Agile Cat — in the cloud

Google 先生の OpenFlow 講座 – DC 間接続を低コストで達成するには

Posted in .Selected, Google, OpenFlow, SDN by Agile Cat on April 11, 2012

How Google is using OpenFlow to lower its network costs
http://wp.me/pwo1E-46j
By
Stacey Higginbotham Apr. 9, 2012
http://gigaom.com/cloud/how-google-is-using-openflow-to-lower-its-network-costs/

_ Gigaom

Google is checking out a new form of networking protocol known as OpenFlow in the communications networks that run between its data centers. The search giant is testing the use of software-defined networks using OpenFlow in order to lower the cost of delivering information between its facilities, says Urs Hölzle, SVP of technical infrastructure and Google Fellow in an interview with me.

Google は、データセンター間を結ぶコミュニケーション・ネットワークにおいて、OpenFlow として知られる新しい形式の、ネットワーク・プロトコルを調査している。 この検索の大手は、そのファシリティ間で情報を配信するコストを低減するために 、OpenFlow を用いる SDN(Software Defined Networks)をテストしていると、Google Fellow であり SVP of Technical Infrastructure でもある Urs Holzle が、私とのインタビューで話してくれた。

Google’s infrastructure is the stuff of engineer dreams and nightmares. The company’s relentless focus on infrastructure has led it to create a competitive advantage because it can deliver search results faster and for less money than the next guy. Much like Dell conducts studies showing that lowering a table where people assemble its computers saves seconds and costs, Google understands that investing in infrastructure can help it shave a few cents off delivering its product. And the next area that’s ripe for some infrastructure investment might be networking, specially using the OpenFlow protocol to create software defined networks.

Google のインフラストラクチャには、エンジニアの夢と悪夢が詰め込まれている。 そして、同社のインフラに対する執拗なフォーカスにより、競争上の優位性が引き出され、誰よりも速く安く検索結果を届けるという結果をもたらしてきた。 Dell などの数多くの企業は、コンピュータをアセンブルする際の、時間の短縮とコストの低減を実現するための研究を行なっている。 その一方で Google は、インフラへの投資により、オンライン配信における数セントの削減が、積み上げられることを理解している。 そして、いくつかのインフラストラクチャ投資における次の領域として、OpenFlow プロトコルを活用した SDN 構築という目的がある。

For Google, at a certain point, communications between servers at such a large-scale can be a problem, notes Hölzle, who is speaking at the Open Networking Summit in Santa Clara next week. He explains that the promise of OpenFlow is that it could make networking behave more like applications thanks to its ability to allow the intelligence associated with networking gear to reside on a centralized controller.

Google の場合には、あるポイントにおいて、このようなラージ・スケールのサーバー間で、コミュニケーションに問題が生じるかも知れないと、来週に Santa Clara で開催される、Open Networking Summit のスピーカーでもある Holzle は指摘している。OpenFlow がもたらすものは、ネットワークをアプリケーションのように振る舞わせることであり、センタライズされたコントローラの中に、インテリジェントに組み合わされたネットワーク・ギアを論理的に配置していく能力だと、彼は説明する。

Previously, each switch or piece of networking gear had its own intelligence that someone had to program. There was no holistic view, nor a way to abstract out network activities from the networking hardware. But with OpenFlow the promise is you can program the network and run algorithms against it that can achieve certain business or technical goals.

これまでのスイッチやネットワーク・ギアは、誰かがプログラムしなければならない、それら自身のインテリジェンスを持っていた。 そこには、全体論的な視野が無く、また、ネットワーク・ハードウェアから離れて、そのアクティビティを抽象化する術もなかった。 しかし、OpenFlow を用いることで、ビジネスおよびテクニカルにおける特定のゴールを達成していくための、ネットワークのプログラミングと、アルゴリズムの実行が約束される。

“I think what we find exciting is OpenFlow is pragmatic enough to be implemented and that is actually looks like it has some legs and can realize that promise,” he said. However, he added, “It’s very early in the history and too early to declare success.”

「私たちが気づいている気分の高揚は、プログラムによる OpenFlow の実装が十分な意味を持ち、また、実際にいくつかの経路を利用できそうなことだ。 それにより、目論見を実現できそうだと、私は考えている」と、彼は発言している。 しかし、「その歴史はきわめて短く、また、成功を宣言するにはあまりにも早すぎる」とも、付け加えている。

Google is trying the protocol out between data centers, although Hölzle didn’t disclose details about how much Google is saving and how widespread the implementation is. Hölzle said the search giant was trying to see how it could make its wide-area network and long-distance network more flexible and speed up the delivery of services to users without adding costs. However, costs for Google aren’t just measured in terms of bandwidth, but also in terms of people required to operate the network or configuring it.

Google は、データセンター間のプロトコルについては公表しようとしているが、その範囲と費用対効果について、Hölzle は詳細を明らかにしなかった。 Holzle が言うには、この検索の大手が確認しようとしているのは、広域におよぶ長距離ネットワークの柔軟性を、さらに高めるための方式であり、また、コストを増大することなく、ユーザーに対するサービスの配信を高速化する方法である。 しかし、Google におけるコストは、ネットワークの帯域幅という観点でけでは測定できない。つまり、ユーザーが必要とする運用や設定という視点も、欠かせない要因となる。

TAG index“The cost that has been rising is the cost of complexity — so spending a lot of effort to make things not go wrong. There is an opportunity here for better network management and more control of the complexity, and that to me is worth experimenting with,” Hölzle said. “The real value is in the [software-defined network] and the centralized management of the network. And the brilliant part about the OpenFlow approach is that there is a practical way of separating the two things: where you can have a centralized controller and it’s implementable on a single box and in existing hardware that allows for a range of management and things that are broad and flexible.”

「コストにおける上昇分は、複雑さからくるものである。 つまり、物事を間違った方向へ向かわせないように、膨大な労力を費やしていることになる。 そして、より良いネットワーク管理を実現し、複雑さをコントロールするチャンスがある。それが OpenFlow であり、また、私にとって実験する価値のあるものとなる。現実の価値は、SDN の中にあり、また、ネットワークのセンタライズされた制御の中にある。 そして OpenFlow アプローチの素晴らしい部分は、2つのものを切り離すための、現実的な方式を提供する点である。 センタライズされたコントローラーを利用でき、また、シングルボックスもしくは既存のハードウェア上に、それを実装できるなら、幅広い管理が実現され、また、物事に広がりと柔軟性が提供される」と、 Holzle は言う。

But OpenFlow still requires some work. Hölzle said that there are issues with how you communicate between OpenFlow networks and those that aren’t. So, today, Google takes its OpenFlow traffic and hands it over to a router running alternative network protocols such as MPLS or BGP, what Hölzle calls a “normal” router. He expects that to change over time as things standardize within OpenFlow and among vendors. As he said at multiple times throughout the conversation, these are early days for OpenFlow and software-defined networks.

しかし、OpenFlow には、いくつかの課題が残されている。 Holzle は、OpenFlow ネットワークと、それ以外のネットワークを結ぶ通信の方法に問題があると発言している。 したがって、いまの Google では、受け取った OpenFlow トラフィックを、MPLS もしくは BGP などのネットワーク・プロトコルを実行するルーターに手渡している。 それらについて、Holzle は NORMAL ルーターと呼んでいる。そして、それらのものが、OpenFlow の中で、あるいはベンダー間において、長い時間をかけて標準化されていくと、彼は予想している。この会談において、彼が何度も繰り返して言ったように、OpenFlow と SDN(Software Defined Networks)は黎明期にある。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

ーーーーー

TAG index他にもあるのでしょうが、Agile_Cat が知るかぎり、Google が OpenFlow や SDN について初めて語るコンテントです。 価値は、OpenFlow ではなく SDN にあるとは、とても良い言葉で、さすが Google 先生と言わざるを得ません。 また、DC の 内と外では、使うべきプロトコルが違いますよと示唆しているようにも聞こえます。 来週の Open Networking Summit では、どんな発表があるのでしょうか? とても楽しみです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack における SDN コネクションを探求する _1
OpenStack における SDN コネクションを探求する _2
OpenFlow 1.2 が ONF の評議会で承認された – NTT Com も委員に
Juniper がデベロッパーに対して、OpenFlow ソースコードを提供し始めた
OpenFlow 関連ポストへのリンク集(20本強)

 

One Response

Subscribe to comments with RSS.

  1. [...] link Share this:Like this:LikeBe the first to like this post. This entry was posted in Data Center, Google, OpenFlow. Bookmark the permalink. ← OpenStack は Essex で、どう変わったのか? [#cbajp ] [...]


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: