Agile Cat — in the cloud

Eucalyptus と OpenStack のドックファイトが、さらに高度なクラウド戦争を引き起こす

Posted in .Selected, Amazon, API, Hybrid, OpenStack by Agile Cat on April 3, 2012

Eucalyptus, OpenStack dogfight in cloud war
Hits and misses in the fight for IaaS dominance
http://wp.me/pwo1E-44R
March 22, 2012 – By
Brian Proffitt
http://www.itworld.com/cloud-computing/261010/eucalyptus-openstack-dogfight-cloud-war

image

The dogfight for the cloud is getting more intense, as competitors Eucalyptus and OpenStack swoop and dodge as they try to take control of the private and hybrid cloud sky.

天空におけるプライベートとハイブリッドの主導権をかけて、Eucalyptus と OpenStack が攻守を入れ替え競り合うにつれて、クラウドにおけるドッグファイトは激しさを増していく。

First, some good news for one of the competitors, OpenStack: the subsidiary division of RackSpace announced a partnership with Dell and Canonical to start offering Ubuntu-based OpenStack private clouds in the U.K., Germany, and China.

最初のグッド・ニュースは、一方のコンペティタである OpenStack に関するものだ。 RackSpace の子会社が、Ubuntu ベースの OpenStack プライベート・クラウドを、Dell と Canonical が UK/Germany/China で提供すると発表した。

But this good news may be overshadowed by other news that could make potential customers think twice about deploying with the OpenStack Infrastructure-as-a-Service (IaaS) product.

しかし、このグッド・ニュースも、OpenStack IaaS プロダクトをディプロイしようとするユーザーを再考させかねない、別のニュースの影に隠れてしまうかもしれない。

First, and perhaps most significantly, there was the announcement today that Amazon Web Services has formalized their relationship with Eucalyptus Systems to offer AWS-compatible private cloud stacks. I say “formalize” because this is something that Eucalyptus has pretty much been doing anyway… but, as with most things related to Amazon and their APIs, there was always the concern that Amazon could take their marbles and go home, leaving Eucalyptus and other services that depended on those APIs high and dry.

何にも増して、今日(3/22)の最も目立つニュースは、AWS 互換のプライベート・クラウド・スタックを提供する Eucalyptus Systems との提携を、Amazon Web Services がフォーマライズしたという発表である。 私が「フォーマライズ」と表現する理由は、いずれにせよ、その実態が、これまでに Eucalyptus が行なってきた事柄だからだ。しかし、Amazon と API に関係する大半の事象と同様に、そこから生じるメリットを Amazon だけが手にし、その API に依存する Eucalyptus などは見捨てられるという懸念が残される。

The is something major vendors will do from time to time: instead of working with a partner company, they will just buy that company (or a competitor) and incorporate that company’s products within its own offerings–instantly shifting a service like AWS from partner to potential competitor.

それは、メジャー・ベンダーが時として引き起こすアクションである。 つまり、パートナーを協調するのではなく、その会社(あるいはコンペティタ)を買収し、対象となるプロダクトを自社のものとして提供していく。裏を返せば、AWS のようなサービスが、パートナーからコンペティタへと、瞬時に様変わりしてしていく。

imageMost recently, this seems to have happened with AWS when they deployed the DynamoDC database and Simple Workflow Services. This is part of AWS’ strategy to move to a more robust Platform as a Service model, some speculate, but it could also leave companies like MongoLab in a lurch should Amazon decide to position these new services directly against MongoLab.

この種の直近の出来事は、AWS が DynamoDC Database と Simple Workflow Services をディプロイした時に起こったように思われる。それについて、より堅牢な PaaS モデルへと、AWS を移行させる戦略の一部だと考える人もいる。 しかし、Amazon が MongoLab に対抗するものとして、それらの新サービスを位置づけるなら、その変化の中で、MongoLab などは離れて行ってしまうだろう

This puts the partnership with Eucalyptus in a context that’s more than just another grip-and-grin photo op for company CEOs to rhapsodize about synergy. It means that Eucalyptus is a “made” company. They are part of the AWS borgata now, and it is unlikely that AWS will suddenly change their APIs out from under Eucalyptus and damage the private-cloud stack provider.

しかし、Eucalyptus に関しては、二人の CEO がシナジー効果について熱狂的に語り、満面の笑で握手する記念撮影の以上の文脈で、この提携を押し進めるものとなる。 つまり、Eucalyptus はメイド・カンパニーであることを意味する。そして、いまや、AWS 共和国の一部であり、また、AWS が Eucalyptus を切り捨てるような API の変更を行い、このプライベート・クラウド・スタック・プロバイダに損害を与えることも有り得ないだろう。

As far as OpenStack is concerned, this is potentially a big problem, because one of the key differentiators they touted for their own IaaS offering was the notion that their APIs, unlike AWS APIs, were built on open standards and would keep customers from getting locked in to AWS and other less-than-open cloud providers. Note that the threat of lock in really hasn’t changed, but the whole problem has become significantly more moot.

そして、OpenStack を考えると、この Eucalyptus の動きが、大きな問題を引き起こす可能性が見えてくる。その理由は、OpenStack IaaS の重要な差別化要因の 1つとして、彼らの API に関する概念があり、また、それが AWS の API と異なる点にある。それは、オープンなスタンダードの上に構築され、また、AWS などの非オープンクラウド・プロバイダに、顧客がロックインされるのを阻止するものである。 ただし、ここで注目すべきは、ロックインに対する懸念は、まったく変化していないが、全体的な問題に関する議論の余地が出てきたことである。

By making this deal with Eucalyptus, AWS is establishing itself as the de facto standard for cloud APIs. It is signaling to the world at large that it will be committed to keeping its APIs stable and relatively unchanged for the foreseeable future, because to make a radical shift at this point would be nuts. (My friend Joe Brockmeier has written up a great piece on this topic over at ReadWriteWeb.)

Eucalyptus との提携により、 AWS は自身の API を、クラウド・デファクト・スタンダードとして確立しようとしている。そして、予測できる将来において AWS のAPI は安定し、それほど変化しないと約束するシグナルを、全世界へ向けて発信している。なぜなら、現時点における急激なシフトほど、バカげたことは無いからだ。 (私の友人である Joe Brockmeier は、このトピックに関する良記事を ReadWriteWeb に書いている

While both OpenStack and Eucalyptus each scored some positive news this week, OpenStack may have also taken a hit today. A new whitepaper from enterprise storage service provider Nasuni Corporation has portrayed parent company Rackspace as the worst data migrator between Rackspace Cloud Files, AWS’s Simple Storage Service (S3), and Microsoft Window Azure storage.

OpenStack と Eucalyptus にとって、今週は良いニュースが流れたが、今日の OpenStack は更なる衝撃を受けたのかもしれない。 エンタープライス・ストレージ・サービス・プロバイダである Nasuni Corporation の新しいホワイトペーパーで、その親会社である Rackspace が、ワースト・データ・マイグレータとして紹介されたのだ。 つまり、Rackspace Cloud Files/AWS Simple Storage Service (S3)/Microsoft Window Azure Storage を比較するテストで、最下位になってしまったのである。

imageThe whitepaper measured how long it would take to move a large amount of data (12 TB) from one of these services to another, or within one of these services. For the five cases Nasuni measured, the estimated minimum hours to transfer the 12 TB dataset was:

このホワイトペーパーは、それらのサービス間で、大量データ(12 TB)を転送するのに必要な時間を測定している。 そして、12 TB のデータセットを転送する際のに推定される時間について、Nasuni が測定した 5つのケースは:

  • Amazon S3 to Amazon S3: 4 hours
  • Amazon S3 to Azure: 40 hours
  • Amazon S3 to RackSpace: 115 hours
  • Azure to Amazon S3: 4 hours
  • Rackspace to Amazon S3: 5 hours

Now, to be clear, Rackspace Cloud Files is not the same as OpenStack’s IaaS. But it’s a storage service “built with OpenStack technology,” so OpenStack gets hit by the Nasuni test anyway.

ここでは、Rackspace Cloud Files が、OpenStack の IaaS と同じものではないことが明らかになった。 しかし、「OpenStack テクノロジーで構築された」ストレージ・サービスであるため、いずれにせよ、OpenStack も Nasuni テストによる打撃をこうむる。

“As with Nasuni’s Cloud Storage Report, Amazon once again ranks at the top of the list, a full 10 times better than the next best cloud storage provider. This speaks to Amazon’s time in the market, architecture, operations, etc. Also not surprising from our previous report is that Azure is still in second place and Rackspace a more distant third place.”

Nasuni の Cloud Storage Report にあるように、またしても Amazon はリストのトップにランクされ、また、次に続くクラウド・ストレージ・プロバイダに対して、10倍も性能を示している。 つまり、マーケット/アーキテクチャ/オペレーションにおいて、いまは Amazon が時を支配している。 そして、私たちのレポートにおいて、Azure が 2番手で、そこから遠く離れた 3番手に Rackspace がいることに、驚くべきではない。

Like most bouts of unpleasant news, there may be a silver lining. Some in the open source and cloud communities are taking the news about the Amazon-Eucalyptus partnership as good news for the OpenStack project, seeing the positioning between AWS and Eucalyptus as a validation of what OpenStack is bringing to market: an open and disruptive cloud stack.

大半の歓迎されないニュースと同じように、そこには明るい希望があるかもしれない。 オープンソースとクラウドのコミュニティにおける何人かの人々は、 Amazon – Eucalyptus  の提携は、OpenStack プロジェクトにも良いニュースになると思っている。 それは、OpenStack がマーケットにもたらす妥当性として、AWS と Eucalyptus の間のポジションに注視していくことだ。それは、オープンでありながら、分断をもたらすクラウド・スタックとなる。

Whatever your take away, one thing is clear: the war for the cloud just climbed to a new flight level.

どのように受け止めるにしろ、1つのことが明確になっている。 クラウド戦争は、さらに高度を上げ、別次元へと突入しているのだ。

Read more of Brian Proffitt’s Zettatag and Open for Discussion blogs and follow the latest IT news at ITworld. Drop Brian a line or follow Brian on Twitter at @TheTechScribe. For the latest IT news, analysis and how-tos, follow ITworld on Twitter and Facebook.

ーーーーー

TAG index面白い話ですね。 Amazon と Eucalyptus の提携により、API の仕様が動かせなくなるなら、そこが OpenStack の狙い目になるというわけです。OpenStack の存在意義は、おそらく、AWS に勝てるクラウドになることであり、そのためには何でもするはずです :)  そして、デファクト・スタンダードが確立し、そこを目掛けて様々なチャレンジャーが押し寄せるという状況は、利用者に対して最大のメリットを提供するはずです。 クラウド戦争の高度化、大歓迎ですね! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon と Eucalyptus が提携 – Hybrid を超える Hybrid を!
結局のところ、いま ストレージに、何が起こっているのか?
Amazon の新たな悩みは、Sony と OpenStack の蜜月にあるのか
Amazon が安いのか? Hosting が安いのか? コスト分析モデルで比較する!
トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー

iPhone 5 と Galaxy S3 の対決は、街角のストアへと戦線を拡大する – from UK

Posted in Apple, Google, Miscs, Mobile, Samsung by Agile Cat on April 3, 2012

iPhone 5 vs Samsung Galaxy S3: The brick and mortar edition
http://wp.me/pwo1E-44L
Saturday, March 31st, 2012
http://popherald.com/samsung-store-phones-4u-iphone-5-release-date-smartphone-market-16613/

_ pop herald

Samsung opens its own store in United Kingdom ahead of the rumored release date of its Galaxy S3 this year.

今年だとウワサされる Galaxy S3 のリリースに先行して、Samsung は United Kingdom に自身のストアをオープンする。

ーーーーー

imageThe Apple Store, according to Apple, is its “secret weapon” against its rivals in the smartphone and tablet markets. Apparently, Apple covers almost all major markets, and these stores help drive sales with better presentation of devices, human support team, and hands-on trials.

Apple によると、スマートフォンとタブレットの市場で、そのライバルに対抗する「秘密武器」とは、Apple Store のことである。 Apple は、ほとんど全てのメジャー・マーケットをカバーし、また、さらに踏み込んだデバイスのプレゼンテーションおよび、サポート・チームとハンズオン・トレーニングを、それらのストアで促進することで、販売を支援していくらしい。

Cook said during the keynote for the new iPad:

新 iPad のキーノートにおける、Cook の発言は以下のとおりである:

“Our retail stores provide the best buying experience and the best customer service anywhere, and while that’s important for a buyer of a Macintosh, in some ways it’s even more important for a buyer of an iPad or an iPhone or another post-PC device because these devices are new to many people.

There needs to be a place to discover them, to learn about them before they are purchased, and learn how to get the most out of them after they’re purchased.”

私たちのリテール・ショップは、どの店舗であっても、最高の購入エクスペリエンスと、最良の顧客サービスを提供する。そして、こうした試みが Macintosh のバイヤーのために重要である一方で、iPad や iPhone、そして他の Post-PC デバイスの購入者にとっても、いくつかの意味において、さらに重要なものとなる。なぜなら、それらのデバイスは、多くの人々にとって、常に新しいものであるからだ。

つまり、購入に先立って、それらを見出し、学習する場所が必要になる。 さらに言えば、購入した後にも、それらのプロダクトから、最大の能力を引き出すための、学習の場が必要となる。

Apple’s rival (and also one of the company’s manufacturing partners), Samsung, is ready to join the brick-and-mortar retailing, and obviously to upgrade its fight against Apple’s post-PC devices including the rumored new iPhone that will reportedly arrive this year. Samsung launches its newest Samsung-esque retail store in United Kingdom inside a retail store branch of Phones 4 U.

Apple のライバルである(そして製造パートナーでもある)Samsung は、このインターネットの外側に展開される、リテール競争に参入する準備を済ませている。そして、今年には発売とウワサされる新しい iPhone を含めた、Apple の Post-PC デバイスとの戦いを、明らかに拡大しようとしている。 Samsung は、Phones 4 U の小売チェーンの中で、United Kingdom 初となる Samsung ふうのリテール・ショップを立ち上げた。

According to Engadget, the new store located at Oxford Street in London is near an Apple Store, and in my opinion, it clearly shows Samsung’s marketing strategy against a company that retailed 172 million post-PC devices in just 12 months. Last year, Samsung launched a tent store near a Sydney Apple Store during the iPhone 4S launch.

Engadget によると、この新しいストアは London の Oxford Street にあり、Apple Store の近くだそだ。 そして、たった 12カ月で 1億7200万の Post-PC デバイスを販売した企業に対して、Samsung の明らかなマーケティング戦略を示していると、私も思う。 昨年のことだが、Samsung は Sydney での iPhone 4S 発売に際して、Apple Store の近くにテント・ストアを展開している。

“To see is to believe” is the best quote for this new fight — the battle for the best retail store. Apple, by a mile, leads this race but Samsung can still catch up. With the latest Amsterdam store, Apple said it covers almost all markets with 362 retail stores, and support its claim that customers love Apple Stores, Tim Cook said 110 million customers visited Apple Store just last quarter alone.

この、ベスト・リテ-ル・ショップをめぐる戦いにおいて、最も当てはまりやすい台詞は 「見ることは信じることである」だろう。 Apple は、このレースを 1マイルほどリードしているが、まだ Samsung は、追いつくことができる。 最新の Amsterdam 店により、ほとんど全てのマーケットを 362 の店舗でカバーし、また、顧客は Apple Stores が好きであると、Apple は主張している。そして、Tim Cook は、直近の四半期だけで、1億1000万人の顧客が Apple Store を訪れたと発言している。

New Samsung devices will benefit from this new store, including the rumoured Samsung Galaxy S3 that will reportedly arrive this year. Rumours also added that Samsung wants a release date “near” the launch of the iPhone 5.

新しい Samsung のデバイスは、この新しいストアからメリットを得るだろう。そこには、年内の発売をウワサされる、Samsung Galaxy S3 も含まれる。 さらに Samsung は、そのリリース日を iPhone 5 の発売にぶつける、というウワサもある。

With a new phone, analysts say the Galaxy S3 will put Samsung ahead of the smartphone race alongside Apple, and the two companies will enjoy the whole 90 percent of the smartphone market.

新しいフォン・デバイスについてだが、Galaxy S3 により Samsung は、Apple と並んでスマートフォン・レースの先頭に立つと、アナリストたちは分析している。そして、この 2つの会社により、スマートフォン・マーケットの 90% が支配されることになるだろう。

All rights reserved.© This article was originally posted on Popherald.com.

ーーーーー

TAG indexApple と Samsung の戦いは熾烈であり、二強を形成しつつ有るようです。この PopHerald の記事と前後してポストされた Asymco の記事には、2011年を通じて、これまでの Nokia による市場の支配が終わり、Apple と Samsung が完全に抜け出した様子が描かれています。 こうしたマーケットの動きに合わせて、現実世界の店舗でも、この二強の戦いが始まりそうな気配ですね。 そのうち、銀座にも Samsun ストアが登場するかも知れないと思わせる、ヨーロッパの傾向です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Tim Cook でなければ、iPad のコストは $5,000 になったかも?
Android は、いつになったら 10億台に届くのか?
デベロッパーたちは Android に飽きてしまったのか? – IDC の調査
iPad は Windows から、どれだけのインターネット・トラフィックを奪い取るのか?
Google Play で Android Market を置き換える、Google のエコシステム戦略とは?

 

%d bloggers like this: