Agile Cat — in the cloud

アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Web Scale by Agile Cat on May 31, 2012

Mobile share of web traffic in Asia has tripled since 2010
http://wp.me/pwo1E-4gI
May 8th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/05/08/mobile-web-traffic-asia-tripled/

Image

In just over two years, the share of web traffic in Asia that comes from mobile devices has almost tripled. In fact, in some countries, close to half of all web traffic comes from mobile devices. India is very close to mobile traffic breaking 50% of all web traffic, as are several other countries in Asia as well as Africa.

この 2年少々の期間において、Asia の モバイル Web トラフィック・シェアは、約 3倍に増大している。 実際のところ、いくつかの国々では、すべての Web トラフィックの 約 1/2 が、モバイル・デバイスからもたらされている。 India は、その他の Asia の国々と同様に、全 Web トラフィックの 50% ラインを、モバイル・トラフィックが突き破る寸前まできている。 なお、この傾向は、Africa 諸国にも見出される。

The world is changing, and it’s changing fast

Image

If you look at the top countries in the world ranked by number of mobile phones, there’s little surprise that China is the number one, followed by India, United States, Brazil, and Indonesia.

モバイル・デバイスの保有台数という視点で、世界のトップの国々をランク付けし、1位が China で、その後に India、United States、Brazil、Indonesia と続く状況を見ても、ほとんど驚きがないだろう。

But if we look at the percentage of users that go online with a mobile device compared to with a computer, the list changes.

モバイル・デバイスの保有台数という視点で、世界のトップの国々をランク付けし、1位が China で、その後に India、United States、Brazil、Indonesia と続く状況を見ても、ほとんど驚きがないだろう。しかし、モバイル・デバイスからオンラインに出ていくユーザーの数と、PC からのユーザーの数を比較すると、このリストは一変する。

Image(1)

クリックで拡大 ⇒

In late 2010, we investigated what part of all web usage across the world was mobile, and we’ve done so again with the latest figures available. This is what it looks like right now:

2010年も終わるころ、私たちは全世界をカバーする調査として、Web 利用におけるモバイルの比率を算出した。 そして、いま、最新の数字を用いて、それらを比較してみた。 その、最新の調査結果が、このチャートに反映されている。

Comparing the figures from 2010 to the current ones reveals a dramatic increase in just over two years:

2010年のデータと、現在のデータを比較すると、この2年少々の間に、モバイル Web トラフィックが、きわめて大幅に増大していることが分かる。

Image(1)

クリックで拡大 ⇒

We should point out that these numbers are percentages out of the total of web traffic and do not reflect any change in the absolute number of people or devices.

ここでは、こうしたデータが Web トラフィックの比率であり、モバイル・デバイスの絶対数や、それらを所有する人々の人数ではないことを、指摘しておくべきだと思う。

But by all accounts, mobile web traffic counted in absolute numbers is virtually exploding in the next few years.

しかし、誰に聞いても、絶対量でカウントさられるモバイル Web トラフィックは、これからの数年に間に、爆発といっても過言ではない状況になっていく。

Countries with largest mobile share of web traffic

When we dig a little deeper into this information, we find that, in several countries, mobile web traffic is close to overtaking web traffic from computers.  Over at The Next Web, Jon Russell recently predicted that mobile web traffic in India will overtake PC web traffic this year, which seems pretty likely to happen.

こうした一連の情報について、さらに掘り下げて考察していくと、いくつかの国では モバイル Web トラフィックが、PC による Web トラフィックを追い越しそうだと思えてくる。   最近のことだが、Jon Russell の The Next Web では、India のモバイル Web トラフィックが、今年には PC Web トラフィックを追い越すと予測されている。そして、その可能性は、きわめて高いものと思われる。

Right now, the countries with the highest share of mobile traffic as part of total web traffic are:

まさに、いま、以下の国々は、全体的な Web トラフィックに対して、きわめて大きなモバイル・トラフィックの比率を有している。

  • 48.87% – India
  • 47.09% – Zambia
  • 44.95% – Sudan
  • 42.36% – Uzbekistan
  • 40.65% – Nigeria
  • 37.95% – Zimbabwe
  • 35.46% – Laos
  • 34.66% – Brunei
  • 31.79% – Ethiopia
  • 29.2% – Kenya

As you can see, Africa and Asia split the list between them. Africa amassed six countries, which left Asia with four.

ここで確認できるように、Africa と Asia がリストを分け合っている。 6か国が Africa からであり、残りの 4か国が Asia からという状況である。

The first European country is the United Kingdom with 10.71%, and the U.S. showed 8.61% mobile web traffic as share of all web traffic.

European でのトップは 10.71% の United Kingdom であり、U.S. は 8.61% となっている。 この数字も、すべての Web トラフィックに対する、モバイル Web トラフィックが比率である。

It’s worth noting that Europe scored a 183.43% increase in mobile browsing share over this period, not that far behind Asia. But with the mobile share only increasing from 1.81% to 5.13%, Europe is still far behind both Africa and Asia when it comes to the percentage of users accessing the web using mobiles.

この期間において、Asia の数字と近いところで、Europe でのモバイル Web ブラウジングの比率が 183.43% 増というのは、注目すべき価値を持っている。 しかし、モバイルの比率としては、1.81% から 5.13% まで増加したという状況でありで、この Web アクセスに関する比率をベースに、Europe を Africa や Asia を比較すると、その差は依然として大きい。

The trend is set to continue

Worldwide, mobiles only account for about 10% of web access, but it’s a figure that is growing fast. With some countries already closing in on 50% of web traffic coming from mobiles – with India in the lead – it’s safe to assume this development will only continue.

ワールドワイドに目を転じると、全体的な Web アクセスに対して、モバイルが占める比率は約 10% に過ぎないが、素早く成長しているのも確かである。 このレースは India がリードしているが、その他にも、いくつかの国々が Web トラフィックの 50% ラインに近づいている。 こうした展開が継続されると想定しても、間違いはないだろう。

Clearly, people are taking to their mobile devices all over the world to get on the Internet, but more so in Africa and Asia than elsewhere.

明らかなことは、世界中のいたるところで、人々がモバイルからインターネットにアクセスするようになったことだ。 しかし、どの地域よりも、Africa と Asia で、その傾向が強いということだ。

This is a very interesting development to follow, and we’re sure to report on it in future articles.

こうした展開は、きわめて興味深いものであり、また、私たちも継続してレポートしていくつもりだ。

Note about the data: We used data from StatCounter as the basis for our analysis. The data for 2012 covers the first seven days of May, 2012.

 

ーーーーー

Image(2)

どこで、似たような調査があったはずとバックナンバーを探してみたら、2011年7月に「インドのブロードバンドは、3G Connection により急成長する」という抄訳をポストしていました。こちらは、回線契約者の比率という視点ですが、明らかにモバイル・ユーザーがブロドバンド・ユーザーを上回っているようです。いきなりモバイルから始まるデバイスと、やはり、いきなりクラウドから始まるサービスとの組み合わせで、ジャンプ・スタートを決めそうな感じですね。ーーー Image

ーーーーー

<関連>

クラウドの利用率では、南米とアジアが他をリードしているのか?
インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる
モバイル・テクノロジーが進化すれば、リモート・ワーカーが増えていく
Google Chrome は、すでに アジア No.1 のブラウザなのだ!
OpenLogic のスキャン調査によると、オープンソースが 730% も増えているらしい

 

Facebook はモバイル広告に飲み込まれるのか? それとも逆に取り込んでいくのか?

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Mobile by Agile Cat on May 30, 2012

Will Facebook adapt to mobile or will mobile adapt to Facebook
http://wp.me/pwo1E-4gz
By Kevin Fitchard May. 16, 2012
http://gigaom.com/mobile/will-facebook-adapt-to-mobile-or-will-mobile-adapt-to-facebook/

_ Gigaom

We all know Facebook needs to become a force in mobile advertising, but just how much of a force? If Facebook were to replicate the success of its desktop ad business on mobile it would account for a healthy chunk of the entire world’s current mobile ad spend. And if it sticks with its planned approach to mobile ads it would need to create a whole new mobile advertising sector from scratch.

Facebook がモバイル・アドバタイジングで、パワーを必要としているのは周知の事実であるが、それは、どのようなものになるのだろう? もし Facebook が、デスクトップにおける広告ビジネスの成功を、モバイルでも繰り返すことができるなら、全世界で費やされている広告料金の、かなりの部分を独占することになるだろう。 そして、モバイル広告のために計画されたアプローチを継続していくなら、そのためのアドバタイジング部門を、ゼロから作り上げることが必要になるだろう。  

If Facebook’s future is mobile, it may not be enough for it to merely secure a piece of the mobile ad market: It might need to make the mobile ad industry figure out how to work with Facebook.

Facebook の未来がモバイルにあるなら、モバイル広告マーケットにおける一部分になるだけでは不充分かもしれない。 つまり、モバイル広告の業界に対して、Facebook と共に機能するための方式を理解させる必要が生じるだろう。

imageBerg Insight calculated that global spending on mobile advertising was $3.4 billion in 2010. And while it’s growing at rate of 37 percent per year, Facebook’s total revenues in 2011 were $3.7 billion, of which $3.1 billion came from ads. Meanwhile of its 845 million monthly active users, more than half of them accessed the social network through mobile apps or its mobile website, which sport no ads.

Berg Insight の試算によると、モバイル・アドバタイジングに対する全世界の支出は、2010年の段階で $3.4 billion であるという。 それは、年間で 37% の割合で成長しているが、2011年における Facebook のトータル収入は $3.7 billion であり、そのうちの $3.1 billion を広告に依存している。 その一方で、アクティブなマンスリー・ユーザーは 8億 4500万人を数えるが、その半分以上が、モバイル・アプリあるいは、モバイル Web サイトを介して、このソーシャル・ネットワークにアクセスしている。 そして、そのモバイル環境である Facebook Mobile には広告が掲載されていない。

Of course, most customers are using both platforms, not one or the other, so Facebook doesn’t need to build a $3 billion mobile ad business overnight. But even if Facebook were replicate a fraction of its Web-based ad business on mobile, it would account for a large portion of the money currently being spent on mobile ads.

もちろん、大半のユーザーは 2つのプラットフォームを使っており、デスクトップあるいはモバイルの一方でというケースは少ない。 したがって Facebook は、$3 billion 分のモバイル広告ビジネスを、一夜で構築しなければならないという状況にはない。 しかし、たとえ Facebook が、Web ベースの広告ビジネスの一部をモバイルで再現するにしても、現時点における全モバイル広告に費やされる予算の、かなりの割合を占めることになるだろう。

Mobile hasn’t been unkind to Facebook

Facebook isn’t losing money on mobile today – far from it. eMarketer principal analyst Noah Elkin pointed out that 90 percent of Facebook’s customers are crossing between platforms, meaning they’re generating ad revenue in one way or another. They may not see any ads when they’re accessing the network from their phones, but they’re certainly seeing them when they log in from their Web browsers. One of the reasons those customers remain active and loyal to Facebook is because they have the flexibility to network socially from anywhere, so you could argue that mobile drives more ad views, not less.

いまのところ、Facebook はモバイルで赤字を出しているわけではない。 言い換えれば、そこから離れたところで稼いでいる。 eMarketer の主任アナリストである Noah Elkin は、Facebook ユーザーの 90% が 2つのプラットフォームを行き来しているため、何らかのカタチで広告収入を生み出していると指摘している。 つまりユーザーたちは、このネットワークにモバイルからアクセスしているときは広告を見ないが、PC から Web ブラウザからログインするときに、それらを見ることになる。 Facebook ユーザーたちがアクティブでロイヤリティを有している理由は、このソーシャル・ネットワークには何処からでもアクセスできる、柔軟性が提供されているからである。 したがって、モバイル・デバイス上で、広告のビューを促進させるという議論も成立することになる。

imageIt’s the remaining 10 percent, or 83 million users, that Facebook is worried about, Elkin said. Facebook doesn’t make a dime in ad sales off them, and while they may be a small segment of Facebook’s customers now, they’re its fastest growing segment as they’re coming from the developing markets where Facebook’s future growth lies.

Facebook が気にかけているのは、10% に該当する 8300万人のユーザであると、Elkin は言う。 Facebook は、彼らから、一銭の広告売上も得ていない。 そして彼らは、いまの Facebook としては小さい、発展途上のセグメントに属しているが、Facebook の将来に大きくかかわる成長力を有している。  

“The big concern is the mobile-only audience is growing faster than the multi-channel or desktop only audience,” Elkin said. “The long-term concern is that the mobile-only audience will come to dominate the social network.”

「 最大の関心事は、モバイルのみのオーディエンスが、マルチ・チャネルもしくはデスクトップのみのオーディエンスより、急速に増大しているということである。  そして、長期的な関心事は、モバイルのみのオーディエンスが、ソーシャル・ネットワークを占有していくことだ」と、Elkin は言う。

Enter the ‘sponsored story’

Facebook’s answer isn’t the display or search advertising responsible for the lion’s share of the mobile ad market today, but the sponsored story, which it only recently introduced on the desktop interface and now plans to migrate to mobile. The format is so nascent that it’s not even really factoring into eMarketer’s current ad spend figures for traditional online spending: to say nothing of mobile.

Facebook の回答は、今日のモバイル広告マーケットにおける、ディスプレイやサーチで圧倒的なシェアを獲得することではない。しかし、Sponsored Story に関しては、デスクトップ・インタフェース上に導入し、また、モバイルへの展開も計画している。 そのフォーマットは、きわめて発生期的なものであるため、eMarketer における、従来からのオンライン支出の算定基準に入ってこない。それは、モバイルにおいても同様である。

imageElkin said the format is promising not only because Facebook can use it to tailor ad content specifically to its users interests – which it knows a lot about – but that it could also factor in location and presence data unique to mobile. That means more value for advertisers and more revenue per ad. Ultimately that could overcome the limitations of a mobile, where a small screen gets cluttered pretty easily. But it’s also an untried advertising format, and as my colleague Mathew Ingram points out not even Facebook is convinced sponsored stories will work.

Elkin が言うには、それぞれのユーザーの関心に合わせて(周知の通り)、フォーマットを仕立てることが出来るため、この試みは Facebook に希望を抱かせるものになる。そして更に、モバイルにおいては、ロケーションとプレゼンスのデータも有用になる。 つまり、ひとつの広告あたりの売上が増大し、より多くの価値を広告主に提供できるはずだ。 そして、どうしても雑然としてしまう小さなディスプレイという、モバイル固有の限界を、最終的には克服していくだろう。 しかし、それは試されていない広告フォーマットでもあり、また、Sponsored Story が上手くいくかどうかは、Facebook 自身が確信できていないはずであると、私の同僚である Mathew Ingram は指摘している。  

“If Facebook is successful, one of the impacts will be that it will grow mobile advertising overall,” Elkin said. Google, Apple and Millennial Marketing wouldn’t stop growing in the mobile ad space, but Facebook’s mobile ad revenue would be additive. In fact, one of the reasons eMarketer is projecting such huge growth in U.S. mobile advertising – jumping from $1.45 billion in 2011 to $10.8 billion in 2016 – is because it projects that Facebook will precipitate a surge in new ads starting in 2014. If Facebook flops, then eMarketer will have to revisit its growth numbers, Elkin said.

「もし、Facebook が成功するなら、モバイル広告の全体を成長させていく、インパクトが生じるだろう」と、Elkin は言う。 Google および、Apple、Millennial Marketing は、モバイル広告スペースの拡大を止めないだろうが、Facebook におけるモバイル広告収入は、これから加算されるものである。 eMarketer は、アメリカのモバイル広告が、2011年の $1.45 から 2016年の $10.8 billion に急上昇すると予測しているが、その背景には、2014年に始まるとされる Facebook の新しい広告が、この市場を押し上げるという推測が存在している。 もし、Facebook が失敗するなら、eMarketer は膨張係数を再考しなければならないだろう、と Elkin は発言している。

Don’t piss off your future customers

Facebook faces some daunting tasks. It can’t just a build a mobile ad business. It has to build the mother of all mobile ad businesses. And it has to do so with an ad format that’s still unproven.

Facebook は、いくつかの困難なタスクに直面する。 それは、モバイル広告ビジネスを立ち上げるだけで達成できるものではない。 つまり、すべての母となり得る、最高のモバイル広告ビジネスを築かなければならない。 そして、さらに、これまで証明されていない、新しい広告フォーマットを用いて、それを実現しなければならない。

imageUltimately, its entrenched customers will cut Facebook some slack. They might gripe about ads crowding the limited real estate of their phones, but they’re not likely to abandon Facebook considering how much of their online lives are embodied in the social network. But then again, those aren’t the customers Facebook is losing money on.

究極的な観点で言えば、強固なロイヤリティを持つユーザーたちは、Facebook を大目に見るだろう。 彼らは、モバイルの小さなディスプレイに広告が押し寄せることに、不平を言うかもしれない。 しかし、どれだけのオンライン・ライフが、このソーシャル・ネットワークに取り込まれているのかと考えれば、Facebook か捨てられる可能性は低いだろう。 その時、再び、彼らは Facebook のコストを食い尽くすだけの、ユーザーではなくなっているだろう。  

It’s the mobile-only users just discovering Facebook in India and other far-flung countries across the globe that the company needs to please. For many of them their first and only experiences with Facebook will be through mobile phones. If that experience isn’t engaging (and as my colleague Kevin Tofel writes the Facebook mobile app experience is often sub par) then customers may abandon the social network entirely.

モバイル・オンリーにユーザーたちは、India などの広範囲におよぶ国々に見出されるが、世界を狙う Facebook にとって、喜ばせなければならないユーザーでもある。 それらの多く人々は、モバイル・フォン介した最初のエクスペリエンスを、Facebook から得ることになるだろう。 そして、そのエクスペリエンスに魅力がなければ(同僚である Kevin Tofel が、Facebook mobile app experience is often sub par を書いているように)、それらのユーザーたちは、ソーシャル・ネットワーク全体を捨てるかもしれない。

ーーーーー

imageかつて、その広告モデルを用いて、Microsoft のライセンス・ビジネス・モデルを破壊した、Google ビジネスの根幹を切りくずしにかかるのでしょうか? そこを Facebook が狙っていくのは、同社のビジネスとしては、とても正しい戦略だと思えます。 広告は単なる手段に過ぎないのですから、広告主にとっての売上という目標が達成され、また、そのモバイル画面が煩雑にならないなら、誰もがハッピーという結末にいたると思えるのです。 期待したいですね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

Facebook Phone に必要な、最後のワンピースが Opera なのか?
Facebook が Opera を買収するという、ウワサが流れ始めた
Facebook は Instagram API を殺さないと思うけど
Facebook の滞在時間で、スマホ が PC を上回った : 米調査
過熱する IPO 報道と、Facebook vs. 投資家 の せめぎ合い

 

New Chromebook と Chromebox を、Google と Samsung が発表!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Samsung by Agile Cat on May 30, 2012

Google and Samsung Unveil New Chromebooks
http://wp.me/pwo1E-4gu

May 28 2012 – by
Peter Pachal
http://mashable.com/2012/05/29/new-chromebooks-chromebox/

_ Mashable

Samsung just unveiled two new Chrome OS devices, computers that run Google’s Chrome operating system. One, like its predecessors, is a laptop design — a.k.a. “Chromebook” — while the other is a “Chromebox,” which is meant to be paired with a monitor.

つい先ほど、Samsungは 2つの Chrome OS デバイスを、つまり、Google Chrome OS を走らせる、2つのコンピュータを初公開した。 1つは、これまでと同じく、「Chromebook」として知られる ラップトップ・デザインである。 しかし、もう 1つは「Chromebox」という新しい切り口の製品であり、モニターと組み合わせて利用するものとなる。

Google says the new Series 5 Chromebook run up to three times faster than the first generation of Chromebooks that Google released last year. The new devices support hardware-accelerated graphics, and the Series 5 has a “built-from-scratch” touchpad that’s said to have a much faster response time.

Google が言うには、この新しい Series 5 の Chromebook は、昨年にリリースされた第1世代よりも、最高 3倍の性能を有するらしい。 この新しいデバイスは、ハードウェア・グラフィック・アクセラレータをサポートし、また、Series 5(ノート)に関しては、ゼロから開発されたトラックパッドにより、応答速度を高めたとされる。

Chromebooks are meant to be simple, yet nimble machines focused on everyday productivity tasks like web browsing and email, with a price to match. In keeping with that philosophy, both the new laptop and Chromebox are powered by Intel’s entry-level Celeron processors, with 4GB of RAM and 16GB of solid-state storage. Google says it boots up in seven seconds and resumes “instantly.”

Chromebooks はシンプルであるが、Web ブラウジングやメールといった、日々の生産性にタスクに焦点を合わせた機敏なマシンであり、その価格もリーズナブルである。 また、Google の考え方に合わせて、この 新しい Chromebook と Chromebox は、4GB の RAM と 16GB の SDD ストレージを、Intel の エントリ・レベル CPU である Celeron プロセッサでドライブする。Google が言うには、ブートは 7秒で完了し、レジュームも瞬時となる。

The Chrome OS emphasizes constant connectivity, but Google is making the Chromebooks more usable when a connection is unavailable. Google Drive is integrated with the Chromebooks’ file system, and Google says it’s going to roll out offline support for the service over the next few weeks. It also says many of the apps in the Chrome Web Store are offline-capable as well.

Chrome OS は常時接続を前提とするが、ネットワークが利用できないときの Chromebooks の有用性に関しても、Google は考慮している。 Google Drive は、Chromebooks のファイル・システムと統合され、また、数週間をカバーするオフライン・サービスをサポートすると、Google は発言している。 さらに、Chrome Web Store から提供されう、アプリケーションの多くがオフライン対応するとも、同社は発言している。

imageThere’s also a revamped media player and photo editor. And Chrome Remote Desktop (in beta) lets you use your Chromebook to securely connect to your Mac or PC, simulating the desktop experience in Chrome OS.

また、改善されたメディア・プレーヤーとフォト・エディターも提供される。 そして Chrome Remote Desktop(ベータ)により、Mac と PC のデスクトップ・エクスペリエンスが、Chrome OS 上のセキュアな接続を介してシミュレートされる。

The new Series 5 Chromebook comes in WiFi+3G and WiFi-only versions (as a non-mobile device, the Chromebox is WiFi-only). The new Chromebook’s screen is 12.1 inches, and the Chromebox can connect to up to two 30-inch external displays. Two USB ports are on the Chromebook, while the Chromebox boasts six.

新しい Series 5  Chromebook には、WiFi + 3G と、WiFi Only のバージョンがある(Chromebox は WiFi Only)。 Chromebook のスクリーンは12.1 inch であり、また、Chromebox に関しては、30 inch の外部ディスプレイを 2台まで接続できる。USB ポートに関しては、Chromebook が 2 で、Chromebox が 6 となる。

The WiFi-only Series 5 Chromebook costs $450, while the WiFi+3G version is $550. The Chromebox is $330.

そして価格だが、WiFi-only の Series 5 Chromebook が $450、WiFi + 3G が $550 であり、Chromebox は $330 となる。

What do you think of Samsung’s new Chrome OS devices? Yay or Nay? Sound off in the comments.

この、Samsung の 新 Chrome OS デバイスは どうだろう ? 意見があったら、コメント欄へ。。。

ーーーーー

TAG indexとりいそぎの速報です。 日本時間で 5月30日 午前7時ですが、Google で検索した結果では、最も早く報道した BBC が 3時間前となっています。 短時間のうちに、かなりのニュースが流れ始めましたので、かなりの注目を集めているものと思われます。 Mashable を選んだ理由は、一番短かったからです :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Chrome が IE を抜いて、世界の No.1 になったが・・・
Google Chrome の iOS 版が登場するって ホント?
Samsung Galaxy S III は、4-Core、4.8 inch、8.6 mm だ!
Samsung Galaxy Tab 2 は Kindle Fire キラーになれるのか?
Larry Page が1年間で達成した、Google 的な7つの業績とは

 

クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない : それは 経営者の務めである

Posted in .Chronicle, .Selected, Research, Strategy by Agile Cat on May 29, 2012

Cloud is a corporate strategy, not a tactical solution
http://wp.me/pwo1E-4gj

By Mark Thiele, Switch May. 6, 2012
http://gigaom.com/cloud/cloud-is-a-corporate-strategy-not-a-tactical-solution/

_ Gigaom

As an IT community we are still stuck in the past relative to the strategic nature of cloud. Many of us are looking at the adoption of cloud as just another technology, and are leaving the decisions on how to adopt, own, and manage the cloud up to engineers. But acquiring a cloud management platform is not an engineering decision — it’s a strategic one. Do engineers need to be involved? Yes, but your cloud adoption strategy has already failed if you don’t treat cloud as the operational construct that it is.

IT 共同体として私たちは、クラウドにおける戦略的特性の、これまでの経緯の中に依然として立ち往生している。 言い換えれば、私たちの多くが、別のテクノロジーとしてクラウドの適用を認識し、さらに言えば、どのようにクラウドを適用/所有/管理のすべきかという判断を、エンジニアに任せきりにしているのだ。 しかし、クラウド・マネージメント・プラットフォームの導入は、エンジニアが決定すべきものではなく、企業戦略として行なわれるべきものである。 エンジニアが関与する必要があるのだろうか? つまり、経営陣がクラウドについて、運用を統制するものとして取り扱わないなら、そのクラウドの適用はすでに失敗しているのだ。  

I wrote “Cloud management, what’s the big deal” a little over a year ago and the good news is many more of us now at least acknowledge the need for robust management tools. The problem is, we still think of them as “tools”. Cloud management isn’t just a pretty wrapper that you put on top of virtualization to make it easier to use, and it’s not a few scripts that automate builds or scaling functions. Cloud management is a platform that allows the cloud(s) owner to express their company’s directives and policies effectively and safely onto their myriad technology solutions and across international borders.

もう 1年も前になるが、私は「Cloud management, what’s the big deal」という記事を書いた。そして、GOOD ニュースとして捉えて良いのは、より多くの人々が、堅牢なマネジメント・ツールの必要性を、少なくとも認めたということである。 そして、ここでは、それらを、まだ「ツール」と見なしていることについても問題視していきたい。 クラウド・マネージメントは、仮想テクノロジーを容易に使うための優れたラッパーではなく、ましてや、スケーリング機能を自動的に構成するスクリプトでもない。クラウド・マネージメントとは、それぞれの企業における方向性と政策を効果的に表明する能力を、そのオーナーに与えるためのプラットフォームである。さらに言えば、それらの企業が抱える無数のテクノロジー・ソリューションを、国境をまたいで安全に展開するためのプラットフォームでもある。

Why the cloud management platform you choose is so important

Like any software that solves a problem or creates an opportunity (often one and the same), a cloud management platform should be acquired only after defining a clear set of requirements. The requirements should be defined with the CIO and I’ve explained why after each requirement. A cloud management platform should:

問題を解決しビジネス・チャンスを創出するソフトウェアと同様に、クラウド・マネージメント・プラットフォームも、明確に要件が定義された後に入手されるべきものである。 それらの要件は、CIO により定義されるべきである。そして、私は、それぞれの要件が得られた後の、Why について説明してきた。 以下に示す項目が、クラウド・マネージメント・プラットフォームが行うべき事柄である:

Be capable of managing a variety of clouds – A strategic vision for where and how clouds will be adopted or dropped is important for a number of reasons: avoiding lock-in, the ability to retrieve data in a usable format, finding the appropriate cloud platform for the expected workload and location. Depending on the business you’re in you may use partnerships and or competitive concerns as a decision factor in your multi-cloud strategy.

多様なクラウドを管理していく能力 – それぞれのクラウドの採用/不採用を、どのような観点で判断するかという戦略的なビジョンは、複数の要素から構成される。 具体的には、ロックインの回避/有用な形式でデータを抽出する能力/予想されるワークロードとロケーションに適したクラウド・プラットフォームの見極めなどである。 それぞれの企業のスタイルに応じて、協調や競合における関心事を活用することになるが、それらが、多様なクラウド戦略を選択する際の要因となっていく。

Handle data security and location – Do your systems administrators have access to corporate strategy around locations and data privacy requirements? What about HIPAA or other regulatory concerns? If they don’t even recognize this as an area of concern, why would they look for it in a management tool?

データのセキュリティとロケーション – システム・アドミニストレータたちは、ロケーションとデータ・プライバシーの要件における、企業として戦略にアクセスできるのか? HIPAA などの規制について、関心を持っているだろうか? もし、それらを重要な分野として認識していないなら、マネジメント・ツールの中から、どのように必要な項目を探し出すのだろうか?

Take care of policy management across clouds – Your architects and engineers might be terrific, but are you sure they are the best ones to determine the value of having a common and simplified set of tools for managing policy and governance across your images and across different clouds? Policy considerations can take into account everything from privacy to security, to performance and lifecycle depending on the platform you choose.

複数のクラウドをまたいでポリシーを管理 – 素晴らしいアーキテクトとエンジニアを擁しているのだろうが、彼らは経営陣のイメージを理解できるだろうか? つまり、複数クラウドを横断するポリシーとガバナンスを管理するための、単純化されたツール・セットの価値を判断する、最適な人材だと確信できるだろうか? ポリシーにおける考察には、選択すされるプラットフォームのプライバシー対策から、セキュリティ対応、そしてパフォーマンスとライフサイクルまでが含まれる。

Include well-developed role-based security – While your engineers and infrastructure leaders are more than capable of handling security decisions for team access to a cloud management platform, are they the right group to determine how customers (developer or end-user) and partners might access your cloud?

適切に作成されたロール・ベースのセキュリティ – エンジニアとインフラのリーダーたちは、クラウド・マネージメント・プラットフォームをチームでアクセスするのための、セキュリティについて処理できるだろう。 しかし、そのクラウドにアクセスする、顧客(デベロッパーやエンドユーザー)およびパートナーを、適切にグループ化していくレベルに達しているだろうか?

Incorporate a virtual machine security suite – This is an area where the CIO likely doesn’t need much involvement, but there should be a senior security role involved in the project.

仮想マシンのセキュリティ・セットへの対応 – ここは、それほど CIO が関与しないエリアであるが、このプロジェクトに優先的に関連する、セキュリティ・ロールが存在すべきである。

Consider the full life cycle from creation to deletion – Unfortunately, most of us in the trenches don’t think about whether the images we create today should be reviewed six months from now? Ensuring you have a solid life cycle approach will help you develop a more efficient use pattern and reduce the risk of inappropriate resource use.

作成から廃棄までの全ライフサイクルの把握 – 残念なことに、それぞれの組織における大半の人々は、今日のシステムが 6カ月で再検討されるべきという点について、考えていないのだろうか?  密度の高いライフサイクル・アプローチを保証することが、効率的な利用パターンを促進し、不適当な情報リソースを使用するという、リスクを低減していくろう。

Integrate with operations platforms (monitoring, billing, etc.) – The effort to define these requirements will mostly fall on the technical team, but feedback from management about expectations of monitoring and billing etc., is still critical.

運用プラットフォームの統合 (monitoring, billing, etc.) – これらを要件を定義する労力は、テクニカル・チームに割り当てられるのが大半であろう。しかし、モニタリングや支払請求といった予測に関する、マネージメント・ツールからのフィードバックは、依然として経営面での重要事項である。

Offer APIs for common tools and scripting languages – Mostly a technical/architectural decision, with the exception of integration that might enable out of the box opportunity, there might be value in having a larger team, including leadership involved.

共通のツールとスクリプト言語に対応する API の実現 – テクニカル/アーキテクチャにおける主要な判断とは、導入直後から容易に行える統合を別として、大規模なチームと、そこで発揮されるリーダーシップの、真価が問われるものとなる。

The above isn’t a complete list of considerations in the evaluation of an appropriate cloud management platform, just serious food for thought. However, of what’s missing above, the most critical element of all includes thinking about how a cloud management platform should complement and re-orient your IT organization.

上記の各項目は、適切なクラウド・マネージメント・プラットフォームを評価するための完全なリストではなく、言い換えれば、重要な指向の糧として捉えるべきものである。 上記の項目に欠けているものがあるにせよ、すべての最重要な要因には、クラウド・マネージメント・プラットフォームが、IT の構成を捉えるための方式と、新しい方向に舵を切らせるための思考が、含まれているはずだ。

Where the rubber meets the road!

The CIO needs to consider a ground up redo of the organization, how it delivers IT services and how it integrates with the business at the function and end-user customer level. Admit it; you weren’t thinking that these organizational changes were a factor in your requirements and prioritization process for acquiring a cloud management platform.

CIO は、組織の構築と再編について考える必要がある。 具体的には、どのように IT サービスを提供するかであり、また、組織の機能とエンドユーザーのレベルに合わせて、ビジネスを統合していくことである。 そして、クラウド・マネージメント・プラットフォームを導入するための、要件に優先順位を付けていくプロセスにおいて、組織的な変化が重要なファクタになるとは考えていなかったことを、認めなければならない。

Of course, the aforementioned needs aren’t necessary if all you want is a shiny set of tools or some home-grown scripts to handle your cloud. Tools and scripts which won’t scale, aren’t standardized, won’t work across clouds and will likely be developed differently by each IT group in your enterprise.

もちろん、そこで必要となる全てが、あなたのクラウドを運用するための、光り輝くツールとスクリプトのセットなら、前述の心配事は不要である。 しかし、ツールとスクリプトはスケールぜず、また、標準化もされていない。 ましてや、複数のクラウドをまたいで機能することもない。 それらは、おそらく、あなたのエンタープライズにおける、それぞれの IT グループが開発していくものになるだろう。

The delivery of IT is different. The old ways are gone. The addition of cloud to your organization isn’t an opportunity to do the same old things faster, it’s an opportunity to deliver functionally improved IT services in real-time to your business.

IT の配信は、さまざまな形式で行われる。 しかし、これまでの古い方式はすたれてきた。 あなたの組織にクラウドを加えることは、これまでの方式を、より迅速なものに置き換えるものではない。 言い換えれば、IT サービスを企業に対してリアルタイムで、配信するために改善されたものとなる。

How will you deliver in real-time if you still work through a traditional helpdesk process? Or maybe because you haven’t figured out how to integrate billing, you still have business or IT groups who want to “pay” for their servers. What about the purchasing process or the approval process for a new application?

しかし、従来からのヘルプデスクを介して物事が処理されているなら、どのように形で、それを実現していくのだろう? あるいは、支払請求を統合する方式が理解されていないため、自身で保有するサーバーに対して「投資」を継続していく、業態や IT グループが残っているかもしれない。 新しいアプリケーションを導入する際の、購入と承認のプロセスは、どのようになっていのだろう?

This isn’t just more tech bells and whistles

In modern IT you should be able to test, fail, test, fail, test, and implement in less time and for less money than one effort in the past. In light of the improved application adoption options, a change in how you review and approve ideas is also important. In other words, why send a project to the executive team for review, when you could run a proof of concept in a matter of days or hours and actually demonstrate the value almost immediately at little or no cost.

近代的な IT においては、テストと失敗の反復が何度でも試せなければならず、また、これまでとの比較において、短い時間と少ない費用で、アプリケーションを実装できなければならない。 さらに、アプリケーションを適用するための改善されたオプションを前提として、アイデアを再考/承認していく方式を変革することも、重要になってくる。 言い換えれば、経営チームがプロジェクトをレビューすることの意義や、現場での POC(Proof of Concept)が数日で完了していくことの意味が、ほとんどコストをかけずに、直ちに証明されなければならない。

OK, maybe there are more bells and whistles, but treating cloud like a technology solution purchase is the wrong approach. Take a holistic approach to how IT can and should participate in the business of doing whatever your company does, then build the operational model to support that. Seek alignment in your organization and in your technology choices so you’re prepared for a Cloud Operating model and Fluid IT. Welcome to the modern IT world.

おそらく、そこには数多くの付属品やら装飾品があるだろうが、テクノロジー・ソリューションを実施するような方式で、クラウドを取り扱うアプローチは間違っている。 企業が実施していくべき、あらゆる業態に関与できる IT を実現するために、全体的なアプローチで取り組んでいくべきだ。 それは、その後に続く、企業をサポートしていくための、運用モデルの構築にも当てはまるものだ。組織のための選択肢と、テクノロジーの選択肢が、上手く一致するポイントを探し出すべきだ。 それにより、Cloud Operating のモデルと、流動的な IT を実現するための準備が整っていく。 ようこそ。 モダン IT ワールドへ!

Mark Thiele is executive VP of Data Center Tech at Switch, the operator of the SuperNAP data center in Las Vegas. Thiele blogs at SwitchScribe and at Data Center Pulse, where is also president and founder. .He can be found on Twitter at @mthiele10.

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexついに、こういう切り口で、議論される時代になってきたのですね。 以前に、たしか iPad が登場したときだと思いますが、カンブリア宮殿という TV 番組で村上龍が、「大半の出版人が戦々恐々としているが、なにが出来るのかと想像するだけで、自分は楽しくなる」と話していました。 そして、企業の経営者も、同じことを自問しなければならない時代に突入するわけですが、ふと思い出したのが、Netflix の CEO である Reed Hastings です。 昨年の 4月に起こった Amazon AWS 大規模ダウンタイムにおいて、この Netflix は何の問題もなく営業を続けていました。 なぜなら、AWS の冗長性を買うというオプションを、Netflix の経営方針として選んでいたからです。 Hastings が直接に、AWS を管理していたかどうかは別にして、クラウド時代の経営者がとるべき判断という点で、とても印象に残っている出来事です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる
モバイル・テクノロジーが進化すれば、リモート・ワーカーが増えていく
SaaS のワールドワイド市場は、その成長を継続している
クラウドの利用率では、南米とアジアが他をリードしているのか?
アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!
Open Source のコード品質は、商用ソフトを上回るという調査結果

Facebook Phone に必要な、最後のワンピースが Opera なのか?

Posted in Facebook, Mobile by Agile Cat on May 28, 2012

Facebook Is Building The Facebook Phone Right In Front Of Our Eyes
http://wp.me/pwo1E-4gc

Jay Yarow | May 26, 2012
http://www.businessinsider.com/facebook-is-building-the-facebook-phone-right-in-front-of-our-eyes-2012-5

_ Business Insider

One of the many points of intrigue around Facebook’s future centers on the mobile phone market.

将来の Facebook における、数多くの複雑なストーリーの中で、その中心に座るのはモバイルフォン市場となるだろう。  

It has been reportedly working on a mobile operating system for its own phone since 2010. The original OS was shelved, then a new team came in, and worked on it again.

これまでに伝えられてきたのは、2010年から進められてきた、自身のスマートフォンのための、モバイル・オペレーティング・システムへの取り組みである。 そして、そのオリジナル OS は棚上げにされていたが、また、新しいチームが構成され、その取り組みが再開された。

As of late, the reporting on the phone has died down.

最近では、このスマートフォンに関するレポートも、低調になっていたのだ。

But, right in plain view Facebook is assembling the core applications needed for successful smartphone operating system.

しかし、スマートフォン・オペレーティング・システムを成功させるためには、そこで必要となるコア・アプリケーションをアセンブルすることだという、Facebook の視点は正しい。

This week it rolled out "Facebook Camera." Every smartphone needs a camera application. Facebook’s camera app, which has some filters and loads straight to Facebook would check that box. (It’s also about to own Instagram, which is a pretty good camera app in its own right.)

今週のことだが、「Facebook  Camera」が市場に提供された。 すべてのスマートフォンが、カメラ・アプリケーションを必要としている。Facebook のカメラは、いくつかのフィルターを持ち、また、ボックスにチェックをいれるだけで、このソーシャル・サイトへのアップロードを行うものとなる( Instagram を買収したことで、独自の知的財産による、きわめて優秀なカメラ・アプリも手にしている)。

It has a "Facebook Messages" application. This would be Facebook’s answer to BBM, iMessage, or even text messages.

また、「Facebook  Messages」アプリもある。 それは、BBM や iMessage などの、テキスト・メッセージに対する Facebook の回答であろう。

It has a Facebook app store. This would be its answer to the App Store, or Google Play.

加えて、Facebook アップ・ストアもある。 これも、App Store と Google Play への回答なのだろう。

And it’s reportedly interested in buying Opera. If it is going to have a mobile OS, it’s going to need a web browser. Apple has Safari, Google has Chrome, Amazon has Silk, and Microsoft has Internet Explorer.

そして、Opera の買収に興味を示しているという話もある。 Facebook がモバイル OS を持ちたいなら、Web ブラウザが必要になるだろう。 Apple Safariを、Google は Chromeを、Amazon は Silk を、そして Microsoft Internet Explorerを持っている。

Other core apps like contacts and a calendar are already baked into Facebook. The only biggie that’s missing is Maps. Facebook is close with Microsoft, so it could probably get a Bing-based mapping app.

その他のコア・アプリケーションである、コンタクトやカレンダーなどは、すでにが Facebook の中に取り込まれている。現時点で欠けている、唯一の大きな要素は Map である。 Facebook は Microsoft と親しい。 したがって、Bing ベースのマッピング・アプリを得られるかもしれない。

We don’t know when, or even if, Facebook will actually release a phone. But, if it does happen, it will have had plenty of experience figuring out the basic applications every smartphone needs to be successful.

私たちは、ほんとうに Facebook Phone がリリースされるのかどうか分からない。 しかし、もしそうなるなら、すべてのスマートフォンの成功に必要とされるコア・アプリを理解するための、たくさんのエクスペリエンスを Facebook が持っていると、指摘しておきたい。

Please follow SAI on Twitter  and Facebook .
Follow Jay Yarow on
Twitter .

ーーーーー

TAG index風雲急を告げるとは、こんなことを指すのでしょうか? 「 Facebook Is Staffing Up With Apple Engineers To Build The Facebook Phone 」というニュースも入っています。潤沢な資金を手にした Facebook は、次々と大勝負を仕掛けていくのでしょうか? Apple と、Google と、Facebook の、三強時代に差し掛かっているという、実感が湧いてきますね。 以下の <関連>も、ご参照ください。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Sep. 19, 2010 :Facebook は、絶対にモバイル・フォンを開発しているはずだ
Sep. 23, 2010 :Facebook Phone について、知っておくべき全てを解説 _1
Sep. 23, 2010 :Facebook Phone について、知っておくべき全てを解説 _2
Facebook が Opera を買収するという、ウワサが流れ始めた
【続報】 Facebook の Opera 買収ウワサ : まとめページ

OpenLogic のスキャン調査によると、オープンソースが 730% も増えているらしい

Posted in .Selected, Businesses, Linux, Research by Agile Cat on May 28, 2012

OpenLogic Announces 730% Increase in Open Source Scans
http://wp.me/pwo1E-4g6

By Marketwire  – May 25, 2012
http://www.sys-con.com/node/2284905

image

BROOMFIELD, CO — (Marketwire) — 05/25/12 — OpenLogic, provider of open source scanners, open source governance solutions and community-backed open source support for the data center and the cloud, today announced that it saw a more than 730% increase in the number of files scanned in Q1 2012 over Q1 2011.

BROOMFIELD, CO — (Marketwire) — 05/25/12 — OpenLogic は、オープンソース・スキャナーおよび、オープンソース・ガバナンス・ソリューション、そしてコミュニティにより支持される、データセンターとクラウドのためのオープンソースをサポートするプロバイダである。そして今日の、同社におけるアナウンスによると、2011年 Q1 と 2012年 Q1 でスキャンしたファイル数を比較した結果、この一年の間にオープンソースが 730% 以上も増加していることが判明した。

“OpenLogic has become a trusted open source partner for hundreds of Fortune 500 enterprise customers, as well as medium-sized businesses,” said Steve Grandchamp, CEO of OpenLogic. “Our enterprise customers applaud our open source scanners’ speed and accuracy and appreciate that our product roadmap is driven largely by customer input. Our agility has enabled us to conduct scans on millions of files quickly and accurately for our growing number of customers.”

「OpenLogic は、何百という Fortune 500 エンタープライズの顧客だけでなく、ミドルクラスの企業とも、信頼できるオープンソースのパートナーになっている。私たちのエンタープライズ・ユーザーは、オープンソース・スキャナーの速度と正確さに拍手喝采しており、また、私たちのプロダクト・ロードマップが、ユーザー・インプットにより大幅に促進していることを理解している。 私たちのアジリティは、増大する顧客たちのために、何百万というファイルで迅速かつ正確にスキャンすることだ 」と、OpenLogic CEO である Steve Grandchamp は言う。

Open source scanning tools have become increasingly important for the enterprise, as the use of open source continues to grow. Gartner reports that more than half of enterprises have already adopted open source software. Scanning tools are essential for helping organizations to identify which open-source components they are using and how to comply with open source license obligations in order to avoid legal disputes.

オープンソースのスキャン・ツールは、その利用度が成長し続けるにつれて、エンタープライズにとって益々重要になってきた。 Gartner は、すでにエンタープライズの半分以上が、オープンソース・ソフトウェアを採用しているとレポートしている。 スキャン・ツールは、組織を支援するための本質であり、どのオープンソース・コンポーネントが使われているのかを識別し、さらには、オープンソース・ライセンスを順守させることで法律上の問題を回避していく。

OpenLogic offers open source scanning products and services engagements that help enterprises safely manage and leverage open source software. OpenLogic helps customers understand how much open source it uses, where specific open source packages are used, and what needs to be done to ensure compliance with open source licenses.

OpenLogic が提供するオープンソース・ソフトウェアにより、顧客サイドで用いられるプロダクトとサービスのスキャンが行われ、エンタープライズにおけるオープンソース・ソフトウェアの管理/活用が安全に促進されるそして OpenLogic は、顧客が使用しているオープンソースの量と、対象となるオープンソース・パッケージが使われている場所と、オープンソース・ライセンスの順守において行うべき事柄について、顧客の理解をサポートしていく。

OpenLogic Open Source Scanners

OpenLogic features SaaS-based scanning solutions including two open source scanning tools and a platform for reporting open source license obligations.

OpenLogic が推進する SaaS ベースのスキャン・ソリューションには、対象となるオープンソース・ライセンスの義務をレポートするための、 2つのオープンソース・スキャン・ツールと、1つのプラットフォームが含まれる。

  • OSS Discovery is a free open source scanning tool that finds the open source software included in internal applications and installed on corporate workstations and servers. OSS Discovery does not require access to source code, so it’s ideal for taking inventory of open source in deployed applications or on servers and desktops.
  • OSS Discovery は、インターナル・アプリケーションに含まれるオープンソースと、企業のワークステーションとサーバーにインストールされたオープンソースを発見するための、フリー・オープンソースのスキャン・ツールである。なお、OSS Discovery はソースコードへのアクセスを必要としないため、ディプロイされたアプリケーション/サーバー/デスクトップの、オープンソース・インベントリを理想的な形で取得できる。
  • OSS Deep Discovery scans source code and binaries to identify open source code and licenses, even when the open source code has been modified or copied. OSS Deep Discovery is ideal for enterprises that are engaged in M&A activities or that distribute software or products containing software. OSS Deep Discovery can be licensed for in-house use, or OSS Deep Discovery scans can be performed as a service by OpenLogic.
  • OSS Deep Discovery は、オープンソースのコードとライセンスを識別するために、ソースコードとバイナリをスキャンするが、対象となるオープンソース・コードが修正/複写されていても、その能力に変わりはない。 OSS Deep Discovery は、M&A アクティビティの最中にあるエンタープライズや、ソフトウェアを含んだプロダクトなどを配信するエンタープライズにとって理想的である。 OSS Deep Discovery はインハウス利用のためにライセンスされるが、OpenLogic のサービスとしても提供される。
  • The Open Source License Compliance Module is an add-on feature of OpenLogic Exchange (OLEX) that enables enterprises to report on open source code — and the associated license obligations — included in products or applications. The Open Source License Compliance module integrates with OSS Deep Discovery, as well as third-party source code scanning tools. It provides a list of open source license obligations based on how the open source code was used, and it highlights any potential license conflicts.
  • Open Source License Compliance Module は、プロダクトやアプリケーションに含まれるオープンソース・コードについて、さらには、それに関連するライセンス義務に関して、エンタープライズにレポートを提供させる、OpenLogic Exchange(OLEX)のアドオン機能である。 この Open Source License Compliance Module は、OSS Deep Discovery との統合だけではなく、サードパーティーのソースコード・スキャン・ツールとの統合にも対応する。具体的には、対象となるオープンソース・コードの用法に基づき、それらのオープンソース・ライセンス義務に関するリストを提供し、あらゆるライセンス・コンフリクトを強調表示する。

To learn more about OpenLogic’s open source scanning tools, please visit

OpenLogic オープンソース・スキャン・ツールの詳細に関しては、以下の URL を参照してほしい。

 http://www.openlogic.com/products/scanning-demo.php

About OpenLogic

OpenLogic is a leading provider of enterprise open source solutions for the cloud and the data center. OpenLogic helps hundreds of leading enterprises across a wide range of industries to safely acquire, support, and control open source software. OpenLogic offers certification, commercial-grade technical support and indemnification for over 650 open source packages backed by the OpenLogic Expert Community. OpenLogic also offers CloudSwing, a complete open PaaS solution for enterprises seeking to deploy applications and customized open source stacks in the cloud, and OLEX Enterprise Edition, a SaaS solution for open source scanning and governance.

ーーーーー

TAG indexそれにしても、730% とは、仰天の数字です。昨年の 6月に、「この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった」というブログ・ポストを抄訳しました。それを見れば IT 支出におけるオープンソースの比率が、とても高まっていることが分かりますが、この 2つの数字を どのように結び付けて考えればよいのでしょうかね? いろいろと想像してみると、とても面白いです :) ---__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

アメリカ市場では 28% の組織が、すでにクラウドを使用している
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!
クラウドに潜む、見えないコストについて言及しておこう
Open Source のコード品質は、商用ソフトを上回るという調査結果
Linux Server が お気に入りの Fortune 500 企業は?

 

【続報】 Facebook の Opera 買収ウワサ : まとめページ

Posted in Facebook, Mobile, Research by Agile Cat on May 27, 2012

5月27日 午前6時ころの検索結果です・・・
http://wp.me/pwo1E-4fX

これで全てというわけではありませんが、この報道について、大まかなところでカバーできていると思います。 Google Search の News で、[ Facebook Opera ] をキーワードにして検索した結果を、以下にリストアップしています。

クリックで拡大 ⇒

日本では、あまり馴染みのない Opera ですが、モバイルでのシェアは大したものであり、また、Agile_Cat が知っている範囲でも、PC/Mac/iOS/Android/Blackberry/Symbian といった、かなりの範囲でクロス・プラットフォームを実現している、とても実力のあるブラウザなのです。

このチャートは、StatCounter で調べた、世界のモバイル・ブラウザ・シェアです。 これを見ると、Facebook が Opera を欲しがっても、何の不思議もないと思えてきます。う~ん、この買収のウワサ、いったい どうなるんでしょうかね? --- __AC Stamp 2

ーーーーー

Facebook May be Eyeing Opera Web Browser, Reports Say
PCWorld – 6 hours ago
Whether any such purchase of Opera by Facebook is imminent is pure speculation, but if it happens Google and Apple could be in for more competition.

Is Facebook going to buy Opera, make its own browser?
Los Angeles Times
The Facebook spending spree may be continuing as a new report says the social networking giant might be looking to buy Norwegian company Opera Software.

Facebook may buy Opera, giving ‘Facebook Phone’ rumors new life
Digitaltrends.com
If Facebook bags itself the Opera browser, does that mean the rumors behind the mythical Facebook Phone could all be true?

Report: Facebook in Talks to Buy Browser-Maker Opera
PC Magazine
A new report indicates that Facebook, fresh off its initial public offering, is in talks to acquire Web browser maker Opera Software.

Facebook in talks to buy browser company Opera, says report
CNET – 1 day ago
Acquisition rumor suggests that the social-networking company might launch its own browser. Read this blog post by Donna Tam on Internet & Media.

Facebook buying Opera to create own browser?
GMA News – 13 hours ago
Is social networking giant Facebook planning to buy Norwegian browser maker OperaSoftware to create a Facebook-centric browser? A tech site cited sources who said this could be the case—where the resulting product will allow a …

Facebook to buy Opera Web browser?
UPI.com – 22 hours ago
Facebook might be looking to buy Norwegian company Opera Software for its popular Opera mobile Web browser, British tech site Pocket-lint.com is reporting.

Is Facebook Wearing Its Opera Glasses?
AllFacebook – 21 hours ago
Here’s one way for Facebook to address its mobile issues: In what it coining a.

Facebook May Be Looking to Purchase Opera [RUMOR]
WebProNews – 1 day ago
According to a source close with Pocket-lint, Facebook is said to be on the prowl to acquireOpera Software, maker of the Opera web browser. There are a few …

Facebook may be involved in talks to acquire Opera
Geek – 1 day ago
May. 25, 2012 – With billions of IPO dollars clogging up corporate coffers,Facebook may be preparing to go on a bit of a shopping spree. One possible target:

Facebook reportedly in talks to acuire Web browser maker Opera
BGR – 1 day ago
Following Facebook’s $1 billion acquisition of Instagram, it looks like the company has no intention of slowing down. According to a report from Pocket-l.

Facebook May be Eyeing Opera Web Browser, Reports Say
PCWorld – ‎6 hours ago‎
With Mini in hand, Facebook could vastly expand its reach into mobile. It could also mine more information about users even when they’re not on Facebook. Whether any such purchase of Opera by Facebook is imminent is pure speculation, but if it happens …

Facebook Rumored To Be In Talks to Acquire Opera to Create "Facebook Browser"
Forbes – ‎May 25, 2012‎
I promised I wouldn’t write about Facebook this week. Well sorry, I couldn’t help myself. A rumor has been flying this afternoon about a potential Facebook acquisition of Norwegian browser company Opera. Pocket-lint broke the news in a post earlier …

Facebook、Opera買収に向けて交渉中か–独自ブラウザ開発の可能性
CNET Japan – 18 hours ago
ソーシャルネットワーク企業のFacebookは、ブラウザ人気に便乗しようと計画しているのだろうか? 技術ブログのPocket-lintは、「信頼できる情報筋」の1つが明らかにした話として、Facebookがウェブブラウザ「Opera」の開発元であるOpera Softwareの買収を …

Facebook が Opera Software 買収を検討中?
Engadget 日本語版 – 20 hours ago
IPOを果たしてさらに勢力拡大を進める Facebook が、今度は Opera. … アプリ」として提供する戦略は想像できます。facebook と Opera 両方のユーザーにとっては気になる、Facebook は使わない Opera ファンには気が気ではないニュースかもしれません。

ーーーーー

Agile_Cat_LoupeAgile_Cat は Opera と Evernote の大ファンであり、この 2つさえあれば、どのデバイスでも仕事ができるようにと、この2年くらいをかけて、事あるごとにドキュメントを整理し続けてきました。 そして、どのような環境であっても必ず使える、もう1つのサービスがが Facebook なのです。メールを Gmail にして、しかも、そこでのやり取りは極力少なくして、その分のメッセージングを Facebook の Group に移行してきた Agile_Cat にとって、もし、この買収が成立するなら、とても使い易い環境が実現されていくと思えるのです。 でも、あの [ 赤い O ] の Opera ロゴが消えてしまうようなことになると、とても寂しいとも思うのです。 --- __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook が Opera を買収するという、ウワサが流れ始めた
Opera が考える、理想の HTML5 ブラウザとは?
Opera の最新バージョンと、HTML5 のサポート
HTML5 は Web 3.0 になるのか?

Facebook が Opera を買収するという、ウワサが流れ始めた

Posted in .Selected, Facebook, Mobile by Agile Cat on May 27, 2012

Rumor: Facebook Looking to Buy Opera Software
http://wp.me/pwo1E-4fT

by
Pallab De | Friday, 25th May 2012
http://techie-buzz.com/opera/opera-facebook-browser.html

_ Techie Buzz

Facebook might be eyeing Norwegian browser maker Opera Software, if a report from Pocket Lint is to be believed. According to its “man in the know”, Facebook might be preparing to step into the browser market, in order to ensure that no matter what you are doing, you are always connected to your Facebook social graph.

Facebook は Norwegianブラウザ・メーカーである、Opera Software に注視しているかもしれない。 この情報は、Pocket Lintのレポートからのものだが、まだ真偽のほどは不明である。 その「事情筋」によると、あなたが Facebook のソーシャル・グラフを使っても、使っていなくても、そこへの接続性の強化を Facebook は考えているようだ。そして、準備のためにブラウザ市場に足を踏み入れるとされる。

If true, it’s going to be another stunning move by Zuckerberg. Opera currently boasts of more than 200 million users, with a very strong presence in the mobile arena. For many in the developing world, Opera Mini is the only means of surfing the internet. It also has strong relationship with leading handset makers and carriers. Facebook can certainly help Opera in expanding its audience, and Opera can embed Facebook into its user’s life. Opera also has a strong presence in the mobile phone and smart TV market that Facebook will find valuable.

もし本当なら、それは Zuckerberg が引き起こす、もう1つの衝撃的な行動となる。 モバイル・マーケットにおいて、現時点での Opera の誇りは 2億人以上のユーザーであり、また、競合におけるきわめて強力なプレゼンスである。 発展途上国のユーザーが、インターネット・サーフィンを行う場合、Opera Mini が唯一の手段となっている。 そして、ハンドセット・メーカーおよびキャリアとの、強固なリレーションシップも有している。 確実なことは、Facebook が Opera オーディエンスを拡大し、また、Opera が Facebook ライフを、そのオーディエンスに広められることだ。 さらに Opera は、Facebook が価値を見いだしていくだろう、モバイルフォンとスマート TV の市場で、強固なプレゼンスを保っている。

That being said, acquiring a company like Opera is different from acquiring a start-up like Instagram. Opera has dozens of offices with hundreds of employees spread across the globe. Developing browsers is complicated stuff, and Opera has had to really fight it out to survive through multiple browser wars. Facebook and Opera have very little in common in terms of their products. In fact, they even have distinctly different cultures and company ethos. From where I am sitting, this certainly doesn’t look like a marriage made in heaven.

そうは言っても、Opera のような企業の買収は、Instagram のようなスタートアップの買収とは、まったく異なるものとなる。 グローバル・マーケットに対応する Opera は、世界中に数十のオフィスを構え、何百人という従業員を雇用している。 ブラウザを開発は、かなり込み入った要因を持つことになる。 また、Opera は生き残るための道を、混迷のブラウザ戦争を介して、勝ち取らなければならない。 Facebook と Opera は、お互いの製品において、きわめて少量の共通項しか持っていない。 実際のところ、異なる企業文化と行動理念を、明らかに両社は有している。そして、私の視点からいると、それは天国でとりなされる結婚のようには見えない。

A couple of years back, when Opera co-founder Jon von Tetzchner was at the helm, I could have confidently said that Opera would never sell out. With the new management, I can’t be so sure. However, even then, it’s extremely hard to fathom that Opera will allow itself to come under Facebook’s umbrella. What might happen though is that Facebook and Opera might enter into a partnership. We have already seen Opera develop customized browsers for the likes of Nintendo. It might create and maintain a Rockmelt like browser with tight Facebook integration, in return for eyeballs and revenue from the social networking giant. But, in the recent past, Opera has been focussing on a more streamlined approach with less customized solutions.

Opera の Co-Founder である Jon von Tetzchner が、2年前のように指揮権を握っているなら、Opera は決して身売りなどしないだろう、と言い切れたるずだ。 しかし、新しい経営陣を眺めれば、その確証は消えていく。 そして、このケースにおいても、Opera が Facebook 傘下に入りたがるかといえば、それを見抜くのは難しいことになる。とはいえ、Facebook と Opera が、提携関係に入る可能性はある。これまでにも、Nintendo などのために、Opera がカスタマイズされたブラウザを開発するのを見てきた。 それが繰り返されるなら、Facebook とタイトにインテグレートされた、Rockmelt のようなブラウザが開発/維持されるかもしれない。 そうすれば、このソーシャル・ネットワークの大手から、PV と 収入が、お返しとして得られるだろう。しかし、最近の Opera は、カスタマイズされたソリューションというより、さらに合理化されたアプローチに焦点を合わせている。

When asked for a response, Opera declined to comment citing its standard policy of not reacting to market rumors.

一連のことについて、Opera に質問してみたが、マーケットのウワサに反応しないという、同社のポリシーを盾に断わってきた。

 

 

ーーーーー

【続報】 Facebook の Opera 買収ウワサ : まとめページ

ーーーーー

TAG index万が一にも、Opera という名前が消えてしまうと嫌なので、Agile_Cat 的には、この買収は基本的に No です。 しかし、これほどの相乗効果が期待される組み合わせというのも、とても貴重なものとも考えてしまいます。 Agile_Cat 案としては、Facebook のページやグループを作るたびに、Opera Link を介して Speed Dial に反映される、なんて言うのは、とても魅力的に感じるのです。 この買収話は、ひょっとしたら Yes なのかもしれません。--- __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Opera が考える、理想の HTML5 ブラウザとは?
Opera の最新バージョンと、HTML5 のサポート
HTML5 は Web 3.0 になるのか?
HTML5 ブラウザ対決 – iOS 5 vs. Android
Facebook の滞在時間で、スマホ が PC を上回った : 米調査
HTC の中国戦略 – Facebook フォンを変更した、新浪フォンを投入

 

%d bloggers like this: