Agile Cat — in the cloud

インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Research, Strategy, Web Scale by Agile Cat on April 30, 2012

World Internet population has doubled in the last 5 years
http://wp.me/pwo1E-4a2
Posted in Main on April 19th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/04/19/world-internet-population-has-doubled-in-the-last-5-years/

Image(3)

This year the number of Internet users worldwide reached 2.27 billion, almost exactly twice what it was in 5 years ago, 1.15 billion. We all know the Internet is big, but this kind of growth really puts things into perspective.

今年のワールドワイド・インターネット・ユーザーの数は 2.27 billion にいたり、5年前の 1.15 billion の、ちょうど 2倍を数えることになった。 すべての人々がインターネットの大きさを知っているが、この種類の成長により何らかの事実が、今後の展望に加えられていくことになる。

Image(4)

クリックで拡大 ⇒

The Internet population has been swelling rapidly since the arrival of the World Wide Web (which rests firmly on top of the foundation provided by the Internet). It’s human nature to get used to changes, so most of us have a tendency to forget how rapidly the world has changed, and keeps changing.

インターネット人口は、World Wide Web インターネットが供給する基盤上に定着している)の登場を境に急増してきた。 変更に追随するのは、人間の特性である。 したがって、大半の人々は、この世界が、どれほどの速度で変化し、また、変化し続けているのかを、忘れてしまうという傾向を有している。

And as the Internet population grows, so does the potential size of online services. One example of this extreme evolution is Facebook. Last year we noted that Facebook now has more users than the entire Internet had back in 2004, the year the social network was founded.

そして、インターネット人口が増大するにつれて、オンライン・サービスの潜在規模も同様に拡大していく。 こうした急激な進化の一例が、Facebook である。 昨年のことだが、Facebook が設立された 2004年との比較において、このソーシャル・ネットワークは当時のインターネット全体よりも、数多くのユーザー有していることを指摘した

But now, let’s see what has happened with the Internet population in the last five years as it doubled. Where did the changes come from, and what observations can we make?

そして今年は、この 5年間で ユーザー数が 2倍になった、このインターネットに何が起こっているかを、一緒にみていこうと思う。 この変化は、いったい何処からやって来たのか? そして、何が観察できるのか?

A closer look at the Internet population growth

Yes, that big world map at the start of this article tells much of the story, but if you like digging into the details you might want to read on.

そう、この記事の冒頭にある大きなワールド・マップが、数多くの事柄を語ってくれる。 しかし、さらなる詳細を調べたいなら、以下も続けて読むべきだろう。

Since 2007, the global Internet population has grown by 1.1 billion. Where did those new Internet users come from? Let’s have a look:

2007年の時点から、世界のインターネット人口は、1.1 billion を新たに加えてきた。 それらの、新規のインターネット・ユーザーは、どの地域からやって来たのか? それは、以下のとおりである:

Image(2)

クリックで拡大 ⇒

One of the big take-aways from this chart is that Asia not only has the largest Internet population, but that it is also growing the fastest by quite some margin.

このチャートから得られる最大の情報は、最大のインターネット人口を Asia は有するというだけではなく、かなりの余力を持ちながら、急速に成長しているという点である。

Here is how the number of Internet users has changed per world region in the past 5 years:

以下に示すのは、世界の地域ごとの、この 5年間におけるインターネット・ユーザー数の変化である:

  • Africa has gone from 34 million to 140 million, a 317% increase.
  • Asia has gone from 418 million to over 1 billion, a 143% increase.
  • Europe has gone from 322 million to 501 million, a 56% increase.
  • The Middle East has gone from 20 to 77 million, a 294% increase.
  • North America has gone from 233 to 273 million, a 17% increase.
  • Latin America (South & Central America) has gone from 110 to 236 million, a 114% increase.
  • Oceania (including Australia) has gone from 19 to 24 million, a 27% increase.

A few additional observations

  • Asia’s Internet population is now almost as large as the entire Internet population was 5 years ago.
  • Looking at just relative growth, Africa and the Middle East have increased the most, quadrupling the number of Internet users in each region.
  • 2012 heralded two nicely even milestones: Europe passing 500 million Internet users, and Asia passing 1 billion.
  • Europe is now twice as large as the United States in terms of Internet population.
  • 現在の Asia におけるインターネット人口は、5年前のインターネット人口全体と、ほぼ等しいレベルに至っている。
  • それらの成長を相対的に見ると、 Africa と Middle East はインターネット・ユーザー数を 4倍に増やし、その規模を大きく拡大している。
  • 2012年には、2つの歓迎すべきマイルストーンが達成された。 つまり、Europe のインターネット・ユーザー数が  500 million を超え、Asia では 1 billion を超えている。
  • Europe のインターネット人口が、United States の約 2倍に増大した。

A Moore’s Law for Internet user numbers?

After reading this article, you might ask yourself if the Internet population doubles every 5 years? Kind of a Moore’s Law for the Internet?

この記事を読んだ後で、インターネット人口は 5年ごとに 2倍になるのかと、あなたは自問するかもしれないか。 インターネットに対して、ムーアの法則の類は当てはまるのか?

There’s actually a kind of Moore’s Law for the Internet states that the number of hosts on the Internet doubles every 5 years (there’s that interval again!), but then we’re talking infrastructure and not people. This was reported back in 2009, a discovery made by Chinese researchers.

実際に、インターネットのステータスにムーアの法則の類はあり、ホストする側の数は 5年ごとに 2倍になっているが、それはインフラストラクチャの話であり、人々の数ではない。 この法則は、2009年にレポートされたものであり、発見したのは中国の研究者たちである。

To see if something similar applies to Internet user numbers, we’ve examined Internet population from the past decade, and it does seem to indicate that we are following this pattern, at least roughly. For example, the jump from 2002 to 2007 was also roughly a doubling of the number of Internet users.

それに類似するもので、インターネットのユーザーに番号に当てはまるものを確認するために、私たちは過去10年間にわたるインターネット人口について調べてみた。そして、少しラフなものであるが、このパターンに従うものた示されていると思うようになってきた。 たとえば、2002年から 2007年まで括ってみると、インターネットのユーザー数は、ほぼ 2倍増していたのだ。

That said, this is not really a law that scales. We’re limited by the actual world population, which isn’t growing at the pace necessary to maintain such a trend in the long run. If we assume it works until every man, woman and child on the planet has Internet access, we would reach the limit before the end of this decade.

私たちは、現実における世界の人口により制約される。 そして、長期的に見れば、このような傾向を維持するたけのペースで、実際の人口は増大していかない。 もし、この惑星における、すべての老若男女がインターネットにアクセスするまで、この法則が機能すると想定するにしても、今から 10年を待たずに、その制約に達するであろう。

For now, though, it looks to be a rule of thumb we can use when trying to make future estimates, as long as those estimates aren’t too far into the future. After all, only one third of the world’s population has access to the Internet today.

しかし、現時点において、それは 経験に基づいて得られた法則のようなものであり、見積もる対象が遠くない限り、私たちが利用できるものとなる。 結局のところ、世界の人口のわずか 1/3 が、インターネットにアクセスしているに過ぎないのである。

Data source: Internet user numbers from Internet World Stats, with some help from the good old Internet Archive to get old stats.

ーーーーー

Image(6)

とても Pingdom らしいレポートで、訳していても気分がウキウキしてきます。 なんというか、子供のような素のままの好奇心で、次から次へと仮説を作り、それを現実に当てはめようとするから、楽しいのでしょうね。 だからといって、それを裏付けていく常識は、シッカリとした大人のものなので、彼らのレポートが破綻することはありません。 そして、いつものとおり、あらゆるものを考える上で、とても重要な基本的知識と、ほんわりとしたユーモアが残されていきます。 ありがとう Pingdom ! ーーー Image(2)

ーーーーー

<関連>

Facebook の規模は、2004年当時のインターネット全体に匹敵する
5 年前にはアレがなく、10 年前にはコレがなく、15 年前には何もなかった
2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく
Google Chrome は、すでに アジア No.1 のブラウザなのだ!
0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ
1秒間に8人のユーザーが増えていくインターネットの世界
Google Chrome のシェアが、年末には 50% に到達する?

Everyme が約束する、間違いのないモバイル・プライベート共有とは?

Posted in .Selected, Mobile, Weekend by Agile Cat on April 29, 2012

Everyme takes private sharing mobile
http://wp.me/pwo1E-49W
By
Ryan Lawler Apr. 10, 2012
http://gigaom.com/2012/04/10/everyme/

_ Gigaom

Today’s social networks are all about sharing — sharing pictures, videos, thoughts, etc. — with your friends. But you don’t always want to share everything with everyone. So how do you share pictures of your weekend with friends but not your coworkers? Or family photos with family but not with random acquaintances?

いまのソーシャル・ネットワークは、すべての 写真や、ビデオ、考えなどを、あなたの友人たちと共有してしまう。しかし、すべての事柄を、すべての人々と、常に共有したいとは、誰も望んでいないだろう。 そうなると、あなたが週末に撮った写真を、同僚ではなく、友人たちと共有するには、どうしたら良いのだろうか? あるいは、家族と一緒の写真を、無作為に選ばれた人々ではなく、家族だけと共有するには、どうすのだろう?

Different apps try to solve this problem in different ways: Facebook attempts to solve the issue with both with groups and algorithmically, by feeding you what it thinks hopes! is the most important information in your news feed. Meanwhile, Path limits the number of people you can follow to 150 users, which it hopes will be the 150 most important people at any given time. And then there’s the Google+ approach, which is to segment out your friends into so-called “Circles,” which lets you share certain pieces of information with select people.

それぞれのアプリが、それぞれの方法で、この問題を解決しようとしている。Facebook はグループとアルゴリズムを用いて、この問題を解決しようと試みる。後者については、あなたのニュースの仲で、最も重要な情報になって欲しいと思うものを。フィードするというものである。 その一方で Path は、フォローできるユーザー数を 150 に制限する。 それらの人々は、その時々に、あなたが最も重要だと思う、150 人の人々になる。そして、Google+ のアプローチは、いわゆる Circles の中で、あなたの友人たちをセグメント化し、選り抜きの人々と特定の情報を共有させる。

Everyme just launched a new iOS app which takes this last approach to sharing, but taking those circles mobile, letting users immediately share all their pictures, thoughts and news with only the people that they want to see them.

Everyme が立ち上げた新しい iOS アプリでは、共有のための最終的なアプローチが採用されている。そこでは、モバイルのサークルが用いられるのだが、彼らの写真は直ちにユーザー間で共有される。ただし、メッセージや写真は、ユーザーが望んだ人々とだけ共有されるのだ。

When you start up Everyme and connect it to your Facebook, Twitter and LinkedIn accounts, it scans your address book and automatically begins to group your contacts based on their connections to you. Those groups, which it also calls “circles,” can be edited down — which is good, because in my experience they need to be. Once you’ve got your circles just right, you can begin sharing among private news feeds of friends and family fearlessly.

Everyme をスタートさせ、あなたの Facebook/Twitter/LinkedIn などのアカウントと接続すると、そのアドレス・ブックが自動的にスキャンされ、それぞれのコネクションに基づいた、コンタクトのグループ化が行なわれる。 それらのグループも Circle と呼ばれるが、レベルを下方へ修正できるようになっている。 それは、私の経験でも必要なことであり、GOOD な機能である。 つまり、Circle のレベルを正しく設定した直後から、プライベートなニュースと友人や家族と、なにも恐れることなく、共有し合うことができる。

Since it connects with existing social networks, Everyme will alert users when they have major new — like promotions or changes in relationship status — through the app automatically. And even users who don’t have the app will be able to see status updates through email or mobile web.

なお、Everyme は既存ソーシャル・ネットワークと接続されるため、たとえばプロモーションやリレーション・ステータスの変更などに際しては、アプリを介したアラートの発信が自動的に行なわれる。そして、このアプリを使わないユーザーであっても、電子メールやモバイル Web を介して、ステータス・アップデートを確認することが可能となるだろう。

All that said, Everyme has the same struggle ahead as every other app or social network of its type: How do you get new users on a brand new social network, because it’s really only useful when other people are using it? Everyme founder Oliver Cameron says his users will be doing the marketing for him, and hoping for a viral boost from messages that are sent out to their friends.

それは、そうとして、Everyme も、その種のアプリソーシャル・ネットワークと同様に、前進しなければならないという戦いの中にいる。 つまり、友人同士が、それを使えば有用であるという理由から、新しいソーシャル・ネットワークで、どのように新規ユーザー獲得するのかという問が残る。 Everyme の Founder である Oliver Cameron は、彼のユーザーが、彼のためにマーケティングを行うと発言している。 また、彼の友人たちに送られるメッセージから、伝播性のブーストが始まることを期待している。

The startup, which has five employees right now, was part of last year’s Y Combinator Summer class, and has raised $1.5 million from Andreessen Horowitz, Greylock, CrunchFund, Tencent, SV Angel and individual investors Dave Morin, Joshua Schachter and Vivi Nevo.

このスタートアップは、現時点において、5人の従業員から構成され、また、昨年の Y Combinator Summer Class にも選ばれている。そして、VC である Andreessen Horowitz/Greylock/CrunchFund/Tencent/SV Angel および、個人投資家である Dave Morin/Joshua Schachter/Vivi Nevo から $1.5 million を調達している。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

ーーーーー

_weekendこういうサービスってイイですよね。 たとえば、Facebook の中でも同じことが出来るのでしょうが、それは自分が設定を間違わない場合のことですものね。 そして、その設定が上手くできたのか、間違えているのか、それすらもよく分からないというのが、いまのソーシャル・ユーザーの大半だとも思います。 その点、サービスが別であれば、そんな心配もなく、家族との写真の共有などが可能になります。 iPhone ユーザーの方は、ぜひ、お試しを! と言いながら、Android 版が出るのを待っている、Agile_Cat です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Galaxy S III の スケッチ と スペック が リークされた
Galaxy S III のリーク・ビデオだよ – Youtube
iPad の 1st ~ 3rd で、どのように使い方が変化しているのか?
Apple Store の売上は、面積あたりで平均の 17倍に達する
この世で いちばん 不公平な比較 – iPhone 4 vs. IBM PC

 

出資するのは Larry と 私で、宇宙に飛び立つのは君だよ Sergey

Posted in Google, Weekend by Agile Cat on April 28, 2012

Larry Page And Eric Schmidt Have Funded A New Company To Mine Asteroids
http://wp.me/pwo1E-49R
Nicholas Carlson – April 20, 2012
http://articles.businessinsider.com/2012-04-20/tech/31372927_1_google-ceo-schmidt-and-page-press-conference

_ Business Insider

Google cofounder and CEO Larry Page, former Google CEO Eric Schmidt, director James Cameron, and others have funded a new company: Planetary Resources Inc.

Google の Co-Founder である Larry Page と、前 CEO である Eric Schmidt、そして Director である James Cameron といった面々が、Planetary Resources Inc という新会社に資金を提供している。

Its mission: mine asteroids, "add trillions of dollars to the global GDP" and "help ensure humanity’s prosperity."

そのミッションは、小惑星における鉱物採掘であり、「グローバル GDP を何兆ドルも増加」させ、また、「人類の繁栄を保証する」ものとなる。

Ross Perot Jr. is also an investor.

同社には、Ross Perot Jr も出資している。

There’s going to be a press conference on Tuesday in Seattle where the company will explain more.

この火曜日(4/24)に Seattle で開催されるプレス・カンファレンスにおいて、さらなる詳細が同社から説明される。

We can’t wait. Our sun is going to explode in a few billion years, and it’s never too early to start dealing with that problem. Billionaires who care about technology are exactly the right people to worry about it.

つまり、太陽は、数十億年後には爆発するのである。そして、この問題に取り組むのに、時期が早すぎるということはない。 テクノロジーに興味にある資産家が、この問題について考える、適切な人々となる。

By the way, this is a great sign for Google shareholders. Years past, Schmidt and Page would have used their company’s money to work on projects like this.

ところで、このことは、Google の株主にとって、素晴らしい兆候となる。 これまでの数年において Schmidt と Page は、このようなプロジェクトに取り組み企業に対して、Google の資金を投入しているのだ。

ーーーーー

_weekendもちろん、ご本人も出資しているのでしょうが、なんとなく、全体を仕切る Eric Schmidt さんと、それにうなづく Larry Page さん、そして、仕事を押し付けられる Sergey Brin さん、、、みたいな光景が目に浮かんでしまいます。 でも、まぁ、嬉しそうに宇宙空間を浮遊している Sergey くんを見ると、なかなか、良い人選だと思えてきますね :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国
いまこそ スマートグリッド を考えよう – 電力グリッドにおける多様性とセキュリティ
クリーン・エネルギーへの投資が、全世界で $243B (20兆円) に達した
イギリス政府の歳出削減と、自然エネルギーに対する資本投下

Google の検索件数で、Tumblr が Blog を追い抜くかもしれない!

Posted in Research, Social, Tumblr by Agile Cat on April 28, 2012

‘Tumblr’ To Overtake ‘Blog’ In Google Searches
http://wp.me/pwo1E-49L
16-4-2012
http://livewire.talkingpointsmemo.com/entries/tumblr-to-overtake-blog-in-google-searches

image

Whither blogging? Yes, according to Google Search results, which project that searches for the word “Tumblr,” the name of a specific company and blogging platform, will eclipse those for the more generic term “blog” before the end of 2012.

ブログ作成は、いずこへ? Yes ! Google Search の結果によると、特定の企業名であり、また、特定のブログ作成プラットフォームでもある「Tumblr」を検索する件数が、一般的な用語である「 Blog 」の検索件数を、2012年の終わりまでに追い抜くことになりそうだ。

The observation was made by Randall Munroe, the creative mind behind popular web comic XKCD, who created a graph of Google Search results by volume to show Tumblr’s ascent. Here’s his graph:

人気の Web コミック XKCD における、トップ・クリエーターの Randall Munroe が、「Tumblr」の検索件数が上昇していることを示す、Google Search のグラフを作成した。彼が作成したグラフは、以下のとおりである:

Tumblr, which launched in 2007, has seen a meteoric rise in popularity, with numerous news organizations jumping on the bandwagon in recent years, including TPM.

Tumblr  は 2007年に立ち上げられた後、素晴らしい勢いで上昇している。 そして、この数年は、TPM なども含む、多数の報道機関が、その時流に飛び乗るという状況である。

ーーーーー

TAG indexそれにしても、この イケてる Tumblr の勢いは、いったい何処から来るのでしょう?  おそらく、① ビジュアルであること、② リブログができること、、、の2点だと思うのですが、正直なところ Agile_Cat – Tumblr は、あまり イケてないです orz。 そして、欠けている視点について考え、今朝から試し始めたのが「スピードアップ」です。 もう、Tumblr では、テキストにはこだわりませんし、テキストは書かないという発想に切り替えます。 このポストに話を戻しますが、Tumblr の周辺には何かが起こっています。 それも、とてつもない、何かです。 その流れに取り残されないよう、しがみついて行きたいと思っています。 なお、Randall Munroe さんに興味のある方は、Wikipedia で ど~ぞ。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

 

<関連>

Tumblr は 1ヶ月に 150億 の PV を叩き出し、旧来メディアを嘲笑いながら爆走する!
Facebook の Timeline は Tumblr に似ているが、とても素晴らしい試みだ
Tumblr が支える Obama 大統領再選のシナリオ
おめでと~~~ Tumblr! もうすぐ 100億ポストだって?
tumblr は、ソーシャル・ブログなのか、ビジュアル・ブログなのか?

Galaxy S III の スケッチ と スペック が リークされた

Posted in Google, Mobile, Samsung by Agile Cat on April 27, 2012

Here’s A Leaked Sketch Of Samsung’s Top-Secret New Galaxy Phone
http://wp.me/pwo1E-49G
Steve Kovach | Apr. 26, 2012
http://www.businessinsider.com/heres-a-leaked-sketch-of-samsungs-top-secret-new-galaxy-phone-2012-4

_ Business Insider

A diagram and specs of Samsung’s upcoming flagship phone, the Galaxy S III, has leaked out. Sam Mobile , which covers all things Samsung, obtained the image. It supposeduly comes from the phone’s user manual.

Samsung の新しいフラッグシップ・フォンである、Galaxy S III のスケッチとスペックがリークされた。このイメージは Sam Mobile からのものであり、この Samsung に関する全ての情報が、同サイトで提供されている。 そして、それらは、Galaxy のユーザー・マニュアルからのものと思われる。

All the specs are listed below, but it’s nothing we haven’t seen before. What is new is the design. It looks like Samsung will go with a curved body like the Galaxy Nexus has.

すべてのスペックは、以下にリストアップされているが、それらは、これまでには見たことが無いと言うものではない。 何が新しいかといえば、そのデザインである。 おそらく Samsung も、Galaxy Nexus のような湾曲したボディーになるのだろう。

Still, Samsung will likely have slightly different models in Europe and on each U.S. carrier, so things could change. We’ll have all the official details on May 3 when Samsung unveils the Galaxy S III.

いまでも Samsung は、Europe および US の各キャリアに、少し異なるモデルを提供しているためら、少し変化することもあり得る。 Samsung が Galaxy S III を公開する 5月3日に、すべての詳細情報が得られるだろう。

Here’s the drawing:

ーーーーー

TAG index先日は、ベトナムからのリーク・ビデオをご紹介しましたが、今度はスケッチとスペックということです。 Sam Mobile という名前からして、最も Samsung に近いメディアなのでしょうから、5月3日に向けて、これからも少しずつ情報がリークされるのかも知れません。 これで、London のパブで、Galaxy S III のプロトが消えた、、、なんて展開になったら、もう 最高ですね :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

でじゃびゅ~~~ iPhone 5 プロトが、またも S.F. のバーで消えた!
iPhone 5 と Galaxy S3 の対決は、街角のストアへと戦線を拡大する
Apple Store の売上は、面積あたりで平均の 17倍に達する
Samsung Galaxy Tab 2 は Kindle Fire キラーになれるのか?
iPhone 4S が Q1 を完全制覇 – 米国キャリアのスマホ・レース
この世で いちばん 不公平な比較 – iPhone 4 vs. IBM PC

 

Twitter の広告収入が、2012年には 3倍の $400 Million に跳ね上がる

Posted in .Selected, Advertising, Twitter by Agile Cat on April 27, 2012

Twitter’s Ad Revenue Could Triple To $400 Million This Year
http://wp.me/pwo1E-49B
Alyson Shontell | Apr. 22, 2012
http://www.businessinsider.com/twitters-ad-revenue-could-triple-to-400-million-this-year-2012-4

image

Twitter recently launched a self serve ad platform and it could generate significant revenue for the startup, reports Ad Age.

最近のことだが、Twitter はセルフ・サービスの広告プラットフォームを立ち上げ、そこから莫大な収益を上げることになったと、Ad Age がレポートしている。

According to GroupM, an ad agency that released a white paper on digital auctions, Twitter’s self serve ad platform could generate $300-400 million in ad revenue.

広告代理店である GroupM がリリースした、デジタル・オークションに関するのホワイト・ペーパーによると、 Twitter のセルフ・サービスの広告プラットフォームは、$300-400 million の売上をもたらしたようだ。

imageThat’s a lot more than the $260 million eMarketer predicted. Last year the startup generated about $140 million, tripling its 2010 ad revenue.

それは、eMarketer の予測である $260 million を上回っている。 昨年のことだが、Twitter は 2010年のを3倍にあたる、$140 million の広告収入を生み出している

Twitter’s ad platform is making it more expensive for brands to advertise in 140 characters, though. The GroupM report says prices could be hiked up 137 percent.

しかし、Twitter の広告プラットフォームは、140文字で宣伝しようとする各ブランドにとって高価なものになる。 GroupM レポートには、その価格が 137% に急上昇していると説明する。

"As more players enter Twitter’s still nascent auction environment without knowing what to bid, the chances that they’ll bid too much and raise the costs per follower and cost per engages increases," Ad Age writes.

「 数多くの広告主が、その仕組も理解しないままに、始まったばかりの Twitter オークションに参加するにつれて、入札の件数が増え、Costs per Follower と Cost per Engages が上昇するというチャンスが生じている」と、Ad Age は記載している。

ーーーーー

image先日に Roger McNamee さんが、「Twitter は、dot-com 時代の PointCast に似ている。どれほど賞賛しても足りないほどのアイデアが、集約と結束の欠落により崩壊する。 Sponsored Tweets というバカげた試み止めるべきだ」、とか語っていましたが、そこから、このような収益が上がっているのでしょうか? 「 Twitter について、ユーザー・エクスペリエンスへのフォーカスが、ただちに必要だと考えている」 とも言っていましたが、Twitter らしさを壊すことなく、ビジネスとしてエンテして欲しいですね。ーーー image

ーーーーー

<関連>

誕生日を迎えた Twitter と、Jack Dorsey による6年前の初ツイート
正確に言うと、Twitter はソーシャルじゃないんだ – Jack Dorsey
Twitter は Summify を買収して 5億ユーザーを目指す
Twitter はソーシャルではなく、インフォメーションのネットワークを目指す
Twitter の Trend API は、XML から JSON-Only へと移行する

Facebook の爆発的な成長と、それを支えるデータセンター戦略

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on April 27, 2012

As Facebook grows, so do its data center needs
http://wp.me/pwo1E-49v
By
Om Malik Apr. 20, 2012
http://gigaom.com/cloud/as-facebook-grows-so-do-its-data-center-needs/

_ Gigaom

I often get asked the question of what Facebook will do with the ginormous amount of money it will raise as part of its forthcoming initial public offering that will value the company in excess of $100 billion? I don’t know how they will put all of it to use, but a nice piece of it will go towards maintaining and building out is backend infrastructure. The company on Thursday announced that its second data center in Forest City, N.C., is now serving live user traffic.

Facebook は莫大な資金を用いて、なにをしたいのかと、よく質問される。 こうした興味は、$100 billion 以上を集めると言われる、初回の公募の一部として浮上してきたのだろうか? どのような資金の使途があるのは分からないが、かなりのパーセンテージが、そのバックエンド・インフラストラクチャの維持と構築に割り振られるだろう。木曜日のことだが、現状のユーザー・トラフィックにを満たす、同社の 2番目のデータセンターである、Forest City, N.C. が発表された。

Facebook shared some facts about the new data center:

  • It took 16 months to build the facility. A second building that will mirror the first building is under development and will finish in 2012.
  • It took 1.2 million hours from 2,000 people to get it done.
  • It is the first major deployment of Open Compute Project web servers that are using Intel’s Sandy Bridge processors.
  • Facebook believes that Forest City, like its first data center in Prineville, Ore., will be one of most energy-efficient and will have a projected power utilization effectiveness (PUE) measurement for the entire facility of 1.06 to 1.08. (Related: Whose data centers are more efficient: Google’s or Facebook’s?)
  • The new facility is using the Open Compute Project’s outdoor-air cooling designs. (Read: Facebook open sources its servers and data centers.)

Facebook は、この新しいデータセンターについて、いくつかの情報を提供している:

  • そのファシリティの構築に、16ヶ月が費やされた。ミラーリングのための 第2期工事が進行中であるが、2012年内に完成する。
  • その工事には、2000人人々が従事し、120万時間を要した。
  • Intel の Sandy Bridge プロセッサを用いる、Open Compute Project 準拠の Web サーバーにとって、初めての大規模ディプロイメントとなる。
  • Facebook は、今回の Forest City が(最初の DC である Prineville, Ore と同様に)、最もエネルギー効率の良い部類に入り、また、ファシリティ全体の PUE が 1.06 ~ 1.08 に収まると確信している。(関連: Whose data centers are more efficient: Google’s or Facebook’s?)
  • このファシリティは、Open Compute Project の外気導入型デザインを用いている (参照: Facebook open sources its servers and data centers.)

In addition, there are two more facts about the data center that have not been officially released by the Mountain View, Calif.-based social network.

  • Facebook is going to employ 60 people in the data center, according to local news channel, ABC 13.
  • According to some estimates the data center has cost the company about $450 million.

それに加えて、この Mountain View, Calif ベースのソーシャル・ネットワークがリリースしなかった、このデータセンターに関する 2つの事実がある。

  • ローカル・ニュース・チャネルである ABC 13 によると、このデータセンターにおいて、Facebook は 60人の従業員を雇用する。
  • いくつかの推測によると、このデータセンターのコストは  $450 million とされる。

facebook_logoAs Facebook becomes a bigger part of the Internet fabric, thanks to its growing reach via Facebook Connect, the company needs an unprecedented infrastructure to keep up with the growth. Facebook first made plans of its data center expansion public in 2010. Since then it has open two data centers including the Forest City facility. Facebook is building another data center in Lulea, North Sweden as well. Last year, CEO Mark Zuckeberg said:

“We’re definitely on this trend now where it makes sense for us given the scale of usage and the information flowing through the network where we’re probably going to be building our own data centers, rather than leasing,”

Facebook Connect を介した接続が成長し、Facebook がインターネット・ファブリックにおける大きなパートになるつれて、その成長の速度に合わせて拡張される。そして、同社は、前例のないインフラストラクチャを要とする。 Facebook は 2010年に、データセンターに関する最初のプランを公開している。 それ以来、この Forest City を含む、2つのデータセンターがオープンにされた。 さらに Facebook は、Lulea, North Sweden にも、別のデータセンターを構築している。 昨年のことだが、CEO である Mark Zuckeberg は、以下のように発言している

“We’re definitely on this trend now where it makes sense for us given the scale of usage and the information flowing through the network where we’re probably going to be building our own data centers, rather than leasing,”

「その用法におけるスケールと、ネットワークを流れる情報という条件のもとで、私たちは、たしかに、このトレンドに乗っている。それは、物件をリースするよりも、私たち自身のデータセンターを作ることである」

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexたまたまですが、昨日の Pingdom に「9億人って、どんだけ?」というインフォグラフが提供されていました。 それによると、タテだかヨコだか分かりませんが、9億人の人々を一列に並べていくと、地球を 22.5 周するんだそうです。 また、地球と月を隔てる距離よりも、2倍以上も長くなるらしいです。 そして、驚くべきは、2005年時点の 全インターネット人口が、いまの Facebook に集まっていることです。 爆発的な成長をとげているモバイルの、おそらく何倍かのペースでデータセンターは拡大していくのでしょうし、そうならなければ、需要に追い付かないということだと思います。 Facebook が Open Compute で言っている、「すべてのノウハウをオープンに交換して行かないと間に合わない」という言葉が、重要な意味を持っているように思えてきます。 ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Facebook Oregon データセンターを、10分間の詳細ビデオで ど~ぞ!
Web が膨張し続ければ、データセンター需要も拡大し続ける
オンプレミス DC は クラウド DC に、追い付けない運命にあるのか ?
SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか?
アメリカ DC 市場 – 2011年のマトメ

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_5

Posted in NIST by Agile Cat on April 26, 2012

第5章は、クラウド・スタンダードの話です ・・・
http://wp.me/pwo1E-49n
NIST Cloud Computing Standards Roadmap Spec. Publ. 500-291
http://www.nist.gov/itl/cloud/publications.cfm

NIST

5 Cloud Computing Standards

Standards are already available in support of many of the functions and requirements for cloud computing described in Clauses 3 and 4. While many of these standards were developed in support of pre-cloud computing technologies, such as those designed for web services and the Internet, they also support the functions and requirements of cloud computing. Other standards are now being developed in specific support of cloud computing functions and requirements, such as virtualization.

クラウド・コンピューティングのための、多様な機能や要件をサポートする、すでに利用可能なスタンダードについては、Clauses 3 と Clauses 4 で記述してきた。 それらのスタンダードの多くは、たとえば Web サービスやインターネットのためにデザインされた、クラウド以前のコンピューティング・テクノロジーをサポートするために開発されてきたが、クラウド・コンピューティングの機能と要件もサポートできるものとなっている。 また、たとえば仮想化のような、クラウド・コンピューティングの機能と要件をサポートするための、その他のスタンダードは開発の途にある。

To assess the state of standardization in support of cloud computing, the NIST Cloud Computing Standards Roadmap Working Group has compiled an Inventory of Standards Relevant to Cloud Computing

クラウド・コンピューティングをサポートする標準化の状況を算定するために、NIST Cloud Computing Standards Roadmap Working Group は、Inventory of Standards Relevant to Cloud Computing を編集している。

http://collaborate.nist.gov/twiki-cloudcomputing/bin/view/CloudComputing/StandardsInventory .

This inventory is being maintained and will be used to update this document as necessary.

この一覧表は、現在も維持されており、また、このドキュメント更新するために、必要に応じて利用されるだろう。

Image(13)

Figure 7 – IT Standards Life Cycle

5.1 Information and Communication Technologies Standards Life Cycle

Figure 7 is a high-level conceptualization of how IT standards are developed and standards based IT products, processes and services are deployed. This figure is not meant to imply that these processes occur sequentially. Many of the processes illustrated can and should be done somewhat concurrently. Some of these processes (eg, reference implementations / product /process / service / test tools development; testing; deployment) occur outside of the SDO process. These processes provide input and feedback to improve the standards, profiles, test tools, etc.

Figure 7 は、IT スタンダードが形成される方式と、そのスタンダードをベースとする IT の、プロダクト/プロセス/サービスがディプロイされる方式に関する、高レベルの概念を示すものである。 ただし、この図は、一連のプロセスが連続的に発生することを暗示するわけではない。 多数プロセスの例証は、ほぼ同時に完了でき、また、そうすべきである。 これらのプロセス(reference implementations / product /process / service / test tools development; testing; deployment など)の一部は、ここで言う SDO プロセスの外で発生する。 また、それらのプロセスは、Standards や Profiles、Test Tools などを改善するための、入力とフィードバックを提供する。

ーーーーー

TAG indexスタンダードとテクノロジーを司る NIST として、このドキュメントは、政府の調達基準という異質のものなのかも知れません。 でも、この第5章あたりからは、クラウドのスタンダードと、既存のスタンダードの関係および、インターオペラビリティと、ポータビリティ、そしてセキュリティに関するスタンダードという切り口の話になります。 こうしたスタンダードを考える上で、メタの概念が重要になるという視点が、個人的には面白かったです。 なお、この章は以下の項目で構成されています。ーーー ac-stamp-232

5.2 Categorizing the Status of Standards
5.3 Cloud Computing Standards for Interoperability
5.4 Cloud Computing Standards for Portability
5.5 Cloud Computing Standards for Security

ーーーーー

<関連>

NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_4
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_3
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_2
NIST Cloud Computing Standards Roadmap ってなに? その_1
NIST がクラウドのための Roadmap と Architecture を発表

%d bloggers like this: