Agile Cat — in the cloud

Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?

Posted in .Selected, Mobile, Qualcomm by Agile Cat on April 6, 2012

The Japanese give up their attempt to try and compete with Qualcomm
http://wp.me/pwo1E-45m
By: Stefan Constantinescu, April 3rd, 2012
http://www.intomobile.com/2012/04/03/japanese-give-up-their-attempt-try-and-compete-qualcomm/

Image(4)_ into Mobile

Last September we heard rumors that NTT DoCoMo, Samsung, Fujitsu, NEC, and Panasonic were going to get together to try and take on Qualcomm. The news became official a few months later in December. Here we are, barely at the start of the second quarter of the year, and they’ve decided to call it quits. It’s a shame really, because Qualcomm needs some strong competition in order to keep prices in check and to guarantee that innovation doesn’t stagnate.

昨年の 9月のことだが、NTT DoCoMo/Samsung/Fujitsu/ NEC/Panasonic が、Qualcomm に挑戦するために力を合わせるといウワサが流れた。 そして、数カ月が経った 12月には、そのニュースはオフィシャルな情報となった。 そして、さらに、年が明けて Q2 に入ったところだが、この試みを停止するという決定があった。実際に Qualcomm は、低価格の保持と、イノベーションの促進のために、強いコンペティタを必要としているから、その判断は残念なことである。

So what does Qualcomm do so well anyway, what do they do that’s so hard to replicate? Back in 2009, these guys had the insight to put everything needed to create a smartphone into a single easy to sell platform. You’ve probably heard of it, it’s called Snapdragon. Whereas before handset vendors had to source a separate application processor, separate graphics processor, separate cellular modem, separate WiFi chip, and so on and so forth, Qualcomm just slapped all that into Snapdragon and made people’s lives a hell of a lot easier.

したがって、Qualcomm が順調に推進していくように、それらの企業群が、その方式に追随することに、どのような困難があるのかという疑問が湧いてくる。2009年のころから、スマートフォンの開発に必要なすべてを、容易に販売できる単一のプラットフォームについて、Qualcomm は洞察を持ち始めていた。 Snapdragon と呼ばれる、そのプラットフォームについて、聞いたことがあるだろう。 以前のハンドセット・ベンダーは、アプリケーション・プロセッサや、グラフィック・プロセッサ、セルラー・モデム、WiFi チップなどを、別々に調達せざるを得なかった。それに対して Qualcomm は、その全てを Snapdragon の中に取り込み、また、彼らの工程を大幅に簡素化した。

Other companies have definitely been trying to catch up, most notably ST-Ericsson. That company was formed several years ago as a joint venture between STMicroelectronics and Ericsson. Their latest creation combines two ARM Cortex A9 processors, an advanced PowerVR SGX 544 GPU, and a 4G LTE modem, and best of all it’s built on a 28 nanometer process. The problem? Said chip isn’t going to be sampling until the second half of this year, and it’s likely not going to come out until the first half of 2013.

その他の企業も、明らかに Qualcomm に追いつこうと努力しているが、最も注目すべきは ST-Ericsson である。 同社は、STMicroelectronics と Ericsson によるジョイント・ベンチャーとして、数年前に組織化されている。 そこでの最新の成果は、2つの ARM Cortex A9 プロセッサおよび、先進的な PowerVR SGX 544 GPU、4G LTE モデムの結合であり、また、それらの 28 nano meter プロセス上でのベストな展開である。 何が問題なのだろうか? 前述のチップは、今年の後半になるまでサンプルは提供されず、また、製品に関しては、2013年の前半まで待たなくてはならない。

So who is best positioned to actually defeat Qualcomm this year, or at least take some market share away from them? Samsung and NVIDIA. Rumor has it that Samsung’s next processor, the one that’ll be at the heart of the Galaxy S III, will have a built-in modem; and NVIDIA has already announced that they’re going to slap some 4G LTE inside their Tegra chips sooner rather than later.

それでは、Qualcomm に対抗し得るポジションを年内に確立し、少なくとも、いくらかのマーケット・シェアを奪い取るのは誰になるのか? それは、Samsung とNvidia である。 ウワサによると、Galaxy S III の心臓部となる、Samsung の次世代プロセッサには、モデムがビルトインされるらしい。 また、Nvidia に関しては、いくつかの 4G LTE が Tegra チップに、すでに取り込まれる段階にあるという。

ーーーーー

TAG indexほんと、この領域は Snapdragon と Tegra が席巻しているという感じですものね。 文中にもあるように、諦めてしまったとは、とても残念です。 Ericsson は偉いですね。 頑張って欲しいです! --- __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NVIDIA Tegra 3 アーキテクチャは、4-PLUS-1 という名前になる!
Android 5.0 “Jelly Bean” が、2012年 Q2 に出るという 先走りすぎたウワサ
BYOD – エンタープライズは生産性の向上とセキュリティ・リスクを秤にかける
AppMobi の狙いは、Mobile + OSS + HTML5 の惑星大直列なのだ!
Samsung Galaxy Note のプロモーション・ビデオ – Youtube

 

Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?

Posted in .Selected, OpenStack by Agile Cat on April 6, 2012

Red Hat, IBM sign on for OpenStack
http://wp.me/pwo1E-45g
By
Barb Darrow Apr. 5, 2012
http://gigaom.com/cloud/red-hat-ibm-sign-on-for-openstack/

_ Gigaom

Two tech powers — IBM and Red Hat — are ready to officially bless OpenStack’s open source cloud project.

2つのテクノロジー・パワーである IBM と Red Hat が、OpenStack のオープンのソース・クラウド・プロジェクトを推進する準備を済ませている。

The news — which should come next week or the week after at the OpenStack Spring Conference — is a big boost to OpenStack, which was battered this week by Citrix’s plans to position CloudStack as an OpenStack competitor.

このニュースは(来週もしくは、OpenStack Spring Conference 後に発表されるはず)、今週に Citrix が発表した、新しいポジションを確立する CloudStack との競合において、OpenStack を後押しする大きな力になるだろう。

クリックで拡大 ⇒

No one from IBM, Red Hat or OpenStack would comment, but sources say this is a done deal. In fact, IBM kind of joined OpenStack in February – at least it appeared on a list of OpenStack contributors. But no announcement was made.

IBM と Red Hat、そして OpenStack からのコメントは得られないだろうが、情報源によると、それは、すでに決定された展開となる。 実際に、2月の段階で、IBM は OpenStack に参加したようにも思える。 そして、少なくとも、OpenStack コントリビュータのリストに登場している。しかし、その件はアナウンスがされていない。

Jonathan Bryce, an OpenStack Project Policy Board member, has been out talking about the new OpenStack release code-named Essex, and said to expect new members to be announced soon but did not provide details.

OpenStack Project Policy Board メンバーである Jonathan Bryce は、新しい OpenStack のリリース・コード・ネームである Essex と、新たに参加するメンバーに関する期待を述べているが、詳細な情報は提供していない。

However, he did say Red Hat worked “a lot on packaging” for Essex so that it will be easier for the software to be bundled with Linux distributions. OpenStack, for example, will be bundled in the Ubuntu Linux long-term support release and Fedora. Will it be in Red Hat Enterprise Linux? “We have nothing to announce,” said Bryce, who is also co-founder of Rackspace Cloud.

しかし、彼は、Red Hat が Essex における「大量のパッケージング」取り組んでおり、それらのソフトウェアを Linux ディストリビューションにバンドルすることが、さらに容易になると発言している。 たとえば、OpenStack は、長期間にわたるリリースをサポートするために、Ubuntu Linux にバンドルされるだろう。 そして Fedora だが、それも Red Hat Enterprise Linux になっていくのだろうか? 「私たちは、何の発表すべきものも持っていない」と、Rackspace Cloud の Co-Founder である Bryce も発言している。

Red Hat gets over qualms

imageRed Hat, which fields the OpenShift platform as a service, has been ambivalent about OpenStack, contributing to some projects, but staying mum about whether it would officially join the effort. Many said Rackspace’s decision last fall to cede control of the effort to an OpenStack Foundation might change that. Rackspace promised the board would be set up in 2012. And there have been other signs that Red Hat is warming up to OpenStack (as well as Amazon) on the public cloud front, as The Registerreported earlier this week.

PaaS である OpenShiftプラットフォームに対応する Red Hat は、OpenStack に対する相反する価値観を持っており、いくつかのプロジェクトはコントリビュートしても、オフィシャルな参加については、口を噤んできた。 昨秋における Rackspace の判断であった、コードのコントロールを OpenStack Foundationに譲り渡すという方針が、Red Hat のスタンスを変えるかも知れないと、多くの人々が発言していた。そして Rackspace は、ボード・ミーティングを 2012年に開催されることを約束した。 そして、今週に The Register がレポートしたように、パブリック・クラウドの最優先項目として、OpenStack 対応を準備しているという、Red Hat(Amazon も) のサインがあった。

The Citrix news was seen as a setback to the OpenStack process (Citrix was a member) but the effort still includes other big names including Hewlett-Packard, Cisco and others. HP is expected to talk up its cloud projects next week and Biri Singh, HP’s SVP of cloud services, will speak at the Open Stack conference in San Francisco.  Bryce also noted that Citrix, the CloudStack news notwithstanding, continues to work on aspects of OpenStack.

Citrix に関するニュースは、OpenStack プロセス(Citrix はメンバーだった)の妨げになると見られたが、その活動には Hewlett-Packard や Cisco といったビッグ・ネームが依然として含まれている。 HP に関しては、このクラウド・プロジェクトについて、来週に発言があると期待されている。 そして、HP の SVP of Cloud Services である Biri Singh が、San Francisco で開催される Open Stack カンファレンスで登壇する。  さらに Bryce は、CloudStack のニュースにもかかわらず、いくつかの局面において Citrix は、OpenStack に取り組み続けることを指摘した。

While a lot of these industry alliances are more marketing than substance, Red Hat and IBM are forces both in the open source world and in cloud computing so it’s hard to argue that their sign off doesn’t give OpenStack more credibility.

この業種において、多くのアライアンスはマーケティング指向であ。 その一方で、 Red Hat と IBM は、オープンのソースとクラウド・コンピューティングの世界で、共にパワーを有している。したがって、両社のサインが、OpenStack への信頼を高めないと、論ずることは難しいだろう。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

ーーーーー

TAG index昨日の「CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?」に続いて、今朝も OpenStack に関連するニュースがありました。しかし、昨日とは異なり、何らかの発表を受けてというものでは有りませんので、Gigaom  の記事が 1本あるだけです。 上記のとおり、2月の段階から、具体的な話し合いが行われていたのなら、それを Citrix が嫌ったのかとも思えてきます。 また、HP が Citrix を説得しているような表現もあり。そのあたりも興味深いです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Eucalyptus と OpenStack のドックファイトが、さらに高度なクラウド戦争を引き起こす
CloudStack が目指す、AWS ライクな柔軟性 + グローバルな制御とは?
身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?
オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?
Citrix の CloudStack 3 がデビュー! すべての規模のユーザーにセキュアな OSS クラウドを

 

%d bloggers like this: