための、格好の判断材料を提供するだろう。 Google が責任を問われる API の実装は、無料のパスではない。 なぜなら、Java Specification を実装するには、常にライセンスが必要取れさるからだ。 Oracle は、テクニカル系出版社である The Verge に、メールで立場を伝えてある。 「そして、当法廷のインターオペラビリティへの依存は、Android と他の Java プラットフォームの間に存在すべきインターオペラビリティを、Google が意図的に削除したという、動かしがたい事実を無視している。 Google の実装は故意に Java を断片化するものであり、また、Write Once, Run Anywhere の約束を破るものである。 この裁定がまかり通るなら、アメリカにおける革新と発明の保護に、傷がつくことになるだろう。そして世界のいたるところで、自身のものとしてシンプルに、知的財産権を守ろうとしている企業の立場を、難しいものにしていくだろう」。

While Google’s victory in the case is a big win for the company and its Android platform, the legal proceedings are by no means over. Oracle’s eventual appeal will have legs based on both Judge Alsup’s ruling on the fair use aspect and the jury’s split decision over the most important copyright issues.

今回のケースで Google が勝ち得たものは、同社と Android プラットフォームにとって大きな勝利となるが、訴訟の手続きが終了したわけではない。 Oracle による最終控訴が、最も重要とされる著作権の問題に関して、Judge である Alsup が公正な用法であると裁決したこと、そして、陪審員の判断が割れたことに対して、何らかの巻き返しをもたらすかもしれない。

ーーーーー

TAG index昨年の今頃は、Android の特許をめぐる報道が花ざかりで、それこそ毎日のように Android 特許関連のニュースが飛び交っていました。 そして、以下の<関連>にあるように、Note および Motorola の買収で沈静化したように思われましたが、一連の訴訟と一線を隔てるのが、この Java の根本に関わる Oracle からの訴訟でした。 「 モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ! 」というポストでも、「現実の Google を見ると、法的に厳しい状況に追い込まれているのは、モバイル領域における Java の利用について、Oracle から告訴されているところだけとなる」 と紹介されていました。 Oracle は控訴するようですので、今後も目を離せませんね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google は $1 billion 近い金額を、破産申請中の Nortel 特許権に投入
Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?
Nortel 特許の売却 – アメリカとカナダの法廷が 6社連合に承認
Google は IBM から、1030 個の特許を取得する!
Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 – Forbes 速報

Linux Gambit on Azure は Microsoft に利益をもたらすのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Linux, Microsoft by Agile Cat on June 4, 2012

Will Microsoft’s Linux Gambit on Azure Pay Off?
http://wp.me/pwo1E-4h7

Mike Barton – May 30, 2012
http://www.wired.com/cloudline/2012/05/microsoft-bear-hug-linux/

_ Cloud Line

Yes, Microsoft will soon embrace Linux on its Windows Azure cloud, “reaching another milestone in its ongoing efforts to reinvent itself as a friend of open source software,” writes Wired Enterprise editor Cade Metz today.

Yes。 Microsoft は Windows Azure クラウドに、まもなく Linux を取り入れるだろう。 それは、「オープン・ソース・ソフトウェアの友人として自己改革する動きの、1つのマイルストーンに到達するもの」だと、Wired Enterprise 編集長 の Cade Metz は書いている。  

Microsoft’s Steve Ballmer once called Linux ‘a cancer.’ Now the company’s big cloud play is geared toward the open source OS. Will giving the people what they want work for Microsoft, or is it too late? Image: Microsoft Sweden/Flickr

かつて、Microsoft の Steve Ballmer は Linux のことを「癌」と呼んだ。 そして、いま、同社におけるクラウドのビッグ・プレーは、オープンソース OS に向けられる。Microsoft は、人々が欲するもの提供できるのか? それとも、遅すぎるのか? Image : Microsoft Sweden/ Flickr

The big deal: Linux virtual machines will retain data indefinitely, even after they’re rebooted — unlike now. “…That’s essential to businesses interested in running long-term applications,” Metz writes. And Azure’s new persistent VMs will also let users run Microsoft’s SQL Server or SharePoint Server or other applications that run atop these platforms.

大きな変化である。 つまり、これまでとは異なり、リブートされても残されるデータを、Linux 仮想マシンが永続的に維持するこのになる。 「それは、長期間にわたりアプリケーションを実行する、企業にとって欠かすことができないものである…」と、Metz は書いている。 この Azure の新しいパーシステント VM は、そのプラットフォーム上のユーザーたちに、Microsoft SQL Server や SharePoint Server だけではなく、その他のアプリケーションも実行させるだろう。

Perhaps a bigger deal for taking on Amazon Web Services — as is the goal here — reports say: “The company will likely unveil ‘Antares,’ a means of hosting web applications and websites on Azure. Apparently, Antares will also play nicely with open source software, letting developers and businesses host applications built with more than just standard Windows tools.”

おそらく、Amazon Web Services に追いつくための大きな変革であり、そこに目標があるとされる。具合的には、「Azure 上で Web サイトや Web アプリケーションをホストするための、”Antares”  を明らかにするだろう。 そして、Antares は、オープンソース・ソフトウェアと適切に協調し、デベロッパーと企業が構築するアプリケーションをホストしていく。つまり、標準的な Windows ツールだけの場合と比較して、より以上のビジネスが期待される」と、レポートされている。

What say you? Is this persistent-Linux bear hug — expected to be launched on June 7 — going to pay off, or is Microsoft too late to the game? Is Antares the bigger deal?

あなた、以下のように尋ねたいのだろう。 6月7日に立ち上げが予測されている、この Linux パーシスタトへの前向きな取り組みは、成果をあげられるだろうか? それとも、すでに Microsoft は、このゲームから取り残されてしまったのか? Antares は、大きな転換期をもたらすのか?

ーーーーー

TAG indexこの件は、Wired.jp でも「Windows AzureのLinux対応を進めるマイクロソフト」というタイトルで報道されています。また、The Next Web にも「Microsoft plans to “drive shared hosting to the next level” with project ‘Antares’」というポストがありました。All About Microsoft Microsoft to take the wraps off ‘Antares’ hosting, Linux VM for Windows Azure が話の出処なのでしょう。 どこまで信ぴょう性のある話なのか、いまの段階ではハッキリしませんが、かなり前から Ray Ozzie や Bob Muglia が望んでいたことを思うと、モッタイナイことをしてしまったと感じてしまいます。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft が OpenStack に参加する背景
Linux を Azure に! OSS のエキスパートを求める Microsoft
Microsoft が発表した、OSS ベースのクラウド・サービスとは?
Microsoft を去る Ray Ozzie へ、Steveb からのメール
Gartner : Ray Ozzie – Interview
Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?
Microsoft から Windows Azure アーキテクトが辞任する

 

%d bloggers like this: