Agile Cat — in the cloud

Amazon の ワークフロー・サービス とは?

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid by Agile Cat on March 8, 2012

Amazon queues up new workflow service
http://wp.me/pwo1E-3ZO
By
Barb Darrow Feb. 22, 2012
http://gigaom.com/cloud/amazon-queues-up-new-workflow-service/

_ Gigaom

Amazon Web Services says its new Simple Workflow Service (SWF) will run applications that are distributed between customer sites and Amazon’s cloud infrastructure, further blurring the line between the customer’s data center and their chosen cloud.

Amazon Web Services が言うには、新しく開発された Simple Workflow Service(SWF)により、顧客のサイトと Amazon のクラウド・インフラストラクチャに分散されたアプリケーションが、協調して実行されることになる。そして更に、顧客のデータセンターと、顧客が選んだクラウドの境界線が、曖昧でも構わないことになる。

Amazon CTO Werner Vogels ⇒

Amazon, the leader in public cloud infrastructure, appears intent on erasing the line between applications customers run in-house and those “out in the cloud.” The ability to run some workloads (or put some data) in the AWS cloud is important for many businesses that want to save money. But many also balk at putting their mission-critical work outside their own firewalls into a public cloud. If Amazon makes it easier for them to run distributed applications securely across internal and outside infrastructure, AWS stands to gain.

パブリック・クラウド・インフラストラクチャのリーダーである Amazon は、いわゆるインハウスと「クラウドに出ている」部分で実行される、顧客のアプリケーション群を隔てるラインを消し去ってしまおうと、懸命になっているように見える。 AWS クラウドでワークロドをの一部を実行する(あるいはデータを置く)能力は、支出を抑えたいと望む数多くの企業にとって重要である。 しかし、それらの企業の多くが、自身のファイヤ・ウォールの外側での、つまりパブリッ・ククラウドでの、ミッション・クリティカルなワークロード実行を、躊躇しているのも事実である。 もし Amazon が、インハウスとクラウドのインフラストラクチャをまたいだ分散アプリケーションを、これまで以上に容易かつ安全に実行できるなら、 AWS は利益を得る側の立場にある。

Orchestrating workflow is an important concern in enterprise applications. As Amazon CTO Werner Vogels said in his blog, many applications now rely on asynchronous and distributed processing to achieve scale.

ワークフローのオーケストレーションは、エンタープライズ・アプリケーションにおける重要な関心事である。いまでは数多くのアプリケーションがスケールを達成するために、非同期/分散の処理に依存していると、 Werner Vogels は自身のブログで、Amazon の CTO として発言している。

By designing autonomous distributed components, developers get the flexibility to deploy and scale out parts of the application independently as load increases. The asynchronous and distributed model has the benefits of loose coupling and selective scalability, but it also creates new challenges. Application developers must coordinate multiple distributed components to get the desired results.

自律分散型のコンポーネントをデザインすることで、デベロッパーは負荷の増大に応じて、アプリケーションの一部をディプロイ/スケールアウトするための、フレキシビリティを得ることになる。 この非同期/分散型のモデルは、疎結合とスケーラビリティに関する本質的なメリットを提供するが、その一方で新しいチャレンジをもたらす。 つまり、アプリケーション・デベロッパーが期待どおりの結果を手に入れる場合には、随所に分散されたコンポーネントを調整する必要性が生じてくる。

_ AmazonVogels went on to say that SWF, which appears to be a much more complex tool than the company’s existing Simple Queue Service, relies on a “decider” process  in which tasks represent logical units of work, which can be executable code, scripts, web service calls and human actions. Developers, he wrote, will have full control over implementing and orchestrating these tasks but won’t have to worry about underlying complexities such as tracking their progress and keeping their state.

Vogels が SWF(Simple Workflow Service )について言い続けてきたのは、同社における既存の Simple Queue Service と比べて、ずっと複雑なツールになっていることだと思われる。それは、実行コード/スクリプト/Web サービス・サービス/ヒューマン・アクションなどのケースとなり得る、論理的な作業ユニットを表現するタスク内の、「decider」プロセスに依存するものとなる。 彼の記述によると、デベロッパーは、それらのタスクに関する実装とオーケストレーションを、完全に制御することになるが、その進捗のトラッキングやステートの保持といった、基礎をなす複雑さについては、心配しなくても構わなくなる。

In his post on the Amazon Web Services blog, evangelist Jeff  Barr said:

This new service gives you the ability to build and run distributed, fault-tolerant applications that span multiple systems (cloud-based, on-premise or both). Amazon Simple Workflow coordinates the flow of synchronous or asynchronous tasks (logical application steps) so that you can focus on your business and your application instead of having to worry about the infrastructure.

Amazon Web Services のエバンジェリストである Jeff  Barr は、自身のブログで以下のように発言している:

この新しいサービスにより、フォールト・トレラントな分散アプリケーションを構築/実行する能力が、マルチ・システム(クラウド/オンプレミス/ハイブリッドにおいて)をまたいだ形で達成される。 Amazon Simple Workflow が、同期と非同期のタスク(論理的なアプリケーション・ステップ)のフローを調整することになる。したがって、インフラストラクチャのことを心配する代わりに、ビジネスとアプリケーションにフォーカスできる。

SWF will feed into Amazon’s Management Console and will give developers a view into each step of application execution, according to Vogels. SWF will retain the history of executions for a period determined by the developer, up to 90 days.

Vogels によると、SWF は Amazon の Management Console に取り込まれ、実行されるアプリケーションの、個々のステップに関するビューをデベロッパーに提供するという。 デベロッパーが指定すれば、最長で 90日間にわたり、SWF は実行ヒストリーを保持できる。

This is just the latest Amazon service to blur what was once a fairly clear line between a customer’s own data center and Amazon’s public cloud.  In late January, Amazon introduced its Storage Gateway that, as my colleague Derrick Harris reported at the time, lets companies upload data to Amazon’s cloud-storage services directly from their on-premise storage systems. That happened just a week after it unveiled its DynamicsDB NoSQL database.

それは、顧客のデータセンターと Amazon のパブリック・クラウドの間を、ハッキリと分け隔てていたラインを霞ませるために、Amazon が準備してきた最新のサービスである。  私の同僚である Derrick Harris がレポートしたように、Amazon は1月下旬に Storage Gatewayを導入した。 それにより、顧客企業は、Amazon のクラウド・ストレージ・サービスへ向けて、自身のオンプレミス・システムからダイレクトに、データをアップロードできるようになった。 そして、DynamicsDB NoSQL データベースを公表した 1週間後に、今回の SWF に関する発表があった。

クリックで拡大 ⇒ 

The news is not a complete surprise. TechCrunch wrote about the proposed service earlier this month.

ただし、このニュースは、完全なサプライズというわけではない。 2月の初めに TechCrunch は、このサービスが提示されたと報道している。

All of this sounds great, but it likely will take some time for enterprise developers to truly get on board with all that AWS is presenting them in terms of new architectures. One thing is clear: Amazon’s attempt to be an enterprise application platform is ambitious indeed.

その全てが素晴らしく聞こえるが、新しいアーキテクチャという観点で AWS が提供する、すべての事柄をエンタープライズ・デベロッパーが理解するには、若干の時間を必要とするだろう。 そして、1つの明確になったことがある。 それは、エンタープライズのための、アプリケーション・プラットホームであろうとする Amazon の試みが、きわめて意欲的なものだという事実である。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

ーーーーー

TAG indexついに、AWS にワークフローが出てきましたね。 どうしてもパブリック・クラウドには重要なデータを置くことができないという、エンタープライズ・システムにとって、ハイブリッドとワークフローのサポートは必須だと思いますが、そこにフォーカスした戦略を着実に展開しています。 強いですね AWS は。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon が安いのか? Hosting が安いのか? コスト分析モデルで比較する!
Amazon DynamoDB の 超弩級 クラウド NoSQL 感覚 by James Hamilton
クラウド・ストレージ の性能 – チャンピオンは Amazon S3 と Microsoft Azure
Amazon の CC2 インスタンスは、クラウド・スーパー・コンピュータなのです!
クラウドで Big Data をハンドリングする 6 社の事例
Vyatta Network OS が Amazon AWS で利用可能に!

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: