Agile Cat — in the cloud

Open Compute が創りだす、新世代 Web のためのビジネス・モデルとは?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on May 15, 2012

Open Compute builds a business model for the next era of the web
http://wp.me/pwo1E-4dx
By
Stacey Higginbotham May. 4, 2012
http://gigaom.com/cloud/open-compute-builds-a-business-model-for-the-next-era-of-the-web/

_ Gigaom

The server business last year netted vendors $34.4 billion on sales of 8 million servers according to IDC, but those numbers don’t show how that business is changing. For that compare the growth in the traditional x86 market that sold those 8 million servers which grew a mere 3.7 percent year over year, to what IDC calls the densely optimized servers used in webscale deployments. That segment grew by 51.5 percent year over year in units sold, and now represent 3.2 percent of all server revenue and 6.1 percent of all server shipments.

IDC によると、昨年のサーバー・ビジネスは 800万台を販売することで、ベンダーたちに  $34.4 billion の純益をもたらしたが、どのようにビジネスが変化しているのかを、それらの数値が示すかというと、そういうものでは無いらしい。 そのため、対前年で 3.7% しか成長していない、従来からの x86 による 800万台のマーケットと比較するために、Web スケールでのディプロイメントで用いられ、IDC が密度最適化サーバーと呼ぶ領域に注目してみた。このセグメントのユニット数は、前年比で 51.5% の成長が確認され、また、すべてのサーバー出荷における 6.1% を占め、また、売上額では 3.2% に達している。  

While plenty of companies spend money buying gear from IBM, HP and Dell, others are going direct to the companies that build servers for those giants. For companies such as Facebook, Baidu, Zynga, and Amazon which are building at such scale, the idea of wasting a single cent or milliwatt on an unnecessary feature or frill is economically and ecologically stupid.

たくさんの企業が、IBM/HP/Dell からのプロダクトに支出を計上するがそれら大手のためにサーバーを開発する下請けから、ダイレクトに購入する企業も出てきた。Facebook/Baidu/Zynga/Amazon などは、まさに Web スケールの企業であり、また、不要な機能や飾りに対して、数セントであれミリ・ワットであれ浪費することは、経済と環境の面において愚かなことだと認識している企業である。

Many of these web scale companies have businesses that depend on IT to deliver their product — a webpage or ad — that generates a few cents each time a user loads the page. Cutting costs in IT has huge effects on the bottom line. For example, Facebook spent 16 percent and Google both spent about 9 percent of its revenue on infrastructure and capital expenditures in 2011. For details read the GigaOM Pro item on the topic, found here (subscription req’d).

こうした、Web スケールに対応する、数多くの企業が展開するビジネスは、IT に依存することでプロダクト/Web ページ/広告を配信し、また、ユーザーがページをロードするたびに数セントを生み出すものとなる。つまり、それらの IT におけるコストの削減は、純益の確保という面において、最も大きな影響を与えるものとなる。 たとえば、2011年の収支における売上とインフラ投資の比較において、Facebook は 16% のコストを計上し、また、Google は 9% となる。 その詳細については、以下の GigaOM Pro を参照して欲しい

Powered by Tableau

More infrastructure, more users, less money.

What’s occurring here is a shift in the value of a server, and thus of server makers. What used to be high-end machines with features driven by the engineers inside Dell, IBM, HP, etc., have now become a commodity, and not a Dell-like commodity either — a really low-end commodity. These servers are stripped-down machines custom-built by the guys who built Dell’s and HP’s boxes. The rise of manufacturers like Quanta has begun.

この領域で、何が起こっているのかというと、サーバーとメーカーの持つ価値の変動である。 Dell/IBM/HP などのエンジニアが促進してきたハイエンド・マシンがコモディティ化し、さらには Dell が提示してきなレベルをも突き破り、本当の意味でのローエンド・コモディティになってている。 これらのサーバーは、Dell や HP のボックスを構築してきた企業が、ゼイ肉をそぎ落とすことでカスタム化したマシンである。 そして、Quanta のようなマニファクチャが、そのプレゼンスを高め始めている。

This rise was a direct result of the industry refusing to listen to the demands of its customers, especially because those demands didn’t seem to involve a way for the server guys to make much money. At first, Rackable, now called SGI, picked up on the business, but as Forrest Norrad, the VP of servers at Dell pointed out on Wednesday at the Open Compute Summit, Dell realized that companies like Facebook were not just one-off complainers. They were the leading edge of a new way of doing business– and IT was a fundamental element of that business.

こうしたプレゼンスが成立する理由は、この業界が顧客のニーズを聞こうとしなかったことに起因する。なぜなら、こうしたニーズから、サーバー・ビジネスで大きな利益を目論む企業が、排除されているように思えるからだ。最初に、こうしたビジネスを取り入れたのは、いまでは SGI と呼ばれる Rackable であるが、それから歳月がながれ、 Dell も同様の認識を持つようになってきた。水曜日の Open Compute Summit で、Dell の VP of Servers である Forrest Norrad が発言したように、Facebook のような企業が類まれな不平屋であるという指摘は、間違った認識に過ぎない。それらの企業は、ビジネスを推進するための最先端の方式を押し進めており、また、それらのビジネスにとって IT は基本的な要素なのだ。

So Dell created its DCS group in 2006 to serve customers buying more than 2,000 servers at time. About five years ago Norrad estimated that the webscale server market DCS served was perhaps 4 percent of the market. Today, Norrad says its about 20 percent of the market. And it’s growing. So while traditional enterprise servers might be that $34.4 billion a year business, that business isn’t where the growth is. Check out this illustration shown by Facebook’s Frank Frankovsky for where he thinks the real growth is.

そのため、2006年に Dell は、2,000 台以上のサーバーを一度に購入する顧客に対して、サービスを提供するための DCS グループを作った。約 5年前のことだが、DCS がサービスを提供する Web スケール・サーバー市場が、全体の 4% であると Norrad は見積もっていた。それが、いまでは 約 20% に達し、さらに成長し続けていると、彼は補足している。したがって、従来からのエンタープライズ・サーバーが、昨年に $34.4 billion の売上を計上しても、そのビジネスに未来があるとはいえないだろう。 Facebook の Frank Frankovsky が示した、どこに実質的な成長があるのかという図を、チェックして欲しい。

Throw the server vendors a bone and let’s keep moving.

And here’s where the Open Compute Project comes in. Unlike DCS, which was a successful effort to serve the market once Dell had validated it, the Open Compute Project is a coup by the buyers of servers to take control of their hardware destiny. As such, I wondered if this coup would leave room for Dell or HP to continue to build their businesses. After attending Wednesday’s Open Compute Summit, I can say it seems like it will.

そして、ここが Open Compute Project の参入する場所となる。 つまり、すでに妥当性が検証されているマーケットに対して、適切なサービスを提供しようとする Dell の DCS に対して、Open Compute Project は異なる切り口を持っている。言い換えれば、サーバーを購入する側が、自らのハードウェアをコントロールするために決起したクーデターである。 そして、私が分からなかったのは、このクーデターが成功すると、Dell や HP がビジネスを継続するだけの、スペースが残されるのか、残されないのかという点だった。 そして、水曜日の Open Compute Summit に出席したことで、それは残されると、私は言えるようになった。

From the talk of creating “innovation zones” within the Open Rack design where vendors can try to create value above and beyond the Open Compute standard, to the AMD and Intel motherboards that were created with the financial services industry, it seems like vendors can work within the confines of Open Compute and still see margins. We’ll have to see what those margins are, but neither HP nor Dell are betting solely on hardware. Both are making big plays into software and services associated with the webscale market as they adapt not just to the changes in servers, but also to the overall change in IT.

Open Compute スタンダードに沿って、あるいは、その延長線上において、ベンダーが価値を創出していくために、Open Rack デザインは存在する。そこには、「 Innovation Zone 」を作ろうという会話もあれば、 ファイナンシャル・サービス業界で開発された、AMD や Intel のマザーボードもある。つまり、このような広がりを持つ Open Compute の枠組みの中で、ベンダーたちは作業を進め、これからもマージンを確保していきそうだ。 それらのマージンが、どの程度のものなのか、確認しなければならないだろうが、HP しろ Dell しろ、ハードウェアだけに賭けているわけではない。この両社は、Web スケール・マーケットに関連するソフトウェアとサービスに大きな影響をもたらすが、それは、単なるサーバーの変更だけではなく、IT 全体の変化へとつながっていくだろう。

Is this a mainframe transitions or a minicomputer transition?

Going forward, the question that should keep the industry up at night is how the infrastructure market will shake out and how quickly this will happen. Norrad says he’s wondering if the legacy enterprise servers will be more like mainframes or more like the minicomputers PC. Mainframes are still around (and super profitable), although not at all a growing business, while minicomputers PCs have all but disappeared. For the legacy gear vendors, the question is will the enterprise server business stick around, even if it doesn’t grow, or will it die out?

ゆくゆくのことだが、どのようにインフラ市場がフルイにかけられ、それがいつ頃に起こるのかという懸念を、この業界は昼夜を問わず持ち続けることになるはずだ。これからのレガシー・エンタープライズ・サーバーが、メインフレーム的な PC になるのか、あるいは、ミニコンピュータ的なものになるのかという将来の予測について、考えてしまうと Norrad は発言している。 メインフレームは、少しも成長していないビジネスではあるが、私たちの周りに存在している(そして素晴らしい利益をもたらしている)。 しかし、ミニコンピュータ的なものは、ほとんど姿を消してしまった。 レガシー・ギア・ベンダーにとっての懸念は、エンタープライズ・サーバー・ビジネスが、たとえ成長しなくても、このまま維持されるのか、あるいは、絶滅してしまうのか、という点に集約されるだろう。

The next obvious question is how fast this transition will happen. If this is a rapid shift, companies like Cisco, HP or IBM risk having significant portions of their businesses erode seemingly overnight. If the transition is slow, then vendors can take their time buying promising startups, working with efforts like Open Compute and building up their services or other lines business. So far, the consensus on how fast a shift this will be is mixed, but everyone agrees that transitions happen faster now and that the rise of an open source hardware framework will accelerate it. This will be an ongoing topic of conversation at our upcoming Structure 2012 conference held this June in San Francisco.

次に続く懸念が、こうした変化のスピードになるのは明らかだ。 もし、素早く変化していくなら、Cisco/HP/IBM といった企業における、ビジネスの大部分が一夜にして浸食されるだろう。 もし、ユックリと変化していくなら、それらのベンダーたちは、スタートアップを買収し、また、Open Compute のような動きと連携し、自身のサービスや新ビジネスを構築するために、十分な時間を確保できる。 これまでのところ、そのスピードに関するコンセンサスはなく、また、混乱している。 しかし、その移行スピードは今よりも高まり、また、オープンソース・ハードウェア・フレームワーク上で加速していく、という認識は共有されている。 このトピックは、6月に San Francisco で開催される、私たちの  Structure 2012 カンファレンスで、継続して議論されるだろう。

Even Open Compute lets vendors like Dell and HP maintain a profit margin, the bigger story here is how servers are no longer the cornerstone of an IT strategy. As our data centers get bigger and the needs of webscale and cloud providers take over more of the industry, servers are mere components of a much larger machine. While components can be valuable, they are no longer the entire system and as such their value can’t be divorced from the data center where they sit.

Dell や HP のようなベンダーにとっての大きなテーマは、Open Compute によりマージンを維持することかもしれないが、もはやサーバーが、IT ストラテジーの土台を担っていない点も見逃せない。 データセンターが巨大化し、また、Web スケールが必要とされ、さらには、クラウド・プロバイダが多くの産業をコントロールしていくにつれて、サーバーは単なるコンポーネントとして扱われ、また、より大きなマシンに取り込まれるようになってきた。 それらのコンポーネントは価値を持ち続けるが、もはやシステム全体を司るとは、言えなくなってきた。そして、その価値は、自身が配置されるデータセンターから、遊離することができない。

This means companies must start with a commodity and really work to add value, not just cool features. Historically, the infrastructure business hasn’t been good at this. Maybe it’s learning.

複数の集団がコモディティ化ともに立ち上がり、クールな機能を得るだけではなく、価値を加えるために、促進されていくはずだ。 歴史的にみて、インフラ・ビジネスは、このようなことが不得手であった。 そして、おそらく今が、学習の時期なのだろう。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

image5月 2日・3日に San Antonio の Rackspace HQ で開催された Open Compute Summit では、そこで実現されるテクノロジーやファシリティというより、経済とエコシステムの方が、議論の中心になっていたように感じました。 昨年10月に NY で開催されたサミットと比べて、Open Compute 構想が具体性を帯び、また、支持を集めていることの表れなのでしょう。 もちろん、Facebook 自身の株式公開と、以前とは比較にならない資金調達力という背景もあり、Open Compute に求心力が生じてきたのだと思われます。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open Compute が1歳になったが、想像する以上に遠大な思想のようだ
Facebook の爆発的な成長と、それを支えるデータセンター戦略
Amazon の James Hamilton が語る、効率の良いデータセンター運用のコツとは?
Facebook が推進する Open Compute Project は、離陸できるのだろうか?
オープンなハードウェアは、データセンターに地殻変動を起こせるのか?

 

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: