Agile Cat — in the cloud

CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1

Posted in .Selected, Cloud Stack, OpenStack by Agile Cat on May 22, 2012

CloudStack Vs. OpenStack Debate Rages
http://wp.me/pwo1E-4eF
Charles Babcock | April 18, 2012
http://www.informationweek.com/news/cloud-computing/infrastructure/232900502

_ Information week

Cloudscaling CTO Randy Bias jumps into fray, but does it really matter which private cloud open source code is the most “Amazon like”?

Cloudscaling の CTO である Randy Bias が、オープンソースのプライベート・クラウドにとって、ほんとうに「Amazon ライク」であることが重要なのかと、論戦を挑む。

ーーーーー

Cloudscaling CTO Randy Bias posted an insightful blog April 7 on GigaOm about the CloudStack project established at the Apache Software Foundation last week. Some CloudStack proponents, in the process of lauding its merits, denigrated an existing open source project, OpenStack.

4月7日の GigaOm で、Cloudscaling CTO である Randy Bias は、先週に設立された Apache Software Foundation の CloudStack プロジェクトについて、洞察に富んだブログをポストしている。そして、何人かの CloudStack 提案者は、その長所を称賛するプロセスにおいて、既存のオープンソース・プロジェクトである OpenStack を、過小評価している。

Bias is an OpenStack advocate, and his detailed take on Citrix Systems’ CloudStack move had just the right cadence, a measured response by someone who knows both systems well.

Bias は OpenStack 提唱者の1人であり、また、Citrix Systems による CloudStack の動きについて、その詳細を的確に表現できる。 つまり、双方のシステムを熟知している人による、慎重な意見を提供することが可能である。

This debate reflects a larger one going on inside many IT shops. Cloud computing looks like it’s here to stay, but many companies wish to first work with a private cloud inside their own doors before venturing out onto the public cloud, such as Amazon’s EC2 infrastructure-as-a-service. How to build that private cloud is a hotly debated topic.

このディベートは、数多くの IT ショップ内で継続されているものであり、また、きわめて重要な事柄を反映している。 具体的に言うと、クラウド・コンピューティングは普及しているように見えるが、まずはプライベート・クラウドをドアで閉じられた自身の空間で動かすことが、数多くの企業が望むものとなっている。それは、Amazon EC2 IaaS のようなパブリック・プラウドへ向けて、思い切って前進する前の段階のものである。 そして、プライベート・クラウドの構築手法は、激論されたトピックでもある。

imageOne possibility is OpenStack, an open source code project started in July 2010 with the backing of NASA. It also had the active backing of Rackspace, which was motivated to contribute its own Storage Files code as OpenStack’s Swift storage service to help get the project out of the starting blocks. If OpenStack code won acceptance inside companies, then Rackspace’s business prospects would be enhanced as private users of OpenStack turned to a compatible, public service provider for hybrid cloud operations.

OpenStack は NASA に支持され、2010年7月に立ち上がったオープンソースコード・プロジェクトであり、また、1つの可能性を示している。 そして、さらに、Rackspace からの支援も取り付けることになった。 同社は、このプロジェクトをスタート・ブロックからサポートするために、自身の Storage Files を OpenStack の Swift ストレージ・サービスとして、コントリビュートするというモチベーションを持っていた。 もし OpenStack のコードが、企業における受け入れで勝利を収めるなら、OpenStack のプライベート・ユーザーが誕生することになる。 そして、それらのユーザーが、ハイブリッド・クラウドを運用するパブリックなサービス・プロバイダーに目を向けるにつれて、Rackspace のビジネス予測は拡大していくだろう。

Rackspace encouraged the OpenStack project in several ways, with Rackspace supplying quarters for design meetings and Rackspace employees taking leadership roles in the organization. Many technology firms liked the idea that there would be an open source alternative to Amazon Web Services, but they nevertheless had reservations about a project led by Rackspace, with so much self interest at stake. Some of those doubts were resolved April 12 with the announcement of the OpenStack Foundation, which took over governance of the project.

Rackspace は四半期ごとのデザイン・ミーティングを実施し、また、その従業員が OpenStack の運営においてリーダーシップを発揮するといった具合に、いくつかの手段により OpenStack プロジェクトを大切にしてきた。 多くのテクノロジー企業が、Amazon Web Services の代替となるオープンソースの選択肢という発想を好んだ。 その一方で、私利私欲にかられた Rackspace がリードするのが、OpenStack プロジェクトだとする懸念が表面化してきた。 そして、このプロジェクトのガバナンスを引き継いだ OpenStack Foundation による、4月12日のアナウンスにおいて、それらの疑念の一部が解消されたという経緯を持つ。

Just ahead of the OpenStack Foundation debut came the announcement of an alternative open source project, Citrix’s donation of CloudStack code to the Apache Software Foundation. Cloud.com had an advanced version of OpenStack that it said was easy to implement. After acquiring Cloud.com Citrix urged that CloudStack become the rallying point for those who want an alternative to proprietary cloud architectures. At the same time, however, Citrix claimed that CloudStack was not only more advanced than OpenStack, but also more Amazon-like than the alternatives.

OpenStack Foundation がデビューする直前に、別のオープンソース・プロジェクトに関するアナウンスメントがあった。 つまり、Citrix から Apache Software Foundation に対する、CloudStack コードの寄付が行なわれたのだ。 Cloud.com は、OpenStack の進歩したバージョンを有しており、その実装も容易であると発言していた。 Cloud.com を買収した Citrix は、プロプライエタリ・クラウド・アーキテクチャの代替えを欲する人々にとって、CloudStack が結集地点になると主張した。 しかし、それと同時に、Citrix は CloudStack について、OpenStack 以上に先進的であるというより、Amazon ライクであることを強く押し出した。

Thus, the Citrix move, while increasing choices, was also a little confusing. Do we really need two competing, and in some ways similar, projects? As if to address that point, Bias entered the debate with his April 7 blog post that attempted to deal with the “more Amazon-like” issue.

したがって、この Citrix の動きは、選択肢を増やす一方で、少々紛らわしくもあった。 2つの競い合うプロジェクトを、そして、いくつかの点で類似するプロジェクトを、私たちは本当に必要とするのか? この問題に取り組むかのように、 Bias は 4月7日のブログ・ポストで、「さらに Amazon ライクな」という論点について討論した。

imageBias declared his leanings right off the bat: He supports OpenStack as CTO of Cloudscaling, whose cloud operating system, Open Cloud OS, is based on OpenStack. One wishes the proponents of CloudStack could have declared their biases and self interest as straightforwardly. Do Citrix executives dislike the fact that the OpenStack project is focusing more on open source KVM than Xen, on which Citrix products are based? To me, that’s one of the unstated reasons why Citrix wanted to create an alternative project. Also, if OpenStack becomes the standard bearer, that leaves Citrix with little return on its reported $200 million-plus payment for Cloud.com last July.

まず初めに、Bias は自身の傾倒について宣言した。 つまり、Cloudscaling の CTO として OpenStack をサポートする立場にある理由として、同社のクラウド・オペレーティング・システムである Open Cloud OS が、OpenStack をベースにしているからだと説明したのだ。  CloudStack の提案者も同様に、自身のバイアスと利益について率直に語って欲しいと人々は望んでいる。Citrix の経営者たちは、同社のプロダクトがベースにしている Xen よりも、OpenStack プロジェクトがオープンソースの KVM にフォーカスしているという事実を、嫌っているのだろうか? それは、私から見れば、Citrix が代替えのプロジェクトを望んだ理由として、説明されるべきポイントである。 さらに、もし OpenStack が主導者になるなら、昨年の 7月に Cloud.com に支払われたとされる $200 million-plus は、Citrix に対して小さなリターンをもたらすだけになる。

Bias, though a member of the OpenStack camp, was also behind one of the largest implementations of CloudStack before Citrix’s purchase. He was the principal architect behind Korea Telecom’s (KT’s) transition from telecommunications provider to cloud services/telecom provider, as CTO of Cloudscaling. He is also a former CTO of GoGrid, so he knows the ins and outs of cloud infrastructure.

Bias は OpenStack キャンプのメンバーであるが、Citrix が買収する以前の CloudStack において、最大規模の実装を背後から支えてきたという経歴を持つ。 具体的に言うと、彼は Cloudscaling の CTO でありながら、テレコム・プロバイダーからクラウド・サービス/テレコム・プロバイダーへと転身する Korea Telecom(KT)を、主任アーキテクトとしてサポートしてきたのだ。 さらに、彼は GoGrid の前 CTO でもある。 つまり、クラウド・インフラの一部始終を知っている理由は、そのあたりにある。

In his blog post, Bias argued against claims that CloudStack is the most viable open source project because it is closest in design to Amazon Web Services.

CloudStack が最も価値のあるオープンソース・プロジェクトである理由が、最も Amazon Web Services に近いデザインにあるという説に対して、Bias は自身のブログ・ポストで反論している。

Sameer Dholakia, VP and general manager of cloud platforms at Citrix, was interviewed by GigaOm writer Derrick Harris when the CloudStack project was announced. Dholakia predicted the winners in the era of cloud computing will be those who design “from the ground up with a true Amazon-style architecture, proven at scale in real production clouds, compatible with Amazon architecture …”

CloudStack プロジェクトが発表されたとき、Citrix Cloud Platform GM である Sameer Dholakia は、GigaOm ライターの Derrick Harris からインタビューされている。 そこで Dholakia は、クラウド・コンピューティング時代の勝者を予測している。 具体的には、「ボトムからトップまで Amazon スタイルのアーキテクチャであり、また、本当のプロダクション・クラウドでスケールを証明され、Amazon アーキテクチャと互換性のある・・・」というふうにデザインすれば、勝者になれると発言したのだ。

So Amazon-ness is the litmus test for cloud success and CloudStack has got it, according to Dholakia. Furthermore, Dholakia told Harris that Citrix was tired of waiting for OpenStack to get organized and mature its technology. CloudStack was a year to two years ahead of OpenStack and the gap wasn’t closing, he’s quoted saying.

したがって、Dholakia によると、Amazon 化はクラウドで成功するためのリトマス試験であり、また、それを CloudStack は採用していることになる。 さらに Dholakia は Harris に対して、OpenStack が組織化され、そのテクノロジーが成熟するのを、Citrix は待ちきれなくなったと話している。 彼の発言を引用すると、CloudStack は OpenStack と比べて、1年~2年ほど先を進んでおり、そのギャップは縮まらなかったことになる。

Bias’ blog deconstructs such statements, phrase by phrase. For example, what’s “Amazon-style architecture?” Many would like to claim an Amazon-style architecture because they have end-user self provisioning, a standard x86 data center infrastructure, perhaps automated billing. But these attributes apply to anyone meeting the definition of cloud infrastructure service provider.

Bias のブログは、こうしたステートメントをフレーズごとに突き崩していく。 たとえば、「Amazon スタイルのアーキテクチャ」とは何なのかという視点がある。 多くの人々が、エンドユーザーによるセルフ・プロビジョニングと、標準的な x86 データセンター・インフラを根拠として挙げるだろう。そして、おそらく、自動化された請求処理もあるからという理由により、Amazon スタイルのアーキテクチャが望まれるのであろう。

One of the ways that Citrix might claim compatibility is through the Xen hypervisor. Citrix produces XenServer, the commercial hypervisor based on open source Xen, and it builds cloud workloads using it. Amazon Web Services was built on Amazon’s proprietary variant of Xen, which, nevertheless, probably still closely resembles Citrix XenServer. To me, that gives Citrix a claim on compatibility, but that alone is not enough.

Citrix が主張する互換性の理由は、Xen ハイパーバイザーを介したものになるのだろう。 Citrix は XenServer を、つまりオープンソースである Xen をベースとした商用ハイパーバイザーを開発しており、また、それを用いてクラウド・ワークロードを構築している。 Amazon Web Services は、同社のプロプライエタリ Xen バリアント上に構築されているが、それにもかかわらず、Citrix XenServer と極めて類似しているはずだ。 つまり、Citrix の言うコンパチビリティに反論したいのだが、それ以上の論点も提供していきたいと思う。

<後半に続く>

ーーーーー

image数ある「CloudStack Vs. OpenStack 比較論」の中で、この Charles Babcock さんのブログ・ポストは、最も本質に迫るものとしてマークしてきたものです。 しかし、訳すとなると、とても長い記事であり、また、慎重に取り扱うべき内容なので、1ヶ月遅れでようやく、その抄訳が出来上がったという状況です。 前半と後半に分けてポストしますが、後半はさらに面白くなっていきますので、ご期待くださ~い。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _2
ーーーーー
CloudStack 3 がデビュー! すべての規模のユーザーにセキュアな OSS クラウドを
CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
CloudStack が目指す、AWS ライクな柔軟性 + グローバルな制御とは?
Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
Dell は enStratus と提携し、独自の OpenStack ビジネスを推進する
OpenStack Essex のコントリビューターたちに感謝! – including MIDOKURA

One Response

Subscribe to comments with RSS.

  1. [...] Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1Bias が指摘するのは、CloudStack のディプロイメントが、KT [...]


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: