Agile Cat — in the cloud

Android タブレット市場の 52% を、あっという間に Kindle Fire が占有した!

Posted in .Selected, Amazon, Google, Mobile, Research by Agile Cat on May 8, 2012

Amazon Kindle Fire makes up half of all Android tablets sold in the U.S.
http://wp.me/pwo1E-4by
By Tecca | Today in TechFri, Apr 27, 2012
http://news.yahoo.com/blogs/technology-blog/amazon-kindle-fire-makes-half-android-tablets-sold-215708717.html

_ Yahoo News

We all know that when it comes to tablets, it’s the iPad that’s been smashing sales records since the first generation came out in 2010. But if you only take Android tablets into account, then it’s the Amazon Kindle Fire that’s king. According to business analytics firm comScore, the Kindle Fire makes up 54.4% of all Android tablets in the United States as of February 2012.

誰もがタブレットのことを、つまり、2010年に登場した iPad の第1世代が、素晴らしい販売記録を打ち立てたことを知っている。 しかし、Android タブレットだけに範囲を絞ってみると、この国の王は Amazon Kindle Fireである。 ビジネス統計の企業である comScore によると、Kindle Fire は2012年 2月の時点で、アメリカ市場におけるAndroid タブレットの、なんと 54.4% のシェアを占めていることになる。

tablet has a heavily modified Android user interface and doesn’t even use Google Play as its default app s …

There’s a large number of other Android tablets competing with the Kindle Fire for a their own piece of the pie. The Samsung Galaxy Tab family only makes up 15.4% of the market in spite of all the available versions for sale. The first Android Honeycomb tablet, the Motorola Xoom, has a measly 7% share; the precursor of the Transformer Prime Ice Cream Sandwich tablet, the Asus Transformer, makes up 6.3%; and Sony’s Tablet S has a measly 0.7% share.

そして、Kindle Fire と競合する多数の Android タブレットが、そのマーケットにおける自身の取り分を有している。 しかし、Samsung Galaxy Tabファミリー関しては、すべてが市場に提供されているにもかかわらず、15.4% というシェアを確保するに過ぎない。 最初の Android Honeycomb タブレットとして登場した、Motorola Xoom のシェアは僅か 7% である。 また、Ice Cream Sandwich への移行を促進する Asus Transformer Prime は 6.3% であり、Sony Tablet S になると 0.7% しかシェアがない。

The funny thing is that the best-selling Android tablet uses a heavily modified platform that bares little resemblance to the original Android operating system. And there was a time when you couldn’t surf Google Play on the Kindle Fire even if you were using a browser. While you can now access Google’s own app market from the Kindle Fire, the tablet’s default is still the Amazon App Store.

そして、興味深いことに、この最も売れている Android タブレットが、オリジナルの Android OS との類似性を感じさせない、大幅に修正されたプラットフォームを用いていることである。 そして、Web ブラウザを使うにしても、Kindle Fire では Google Play をサーフできない時期もあった。いまでは、Kindle Fire から Google の App Market にアクセスできるようになったが、このタブレットのディフォルトは、依然として Amazon App Store になっている。

The firm didn’t analyze the reason behind those numbers, but it’s easy to see why the Kindle Fire has been selling so well: Amazon’s aggressive $199 pricing clearly continues to win over customers. And for those who want a tablet mainly for reading ebooks or for streaming Amazon Prime content, the Kindle Fire is the obvious choice. Of course, this may all change if and when Google releases an official tablet, but we’ll just have to wait and see.

こうした販売量の背景について、comScore 社は分析していないが、それほどまで Kindle Fire が売れた理由は容易に分かる。 つまり、Amazon が設定した $199 という積極的な価格政策が、顧客を味方に引き入れ続ける、という現象が明らかにされている。 さらに、それらのタブレット・ユーザーは、eBook による読書や、Amazon Prime コンテンツのストリーミングを主な用途としており、そうなると Kindle Fire が妥当な選択肢となる。 もちろん、 Google がオフィシャル・タブレットをリリースすると、すべてが変化するかもしれないが、そうなってみないと、詳細までは分からないだろう。

ComScore via Electronista

This article was written by Mariella Moon and originally appeared on Tecca

More from Tecca:

ーーーーー

TAG index昨年末の「 Kindle Fire は iPad 2 の市場を、どれだけ侵食するのか? 」というポストに、BetaNews が 2,000 人を対象に行った、タブレットに関する調査結果がグラフでレポートされています。 それによると、「 44% が $199 以下を適切な対価とし、73% が $299 以下であるべき」 と主張しているそうです。 そして、Samsung の Galaxy Tab 2が $249 でしたっけ? やはり タブレットやスマホは、2万~3万円くらいで買いたいものですよね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Samsung Galaxy Tab 2 は Kindle Fire キラーになれるのか?
Kindle Fire ユーザーの半数が、この製品に満足している
Kindle Fire のシェアが、クリスマスを挟んで 3倍以上に伸びたらしい!
Kindle Fire の Root をとるなら、この手順とツールで!

Open Compute が1歳になったが、想像する以上に遠大な思想であり、また 混乱も生じないようだ

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on May 8, 2012

Open Compute one year later. Bigger, badder and less disruptive than we thought.
http://wp.me/pwo1E-4br
By
Stacey Higginbotham May. 2, 2012
http://gigaom.com/cloud/open-compute-one-year-later-bigger-badder-and-less-disruptive-than-we-thought/

_ Gigaom

It’s been a little more than a year since Facebook showed off it’s newly built servers and data center technologies for webscale computing. But at its third Open Compute Summit the social networking giant and other members of the recently formed Open Compute Project are adding new partners, showing off cool use cases and adding new technologies to the standard. And surprisingly, it’s being done in a way that will enable hardware vendors to hold onto some of their margins and still deliver some innovations.

Facebook が、Web スケール・コンピューティングに対応する、サーバーとデータセンターのテクノロジーを構築してから、1年と少しが経過した。 そして、このソーシャル・ネットの巨人と、組織化されたばかりの  Open Compute Project のメンバーたちは、この 3回目の Open Compute Summit を開催し、新しいパートナーたちをを加え、クールなユースケースを見せつけ、さらには、スタンダードに新しいテクノロジーを加えようとしている。 そして驚くべきことに、ハードウェア・ベンダーたちがマージンを確保し、また、いくつかのイノベーションを達成していくための方式が、ここでは考えられているのだ。  

クリックで拡大 ⇒

At the third Open Compute Summit held at the Rackspace HQ in San Antonio, Texas, Frank Frankovsky, founding board member of the Open Compute Project, detailed the new companies joining the efforts. They include HP, AMD, Fidelity, Quanta, Tencent, Salesforce.com, VMware, DDN, Vantage, ZT Systems, Avnet, Alibaba, Supermicro, and Cloudscaling. HP, Quanta, and Tencent have also joined the OCP Incubation Committee, which reviews proposed projects and decides if they make the grade.

San Antonio, Texas の Rackspace HQで開催された 3回目のサミットで、Open Compute Project のボード・メンバーである Frank Frankovsky は、この試みに賛同する新しいメンバーたちの詳細を説明した。 そのメンバーには、HP/AMD/Fidelity/Quanta/Tencent/Salesforce.com/VMware/DDN/Vantage/ZT Systems/Avnet/Alibaba/Supermicro/Cloudscaling などが含まれているのだ。 さらに、HP/Quanta/Tencent は、提案されたプロジェクトをレビューし、それらが基準に達しているのかどうかを判断する、 OCP Incubation Committee にも参加している。

Open Compute storage, racks and motherboards! Oh my!

Frank Frankovsky
at the second Open Compute Summit 

But new members are not as exciting as new technologies and Frankovsky detailed contributions that Facebook is making as well as some new projects by other OCP members. Facebook is contributing its Knox vanity-free storage server and OpenRack, a rethink of the way server racks are designed to help improve energy efficiency and utility for webscale data centers. The OpenRack project expands the rack width from 19 inches to 21, and takes something that Frankovsky said was designed to hold 195os railroad switching equipment into the current era.

しかし、それらの新メンバー以上にエキサイティングなのが、一連の新しいテクノロジーであり、また、Frankovsky の説明によると、Facebook 行ってきたようなコントリビューションが、その他の OCP メンバーにより達成されているようだ。 Facebook は、きわめて実質主義の Knox ストレージ・サーバーと OpenRack をコントリビュートしているが、Web スケールのデータセンターのエネルギー効率と有用性を改善するために、そのサーバー・ラックのデザイン手法は再考されている。 この OpenRack プロジェクトは、19 inch から 21 inch へと幅を拡大する。 そして、Frankovsky が言うには、195os ゲージのスイッチング装置をホールドすようようにデザインされるようだ。

Outside of Facebook’s contributions, AMD and Intel have contributed motherboard designs aimed specifically at the financial services markets. And those financial service customers are no myth. Someone from Fidelity is expected to get onstage to discuss the private cloud that it’s building using Open Compute hardware. Fidelity will be one use case, and NTT, the data center provider is another. NTT has built a cloud using Open Compute hardware and OpenStack, creating an entirely open hardware infrastructure layer.

Facebook からのコントリビューション以外にも、AMD と Intel は、とりわけ金融サービ市場に特化した、マザーボード・デザインを提供している。 そして、金融サービスのカスタマーが居るというのは、決して世迷言ではない。 なぜなら、Open Compute ハードウェアを用いて構築した、プライベート・クラウドについて説明する、Fidelity のステージがあると期待されているからだ。 Fidelity は、1つのユース・ケースであり、データセンター・プロバイダとしての NTT が、もう 1つのケースである。 NTT は、オープン・ハードウェアによるインフラ・レイヤを構成し、Open Compute ハードウェアと OpenStack を用いたクラウドを構築するようだ。

Building businesses with Open Compute.

It’s not entirely surprising that those building webscale, or just big, data centers would be trying to take advantage of the cost and energy efficiencies that the folks at OpenCompute are trying to promote. Frankovsky likens it to stripping everything to its essentials and adding back only what is needed. He explained that the standard keeps everything simple for vendors and buyers, but the specifications allowed on top of the standard allow for differentiation for industries and suppliers. The main difference seems to be that Open Compute has given large equipment buyers the power to dictate the standards and specs they want instead of the vendors doing so.

それらが Web スケールであり、また、大規模であるからと言って、けっして驚くべきではない。 つまり、OpenCompute での人々がプロモートしてきたように、データセンター関発における、コストとエネルギーの効率を高めようとしているだけだ。 Frankovsky は、本質を残して、その他すべてを取り除き、そして、必要とされるものだけを加えることだと、たとえている。 そして彼は、スタンダードとは、ベンダーとバイヤーのために、すべてを単純化することだと説明する。しかし、このスタンダード上で指定される仕様は、サプライヤーごとのものであって良いと発言している。 そこで、何かが変わったかというと、ベンダーが提供するスタンダードと仕様に代えて、それら自体を、大手のバイヤーたちが規定していく力を、Open Compute が与えていることだと思われる。

クリックで拡大 ⇒
The Open Rack design.

That shift in power is what led me to wonder if Open Compute might mean the end of decent margins for HP, Dell, IBM and other vendors when Facebook launched the project. But it looks like the ecosystem is adapting. HP and Dell are showing off new server and storage designs that will be compatible with OCP’s Open Rack specification. And companies are building businesses around the Open Compute Project’s guidelines.

こうした権限のシフトから私が想像するのは、Open Compute のプロジェクトを Facebook が立ち上げたときから、HP/Dell/IBM といったベンダーにとって、適切なマージンの確保が不可能になったのかという点である。 しかし、エコシステムは順応しているように見える。 HP と Dell は、OCP の Open Rack 仕様と互換性のある、新しいサーバーとストレージのデザインを誇示している。 そして、それらの企業は、Open Compute プロジェクトのガイドラインに合わせた、それぞれのビジネスを構築している。

Quanta, the company that makes many of the servers that vendors like Dell sell, is launching a new business unit called QCT that will sell OCP gear direct to customers. Quanta’s business is aimed at selling gear to the likes of Facebook, Amazon(a amzn) and other IT buyers who know exactly what they want and just need someone to build it, but for those who have put a little less thought into their infrastructure stack, Hyve, ZT Systems, and Avnet are now some type of certified partner able to help companies create data centers using the OCP specifications.

Quanta は Dell のようなベンダーと同様に、数多くのサーバーを開発/販売しているが、OCP 準拠の製品を顧客にダイレクト販売するための、QCT という新しいビジネス・ユニットを立ち上げている。 Quanta のビジネスは、何が必要であり、また、それを他者に構築してもらうことが有効だと知っている、Facebook や Amazon といった IT バイヤーに、それらのプロダクトを販売することである。しかし、そこまでのインフラ・スタックやノウハウを有していない IT バイヤーに対しては、Hyve/ZT Systems/Avnet といった承認されたパートナーたちが、OCP 仕様を用いたデータセンター構築までを支援していくことになる。

So far the Open Compute Project members and vendors are walking the line between getting what they want from an industry that historically hasn’t been so responsive and making sure that buyers throw enough bones at them to ensure they can stay healthy. And while I don’t see Facebook buying from Avnet, I do think  data center gear that’s designed to operate at a large scale with maximum energy efficiency has a place even in the stodgiest of IT shops.

これまでのところ、Open Compute プロジェクトのメンバーとベンダーは、歴史的にみて順応性の低かった業界から、必要なものを入手するという局面と、バイヤーにとって適切な状況を確保するために、欠かすことのできない情報を発信し続けるという局面の間で、協調しながら歩み続けている。そして、Facebook が Avnet から IT ギアを購入することはないだろうが、ラージ・スケールにおいて最大のエネルギー効率で稼働するようデザインされた、データセンターを構築するためのプロダクトが、IT ショップの古臭い考え方を置き換えていくと、私は考える。

As Frankovsky writes in a blog post:

Perhaps most importantly, though, is the industry’s decreasing focus on what OCP founding board member Andy Bechtolsheim calls “gratuitous differentiation” and its increasing focus on driving innovation where it matters. This is the work we have ahead of us in the coming months, as we pursue even greater advances and efficiencies in scale computing technology. It is no small task that we’ve set for ourselves – but as the last year has proven, we can accomplish anything if we work together in the open.

Frankovsky のブログポストを、以下に引用する:

しかし、おそらく最も重要なことは、OCP ボード・メンバーである Andy Bechtolsheim が「無報酬による差別化:gratuitous differentiation」と呼ぶものに対して、この業界が注目していない点にある。 つまり、イノベーションが必要とされているところで、そこへの注意を喚起していくことが必要だ。 そして、私たちが行うべきことは、スケール・コンピューティングのテクノロジーにおいて、さらに素晴らしい進歩と効率を追及するための今後の数ヶ月で、これまでの作業をさらに前進させていくことである。 私たちが自身に課してきたタスクは、決して小さいものではない。しかし、昨年に証明されたように、それをオープンにしていくなら、何でも達成できる。

So viva cooperation! Although in this brave new world of webscale architecture, which Frankovsky thinks will influence high-performance computing and enterprise computing, it still remains to be seen how much relevance companies like Dell or HP will continue to have.

この協調に幸あれ! ただし、、、この Web スケール・アーキテクチャによる新しい世界が、HPC やエンタープライズに対して影響を与えると Frankovsky は考えるにしても、 Dell や HP といった企業が、それを継続して推進するかといえば、まだ、様子を見る必要があるだろう。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

 

 

ーーーーー

TAG index5月 2日・3日と、Rackspace の HQ で開催された Open Compute Summit ですが、昨年の NY のような派手さはなく、この新しい発想のもとにエコシステムを再構成する方式に、議論が集約されていると感じました。 一言でいって、型破りな構想ではありますが、爆発といっても過言ではない Web スケールでの進化に、如何にしてデータセンターが追随していくのかと考えると、通らなければならない道だとも思えてきます。 それにしても、会場に Stacey Higginbotham さんがいたのに、ご挨拶もできなかったとは、Agile_Cat 一生の不覚でござる www ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Building Efficient Data Centers with the Open Compute Project
オープンなハードウェアは、データセンターに地殻変動を起こせるのか?
Facebook が推進する Open Compute Project は、離陸できるのだろうか?
Amazon の James Hamilton が語る、効率の良いデータセンター運用のコツとは?
Facebook – Oregon データセンターの写真が一挙公開!
Facebook Oregon データセンターを、10分間の詳細ビデオで ど~ぞ!
詳細な解説つきの Facebook Oregon DC フォト・ツアー

%d bloggers like this: