Agile Cat — in the cloud

Amazon と Eucalyptus が提携 – Hybrid を超える Hybrid を!

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, Private Cloud by Agile Cat on March 23, 2012

Amazon, Eucalyptus team up for just don’t call it a hybrid cloud
http://wp.me/pwo1E-43c
By
Om Malik Mar. 22, 2012
http://gigaom.com/cloud/amazon-eucalyptus-partner-for-enterprise-cloud-just-dont-call-it-a-hybrid/

_ Gigaom

On paper it looks like one of those strategic agreements that large companies sign with small startups. But if you look close enough, you will find that by forging a partnership with information as a service (IaaS) provider, Eucalyptus Systems, Amazon.com’s web services division is making a masterful move to dominate the cloud market. As part of the agreement, Amazon will allow Eucalyptus to use Amazon’s API to connect Amazon cloud services with the private clouds set up by large companies.

書類の上では、大企業が小さなスタートアップと、戦略的な契約を交わすように見える。 しかし、じっくりと観察すると、Information as a Service(IaaS)プロバイダである Eucalyptus Systems との協力関係を築くことで、クラウド・マーケットの支配へ向けて Amazon.com の Web サービス部門が、見事に機能していることに気付くだろう。Amazon は、この契約の一部として、大手企業が準備してきたプライベート・クラウドと、Amazon クラウドサービスを接続するための API を、Eucalyptus から利用できるようにする。

From the press release:

以下は、プレスリリースの文面である:

….an agreement that enables customers to more efficiently migrate workloads between their existing data centers and AWS while using the same management tools and skills across both environments. As part of this agreement, AWS will support Eucalyptus as they continue to extend compatibility with AWS APIs and customer use cases. Customers can run applications in their existing datacenters that are compatible with popular Amazon Web Services such as Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) and Amazon Simple Storage Service (Amazon S3).

この契約により実現されるのは、既存のデータセンターと AWS の間での、顧客による効率のよいワークロード・マイグレーションであり、また、双方の環境全体で利用可能なマネージメントのツールとスキルである。さらに、この契約の一部として、AWS API との互換性や顧客のユースケースを、Eucalyptus が継続して拡張できるよう、AWS はサポートしていくだろう。 たとえば、Amazon Web Services における、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)や Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)などと、互換性のある既存データセンター内で、顧客はアプリケーションを実行できるようになる。

Marten Mickos - CEO, Eucalyptus Systems - Future of Cloud panel at Structure 2011Marten Mickos, CEO, Eucalyptus Systems
@ the Future of Cloud panel at Structure 2011.

Eucalyptus CEO Marten Mickos, who happened to be in New York, met with me briefly (I am at our Structure: Data conference) and the beaming smile on this said it all. It was clearly a big shot in the arm for his company that has started to face competition from many quarters including  the OpenStack companies.

たまたま New York にいた、Eucalyptus の CEO である Marten Mickos は、Structure 2011 の Data カンファレンスに出席していた私と、短い時間だが話すことになった。 そして、この一部始終を歓迎しているようであった。 このところ、OpenStack をサポートする企業群との戦いに直面するようになった Eucalyptus にとって、それは、まさに、ビッグ・ショットである。

While the idea of a hybrid cloud — one that marries public clouds such as AWS with private or company-owned clouds – has gained popularity, Amazon has been steadfast in its views on what it deems to be the cloud. The Seattle-based retailer believes that cloud is essentially what it sells as S3, EC2 and other related services.

ハイブリッド・クラウド(プライベート・クラウドもしくはインターナル・クラウドと、AWS などのパブリック・クラウドとの結婚)という発想が人気を得ている一方で、これまで Amazon は、それがクラウドにもたらす意味に対して忠実であった。この、Seattle base のリテーラーは、S3/EC2 および関連サービスの販売に、クラウドの本質があると信じている。

However, Amazon might be softening its stance in small doses. In January,  the company announced Storage Gateway, a way to fuse on-premise storage with its S3 service. A month later, the company announced Simple Workflow Service (SWF) that blurred the boundaries between applications that ran on internal clouds and Amazon’s public cloud.

しかし Amazon は、ひと握りのスモール・パートナーに対して、門戸を開こうとしているのだろう。 この 1月には、オンプレミスのストレージと S3 サービスを融合する、Storage Gateway を発表している。その 1ヶ月後には、インターナル・クラウドと Amazon パブリック・クラウドをまたいで走る、アプリケーション間の境界線をぼかす Simple Workflow Service(SWF)を発表した。

When asked if this was a tactical admission that Amazon needs a hybrid cloud option, Kay Kinton, a company spokesperson denied that but added that is is recognition that the

それは、ハイブリッド・クラウドという選択肢を、Amazon が必要するという戦略的な肯定なのかと尋ねたとき、同社のスポークスマンである Kay Kinton は否定したが、彼の認識を以下のように付け加えた。

integration between on-premises infrastructure and the AWS cloud is a use case that’s important to some of our customers. In addition to this integration with Eucalyptus, we’ve steadily been releasing other features that enable this integration between on-premises infrastructure and AWS, including Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC), DirectConnect, and our Identity and Access Management service that many customers integrate to their on-premise identity systems.”

オンプレミスのインフラストラクチャと、AWS クラウドの統合は、私たちの顧客における、いくつかの重要なユースケースになっている。 Eucalyptus とインテグレーションに加えて、オンプレミスのインフラと AWS を統合するための、いくつかの機能が着実にリリースされている。 そこには、Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)/DirectConnect/Identity and Access Management などが含まれ、数多くの顧客が使用してきた ID との統合を可能にしている。

imageIt seems that large companies are increasingly asking more from Amazon about ways to merge their infrastructures. When I asked if an all-public cloud option was over for large enterprises, an Kinton wrote back in an email:

大手企業の傾向として、そのインフラストラクチャを統合する方式について、Amazon に尋ねてくる機会が増えているように思われる。そして、エンタープライズのための、パブリック・クラウド・オプションは、この辺りで出尽くしたかと尋ねると、Kinton から電子メールが届いた:

Not at all and we believe that over time, most enterprises will not run their own datacenters and those that do will have a much smaller footprint. That said, many enterprises today have legacy applications and a good deal of investment in those legacy applications. This type of arrangement provides the added flexibility to more freely move workloads between those existing IT environments and AWS.

そんなふうには、まったく思っていない。長い時間をかけて、大半のエンタープライズは、自身でデータセンターを動かさなくなり、そのフットプリントを小さくすると信じている。 それは、そうとして、数多くのエンタープライズは、レガシー・アプリケーションを引きずり、そこに多大な投資を行なっているところに現状がある。このタイプの整理は、それらの既存 IT 環境と AWS の間で、ワークロードを自由に移動させるという点で、さらなる柔軟性を提供する。

Amazon says that “a typical scenario for using this service could be a corporation that uses AWS for disaster recovery and who will need to move workloads between AWS and Eucalyptus frequently for testing purposes.” Other scenarios include companies tapping AWS infrastructure in case of spike in demand for an application that resides on Eucalyptus.

Amazon が言うには、「このサービスを用いる典型的なシナリオは、DR のために AWS を使う企業のためのものとなり、また、彼らはテストを目的として、AWS と Eucalyptus 間で、頻繁にワークロードを移行しなければならない企業も、その中には含まれる」とのことだ。 その他のシナリオとしては、Eucalyptus 上のアプリケーションに、オンデマンドでピークが発生するケースが考えられ、そのときに AWS インフラを利用することになる。

The new agreement doesn’t impact cloud management console makers such as RightScale since ”the management system built around AWS is actually assisted by having another compatible implementation of the AWS APIs.”

この新しい協定は、RightScale のような、クラウド・マネージメント・コンソール・メーカーに影響を与えない。なぜなら、「AWS の周辺に構築されたマネージメント・システムは、別の AWS API と互換性のある実装を施すことで、アシストされるといいう形態になっている」からだ。

When I think about the news, the message is pretty clear: Amazon will do whatever it takes to keep growing its lead in the “cloud” market, even if it means partnering with private cloud providers such as Eucalyptus.

このニュースについて考えると、そのメッセージは、かなり明確であることに気づく。たとえ、それが、Eucalyptus のようなプラベート・クラウド・プロバイダとの提携であっても、クラウド・マーケットでのリードを広げるためなら、Amazon は何でもやるということだ。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG index言われてみれば、こうなって当たり前なのかもしれません。 この記事にも書かれているように、Eucalyptus としては渡りに船なのかもしれません。 しかし、Amazon からみれば、自らの行動を制約する部分もあるはずであり、それだけ、危機感を持っていることの現れだと思います。 これからも、こうした提携や、垂直統合が進んでいくのでしょうね。 ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー
結局のところ、いま ストレージに、何が起こっているのか?
Microsoft も価格を引き下げ! バーガー戦争時代に突入するクラウド・ストレージ
Google のたまわく、Amazon だけにクラウド価格破壊はさせない!
身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?
Amazon が安いのか? Hosting が安いのか? コスト分析モデルで比較する!

 

%d bloggers like this: