Agile Cat — in the cloud

Google と OpenFlow と SDN について本音を語ろう – Urs Holzle

Posted in .Selected, Google, OpenFlow by Agile Cat on April 20, 2012

Google’s next OpenFlow challenge: taking SDNs to the consumer
http://wp.me/pwo1E-48b
By
Stacey Higginbotham Apr. 17, 2012
http://gigaom.com/cloud/googles-next-openflow-challenge-taking-sdns-to-the-consumer/

_ Gigaom

Google is running all of its backbone traffic on a software-defined network built using OpenFlow, and it hopes that this year it can begin the process of extending that type of programmable network to its consumer-facing network: the network that delivers applications such as Maps and YouTube to consumers and businesses. Urs Hölzle, SVP of technical infrastructure and Google Fellow, today at the Open Networking Summit detailed how Google is using OpenFlow on its network to lower costs and reduce complexity, which I wrote about last week.

Google は、すべてのバックボーン・トラフィックを、OpenFlow を用いて構築した SDN 上で走らせている。そして、今年は、この種のプログラマブル・ネットワークが、コンシューマと接するネットワークにまで、拡大していくプロセスが始まることを希望している。 つまり、そのコンシューマ対応のネットワークとは、一般消費者や企業に対して、Maps と YouTube といったアプリケーションを配信するネットワークのことである。 Google の SVP of Technical Infrastructure である Urs Holzle は、今日の Open Networking Summit で、同社における OpenFlow の用法について説明した。それは、先週に私が書いたように、ネットワークの複雑さを、より低コストで解決していくというものであった。

Urs Hölzle, SVP of technical
infrastructure at Google

But in that talk he also said that Google hopes to build an SDN that could handle the far more complex and important types of traffic that it delivers to users. That network requires much more reliability and also has to interface with far more devices and protocols, making the task of turning it into an SDN more fraught. As an example, Hölzle told me he expects the internal WAN network to achieve a 99.95 or a 99.99 percent reliability rate (it’s not quite that yet) but any user-facing service has to achieve something closer to the telecom ideal of five nines.

その話の中で、Google が望むものは、ユーザーに配信される遥かに複雑で重要なトラフィック・タイプを、SDN の構築により処理することだとも、彼は説明している。 そのネットワークは更なる安定性を必要とし、また、より多くのデバイスおよびプロトコルとインタフェースを取らなければならない。その結果として、SDN への置き換えるべきタスクが、さらに膨らんでくる。 例として Holzle が挙げたのは、インターナル WAN ネットワークが 99.95%~99.99% の安定レート(まだ、そこまでい届いていない)を達成することを、彼が期待していることだ。しかし、いかなるユーザーと接するサービスであっても、ファイブ・ナインというテレコムに理想に近い値を達成しなければならない。

Another issue associated with changing the external network to a software-defined network is the gear. In his talk, Hölzle explained the type of gear Google began building in 2010 in order to build this OpenFlow network. It was a basic switch using merchant silicon and running almost no software, just the software needed to get it up and running, and an OpenFlow agent. Everything else was handed off to a controller.

エクスターナル・ネットワークの SDN への置き換えに付随する、もう1つのテーマはネットワーク・ギアである。 彼の話によると、同社における OpenFlow ネットワークを構築するために、この種の装置を、Google は 2010年から作り始めている。 それは、ベーシックなスイッチであり、商用の半導体を用い、ソフトウェアはほとんど走らせないものとなる。 ただし、起動と実行のために必要なソフトウェアと、OpenFlow エージェントだけは例外である。そして、その他のすべてが、コントローラに受け渡された。

imageBut to take such a network to the external site, Google wants someone else to build the hardware. Hölzle says it does look like firms will build the type of gear he wants that uses OpenFlow as the management API, and he expects Google to start looking at the problem of how to move the external-facing network to an SDN this year. That doesn’t mean it will happen anytime soon–although Google did manage to transfer all of its WAN traffic to an OpenFlow network in two years–but that it will happen.

しかし、このようなネットワークを外部サイトに展開するためにも、誰かがハードウェアを作ってくれることを、Google は期待している。 彼の望むネットワーク・ギアをつくる企業は、マネージメント API として OpenFlow を使う事になると、Holzle は言う。そして、Google は年内までに、外部に接するネットワークを SDN に置き換える方式において、どのような問題が生じるのか、それに注目してきたいと付け加えている。 それは、直ぐにというものではないが、必ず実現される。なぜなら、Google は 2年の歳月をかけて、すべての WAN トラフィックの、OpenFlow ネットワークへの移行を、成し遂げているからだ。

And that’s important because the same cost savings that Google is seeing on its WAN network could end up helping lower the cost of delivering bits over consumer broadband networks, and thus help ISPs reduce their costs. Hölzle hopes that might reduce the need for ISP network protection schemes such as broadband caps, but I’m not as optimistic.

そして、こうした一連のことが重要な理由は、コンシューマ・ブロードバンド・ネットワーク上で配信するコストを、Google の WAN ネットワークが低減してきたことを、同社が確認していることであり、また、その方式が ISP のコストを低減させる点にある。さらに 、ISP ネットワークのプロテクション・スキームである、たとえばブロードバンド・キャップなどの必要性を低減することも、Holzle は望んでいるようだが、私は それほど楽天的にはなれない。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

ーーーーー

TAG index先週にポストした「Google 先生の OpenFlow 講座 – DC 間接続を低コストで達成するには」の続編という感じですね。Santa Clara で開催された Open Networking Summit からは、Google による OpenFlow のコミットという話が伝わってきていますが、おそらく、この記事も前回と同様に、Holzle さんへの事前のインタビューから起こされたのでしょう。 そして、Summit の終了後なら公開できる内容を、まとめているのだと思います。Google による OpenFlow と SDN への取り組みが、どのように進んでいくのか、とても楽しみですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クリエーションラインが展開する、CloudStack/MidoNet/Cloudian 統合戦略とは?
OpenFlow 1.2 が ONF の評議会で承認された – NTT Com も委員に
Juniper がデベロッパーに対して、OpenFlow ソースコードを提供し始めた
OpenFlow を使うのは 誰? – NEC に聞く
OpenFlow と Big Data の 深い関係について

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: