Agile Cat — in the cloud

アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Research by Agile Cat on April 24, 2012

10 most powerful IaaS companies
http://wp.me/pwo1E-48U
By Christine Burns, Network World - April 09, 2012
http://www.networkworld.com/supp/2012/enterprise2/040912-ecs-iaas-companies-257611.html

image

IaaS Top-10We assembled this list with help from analysts at Cloud Technology Partners, Current Analysis, Enterprise Strategy Group, Gartner, IDC and Neovise who watch the public cloud Infrastructure as a Service scene very closely. Each was asked to name the companies they believed have the most influence — whether that’s measured in market share, mind share, revenue, existing enterprise pull or underlying technology links — in drawing enterprise customers into the realm of public cloud infrastructure. They are listed here in alphabetical order.

私たちは、このリストを、Cloud Technology Partners および、Current Analysis、Enterprise Strategy Group、Gartner、IDC、Neovise といった組織に属し、パブリック・クラウドの IaaS に精通するアナリストたちの手助けにより、組み立てることになった  それらの人々は、エンタープライスの顧客をパブリック・クラウド・インフラの領域に引き込むことにおいて、最も影響力を持つと信じるクラウド企業を選別してくれた(たとえば、マーケット・シェアや、マインド・シェア、売上額、既存エンタープライスとのチャネル、基礎をなすテクノロジーなどで判断)。なお、以下のリストは、アルファベット順に並べられている。

1. Amazon Web Services: The gold standard

imageAmazon is the standard bearer in the public IaaS space, as its paid-by-the-VM Elastic Compute Cloud (EC2) is both the market share and mindshare leader by a fairly big gap. It’s got a huge portfolio of services that run atop its Xen-based virtualized infrastructure and Amazon keeps adding to those offerings while it lowers its prices. The company has built a thriving ecosystem of partners around its public cloud, has clamored to get all the necessary security and compliance certifications and offers world-wide data center coverage.

Amazon は、その Paid-by-VM  Elastic Compute Cloud (EC2)により、パブリックの IaaS スペースで主唱者となり、また、マーケット・シェアとマインド・シェアの両面において、他を寄せ付けないリーダーとなっている。 そこでは、Xen ベースの仮想インフラ上で稼働する、各種サービスによる広大なポートフォリオが形成されている。さらに Amazon は、その価格を引き下げる一方で、継続してサービスを追加している。 同社は、そのパブリック・クラウドの周辺に、パートナーに繁栄をもたらすエコシステムを構築している。 その領域は、すべての必要なセキュリティとコンプライアンスの証明が強く要求され、また、ワールドワイドなデータセンター・カバレッジの提供が要求される世界である。

2. Bluelock: Out of the blue

imageAs a surprise pick as a market leader in the recently published Gartner Magic Quadrant for public cloud IaaS, this 5-year-old Indianapolis-based cloud provider has been gaining some national name recognition. The company’s offering is called Bluelock Virtual Data Center, is based on VMware’s vCloud, and can be used to build public, private or hybrid cloud deployments and is driven by a strong portal that includes many tools that allow customers to understand how much and which cloud-based services are costing them the most money.

パブリック・クラウド IaaS について、先日に発行された Gartner Magic Quadrant で、マーケット・リーダーとして選ばれた時には驚きがあったが、この 5年間において、この Indianapolis ベースのクラウド・プロバイダーは、いくつかの national name recognition を得ている。 同社が提供する Bluelock Virtual Data Center は、VMware の vCloud をベースにしたものであり、パブリック/プライベート/ハイブリッドといった、各種クラウド・ディプロイメント・モデルの構築に利用できる。それらのクラウドは、豊富なツールを取り込んだ強力なポータルによりドライブされ、最も費用のかかっているサービスと、そのコストを、顧客に理解させる。

3. CSC: Targeting the enterprise

imageCSC is a traditional IT outsourcing vendor that latched onto the cloud two years ago, invested heavily in it, and is now getting significant traction with its VCE (the joint VMware, Cisco, EMC venture) Vblock-based CloudCompute IaaS offering. CloudCompute comes in three flavors: public, multitenant hosted at a CSC site; private, single tenant in a CSC data center; and private, single tenant located at the customer’s site. CSC gets points for having a common architecture across all the offerings and has outlined a clear plan for how it plans to give enterprise customers the types of management tools to which they are accustomed.

CSC は従来からの IT アウトソーシング・ベンダーであり、2年前にクラウドを理解した後に、そこに膨大な投資を行なってきた。 そして、いまでは、VCE(VMware/Cisco/EMC によるジョイント・ベンチャー)の Vblock をベースにした CloudCompute IaaS を提供し、大きな支持を得ているCloudCompute は、3つのモデルで構成されている。 ① CSC サイトにホストされるパブリック・マルチテナント。② CSC データセンターにホストされるプライベート・シングルテナント。 ③ カスタマー・サイトに配置されるプライベート・シングルテナントとなる。 CSC は、すべての提供モデルを横断する、共通アーキテクチャを持つことでポイントを得てている。そして、エンタープライスの顧客に対して、彼らが使い慣れているマネジメント・ツールを提供するプランについて、明確な計画を概説している。

4. GoGrid: All cloud, all the time

imageGoGrid prides itself on being a pure-play cloud company offering both public and private Xen-based IaaS with optional managed services. This small company has had good success delivering on that story, placing among the top five public cloud IaaS vendors when you count virtual machines and factor in its very competitive price. GoGrid’s effort to build a third-party ecosystem on top of its IaaS is called GoGrid Exchange, essentially a program that allows partners to sell their software products on top of GoGrid server images, thereby easing the issues customers sometime face when trying to deploy applications in the cloud themselves.

GoGrid の誇りは、自身がブリック/プライベートの Xen ベース IaaS を提供し、さらには、オプションとしてのマネージメント・サービスも提供する、ピュアなクラウド・カンパニーであることだ。このスモール・カンパニーは、仮想マシンの数と競争力のある価格設定という要因を考えるとき、パブリック・クラウド IaaS ベンダーの中で Top-5 に位置するという、素晴らしい成功を収めている。
GoGrid が注力しているのは、GoGrid Exchange という呼ばれる IaaS 上に、サードパーティー・エコシステムを構築している点である。このプログラムの本質は、 GoGrid サーバー・イメージ上で、パートナーのソフトウェア・プロダクトを販売させるものであり、それにより、クラウドにアプリケーションをディプロイする顧客が、ときおり直面する問題を緩和している点にある。

5. IBM: Leveraging the installed base

imageWith a newfound devotion to the public cloud, IBM plans to cash in on its existing client base and support about 200 million users by the end of 2012 as clients shift core applications and processes to the company’s cloud. IBM has recently made huge investments to the underpinnings of its KVM-virtualized public cloud IaaS, rebranded the service as SmartCloud Enterprise and SmartCloud+, and announcing plans to tie in more managed services and enterprise features to it this year.

パブリック・クラウドへの貢献という新しい視点により、IBM は既存のクライアントから利益を得ている。 そして、クライアントのコアとなるアプリケーションとプロセスが、同社のクラウドに移行するにつれて、2012年末の時点では、約2億人のユーザーをサポートする計画を持っている。 最近の IBM は、そのパブリック・クラウド IaaS を支える、KVM による仮想化に莫大な投資を行なっている。 そして、 SmartCloud Enterprise や SmartCloud+ といったサービスをリ・ブランディングし、また、今年は、さらに強化されたマネージメン・トサービスやエンタープライズ向けの機能を、そこに取り込む計画を発表している。

6. OpenStack: No vendor lock-in

imageOpenStack is an open sourcecloud computing platform project started in the summer of 2010 by IaaS vendor Rackspace and NASA. It’s got three core component projects up and running, with two more incubating and another 16 coming from the wider community. The draw of an open source platform is that if you use one (either one that you build yourself or one commercialized by an IaaS provider) your applications will not ever be locked to a proprietary vendor. At press time, the project had the backing of 159 companies and 2,685 people actively contributing to the code base (see story on OpenStack momentum).

OpenStack は、IaaS ベンダーである Rackspace と、ユーザーとしての NASA により、2010年夏に立ち上げられた OSS クラウド・コンピューティング・プラットフォームのプロジェクトである。そこでは、3つのコアとなるコンポーネントに関するプロジェクトが走り、さらには、2つのプロジェクトがインキュベートされ、他にも 16 のプロジェクトがコミュニティから提案されている。オープンソース・プラットフォームの呼びものは、それを利用することで、プロプライエタリなベンダーによるアプリケーションのロックインが回避される点にある(自身で構築することも、商用 IaaS プロバイダーを利用することも可能)。報道によると、このプロジェクトは積極的なコードベース・コントリビューションという点で、159社の企業と 2,685人の個人に支援されている(OpenStack momentum を参照のこと)。

7. Rackspace: Taking a leadership role

imageRackspace went public in 2008. Since then, the company has seen a 400% growth in revenue. It beat analysts’ estimates across the board in 2011. Net income was up from 2010 by 85% to $25 million and revenue grew 32% to $283.3 million. In particular, revenue for the public cloud business – driven by a Xen-virtualized service called Cloud Servers — was up 86% from the previous year’s quarter to $58.5 million. Cloud Servers has been hailed as a very easy to use server that comes with exemplary customer service and a low price. Rackspace’s direct ties to the OpenStack open source cloud platform project will likely help build its ecosystem further.

2008年に株式公開した Rackspace は、 その以降の売上において、400% の成長を示している。 そして 2011年には、アナリストの予測を上回る業績を残している。 2010年との比較において、純益は 85% 増の $25 million へ、また、売上は 32% 増の $283.3 million に達している。 特に、パブリック・クラウド・ビジネスによる収入は、Cloud Servers という Xen 仮想化サービスにより $58.5 million にいたり、前年度における四半期との比較で 86% の伸びを示している。 この Cloud Servers は、サンプル的な顧客サービスにより簡単な使い方を提供し、また、その低価格により歓迎されている。Rackspace の方針である、OpenStack オープンソース・クラウド・プラットフォーム・プロジェクトとのダイレクトな連携により、そのエコシステム構築が更に促進されるだろう。

8. Savvis: Full range of options

imageSavvis – which is owned by CenturyLink — markets its VMware-driven public cloud IaaS called Symphony Virtual Private Data Center right alongside its private cloud offering and with the optional managed services it has already built its enterprise reputation upon. The company offers tiered levels of services, service level agreements and prices to match those levels. The company has put a huge emphasis on deep security and a unified portal across all of its services. The combination puts Savvis in the top five market share leaders in the VMware public cloud IaaS bucket.

Savvis(CenturyLink が所有)は、Symphony Virtual Private Data Center という名の、VMware ベースのパブリックとプライベートのクラウド IaaS を、並行して市場に提供している。そして、既にエンタープライス市場で評判を確立した、マネージメント・サービスもオプションとして提供している。同社は、いくつかの段階的なレベルでのサービスと、それに応じた SLA と価格を提示している。さらに、すべてのサービスにまたがる、緻密なセキュリティと統一されたポータルを、強く押し出している。こうしたサービスと組み合わせることで、VMware パブリック・クラウド IaaS のリーダーとして認められる、Top-5 のポジションを Savvis は維持している。

9. Terremark: Three-pronged VMware-based approach

imageTerremark – which is owned by Verizon – has three feet in the public cloud IaaS space. The Enterprise Cloud (which is driven by VMware) homes in on virtual data center needs and is sold in blocks of resources as opposed to VM instances. Enterprise Cloud Managed Edition focuses on facilitating hybrid public/private clouds. With vCloud Express – which you buy by the VM – Terremark is targeting developers who need to do test out applications they are building for the cloud. Terremark’s three-pronged approach has put the company pretty high up on the leaderboard.

Terremark(Verizon が所有)は、パブリック・クラウド IaaS スペースにおいて、3つのポジションを維持している。仮想データセンターに配置される Enterprise Cloud(VMware ベース)は、VM インスタンスとは対照的に、リソースのブロックとして購入する必要がある。 Enterprise Cloud Cloud Managed Edition は、ハイブリッド化されたパブリック/プライベート・クラウドの促進を容易にする。 また、Terremark  は vCloud  Express( VM 単位で購入する)を用いることで、クラウド用に構築されたアプリケーションをテストする、デベロッパーにも目標を定めている。 Terremark は、この 3つのアプローチにより、そのポジションをリーダー・ボードの上位に押し上げている。

10. VMware: Key building block

imageFour of the other nine companies on our list of the most powerful vendors in the public cloud IaaS space are betting on their VMware software-based infrastructures to allow them to keep playing in this growing space in enterprise computing. We’ve chosen to include VMware in the list based on the premise that if it sneezes, a big portion of the rest of the public cloud is going to get a cold.

パブリック・クラウド IaaS スペースにおける最強のベンダーとして、私たちがリストアップした 9社中の 4社が、VMware ベースのインフラストラクチャに賭けている。 そして、それらのベンダーは、エンタープライス・コンピューティングという成長しているスペースで、トップ・プライヤーとしてのポジションを維持している。 私たちは、このリストに VMware を含めることに決めた。 それは、もし同社がクシャミをするなら、パブリック・クラウドの大部分が風邪をひくという、前提に基づいてのことである。

Read more about cloud computing in Network World’s Cloud Computing section.

ーーーーー

TAG indexこうして見ると、IT の在りかたが、その根底から大きく変化している状況を感じとれますね。 知らない会社も 2つほどありましたが、Savvis や Terremark がシッカリと上位に入っているのも、なんとなく納得です。 そして、VMware の強さを再認識します。 これまでの業態に引きずられることなく、未来へ向けて推進力を発揮できる企業だけが、生き残る世界なのでしょう。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドの利用率では、南米とアジアが他をリードしているのか?
SaaS のワールドワイド市場は、その成長を継続している
オンプレミス DC は クラウド DC に、追い付けない運命にあるのか ?
Open Source のコード品質は、商用ソフトを上回るという調査結果
アメリカ DC 市場 – 2011年のマトメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%d bloggers like this: