Agile Cat — in the cloud

Facebook のブランド・ページは、たった 1% のファンに愛される

Posted in Facebook by Agile Cat on February 3, 2012

Only 1% Of A Brand’s Facebook Fans Actually Engage With It Online
http://wp.me/pwo1E-3Sx

Dylan Love | January 28, 2012
http://articles.businessinsider.com/2012-01-28/tech/30672925_1_facebook-fans-brand-ehrenberg

_ Business Insider

The Ehrenberg-Bass Institute, an Australian marketing think tank, has found that only 1 percent of a brand’s Facebook fans will actually engage with it, reports AdAge.

オーストラリアのマーケティングシンク・タンクである Ehrenberg-Bass Institute が、あるブランドの Facebook ファンについて、たった 1% のみが関心を示している状況を把握した、 AdAge はレポートしている。

clip_image001It used Facebook’s "People Talking About This" metric, a running count of interactions that includes likes, posts, comments, tags, and shares to make its determination.

そのために用いられた基準は、Facebook の "People Talking About This" であり、Like/Post/Comment/Tag/Share などの、全体的なインタラクション判断するものである。

If 1 percent engagement sounds way too small to make Facebook brand pages worthwhile, Karen Nelson-Feld, a senior research associate for Ehrenberg-Bass, reminds us that brand pages are still relatively young.

Facebook ブランド・ページに価値を求めるには、1% という数字は極端に小さいと思うかもしれないが、Ehrenberg-Bass の上級研究員である Karen Nelson-Feld は、相対的に見てブランド・ページは新しいと指摘している。

"People need to understand what it can do for a brand and what it can’t do," she said. "Facebook doesn’t really differ from mass media. It’s great to get decent reach, but to change the way people interact with a brand overnight is just unrealistic."

「 人々は、ブランド・ベージに期待すべきこと、そして、期待してはいけないことを、理解する必要がある。 Facebook とマスメディアは、本質的に別のものではない。 そして、適切なリーチを得ることが重要だが、ブランドとインタラクトする人々が、一瞬で変化すると考えるのは、非現実的である」と、彼女は発言している。

ーーーーー

Talking Abour This

TAG indexいきなり、"People Talking About This" と言われても、ピンと来ない方が多いと思います。 よろしければ、このイメージをクリックで拡大してみてください。 これは、2012/02/03 の Agile_Cat ページのデータで、[ Like This] が 631 で、[ Talking About This ] が 58 となっています。 おそらく、上記の記事も、この 2つの値の比率のことを言っているのだと思います。 Agile_Cat の場合は 9.2% くらいありますが、母数が小さいので、それを、どのように判断すればよいのやら、まったく分かりません :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

追記: ポストした後に Wall を見たら、なんと! "Talking About This" が消えているではありませんか。この、Ehrenberg-Bass Institute のレポートがあったからなんでしょうかね? ひょっとすると、貴重な魚拓になるのかも? もちろん、分析ページのチャートはありますが、参照できるのはAdmin だけになってしまいます。ーーー __AC Stamp 2

再追記: 消えたと思ったら、復活してきました。 よく分からない状況です :)

ーーーーー

<関連>

Facebook 広告のための開発費が、2011年に 1600% も成長した!
Facebook は $3.8 Billion を広告で稼ぎ出し、IPO へ向けて準備を整える
Facebook のモバイル・ユーザーが 3 億人に到達した
Facebook で、トモダチになる理由と、サヨナラする理由は?
Facebook が買収した MailRank って、あの Second Life の・・・

 

この 3年間で、インターネット上での攻撃が 2000% も増えている – Akamai の調査

Posted in .Selected, Network, Research by Agile Cat on February 3, 2012

Akamai Says The Internet Is a Nastier, and Faster, Place
http://wp.me/pwo1E-3Sq
By
David Strom / February 1, 2012
http://www.readwriteweb.com/enterprise/2012/02/akamai-says-the-internet-is-a.php

_ Read Write

Akamai has released the results of its latest “State of the Internet” report covering the third quarter of 2011. What is interesting is how nasty the Internet has become, with increasing attack incidents recorded and changing strategies for hackers looking to exploit systems. Our last post on the first quarter results can be found here.

Akamai は、2011年の Q3 をカバーする、 “State of the Internet” という最新のレポートをリリースした。 何か興味深いかと言えば、増加する攻撃インシデントにより、また、システムを悪用したハッカーたちの戦略の変更により、どれぐらいインターネットが不快になったかという点である。 以前にポストした、2001年 Q1 のデータは、ここで参照できる

image“Akamai has seen a 2000% increase in the number of attack incidents recorded on our platform over the last three years, including several recent high-profile Web-based DDoS attacks conducted by both hacktivist groups and more traditional online criminal elements,” says the report.

「Akamai は、これまでの3年にわたって、私たちのインターネット・プラットフォームにおける攻撃インシデントが、2000% も増加していると見ている。そこには、最近の注目すべき傾向である Web ベース DDoS 攻撃も含まれるが、それらは、hacktivist グループと、従来からのオンライン侵害の双方により行われている」と、そのレポートに記載されている。

Indonesia replaced Myanmar for the quarter’s top attack source, generating 14% of observed attack traffic. Myanmar dropped off the top ten list entirely, suggesting that either hackers have moved their operations or else shut down there.

この四半期におけるトラフィック・アタックの首位は、Myanmar から Indonesia へと移行しているが、同国は攻撃トラフィックの 14% を生成している。 Myanmar は Top-10 リストから消えてしまったが、その理由は、ハッカーたちが同国でのオペレーションを移動したか、シャットダウンしたかを示唆している。

More attackers are using telnet port 23 than previously, and fewer of them are using Web ports. Akamai posits that the increase is due to attacks based in Egypt and South Korea.

数多くの攻撃者が、telnet の port_23 を利用しており、Web ポートを使うケースは少数である。 そして Akamai は、Egypt と South Korea をベースとした攻撃が増えていると見ている。

Not surprisingly, Brazil, Italy, and China all experiencing growth of 25% or more in Internet usage. As before, you can assemble your own charts on their website that compare various statistics. Here is the average connection speed among the top Internet-rich countries such as US, Korea, Sweden and Japan:

驚くことではないが、Brazil/Italy/China では、インターネットの使用量が 25% 以上も増大している。 前と同様に、この多様な統計値を比較する Web サイト上で、あなた自身のチャートを構成することが可能だ。 以下のチャートは、インターネット・リッチな国々である、Korea/Sweden/Japan における平均接続スピードである:

And you can see increases even among the Internet-poor countries such as Algeria, Armenia and Azerbijan:

また、インターネット・プアな国々としては、Algeria/Armenia/Azerbijan などが挙げられている:

The global average connection speed continued to increase in the third quarter of 2011, climbing 4.5% to 2.7 Mbps. Denmark pushed Ireland out of the top 10 countries in terms of broadband connections.

また、グローバルな平均接続スピードは、2011年の Q3 を通じて 4.5% ほど上昇し、2.7 Mbps へと至っている。 ブロードバンド接続に関しては、Denmark が Ireland を押しのけ、To-10 入りしている。

See Also

 

ーーーーー

TAG indexこの3年で、アタックが 20倍というのには、驚くと同時にガッカリもしてしまいます。 なんて、モッタイナイことなんでしょう。 そして、日本も頑張っているけれど、韓国におけるインフラの凄いこと。 これだけのインフラを有している両国で、なにか、面白いことができるとイイですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

DOCOMO を撃沈した Android のトラフィック大食漢ぶり
世界のブロードバンド・ユーザー数が 6億人に達した
iCloud と Siri が、iPhone 4S のトラフィックを倍増させている?
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2011年を比較する
5 年前にはアレがなく、10 年前にはコレがなく、15 年前には何もなかった

 

%d bloggers like this: