Agile Cat — in the cloud

アゼン! ボーゼン! iPhone が Apple にもたらした利益

Posted in .Selected, Apple, Post-PC, Research by Agile Cat on February 21, 2012

The world’s biggest startup
http://wp.me/pwo1E-3Wp
Feb 13, ’12
3:02 PM
Author
Horace Dediu
http://www.asymco.com/2012/02/13/the-worlds-biggest-startup/

_ Asymco

Last year we began offering revenue and operating income comparisons between Apple and Microsoft. It was becoming evident that the iOS franchise was beginning to overtake both in revenue and profitability the Windows franchise. To offer more dimensions of comparison this time I am adding Google’s top and bottom lines for comparison (click image for detail):

昨年末のことだが、私たちは Apple と Microsoft の売上と営業利益を比較し始めた。 そして、Windows の特権であった売上と収益の双方において、iOS の主力製品が、その座を奪い始めていることを明白にしてきた。 そして今回、さらに多様な比較を提供するために、Google の営業利益も加えてみた。

クリックで拡大 ⇒

Note that the graphs have the same scales when read horizontally. I’ve broken out the sub-divisions of revenues as the companies report them. Here are some observations:

これらのグラフが、水平方向で同じスケールを持つことに注意して欲しい。それぞれの企業のレポートに合せて、サブ・ディビジョンごとの収益を取り出している。 以下に、いくつかの観察ポイントを列挙する:

  1. The time spanned is 4.5 years (September 2007 to December 2011)
  2. If we compare the fourth quarter 2007 to fourth quarter 2011 the ratio of Google : Microsoft : Apple went from 1: 3.39:2:16 to 1:1.97: 4.38. In other words, Microsoft was 3.4 times bigger than Google but today it’s only about twice. Apple was twice and is now about 4.4 times bigger.
  3. In terms of operating income (i.e. before R&D, SG&A and OI&E) the ratios were 1:4.48:1.53 and are now 1:2.28:4.82. Microsoft’s income gap to Google halved while Apple’s more than tripled.
  4. Google and Microsoft have grown but not by adding new sources of revenue. Apple grew its base but, more importantly, added new businesses for spectacularly more growth.
  5. Compared to Microsoft and Apple, Google’s revenue is distinctly single-source: advertising. Though divided between own sites and those of affiliates, advertising is today 96.1% of revenue and was 98.6% four years earlier.
  1. 全体の時間軸は 4年半である (September 2007 ~ December 2011)
  2. 2007年 Q4 ~ 2011年 Q4 の売上を比較すると、 Google:Microsoft:Apple の比率は、 1: 3.39:2:16 から 1:1.97: 4.38 へと変化している。言い換えれば、Microsoft は Google に対して 3.4倍の規模を持っていたが、いまでは 2倍へと変化している。 また、Apple に対しては 2倍だったが、いまでは 約 4.4倍に変化した。
  3. 営業収入に関しては(i.e. before R&D, SG&A and OI&E)、その比率が 1:4.48:1.53 から、いまでは 1:2.28:4.82 に変化している。 Google から見て、Apple が 3倍以上になってしまったが、対 Microsoft でのギャップは半分になった。
  4. Google と Microsoft は成長したが、新しい収益源を加えることはなかった。 Apple はベースを引き上げたが、より重要なことは、ニュー・ビジネスを加えることで、華々しく成長したことである。
  5. Microsoft および Apple との比較において、Google の収入源はシングル・ソースの広告である。 自身のサイトとアフェリエイトに分類されるが、4年前の 98.6% から、今日の 96.1% へと、広告収益は減少している。

クリックで拡大 ⇒

If we compare the individual product/business operating incomes individually we see some interesting patterns:

個々のプロダクト/ビジネスごとの売上を比較すると、いくつかの興味深いパターンに気がつく:

  1. Google’s advertising profits have overtaken Windows as has the iPhone and the iPad may do so quite soon.
  2. Microsoft’s Business (Office) and Server businesses are growing more quickly than Windows
  3. The hardware oriented Apple’ operating margin is now 37% and exceeds Google’s 33% while being nearly equal to Microsoft’s 38% (see chart below)
  1. Google の広告利益は、iPhone の後に続いて Windows に追いついた。間もなく、iPad も追いつくかもしれない。
  2. Microsoft の Business(Office)と Server and Tools は、Windows よりも速いペースで成長している。
  3. ハードウェア指向である Apple の営業利益率は 37% となり、Google の 33% を超え、Microsoft の 38% に等しくなってきた。

I presented a subset of this material January 30th at a TechMeetups event titled “Apple – world’s biggest startup.” A presentation by Adam Lashinsky focused on the cultural and procedural aspects which highlight Apple’s “startup” nature. My presentation showed, using these graphs, Apple’s growth characterizes it as a “startup”. The growth did not come from a broadening of its core products markets. It came from the creation of new product categories. Google, a much younger company does not exhibit this non-secular growth any more than Microsoft which is about as old as Apple is.

1月30日に開催された、“Apple – world’s biggest startup” という TechMeetups イベントにおいて、資料のサブ・セットが提供された。 Adam Lashinsky によるプレゼンテーションは、Apple におけるスタートアップ的な特質である、文化と手続にフォーカスしたものだった。 私のプレゼンテーションではApple の成長における特徴がスタートアップ的であることを、これらのグラフにより示した。 この成長は、基幹プロダクトのマーケット・レンジから得られたものではない。 つまり、新しいプロダクト・カテゴリの創造からもたらされている。 Google は、この中で最も若い企業であるが、このような非長期的な成長を全く示していない。 また、Apple と Microsoft は、同程度の歴史を持っている。

クリックで拡大 ⇒

The lesson is perhaps that rapid growth is not the right of small companies alone. Apple has used disruptive innovation to transform itself and offers a stunning contrast to two other companies which are also seen as innovative leaders.

ここから得られる学習は、急成長が小規模な企業だけの特権ではないということだ。 Apple は、自身を変革するために、破壊的なイノベーションを用いた。 それは、同じく革新的なリーダーとして認識される、Microsoft と Google に対して、衝撃的な対比をもたらしている。

ーーーーー

TAG indexはい。 言葉がありません。Jobs の死も含めて、様々な要因が iPhone 4S を押し上げた結果だと思いますが、それだけでは納得できないほどの iPhone の勢いです。特に、2番目のチャートですが、2011年 Q4 における iPhone の利益は、なんと $12B に届いています。 それが、単独のプロダクトなのですから、開いた口がふさがりません。 正直いって、スゴイを通り越し、呆れてしまう iPhone の強さです。 ーーー ac-stamp-25

ーーーーー

<関連>

Mac の 28年分を、わずが 4年で追い越した iPhone
ついに Apple は iPhone 単独で、Microsoft の全てを追い抜いてしまった!
スマート・フォン市場の 75% を手にする、Apple の驚異的な利益率
iPad 単体で HP の出荷数を上回ったという、2011年 Q4 の市場レポート
iPad の成長と PC の衰退は、連動しているのか?
Apple は HP を追い抜き、すでに最大の PC ベンダーになっているのか?

Windows Azure のイカしたストレージがあれば、Dropbox キラーが作れるはずだ

Posted in Microsoft by Agile Cat on February 21, 2012

Don’t look now but Microsoft Azure is a kick-butt cloud
http://wp.me/pwo1E-3Wg
By
Barb Darrow Feb. 10, 2012
http://gigaom.com/cloud/dont-look-now-but-microsoft-azure-is-a-kick-butt-cloud/

_ Gigaom

Microsoft’s ambitious Windows Azure cloud is many things — it’s a full-fledged platform as a service (PaaS) for developers. But beneath all that, it is also a huge pool of foundational compute and storage infrastructure for rent.

Microsoft の大望である Windows Azure クラウドには、デベロッパーのための成熟した PaaS として、数多くのものが含まれる。しかし、その全てを支えるものとして、基礎をなすコンピューティングの巨大なプールと、ユーザーに貸し出されるストレージ・インフラストラクチャがある。

And that infrastructure layer is fine indeed, according to Andres Rodriquez, CEO of Nasuni, a Natick, Mass. startup that specializes in managing business customers’ storage securely in whatever public cloud best suits their needs. He’s checked out all the public clouds and his conclusion? “Microsoft has a kick-ass cloud.”

そして、 Natick, Mass のスタートアップ、Nasuni の CEO である Andres Rodriquez によると、そのインフラストラクチャ・レイヤは本当に素晴らしいいう。それは、顧客のニーズにベスト・フィットする、あらゆるパブリック・クラウドにおいて、そのストレージの管理に特化されたものとなる。 彼は、すべてのパブリック・クラウドと、自身の結論についてチェックしたのだろうか? その答えは、「Microsoft は本当に凄いクラウドを持っている」である。

That could come in handy now as more tech companies seek to replicate the success of Dropbox, the Silicon Valley darling that has more than 45 million users of its cloud-based storage since it was founded in 2007.

Dropbox の成功にあやかろうと、数多くのテクノロジー企業が努力するにつれて、クラウドは身近なものになってきた。Dropbox は 2007年に設立されて以来、45 million 以上のユーザーを持つクラウドベース・ストレージとして、Silicon Valley のお気に入りになっている。

Dropbox provides an easy, inexpensive way for consumers to put their documents, photos and other digital paraphernalia in the cloud and then access it from any device. Dropbox itself puts all that stuff on Amazon’s S3 storage, essentially acting as an on-ramp to a gigantic hard drive in the sky.

Dropbox はコンシューマに対して、ドキュメント/フォト/デジタル・ツールなどを、容易で安価なクラウドに格納する方式を提供し、さらに、あらゆるデバイスからのアクセスも実現する。 Dropbox 自身は、Amazon S3ストレージ上に全てを配置し、天空の巨大ハード・ドライブへつながる入口の役を務める。

Rodriguez says Dropbox is to Amazon storage as a USB stick is to a hard drive: It puts a user-friendly front end onto what is essentially an inscrutable block of storage.

Rodriguez は、 Amazon ストレージに対する Dropbox の役割について、ハード・ドライブに対する  USB スティックみたいなものだと言う。 つまり、本質的に計り知れないストレージ・ブロックの上に置かれた、にユーザ・フレンドリーなフロント・エンドとなる。

The discussion is relevant again because Google is apparently getting ready to launch its own Dropbox killer. But Rodriguez doesn’t think Google has a shot here. But Microsoft? That’s another story.

この論点が関心を集めているのは、Google が Dropbox キラーを送り出す準備を整えているからだ。 ただし Rodriguez は、ここで Google がヒットするとは考えていない。 しかし、Microsoft は? そこには、別のストーリーがある。

“Right now [all these companies] want to be the new Dropbox, but Microsoft is the only company I see as being able to do that,” Rodriquez said in an interview Friday. Microsoft has the front-end smarts to make the on boarding easy. (Outside of Azure, Microsoft already fields SkyDrive consumer storage.) And, unlike many other tech companies, it also has massive amounts of back-end storage in its data centers. It has both the USB stick and the hard drive.

「まさに、いま、[それら全ての企業]が、新しい Dropbox になりたがっているが、それを実現できる唯一の企業は Microsoft だけだと、私は見ている」と、Rodriquez は金曜日のインタビューで発言している。 Microsoft の持つスマートなフロントエンドにより、容易な利用が実現される。 (Azure の以外では、すでに Microsoft は SkyDrive コンシューマ・ストレージを運用している) そして、数多くのテクノロジー企業とは異なり、自身のデータセンター内に、巨大なバックエンド・ストレージを有している。 つまり、USB スティックとハード・ドライブの両方を持っていることになる。

imageNasuni is in a pretty good position to judge the relative merits of these public cloud platforms: It gauges the reliability and availability of all the major cloud storage guys and chooses the highest quality cloud storage provider for its customers. It then monitors clouds storage performance, availability and reliability and if it detects problems move customers’ data to another clouds (nondisruptively.) A few months ago the company released a report that put Amazon and Microsoft at the top of a very competitive heap of cloud storage providers, with Amazon edging out Microsoft for the top slot. Ever since then, Microsoft has been all over Nasuni about how to improve its offering, he said.

Nasuni のポジションは、これらのパブリック・クラウド・プラットフォームを相対的に比較し、それぞれのメリットを判断するのに最適である。つまり、主要なクラウド・ストレージの信頼性と可用性を測定し、その顧客に対して、最も高品質のクラウド・ストレージ・プロバイダを選ぶビジネスを展開している。 そして、クラウド・ストレージの性能/可用性/信頼性をモニターし、問題を検出された場合には、顧客データを別のクラウドに移行している(稼動状態は維持)。 数カ月前に同社は、きわめて激しく競い合う膨大なクラウド・ストレージ・プロバイダの中から、Amazon と Microsoft をトップと評価するレポートを発表した。 詳細を言うと、わずかに Amazon が、Microsoft に勝利するという状態であった。 そのとき以来、Azure の改善について、Microsoft は Nasuni に対して、熱心にアピールしていると、彼は発言している。

That’s fairly typical of Microsoft which is, in my opinion, at its best when it’s not in the power position and at its worst when it leads the pack.  Many would argue that Microsoft’s strongest efforts are in its mobile phone OS, where it is a decided underdog, and Azure. Where it leads the pack — as in Office and Windows —  things can get sloppy. As we saw with Office feature bloat and, well, remember Vista?

私の意見として、パワーと発揮できないときは最高の状態であり、先頭に立つときいは内容が最悪というのは、いかにも Microsoft らしい。  多く人々が、Microsoft はモバイル OS に、最も注力していると指摘ずるだろうが、そこでは依然として敗者であり、そして Azure がいる。Office や Windows のように、Azure も先頭に立つと、内容が劣化するのかもしれない。 Office の膨れ上がった機能を見るたびに、Vista を思い出さないか?

Microsoft Azure overall has not gotten as much traction as expected as a PaaS, he said, but the infrastructure is so solid and scalable that Microsoft can profit even in the extremely thin margins afforded by plain-old-but-very-important  cloud storage.

全体的に見て、Microsoft Azure は PaaS として、予想どおりの推進力を得ていない。しかし、そのインフラストラクチャは、きわめて強固でスケーラブルであり、簡素な旧式であっても非常に重要なクラウド・ストレージにより、Microsoft に対して広くて浅い利益ををもたらすと、彼は言う。

Photo courtesy of Flickr user D.Begley

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexこの、Azure におけるストレージの素晴らしさに関しては、2010年5月の「メジャー・クラウドの比較テスト Part_1 : 性能は Amazon S3 と Azure が圧勝」と、2011年12月の「クラウド・ストレージ の性能 – チャンピオンは Amazon S3 と Microsoft Azure」で、二度ほど取り上げています。 そして、後者のポストは、今回のレポートにある、Nasuni によるものです。 なるほど、良い視点ですと、納得していまう Nasuni の指摘ですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google Drive は、もう1つの Dropbox では無いのだ!
Linux を Azure に! OSS のエキスパートを求める Microsoft
Microsoft が新たに考えるべき、post-PC 時代の Office とは
次期 Windows Phone には、Windows 8 が搭載されるらしい

%d bloggers like this: