Agile Cat — in the cloud

(=^・^=) 2012 年 6月の Top-30

Posted in Research by Agile Cat on June 30, 2012

今月から、こんなのを始めてみます・・・
http://wp.me/pwo1E-4n5

Agile_Cat_Loupe

WordPress の Admin ページには、期間を設定して、その間のトップ・ポストをリストアップするという、とても便利な機能が提供されています。 そこで、今月末から Top-30 を抜き出して、掲載してみることにしました。 1番は論外で、実質的には、① Google Compute Engine、② Facebook Folly、③ Google OpenFlow という順番なのだと思います。

Google I/O 2012 があったので、G 先生の 6月なのでしょう。 事前のリーク情報も含まれていますが、開催日が 6/27 6/28 だったことを考えると、かなり大きな反響があったことが分かります。 ほんの数日のうちに、それなりのポジションに、何本かのポストが昇ってきているのが確認できます。

ーーーーー

  1: Office 2010 で、メール添付ファイルが開けないという問題を解消するには

  2: Google が IaaS を立ちあげ、Amazon と Microsoft に挑んでいく

  3: Facebook の Folly は、宝石のような オープンソース C++ Libなのだ!

  4: Google の OpenFlow バックボーンは、どのように機能しているのか_1

  5: Amazon の Virginia DC がダウン: Quora や Heroku に影響が!

  6: Google Nexus 7 タブレットのスペックがリークされた!

  7: OneNote 2010 が Evernote に負けているのは ココだ!

  8: Microsoft が Yammer を買収: そして Salesforce の Chatter と対決!

  9: Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか?

10: NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?

11: グラフィカルな年表で、Apple の歴史を どうぞ

12: OpenFlow @ Interop 2012 のマトメ・ページ

13: 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/5月

14: Google I/O 2012 の Day 1 キーノートは、こんな感じ

15: iOS 6 の Passbook で空港での搭乗手続きもスマートに?

16: AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!

17: Facebook と Hadoop : どのように 100 Peta Byte ハンドリングするのか?

18: CloudOn 2.0 は、iPad に Microsoft Office を取り込んでしまうのだ!

19: Android の成長が鈍り、iPhone は好調を維持する、アメリカのスマホ市場

20: WebARENA Cloud9 のダウンを、報道するメディアと、報道しないメディア

21: Samsung Galaxy Tab 2 は Kindle Fire キラーになれるのか?

22: Nokia の CEO が、Windows Phone の不振を認める

23: Java と Android をめぐる Oracle と Google : API の適正な用法とは?

24: Acer の Android タブレットは、1920 x 1200 の 10.1 インチで勝負だ!

25: とても重要な NIST のクラウド定義:対訳

26: Apple が発表した、iOS6 の代表的な機能を整理する

27: iOS 6 の看板が、WWDC 会場に掲げられた!

28: Google Drive をめぐる特許問題と、その背景を考察する

29: LOVE iPad な国、世界の Top-10

30: クラウドを バッチリ測定する、Cloud Harmony とは?

ーーーーー

TAG index前々から、この Top-30 の構想はあり、1番のヒトが下がってきたら開始しようと思っていたのですが、ずっとトップに居座っているので、しびれを切らして今月から、というのが本音です。 まぁ、1つの歪現象として捉えています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/5月
2012/05 – みなさんは、どこを経由して Agile_Cat にたどり着くのか?

さぁ 夏だ! iPhone を持って 海に潜ろう

Posted in Mobile, Weekend by Agile Cat on June 30, 2012

7 Cool Waterproof Cases For Your iPhone And iPad
http://wp.me/pwo1E-4mT

Kevin Smith | Jun. 25, 2012
http://www.businessinsider.com/waterproof-iphone-and-ipad-cases-2012-6

_ Business Insider

Every mobile phone user has a fear of dropping their phone in water.

モバイルフォン・ユーザーは、それを水中に落としてしまうことを、誰だって怖がっている。

clip_image001Water damage can destroy your primary connection to the world and cost you a couple hundred bucks to fix or replace your gadget.

浸水によるダメージは、この世界にコネクトする、最重要のデバイスを壊してしまう。 そして、修理や交換には、何百ドルかの出費が伴う。

Keep your iPhone or iPad safe from water with these cases that protect as well as look good.

だから、夏の iPhoneiPad には、水から守るためのケースが必要になる。 しかも、カッコ良くなくては ダメなのである。

___space

ーーーーー

___space

1: Lifeproof Case

Lifeproof is an amazing case. It protects from several elements including water, snow, dirt, and shock. The best part about Lifeproof is its slim profile.

Lifeproof は脅威のケースだ。 水や、雪、埃、衝撃などから、あなたのデバイスを守ってくれる。 しかし、Lifeproof の最もイカしているところは、そのスリムなスタイルなのだ。

Price: $79.99

___space

2: Amphibian All Weather Case for iPhone 4

The Amphibian case waterproofs your phone, but makes it tough to use your touchscreen.  This waterproof case are confirmed by testing laboratory that has passed the IP68 test.

この Amphibian のケースは、あなたのデバイスを水から守るが、タッチスクリーンの使用感は、そのままだ。 このケースは、IP68 という耐水テストを、ラボにおいてクリアしている。

Price: $25.99

___space

3: Juicepack Pro

The Juicepack Pro is one of Mophie’s latest cases. It the shock-proof case also protects from rain, sand, and dust.

Juicepack Pro は、Mophie が提供する最新のケースである。

Juciepack Pro also provides extra battery life thanks to a massive add-on battery.

さらに、この Juciepack Pro では、エクストラのバッテリーが提供される。 この大容量バッテリーは、戸外での利用に最適だ。

Price: $129.95

___space

4: iPhone Scuba Suit

With the iPhone scuba suit you can take your phone up to 15 feet underwater without worry.

この iPhone スキューバ・スイートがあれば、15 feet の水深までに安心して潜れる。

A Gel screen cover allows your phone to be touch-sensitive underwater.

そして、スグレモノのジェル・スクリーンにより、水中でも変わらず、タッチ・スクリーンを利用できる。

Price: $60

___space

5: iPad Tank Case

This case cost nearly as much as the iPad itself, but it was designed to be used aboard boats.

このケースの価格は、iPad くらいに高額であるが、船上での利用に耐えるようデザインされている。

Moxiware calls this case the toughest you can buy because it uses U.S. Military Standard for materiel perfomance, protecting against dirt, drops, and just about any weather condition.

Moxiware によると、このケースは U.S. Military Standard に合致する、最もタフなものとなる。 埃や衝撃に耐え、あらゆる防水対策も施されている。

Price: $399.95

___space

6: The Case Marine, Gooma’s waterproof soft case

The Case Marine recently made its debut, but it’s only available in Japan at the moment. However, at just 0.25 mm thick, it’s the thinnest waterproof case for the iPhone.

このケースはデビューしたばかりであり、現在は日本のみで販売されている。 たった、0.25 mm 厚の、iPhone 用耐水ケースである。

___space

7: Joy Factory RainBallet, Rugged, Waterproof Case

The RainBallet surrounds your iPhone with waterproof protection.

この RainBallet は、あなたの iPhone を、あらゆる浸水から守る。

This case is certified to endure up to 30 minutes underwater without adverse effects, so it brings out the best of the your iPhone even when completely wet.

このケースは、30分間の水中での仕様にも耐え、いかなる問題も生じないと証明されている。 したがって、最もタフな条件で iPhone を使うときに、とても適した選択となる。

Price: $35.00

ーーーーー

水が嫌いな (=^・^=) 族にとって、とても理解できないプロダクトが並んでいますが、こんなものを欲しがる人間様も、また理解できない存在なのであります。 暑い夏の過ごし方は、風通しの良い日陰で、スマホを片手にノンビリと昼寝というのが、哺乳類の常識というものなのです ♫ ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

ついに出た! ネコ様用の iPad アプリ – Agile_Cat も嬉しい ニャ~~~
世界一の LipDub ビデオで Have a Nice Weekend!
iPad の説明するけぇ、よう聞きんさい
iOS 5 マジックは本物だ! – キミの勝ちだよ スティーブ
笑えます – Google 日本語入力の、ウルトラ変態変換能力

Tagged with: , , , ,

Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか?

Posted in .Selected, Events, Google, Network by Agile Cat on June 29, 2012

Here’s What We Know About Google’s New Amazon Cloud Killer
http://wp.me/pwo1E-4mC

Julie Bort | Jun. 28, 2012, 1:51 PM
http://www.businessinsider.com/google-just-officially-announced-its-amazon-killer-2012-6

_ Business Insider

As expected, Google just announced a cloud that will take on Amazon’s Web Service cloud head-to-head. Stay tuned. We’ll update with details as we get them. Here’s what we know so far. It is called Google Compute Engine.

予期されたように、 Google は Amazon Web Service と正面からぶつかり合うクラウドを発表した。 私たちの報道に注目して欲しい。 なんらかの詳細情報が手にはいるなら、継続してアップデートしていく。 以下は、これまでに分かったことである。

Like Amazon’s Web Service, it will let users run their own “virtual” computers — meaning you can manage your online servers just like they were real servers sitting next to you. That’s what Amazon does.

Amazon Web Service のように、このクラウドも、ユーザー自身の「仮想」コンピュータを実行させるものになるだろう。 つまり、あなたの手元にある現実のサーバーとまったく同じように、オンライン・サーバーを管理すること可能になる。 それは、Amazonが行なっていることである。そして、それは Google Compute Engine と呼ばれる。

It offer multiple ways to store data and it will let applicatons run really, really fast because it will use Google’s own global network. It is opened for limited beta right now.

そこでは、データをストアするための、複数の方式が提供される。 また、Google のグローバル・ネットワークを利用できるため、ユーザーのアプリケーションを極めて高速に実行させるだろう。 ベータに限定されているが、それが、いま、公開された。

Here’s it’s jab at Amazon… it will be cheaper and bigger. Google says it will offer “50% more power per dollar” – which is a fancy way of saying about 37% cheaper.

Amazon に対して、規模の経済というジャブが繰り出される。 Google は、「1ドルあたり、50% のパワーが上積みされるだろう」と発言している。 それは、37% も安価にサービスを提供できるという、洒落た言い方である。

This cloud is already running really big applications that use the equivalent of 10,000 computers. But it can go even more huge —  like 600,000 computers — basically a supercomputer.

このクラウドは、10,000 台のコンピュータに相当するリソースを用いて、大規模なアプリケーションを実際に走らせている。 そして、その規模は、さらに拡大することが可能だ。 たとえば、600,000 台のコンピュータというふうに、スーパー・コンピュータのようなものになっていく。

“You all have access to what we have internally to Google,” says vice president of Chrome at Google, Sundar Pichai.

「 それは、Google 内部で使用されているものであり、多くの人々が、すでにアクセスしているものだ 」と、Google の VP of Chromeである Sundar Pichai は発言している。

Google has been offering some cloud services for a while. App Engine let’s users upload their applications onto Google’s cloud. But App Engine hides all the hardware from the users. Google Compute Engine is new service is more of a direct competitor to Amazon.

Google は、これまでの数年において、いくつかのクラウド・サービスを提供してきた。 App Engine によりユーザーのアプリケーションを、Google のクラウドにアップロードさせてきた。 しかし、App Engine は、すべてのハードウェアをユーザーから見えなくしていた。 Google  Compute Engine は新しいサービスであり、また、Amazon とのダイレクトな競合を鮮明にするものである。

It’s going to be an attractive option for Web startups and enterprises alike. Most Web startups use Amazon but Amazon sometimes suffers from very public outages that can take them offline.

それは、Web スタートアップやエンタープライズにとって、魅力的な選択肢になるだろう。 大半の Web スタートアップが、Amazon を利用している。 しかし Amazon は、そのサービスをオフラインに陥らせる、停電に悩まされ続けている

ーーーーー

TAG indexこの情報も、怒涛の勢いで攻め続ける Google I/O からのものです。 文中にもありますが、Google グローバル・ネットワークによるアドバンテージは、どの程度のものになるのでしょうかね? とても気になります。 以下の <関連> にある、Google OpenFlow バックボーンに関するインタビューも、あわせてお読みください。 このところ、OpenFlow と SDN について発言を続けてきた Google ですが、それが Compute Engine の前ぶりだとしたら、とてもクールな戦略だと思います。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google が IaaS を立ちあげ、Amazon と Microsoft に挑んでいく
Google I/O 2012 の Day 1 キーノートは、こんな感じ
Google I/O 2012 の Day 2 キーノートは、Chrome と IaaS
Google の OpenFlow バックボーンは、どのように機能しているのか_1
Google の OpenFlow バックボーンは、どのように機能しているのか_2

 

Google I/O 2012 の Day 2 キーノートは、Chrome と IaaS

Posted in Events, Google by Agile Cat on June 29, 2012

Google Announces Chrome For iPhone, New Google Docs Features, And More!
http://wp.me/pwo1E-4mz

Steve Kovach | Jun. 28, 2012, 1:50 PM
http://www.businessinsider.com/google-io-day-2-keynote-live-blog-2012-6

_ Business Insider

ーーーーー

写真は、クリックで拡大します :)

ーーーーー

1:03 PM | "We are bout to begin, please take your seats…"

1:04 PM | Shockingly, Wi-Fi is holding up! For now…

1:06 PM | Ok, here we go!

1:07 PM | Vic Gundotra is on stage

1:10 PM | Now we’re going to talk Chrome.

1:12 PM | Chrome usage growing like crazy. There are now 310 million active Chrome users.

1:14 PM | Brian Rakowski is up to talk about Chrome on mobile devices.

1:20 PM | People have been asking to use Chrome on iPhone!

1:21 PM | Chrome launching today on iPhone.

1:22 PM | The iPad version is super pretty. Tabs look great.

1:28 PM | Now we’re talking about Google for business. Google docs, Drive, etc.

1:29 PM | Sorry, we lost wi-fi! Here are some pics…

1:30 PM | Clay Bavor, Google Apps boss on stage now

1:30 PM | Google drive coming to iOS and Chrome OS today

1:33 PM | Now demoing of Drive in Chrome OS.

1:41 PM | Now talking Chromebooks…

1:42 PM | Chromebooks available in Best Buy stores starting today. 100 retail stores.

1:43 PM | Urs Holzle, SVP of Technical Infrastructure is up

1:50 PM | Google annoucnes Google Compute Engine. Basically it does all the computing for your app in the cloud. It’s super powerful. This is a big deal for developers.

1:54 PM | Ok…enough about Compute Engine…moving on…

1:57 PM | Now we’re getting a demo of a streaming gaming service on Chrome. All done within the browser, streaming from the web. All the performance is handled in the cloud.

1:58 PM | 750 million Chrome apps installed so far.

2:00 PM | Now some people from Cirque du Soleil are up…interesting…

2:03 PM | You can move your body around and the app tracks you. It allows you to interact with the app. Sort of like Xbox Kinect.

2:03 PM | This is all done in HTML5. Super impressive.

2:04 PM | Really cool 3D effects. Hard to believe this is all done in a browser.

2:09 PM | Everyone in the building getting a Chromebox from Samsung!

2:10 PM | Oh wait. Sergey appearance.

2:10 PM | Sergey is on the roof, live feed from the roof of the convention center.

2:14 PM | Alright, people are gonna jump out of the blimp again.

2:18 PM | Jump! Everything is being recorded in Google+ Hangouts via Google Glass.

2:24 PM | Now we’re getting a tour of the roof of the convention center, for some reason. We really hope there’s a point to this.

ーーーーー

TAG indexいま、日本時間では 6月29日の朝 4時です。 今日の Day-2 キーノートはエンタープライズがテーマのようです。 Chrome の iOS がデビューし、Chrome OS を含めた マルチ・デバイス対応が強調されているようです。 それと、見逃してはならないのが、Google Compute Engine です。 ついに、Google の IaaS がオフィシャルにアナウンスされました。 詳細については、やはり BI の「 Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか? 」で説明されています。 今年の Google I/O は、とてもパワフルです! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google I/O 2012 の Day 1 キーノートは、こんな感じ
Google が IaaS を立ちあげ、Amazon と Microsoft に挑んでいく
Google Drive をめぐる特許問題と、その背景を考察する
New Chromebook と Chromebox を、Google と Samsung が発表!
世界の Top-100 サイトのうち、Google は 23 サイトを所有している
Chrome が IE を抜いて、世界の No.1 になったが・・・

 

Google の OpenFlow バックボーンは、どのように機能しているのか_2

Posted in Google, OpenFlow, SDN by Agile Cat on June 28, 2012

How Google’s OpenFlow backbone works
http://wp.me/pwo1E-4mm
By:
John Dix  On: 09 Jun 2012  For: Network World (U.S.)
http://www.itworldcanada.com/news/how-googles-openflow-backbone-works/145582

image

Using software-defined networking, the search engine giant gets close to 100 per cent utilization of its WAN links

Google は SDN により、その WAN 接続リソースを、100% に近いレベルで活用しているという。

ーーーーー

Google の OpenFlow バックボーンは、どのように機能しているのか_1

ーーーーー

● So you cut over this new network but didn’t take down the old one; what do you estimate the new network is accounting for in terms of your total inter-data center load?

この新しいネットワークをカット・オーバーしたわけだが、古いネットワークも保持している。データセンター間の全体的な負荷という観点で、この新しいネットワークを、どのように評価するのか?

Over a two-year period we have been shifting, incrementally, over to the new network, and it’s fair to say that a substantial majority of the traffic is now on the new network.

これまで、2年の期間をかけながら、新しいネットワークへと段階的に移行してきた。そして、公平に見て、いまでは大多数のトラフィックが、新しいネットワーク上に移り住んでいる。

● Was OpenFlow fully baked as you were implementing it, or did you have to improvise a lot?

OpenFlow を実装していたとき、その仕上がり具合はどうだったのだろう? 間に合わせて対処しなければならない点が、数多くあったのだろうか?

We had to improvise. OpenFlow is standardizing the interface, and I think this is very important for the community. So what OpenFlow and software-defined networking really enables us to do is separate the evolution path for hardware and software. In other words, you can get the hardware that meets your needs and separate that from the software that meets your needs for a particular deployment. Historically, those two things have been wedded together.

いろいろと、やるべきことがあった。 OpenFlow はインタフェースを標準化しているが、そのことは、コミュニティにとって最も重要だと思う。 つまり、OpenFlow と SDN が、私たちに提供する本質とは、ハードウェアとソフトウェアのための進化の経路を切り離すことである。言い換えれば、ニーズを満たすハードウェアの入手が可能となり、また、個々のディプロイメントに対応するソフトウェアから、それを分離できるようになった。 歴史的にみて、この 2つのものを、切り離せないでいた。

So from an OpenFlow standardization perspective, it’s very, very important to have hardware that can interoperate with a variety of software controllers. From our side, since we’re building our own hardware, that was less important. But we definitely had to improvise, and certainly the OpenFlow standard has evolved and we’ve had to be nimble with that internally.

したがって、OpenFlow における標準化の観点から、さまざまなソフトウェア・コントローラーとのインターオペラビリティを実現する、ハードウェアを有することが重要になってくる。自身でハードウェアを作っている私たちにとって、この件は、それほど重要でなかった。 しかし、いろいろと実施すべきことがあった。つまり、確実に進化している OpenFlow スタンダードに、迅速に対応しなければならなかった。

Did you have any setbacks of note?

副作用に関する注意点はあるのか?

I think Urs Hölzle [senior vice president of technical infrastructure and Google Fellow] said it best when he said it actually has gone more smoothly than he expected with less down time. The main issues we ran into from an OpenFlow perspective is the first version doesn’t fully allow you to take advantage of all of the hardware capabilities in modern switch silicon in an easy way. That’s not to say it’s not possible, it’s just not easy. So we have to do some work to get around some of those mismatches and, if you will, interface them. But this is now substantially improved from the OpenFlow standard perspective.

ダウンタイムの低減というより、スムースな運用に論点があると発言した、Urs Holzle [Senior Vice President of Technical Infrastructure and Google Fellow ]の言葉が、最もよく言い表していると、私は思う。 OpenFlow の展望に取り組み始めたときの、最初のバージョンにおける主要な問題は、最新のスイッチ・シリコンによるハードウェアの全能力を、容易に利用できない点にあった。 不可能だったとは言わないが、容易ではなかったのだ。 したがって、このミスマッチを取り除くために、いくつかの作業が必要になった。 いうなれば、インターフェイスに関連するものだ。しかし、それらの問題は、いまでは OpenFlow 標準の観点から、大幅に改善されている。

● How far away is OpenFlow from being fully baked?

OpenFlow が完全なものになるには、どれくらいの時間が必要になるのか?

I think it’s going to be a multi-year process, but the message we want to send is it’s at a point now where it’s incredibly useful and can deliver substantial benefits in a variety of settings.

長年にわたるプロセスが必要になると思うが、現時点で私たちが伝えたいメッセージは、多様なセッティングにおいて、驚くほど有用であり、また、多大なメリットをもたらすことである。

● Given the advantages, do you expect to see service providers move to OpenFlow?

アドバンテージが提供されるなら、サービス・プロバイダーたちは OpenFlow に移行していくと予測するか?

Well, we certainly hope so. What we’re hearing from the large service providers is that it is difficult to scale and make money. With OpenFlow I think we’ve demonstrated how to make your network much, much more efficient.

そうなることを、たしかに期待している。 大手のサービス・プロバイダーたちから聞いていることは、スケーリングと収益性に関する難しさである。 OpenFlow を用いることで、各種ネットワークの効率を大幅に高められることを、私たちは例証してきたと捉えている。

● What are the next steps?

次のステップは?

The whole industry is just getting going. I think five years from now we’re going to be able to look back with some sense of accomplishment. But we have the baseline for introducing new functionality and now we can do that much more rapidly than we could have otherwise. So for example, we have made the first steps in our optimization algorithms for managing traffic, but now we can deploy a whole range of new, more advanced optimization techniques. But at a technical level, we need to tighten the control loop. Today the time to measure, react and reprogram is a big challenge in software-defined networking overall because many of these software and hardware components weren’t designed for having a tight control loop. So we have to address that.

この業界全体が、淡々と前進している。 いまから 5年も経てば、いくつかの達成感が得られ、また、過去を振り返られると思っている。 しかし、新しい機能の導入に際して有用な、ベースラインになるものを、私たちは持っている。 そして、これまでと比較して、ずっと素早く、それらに対処できるようになった。 たとえば、トラフィックの管理において、私たちは第一歩となる最適化のアルゴリズムを持っている。 しかし、いまでは、全体をスコープとして最適化させていく、より進化したテクニックを有している。 ただし、テクニカルなレベルにおいて、コントロール・ループを引き締めていく必要がある。 現時点で進められている測定/対処/再プログラムは、SDN 全体における大きなチャレンジである。なぜなら、ソフトウェアとハードウェアにおける大半のコンポーネントが、タイトなコントロール・ループを持つようにデザインされていないからだ。 したがって、私たちは、それに取り組まなければならない。

● Is your network controlled from a single NOC(Network Operations Center)?

単一の NOC(Network Operations Center) から、ネットワークをコントロールするのか?

No, it is replicated and distributed for fault tolerance. And again, from a community perspective and certainly from our own perspective, coming up with the right software architectures to have in an SDN paradigm, replicated distributed control is fundamental. And getting that right in a repeatable way will be a very important challenge for the community in the next few years.

いや、フォールト・トレランスのために分散され、リプリケートされる。 繰り返しになるが、コミュニティの観点からして、また、私たちの観点からして、的確に SDN パラダイムを取り込んだソフトウェアのアーキテクチャが考案されていくが、そこでも、分散とリプリケーションのコントロールが基本となる。 そして、今後の数年においては、優れたリプリケーション方式の実現が、コミュニティにとって最重要のチャレンジになるだろう。

● Anything that we didn’t touch on that you think is important to get out?

あなたが重要と考え、また、私が見落としているものは?

One of the key points here is that the Internet has been remarkably successful and really couldn’t have gotten to the point that it’s gotten to without fully decentralized control and operation. But for it to get to the next level it does require logically centralized control. In other words, logical centralization can be fundamentally more efficient. We have built these amazing protocols over a 40-year period and now we’re essentially transitioning to maybe the next step in the Internet’s growth.

ここでキー・ポイントすべきものは、これまでのインターネットが、驚くほどの成功を収めている点に集約される。 それは、完全に分散された制御と管理がなければ、達成し得なかったものである。 しかし、次のレベルに達するためには、論理的なセンタライズが必要となってくる。 言い換えれば、論理的なセンタライズは、基本的ところで、より効率の良いものになり得る。 私たちは 40年の歳月をかけて、一連の驚くべきプロトコルを構築してきた。 そして、いま、インターネットの成長における次期ステップへと、本質的な意味で移行しているのだと思う。

<終わり>

ーーーーー

TAG indexOpenFlow から SDN へと向けて、Amin Vahdat さんの話し方が、だんだんと変化しているようにも思えます。 論理的なセンタライズという観念について、今後も語ってくれると良いですね。 今年の 1月にポストした、「OpenStack における SDN コネクションを探求する」という抄訳では、「SDN 構築を実現するためのテクノロジーの 1つが、OpenFlowである」と説明されています。 来週は、VMware が OpenFlow と SDN について語る、「VMware networking CTO on OpenFlow」の抄訳を予定しています。 Google との温度差が、とても興味深いです。 ご期待ください。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google の OpenFlow バックボーンは、どのように機能しているのか_1
ーーーーー
Google 先生の OpenFlow 講座 – DC 間接続を低コストで達成するには
Google と OpenFlow と SDN について本音を語ろう – Urs Holzle
OpenFlow @ Interop 2012 のマトメ・ページ
Google が IaaS を立ちあげ、Amazon と Microsoft に挑んでいく

Google I/O 2012 の Day 1 キーノートは、こんな感じ

Posted in Events, Google by Agile Cat on June 28, 2012

Google Shows Off New Tablet, New Version Of Android, And Google Glass
http://wp.me/pwo1E-4mh
Steve Kovach | Jun. 27, 2012, 12:29 PM
http://www.businessinsider.com/google-io-keynote-live-blog-2012-6

_ Business Insider

ーーーーー

写真は、クリックで拡大します :)

ーーーーー

12:36 PM | Getting started!

12:44 PM | 400 million Android activations to date.

12:44 PM | Today announcing Android 4.1 Jelly Bean, the new version of Android.

12:45 PM | Jelly Bean will have better touch response than older versions.

12:50 PM | Text input is better. You can also do text input by voice if you’re offline.

12:59 PM | Now we’re looking at a Siri clone.

1:07 PM | Jelly Bean rolling out to Galaxy Nexus, Nexus S, Xoom in mid-July.

1:11 PM | Now we’re talking about Google Play apps

1:15 PM | More content coming to Google Play. Movies are now available for sale. TV shows coming too. You can purchase episodes or entire seasons.

1:15 PM | Big names for Google Play: Disney, Sony, Bravo, NBC, etc.

1:16 PM | Magazines coming to Google Play. Subscriptions or single issues. 14-day free trials on some publications.

1:16 PM | Now we’re talking tabets.

1:17 PM | Partnered with Asus

1:17 PM | Today we’re introducing Nexus 7. 7-inch tablet built for Google Play. Running Jelly Bean. Display: 1280 X 800 hd display.  Tegra 3 chip. quad-core cpu. 12 core GPU.  Wi-Fi, bluetooth, NFC, accelerometer. 9 hrs of video playback. 300 hours standby. Weighs 340 grams.

1:25 PM | Chrome is the standard, default browser!

1:35 PM | Nexus Q is a tiny Android-powered device. It looks like a little sphere.

1:36 PM | Plugs into speakers and TV in your home. Lets you stream music and video. Controlled by Android phone or tabet. Nexus Q pulls content from Google Play. This is essentially an Apple TV clone.

1:38 PM | Wi-Fi, NFC, Ethernet, and Bluetooth. Also has ports for "hackability." Developers in the room clap at that one.

1:48 PM | Tomorrow is the 1st birthday of Google+

1:52 PM | Google+ usage stats 250 million accounts, 150 million active users, 50% sign in daily

2:06 PM | Sergey runs on stage! He’s wearing Google glass!

2:10 PM | The idea with this demo is to share what you’re doing live with others.

2:13 PM | Successful landing on the Moscone Center! Very neat. And over the top.

2:19 PM | Google Glass has GPS, gyroscopes, etc. The project started 2.5 years ago.

2:35 PM | Developers are going nuts. They want this.  Only U.S.-based IO attendies can get it. Costs $1,500.

2:36 PM | Ships early next year.

2:41 PM | Everyone gets Galaxy Nexus phone.  And a nexus 7 tablet!!!  And a nexus Q!

ーーーーー

TAG indexいま、日本時間では 6月28日の朝 5時です。 ちょうど、Google I/O 2012 Day 1 のキーノートが終わったところです。 なにか、良いマトメがあればと探したところ、Business Insider で写真入りのログが見つかりました。 その中から、キーワードを抜粋したのが上記です。 参加者には、Nexus Phone と Nexus 7 Tablet と Nexus Q が配られるみたいです。 いいなぁ ~~~ :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google Nexus 7 タブレットのスペックがリークされた!
Acer の Android タブレットは、1920 x 1200 の 10.1 インチで勝負だ!
Ice Cream Sandwich の比率が、全 Android の 7.1% になった
Google と PayPal の オサイフ携帯レースが、海の向こうで始まったようだが
New Chromebook と Chromebox を、Google と Samsung が発表!

 

Azure の OSS デベロッパーも Github が好きなんだ

Posted in Businesses, Microsoft by Agile Cat on June 27, 2012

Majority of Open Source Azure Cloud Projects, Hosted on Github
http://wp.me/pwo1E-4m6

By Sean Michael Kerner   |    June 08, 2012
http://www.internetnews.com/blog/skerner/majority-of-open-source-azure-cloud-projects-hosted-on-github.html

image

From the ‘Everyone but Linus Torvalds Loves Github’ files:

誰あろう、Linus Torvalds も Github が好きなんだ:

No Azure is not open source, though there is a growing ecosystem of open source developers that are building projects. New data from Black Duck that was provided to InternetNews sheds some really interesting light on the state of open source cloud development projects.

オープンソースのデベロッパー・エコシステムが成長し、数々のプロジェクトを構築しているが、Azure はオープンソースではない、という訳でもない。Black Duck から InternetNews に提供された新しいデータが、オープンソースによるクラウドの開発プロジェクトに、きわめて興味深いスポットライトを当てている。

black-duckAccording to the data, derived from Black Duck’s knowledge based that collects data from the major open source repos, there are some 2,187 open source cloud projects. Amazon represents 44 percent of them, Azure 36 percent, Rackspace comes in at 13 percent and Force.com rounds out the list at 7 percent.

主要なオープンソース・リポジトリから収集された、Black Duck のナレッジ・ベースによると、現時点で 2,187 のオープンソース・クラウド・プロジェクトが存在している。 そして、Amazon が 44% を占め、Azure が 36%、Rackspace が 13%、Force.com が 7% を占めるという構成になっている。

For Azure, 56 percent of projects are hosted on Github, 42 percent on Microsoft’s own Codeplex and 2 percent on Sourceforge. I personally would suspect that Microsoft is the leading contributor to Codeplex while everyone else is going to Github.

さらに、Azure のプロジェクトを分析すると、その 56% が Github にホストされ、42% が Microsoft の Codeplex、2% が Sourceforge という構成になっている。 個人的な推測だが、Codeplex における主導的なコントリビュータは Microsoft であり、その他大勢は Github にコントリビュートしている状況にあると思う。

imageFrom a licensing perspective, Azure or otherwise, Black Duck has not yet broken down the projects by license, but that’s something that I’d like to see. I’d bet that Apache 2.0 dominates.

ライセンス形態という視点では、Azure を含む全プロジェクトに関して、Black Duck は分析を完了していない。それは、私が知りたいデータであるが、まぁ、Apache 2 が大多数を占めると確言している。

Overall, Dave Gruber, Director of Developer Marketing at Black Duck told me that it’s clear that Github is the favored open source repository for cloud development project based on his data. For me, it’s clear at this point that the vast majority of new open source efforts are headed to Github as well.

Black Duck の Director of Developer Marketing である Dave Gruber が、自身のデータを用いてクラウド開発プロジェクトを分析したところ、明らかに人気を集めているオープンソース・リポジトリは Github のようだ。 私から見ると、新規のオープンソース・プロジェクトにおいても、その大多数が Github に向かっていることが、現時点で明らかにされているはずだ。

Sean Michael Kerner is a senior editor at InternetNews.com, the news service of the IT Business Edge Network, the network for technology professionals Follow him on Twitter @TechJournalist.

ーーーーー

TAG indexこれまでの、Windows only Azure においても、たくさんの OSS プロジェクトがあり、また、Codeplex にホストされていたと記憶しています。 そして、Linux も対象とする Microsoft Azure へと、大きく舵が切られたわけであり、そのポジション取りに注目が集まっているのだと思います。 6月29日に開催される Go Azure では、丸山先生が 「マイクロソフトは本当にオープン ソースに対してオープンか? 」というタイトルで講演されるそうです。 ほんと、そこが、とっても気になるのです。ーーー image

ーーーーー

<関連>

OSS のスキルは、エンジニアの人生を豊かにする
Microsoft は、クラウド・メインストリームに参入するのか?
Linux Gambit on Azure は Microsoft に利益をもたらすのか?
Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!
Bing API は Azure Marketplace に移行した後に有償化されるのか?

Web と jQuery のラブラブな関係を、いくつかのデータで証明する

Posted in .Selected, API, HTML5, Network, Research by Agile Cat on June 27, 2012

The Web loves jQuery, and here are the numbers to prove it
http://wp.me/pwo1E-4m0

Posted in
Main on June 20th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/06/20/jquery-numbers/

_ pingdom

We’re big fans of the JavaScript library jQuery, and it appears we are far from alone. As of June this year it’s used by 54.7% of the top 10,000 websites in the world. That’s a massive endorsement by the world’s web developers. It’s also a significant step forward from two years ago, when 28% of the sites used jQuery.

私たちは、JavaScript ライブラリである jQuery の大ファンだが、だからと言って変わり者ではないようだ。 今年の 6月時点において、世界の Top-10,000 Web サイトの 54.7% で、jQuery は使われている。 それは、世界中の Web デベロッパーから、大きな支持を受けていることの証だ。 そして、2年前には 28% のサイトだけが jQuery を使っていたことを考えると、そこには大きな前進がある。

This kind of widespread adoption is rare for JavaScript libraries, perhaps unprecedented. And jQuery hasn’t been around all that long; John Resig released the first version in 2006. It’s clearly another win for the use of open source software on the Web. Even Microsoft has embraced jQuery and is one of its supporters.

JavaScript ライブラリにおいて、この種の広範囲におよぶ適用は稀であり、おそらく前例もない。 そして jQuery は、それほど昔からあるわけではない。 John Resig が最初のバージョンをリリースしたのは、2006 年のことである。 さらに、Web におけるオープンソース・ソフトウェアの利用という面でも、明らかに 1つの勝利を収めている。 たとえば、Microsoft でさえ jQuery を取り入れ、また、支援しているのである。

Analyzing jQuery usage among the top sites

While we did the research for this post, we also looked at how popular jQuery is among the top 1,000 and top 100 websites in the world, to give some added perspective.

このポストのための調査に際し、世界の Top-1000 および Top-100 サイトにおける jQuery の人気にも注目してみた。 それにより、いくつかの別の視点が開けてきた。

クリックで拡大 ⇒

The jQuery usage among the top 100 sites would probably be a bit higher if Google weren’t behind such a big portion of them. Google owns one in five of the top 100 sites, and those sites don’t use jQuery. This in all likelihood skews the number a bit.

もし Google が、一連のサイトの後ろ盾になっていなければ、Top-100 サイトにおける jQuery 利用度は、若干ではあるが上昇していると思われる。 Google は Top-100 サイトのうちの 1/5 を所有しており、それらのサイトは jQuery を使っていない。 このことが、少し数を歪めていると思える。

Big sites that use jQuery

There are literally thousands of big sites that use jQuery, but a few examples are in order. So, here is a selection of some of the world’s biggest sites, all using jQuery:

jQuery を利用する大規模サイトは、文字どおり 何千とある。 その中から、順番に並べてみたので、以下は jQuery を用いる世界の大規模サイトの一覧となる:

WordPress.com, Pinterest, Reddit, MSN.com, WordPress.org, Amazon, Yandex, Microsoft.com, GO.com, Ask.com, ESPN, Craigslist, About.com, Go Daddy, Stack Overflow, Huffington Post, Instagram, Slideshare, Fox News, The Guardian, Etsy, LiveJournal, Weather.com and many, many more.

The most popular CDN for jQuery

Both Google, Microsoft and Media Temple have generously provided CDNs (content delivery networks) that site owners can freely use when they include jQuery on their sites. Site owners can of course elect to host the script(s) themselves as well.

Google および、MicrosoftMedia Templeは、対象となるサイトが jQuery を含んでいるときには、その CDN(Content Delivery Networks)を自由に使わせている。 しかし、それらのサイトの所有者自身が、スクリプトのホストとして選出されることも、もちろん有り得る。

So which jQuery hosting option is the most popular? Some additional analysis gave us the following result.

したがって、その jQuery ホスティング・オプションが、最も人気を集めているのかが分かる。 いくつかの追加の分析を行い、以下の結果を得ることになった。

クリックで拡大 ⇒

It should be mentioned that there is a certain amount of overlap in CDN usage. Almost half of the sites that use Microsoft’s CDN also use Google’s, for example.

このデータは、CDN 利用量に対して、ある程度の重複が見られるはずである。仮に、それらの jQuery サイトの半数が Microsoft の CDN を使うなら、Google を使うケースも半分になる。

It appears that the Google Ajax API CDN is by far the most popular CDN among web developers. A full 25.4% of sites that use jQuery include the script from Google’s CDN.

しかし、Google Ajax API CDN が、他の CDN サイトとの比較において、Web デベロッパーには最も人気の CDN であるように思える。 jQuery を使用するサイトの 25.4% が、Google の CDN からスクリプト提供されている。

The other two CDNs listed on jQuery’s site don’t even come close. There are 35 times as many sites using Google’s CDN as Microsoft’s. Media Temple’s jQuery CDN doesn’t fare much better; 23 times as many sites use Google’s CDN. Google’s dominance is quite complete here.

jQuery サイト上にリストアップされた、2つの CDN は大きく引き離されている。Google の CDN を利用するサイトは、Microsoft との比較において 35倍の量となる。  Media Temple の jQuery CDN も、上手く行っているようには思えない。 Google の CDN を使うサイトは、同社の 23倍となる。  ここでの Google の優位性は、きわめて完璧なものとなる。

That said, the majority of the sites with jQuery don’t use any of these three CDNs. Either they are using a different CDN, or host it themselves (the latter being more likely for most sites).

そして、このデータが示すのは、大半の jQuery サイトが、これら 3つの CDN を使っていないことである。それらのサイトは、他の CDN を使うか、自身でスクリプトをホストしていることになる(後者のほうが多いだろう)。

Conclusion

JQuery is in excellent health. It has powerful backers and contributors and a lively developer community. The popularity of jQuery has kept growing over the years, and deservedly so. We are proud to be one of the project sponsors.

jQuery の人気は、この数年にわたり上昇し続けており、そのことは賞賛されるべきである。そして、私たちは、このプロジェクトのスポンサーの 1人であることを、誇りに思っている。

We hope to revisit this post a year or so from now. Where do you think jQuery adoption will be by then? Judging by these numbers, it certainly isn’t likely to go down anytime soon.

いまから 1年後を目処に、これと同じ視点でポストしたいと望んでいる。jQuery 適用率は、その時に、どうなっているとだろう? 一連の値から判断すると、近々に下降してしまう可能性は、きわめて低いと思われる。

Methodology: We downloaded the HTML code for the top 10k websites in the world, according to Alexa (on June 19, 2012), and scanned for any variation of jQuery script inclusion. We only tested the homepages, i.e. the initial page you get when you visit a site.

ーーーーー

TAG indexそれにしても、モテモテの jQuery さんですね。 先月に、「 JavaScript が 年間 48% のペースで肥大化している 」という抄訳をポストしましたが、その背景には jQuery の存在があるのかも知れません。 そして、jQuery と CDN の関係も興味深いですね。 いろいろな意味で、いまのテクノロジーとの親和性に、jQuery の魅力が集約されているに思えてきます。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドを バッチリ測定する、Cloud Harmony とは?
調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める
アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
OpenLogic のスキャン調査によると、オープンソースが 730% も増えているらしい

%d bloggers like this: