Agile Cat — in the cloud

Google Drive は、もう1つの Dropbox では無いのだ!

Posted in .Selected, Google by Agile Cat on February 16, 2012

Fabled Google Drive Won’t Be Another Dropbox
http://wp.me/pwo1E-3Vq
By
Jon Mitchell / February 9, 2012 11:00 AM
http://www.readwriteweb.com/archives/fabled_google_drive_wont_be_another_dropbox.php

_ Read Write

The Wall Street Journal has revived rumors about Google launching a cloud storage service called Drive. The comparison everybody wants to make is to Dropbox. The thinking is that Google will challenge everyone’s favorite start-up by releasing a native desktop and mobile Drive app with the same syncing features Dropbox users know and love.

Wall Street Journal が、Google Drive という名のクラウド・ストレージ・サービスの立ち上げという、囁き続けてきたウワサを再燃させた。 そして、誰もが望むのは、Dropbox との比較である。そこで考えるべきことは、ユーザーが熟知し好んでいる Dropbox と同じ同期の機能を持った、Drive 対応のネイティブ・デスクトップと モバイル・アプリケーションをリリースすることで、広く支持されているスタートアップに対して、Google がチャレンジしていくということだ。

Google Drive rumors have been around for many years, and they’ve always conformed to the understanding of “The Cloud” that has prevailed at the time. If it’s not like Apple’s iCloud, which is integrated into Apple’s devices, then it must be like Dropbox, which lives on the Web but syncs through a client. But think outside the box for a minute. Google has new and unique cloud services that Dropbox and Apple don’t. There’s room for a third, stand-out option here.

Google Drive については、何年もウワサされていたが、クラウドの普及する時という考え方に、Google は常に従ってきた。 その Drive が、Apple デバイスに統合される iCloud と異なる形態になるなら、Web に置かれクライアントを介して同期する、Dropbox のようになるはずである。 しかし、こうした考え方から、少し離れてみたいと思う。 Google は、Dropbox や Apple が実現していない、新しくてユニークなクラウド・サービスを展開する。ここに、第三極としての、際立った選択枝がある。

Google already has a browser-based file system, Google Docs. It originated as a sort of word processor in the cloud, but it can actually handle and store many kinds of files, such as PDFs, JPEG images, MPEG audio and video, and it’ll handle pretty much anything containing text. That does make it a pretty compelling stand-in for Dropbox when it comes to simply storing files.

すでに Google は、ブラウザベースのファイル・システムである Google Docs を持っている。 その起源は、クラウド上のワード・プロセッサの類であるが、 実際には PDF/JPEG Image/MPEG Audio and Video といった多種多様なファイルをハンドリングし、また、テキストを含むものあれば、何でも対応するようになるだろう。 単なるファイルのストアという話であれば、こうした特質は、Dropbox に対して説得力のある対案となる。

It even has a nice disk drive icon now, after last year’s Google makeovers. Google Drive, indeed:

そして更に、昨年における Google の変貌の後、いまでは、素敵なディスク・ドライブ・アイコンすら提供されている。 たしかに、Google Drive である:

クリックで拡大 ⇒ 

Are people already using Google Docs as a cloud drive? Spanning, a company that provides backup for Google apps users (not just Google Apps users; free customers, too), took a look into how thousands of people are using it, and it studied their use to better optimize its services. Consequently, it has some insights into Google apps users to share.

すでに人々は Google Docs を、クラウド・ドライブとして使用しているのだろうか? 全体的に見て、Google アプリケーション・ユーザー(Google Apps + Free ユーザーに対して)にバックアップを提供している企業は、何千という人々の用法を確認し、対象となるサービスを最適化するために、その使い方を学習する。したがって、Google アプリケーション・ユーザーが共有するものへの、いくつかの洞察力が備わっている。

Spanning has found that over half of the files in their customers’ Docs accounts were not Google Apps-created. They were PDFs, audio, video, photos and Microsoft Office files. By file size, non-Google files comprised over 85% of the stuff people stored in their Docs accounts.

俯瞰してみると、顧客の Docs アカウントにおけるファイルの、50% 以上が Google Apps 以外で作成されたことが分かった。それらは、PDF/Audio/Video/Photo/Microsoft Office などのファイルである。 ファイルのサイズで見ると、人々が Docs アカウントにストアしていたデータのうち、Non-Google ファイルが 85% 以上を構成している。

So, at least for the use case of storing files, lots of people are already using Google Docs instead of Dropbox. What Docs does that Dropbox doesn’t is allow users to create and edit certain kinds of files. If you use Google Docs as your cloud document service, you’re probably using it to make and work on documents, too. That’s more than Dropbox can offer, standing on its own. (We’ll get to apps built on top of Dropbox in a minute.)

そして、このファイル・ストアのユース・ケースでは、たくさんの人々が Dropbox ではなく Google Docs を使っている。 Dropbox では不可能で、Docs では可能なのは、ユーザーが特定のファイルを作成/編集できることである。Google Docs をクラウド・ドキュメント・サービスとして使用する場合には、おそらく、ドキュメントに関する作成と作業のために、それを使うだろう。 つまり、Dropbox が提供するものよりも、ドキュメントを取り扱うという役割の上に成り立っている。 (ただし、Dropbox 上に構築されるアプリケーションも、すぐに出てくるだろう)

Search, plus Your World

There’s a new Google product that didn’t exist last time the Google Drive rumors surfaced. It’s Google. Or rather, it’s Google+. On January 10, Google revealed Search, plus Your World, which threw everybody for a loop. If you don’t understand that Google+ is the user-centric backbone of Google itself now, it doesn’t make sense that this one side of Google search has stuff from this weird social network in it.

Google Drive のウワサが最後に表面化したときには存在していなかった、新しい Google プロダクトがある。 それが、Google である。 いや、Google+ である。 1月10日に Google が明らかにした Search と Your World は、すべての人々を取り込むための手段である。Google 自身にとって、Google+ がユーザー・セントリックなバックボーンであると理解しないなら、Google Search における 1つの局面で、ソーシャル・ネットワークから奇妙なものを取り込んでいることは、あなたにとって意味を持たないだろう。

While this early stage of Search+ is definitely about putting Google+ in users’ faces, that’s not what the message is. “Your World” does not consist solely of YouTube videos shared on social networks. Google’s personalized search also tries to figure out what a search means to you, so it can return something more meaningful. It’s two modes of search: Global mode searches the indexed Web, and personal mode tailors it to you.

Search+ のアーリー・ステージにおいて、ユーザーの画面に Google+ が例外なく入り込んでくるが、それを説明するメッセージはない。 Your World は、ソーシャル・ネットワーク上で共有される、YouTube ビデオだけで構成されるのではないのだ。 さらに、Google のパーソナライズされた検索は、あなたの考える検索を理解しているため、さらに有意義な情報を返すことができる。 そこには、2つの検索モードがある。つまり、グローバル・モードではインデックス化された Web が検索され、パーソナル・モードでは、あなた自身に合わせた検索が行なわれる。

クリックで拡大 ⇒ 

How much more useful would this be if Google’s personalized search had your files in it? If your Google Drive contained your documents and music and other local files, they could show up in your personalized search results. If you couldn’t remember whether you read something online or in a document you downloaded, Search+ could find both. Now we’re giving meaning to the “Your World” part.

Google のパーソナライズされた検索の中に、あなたのファイルが存在している場合に、どれほどの有用が生じるのだろうか? Google Drive の中に、ドキュメントやミュージックといったローカル・ファイルが含まれるなら、パーソナライズされた検索の結果として、それらが表示されることになる。 探しものが、オンライン・ドキュメントにあるのか、ダウンロード・ドキュメントあるのか、思い出すことができない場合でも、Search+ であれば双方から検索してくれるだろう。いま、私たちは、その Your World の部分に意味を与えているのだ。

Dropbox has search, but it only contains part of what you’re looking for when you search “your world.” It’s more useful as one of many services in a third-party cloud search app like Greplin, which also logs into Google apps and searches across. Google’s new social signals run through all its services now, so if it’s in your Google cloud, Google search will find it, period.

Dropbox も検索を持っているが、Your World から探しものをするとき、その一部を検索するだけである。また、サードパーティー・クラウド検索アプリケーションとして、Google アプリケーションにログインし、それを横断するかたちで検索する、Greplin なども有用である。 Google の新しいソーシャル・シグナルは、その全てのサービスに浸透し始めている。 したがって、Google クラウドに、それがある場合には、Google 検索により、それが発見されることになる。 この話については、とりあえず、ここまで。。。

Dropbox Is A Platform. It’ll Be Fine.

Between Docs and Search+, whatever Drive Google eventually ships (whether it’s in a few weeks or another X years) will have lots of unique capabilities that make it a different beast from Dropbox. That’s exactly the way Dropbox wants it.

Docs と Search+ の間に、Google Drive が最終的に提供するもが何であれ(来週に出てくるかもしれないし、数年後に出てくるかもしれない)、Dropbox とは異なる、ユニークでカッコ良い、たくさんの機能を実現するだろう。それは、まさに Dropbox が欲する未来でもある。

Image(329)

Dropbox turned down insane amounts of money from Apple, because it didn’t want to get rolled in as a feature of one integrated system. That’s why iCloud doesn’t work like Dropbox. Apple wanted cloud syncing that was just there, so users don’t have to know where their files are. Developers in the Apple ecosystem can just hook into iCloud. Their applications become Apple-specific. In exchange, they get free marketing in the App Store, and if Apple is feeling generous it features their apps as the App Of The Week or something.

Dropbox が Apple からオファーされた、正気とは思えない資金提供を断ったのは、特定の統合システムの機能として、役割を担うものではないからだ。 iCloud が Dropbox のように機能しない理由も、そこにある。 Apple は、そこに存在するものを同期するクラウドを欲した。 したがって、ユーザーはファイルの置き場所を知らなくてもよい。Apple エコシステムのデベロッパーだけが、iCloud への接続を実現する。 そして、それらのアプリケーションは Apple 仕様になる。それと引き換えに、彼らは App Store での自由なマーケティングを得る。 そして Apple が、気に入っている場合は、App Of The Week といったかたちで、そのアプリケーションがフィーチャーされる。

Dropbox said “no” to all that. It wants to be the next Apple or Google, and its valuation seems optimistic about that possibility. Apple’s cloud is totally integrated with its devices, using hardware as the platform. Google’s cloud is integrated with its services, using the Web as a platform. Dropbox is a platform.

Dropbox は、その全てに対して No と答えた。 彼らは、次の Apple や Google になりたいと望むが、そのような考え方は、確率からいって楽観的に思われる。 Apple のクラウドは、プラットフォームとしてのハードウェアを用いて、彼らのデバイスと統合される。 Google のクラウドは、プラットフォームとして Web を用いて、彼らのサービスと統合される。 そして Dropbox は、1つのプラットフォームである。

Dropbox lets different clients on different systems read and write to it. Dropbox doesn’t have a Google Docs because anyone can build a word processor on top of it. We can build a thousand word processors on top of it, and if they can all read the same file format, they can all work together. Dropbox’s platform ubiquity is what it’s all about, and that’s why Google (and Apple) can’t copy it.

Dropbox は、それぞれのシステム上の、それぞれのクライアントに、ファイルの Read/Write を行なわせる。 つまり、Dropbox は、その上に誰もがワード・プロセッサーを構築できるという理由により、Google Docs を必要としない。 また、私たちは、数えきれないほどのワードプロセッサーを、Dropbox 上に構築できる。 そして、それら全てが共通のファイル形式を読み込めるなら、すべてが協調して機能していく。 Dropbox におけるプラットフォームの遍在性は、すべてに対するものとなる。そして、それは、Google や Apple が真似できない根拠となっている。

Lead photo: AHMAD FAIZAL YAHYA / Shutterstock.com

See Also

ーーーーー

TAG index最近、Google が難しくなってきて、使い方が よく分かりません :) その理由は、この記事に書かれているように、Google+ を軸とした各種サービスの統合にあるのだと思います。 それと、先日の Gigaom に、Twitter CEO: Google has all the data they need という気になる記事がありました。 そこでは、Twitter の CEO である Dick Costolo が、「Google crawls us at a rate of 1300 hits per second… They’ve indexed 3 billion of our pages,,, They have all the data they need. Both of us wanted a value exchange where it wasn’t just about money, 」と発言しています。 「金ではないよ」と言いつつも、なんらかの取引が、両者の間にあったようで、Twitter と Google が連携する可能性が示唆されているのです。 そして、今回の Google Drive では、Docs の資産を活用した戦略を展開し始めたようです。 それら全てをひっくるめての、[ Your World ] なのでしょう。 なにかと気になる、最近の Google の動きです。 ーーー ac-stamp-25

ーーーーー

<関連>

Google+ のトラフィックとユザー数が、昨年末にかけて伸び始めている
Google が IBM からの特許取得を拡大 – Oracle への反撃は?
YouTube が Disney と Pixar のレンタル権を取得
Google Music Store を総括すると、笑うのはユーザーとアーティスト
Google App Engine が本格運用に入るが、これまでと何が変わるのか?
Google Cloud SQL は、MySQL ライクな UI と、DC 間同期をサポートする
Google の 3つの世代を振り返る – Batch, Warehouse, Instant

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: