Agile Cat — in the cloud

CloudStack が目指す、AWS ライクな柔軟性 + グローバルな制御とは?

Posted in .Selected, Cloud Stack by Agile Cat on March 28, 2012

Citrix’ CloudStack Lets IT Build, Control Their Own Amazon-like Clouds
http://wp.me/pwo1E-43T
by Vance McCarthy
http://www.idevnews.com/stories/5138/Citrix-CloudStack-Lets-IT-Build-Control-Their-Own-Amazon-like-Clouds

image

This month, Citrix is shipping CloudStack 3 to let enterprise IT easily build, operate and manage flexible Amazon-style clouds. CloudStack 3 aims to allow IT to use various hypervisors, network equipment and other resources for private, hybrid and dispersed clouds for global operations. IDN speaks with Citrix’ Cloud Platform vice president Peder Ulander.

今月のことだが、Citrix は CloudStack 3を出荷している。 それにより、エンタープライズ IT の構築/運用/管理が、柔軟な Amazon スタイルで容易に実現される。 つまり、CloudStack 3 の狙いは、ワールドワイドで運用される、プライベート/ハイブリッドなどの分散型クラウドのための、ハイパーバイザー/ネットワークなどのリソースを容易に利用させる点にある。 こうしたことを確かめるために、IDN は Citrix の Cloud Platform VP である Peder Ulander を取材した。

___space

↑クリックで拡大 ↑

By the end of March, Citrix will ship CloudStack 3 to let enterprise IT more easily build and manage flexible Amazon-style clouds to meet its changing needs.

3月の終わりまでに Citrix は CloudStack 3 を出荷し、柔軟な Amazon スタイルの環境でエンタープライズ IT の構築と管理を容易にし、変化するニーズを充たしていくことになる。

CloudStack 3’s open approach lets IT use popular hypervisors, network equipment and other resources to build and manage scalable clouds for worldwide operation, Citrix’ Cloud Platform vice president Peder Ulander told IDN.

CloudStack 3 のオープンなアプローチは、評価の高いハイパーバイザーや、ネットワーク機器などのリソースを活用し、ワールドワイドで運用されるスケーラブルなクラウドを構築/管理させていくことだと、Citrix の Cloud Platform VP である Peder Ulander は IDN に答えている。

“Enterprise CIOs today are already enjoying easy access to cloud services through Amazon, DropBox or other popular services,” Ulander said. “While cloud’s ability to provide easy access has been great for developers and even business users, it’s also creating headaches for CIOs. IT likes the cloud’s self-service and low-cost, but they also need more control.”

「エンタープライズ CIO たちは、すでに Amazon や DropBox といった人気のサービスを介して、クラウド・サービスに容易にアクセスしている。 こうしたアクセスを提供するクラウドの能力は、デベロッパーだけではなくビジネス・ユーザーにとっても素晴らしものとなるが、CIO たちにとっては頭痛のタネにもなっている。IT 部門は、クラウドのセルフ・サービスと低コストを好むが、より多くの制御を必要としている」と、Ulander は言う。

A lack of control causes IT to needlessly worry about how to enforce security or policy, ways to ensure end-to-end visibility of operations, and even how to comply with licenses, Ulander said.

コントロールの欠如は、セキュリティおよびポリシーを実施する方法や、End-to-End オペレーションにおける透過性、さらには、ライセンスの適合といった観点で、IT 運用者に不要な心配事をもたらすと、Ulander は言う。
He explained that CloudStack is architected to deliver a “balanced approach” to cloud – where devs and end users can enjoy the freedom and simplicity of Amazon-like clouds, and where IT retains or retrieves control.

彼は、クラウドに対する「バランスのとれたアプローチ」を実現するために、CloudStack をデザインしたと言う。それにより、デベロッパーとエンドユーザーは、Amazon ライクなクラウドがもたらす自由と簡潔さを享受し、さらに IT 運用者は、コントロールの維持/回復を実現する。

How CloudStack Goes Beyond Traditional Server Virtualization

_ CloudStackCloudStack differs from conventional on-premise server virtualization platforms because it operates like an Amazon or Google cloud, which are both focused on horizontal scalability and offer support technologies that break the barriers around traditional server virtualization, according to Ulander.

Ulander によると、CloudStack は Amazon や Google のクラウドのように動作するため、従来からのオンプレミス・サーバーによる仮想プラットフォームとは異なるものとなる。それらのクラウドがサポートするテクノロジーは、水平方向へのスケーラビリティを持ち、従来からの仮想サーバーに関連する障壁を打ち破る。

“CloudStack looks at your resources as ‘pools’ of resources, so we assemble them, operate them and manage them. And, this can be done on a global scale, just like the Amazon public cloud approach,” Ulander told IDN. “In comparison, server virtualization optimizes a single machine to a single rack.”

「CloudStack は、ユーザー・リソースを「リソース・プール」として認識するため、それらの組立/運用/管理が可能となる。 そして、Amazon のパブリック・クラウドにおけるアプローチのように、グルーバルなスケールで、それを実現していく。 こうした新しい発想とくらべて、従来からの仮想サーバーの場合は、シングル・ラックに対して、イングル・マシンを最適化するだけのものである」と、Ulander は IDN に答えている。

CloudStack 3’s open and pluggable architecture approach, based in large part on Citrix’ acquisition of Cloud.com, allows IT to leverage popular hypervisors, network equipment and other resources to the cloud. 

CloudStack 3 におけるオープンで、プラグインに対応したアーキテクチャのアプローチは、その多くの基本パートを Cloud.com(Citrix が買収)に依存している。 それにより、IT 運用者は、ハイパーバイザーやネットワーク機器などのクラウド・リソースを活用できるようになった。

imageCloudStack works with Xen, KVM, VMware’s vSphere, Oracle VM or Citrix XenServer. A single cloud deployment can even contains multiple hypervisors, Ulander said. “CloudStack provides a cloud platform to leverage VMware, Oracle, Citrix and Red Hat infrastructures, and this flexibility lets enterprises build large scale clouds without the need to learn new tools or technologies.” Support for Microsoft hypervisors is coming in 2012, according to reports.

CloudStack は、Xen/KVM/VMware vSphere/Oracle VM/Citrix XenServer などと協調できる。そして、シングル・クラウド・デプロイメントの中に、多数のハイパーバイザーを取り込むことさえ可能であると、Ulander は言う。 そして、「CloudStack は、VMware/Oracle/Citrix/Red Hat などの、インフラストラクチャを活用するクラウド・プラットフォームを供給し、また、そのフレキシビリティにより、新しいツールやテクノロジーを学習する必要なしに、顧客企業に大規模クラウドを構築させる」と明言している。いくつかのレポートによると、Microsoft のハイパーバイザーに対するサポートも、2012年には実現される。

The CloudStack approach means scalability is no longer limited to a single rack. Users can distribute across the enterprise or even on a global scale and still retain management controls, he said. “CloudStack offers a single, unified command and control center to manage all resources worldwide.”

CloudStack のアプローチは、もはやスケーラビリティが、シングル・ラックに限定されないことを意味する。 ユーザーは、エンタープライズのスケールにおいて、さらには、グローバルなスケールにおいて、そのディストリビューションを実現するが、マネージメントのコントロールも維持できると、彼は発言している。 そして、「CloudStack は、全世界のリソースを管理する、統一された単一のコマンドと、コントロール・センターを提供する」と加えた。

Under the covers, CloudStack 3 provides these features:

こうした前提のもと、CloudStack 3 は以下の3点を提供する:

Cloud-Optimized Virtualization Platform. CloudStack’s hypervisor-agnostic architecture does not compromise on functionality or utilization. “Other multi-hypervisor solutions can remove up to 90% of functionality and then re-layer in support for high-availability, disaster recovery and storage,” Ulander said. “Rather than dumbing-down virtualization and then building it back up, we marry technologies to optimize the outcome.”

Cloud-Optimized Virtualization Platform. CloudStack の、ハイパーバイザーを選ばないアーキテクチャは、機能と有用性において妥協しない。

「他のマルチ・ハイパーバイザー・ソリューションは、(それぞれの仮想化機能を)最大 90% まで取り去った後に、高可用性/DR/ストレージのサポートを(独自に)再レイヤ化していく。 こうした、仮想化に機能低下をもたらし、同じものを再構築するという手法ではなく、CloudStack は個々の仮想化機能を最適に取り入れたかたちで結合をしていく」と、Ulander は語っている。

Orchestration Layer. CloudStack comes with an important orchestration layer, adding support for self-service, automation and storage. “So, with this approach, users can create policies for their cloud resources, not just a single cloud, and run them on a global scale,” Ulander said.  Also, CloudStack lets current hypervisor users easily stand up these more controllable clouds with CloudStack.

Orchestration Layer. CloudStack は、重要なオーケストレーション・レイヤを取り込むことで、セルフ・サービス/オートメーション/ストレージを加えていく。「したがって、このアプローチを用いることでユーザーは、シングル・クラウドだけではなく、グローバル・スケールでクラウド・リソースを動かすための、ポリシーを作成できるようになる」と、 Ulander は言う。 さらに、CloudStack を用いるユーザーたちは、

最新のハイパーバイザーを容易に立ち上げ、より以上のコントロールに対応するクラウドを構成できる。

Support for Multiple Network Hardware, Architectures. CloudStack is integrated with Citrix NetScaler to let users support VPN [virtual private networks], security groups and other special network configurations, Ulander said. Beyond virtual networking, CloudStack also works with physical equipment from Juniper, Cisco and others.

Support for Multiple Network Hardware, Architectures. CloudStack と Citrix NetScaler を統合することで、VPN [virtual private networks] やセキュリティ・グループといった、特殊なネットワーク・コンフィグレーションがサポートされると、Ulander は言う。 つまり、CloudStack は、仮想ネットワークの向こう側で、Juniper や Cisco などの物理的な装置とも協調する。

“We’ve found different enterprise customers need better network support than they might get with an Amazon-style cloud – things like multi-tiered networks, or ways to secure [traffic] moving over private clouds or a virtual router,” Ulander said.

「私たちは、それぞれのエンタープライズ・ユーザーが、Amazon スタイルのクラウドから得ることになるネットワークのサポートと比較して、さらに良いものを必要としていることに気付いた。つまり、マルチ・レイヤ・ネットワークや、プライベート・クラウドや仮想ルーターの上で、[トラフィック]を安全に動かす方法を超えたものである」と、Ulander は言う。
For service providers, CloudStack enables new and customized network service offerings.

CloudStack はサービス・プロバイダのために、カスタマイズされた新しいネットワーク・サービスをサポートする。

Intuitive User Interface. CloudStack sports a new UI to simplify tasks related to building, launching and managing workloads on the cloud. Support includes self-service administration, advanced orchestration and automation.

Intuitive User Interface. CloudStack は、クラウドにおけるワークロードの構築/展開/管理に関連するタスクを、シンプルに見せるための新しい UI にフォーカスしている。 そこには、セルフ・サービスのアドミニストレーションおよび、先進的なオーケストレーションとオートメーションが含まれる。

In specific, the CloudStack Events Console gives users visibility into the activity within their clouds including normal events and other more serious alerts that may include the starting and stopping of VMs and access to guests via the console. The CloudStack dashboard shows aggregate system capacity usage and alerts based on events happening within the cloud.

特に CloudStack Events Console は、標準的なイベントや他の重要なアラートも含めた、クラウド内のアクティビティに関するビューを提供する。そこには、コンソールを介した VM や ゲスト OS の開始/終了といった、きわめて重要な機能が含まれるかもしれない。 また、CloudStack ダッシュボードには、システム全体の使用容量および、クラウド内で発生したイベントに基づくアラートが表示される。

Open Source Licensing, Community. CloudStack was built leveraging open Java and Apache technologies, and is available under the GPL licenses so all source code is open. The CloudStack.org open source community currently has 25,000 cloud building members worldwide. The open source version of CloudStack has 60,000 downloads.

Open Source Licensing, Community. CloudStack は、オープンな Java と Apache のテクノロジーにテコ入れすることで構築され、また、GPL ライセンスの下で利用が可能なように、すべてのソースコードがオープンである。現時点におけるる  CloudStack.org オープンソース・コミュニティには、25,000人のクラウド構築メンバーが参加している。そして、 CloudStack のオープンソース・バージョンは、60,000 回もダウンロードされている。

The newly-launched Citrix Ready Cloud Community offers easy access to some 2,200 products and services verified to work with Citrix cloud solutions.

新たに立ち上がった Citrix Ready Cloud Community は、2,200 種類のプロダクト/サービスへの容易なアクセスを提供し、また、Citrix クラウド・ソリューションを用いた作業の検証を行なっている。

OpenStack Swift Integration. CloudStack 3 supports Swift, the OpenStack object-storage technology for creating redundant, scalable object storage using clusters of standardized servers to store petabytes of accessible data.

OpenStack Swift Integration. CloudStack 3 がサポートする Swift は、OpenStack のオブジェクト・ストレージ・テクノロジーであり、Betabyte クラスのデータをストア/アクセスするための標準化されたサーバー・クラスターを用いて、冗長性とスケーラビリティを実現する。

One early cloud adopter, car shopping website Edmunds.com, found a lot to like in CloudStack.

クラウド・アーリーアダプタである  Edmunds.com(カー用品ショップ)は、CloudStack の優れた点をよく知っている。

“Edmunds.com needed an elastic, stable infrastructure that would give us a simple and rapid way to update our products to serve the millions of car shoppers who use our site,” said Emil Ndreu, Edmunds’ associate director for system engineering. “Citrix CloudStack has been… infusing efficiency into our process so that we can quickly generate award-winning site tools and highly-rated mobile apps nearly as soon as we come up with them.”

Edmunds の System Engineering 部門の No.2 である、Emil Ndreu は、「Edmunds.com が必要としたのは、エラスティックで安定したインフラストラクチャだった。 それは、私たちのサイトを利用する無数の顧客にサービスするプロダクトを、簡潔かつ迅速にアップデートするための方式を、教えてくれるものであった。 Citrix の CloudStack は、私たちのプロセスに対して効率というものを注ぎ込んできた。それにより、アワードを受賞するほどのツールを素早く作成することが可能になった。 そして、きわめて評価の高いモバイル・アプリが、もうじき提供される」と、発言している。

A full production version of CloudStack 3 will be available by the end of March.

この、CloudStack 3 のフル・プロダクション・バージョンは、3 月末までに提供されるだろう。

ーーーーー

_ CloudStackこの記事を訳してみて思ったのは、ハイパーバイザーに関する多様な考え方があり、また、CloudStack がシンプルなハイパーバイザーを追求している点です。 NIST の Security and Privacy にあるように、肥大化したハイパーバイザーはセキュリティ上のリスクを増大させるようです。 また、OpenStack における Hyper-V の問題で、Microsoft は Cloud.com に期待していたと説明する記事がありましたが、それだけのノウハウが CloudStack に詰め込まれているのだと思えてきました。 ーーー

ーーーーー

<関連>

Citrix の CloudStack 3 がデビュー! すべての規模のユーザーにセキュアな OSS クラウドを
クリエーションラインが展開する、CloudStack/MidoNet/Cloudian 統合戦略とは?
Citrix が Cloud.com を買収!
身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?
オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?

 
%d bloggers like this: