Agile Cat — in the cloud

OSS のスキルは、エンジニアの人生を豊かにする

Posted in .Selected, Linux, Research by Agile Cat on February 20, 2012

Open-source skills best hope for landing a good job
http://wp.me/pwo1E-3W7
But don’t rip up your Microsoft Certified IT Professional papers yet
By
Matt Asay , 29th November 2011
http://www.theregister.co.uk/2011/11/29/open_source_and_the_job_market/

_Register

In the midst of a weakening global economy and rampant uncertainty as to when the recession will lift from North America and Western Europe, one thing is certain: open-source technology skills may be the best hope for landing a good job. As reported by The Wall Street Journal, open source claims five of the top 10 keywords in Indeed.com’s job listings, with Hadoop, Puppet, Android, and jQuery making the list, along with HTML5, a proxy for various open-source projects like ext-JS, SproutCore, etc.

弱体化している世界経済と蔓延した不確実性の中で、景気後退が North America と Western Europe への拡大するいま、1 つだけ確実なものがある。 それは、オープンソース・テクノロジーのスキルである、良い仕事を得るための、最も大きな期待になるのかもしれない。 Wall Street Journal のレポートによると、Indeed.com のジョブ・リストにおける TOP-10 のうちの 5つを、オープンソースが占めている。それらは、Hadoop/Puppet/Android/jQuery などであり、ext-JS や SproutCore といった、各種オープンソース・プロジェクトのためのプロキシーとして、HTML5 も含まれている。

But before you rip up your Microsoft Certified IT Professional certification, it pays to balance rising trends against dominant technologies. Using Indeed.com, it’s clear to see that interest in open technologies such as Drupal, Hadoop, and jQuery is exploding:

しかし、あなたの Microsoft Certified IT Professional 証明書を破り捨てる前に、最有力のテクノロジーに対応して、上昇しているトレンドを秤にかけてみよう。Indeed.com を使ってみると、Drupal/Hadoop/jQuery といったオープン・テクノロジーに対して、関心が爆発的に高まっているのが明らかになる:

android,ubuntu,jquery,hadoop,drupal Job Trends
Android jobsUbuntu jobsJquery jobsHadoop jobsDrupal jobs

However, the picture becomes a bit murkier when you start adding in search terms like Microsoft’s SharePoint:

しかし、Microsoft の SharePoint といった検索キーワードを加えると、そのチャートは少し陰気になる:

android,ubuntu,jquery,hadoop,drupal,sharepoint Job Trends
Android jobsUbuntu jobsJquery jobsHadoop jobsDrupal jobsSharepoint jobs

And gets even worse when throwing in “Oracle”, “.Net”, and “Windows”:

そして、Oracle/.Net/Windows を加えると、事態は最悪になる:

android,ubuntu,jquery,hadoop,windows,drupal,sharepoint,oracle,.net Job Trends
Android jobsUbuntu jobsJquery jobsHadoop jobsWindows jobsDrupal jobsSharepoint jobsOracle jobs.NET jobs

Obviously, things are moving up for open technologies. Equally obviously, however, they have a long way to go to close the gap on proprietary technologies like Microsoft’s .Net. According to Dice.com’s October job trends report, there’s a serious .Net talent shortage across all major US geographies. Going one step further, Dice.com reports “.Net”, “Peoplesoft”, “Informatica”, “Cobol”, “C#”, “SAP”, and “Oracle DBA” as top search terms for job seekers.

明らかに、オープン・テクノロジーは上昇傾向にある。 しかし、それと同様に明らかなのは、たとえな Microsoft .Net のようなプロプライエタリ・テクノロジーとのギャップを縮めるには、まだ長い道のりが残っていることだ。 Dice.com の、2011年 10月のジョブ・トレンド・レポートによると、アメリカにおける全ての主要年において、大規模な .Net タレントの欠乏が生じている。 さらに Dice.com を見ていくと、求人者リストのトップには、.Net/Peoplesoft/Informatica/Cobol/C#/SAP/Oracle DBA といった検索用語が並ぶ。

Image(4)

Photo via Shutterstock

Proprietary software developers may also need open-source engineering skills. Whether it’s the employer looking for talent, or the talent looking for an employer, proprietary software continues to dominate the job boards.

プロプライエタリ・ソフトウェアのデベロッパーたちも、オープンソース・テクノロジーのスキルを必要とするかもしれない。 とは言え、雇用者が能力を探すにしろ、能力が雇用者を探すにしろ、プロプライエタリ・ソフトウェアがジョブ・ボードを独占し続ける。

But this only tells half the story. Back in 2008, Gartner declared that 80 per cent of all commercial applications would incorporate open-source software by 2012. We may have surpassed that 80 per cent market already. Microsoft, for example, has long included open-source software in its proprietary products, as Lee Gomes reported back in 2001. Oracle, SAP, and every other significant proprietary software developer does the same.

しかし、それは、このストーリーの半分を告げただけである。 2008年の時点に戻ると、すべての商業アプリケーションの 80% が、2012年までにオープンソース・ソフトウェアを取り込む、Gartner が宣言している。 そして私たちは、マーケットの 80% のラインを、すでに超えているのかもしれない。 2001年に Lee Gomes がレポートしたように、たとえば Microsoft は、そのプロプライエタリ・プロダクトにオープンソース・ソフトウェアを、長い時間をかけながら取り込んできた。 Oracle や SAP といった、大手のプロプライエタリ・ソフトウェア開発者も、同じ経緯を持っている。

So while it’s convenient to segregate “open” and “closed” for the purposes of tracking job trends, doing so obscures the larger reality that these same job searches may well betoken demand for open-source engineering expertise to be applied to a proprietary product.

したがって、ジョブ・トレンドのトラッキングにおいては、「オープン」と「クローズ」の分離が便利であるが、そうすることで、プロプライエタリ・プロダクトに適用されるオープンソース・エンジニアリングのための、求職の需要という重要な現実が不明瞭になってしまう。

Sure, you can still see people calling out open source expertise in job listings, but this is a relic of an old-school way of viewing software, one that doesn’t adequately match the realities of today’s increasingly hybridised development.

もちろん、ジョブ・リストの中から、オープンソースに関する専門知識を持った人々を探しだせるが、それはソフトウェアを俯瞰する上で過去の遺物であり、今日のハイブリッド化された開発という現実と、一致しないものになる。

One thing, however, is clear: as much as open source may commoditise software, open-source software talent is hard to commoditise. Some suggest that open source is “software’s labour movement,” keeping value in the people who manipulate technology rather than in the technology itself, and I think there’s a lot of truth to that view. A variety of studies consistently demonstrate open-source savvy developers and IT professionals commanding higher salaries, something that seems not to have changed much even as open source has gone mainstream.

しかし、ある事がハッキリとしてくる。 つまり、オープンソースが ソフトウェアをコモディティ化するのと同じくらいに、オープンソース・ソフトウェアのエンジニアをコモディティ化するのは難しいということだ。何人かの人々が、オープンソースは「ソフトウェア労働におけるムーブメント」であり、そのテクノロジー自身よりも、テクノロジーを取り扱う人々の中に価値を保持すると示唆している。そして私は、こうした視点に、数多くの真実があると思う。 さまざまな調査が、オープンソースに知見のある、デベロッパーや IT Pro が、より高い給料を取得していると、一貫して実情を例証している。オープンソースというキーワードだけでは、多くを変えることのなかった何かが、メインストリームになっているように思える。

So whether you’re developing an open-source project for love or proprietary profit, such expertise should remain in high demand no matter the difficult economy or the continued dominance of Oracle and Microsoft of the enterprise technology market. ®

結論として、あなたが愛のために、あるいは、プロプライエタリな利益のために、オープンソース・プロジェクトを開発していようと、こうした専門的な知識は、低調な経済をものともせず、また、エンタープライズ・テクノロジー市場における、Oracle や Microsoft による継続的な支配にも左右されることなく、大きな需要を持ち続けるはずである。

ーーーーー

TAG indexプロプライエタリ・ベンダーたちは、そのオリジナルのサービースやテクノロジーの中に OSS を隠し持つ。 したがって、プロプライエタリ・ベンダーに務めるにしても、OSS のスキルは役に立つ ・・・ という話なんでしょう。 先日、「Linux を Azure に! OSS のエキスパートを求める Microsoft 」という Mary Jo Foley さんのブログ・ポストを訳しましたが、OSS の有用性が浸透してきた証だと思えます。 そして OSS は、エンジニアの生活を守り、人生を豊かにする概念でもあるのです。 「テクノロジー自身よりも、テクノロジーを取り扱う人々の中に価値を保持する」ってステキな表現ですよね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Linux を Azure に! OSS のエキスパートを求める Microsoft
とっても ラブラブな Linux と Big Data
クラウドは、オープンソースと伴に遍在化していく
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!

Linux Server が お気に入りの Fortune 500 企業は?

Posted in .Selected, Businesses, Linux, Research by Agile Cat on February 20, 2012

Technology: Linux Servers a Favorite at Fortune 500 companies
http://wp.me/pwo1E-3VY
By Dick Weisinger, on February 9th, 2012
http://www.formtek.com/blog/?p=2759

_ formtek

20 years since Linux’s first release, and IDC says that Linux has become a billion dollar segment of the software industry.

Linux の初リリースから 20年が経った。 そして IDC は、ソフトウェア産業における $1 Billion のセグメントに、Linux が到達したと発言している。

The Linux Foundation has recently released a summary of the result of a survey on Linux usage.  Currently, Linux has a 20 percent market share of all server machines in use today.  Over the last year, 84 percent of those organizations have added to their number of Linux servers, and 80 percent expect that they’ll deploy even more Linux machines this year.

最近のことだが、Linux Foundation は Linux の利用に関する調査結果のサマリーを発表した。  現時点において Linux は、実際に使用されている全サーバー・マシンの、20% のマーケット・シェアを有している。  そして昨年は、Linux を使用する組織の 84% が、その数を増やしている。そして今年は、それらの組織の 80% が、さらなる Linux マシンのディプロイを計画している。

imageThe Linux Foundation report admits that “enterprise users who are motivated to take a survey from The Linux Foundation are not an unbiased lot, but the size of these organizations, their buying power and technical prowess – as filtered by The Linux Foundation and Yeoman – can provide important guidance both for Linux vendors and developers, as well as their competitors.”  But respondents to the survey represent some of the largest and most prestigious global corporations, including Morgan Stanley, Goldman Sachs, Bank of America, Bristol-Myers Squibb, NTT, Deutsche Bank, DreamWorks, ADP, Bank of New York, NYSE, NASDAQ QMX, Goodrich, MetLife, and AIG.

Linux  Foundation のレポートは「Linux Foundation からの調査に積極的に答えたエンタープライズ・ユーザーは、無作為に選ばれたものではないが、この規模の組織は、テクニカルなパワーと能力を外部から買い求めている。 Linux  Foundation と Yeoman がフィルタリングしたように、それらのタレントは、Linux のベンダーとデベロッパーだけにではなく、そのコンペティタに対しても、重要なガイダンスを提供できる」と認めている。  そして、この調査に回答した、大規模で署名なグローバル企業の中には、Morgan Stanley/Goldman Sachs/Bank of America/Bristol-Myers Squibb/NTT/Deutsche Bank/DreamWorks/ADP/Bank of New York/NYSE/NASDAQ QMX/Goodrich/MetLife/AIG などが含まれる。

The two reasons most cited for why organizations select Linux over alternative server operating systems is cost and technical superiority.  The three recent trends that are further driving the demand of Linux are cloud computing, virtualization and Big Data.

各種の サーバー OS の代わりとして、Linux が選択される 2つの理由としては、コストとテクノロジーにおける優越性が挙げられている。そして更に、Linux への要求を促進させる、最近の 3つのトレンドとしては、クラウド・コンピューティング/仮想化/Big Data が挙げられている。

ーーーーー

TAG indexここで指摘されている、Linux の利点は、大量のサーバーを用いるサービスとビジネスにおいて、考えるべき事柄をキレイに抽象化した、ものすごく重要な要素だと思えます。 昨年の 9月に、やはり Formtek から「OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!」というポストを選んで訳しましたが、そこからも期待の度合いが分かります。よろしければ、以下の関連もあわせて、ご覧下さい。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

とっても ラブラブな Linux と Big Data
クラウドは、オープンソースと伴に遍在化していく
Red Hat は語る – Google や Facebook は、Linux と OSS に借りがあるはずだ
5 年前にはアレがなく、10 年前にはコレがなく、15 年前には何もなかった
2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する

%d bloggers like this: