Agile Cat — in the cloud

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_5

Posted in NIST by Agile Cat on April 26, 2012

第5章は、クラウド・スタンダードの話です ・・・
http://wp.me/pwo1E-49n
NIST Cloud Computing Standards Roadmap Spec. Publ. 500-291
http://www.nist.gov/itl/cloud/publications.cfm

NIST

5 Cloud Computing Standards

Standards are already available in support of many of the functions and requirements for cloud computing described in Clauses 3 and 4. While many of these standards were developed in support of pre-cloud computing technologies, such as those designed for web services and the Internet, they also support the functions and requirements of cloud computing. Other standards are now being developed in specific support of cloud computing functions and requirements, such as virtualization.

クラウド・コンピューティングのための、多様な機能や要件をサポートする、すでに利用可能なスタンダードについては、Clauses 3 と Clauses 4 で記述してきた。 それらのスタンダードの多くは、たとえば Web サービスやインターネットのためにデザインされた、クラウド以前のコンピューティング・テクノロジーをサポートするために開発されてきたが、クラウド・コンピューティングの機能と要件もサポートできるものとなっている。 また、たとえば仮想化のような、クラウド・コンピューティングの機能と要件をサポートするための、その他のスタンダードは開発の途にある。

To assess the state of standardization in support of cloud computing, the NIST Cloud Computing Standards Roadmap Working Group has compiled an Inventory of Standards Relevant to Cloud Computing

クラウド・コンピューティングをサポートする標準化の状況を算定するために、NIST Cloud Computing Standards Roadmap Working Group は、Inventory of Standards Relevant to Cloud Computing を編集している。

http://collaborate.nist.gov/twiki-cloudcomputing/bin/view/CloudComputing/StandardsInventory .

This inventory is being maintained and will be used to update this document as necessary.

この一覧表は、現在も維持されており、また、このドキュメント更新するために、必要に応じて利用されるだろう。

Image(13)

Figure 7 – IT Standards Life Cycle

5.1 Information and Communication Technologies Standards Life Cycle

Figure 7 is a high-level conceptualization of how IT standards are developed and standards based IT products, processes and services are deployed. This figure is not meant to imply that these processes occur sequentially. Many of the processes illustrated can and should be done somewhat concurrently. Some of these processes (eg, reference implementations / product /process / service / test tools development; testing; deployment) occur outside of the SDO process. These processes provide input and feedback to improve the standards, profiles, test tools, etc.

Figure 7 は、IT スタンダードが形成される方式と、そのスタンダードをベースとする IT の、プロダクト/プロセス/サービスがディプロイされる方式に関する、高レベルの概念を示すものである。 ただし、この図は、一連のプロセスが連続的に発生することを暗示するわけではない。 多数プロセスの例証は、ほぼ同時に完了でき、また、そうすべきである。 これらのプロセス(reference implementations / product /process / service / test tools development; testing; deployment など)の一部は、ここで言う SDO プロセスの外で発生する。 また、それらのプロセスは、Standards や Profiles、Test Tools などを改善するための、入力とフィードバックを提供する。

ーーーーー

TAG indexスタンダードとテクノロジーを司る NIST として、このドキュメントは、政府の調達基準という異質のものなのかも知れません。 でも、この第5章あたりからは、クラウドのスタンダードと、既存のスタンダードの関係および、インターオペラビリティと、ポータビリティ、そしてセキュリティに関するスタンダードという切り口の話になります。 こうしたスタンダードを考える上で、メタの概念が重要になるという視点が、個人的には面白かったです。 なお、この章は以下の項目で構成されています。ーーー ac-stamp-232

5.2 Categorizing the Status of Standards
5.3 Cloud Computing Standards for Interoperability
5.4 Cloud Computing Standards for Portability
5.5 Cloud Computing Standards for Security

ーーーーー

<関連>

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_4
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_3
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_2
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_1
NIST がクラウドのための Roadmap と Architecture を発表

Web が膨張し続ければ、データセンター需要も拡大し続ける

Posted in .Selected, Data Center Trends, Post-PC, Research, Web Scale by Agile Cat on April 26, 2012

As web booms, so does demand for data centers
http://wp.me/pwo1E-49i
By
Om Malik Mar. 12, 2012
http://gigaom.com/cloud/as-web-booms-so-does-demand-for-data-centers/

_ Gigaom

Almost overnight, Pinterest is racking up billions of page views. Instagram is touching the 27-million-member mark. Zynga wants to build its own platform. Everywhere you look, you see the web economy booming and growing like never before. And that boom is spurring demand for data centers like never before.

Pinterest は、ひと晩に何十億というページビューを稼ぎだす。 Instagram は、2700 万人のユーザー数に届いてきた(4/20 時点で 4000万人とも言われている)。 Zynga は、自身のプラットフォームを作ろうとしている。 どこを見ても、これまでには有り得なかったほどに、Web の経済が注目を浴び、また、成長している。 そして、このブームは、これまでに見たことのない規模で、データセンターへの要求を加速させている。

A new survey by Campos Research & Analysis on behalf of Digital Realty Trust, a data center real estate company, has some data about the North American market that points to a growing demand for data center services in 2012 and 2013:

  • Ninety-two percent of respondents will definitely or probably expand in 2012—the highest percentage in the six years that Digital Realty has sponsored the survey.
  • Of those respondents with definite plans to expand in 2012, 38 percent expect to expand in three or more locations. Fifty-four percent expect to pursue projects of 15,000 square feet or more in size.
  • Of those companies planning or considering data center projects this year, 92 percent plan to expand in the U.S., approximately 50 percent also expect to expand in Europe or the Asia Pacific region, and 21 percent reported plans for projects in South America.

データセンター専門の不動産業者である Digital Realty Trust のために、Campos Research & Analysis が実施した調査により、North American 市場におけるデータが提供されているが、その中には、2012年と 2013年にデータセンター・サービスへの需要が高まると、指摘しているものもある:

  • 回答者の 92%が、2012年に、データセンターの拡張を目論んでいる。 この数字は、6年間にわたる Digital Realty の調査の中で、最も高いものとなる。
  • 2012年中に確かな拡張計画を持っているという回答者の 38% は、3カ所以上のロケーションで拡張したいという。 そして 54% が、15,000平方フィート以上の規模のプロジェクトを、探し求めていく予定である。
  • 2012年にデータセンターの拡張プロジェクトを計画/検討している企業のうち、92% はアメリカ国内で、また、約 50%が Europe と Asia Pacific で、21% が South America での拡張を希望している。

Other findings from the study include the following:

  • The most frequently cited locations for new or expanded data center in the U.S. are New York City/New Jersey, Chicago, Los Angeles, Dallas, San Francisco Bay Area and Phoenix (in order of ranking).
  • Hong Kong and Tokyo were mentioned more frequently this year than in past years as locations for international projects.
  • London also continued to be a desirable location for overseas projects.
  • In terms of technical specifications, 82 percent of respondents expect server density in their facilities to increase in 2012.

この調査からは、以下のような情報も見つけ出されている:

  • アメリカ国内のデータセンター拡張に関して、最も頻繁に引用されたロケーションは、New York City /  New Jersey および、Chicago、Los Angeles、Dallas、San Francisco Bay Area、Phoenix である(ランク順)。
  • Hong Kong と Tokyo は、インターナショナル・プロジェクトのロケーションとして、この数年間よりも高い頻度で引用されている。
  • London も、インターナショナル・プロジェクトとって、望ましいロケーションであり続けている。
  • 技術仕様の観点からは、回答者の 82% が、対象となるファシリティ内でのサーバー密度を、2012年に増加させたいと希望している。

クリックで詳細へ ⇒

What about the worldwide growth? Digital Realty in a press release notes:

Eighty-five percent of respondents intend to expand their resources in the next year, compared to 82 percent at the end of 2010. In addition, the responses indicate a growing need for new facilities, with respondents now requiring an extra 15,600 square feet of space on average compared to 14,500 square feet in 2011. Just over half of organisations surveyed (51 percent) intend to spread this across at least two new sites.

Despite highlighting the increased demand for space, the results also suggest growing uncertainty in the face of the economic difficulties impacting the euro zone and other markets. Of those companies planning to expand their data centre assets over the coming year, 23 percent assert this will ‘definitely’ take place – down from the 25 percent who were certain they would expand in 2011. The remaining 62 percent say they will ‘probably’ add new facilities in 2012.

ワールドワイドな成長について、どのように見ているのか? Digital Realty in a press release notes:

回答者の 85% が、次年度のリソース拡張を望んでいる。 2010年末の調査では、82% が、そのように回答していた。 それに加えて回答者たちは、新しいファシリティへの拡張していく必要性を指摘している。彼らが追加したいと望むスペースは、平均で 15,600平方フィートであり、2011年の 14,500平方フィートから増大している。 調査対象となった組織の半分強(51%)は、2つの新しいサイトへの拡張を望んでいる。

Despite highlighting the increased demand for space, the results also suggest growing uncertainty in the face of the economic difficulties impacting the euro zone and other markets. Of those companies planning to expand their data centre assets over the coming year, 23 percent assert this will ‘definitely’ take place – down from the 25 percent who were certain they would expand in 2011. The remaining 62 percent say they will ‘probably’ add new facilities in 2012.

スペース拡大という需要が強調されているが、その調査結果が示唆するのは、ユーロ圏と他のマーケットに影響を与えている、難しい経済情勢における不確実さである。 翌年にデータセンター資産を拡張すると計画していた企業に関して、[確実]に実施されるのは 23% に過ぎない。 その値は、は2011年に確実に拡張すると言われていた、25% から低下している。 残りの 62% は、2012年には [おそらく]、新しいファシリティを追加すると発言している。

And from the way things are going, why do I get a feeling that all these projections are going to be rethought, by the time we get to end of 2012.

そして、物事が進んでいく方式に基づくと、私たちが 2012年の終りにたるまでに、それら全ての予測が再考されるというふうに、私は捉えてしまう。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexデータセンターに関する実態調査というのは、なかなか難しい面があり、それを公表するレポートも限られています。 この GigaOM の記事は、データセンター専門の不動産会社である、Digital Realty Trust のデータに基づいているようですが、そのような不動産業が、日本にも登場してくると面白いなぁと思ってしまいますね。 3月にも、「 アメリカ DC 市場 – 2011年のマトメ 」というタイトルのコンテントを抄訳しています。 そちらは、また、違う切り口のレポートになりますが、読み比べてみると何かが見えてくるかもしれません :) ーーー image

ーーーーー

<関連>

オンプレミス DC は クラウド DC に、追い付けない運命にあるのか ?
Apple が クリーン・パワー DC を推進する、5つの理由を分析する
Facebook が $1 Billion を費やす、データセンター連携の規模を探る
Google が 香港のデータセンターに、$300 Million を費やす背景とは
Facebook Oregon データセンターが LEED の Gold を受賞

 

Bing API は Azure Marketplace に移行した後に有償化されるのか?

Posted in Microsoft by Agile Cat on April 26, 2012

Microsoft to Start Charging for Bing Search API Queries
http://wp.me/pwo1E-49d
Curtis C. Chen, April 17th, 2012
http://blog.programmableweb.com/2012/04/17/microsoft-to-start-charging-for-bing-search-api-queries/

_ ProgrammableWeb

On April 12th, Microsoft announced that:

“the Bing Search API will transition to…the Windows Azure Marketplace,” they later added that the service will “move to a monthly subscription model.”

So what does this mean for developers?

April 12th に、Microsoft は以下をアナウンスした:

Bing Search API は、、、Windows Azure Marketplace 、に移行するであろう」。 そして今後、そのサービスは、「マンスリーのサブスクリプション・モデルに移行」するだろうと付け加えた。

そして、デベロッパーにとって、どのような意味があるのだろう?

imageFirst of all, Microsoft did not specify when the change would occur; they only say “the transition will begin in several weeks and will take a few months to complete.”  Meanwhile, the existing Bing Search API 2.0 is still available, free of charge, and the new Bing Search API on Windows Azure Marketplace will also be free during the transition period.  So don’t worry about paying for it yet.

まず最初に、Microsoft は課金が始まる時期を明示していない。 つまり、「この移行は数週以内に始まり、完了するのに数ヶ月を要するだろう」と言っているだけである。  その一方で、既存の Bing Search API 2.0 は利用可能であり、また、無料である。 そして、さらに、Windows Azure Marketplace 上の新しい Bing Search API も、この移行期間の間は無料になるだろう。したがって、支払いについて、頭を悩ます必要はない。

However, the new Bing Search API will take advantage of the Azure “platform as service” infrastructure.  This means developers will need to migrate current apps to incorporate “a new API end point, moderate changes to the request and response schemas, and a new security requirement to authenticate your application key,” according to the Bing Developer Blog.  The changes are non-trivial, but mostly straightforward, and the documentation is already online.

しかし、この新しい Bing Search API は、「 PaaS 」としての Azure インフラを利用するだろう。  Bing Developer Blog によると、「リクエストとレスポンスのスキーマを段階的に変更する、新しい API エンドポイントと、アプリケーション・キーを認証する新しいセキュリティー要件」を含む最新のアプリケーションに、デベロッパーは移行する必要がある。この 変更は、些細なものではないが、大まかに言えば容易であり、ドキュメントもオンラインで提供されている。

Charging for a service which used to be free is sure to be controversial, but Microsoft promises “fresher results, improved relevancy, and more opportunities to monetize…usage of the Search API.”  And, to be fair, the proposed pricing–”$40 (USD) per month for up to 20,000 queries”–means you get five queries for a penny.  Microsoft also specifies that high-volume users (more than 3 million queries a month) will transition to the new API through a separate process, details of which have not been announced yet.

無料であったサービスが課金されるなら、たしかに、それは論争の的になる。 しかし Microsoft は、「 1年間の成果と、改善された妥当性を、Search API の有償化の機会」だと目論んでいる。  そして、公正を期するために、「 最大で 20,000 クエリーまでを、$40ドル(USD)/1ヶ月」と提示している。つまり、1 セントで、5 クエリーである。  さらに Microsoft は、ハイ・ボリューム・ユーザー( 300 万クエリー/月以上)に対して、完全に別の API 移行プロセスを提供すると明示しているが、まだ詳細な情報は発表されていない。

Is this bad news for some developers?  Possibly.  But the promise of Azure being a “one stop shop” for APIs is compelling, and if Microsoft chooses to separate Bing Search data into “premium” and “free” offerings, tinkerers and hobbyists may still be able to experiment before opening their wallets.

何人かのデベロッパーにとって、それは悪い知らせだろうか?  もしかすると、そうかもしれない。  しかし、Azure が API に関する「ワンストップ・ショップ」になる、という約束には説得力がある。 そして、もし Microsoft が Bing  Search データに関して、「有償」と「無償」に分けて提供するなら、ホビーストたちはサイフのヒモを緩める前に、それを試すことが出来るようになるのかもしれない。

ーーーーー

TAG indexどちらかというと、テキストの検索よりも、たとえばイベント会場などの MAP 参照で、Bing に触れる機会が増えてきました。それだけ、API が使われているのだろうと思いますが、有償化という戦略が功を奏するのか、とても興味あります。  このエリアには、あまりにも強すぎる Google という存在があるだけに、ここは Bing に頑張ってもらい、シェアと利益の確保が実現されれば、バランスも良くなるのだろうと期待してしまいます。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Windows 8 on ARM は .NET とサヨナラしてしまうのか?
Microsoft が新たに考えるべき、post-PC 時代の Office とは
次期 Windows Phone には、Windows 8 が搭載されるらしい
TechNet のプロダクト・キーが、Pro は 3個に、Std は 2個に、制限されるらしい
Microsoft は、もはや Office の会社と呼ぶべきなのか?

 

%d bloggers like this: