Agile Cat — in the cloud

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_2

Posted in NIST by Agile Cat on April 12, 2012

第2章は、クラウド・コンピューティングの定義です ・・・
http://wp.me/pwo1E-46y
NIST Cloud Computing Standards Roadmap Spec. Publ. 500-291
http://www.nist.gov/itl/cloud/publications.cfm

NIST

2 The NIST Definition of Cloud Computing

Cloud computing is a model for enabling ubiquitous, convenient, on-demand network access to a shared pool of configurable computing resources (e.g., networks, servers, storage, applications, and services) that can be rapidly provisioned and released with minimal management effort or service provider interaction. This cloud model promotes availability and is composed of five essential characteristics, three service models, and four deployment models.

クラウド・コンピューティングとは、コンフィグレーションが可能なコンピューティング・リソース(たとえば、ネットワーク、サーバー、ストレージ、アプリケーション、サービスなど)の共有プールに対してアクセスを実現する、ユビキタス/コンビニエト/オン・デマンドなネットワーク・モデルのことである。 このクラウド・モデルは、5つの本質的な特徴と、3つのサービス・モデル、そして4つのディプロイメント・モデルで構成され、可用性を促進するものとなる。

Essential Characteristics:

imageOn-demand self-service.  A consumer can unilaterally provision computing capabilities, such as server time and network storage, as needed automatically without requiring human interaction with each service’s provider.

個々のサービス・プロバイダとの人的インタラクションを必要とすることなく、消費者が一方的に、サーバー・タイムやネットワーク・ストレージといったコンピューティング容量を、必要に応じて自動的に供給できる。

Broad network access. Capabilities are available over the network and accessed through standard mechanisms that promote use by heterogeneous thin or thick client platforms (e.g., mobile phones, laptops, and personal digital assistants [PDAs]).

ネットワーク上に提供され、標準的なメカニズムを介してアクセスされる許容量の利用が、異種シン/シック・クライアント・プラットフォーム(たとえば、モバイルフォン/ラップトップ/PDAなど)により促進される。

Resource pooling. The provider’s computing resources are pooled to serve multiple consumers using a multi-tenant model, with different physical and virtual resources dynamically assigned and reassigned according to consumer demand. There is a sense of location independence in that the customer generally has no control or knowledge over the exact location of the provided resources but may be able to specify location at a higher level of abstraction (e.g., country, state, or datacenter). Examples of resources include storage, processing, memory, network bandwidth, and virtual machines.

対象となるプロバイダのコンピューティング・ソースは、マルチ・テナント・モデルを用いてプールされ、多数の消費者に提供される。 そこでは、消費者のデマンドに従って、それぞれの物理/仮想リソースが、割当/再割当される。 提供されるリソースが配置される物理ロケーションを、顧客が知ることもなく、コントロールもしない点において、ロケーションから独立したものとなる。しかし、高レベルの抽象ド(たとえば Country/State/Datacenter)においては、ロケーションの指定が可能になるかもしれない。 リソースの例としては、ストレージ/プロセシング/メモリ/ネットワーク・バンド幅/仮想マシンなどが含まれる。

Rapid elasticity. Capabilities can be rapidly and elastically provisioned, in some cases automatically, to quickly scale out and rapidly released to quickly scale in. To the consumer, the capabilities available for provisioning often appear to be unlimited and can be purchased in any quantity at any time.

許容量は、迅速かつ柔軟にプロビジョニングされる。いくつかのケースにおいては、迅速なスケールアウトによるリソース確保と、スケールインによる解放が、自動的に処理される。 消費者にとって、プロビジョンニングされる許容量は、大半の場合に無制限であるように見え、また、購入できる量と、そのタイミングは自由である。

Measured Service. Cloud systems automatically control and optimize resource use by leveraging a metering capability3 at some level of abstraction appropriate to the type of service (e.g., storage, processing, bandwidth, and active user accounts). Resource usage can be monitored, controlled, and reported, providing transparency for both the provider and consumer of the utilized service.

そのサービス・タイプ(たとえばストレージ/プロセシング/バンド幅/アクティブ・ユーザー・アカウント)に適した、いくつかの抽象レベルにおける測定機能[3]を拡張することで、リソース使用を自動的に制御/最適化していく。 リソース使用が、モニター/コントロール/レポートされることで、利用されたサービスについて、プロバイダと消費者に双方に対しt透過的に提供される。

ーーーーー

TAG index第2章は、このドキュメントの中では最も短く、また、その内容も簡潔です。上記のとおり、クラウドの定義述べられており、この後には、SaaS/PaaS/IaaS の定義と、Private/Community/Public/Hybrid の定義が続きます。 別段、目新しいものはなく、Security and Privacy 編と同じような説明になっています。  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_1
NIST がクラウドのための Roadmap と Architecture を発表

 

OpenStack は Essex で、どう変わったのか?

Posted in .Selected, OpenStack by Agile Cat on April 12, 2012

“Essex” version of OpenStack debuts
http://wp.me/pwo1E-46v
By
Paula Rooney | April 5, 2012
http://www.zdnet.com/blog/open-source/essex-version-of-openstack-debuts/10737

image

Summary: The fifth release of OpenStack, code named “Essex,” debuted today, with enhanced quality, usability and extensibility across enterprise, service provider and high performance computing (HPC) deployments, the project announced. Essex is integrated in Canonical’s Ubuntu 12.04.

Summary: Essex というコードネームの、OpenStack における 5回目のリリースは、品質/有用性/拡張性を向上させたものであり、エンタープライスおよび、サービス・プロバイダ、HPC デプロイメントに対応するプロジェクトだという発表があった。 また、Essex は、Canonical の Ubuntu 12.04 とインテグレートされている。

ーーーーー

In a week when it was upstaged by rival open source CloudStack,OpenStack got a shot in the arm with its fifth major release, dubbed “Essex,” on Thursday.

オープンソースのライバルである CloudStack に話題を奪われた週だったが、その木曜日に OpenStackが得たのは、5回目のメジャー・バージョンアップとなる、Essex というカンフル剤だった。

The “Essex” release, which is said to contain more than 150 new features, was developed by more than 200 developers, the open source project noted in a statement today, which highlighted the core improvements, including:

Essex のリリースには、150 以上の新機能が含まれ、また、200 人以上のデベロッパーにより開発されたと言われている。このオープンソース・プロジェクトは、今日のステートメントにおいて、コアとなる改善ポイントを強調したが、その中には以下の項目が含まれる:

  • imageOpenStack Compute (code-name Nova) – Focus on stability and integration with Dashboard and Identity, including enhancements to feature parity among the tier one hypervisors — making it a seamless user experience across each hypervisor — improved authorization and live migration with multi-host networking. There were also contributions to support high-performance computing and additional block storage options, including support for Nexenta, SolidFire, and NetApp storage solutions.
  • OpenStack Object Storage (code-name Swift) – Significant new features to improve compliance and data security with the ability to expire objects according to document retention policies, more  protections against corruption and degradation of data, and sophisticated disaster recovery improvements. Also new capabilities important to service providers including the ability to upload data directly from an authenticated web page and the ability to restrict the maximum number of containers per account.
  • OpenStack Dashboard (code-name Horizon) – The first full release of OpenStack Dashboard provides administrators and users the ability to access, provision and automate cloud-based resources through a self-service portal. The extensible design makes it easy to plug in and expose third party products and services, such as monitoring.
  • OpenStack Identity (code-name Keystone) – The first full release of OpenStack Identity unifies all core projects of the cloud operating system with a common authentication system. The technology provides authorization for multiple log-in credentials, including username/password, token-based and AWS-style logins.
  • OpenStack Image Service (code-name Glance) – The Image Service received several key updates to improve usability, authorization and image protection.
  • OpenStack Compute (code-name Nova) – 安定性と、Dashboard との統合、そして Identity にフォーカスし、認証を改善するティア・ワン・ハイパーバイザーのパリティと、マルチホスト・ネットワークを用いたライブ・マイグレーションの拡張も含む(個々のハイパーバイザをまたいだシームレスなユーザー・エクスペリエンスを実現)。さらに、HPC(high-performance computing)および、Nexenta/SolidFire/NetApp のサポートも含めた追加型ブロック・ストレージ・オプションも、コントリビュートされている。
  • OpenStack Object Storage (code-name Swift) – ドキュメント・リテンション・ポリシーにしたがう、重要な新機能によりオブジェクトに期限を定め、コンプライアンスとデータ・セキュリティを改善する。また、データの破損と劣化からの保護および、DR 機能の洗練させるための改善も含む。さらに、サービス・プロバイダにとって重要な機能として、認証された Web ページからの、ダイレクトなデータのアップロードと、アカウントごとの最大コンテナ数の制限も含まれる。
  • OpenStack Dashboard (code-name Horizon) – OpenStack Dashboard における初めてのフル・リリースは、クラウド・ベース・リソースに関するアクセス/プロビジョニング/自動化の能力を、セルフ・サービス・ポータルを介してアドミニストレーターとユーザーに提供する。 たとえばモニタリングのようなサードパーティーのプロダクトおよびサービスは、拡張可能なデザインにより、そのプラグインとエクスポーズを容易にする。
  • OpenStack Identity (code-name Keystone) – OpenStack Identity における初めてのフル・リリースは、クラウド・オペレーティング・システムの全てのコア・プロジェクトを、共通の認証システムを用いて統一していく。このテクノロジーにより、マルチ・ログイン証明に関する認証が提供され、また、Username/Password と、トークン・ベースの AWS-style ログインも取り込まれる。
  • OpenStack Image Service (code-name Glance) – Image Service に関しては、ユーザビリティおよび、認証、イメージ保護を改善するための、いくつかの重要なアップデートが施されている。

NASA, Rackspace, Intel, Dell, Canonical-Ubuntu, HP and SuSE are among 155 companies that support the open source cloud OS architecture.

このオープンソース・クラウド OS アーキテクチャをサポートする155 社の中には、NASAおよび、Rackspace、Intel、Dell、Canonical-Ubuntu、HP、SuSE などがいる。

Citrix was an original backer but this week switched gears, dropped OpenStack and donated its CloudStack to Apache to try to build up support for that open source cloud OS effort.

Citrix は元からの支援者であったが、今週に方向を転換することになった。 つまり、OpenStack から離れて、CloudStack を Apache を寄贈し、オープンソース・クラウド OS の確立を試みる。

Red Hat and IBM have also demonstrated support for OpenStack but have yet to announce it publicly. Red Hat purchased OpenStack-focused Glusters last year and its sponsored open source Linux project recently integrated OpenStack in the latest rev of Fedora.

さらに、Red Hat と IBM も、OpenStack をサポートする意思を示しているが、まだ、公にはアナウンスしていない。 昨年のことだが、Red Hat は OpenStack にフォーカスする Glusters を買収している。そして、Fedora の最新 Rev に OpenStack を統合するという、オープンソース Linux プロジェクトをサポートしている。

One OpenStack backer said it may take time for the open source cloud OS market to shake out but he has made his bet.  “We are in an early market, and it will take 5-10 years until we potentially see a single winner.  In the near term, there will be many winners and there is little profit in handicapping the game in absolute terms,” said Alan Cohen, VP Marketing, Nicira. “Nicira likes the raw energy and momentum toward open cloud frameworks.   We are deep and public into OpenStack — we love the community, the innovation –  but we also have other customers who use different cloud management frameworks.  At the end of the day, customers will make this decision.”

ある OpenStack 支援者が言うには、オープンソース・クラウド OS 市場は、時間をかけながら淘汰と再編を繰り返すことになる。 そして、彼はそこに賭けている。「 私たちは、黎明期のマーケットにあり、ハッキリとした勝者を認識するまでに 5年~10年を要するだろう。  また、近いうちに、数多くの勝者が出現するだろうが、絶対的なゲームにおけるハンディとしての、きわめて小さな利益を得るだけだ。Nicira は、オープン・クラウド・フレームワークに対して、少ない労力と推進力で取り組んでいきたいと思ってている。   私たちは、OpenStack の本質をパブリックにコミットしている。 つまり、そのコミュニティとイノベーションを評価しているのだ。しかし、その一方で、異ななるクラウド・マネージメント・フレームワークを利用する顧客も有している。  結局のところ、最終的な判断は、顧客に委ねられるだろう」と、Nicira の VP Marketing である Alan Cohen は発言している。

ーーーーー

TAG indexこのところ、Apache へと路線を変更した CloudStack に、話題という面では遅れをとってしまった感じの OpenStack ですが、以下の <関連> にもあるように、Red Hat/IBM/Sony といったメジャー・プレイヤーの動きも気になりますし、AWS API をめぐる Eucalyptus や CloudStack とのつばぜり合いも気になります。しばらくの間は、この辺りにホットな話題が集中しそうですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
Eucalyptus と OpenStack のドックファイトが、さらに高度なクラウド戦争を引き起こす
Amazon の新たな悩みは、Sony と OpenStack の蜜月にあるのか
OpenStack デベロッパーに朗報! Sandbox とAPI Reference

 

%d bloggers like this: