Agile Cat — in the cloud

Open Source のコード品質は、商用ソフトを上回るという調査結果

Posted in .Chronicle, .Selected, Miscs, Research by Agile Cat on April 2, 2012

Open Source: OS Quality Often Trumps Proprietary Alternatives
http://wp.me/pwo1E-44B
By Dick Weisinger, on March 22nd, 2012
http://www.formtek.com/blog/?p=2856

_ formtek

A decade ago most enterprises avoided Open Source software, but things have changed.   Right now Open Source use at enterprises stands at higher than 75 percent, and Gartner predicts that in just five years that 99 percent of enterprises will have adopted some amount of Open Source software.  So rather than Open Source being considered as a marginalized alternative to commercial software, Open Source is increasingly becoming the mainstream option.

10年前を振り返ってみると、大半のエンタープライズが Open Source ソフトウェアを避けていたものだが、それも変化してきた。 そして、いまでは、エンタープライズで利用される Open Source の比率は、75% を上回るという状況である。 そして Gartner の予測によると、5年以内に 99% のエンタープライズが、何らかの Open Source を適用することになる。 つまり、商用ソフトウェアの代用として、Open Source が軽んじられていた時代と比べて、Open Source を主たる選択肢とする考え方が、その勢いを強めていることになる。

In a recent analysis that pitted source code taken from Open Source against source code from commercial systems, Open Source software came out on top.  The Coverity Scan Integrity project examined 37 million lines of Open Source software and compared the quality of the code against 300 million lines taken from proprietary software.

Open Source から抽出したソースコードと、商用システムのソースコードと競わせるという最近の分析では、Open Source ソフトウェアの方が上位に立っている。 Coverity Scan Integrity プロジェクトは、3700 万行の Open Source ソフトウェアを検査し、また、プロプライエタリ・ソフトウェアから取り出された 3億行のコードを基準として、その品質について比較した。

Zack Samocha, Coverity Scan Project Director, said that ”The line between open source and proprietary software will continue to blur over time as open source is further cemented in the modern software supply chain… Open source projects are acting like commercial products. If I am a commercial company and I want to adopt open source, there are definitely projects out there that are trustworthy.”

Coverity Scan Project Director である Zack Samocha は、「オープンソースとプロプライエタリを隔てるラインは、オープンソースが近代的なソフトウェア・サプライチェーンの中で強固になるにつれて、長い時間をかけながら曖昧になっていくだろう。 つまり、オープンソース・プロジェクトが、商用のプロダクトのように機能しているのだ。 もし、私が、商用ソフトウェアを開発する企業の立場なら、そしてオープンソースを採用したいと望むなら、そこには信頼できる、いくつかのロジェクトが、たしかに有る」と発言している。

How did Coverity judge and compare code quality?  The Coverity Scan tool is automated and looks for software defects that includes things like:

どのようにして、Coverity はコードの品質を検査/比較したのだろうか?  Coverity Scan ツールは自動化されており、また、以下のようなソフトウェアの欠陥を探し出す:

  • Pointer dereferencing
  • Uninitialized Variables
  • Memory Corruption
  • Control Flow Problems

Only high and medium severity defects were considered in the defect counts for the report.

このレポートでは、欠陥の重大さとして、上位および中位と思われるものだけがカウントされた。

45 major open source projects were examined, each with an average of about 820,000 lines of code.  The defect density for Open Source averaged .45 defects for every 1000 lines of code, compared to a higher defect density of .64 which was found with proprietary software.  In particular, code from Linux, PostgresSQL and PHP projects were singled out in the report as being exemplary models of good software — that’s important since these projects are the common elements of LAMP-style Open Source software development.

この調査では、45 のメジャー Open Source プロジェクトが対象となり、それらのコードは、平均で約 82万行であったという。  Open Source における欠陥密度は、1000 行のコードに対して、平均で 0.45 である。 それは、プロプライエタリ・ソフトウェアで発見された 0.64 という値より優れたものとなる。 とりわけ、Linux/PostgresSQL/PHP の各プロジェクトから抽出されたコードが、良質なソフトウェアの模範的なモデルとして、このレポートの中で選出されている。 これらのプロジェクトは、LAMP-style Open Source ソフトウェア開発の共通要素なのだから、それは、きわめて重要なことである。

ーーーーー

TAG indexこのポストを訳しながら考えていてことは、なぜ、こういう結果が生じるのかということです。 この 2月に 「 OSS のスキルは、エンジニアの人生を豊かにする 」という抄訳をポストしましたが、その中の一節が印象的でした。

しかし、ある事がハッキリとしてくる。 つまり、オープンソースが ソフトウェアをコモディティ化するのと同じくらいに、オープンソース・ソフトウェアのエンジニアをコモディティ化するのは難しいということだ。何人かの人々が、オープンソースは「ソフトウェア労働におけるムーブメント」であり、そのテクノロジー自身よりも、テクノロジーを取り扱う人々の中に価値を保持すると示唆している。そして私は、こうした視点に、数多くの真実があると思う。

オープンソースの開発者と、プロプライエタリの開発者の間に、ひょっとしたら本人も気づいていないくらいの、髪の毛一本ほどの、モチベーションの違いがあるのかと、そんなふうにも思えてきました。  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?
Linux Server が お気に入りの Fortune 500 企業は?
2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく
とっても ラブラブな Linux と Big Data
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する

 

%d bloggers like this: