Agile Cat — in the cloud

Citrix の CloudStack 3 がデビュー! すべての規模のユーザーにセキュアな OSS クラウドを

Posted in .Selected, Cloud Stack, OpenStack by Agile Cat on February 14, 2012

Citrix debuts CloudStack 3 open source cloud platform to customers of all sizes
http://wp.me/pwo1E-3V2
Monday, 13 February 2012 08:26
http://www.wwpi.com/index.php?option=com_content&view=article&id=14267:citrix-debuts-cloudstack-3-open-source-cloud-platform-to-customers-of-all-sizes-&catid=324:breaking-news&Itemid=2701735

image

Citrix Systems Inc. announced Monday general availability of Citrix CloudStack 3, an open source cloud platform under the Citrix brand. CloudStack powers over $1 billion in revenue for more than 85 large scale production clouds, including some of the biggest brands in the industry. With the new CloudStack 3 release, Citrix brings the power of true Amazon-style clouds to customers of all sizes. Enterprise users who want to build clouds the way successful clouds are built, can transform virtualized data center resources into automated, elastic, self-service clouds.

Citrix Systems Inc. は月曜日(2/13)に、同社ブランドで展開するオープンソース・クラウド・プラットフォームである Citrix CloudStack 3 の、一般での利用が可能になったとアナウンスした。 CloudStack は、85 以上の大規模プロダクション・クラウドにおける、$1 billion の収益に貢献しており、その中には業界最大のブランドもいくつか含まれる。 今回の新しい CloudStack 3 のリリースにより、Citrix は本質的な面において Amazonスタイルのクラウド・パワーを、すべての規模の顧客にもたらす。 エンタープライズ・ユーザーが、成功したクラウド構築の事例にしたがって自らのクラウドを構築していく場合に、エラスティックでセルフ・サービスのクラウドの中で、仮想化されたデータセンター・リソースを自動化していける。

imageCitrix CloudStack is a key component of the Citrix cloud computing portfolio, providing customers with solutions that make it easy to Build new clouds, Connect to existing cloud services, and Deliver any cloud with the best security, performance and reliability. The Cloud Era is built on a completely different set of assumptions than past generations of IT – in fact, many of the exceptions from the PC era now represent the norm in the cloud era. This is forcing enterprise IT organizations to reevaluate IT strategies, causing them to search for lower costs, greater capacity and improved agility. The Citrix cloud portfolio is designed to help customers accelerate this Cloud Era innovation by making inexpensive compute power accessible to anyone, allowing people to work from anywhere any device, and enhancing business agility.

Citrix CloudStack は、Citrix クラウド・コンピューティング・ポートフォリオのキー・コンポーネントであり、新規クラウドの構築および、既存クラウド・サービスの接続、そして、各種クラウドでベストなセキュリティ/パフォーマンス/信頼性を容易に実現するソリューションを、顧客に提供していく。 Cloud Era は、過去の IT 世代とは完全に異なる、仮定の上に構築される。 実際に、PC 時代から引きずられてきた数多くの例外が、いまではクラウド時代における標準を表している。それにより、エンタープライズ IT 組織は、その IT 戦略の再評価を強制され、その結果として、より低いコストと、より大きい容量、そして、改善されたアジリティを生み出している。Citrix のクラウド・ポートフォリオは、 誰もが低価格のコンピューティング・パワーにアクセスできるようすることで、Cloud Era におけるイノベーションを加速するのようデザインされている。それにより人々は、場所とデバイスを選ぶことなく、ビジネス・アジリティを拡張していく。

Since its introduction, CloudStack has been used for building, managing and delivering highly scalable infrastructure-as-a-service clouds for a range of customers such as Datapipe, Edmunds.com, IDC Frontier, Nokia Research and Zynga.

CloudStack は、その立ち上げ時期から、Datapipe/Edmunds.com/IDC Frontier/Nokia Research/Zynga といった広範囲におよぶ顧客において、きわめてスケーラブルな IaaS クラウドを、開発/管理/展開するために使われてきた。

CloudStack is designed to ensure organizations can build production cloud environments on a platform designed for economics, elasticity and scale. It is not a traditional enterprise server virtualization platform with cloud-like management layers on top. Rather, it was designed from the ground up as an open, multi-hypervisor platform to help customers build public and private clouds.

CloudStack により顧客であるユーザーは、エコノミー/エラスティック/スケールのためにデザインされたプラットフォーム上で、プロダクション・クラウド環境の構築を保証される。それは、従来からのエンタープライズ・サーバーのトップに、クラウド・ライクなマネージメント層を配置した、単なる仮想化プラットフォームとは異なるものである。 どちらかと言えば、パブリック/プライベート・クラウドを構築するた顧客を支援するために、マルチ・ハイパーバイザのオープン対応のオープン・プラットフォームとして、最下層からデザインされている。

While maintaining a commitment to being hypervisor agnostic with support for leading platforms such as KVM, OVM, vSphere and Xen, CloudStack 3 includes a cloud-optimized version of Citrix XenServer 6 as a core integrated feature. With four of the top five world’s largest public clouds in production (Amazon, Rackspace, GoGrid, Softlayer) leveraging XenServer or Xen as the virtualization platform of choice, this unification brings new levels of scale, manageability, security, multi-tenancy, and virtual switching integration that is currently unavailable in traditional enterprise virtualization solutions from other vendors.

KVM/OVM/vSphere/Xen といった最先端のプラットフォームを、不可知論に基づきサポートするハイパーバイザであることの約束を持続する一方で、CloudStack 3 は、Citrix XenServer 6 のクラウドに最適化されたバージョンを、コア・インテグレートする機能を包含している。世界の5大のプロダクション・パブリック・クラウドのうち 4つが(Amazon/Rackspace/GoGrid/Softlayer)、その仮想化プラットフォームとして XenServer あるいは Xen を選択している。 この単一化により、新しいレベルのスケール/マネージャビリティ/セキュリティ/マルチ・テナンシー/仮想スイッチ統合がもたらされる。それは、他のベンダーが提供する、従来からのエンタープライズ仮想化ソリューションでは、現時点で利用できないものである。

imageAs Networking-as-a-Service (NaaS) becomes a key differentiator for providers looking to deliver advanced enterprise solutions in the cloud, CloudStack 3 now provides tight integration with Citrix NetScaler, delivering a fast, secure, reliable cloud experience for an estimated 75 percent of all internet users each day. CloudStack supports NetScaler SDX and VPX appliances, and makes it easy to extend network level integration to products like Citrix CloudBridge and Citrix CloudGateway. This brings virtual networking to a new level, ensuring increased security, performance and connectivity between public and private clouds that are delivered as integrated services within the platform.

クラウドで最先端のエンタープライズ・ソリューションを提供するプロバイダたちにとって、Networking-as-a-Service (NaaS)  が主たる差別化要因になるとき、今回の CloudStack 3 が提供する Citrix NetScaler とのタイトなインテグレーションにより、全体の7 5% と推定されるインターネット・ユーザーに、高速/セキュア/高信頼性を有したクラウド・エクスペリエンスが提供される。 CloudStack は、NetScaler SDX と VPX アプライアンスをサポートし、また、Citrix CloudBridge と Citrix CloudGateway といったプロダクトの、ネットワーク・レベルでの統合を容易に拡張する。それにより、仮想ネットワークに新しいレベルがもたらされ、このプラットフォーム上の統合サービスとして提供される、パブリック/プライベート・クラウド間での、セキュリティ/パフォーマンス/接続性の増大が保証される。

In addition to NetScaler integration, CloudStack continues to build upon its rich and flexible network offerings by enabling service providers to upsell network services through the creation of custom catalogs of network service options. This capability, a first among cloud platform providers, enables cloud administrators to follow a cloud implementation model that best fits their environment and workloads. The new CloudStack 3 release reflects this focus with a brilliantly simple out-of-the-box user experience that enables even the most novice cloud user to quickly build, launch and manage their workloads on the cloud. The combination of self-service administration, coupled with advanced orchestration and automation, enables new IT services to be delivered in minutes, instead of weeks.

NetScaler インテグレーションに加えて、CloudStack は、リッチでフレキシブルなネットワークの構築を継続するが、それらは、ネットワーク・サービス・オプションにおけるカスタム・カタログのその作成を介して、サービス・プロバイダたちによる高価なネット・ワークサービスの販売により実現される。各種クラウド・プラットフォーム・プロバイダの中で、こうした機能が最初に提供されたことで、顧客自身の環境とワークロードにベスト・フィットするクラウド実装モデルを、クラウド・アドミニストレータは追いかけることができる。 今回の CloudStack 3 のリリースは、素晴らしくシンプルな out-of-the-box ユーザー・エクスペリエンスへのフォーカスを、反映したものになる。それにより、大半を占める初心者クラウド・ユーザーであっても、対象となるクラウド上のワークロードを、迅速に開発/展開/管理できるようになる。 セルフ・サービスのアドミニストレーションと、いくつかのオーケストレーションとオートメーションが組み合わされることで、新しい IT サービスに数分で提供されることになる。 もう、何週間もの期間は不要になる。

CloudStack 3 new supports Swift, the OpenStack object-storage technology for creating redundant, scalable object storage using clusters of standardized servers to store petabytes of accessible data.

新しい CloudStack 3 では、OpenStack のオブジェクト・ストレージ・テクノロジーである  Swift がサポートされる。それにより、アクセス可能なペタバイト・データをストアするために、標準化されたサーバー・クラスタを利用する、冗長性とスケーラビリティに優れたストレージを作成できる。

Citrix is also unveiling a Citrix Cloud Community Program, which introduces over 2,200 products and services that are Citrix Ready verified to work with Citrix cloud solutions. The program showcases large number of technology companies and service providers who are partnering with Citrix to build the largest cloud computing ecosystem in the industry.

さらに Citrix は、Citrix Cloud Community Program について明らかにした。 そこでは、Citrix クラウド・ソリューションででの動作を検証された、2,200 種類以上の Citrix Ready プロダクト/サービスが紹介されている。 このプログラムは、業界最大のクラウド・コンピューティング・エコシステムを構築するために Citrix と提携する、テクノロジー企業とサービス・プロバイダのための、広大なショーケースを目指している。

CloudStack 3 beta is currently available for download.

CloudStack 3 に関しては、現時点でベータのダウンロードが可能となっている。

 

ーーーーー

imageついに、CloudStack 3 がデビューですね。 日本でも、IDC Fontier で採用されたり、クリエーションライン、ミドクラ、ジェミナイの三社提携があったりと、その注目度を高めています。 今後の展開に期待したいですね。 それにしても、CloudStack と OpenStack の関係って、いったい、どうなっているんでしょうかね? :)  誰か、教えて ~~~  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Citrix が Cloud.com を買収!
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!

 

Microsoft が新たに考えるべき、post-PC 時代の Office とは

Posted in .Selected, Microsoft, Mobile by Agile Cat on February 14, 2012

Microsoft reinvents Office for the post-PC era
http://wp.me/pwo1E-3UW
2012/01/30 – By
Joe Wilcox
http://betanews.com/2012/01/30/microsoft-reinvents-office-for-the-post-pc-era/

_ beta news

Not since Office 2003 has Microsoft taken such an “ambitious undertaking” to reinvent the productivity suite. Today, PJ Hough, CVP of development for Microsoft’s Office division, announced the “technical preview” for the suite’s next version and then rudely announced it’s “already full”. Oh yeah? Why the frak tell us about it then?

Office 2003 以来、Microsoft はプロダクティビティ・スィートの新たな考案という、「壮大な事業」に取り組んでこなかった。そして、今日、 Microsoft Office ディビジョンの CVP of Development である PJ Hough は、 そのスイートの次期バージョンの「テクニカル・プレビュー」を発表し、唐突にも「すでに完全」と付け加えた。 えぇ? なんで、そんな事を言うの? それで?

It’s that ambitious undertaking thing: “First time ever, we will simultaneously update our cloud services, servers, and mobile and PC clients for Office, Office 365, Exchange, SharePoint, Lync, Project and Visio”, Hough claims. There’s more to that boast than marketing. Microsoft is prepping Office for the cloud-connected, post-PC era. Suddenly Office 15 is going to be a big release.

それこそ、壮大な事業である。 つまり、「初めて、私たちは、クラウド・サービスおよび、サーバー、そして Mobile と PC のためのクライアント(Office/Office 365/Exchange/SharePoint/Lync/Project/Visio 用)を、同時にアップデートすることになるだろう」と、Hough が主張しているのだ。 さらなる自慢話があるが、それは、もう、マーケティングの域を超えている。 Microsoft は、クラウドに接続された、ポスト PC 時代の Office を準備している。 突如として、Office 15 は、ビッグ・リリースになっている。

Office System grows Up

Closest comparison is Office 2003, when Microsoft rebranded the suite as a “System” that included more back-end server software and collaboration features. That release reinvented Office as the top of Microsoft’s server stack and gateway to back-end business processes of all kinds. Released around the same time, 2003 versions: Exchange, InfoPath, SharePoint and Windows Server, among others.

拡張されたバックエンド・サーバー・ソフトウェアと、コラボレーションのためのきのを含んだ “System” として、そのスイートのブランドを Microsoft が再構成するとき、最も比較すべき対象は Office 2003 になる。 そのリリースは、Microsoft のサーバー・スタックにおける最上位層として Office を再定義し、すべての種類のバックエンド・ビジネス・プロセスへのゲートウェイにすることになる。Version 2003 として、同時期にリリースされたものには、 Exchange/InfoPath/SharePoint/Windows Server などがある。

Microsoft is lining up many of the same supporting server software for simultaneous release and in the case of Windows Server 8 sooner. What’s different now: Office 365 and hosted off- or on-premise versions of server products, expansion of cloud capabilities and inclusion of mobile products. Yes, this is where you can wonder if Office 15 will be available for iPad (more on that in the last paragraph).

Microsoft は、数多くのサーバー・ソフトウェアのリリースに際し、さらには、近々と言われる Windows 8 Server のケースにおいても、それらを等しくサポートするための準備を進めている。 現状と異なるものとしては、Office 365 および、サーバー・プロダクトのオンプレミス・バージョンに関するホスティングの有無、クラウド機能の拡張、そして、モバイル・プロダクトの包含などがある。 Office 15 の、iPad 対応も、気になるところだ(文末で詳細を解説)。

During the 2003 release cycle, Microsoft put less emphasis on individual applications and product features and more emphasis on what people could do with Office System. Expect reaffirmation of that approach as Office 15 development proceeds. Microsoft wants to blur the difference between individual functions and features with end-user and broader corporate benefits. That’s across devices — from smartphone, to tablet, to laptop to, well, whatever. Expect Office 15 to be squarely focused on anytime, anywhere computing on anything. Like Microsoft started with Office 2003 and continued with the next two releases, there will be greater emphasis placed on data and how to maximize it — wherever it is or needs to be — rather than product features. Think continuum.

Office 2003 ベースのリリース・サイクルにおいて、 Microsoft は個別のアプリケーションやプロダクトというより、Office System を用いて実現できるものに注力してきた。 Office 15 の開発が進むにつれて、そのアプローチが最確認されると予想しよう。 Microsoft は、エンドユーザー広範囲におよぶ企業のメリットを用いて、個々の機能と全体的な機能の差異を、曖昧にしていきたいと望むだろう。 それは、スマートフォンから、タブレットや、ラップトップにまでいたる、あらゆるデバイスを横断するものになる。 Office 15 がフォーカスするコンピューティングは、Anytime/Anywhere/Anything に対して、正面から取り組むものになると予想すべきだ。 Microsoft が Office 2003 を構築し、その後に 2回のリリースが続いたときと同様に、プロダクトの機能よりも、データを最大限に活用(必要とされる、あらゆるデバイスで)する点に、注力してくれるだろう。 続けて、考えていこう。

The original Office System strategy proved hugely successful because of dependencies. To get the full benefits of Office, businesses typically had to buy more software, particularly on the server. The strategy also transformed how businesses buy Office. Today, about 60 percent of Microsoft Business Division revenues come from volume-licensing contracts. By comparison, 75 percent of Windows sales come from OEMs or one-off sales to businesses or consumers.

オリジナルの Office System 戦略は、依存性という観点で、きわめて成功したと証明されている。Office がら、最大のメリットを得るために、一般的な企業は、とりわけサーバー用のソフトウエアを、数多く購入せざるを得なかった。そして、 その戦略により、企業における Office 購入の方式が変化した。 今日、Microsoft Business Division のおける売上の約 60% が、ボリューム・ライセンス契約からもたらされている。それに対して、Windows の販売における 75% は、企業/個人ユーザーを対象とした、OEM あるいは One-Off セールスから生じている。

There are lots of similarities between cloud computing subscriptions and software volume licensing contracts. They’re booked differently but essentially mean the same thing to customers, who agree to pay Microsoft X dollars for Y time period. Licensees typically, but not always, retain rights to software after their contractual period expires. Subscriber rights end when payments stop. Several times, Microsoft unsuccessfully tried to move Office to a subscription model (there is some limited availability, however, for select segments). But the cloud changes everything. Expect Microsoft to begin talking about much more blended licensing and subscription options as Office 15 System’s release approaches. This fits into the continuum approach, where Microsoft seeks to blur definitions between products other than companies need A, B, C and D to do W, X, Y and Z.

そして、クラウド・コンピューティングのサブスクライブ契約と、ソフトウェアのボリューム・ライセンス契約の間には、たくさんの類似性がある。 そこでは、別々の契約が締結されるが、一定の期間(Y)において一定の金額(X)を、Microsoft に支払うことに同意するという意味で、顧客にとっては本質的に同じことになる。 一般的なソフトウェア・ライセンス(すべてではない)は、契約期間が過ぎた後でも、そのソフトウェアの権利は顧客の手元に残る。 そして、サブスクライブ料の支払いが止まるとき、その権利は失効する。 何回か、Microsoft は Office をサブスクリプション・モデル(選んだセグメントに提供しにくかった)に移行しようとし、失敗している。しかし、クラウドは、その全てを変える。 Microsoft は、Office 15 System のリリース・アプローチとして、さらに包括的なライセンスとサブスクリプションの選択肢について、説明し始めると予測すべきだ。 それは、Microsoft の継続的なアプローチにフィットする。つまり、プロダクトごとの定義を曖昧にしようとするもの、あるいは、プロダクト (A/B/C/D) を必要とする企業に対して、その度に(W/X/Y/Z 回)対価を請求すものになる。

imageThink of Office 15 to the cloud what v2003 was to the server. Microsoft extended its applications stack vertically, with increasing cross-feature integration between the productivity suite and server software. Office 15 will accelerate Microsoft’s push to the data center, taking the server stack even higher. Expect many more cross-dependent features, but this time requiring some cloud component, too. That means businesses should expect to pay more this next release cycle, as they did with Office System nine years ago — with those already on Software Assurance getting some break, and quite possibly substantial. Additionally, Microsoft will seek to push more business customers into annuity and subscription contracts, with cross-feature dependencies driving them.

Office 15 のクラウド対応について考えることは、v2003 とサーバーの関係を最確認することである。 Microsoft は、プロダクティビティ・ツールとサーバー・ソフトウェアの間で、クロスする機能の統合を推進することで、そのアプリケーション・スタックを垂直に拡大していく。Office 15 は、Microsoft がプッシュするデータセンター戦略を加速し、そのサーバー・スタックを、さらに高く積み上げていくだろ。 多数のクロス対応機能があるが、今回は、いくつかのクラウド・コンポーネントも必要になると予想すべきだ。それにより企業ユーザーは、9年前の Office System のときと同様に(すでに Software Assurance により始まっており、大量のユーザーがいると予測される)、次のリリース・サイクルに対して、対価を支払う意味を持つと予期すべきである。さらに Microsoft は、クロス機能への依存性により、企業ユーザーを年金とサブスクリプションの契約へと、押し込もうと狙っている。

What Office 15 Means for PCs

The post-PC era isn’t necessarily the end of the personal computer but its reinvention and extension to the cloud and to mobile devices. Windows 8 enters public beta late next month, which, based on recent releases means October launch. That’s the milestone path followed by Windows 7 and one planned for Vista. Microsoft informed everyone that Vista wouldn’t ship for holiday 2006 after missing the crucial February milestone necessary to release gold code for October launch. The point: Office 15 will follow Windows 8, which makes touch a priority, adds support for ARM processors and introduces the new Metro user interface. Windows 8 also marks Microsoft’s more fervent push into new device categories, where it would want to bring Office System and cloud services.

ポスト PC の時代は、必ずしもパーソナル・コンピュータの終わりを意味するものではないが、クラウドとモバイル・デバイスへ向けて、発想を転換し拡張していくものになる。 Windows 8 は、来月の後半にはパブリック・ベータに入るが、最近のリリースによると、その製品リリースは 10月とされている。そのマイルストーン・パスは、Windows 7 により継承されたものであり、また、Vista のために計画されたものでもある。 2006年のことだが、Microsoft が Vista について、年末のホリディ・シースンまで出荷されないだろう告知したのは、10月の立ち上げには欠かすことのできないゴールド・コードを、2月のマイルストーンに間に合わせられないと判断した後の事だった。ここでのポイントは、Office 15が Windows 8 の後に続くことである。この OS は、タッチ・スクリーンを優先させ、ARM プロセッサのサポートを加え、新しい Metro ユーザー・インターフェイスを導入する。そして Windows 8 は、Office System とクラウド・サービスが望まれる場所である、新しいデバイス・カテゴリを熱心にプッシュする者として、 Microsoft を運命づける。

To get there, the productivity suite needs a major makeover:

  • For starters, it’s long past time for a true, 64-bit version
  • Office 15 will need to support ARM processors
  • Metro is a must and ideally should displace the “Ribbon”
  • Finally, truly touch-enabled Office must come forth

そこへ、たどり着くためには、このプロダクティビティ・スイートを大改造しなければならない:

  • 最初に、真の 64-bit バージョンへ向けた長い過去のの精算
  • Office 15 は ARM プロセッサをサポートする必要がある
  • Metro は “Ribbon” を、理想的なかたちで置き換えなければならない
  • 最後に、完全なタッチ操作に対応する Office になる必要がある

That’s all without looking at the cloud and Microsoft ideally taking a more modular design approach to Office, as it does with Windows today. That one I’m guessing at; I just see it as what Microsoft should do. Since Office System 2003, Microsoft has tried to reposition the productivity suite and its supporting software as a development platform. It’s time to lift upward to the cloud and datacenter.

クラウドを見ることなく、それで終わりである。 そして Microsoft は、いまの Windows にしているように、理想的なモジュール・デザインのアプローチと、Office に対して採用するだろう。 それが、私の推測である。 つまり、Microsoft が行うべきことだけを、私は確認している。 Microsoft は Office System 2003 以来、このプロダクティビティ・スイートの再配置を試み、また、開発プラットフォームとしてソフトウェアをサポートしてきた。 そして、いま、クラウドとデータセンターへ、それらを押し上げるタイミングである。

One way to get there is modularizing the code base such that all Office versions start from the same core but offer different functionality based on device. That’s not where Microsoft is today with, say, desktop and mobile Office versions — or even Macintosh, which code is completely separate. Modular Office, as cornerstone of the broader development platform, makes sense and also fits in with broader efforts to support ARM and touchscreen tablets.

そこへと至る 1つの方式は、コードベースのモジュール化であり、たとえば、単一のコア・コードから全ての Office バージョンをスタートした後に、デバイスごとに異なる機能を提供していく。 それは、Office におけるデスクトップ用とモバイル用という点で、現在の Microsoft が達成していないものであり、さらに言えば、Micintosh 用すら完全に異なるコードとなる。 広範囲におよぶ開発プラットフォームの土台として、モジュール化された Ofifce が意味を持ち、また、ARM とタッチ・スクリーン・タブレットをサポートするための数々の作業に適合する。

So what about iPad? There are loads of rumors Microsoft will release Office for Apple’s tablet. Should it? I wouldn’t. If iPad is making enterprise inroads and if the tablet supplants or replaces PCs, the last thing Microsoft should do is hurt its own applications stack. The company gains more by making Office well-suited for Windows 8 and touchscreen tablets running the software. It’s one thing to be part of the post-PC era by promoting mobile devices that extend your platform’s relevance and another to feed the devices of your demise. Microsoft should redefine the PC’s role around mobility rather than let Apple define it with devices like iPad. Surely, this isn’t rocket science.

そして iPad には、どうするのだろう? Microsoft が、この Apple のタブレット用の Office をリリースするという、たくさんのウワサがある。 そうなるべきだろうか? 私は、そう思わない。 iPad がエンタープライズを侵食しているなら、そして、このタブレットが PC に取って代わり、それをリプレイスするなら、Microsoft が行うべき最後の作業は、自身のアプリケーション・スタックを傷つけることである。 Office を Windows 8 に適切にフィットさせ、タッチ・スクリーン・タブレットで上手く動作させれば、Microsoft はメリットを手にすることができる。モバイル・デバイスをプロモートすることは、ポスト PC 時代の一部になるべきことであり、プラットフォームを拡張し、現状を切り替えるためのデバイスを送り込むことになる。 Microsoft は、モバイルを軸にして PC の役割を再定義すべきであり、Apple が iPad などのデバイスにより、それを行うのを見過ごしてはいけない。 確かに、それは、難しい理屈ではない。

ーーーーー

TAG indexこの記事、Joe Wilcox さんの力作ですね。 Microsoft Office が ポスト PC 時代においても、プロダクティビティ・スィートであり続けるには、いくつかの既定路線から離れ、頭を切り替え、たくさんの作業を行なう必要がある。 しかし、そうすべき背景に、難しい理屈などない、、、と論じています。 そして、Windows 8 + Office 15 が戦うべき相手は、飛ぶ鳥を落とす勢いの iPad となる、と結論づけています。 3月には iPad 3 が発表されるというウワサの、2年間の先行を許してしまった Apple を、Microsoft は猛追できるのでしょうか? ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

次期 Windows Phone には、Windows 8 が搭載されるらしい
Linux を Azure に! OSS のエキスパートを求める Microsoft
iPad の OnLive Desktop から Windows 7 を操作する – これは使えそう!
OpenStack のデベロッパーたちに、ひじ鉄を食らってしまった Microsoft Hyper-V
ついに Apple は iPhone 単独で、Microsoft の全てを追い抜いてしまった!

%d bloggers like this: