Agile Cat — in the cloud

HTML5 は Web 3.0 になるのか?

Posted in .Selected, HTML5 by Agile Cat on May 11, 2012

Is HTML5 Web 3.0?
http://wp.me/pwo1E-4c5
By
Yakov Fain – April 28, 2012
http://www.sys-con.com/node/2265481

image

About six years ago I wrote a blog titled “I have no idea what  Web 2.0 means“.  That blog had link to a video where IT leaders were helplessly trying to explain what Web 2.0 means. One guy said something like this, “Everyone wants to do it, and you can’t find enough people to do it”.  I still believe Web 2.0 was nothing else but a catchy marketing term, which helped selling such events as Web 2.0 Expo, Web 2.0 Summit, and helped Forrester in selling their typical 7-page-for-1000-bucks-zero-info reports (this one was quietly removed).

いまから 6年ほど前に、「I have no idea what  Web 2.0 means」というタイトルのブログを書いた。  そのブログは、Web 2.0 が意味するものを、IT のリーダーたちが力なく説明しようとする、ビデオへのリンクを持っている。そして、あるリーダーは、「それは誰もが望むものであるが、それを推進できる人々を見つけ出せない」というようなことを言っていた。  いまでも私は、Web 2.0 は、その言葉以外に何もかったと信じているが、キャッチーなマーケティング用語であったことは認める。 つまり、Web 2.0 Expo や Web 2.0 Summit といったイベントを経済面で成功させ、また、Forrester に 7-page-for-1000-bucks-zero-info レポートを売り込ませたのだ(人知れず速やかに取り消されたが)。

The Web 2.0 term is fully milked out and the IT world needs something else for the next big thing. HTML5 perfectly fits the bill. Make no mistake, HTML 5 is not simply a standard of a markup language that will be finalized by 2022 – this would be a hard sell. HTML5 means a set of technologies, techniques, styling elements, APIs, and mainly, JavaScript frameworks that are available now and being used for the development of the today’s Web applications.  It’s like Web 3.0: ”Everyone wants to do it, and you can’t find enough people to do it”.

Web 2.0 という用語は、搾取のために用いられたが、IT の世界は何らかの新しいものを必要としていたのだ。 しかし HTML5 は、必要とされる条件を完璧に満たしていると思う。 間違ってならないのは、2022年までに完成すると言われる、マークアップ言語のスタンダードとして HTML5 が存在するわけではなく、また、いささか強引な押し付けである点だ。 HTML5 は、テクノロジーおよび、実装テクニック、スタイル要素、API のセットであるが、今日の Web アプリケーション開発のために用いられる、JavaScript フレームワークであることが主要なポイントだ。 つまり、「それは誰もが望むものであるが、それを推進できる人々を見つけ出せない」という点で、Web 3.0 のようなものである。

Don’t fight the trend. Join the movement. If you are creating any framework or a product for the Web, ideally, stick the word HTML5 right into its title to help enterprise architects in justifying licensing this software. “See, it’s HTML5-compliant. Everybody does it.” If you can’t, make sure that your marketing brochures and white papers are heavily sprinkled with the HTML5 word.

トレンドと戦ってはいけない。 流れには乗るべきだ。 もし、あなたが、理想的な Web のためにフレームワークやプロダクトを作成しているなら、このソフトウェアのライセンシングを正当化しようとする、エンタープライズ・アーキテクトを支援するために、単語としての HTML5 に惚れ込んでいるとプッシュすべきだ。 「それは HTML5 コンプライアントであり、 誰もがそうする」というふうに。 もし、それが不可能なら、マーケティング用のパンフレットやホワイトペーパーに、HTML5 という言葉が、確実に散りばめられるようにすべきだ。

Five years ago, someone told me that Web 3.0 would be about semantic Web. He was wrong. Web 3.0 is HTML5. The digit five in HTML5 means that this party will last for the next 5 years. Join the party!

5年前に、Web 3.0 は Semantic Web になるだろうと言う人がいた。 しかし、それは間違っていた。 Web 3.0 は HTML5 である。 HTML5 に含まれる [5] という数字は、このパーティーが、これからの 5年にわたって継続していくことを意味する。 だから、このパーティーに合流すべきだ!

P.S. If you didn’t know what HTML5 means before reading this blog and still have no clue, don’t get angry with me. I don’t know what it is either. Just tried to fantasize. Have you ever had Web fantasies? Me to.

P.S.  このブログを読むまで、HTML5 の意味を知らず、また、それを調べる手がかりが無くても、私に腹を立てないで欲しい。 私も同様に、その意味を知らないのだ。 ただ、空想にふけっているだけだ。 あなたは、これまでに、Web に対してファンタジーを持ったことがあるだろうか? それは、自問でもある。

ーーーーー

TAG indexたしかに、人間は生きていく上でファンタジーを必要とします。 もし、HTML5 がなく、Web 3.0 もないというなら、Agile_Cat もブログを書く気力を失うかも知れません。 これを書いた Yakov Fain さんはサイコーですが、これほどコメントしづらいブログ・ポストも珍しいです :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

AppMobi の狙いは、Mobile + OSS + HTML5 の惑星大直列なのだ!
HTML5 vs. Flash の現実的な論点は、いったい何処にあるのだろう?
HTML 5 について、パブリッシャーが知っておくべき 5つのポイント
HTML5 ブラウザ対決 – iOS 5 vs. Android
10億台の HTML5 フォンが、モバイル・アプリ・ビジネスを変えていく

Tagged with: , , ,

comScore の Mobile Metrix 2.0 が実現する、インテリジェントなモバイル統計サービスとは?

Posted in Mobile, Research by Agile Cat on May 11, 2012

comScore Introduces Mobile Metrix 2.0: The Next Generation of Mobile Behavioral Measurement
http://wp.me/pwo1E-4c0
By Mark Donovan – May 7, 2012
http://blog.comscore.com/2012/05/comscore_introduces_mobile_metrix_20_the_next_gene.html

comScore

Today comScore is excited to announce the U.S. launch of Mobile Metrix 2.0, the next generation of mobile audience measurement. Mobile Metrix 2.0 provides mission critical insights into the behavior of the most active mobile media consumers: smartphone owners. Mobile Metrix 2.0 is based on passive behavioral data collected from a 10,000+ person panel (whose members have agreed to install comScore’s measurement software on their mobile devices). When combined with data from comScore’s census network of tagged sites and apps, Mobile Metrix 2.0 delivers our clients an unprecedented view of the U.S. mobile consumer.

今日(5/7)のことだが、comScore は次世代モバイル・オーディエンスの動向を測定すための、Mobile Metrix 2.0 を米国市場向けに立ち上げた。 Mobile Metrix 2.0 は、最もアクティブなモバイル・メディア消費者である、スマートフォン所有者の動向を、ミッション・クリティカルなレベルで洞察するものである。 そして Mobile Metrix 2.0 は、10,000 人以上の回答者から集めたれた、受動型の動向をベースに構成される(回答者たちは、comScore が提供する測定ソフトウェアを、自身のモバイル・デバイスにインストールすることに同意している)。 comScore がタグ付けしたサイトとアプリの、全数調査ネットワークからのデータを組み合わせるとき、米国のモバイル・コンシューマに関する前例のないビューが、Mobile Metrix 2.0 から私たちのクライアントに対して提供される。

Five years ago this month we released the world’s first syndicated service based on panels of metered-smartphones, but much has changed in the past half-decade. In 2006 there was no iPhone, no Android platform, and if you were one of the few people downloading a mobile app you were likely running it on Palm Treo or a Symbian smartphone. But the biggest change has been the explosive growth and mainstreaming of mobile devices—there are now more than 106 million smartphone owners in the U.S., a majority of people acquiring a new phone are buying smartphones, and sometime this year most Americans will have one of these powerful devices in their pocket.

2007年5月に、私たちは世界ではじめて、スマートフォン利用者を組織化することで実現する、新しいサービスをリリースすることになったが、この 5年の間に様々な変化が訪れた。 2006年には、iPhone は存在せず、Android プラットフォームも無かった。 そして、アプリをダウンロードするような、数少ないモバイル・ユーザーたちは、Palm Treo や Symbian を搭載するスマートフォンを使っていた。 しかし、モバイル・デバイスは爆発的に成長し、社会における主流を変革させてしまった。つまり、現時点において、アメリカには 1億 600万人以上のスマートフォン所有者がいて、スマートフォンへの買い替えを考える人々が多数派となり、さらには、今年のうちに大多数のアメリカ人が、このパワフルなデバイスをポケットの中に潜ませることになるだろう。

クリックで拡大 ⇒

Smartphones have changed the way people use and consume digital media, becoming a critical channel for publishers and an increasingly important platform for marketers who want to deliver ads, offers, and other messages to consumers. Mobile Metrix 2.0 lets publishers, marketers, and agencies find and understand their audience in mobile. In addition to unduplicated audience sizes and demographic profiles, Mobile Metrix 2.0 provides granular data on audience engagement — such as time spent browsing sites, using apps, and total duration — and does this at the total market level and at the platform level for Android, iOS, and RIM smartphones. We can observe, for example, how usage of the top mobile publisher properties is divided between the mobile browser and apps.

そしてスマートフォンは、人々がデジタル・メディアを利用/消費する方式を変えてしまった。そして、パブリッシャーのためのクリティカルなチャネルとなり、また、消費者に対して広告やメッセージを届けたいマーケッターのための、プラットフォームとしての重要度を増してきた。 Mobile Metrix 2.0 は、パブリッシャー/マーケッター/エージェンシーに働きかけ、彼らのモバイル・オーディエンスに対する参照と理解を促進させる。 そして Mobile Metrix 2.0 は、重複することのないオーディエンスの規模と属性プロファイルに加えて、全体的なマーケット・レベルと、 Android/iOS/RIM の各プラットフォーム・レベルにおいて、さらに詳細なオーディエンス・データ(サイトごとのブラウジング時間/使用アプリ/トータル消費時間など) を活用していく。したがって、主要なモバイル・パブリッシャーを参照する際の、モバイル・ブラウザとモバイル・アプリの使用比率などを分析できるようになる。

クリックで拡大 ⇒

Mobile Metrix 2.0 has been in development for more than a year and owes its existence to the deep industry expertise comScore has amassed and the diverse assets we’ve built delivering other products in our mobile suite, including MobiLens, GSMA Mobile Media Metrics, and most recently Device Essentials.

Mobile Metrix 2.0 の開発には、1年以上の期間が費やされ、また、comScore に蓄積された IT 業界に関する専門知識が活用されている。そして、MobiLensGSMA Mobile Media MetricsDevice Essentials などを含む、モバイル・スイートを構成している、私たちの多様な資産も利用されている。

The fundamental innovation in Mobile Metrix 2.0, though, is the application of our patent-pending Unified Digital Measurement (UDM) methodology to mobile. UDM unifies our mobile panel data and the vast dataset generated by our census network of tagged sites (both ‘classic web’ and mobile-optimized) and apps, providing the most granular and accurate metrics available today.

しかし、Mobile Metrix 2.0 における基本的なイノベーションは、特許申請中の Unified Digital Measurement (UDM) という、モバイルに適用される分析メソッドロジーにある。 UDM は、登録されたモバイル回答者からのデータと、タグ付けさられたサイトとアプリからの(従来からの Web と、モバイル最適化 Web をい含む)、膨大なデータセットを組み合わせる。 その結果として、現時点において最も微細で正確と思われる、統計データが提供される。

クリックで拡大 ⇒

Today marks a significant achievement for comScore as we bring our mobile measurement fully into alignment with our flagship Media Metrix methodology and an important milestone on the path to delivering, in a single interface, comprehensive reporting of digital audiences across technology channels.

私たちのフラッグシップ Media Metrix メソッドロジーと、完全に一致するモバイル統計を提供することで、comScore における新たな業績が蓄積されていく。そして、テクニカル・チャンネルに遍在するデジタル・オーディエンスたちの包括的なレポートを、シングル・インタフェースを介して配信するための経路の確立も、きわめて重要なマイルストーンとなった。

At comScore we’ve always strived to provide powerful analytics that help our clients improve and optimize their decision-making in an inherently complex digital universe. Mobile Metrix 2.0 delivers the actionable data and intelligence needed to accomplish just that.

comScore においては、本質的に複雑なデジタルの領域において、クライアントによる意志決定を改善/最適化するための、パワフルな分析サービスが継続して具体化されてきた。 そして更に、ただちに利用可能なデータと、それを達成するために必要なインテリジェンスが、この Mobile Metrix 2.0 により提供されていく。

Tags:

ーーーーー

TAG indexcomScore の宣伝といえば、そのとおりなのですが、モバイル市場を俯瞰するために必要な要素が、とても見事に集約されているので、訳してみました。 とくに、2番目のチャートで示される、アプリでいくのかブラウザでいくのかという分析は、Agile_Cat も普段から 気になっていた視点であり、個人的にはイケてる/イケてないの大きな指標になっています。 このところ、ちょっとご無沙汰だった comScore でしたが、この Mobile Metrix 2.0 からの、鋭い切り口のレポートを期待したいですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

モバイル・テクノロジーが進化すれば、リモート・ワーカーが増えていく
Android タブレット市場の 52% を、あっという間に Kindle Fire が占有した!
iPhone のリピート・ユーザーは、どのくらいの比率なのか?
インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる
Google の検索件数で、Tumblr が Blog を追い抜くかもしれない!

%d bloggers like this: