Agile Cat — in the cloud

Google Cloud SQL の価格が発表された!

Posted in .Selected, Businesses, Google, Storage by Agile Cat on May 14, 2012

Google puts a price tag on Cloud SQL services
http://wp.me/pwo1E-4do
By
Barb Darrow May. 10, 2012
http://gigaom.com/cloud/google-puts-a-price-tag-on-sql-cloud-services/

_ Gigaom

Trying to convince naysayers that it’s serious about Google App Engine as a bona fide business, Google on Thursday put a price plan around its MySQL-based Cloud SQL services.

Google App Engine が気合の入ったビジネスであることを、否定論者たちに知らしめるために、この木曜日(5/10)に Google は、MySQL ベースの Cloud SQL サービスに関連するプライス・プランを発表した。

Google Cloud SQL
クリックで拡大 ⇒

There will be two options. One is what Google calls a true per user price model to help get people started and in which they incur query charges only when they are actively using the service although the storage meter keeps running throughout. This model targets users with lightweight applications and/or those with unknown spiky workloads who don’t want to have to predict their usage in advance, said Joe Faith, product manager for Google Cloud SQL.

そこには、2つのオプションが含まれるようだ。1つ目は、Google が True Per User Price Model と呼ぶものであり、このサービスを導入し易くするものである。 つまり、ストレージの課金は継続的に生じるが、クエリーに関する課金は、このサービスを積極的に使用するときにだけ生じるというものだ。 このモデルがターゲットにするのは、ライトウェイトなアプリケーションのユーザーであり、また、その利用量やピークについて、事前に予測する必要のないユーザーであると、 Google Cloud SQL の Product Manager である Joe Faith は発言している。

The second package billing plan allocates a designated amount of RAM and CPU for a monthly fee based on the number of days the database exists. Queries that access RAM but not disk are not charged for I/Os. Package charges start at $1.46 per day for 850K I/Os per day, 1 GB included storage and 0.5G RAM. At the high end, the charge is $11.71 per day for 8M I/Os per day, 10GB storage and 4GB RAM with two tiers in between. Both plans also incur a network charge of $0.12 per GB for outbound traffic. Google published the price list Thursday with billing slated to start in 30 days.

2つ目は、指定された量の RAM と CPU に課金するものであり、データベースを保持する日数に基づいて、1ヶ月あたりの使用料がパッケージされている。 クエリーはディスクにではなく RAM にアクセスするものとなり、また、ディスク I/O については課金されない。 Package の料金が、1日あたり 850K I/Os と $1.46 から始まり、1 GB のストレージと 0.5G の RAM が含まれる。 ハイエンドにおいては、1日あたり 8M I/Os と $11.71 であり、10 GB のストレージと 4G の RAM が含まれる。 そして、さらに、中間的な 2つの価格帯も提供されるという。また、いずれのプランにおいても、アウトバウンド・トラフィックに関しては、1 GB あたり $0.12 の、ネットワーク使用料が生じる。 そして、30日以内に開始される一連のプライス・リストを、 Google は発行している。

Database turfwar in the cloud

imageCloud vendors are competing fiercely on database services. Two days ago, Amazon brought Microsoft SQL Server into its Relational Database Service (RDS), which already offers Oracle and MySQL databases as managed services. The newly available beta of HP’s Cloud Services also offer MySQL database services.

クラウド・ベンダー間における、データベース・サービスの競合は熾烈である。 2日前のことだが、 Amazon が Relational Database Service(RDS)に Microsoft SQL Server を加えたが、そこでは既に Oracle と MySQL が、マネージド・サービスとして提供されている。また、HP も、新たに提供される同社の Cloud Services において、MySQL データベース・サービスに対応する。

“Cloud SQL was one of the most requested additions to App Engine since it launched, poeple wanted a SQL option to go with our NoSQL option,” Faith said in an interview this week. Google made an early version of Cloud SQL. available in October and has since signed up 10,000 users for it, he said.

「 Cloud SQL は、App Engine が立ち上がってから、最もリクエストの多かった付加機能の 1つである。 つまり、人々は NoSQL のオプションに対して、SQL のオプションも望んでいたことになる 」と、今週のインタビューで Faith は答えている。 Google は 昨年の 10月に、この Cloud SQL のアーリー・バージョンを提供開始した。それ以来、10,000 人以上のユーザーが Sign Up していると、彼は付け加えた。

Google is clearly still smarting from criticism, including some in GigaOM, that it’s not serious about Google App Engine as a business. Critics have taken to painting Google as an advertising company not a technology provider and the company is fighting that perception.

明らかに Google は、これまでの批判に対してピリピリしている。 そこには、GigaOMに書かれた、ビジネスとしの Google App Engine に対して、同社は真剣ではないという論評も含まれるだろう。 こうした批判は、同社を技術系の企業としてではなく、広告系の企業として色づけるものであるが、その認識に対して Google は戦いを挑んでいる

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

ーーーーー

TAG index今年に入ってっから、クラウド・ストレージにおける価格戦争は、ほんとうに厳しさを増しています。 しかし、「Amazon が安いのか? Hosting が安いのか? コスト分析モデルで比較する!」で Charlie Oppenheimer さんが論じているように、その価格の実態はストレージの使用料ではなく、インターネットへ向けたアウトバウンド・トラフィックの費用にあるようですね。 たとえば、同じストレージであっても、それを Web サイトとして利用する場合と、バックアップ用に使う場合では、まったく異なる実質料金となるわけです。 その意味で、この Google Cloud SQL の価格設定は、とても理にかなっているように思えます。 ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Google のたまわく、Amazon だけにクラウド価格破壊はさせない!
Microsoft も価格を引き下げ! バーガー戦争時代に突入するクラウド・ストレージ
結局のところ、いま ストレージに、何が起こっているのか?
Google Drive は、もう1つの Dropbox では無いのだ!

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: