Agile Cat — in the cloud

BYOD – エンタープライズは生産性の向上とセキュリティ・リスクを秤にかける

Posted in .Chronicle, .Selected, Byod, Government, Mobile, Post-PC, Security by Agile Cat on April 4, 2012

Mobile: BYOD Cause Businesses to Weigh Productivity Benefits Versus Security Risks
http://wp.me/pwo1E-44Y
By Dick Weisinger, on March 23rd, 2012
http://www.formtek.com/blog/?p=2858

_ formtek

Many organizations are increasingly being faced with the dilemma of how best to address the increasing use of personal devices for work purposes by their employees.  Frank Gillett, Vice President and Principal Analytst at Forrester Research, reports that more than half of workers are using at least three different devices for their work, and many of the devices they are using are their own personal mobile devices.

数多くの組織がジレンマを深めているのは、仕事を目的としたパーソナル・デバイスの利用が増えている状況に、どのような対応すべきかと苦慮している点に集約される。Forrester Research の Vice President と Principal Analytst を兼任する Frank Gillett は、  半数以上の従業員が、少なくとも 3種類以上のデバイスを使用し、また、それらのデバイスの多くが、彼ら自身のパーソナル・モバイル・デバイスだとレポートしている

Randy Cochran, Vice President of Symantec, blogged about the results of a Symantec survey where it was found that 70 per cent of organizations think that smartphones and tablets will increase employee productivity, and 77 per cent reported already seeing productivity gains with their mobile policy implementations.  MobiliSafe reports that a Bring Your Own Device (BYOD) mentality at many SMBs has enabled those SMBs to become highly connected.  In fact, 80 percent of employees at SMBs now use either a tablet or a smartphone for their job.

Symantec の Vice President である Randy Cochran は、同社の調査結果によると、対象となる組織の 70% がスマートフォンとタブレットにより従業員の生産性が高まると考え、また、77% がモバイル・ポリシーを実施することで、すでに生産性を高めていると、自身のブログにポストしている。 また、MobiliSafe は、数多くの SMB における Bring Your Own Device(BYOD)の考え方により、企業と従業員の間に大きな相互理解が生まれているとレポートしている。  実際に、SMB における従業員の 80% が、いまではタブレットとスマートフォンを、その作業に活用している。

imageThe use of mobile devices is even becoming prevalent in the federal government.  A report by MeriTalk finds that “between telework mandates and the tablet revolution, agencies are leaving the PC behind and supporting an increasingly mobile workforce. Most agencies are rolling out a growing variety of new devices to enhance productivity and mobility.”

モバイル・デバイスの利用は、連邦政府の組織内でさえ、増大の一途をたどっている。  MeriTalk のレポートは、「テレワークの要求とタブレット革命の狭間で、政府機関は PC を後回しにし、拡大するモバイル・ワークをサポートしている。 大半の政府組織は、生産性と可動性を強化する新しいデバイスがもたらす、その多様性が成長していることを大々的に取り上げている」と指摘した。

But while BYOD policies bring with them benefits in terms of productivity and employee satisfaction, security remains a major concern.  As Tom Clare, senior director of Product Marketing Management at WebSense, points out,  ”IT has spent years working on desktop security and trying to prevent data loss over web and email channels–but mobile devices are radically changing the game.  Tablets and iOS devices are replacing corporate laptops as employees bring-their-own-devices to work and access corporate information. These devices open the door to unprecedented loss of sensitive data. IT needs to be concerned about the data that mobile devices access and not the device itself.”

しかし、BYOD のポリシーが生産性の向上と従業員の満足というメリットをもたらす一方で、主要な関心事としてセキュリティが取り残されている。  WebSense の Product Marketing Management Senior Director である Tom Clare は、「 IT 運用者たちは何年もを費やし、デスクトップのセキュリティに取り組み、また、Web と電子メールからのデータ流失を防いできたが、モバイル・デバイスにより論点の大元が変化してきた。  従業員たちが自身のデバイスを仕事に使い、企業情報にアクセスするにつれて、タブレットや iOS デバイスがラップトップを置き換えてしまったのだ。 しかし、それらのデバイスは、機密性の高いデータの流失という意味で、前例の無いドアを開けてしまっている。 IT 運用者が関心を持つべきは、モバイル・デバイスからアクセスされるデータであり、モバイル・デバイス自体ではない」と、指摘している

Jason Clark, Chief Security Officer of Websense, said that “The BYOD phenomenon is rapidly circumventing security policies.  It’s difficult to enforce security policies on something you do not control.”

Websense の Chief Security Officer である Jason Clark は、「BYOD 現象とは、セキュリティ・ポリシーを急速に迂回するというものだ。 コントロールできない何かの上で、セキュリティ・ポリシーを実施することは難しい」と発言する

Larry Ponemon, chairman and founder of the Ponemon Institute, said that ”mobile devices put organizations at risk — risks that they do not have the necessary security controls and enforceable policies to address.  It’s also clear that employees are deliberately disabling security controls, which is a serious concern.”

Ponemon Institute の Chairman and Founder である Larry Ponemon は、「モバイル・デバイスは、組織に対してリスクをもたらす。 ここで言うリスクとは、必要とされるセキュリティ・コントロールと、強制が可能なポリシーへの取り組みを、それらの組織が有していないことである。  さらに言えば、従業員たちが意図的にセキュリティ・コントロールを無力にしていることも明確であり、そのことが重大な懸念となっている」と発言している

The tide of consumer mobile devices may mean that the BYOD phenomenon is inevitable, but getting the right security policies in place to deal with it may take some time.

コンシューマ・モバイル・デバイスという潮流は、BYOD 現象が避けられないものだと言っているのかもしれない。 そして、それを取り扱うための、適切なセキュリティ・ポリシーを実施するには、いま暫くの時間を要するかもしれない。

ーーーーー

TAG indexこの先、いったい、どうなるのか? ・・・と言う感じの展開ですね。 Post-PC という言葉を、このところよく見かけますが、それなりの生産性をあげることに間違いはないようです。 その一方で、セキュリティが心配されますが、その先を考えてみると、企業の在りかたや、雇用の形態までも、モバイル・デバイスの台頭につれて、変化しそうな勢いですね。 ーーー ac-stamp-25

ーーーーー

<関連>

モバイル BaaS って何だ? Appcelerator による Cocoafish 買収から探ってみよう
AppMobi の狙いは、Mobile + OSS + HTML5 の惑星大直列なのだ!
Ray Ozzie が帰ってきた! iOS と Android を引き連れて
最適な MDM(Mobile Device Management)ポリシーを構成するためには?
コンシューマ と エンタープライズ の、IT 交差点 は存在し得るのか?

 

%d bloggers like this: