Agile Cat — in the cloud

Windows 8 on ARM は .NET とサヨナラしてしまうのか?

Posted in .Selected, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on February 23, 2012

Windows on ARM: Yes, There’s a Desktop; No, It’s Not Compatible
http://wp.me/pwo1E-3WP
By
Scott M. Fulton, III / February 9, 2012
http://www.readwriteweb.com/archives/windows_on_arm_yes_theres_a_desktop_no_its_not_com.php

_ Read Write

While Apple’s preferred method for introducing customers to new products is with a gala stage event, Microsoft’s method has become the doling out of information in carefully timed lumps through corporate blog posts. Today, a rather hefty lump (almost the size of one of my analysis articles) was doled out by Microsoft’s Windows Division President Steven Sinofsky, shedding considerable new light on how Windows 8 will work on systems with ARM-based processors.

Apple は、華やかなステージ・イベントで、カスタマーに新製品を紹介するという方式を好む。 それに対する Microsoft の方式は。コーポレート・ブログのポスト介して、慎重にタイミングを見ながら、情報を小出しにするようになってきている。 そして、今日(2/9)、Microsoft の Windows  Division President である Steven Sinofsky から、 どちらかと言うと大量の情報が提供されたが(この分析記事と同じくらい)、どのようにして Windows 8 が ARM ベースのプロセッサで操作するのかという、新たな論点については、依然として光が当てられていない。

クリックで拡大 ⇒

ARM is not a processor, like Intel or AMD; rather, it’s a selection of technologies that a manufacturer licenses from an extensive ARM portfolio, that are condensed into a very small system – usually a system-on-a-chip (SoC). In Sinofsky’s blog post today, as well as in an accompanying video – a shot of which is shown above – Microsoft showed three examples of ARM-based devices from (left to right, above) Nvidia, Qualcomm, and Texas Instruments, which don’t use CPUs the way we know them, but behave enough like a PC to run Windows 8. Or at least, a new form of Windows 8 that resembles the Windows we use today only partly.

ARM は、Intel や AMD のようなプロセッサではない。 どちらかと言えば、広範囲におよぶ ARM ポートフォリオから、マニファクチャ・ライセンスとして選ばれたテクノロジーを、SoC(System-on-Chip)という小さなシステムの中に凝縮するものとなる。Sinofsky の今日ブログ・ポストだけではなく、それに伴うビデオと写真により、Microsoft は ARM デバイスのサンプルを紹介している。 左から右へと並ぶ Nvidia/Qualcomm/Texas Instruments 搭載の各デバイスは、これまでとは異なる方式で CPU をドライブするが、これまでの PC のように Windows 8 を充分にドライブする。 少なくとも、この新しい Windows 8 は、私たちが使用してきた Windows と部分的に似ている。

クリックで拡大 ⇒

“Using WOA [Windows on ARM] ‘out of the box’ will feel just like using Windows 8 on x86/64,” writes Sinofsky. “You will sign in the same way. You will start and launch apps the same way. You will use the new Windows Store the same way. You will have access to the intrinsic capabilities of Windows, from the new Start screen and Metro style apps and Internet Explorer, to peripherals, and if you wish, the Windows desktop with tools like Windows File Explorer and desktop Internet Explorer. It will have the same fast and fluid experience. In other words, we’ve designed WOA to look and feel just like you would expect. WOA enables creativity in PC design that, in combination with newly architected features of the OS, will bring to customers new, no-compromise experiences.”

「梱包を解いた WOA[ Windows on ARM ]を使うときも、x86/64 上の Windows 8 と、その感覚は変わりない。これまでと同じように Sign-in できる。 アプリケーションの起動方式も同じである。そして、これまでと同じように、新しい Windows Store を利用できる。あなたは、Start スクリーンから、Metro スタイル・アプリ、Internet Explorer、そして、周辺機器にいたるまで、Windows の本質的な機能にアクセスできる。そして、望むなら、この Windows デスクトップで、Windows File Explorer や、デスクトップ Internet Explorer といったツールを使用し、高速で滑らかなエクスペリエンスを得るだろう。 言い換えれば、まさにユーザーが期待するような、ルック&フィールのために、私たちは WOA をデザインしている。 WOA は、PC のデザインに創造力をもたらす。それは、新たにデザインされた OS の機能と組み合わされるものであり、カスタマに新しい世界を提供し、妥協しないエクスペリエンスをもたらすだろう」と、 Sinofsky は書いている。

Another World

Yet while Sinofsky made it very clear – in an abundance of words – that Microsoft will not be compromising on what it has not compromised on, today’s blog post does also reveal that those parts of WOA that don’t work “the same way” will work a different way. Most different of all will be the Desktop, which is the part of Windows 7 that used to go by the name “Windows.” As we noted when the Windows 8 Developer Preview was rolled out last September, the Desktop has become just one of two “worlds” where Windows 8 applications will run. The other is a completely new class of “Metro-style” apps, based on a new runtime called WinRT that is not downwardly-compatible. It’s not made for Windows 7, and it’s not compatible with Windows Phone 7.

いまのところ、Sinofsky は多彩な言葉づかい明確にしようとする一方で、Microsoft は諦めていないことについて、妥協することはないと思われる。つまり、今日の Sinofsky のブログ・ポストでは、WOA パートは同じようには機能せず、異なる方式で動作することが明らかにされたのだ。 最大の違いは、Windows という名前で使用する、Windows 7 のパートとしての Desktop である。 昨年の 9月に、Windows 8 Developer Preview が始まったとき、この Desktop は Windows 8 アプリケーション実行する、まさに 2つの世界のうちの 1つになったと、私たちは指摘した。 もう 1つの世界は、Metro-style アプリケーションのための、WinRT という新しいランタイム用の完全に新しいクラスだが、下位互換というわけではない。 それは、Windows 7 のために作られたものではなく、また、Windows Phone 7 と互換性を持つものでもない。

But at least with Windows 8 on PCs running Intel and AMD architectures (x86/x64), most Windows apps since version 3.0 will run on the Desktop. This will not be the case on Windows for ARM for an obvious and unavoidable reason: Applications compiled to run on these processors are not code-compatible with ARM-based platforms. And managed apps made for the .NET Framework – which as late as Spring 2011 was still being touted as the platform of Windows’ future – will not run on WOA because the .NET Framework is not code-compatible with ARM, at least not at this time. Sinofsky did not state these facts outright, though he gave plenty of information for an eight-year-old to make the correct deduction.

しかし、少なくとも、Intel と AMD のアーキテクチャ (x86/x64) 上の Windows 8 であれば、Version 3.0 以降の大半の Windows アプリケーションを、この Desktop 上で実行できるだろう。ただし、避けることのできない明白な理由により、この事実は Windows for ARM には当てはまらないだろう。 つまり、それらのプロセッサ上で実行するためににコンパイルされたアプリケーションは、ARM ベースのプラットフォームに対してコードの互換性がないからだ。 そして、未来の Windows プラットフォームとして推奨されていた、2011 Spring 以降の .NET Framework 対応のマネージド・アプリケーションも、WOA 上では実行できないだろう。なぜなら、少なくとも現時点においては、.NET Framework は ARM コード・コンパチブルではないからだ。これらの事実について、Sinofsky は完全に説明しなかったが、8歳の子供でも正しく推論できる、たくさんの情報を与えてくれた。

クリックで拡大 ⇒

“WOA does not support running, emulating, or porting existing x86/64 desktop apps,” the blog post reads. “Code that uses only system or OS services from WinRT can be used within an app and distributed through the Windows Store for both WOA and x86/64.” It also states that if a developer wishes to target WOA as a platform, all he really needs to do is write a Metro-style app using WinRT and regular OS services.

「WOA が、既存の x86/64 デスクトップ・アプリケーションを、実行/エミュレート/ポートすることはない。システムあるいは OS のサービスを、WinRT から呼び出すコードだけがアプリケーションの中で使用され、また、Windows Store を介して WOA と x86/64 の双方にディストリビュートされる」と、Sinofsky のブログ・ポストからは読み取れる。さらに、デベロッパーが WOA をターゲット・プラットフォームにするなら、そこで必要となる全ての事柄は、WinRT もしくは通常の OS サービスを用いて、Metro-Style のアプリケーションを書くことだ、とも述べている。

Another Office

So what is the Desktop for in WOA? Why is it there if it can’t run a great majority of the Windows apps we’ve come to know? Sinofsky states that the WOA Desktop will run built-in versions of Word, PowerPoint, Excel, and OneNote from the new “Office 15″ (probably Office 2013). It will also run a desktop version of Internet Explorer 10 (as indicated by a blue “e” icon on the taskbar in the screenshot), as well as the Windows Explorer file manager.

そうだとすると、WOA の Desktop とは、いったい何なのだろう? これまでに認識してきたように、従来からの大量の Windows アプリケーションを、そこで実行できないなら、なんのために存在するのだろうか? Sinofsky の説明によるとでは、新規の Office 15(おそらく Office 2013)として提供される、ビルトインの Word/PowerPoint/Excel/OneNote を、WOA Desktop 実行できるようだ。さらに、Internet Explorer 10 の Desktop バージョン(スクリーン・ショットに青い[e]アイコンがある)だけではなく、Windows Explorer のファイル・マネージャーも実行できる。

imageクリックでジャンプ ⇒

The division president characterizes this degree of resemblance as “supporting the Windows Desktop experience,” adding that applications which can run on the WOA Desktop have been significantly re-architected to support ARM features such as low power consumption and multitouch. At one point, Sinofsky said, the question of how to approach the role of the Desktop for ARM architectures seems ever so faintly like a certain scene from Hamlet:

ディビジョン・プレジデントである Sinofsky は、ある程度は「Windows  Desktop エクスペリエンスのサポート」に類似する表現を用いるが、WOA Desktop 上で実行可能なアプリケーションは、低電力消費とマルチ・タッチ・パネルといった、ARM の特徴をサポートするために、アーキテクチャの大幅な再編を行なっていると、付け加えている。Desktop for ARM アーキテクチャにおける役割を、達成するためのアプローチの方式は、ハムレットの場面のように、ぼんやりしたものであるとも、Sinofsky は発言している:

“To us, giving up something useful that has little cost to customers was a compromise that we didn’t want to see in the evolution of PCs. The presence of different models is part of every platform. Whether it is to support a transition to a future programming model (such as including a virtualization or emulation solution if feasible), to support different programming models on one platform (native and web-based applications when both are popular), or to support different ways of working (command shell or GUI for different scenarios), the presence of multiple models represents a flexible solution that provides a true no-compromise experience on any platform.”

「私たちにとって、有用な何かを諦めるということは、カスタマにおける妥協という損失を伴うものであり、PC 革命において経験したくなかった出来事である。 それぞれのモデルにおけるプレゼンスは、プラットフォーム全体の一部である。 そこでは、将来のプログラミング・モデルへ向けた移行のサポートや(実現可能であれば、仮想化やエミュレーションといったソリューションを含む)、プラットフォーム上での異なるプログラミング・モデルのサポートがあるかもしれない(ネイティブと Web ベースのアプリケーションが、ともに好まれる場合)。もしくは、あらゆるプラットフォーム上で全く妥協しない、真のエクスペリエンスを提供する、複数の異なる方式での動作のサポートや(異なるシナリオのための コマンド・シェル と GUI)、マルチ・モデルによるフレキシブルなソリューションのサポートがあるかもしれない」

Which must give us pause, Sinofsky might have added.

つまり、それらが躊躇いを与えるはずだと、Sinofsky は付け加えているのかもしれない。

Another Form Factor

In a statement to ReadWriteWeb this afternoon, IDC program director for applications development software, Al Hilwa, calls WOA “separate but equal… a different OS on its own schedule, but Microsoft is doing its best to deliver it at the same time.”

今日の午後(2/9)だが、IDC の Program Director for Applications Development Software である Al Hilwa は、ReadWriteWeb へのステートメントの中で、WOA について「分離されているが同じである、独自のスケジュールを持った異なる OS を同時に提供するために、Microsoft は最善を尽くしている」と称していた。

Hilwa believes that the first WOA-based tablets will be released some time following the first Windows 8-based tablets with Intel and AMD processors, which means this class won’t be ready for back-to-school until 2013. In the meantime, he points out that AMD and Intel are feverishly working to improve the power consumption and efficiency of their CPUs.

Hilwa が確信しているのは、最初の WOA ベースのタブレットは、Intel と AMD のプロセッサを搭載した Windows 8 に続くかたちでリリースされという点である。 つまり、2013 年までは、新調されないということだ。 その一方で、AMD と Intel が、CPU の消費電力と効率を改善するために、必死で作業を進めていることを、彼は指摘している。

Assuming PC manufacturers – especially including those who produce Intel’s Ultrabook form factor – beat ARM producers to market with competitive street prices, and that their Windows 8 PCs run all the existing software (there’s no reason to think they won’t), then they could retain a distinct advantage. Today, Microsoft’s spokesperson told RWW that the work being done by competitors to produce AMD- and Intel-based PCs represents “an equally strong commitment, new designs, and improved architecture for Windows on this hardware. Microsoft could not be more excited or supportive of the new products from Intel and AMD that will be part of Windows 8 across a full spectrum of PC form factors.”

とりわけ、Intel の Ultrabook フォーム・ファクターを生産しようとする企業を含めた、マニファクチャたちの考え方を推測すると、彼らは競争力のある販売価格で ARM デバイスを叩きたいと思っているはずだ。 そして、Windows 8 を搭載する PCが、すべての既存ソフトウェアを実行できるなら(それを望まない理由は無い)、明確なアドバンテージを維持できる。 今日、 Microsoft のスポークスマンが RWW に語ったところによると、そのための作業は、AMD と Intel をベースにした PC を生産するマニファクチャたちにより完了し、「このハードウェア上の Windows のための、強いコミットメントと、新しいデザイン、そしてアーキテクチャの改善」が示されているとのことだ。「 しかし、Intel と AMD に基づく新しいプロダクトは、PC フォーム・ファクター全体を示す Windows 8 の一部であるため、Microsoft は、それほど熱狂的にサポートできない 」とも発言していた。

Nevertheless, besides the myriad, perhaps countless, ways in which Windows for ARM is completely different from Windows, it’s just the same as the product you haven’t come to know yet because it hasn’t been released. Because many consumers choose Windows because they need to run Office, Microsoft is making sure that four key Office apps are distributed with WOA. They will use different code bases, but because they’re pre-installed, that fact won’t matter. What will matter is whether consumers feel they’re running Windows while they’re using the applications that are the very reason they use Windows.

それにもかかわらず、Windows for ARM と Windows が、完全に異なると証明する、多数と言うより無数の方式がある。そして Windows 8 は、まだリリースされていない、私たちが知ることのない、未知のプロダクトでもあるのだ。数多くのコンシューマが Windows を選択するのは、彼らが Office を動かしたいがためである。 したがって Microsoft は、4つの主要 Office アプリケーションを、WOA 上に提供すると約束している。そこでは、異なるコードベースが用いられるが、新しい Office はプリ・インストールされているため、重要な事柄にはならないではない。何が重要になるかといえば、アプリケーションを動かすために Windows を使用するコンシューマが、Windows を実行していると実感するか、しないかである。

See Also

ーーーーー

TAG indexWindows 8 は、これまでのデスクトップから、Metro デスクトップへと向けた、ブリッジ的な役割を担うのでしょうかね? そして、ここで説明されている WOA(Windows on ARM)は、Windows Phone にも搭載されていくのでしょう。 .NET から WinRT への移行という、大きな戦略の変更も見え隠れする、Windows 8 に注目したいですね。 以下の<関連>も、あわせて ご覧下さい。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft が新たに考えるべき、post-PC 時代の Office とは
次期 Windows Phone には、Windows 8 が搭載されるらしい
iPad の OnLive Desktop から Windows 7 を操作する – これは使えそう!
Windows Phone の リーダーは、なぜ Amazon に行ってしまうのか?

 

%d bloggers like this: