Agile Cat — in the cloud

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_3

Posted in NIST by Agile Cat on April 17, 2012

第3章は、リファレンス・アーキテクチャの説明です ・・・
http://wp.me/pwo1E-47B
NIST Cloud Computing Standards Roadmap Spec. Publ. 500-291
http://www.nist.gov/itl/cloud/publications.cfm

NIST

3 Cloud Computing Reference Architecture

The NIST cloud computing definition is widely accepted and valuable in providing a clear understanding of cloud computing technologies and cloud services. The NIST cloud computing reference architecture presented in this clause is a natural extension to the NIST cloud computing definition.

NIST のクラウド・コンピューティング定義は広範囲に受け入れられ、また、クラウド・コンピューティング・テクノロジーと、クラウド・サービスに対する明確な理解を促進する上で価値がある。 この章で提示される NIST クラウド・コンピューティングのリファレンス・アーキテクチャは、NIST クラウド・コンピューティング定義をそのまま拡張したものである。

imageThe NIST cloud computing reference architecture is a generic high-level conceptual model that is a powerful tool for discussing the requirements, structures, and operations of cloud computing. The model is not tied to any specific vendor products, services, or reference implementation, nor does it define prescriptive solutions that inhibit innovation. It defines a set of actors, activities, and functions that can be used in the process of developing cloud computing architectures, and relates to a companion cloud computing taxonomy. It contains a set of views and descriptions that are the basis for discussing the characteristics, uses and standards for cloud computing.

この NIST クラウド・コンピューティングのリファレンス・アーキテクチャは、一般的にみて高レベルの概念モデルであり、クラウド・コンピューティングの要件/構造/運用を議論するためのパワフルなツールとなる。 また、このモデルは、特定ベンダーのプロダクト/サービス/リファレンス実装に結び付けられるものではなく、また、イノベーションを抑制してしまうような、規範的なソリューションを定義するものでもない。 そこで定義される、アクター/アクティビティ/ファンクションのセットは、クラウド・コンピューティング・アーキテクチャと、それに関連するクラウド・コンピューティング・タクソノミーの作成プロセスで利用できる。また、クラウド・コンピューティングのための特質/用法/標準を議論するためのベースとなる、ビューと記述のセットも含む。

The NIST cloud computing reference architecture focuses on the requirements of what cloud service provides, not on a design that defines a solution and its implementation. It is intended to facilitate the understanding of the operational intricacies in cloud computing. The reference architecture does not represent the system architecture of a specific cloud computing system; instead, it is a tool for describing, discussing, and developing the system-specific architecture using a common framework of reference.

この NIST クラウド・コンピューティングのリファレンス・アーキテクチャは、ソリューションと実装を定義するためのデザインではなく、クラウド・サービスが提供する要件にフォーカスしている。 クラウド・コンピューティングにおける運用上の複雑さについて、その理解を促進するよう意図される。このリファレンス・アーキテクチャは、特定のクラウド・コンピューティング・システムのアーキテクチャを表すものではない。それに代えて、リファレンスにおける共通フレームワークを用いて、対象システムに特定されたアーキテクチャを記述/議論/展開するための、ツールとして機能する。

ーーーーー

TAG indexこの後ですが、NIST クラウド・コンピューティングにおける、リファレンス・アーキテクチャがサポートする項目として、以下のような説明があります。そして、1 Overview/2 Consumer/3 Provider/4 Auditor/5 Broker/6 Carrier という、いわゆるクラウド・ユースケースのアクターごとに詳細が説明されていきます。この辺りについては、以前に訳した「NIST の Cloud Architecture 概要」が参考になるかも知れません。ーーー ac-stamp-232

  1. 全体的なクラウド・コンピューティング概念的モデルのコンテキストで、各種のクラウド・サービスを例証し、理解を促進する。
  2. クラウド・サービスの理解/議論/分類/比較のために、USG 政府機関と他の消費者に対して、テクニカル・リファレンスを提供する。
  3. そして、セキュリティ/インターオペラビリティ/ポータビリティの候補となる、スタンダードとリファレンス実装を提供し分析する。

ーーーーー

<関連>

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_2
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_1
NIST がクラウドのための Roadmap と Architecture を発表

 

One Response

Subscribe to comments with RSS.

  1. Business electricity price said, on May 28, 2014 at 11:25 pm

    Valuable info. Lucky me I discovered your site unintentionally, and
    I’m shocked why this accident didn’t came about earlier!
    I bookmarked it.


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: