Agile Cat — in the cloud

DOCOMO を撃沈した Android のトラフィック大食漢ぶりを、Nielsen のレポートから推察する

Posted in .Selected, Google, Mobile, Network, Research by Agile Cat on January 28, 2012

Android Smartphones Consume More Data. Here’s Why.
http://wp.me/pwo1E-3Rm
By
Ryan Kim May. 31, 2011
http://gigaom.com/2011/05/31/android-smartphones-consume-more-data-heres-why/

_ Gigaom

ーーーーー

ちょっと古い Gigaom のポストですが ・・・ __AC Stamp 2

ーーーーー

Android smartphones are the most data hungry, according to new statistics from Nielsen Co., blowing past the iPhone and other smartphones. But it’s still not clear why that is and whether or not this indicates more usage on the part of Android users or something inherent in the platform that lends itself to more data use.

Nielsen の最新の統計によると、Android フォンは最もデータ・ハングリィであり、その勢いは、iPhone を含む他のスマートフォンを吹き飛ばすほどである。 しかし、その理由というと、まだ明らかにされていない。つまり、Android ユーザーが大量のトラフィックを消費する傾向にあるのか、あるいは、このプラットフォームに大量のデータを消費する特質があるのか、その点が分かっていない。

Nielsen said Android users consume an average of 582 megabytes per month over cellular connections. IPhone users were second with 492 megabytes per month followed by WebOS phones (448 MB), Windows Phone 7 (317 MB), and BlackBerry (127 MB) handsets. The data was gathered by looking at more than 65,000 cell phone bills of mobile users. The results fall in line with a previous report in December from Arieso that also found Android devices were the heaviest data users.

Nielsen の発言によると、Android ユーザーは平均で、1ヶ月あたり582 M Byte を、キャリア接続において消費していることになる。 そして、二番手は iPhone ユーザーであり、1ヶ月あたり 492 M Byte を消費する。 以下、WebOS が 448 M Byte、Windows Phone 7 が 317 M Byte、BlackBerry が 127 M Byte となる。 このデータは、65,000 人を超えるモバイル・ユーザーの、キャリアからの請求書を参照することで集計されている。そして、2010年 12月に Arieso から提供されたレポートとも、この結果は一致している。つまり、別の調査でも、Android デバイスが最もヘビーな、データの使用者とされている。

Other Nielsen statistics suggest, however, that iPhone users should be the biggest data users. Nielsen said that iPhone users were tops in downloading an app in the last 30 days as well listening to streaming music or watching video in the last month, while Android users were second in all those categories.

しかし、Nielsen における別の統計値は、iPhone ユーザーが最大のデータ使用者になるはずと示唆している。 Nielsen によると、直近の 1ヶ月において(注記:この調査は 2011年 5月 )、iPhone ユーザーは最も多くのアプリケーションをダウンロードするだけではなく、最も多くの音楽/ビデオ・ストリーミングを消費している。 ちなみに、Android ユーザーは、それらのカテゴリーにおいて二番手となる。

Now it could be that Android owners are more power users while iPhone users dabble more broadly but may not be as intense in their data use. This got me thinking there might be other reasons why Android users look like bigger data users. Apple requires apps that are bigger than 200 20 MB to be downloaded over Wi-Fi rather than on a 3G connection. It also does its software updates over a wired connection via iTunes, while Android users get their updates wirelessly. Those updates are more limited in their impact since they’re not frequent, but it does show that Android can natively route more traffic via cellular networks than iOS. Android also has a higher percentage of free apps compared to iOS, and it’s likely the free apps monetize more through ads, which have to communicate frequently with ad servers.

現時点で、Android オーナーが、最大のパワー・ユーザーである。 その一方で、iPhone ユーザーの消費するデータは最大であっても、キャリア・トラフィックの消費は、それほど激しいものになっていない。 したがって、Android ユーザーが最大のトラフィック・ユーザーのように見える、何か別の理由があると、私は考えるようになった。 Apple は、20 M Byte 以上のアプリケーションをダウンロードするときに、3G の接続ではなく、Wi-Fi を要求する。 そして、自身のソフトウェアをアップデートする場合には、iTunes を介したワイヤー接続を必要とする。しかし、Android のアップデートは、ワイヤレスで行われる。 それらのアップデートは、それほど頻繁ではないため、影響する範囲も限定されている。 しかし、iOS との比較において、Android はキャリア・ネットワークを介して、より多くのトラフィックを消費する特質を持っているようだ。また、Android のフリー・アプリケーション比率は、iOS と比較して高いレベルにある。そして、フリー・アプリケーションは、その開発資金を消化するために、頻繁に広告 AD サーバーと通信することになる。

But I also wondered if the whole frenzy over location databases kept by Google and Apple may also be part of the issue. As you may recall, Apple was in the spotlight for the way its iPhones gathered location information in a local database file. Apple said that the database is backed up by Apple when a user connects through iTunes. But Google, however, said that when an Android user opts in for location services, anonymized location information is sent directly to Google’s servers. That means Google is potentially sending a steady stream of information from its phones back to its data centers to improve its location database, something it has to do because it stopped using its Google Street View cars to gather Wi-Fi database information. This could also help explain why Android users appear to be using more data.

しかし、Google と Apple が保持する、ロケーション・データベースの行き過ぎた状況も、問題の一因かもしれないと考える。 思い出すかもしれないが、iPhones のローカル・データベース・ファイルに、ロケーション情報を集める方法において、Apple はスポットライトを浴びることになった。 Apple の発言によると、ユーザーが iTunes を介してコネクトするときに、そのデータベースは Apple により、バックアップされるというものだった。 しかし Google は、 Android ユーザーがロケーション・サービスにオプトインするとき、匿名としてのロケーション情報が、Google サーバーにダイレクトに送信されると発言している。 つまり、Google はロケーション・データベースを更新するために、規則的な情報ストリーミングを、デバイスからデータセンターへ送信している可能性がある。Wi-Fi データベース情報を集めるための、Google Street View Cars の使用を止めたからといって、まだまだ、行うべきことがある。 それは、Android ユーザーが大量のデータを消費する理由の、説明を促進することにもなる。

Now, I could totally missing the mark on this. And perhaps it just comes down to the fact that Android users are more savvy. That wouldn’t be totally surprising, especially since Android devices gained mobile hotspot functionality in the U.S. before iPhones did. The platform was more popular initially with programmers and tech enthusiasts who were attracted by Android’s openness and its ability to modify it. So it could be that these users just try to get more out of their devices. Nielsen tells me that Android users skew younger in the 25-34 year old age group, which might also have an effect with younger users potentially more active on Android.

書くべきではないと、私は迷っているが、書くことにしよう。 それは、おそらく、Android ユーザーの方が、知見に富んでいるという事実に帰着する。 そして、Android は iPhones に先行して、アメリカ国内におけるモバイル・ホットスポットを、活用するための機能を取り入れている点も、驚くべきことではないだろう。 当初、このプラットフォームは、オープンであり、修正が可能であるという点で、プログラマーとテックマニアの人気を集めていた。 したがって、それらのユーザーは、このデバイスから、より以上のものを引き出す可能性を持っている。 私が Nielsen から聞いたところによると、Android のにユーザーは、25~34歳という若い世代に偏っている。つまり、Android に影響を与えるかもしれない若いユーザーから、より効果的な解を得る可能性がある。

But I think it’s a good question to raise considering Android is now the leading smartphone platform and it’s attracting more mainstream users now, not just techie early adopters. And all this is happening in an age when broadband caps and tiered data plans are now becoming more of a reality, which is putting more of a spotlight on data efficiency. Now, I’m not sure users are going to be attracted to data-sipping platforms like BlackBerry just to save a buck, but this could impact some Android users if they’re finding their usage is higher than it ought to be not because of their actions, but because of the platform’s inherent characteristics.

いまや Android は、スマートフォン・プラットフォームをリードしているという、そのような考え方を提起することは、よい事だと私は考える。Android は、テクニカルなアーイリー・アダプタだけではなく、主流となるユーザーも惹きつけている。 これまでに説明してきた、すべての事柄が生じてきた時期と、ブロードバンド・キャップと段階的なデータ・プランが、現実味を帯びてきた時期は一致している。 そして、データの効率というものが、これまで以上にスポットライトを浴びることになる。 そして 私は、1ドル札が惜しいがために、Blackberry のようなデータ節約型のプラットフォームが好まれているとは、決して思っていない。そして、使用法ではなくプラットフォームの特性に問題があると、判断するレベルから離れて、Android ユーザーが大量のトラフィックを消費していると気づくなら、分かる人は分かってくれると信じる。

Again, I could be way off on this. So I’d love to hear your thoughts on this and why you think Android is using up more data. What do you think?

繰り返すが、私は間違っているかもしれない。 そして、なにゆえに、Android が大量のデータを消費しているのか、あなたの考えを聴かせて欲しいと望んでいる。 どのように思う?

Image courtesy of Gottabemobile

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

ーーーーー

TAG indexこの記事を見かけたときから、翻訳してみようと思いつつ、なかなか取り掛かることができずにいましたが、今日は必死のがんばりで、なんとか最後まで訳しました :)  Nokia から Motorola に移行した Agile_Cat は、ソフトバンクからの請求書を見るたびに、その割引額の差に驚いています。 文中の、Blackberry の記述と同様に、Symbian も奥ゆかしい OS であり、ネットワーク帯域という貴重なリソースを、とても大切にしていたと思います。 そして、時代は流れて、iPhone と、Android と、Windows Phone が主流になっていきます。 この先、いったい、どうなるのかと、とても不安になる、昨日の DOCOMO の障害でした。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!
Android Market と Windows Phone 7 Marketplace が急成長している!
あなたの お住まいは、Android 州? それとも iPhone 州?
Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
Android の出荷数は、どこまで来ているのか? 詳細をチャートで調べてみる
4G LTE 対決 – AT&T vs Verizon をアメリカの複数都市で
Android Leads in U.S. Smartphone Market Share and Data Usage
Onavo begins assault on high Android data usage

2011年 Q4 の Android タブレット・シェアが、Kindle Fire 効果で 39% に ?

Posted in Google, Mobile by Agile Cat on January 28, 2012

Android’s tablet market share rises to 39 percent in Q4 2011
http://wp.me/pwo1E-3Rf
By:
Blake Stimac, IntoMobile
Thursday, January 26th, 2012 at 12:18 PM
http://www.intomobile.com/2012/01/26/androids-tablet-market-share-rises-39-percent-q4-2011

Image(17)_ into Mobile

We know that the strategy ultimately ensures success in some ways but we’re still surprised with the number of Android tablets in the world. The latest numbers for Q4 of 2011 have arrived and tablets running Google’s mobile operating system has risen to 39%. While the Android tablet market is gaining steam, it’s probably safe to assume that the sharp rise is likely due to the Kindle Fire.

いくつかの点において、その戦略が最終的な成功を保証すると誰もが認識しているが、この世界中で使用されている Android タブレットの台数にも驚かされる。 2011年 Q4 の最終的な統計が得られたが、この Google のモバイル・オペレーティング・システムを搭載する、タブレットのシェアが 39%に 上昇している。 つまり、Android タブレット・マーケットが勢いを増しているが、その上昇分が Kindle Fire に起因すると捉えるのが、おそらく、妥当な線となる。

This new data comes to us from Strategy Analytics, which has counted the Kindle Fire into the Android mix. If this data was collected from Google itself, the market share of Android tablets would likely be a bit lower, as it only counts devices that ship with Google applications installed. Nonetheless, the affordable Kindle Fire seems to be a hit, even if it’s not the most powerful option in Android tablet land.

この新しいデータは、Strategy Analytics から提供されたものであり、Android 全体の販売量の中から、Kindle Fire の分を取り出せるようになっている。 このデータが、もし Google から収集されるなら、Google アプリケーションがインストールしたデバイスだけがカウントされるため、Android タブレットのシェアは、いくぶん抑えられたものになるだろう。 とは言え、安価に取得できる Kindle Fire は、ヒットしてるように思える。 たとえ、それが、Android タブレットの世界における、最もパワフルな選択肢ではないにしても。

Apple is still the king of the tablet space and holds 58% of the market. This number will continue to grow either way but if the rumors of an iPad 3 being announced next month turn out to be true, the next report from Strategy Analytics will likely look dramatically different.

依然として、Apple はタブレット・スペースに君臨し、このマーケットの 58% を占有している。 この Android の数字は、いずれにしろ増え続けるでだろうが、すでに広まっている、来月に iPad 3 が出てくるというウワサが本当でれば、Strategy Analytics からの次のレポートは、おそらく劇的に変化するだろう。

Fragmentation notwithstanding, the experience between Android tablets and phones varies dramatically. In contrast, the iPhone and iPad act in the same way, which has worked quite well for the company. iOS in general is essentially an app launcher, where Android devices offer up much more customization. That said, the customization that people like on Android phones doesn’t necessarily translate that well with Android tablets. Android tablets almost offer too much space for customization, where you can place all the widgets and applications you’d have across multiple screens on your Android phone on one panel of your tablet. This leads to some pretty barren space left on Android tablets.

フラグメンテーションの問題とは別のところで、 Android のタブレットとフォンの間には、きわめて多様なエクスペリエンスが存在する。 その対極にあるのが、iPhone と iPad の関係であり、その、統一された方向性が、Apple にとって適切に機能している。iOS の本質は、一般的なアプリケーション・ランチャーであるが、その点において、Android デバイスには大量のカスタマイズが存在する。 つまり、Android フォン上で、人々が好みに合せて設定してきたスタマイズが、Android タブレット上に上手く反映されるとは限らない。 大半の Android タブレットが、スタマイズのための広大な空間を提供している。そして、Android フォンのマルチ・スクリーンに溜め込んだ全てのウィジェットを、Android タブレットの1枚のパネル上に配置できるだろう。 しかし、それにより導かれるのは、Android タブレット上に、かなり不毛な空間が残されるという結末である。

The Ice Cream Sandwich update brings a lot of promise to Android tablets but it still lacks something to make the experience great. This something isn’t something the iPad has, either, but the route Apple has gone just works, so there’s little to complain about. The layout of an Android tablet almost has a work-space feel to it, and while it’s getting there, the productivity tools just don’t seem to be where it needs to be. Maybe I’m still just trying to justify a reason to actually own a tablet.

Ice Cream Sandwich へのアップデートにより、Android タブレットに関する数多くの約束がもたらされるが、そのエクスペリエンスを素晴らしくするための、何かに欠けている。 この何かは、iPad が持っている何かではない。しかし、Apple が取り組んでいる道筋ではある。 したがって、不平を言うべきものではないかもしれない。 大半の Android タブレット・レイアウトは、ワークスペース的な感覚を持っている。 しかし、そこにいる間に、生産性のためのツールが必要になるとは思えない。 おそらく、私の場合は、実際にタブレットを所有する理由を、正当化しようとしているだけである。

Either way, it’s pretty impressive to see the chunk Android has taken out of Apple’s tablet market share but it remains to be seen for how long.

いずれにしても、 Android 軍団が Apple のタブレット・シェアを奪っていることは、きわめて興味深いことである。 しかし、はたして、どれくらい続くのだろうかという、そんな視点が残されている。

ーーーーー

TAG index今月末の楽しみの 1つに、いったい、どれだけの Kindle Fire が、昨年末に売れたのかという、レポートの存在がありました。このポストを見つけたのは(1/27)昨日で、予想どおりに、Android タブレットのシェアが 、Kindle Fire により上昇している様子が把握できます。ところが、このポスト、単なる市場動向だけではなく、書き手である Blake Stimac さんの疑問点というか、Google の悩みというか、Android の問題を鋭く抉り出す良記事であることが、訳している途中で分かってきました。Stimac さんの指摘どおり、iPad との比較において、Android タブレットはワースペース的な方向性を持っているように思えます。 それは、今後の Chrome OS 戦略とも絡んでくる、Google にとって重要なアクティビティなのでしょう。この先、Google は Android 間の整合性について、どのように取り組むのか、それとも放置するのか、とても興味深いですね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Kindle Fire のシェアが、クリスマスを挟んで 3倍以上に伸びたらしい!
eBay は 2012年のモバイル・コマースを、60% 増と予測している
Android アプリが 40万 タイトルに到達した!
Ray Ozzie が帰ってきた! iOS と Android を引き連れて
Android の root 争奪戦と、不要プロセスの凍結 – ことの顛末

%d bloggers like this: