Agile Cat — in the cloud

ついに Apple は iPhone 単独で、Microsoft の全てを追い抜いてしまった!

Posted in .Chronicle, Apple, Microsoft, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on February 6, 2012

Apple’s iPhone Business Alone Is Now Bigger Than All Of Microsoft
http://wp.me/pwo1E-3Tw
Henry Blodget | Feb. 4, 2012, 7:37 AM
http://www.businessinsider.com/iphone-bigger-than-microsoft-2012-2
Tech writer MG Siegler
just noted a remarkable fact:

_ Business Insider

Apple’s iPhone business alone is now bigger than Microsoft. Not Windows. Not Office. Microsoft. Think about that.

Apple の iPhoneビジネスが単独で、Microsoft よりも大きくなった。その相手は、Windowsではなく、Office でもなく、Microsoft 全体なのだ。 その点について考察していく。

The iPhone did not exist five years ago. And now it’s bigger than a company that, 15 years ago, was dragged into court and threatened with forcible break-up because it had amassed an unassailable and unthinkably profitable monopoly.

その iPhone であるが、5年前には存在していなかった。 そして、いま、15年前には難攻不落で、数えきれない利益を独占しているとし、法廷に引きずり込まれ、強制的な分割すら迫られた企業を、凌駕するに至った。

The iPhone also appears to be considerably more profitable than Microsoft.

その iPhone も、Microsoft より、さらに大きな利益をもたらしていると思われる。

In the December quarter, Apple’s iPhone business generated $24.4 billion of revenue. Microsoft’s whole company, meanwhile, from Windows to Office to servers to XBox, generated $20.9 billion.

昨年の 12月に閉じた Q4 において、Apple の iPhone ビジネスは、$24.4 billion の売上をもたらした。 その一方で、Microsoft においては、Windows/Office/Server/Xbox の総売上が $20.9 billion だった

If we assume that Apple generates the same operating profit margin on its iPhone business that it generates on its overall business–38%–the iPhone business generated about $9.3 billion of profit in the December quarter. All of Microsoft, meanwhile, generated only $8.2 billion.

Appleの全体的な営業利益率である 38% を、その iPhone ビジネスに適用してみると、その12月締めの Q4 における利益は、約 $9.3 billion となる。その一方で、Microsoft の利益は、$8.2 billion に過ぎない。

It was not long ago that Microsoft CEO Steve Ballmer was fending off those observing that Apple’s market capitalization was closing in on Microsoft’s by saying that, regardless of market cap, Microsoft’s business was much bigger and more profitable.

Microsoft CEO である Steve Ballmer が、Apple の株式時価総額が Microsoft に接近してきたと述べる人々に対して、時価総額にかかわらず、Microsoft のビジネスの方が大きく、より以上の利益があると発言し、その追求をかわしていたのは、つい先日のことである。

Not anymore. Now, Apple’s business is more than twice the size of Microsoft’s–$46 billion to $21 billion–and more than twice as profitable: $17 billion to $8 billion.

それも、大したことでは無いのかもしれない。 いまや、Apple のビジネスは Microsoft に対して、売上ベースで $46 billion 対 $21 billion、利益ベースで $17 billion 対 $8 billion と、2倍以上になっているのだ。

And, needless to say, Apple’s market cap now dwarfs Microsoft’s. (Although, interestingly, Apple’s market cap is not yet 2X Microsoft’s, despite the difference in revenue, profitability, and growth rates. The market still appears to be concerned that Apple’s “closed system” is vulnerable to the same sort of disruption by Android and other more open systems that Apple’s Mac business was back in the 1990s).

そして、言うまでもなく Apple の株式総額は、Microsoft を小さく見せる存在になっている。 (興味深いことに、 その売上/利益/成長率にもかかわらず、Apple の時価は Microsoft の 2倍に至っていない。 Androidなどのオープン・システムにより、Apple の クローズド・システムが押しのけられることを、マーケットは依然として懸念しているようだ。1990年代における Apple の Mac ビジネスが、そうだったように)

imageWhat’s just as remarkable here is that Apple invented the iPhone business out of thin air in 2007. This is not an old product category. It’s a completely new one. Which means that Microsoft or anyone else could have invented it. (The same can be said for the more recently introduced iPad, which is now cleaning Microsoft’s clock in that category, too.)

ここで、同じぐらい注目すべきことは、2007年の段階において、何の根拠もなく Apple が、iPhone ビジネスを見出していたことである。 それは、旧来型のプロダクト・カテゴリーではなく、完璧に新しいものである。つまり、Microsoft であれ、他の誰かであれ、それを見出すことができたはずである。(同じことが、最近になって提供された iPad にも言える。 iPadは、そのカテゴリーにおける、Microsoft の時計をリセットしてしまった)

For the first decade of Steve Ballmer’s reign at Microsoft, some folks cut him a break for the company’s stagnant stock price by observing that the market had changed. But the market changed for Apple, too, and Apple innovated two huge new product lines, one of which is now bigger and more profitable than Microsoft’s entire business. So Steve can’t be cut a break for that anymore.

Steve Ballmer が Microsoft を統治した最初の10年間において、すでにマーケットが変化していると述べる人々は、その体制が株価低迷の理由だとし、彼に愛想をつかしていた。 しかしマーケットは、Apple のためにも変化した。 そして Apple は、新しくて巨大な、2つのプロダクト・ラインを生み出した。 そのうちの 1つは、Microsoft 全体のビジネスより大きく、また、利益をもたらす存在になっている。 したがって、すでに Steve は、この状況から逃れることができない。

Only 18 months ago, Microsoft’s market value was still bigger than Apple’s. Those were the days. Microsoft just plain missed these markets (iPhone and iPad). And Apple created them. And it turns out that, at least for now, they are much more valuable and lucrative markets than the ones Microsoft dominated.

わずか 18ヶ月前には、Microsoft の時価総額は Apple のよりも大きかった。 在りし日のことである。 Microsoft は、それらのマーケット(iPhone と iPad)を、単に失っただけである。 そして Apple は、それらを創りだした。 そして、少なくとも暫くの間は、かつて Microsoft が支配した以上の、はるかに貴重で利益を生み出すマーケットとして、維持されていくことが分かる。

The other mistake Microsoft made, one that ultimately could be far more devastating, is that it became obsessed with the wrong competitor. For the past decade, Microsoft has obsessively targeted Google as Enemy No. 1, blowing more than $10 billion trying to compete with Google’s amazing search engine. Microsoft has made some progress, but not much–and it is still losing $2 billion a year on the effort. And, meanwhile, a once-forgotten company has blown past it in business lines that much closer and more threatening to Microsoft’s core businesses–Apple.

Microsoft が犯した別の誤ちは、手強いコンペティタと対峙するという、はるかに衝撃的な状況に陥ったことである。これまでの10年間において、 Microsoft は取りつかれたように Google を No.1 の敵とし、また、その驚くべきサーチ・エンジンと競合するために $10 billion 以上を費やしてきた。Microsoft は、いくつかの進歩を成し遂げたが不充分であり、年間で $2 billion 以上を失い続けている。 その一方で、かつて忘れられた会社が、Microsoft のコア・ビジネスに近いところで、つまりビジネス・ラインにおいて、ものすごい勢いで追い抜いていった。 それが、Appleである。

Microsoft still has a strong hold on the enterprise market, and it may now be able to rededicate itself to that market and try to withstand the Apple and Google onslaught.

Microsoft は依然として、エンタープライズ市場における強い支配力を有している。 そして、そのマーケットに専念するために、そして、Apple と Google 猛攻撃に耐えるために、自身を再編できるのかも知れない。

But regardless of what happens, Microsoft can only now look up in awe and realize that a product that was introduced 5 years ago and that Steve Ballmer famously dissed is now larger and more profitable than Microsoft’s whole company. Remarkable.

しかし、何が起きようとも、いまの Microsoft は下から見上げて畏怖し、5年も前に導入されたプロダクトの意味を悟ることになるだろう。そして、明らかに貶められた Steve Ballmer が、Microsoft 全体よりも裕福であることも。。。 それは、注目すべきことである。

SEE ALSO: Steve Ballmer’s First Take On The iPhone, January 2007

ーーーーー

TAG index常勝であったからこそ、Steve Ballmer という CEO が誕生し、それが故に頂上から滑り落ち、また、それに助けられて Google と Apple が新しい覇者となっていくのは、世の中の常なのかも知れませんね。 さて、この先、どのような展開が待ち受けているのでしょうか? 以下の関連も、よろしければ、合せてお読みください。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

スマート・フォン市場の 75% を手にする、Apple の驚異的な利益率
iPad 単体で HP の出荷数を上回ったという、2011年 Q4 の市場レポート
iPad の成長と PC の衰退は、連動しているのか?
Apple は HP を追い抜き、すでに最大の PC ベンダーになっているのか?
2011年 Q4 のアメリカ市場では、1000万台を超える iPhone が販売されたらしい

 

2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく

Posted in Research, Web Scale by Agile Cat on February 6, 2012

Internet 2011 in numbers
http://wp.me/pwo1E-3Tq
January 17th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/01/17/internet-2011-in-numbers/

_ pingdom

So what happened with the Internet in 2011? How many email accounts were there in the world in 2011? How many websites? How much did the most expensive domain name cost? How many photos were hosted on Facebook? How many videos were viewed to YouTube?

そして、2011年のインターネットには、何が起こったのだろう? いったい、この 2011年には、どれだけの電子メール・アカウントがあったのか? いくつの Web サイトがあったのか? 最も高額で取引されたドメイン名は、いくらだったのだろうか? そして、何枚の写真が、Facebook 上にホストされたのか? どれだけのビデオが、YouTube で再生されたのだろう?

We’ve got answers to these questions and many more. A veritable smorgasbord of numbers, statistics and data lies in front of you. Using a variety of sources we’ve compiled what we think are some of the more interesting numbers that describe the Internet in 2011.

すでに、私たちは、こうした疑問について、予測した以上の答えを得ている。 あらゆる数値/統計/データを取り混ぜた、正真正銘のごった煮を提供したい。 そこで編纂された各種のソースを利用して、何を私たちが認識したかといえば、2011年におけるインターネットを、いくつかの興味深い数字が表現していることだ。

ーーーーー 以下のイメージは、クリックで拡大します ーーーーー

Email
  • 3.146 billion – Number of email accounts worldwide.
  • 27.6% – Microsoft Outlook was the most popular email client.
  • 19% – Percentage of spam emails delivered to corporate email inboxes despite spam filters.
  • 112 – Number of emails sent and received per day by the average corporate user.
  • 71% – Percentage of worldwide email traffic that was spam (November 2011).
  • 360 million – Total number of Hotmail users (largest email service in the world).
  • $44.25 – The estimated return on $1 invested in email marketing in 2011.
  • 40 – Years since the first email was sent, in 1971.
  • 0.39% – Percentage of email that was malicious (November 2011).
Websites
  • 555 million – Number of websites (December 2011).
  • 300 million – Added websites in 2011.
Web servers
  • 239.1% – Growth in the number of Apache websites in 2011.
  • 68.7% – Growth in the number of IIS websites in 2011.
  • 34.4% – Growth in the number of NGINX websites in 2011.
  • 80.9% – Growth in the number of Google websites in 2011.

Domain names

  • 95.5 million – Number of .com domain names at the end of 2011.
  • 13.8 million – Number of .net domain names at the end of 2011.
  • 9.3 million – Number of .org domains names at the end of 2011.
  • 7.6 million – Number of .info domain names at the end of 2011.
  • 2.1 million – Number of .biz domain names at the end of 2011.
  • 220 million – Number of registered domain names (Q3, 2011).
  • 86.9 million – Number of country code top-level domains (.CN, .UK, .DE, etc.) (Q3, 2011).
  • 324 – Number of top-level domains.
  • 28% – Market share for BIND, the number one DNS server type.
  • $2.6 million – The price for social.com, the most expensive domain name sold in 2011.
Internet users
  • 2.1 billion – Internet users worldwide.
  • 922.2 million – Internet users in Asia.
  • 476.2 million – Internet users in Europe.
  • 271.1 million – Internet users in North America.
  • 215.9 million – Internet users in Latin America / Caribbean.
  • 118.6 million – Internet users in Africa.
  • 68.6 million – Internet users in the Middle East.
  • 21.3 million – Internet users in Oceania / Australia.
  • 45% – Share of Internet users under the age of 25.
  • 485 million – Number of Internet users in China, more than any other country in the world.
  • 36.3% – Internet penetration in China.
  • 591 million – Number of fixed (wired) broadband subscriptions worldwide.

Social media

  • 800+ million – Number of users on Facebook by the end of 2011.
  • 200 million – Number of users added to Facebook during 2011.
  • 350 million – Number of Facebook users that log in to the service using their mobile phone.
  • 225 million – Number of Twitter accounts.
  • 100 million – Number of active Twitter users in 2011.
  • 18.1 million – People following Lady Gaga. Twitter’s most popular user.
  • 250 million – Number of tweets per day (October 2011).
  • 1 – #egypt was the number one hashtag on Twitter.
  • 8,868 – Number of tweets per second in August for the MTV Video Music Awards.
  • $50,000 – The amount raised for charity by the most retweeted tweet of 2011.
  • 39 million – The number of Tumblr blogs by the end of 2011.
  • 70 million – Total number of WordPress blogs by the end of 2011.
  • 1 billion – The number of messages sent with WhatsApp during one day (October 2011).
  • 2.6 billion – Worldwide IM accounts.
  • 2.4 billion – Social networking accounts worldwide.
Web browsers
Mobile
Videos
  • 1 trillion – The number of video playbacks on YouTube.
  • 140 – The number of YouTube video playbacks per person on Earth.
  • 48 hours – The amount of video uploaded to YouTube every minute.
  • 1 – The most viewed video on YouTube during 2011 was Rebecka Black’s “Friday.”
  • 82.5% – Percentage of the U.S. Internet audience that viewed video online.
  • 76.4% – YouTube’s share of the U.S. video website market (December 2011).
  • 4,189,214 – Number of new users on Vimeo.
  • 201.4 billion – Number of videos viewed online per month (October 2011).
  • 88.3 billion – Videos viewed per month on Google sites, incl. YouTube (October 2011).
  • 43% – Share of all worldwide video views delivered by Google sites, incl. YouTube.
Images
  • 14 million – Number of Instagram accounts created during 2011.
  • 60 – The average number of photos uploaded per second to Instagram.
  • 100 billion – Estimated number of photos on Facebook by mid-2011.
  • 51 million – Total number of registered users on Flickr.
  • 4.5 million – Number of photos uploaded to Flickr each day.
  • 6 billion – Photos hosted on Flickr (August 2011).
  • 1 – Apple iPhone 4 is the most popular camera on Flickr.
What’s in store for 2012?

For 2012, there’s every reason to think that the Internet, by any measure, will keep growing. As we put more of our personal as well as professional lives online, we will come to rely on the Internet in ways we could hardly imagine before. For better or worse, the Internet is now a critical component in almost everything we do.

それにしても、インターネットが 2012年も継続して成長していくと、私たちが確信できる、すべての理由がある。 私たちの個人的な生活に加えて、ビジネスのプロフェッショナルたちもオンライン化されるにつれて、以前には想像できなかった方法で、インターネットに依存するようになるだろう。 良きにつけ悪しきにつけ、私たちの大半の行為において、インターネットは重要な要素になっている。

We will be back again early next year to wrap up 2012. In the meantime, you may also want to check out our annual summaries for 2008, 2009, and 2010.

来年早々には、2012年を取りまとめを行うだろう。 その一方で、2008年、2009年、2010年に関する、各年度の概要をチェックして欲しい。

ーーーーー

TAG indexどの項目を見ても、なかなか興味深い数字が並んでいますね。 Agile_Cat 的には、インターネット・ユーザー数の拡大と、ソーシャル・メディアと広がりに、どうしても目がいってしまいますが、みなさんは如何でしょう? ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

世界のブロードバンド・ユーザー数が 6億人に達した
さらなる クラウド M&A が押し寄せる
この 3年間で、インターネット上での攻撃が 2000% も増えている
とっても ラブラブな Linux と Big Data
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する

 

%d bloggers like this: