Agile Cat — in the cloud

モバイル・ショッピングの 90% 以上が、iPhone と iPad に占有されているという事実が明らかに

Posted in Apple, Businesses, Mobile by Agile Cat on December 26, 2011

Study: Apple’s iPhone, iPad account for 90 percent of mobile purchases
By
Darrell Etherington Dec. 23, 2011
http://gigaom.com/apple/study-apples-iphone-ipad-account-for-90-percent-of-mobile-purchases/

_ Gigaom

If people are buying through mobile online retail site, they’re most likely doing so on Apple devices, according to a new report this week from retail analysis firm RichRelevance. iPads and iPhones accounted for over 92 percent of online retail sales not originating from a desktop device occurring in December, according to the study.

今週にリリースされた、リテール分析会社である RichRelevance のレポートによると、モバイル・オンライン・リテール・サイトを介した買い物が、Apple デバイスに占有された可能性を指摘している。今回の調査では、12月におけるオンライン・リテールの比率において、その 92% 以上を iPads と iPhones が占めているが、そこにはデスクトップ・デバイスのデータは含まれないと説明している。

imageThat’s up from 88 percent the last time RichRelevance in April, and it easily beat out Android and other competing mobile platforms. Shoppers on Apple devices were also willing to spend more, with an average order value of $123 vs. Android’s $101, and $87 from those shopping from traditional desktop operating systems. RichRelevance used data from 3.4 billion online shopping sessions between April and December at U.S. retailers ranging from specialty stores to major e-commerce sites.

4月に行われた、前回の RichRelevance の調査でも、その値は 88% に達しており、Android などのモバイル・プラットフォームを圧倒している。 また、Apple デバイスを用いる買い物客は、平均で $123 を消費しており、Android の $101 や、従来からのデスクトップの $87 を、大きく引き離している。 RichRelevance は今回の調査で、アメリカの専門ストアから主要 e コマース・サイトにいたるまでの、多様なオンライン・ショッピングから得られた、4月 ~ 12月の期間における、34億セッションのデータを使用している。

Mobile shopping is still a relative drop in the bucket compared to its desktop companion, with just 3.74 percent of total online retail dollars spent in the U.S., but that number is growing. Thanks in large part to the success of Apple devices, mobile web shopping has doubled in eight months, and RichRelevance CEO David Selinger says the trend will only accelerate. Key to being a part of that growth for retailers, Selinger suggests, is “ensuring a seamless experience across the interplay of device, context and consumer behavior.”

モバイル・ショッピングは、アメリカにおけるネット通販売上の 3.74% に過ぎず、デスクトップ勢と比較すると、相対的には微々たるものとなるが、その数値は成長している。 主として、Apple デバイスの成功により、モバイル Web ショッピングは 8カ月間で 2倍になり、また、その傾向は加速する一方だと、RichRelevance CEO である David Selinger は発言している。 リテール業者を成長させるための 1つの要因として、「デバイス/コンテキスト/消費者行動における相互作用のいたるところで、スムーズなエクスペリエンスを保証する」ことが重要だと、Selinger は示唆する。

Image(242)Mobile devices seem to be most used for shopping at times when users don’t necessarily have immediate access to other types of computing hardware. For example, RichRelevance found that during Thanksgiving, 24 percent of shoppers visiting retail websites were on mobile devices, the highest share between November and December. On weekends traffic spikes, too, up to 17 percent from an average of 14 percent during the period measured.

つまり、モバイル・デバイスは、その他のコンピューティング・ハードウェアに直ちにアクセスしなくとも良いという点で、ショッピングに最も用いられるように思われる。 RichRelevance の挙げる例によると、Thanksgiving Day の期間において、リテール Web サイトを訪れた買い物客の、実に 24% がモバイル・デバイスを介したものであり、また、11月 ~ 12月期において、最も高い比率を有していたことに注目している。 週末におけるトラフィック・ピークについても、最大で 17% と、平均で 14 % という値が計測されている。

If there’s any key takeaway here for Apple’s competition, it’s that the browsing experience is key to mobile commerce. Apple’s iPhone still offers the most true-to-web rendering of non-mobile websites of any smartphone, in my opinion, which means that even if online retailers are slow to tailor their experience to small screens, shoppers can still have a relatively painless shopping experience. It might also just be the case that the demographics of Apple mobile device buyers inclines them toward mobile shopping anyway, since they tend to have a lot of disposable income and be more responsive to advertising.

Apple と競争するための対策があるとしたら、そのブラウジング・エクスペリエンスが、モバイル・コマースのキーとなるだろう。 非モバイル Web サイトにおいて、あらゆるスマートフォンの中で、依然として Apple の iPone が、最も忠実なレンダリングを実現している。個人的な見解となるが、それにより、たとえオンライン・リテール業者が、自身のエクスペリエンスを小型スクリーンに仕立て直すのが遅れたとしても、買い物客は相対的に、痛みの少ない買い物エクスペリエンスを有することができる。 また、人口統計的な面で、Apple モバイル・デバイスを用いる買い物客が、モバイル・ショッピングへと向かうのは、それらの人々の可処分所得が多く、また、広告に対して敏感だという、傾向によるのかもしれない。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG index最初は、モバイル・アプリ市場の話かと思いましたが、インターネット・ショッピング全般における比率の話だとわかって、ちょっとビックリしました。 ここは、まさに Kindle Fire が狙っている領域ですが、こうした Apple による寡占状態を、ひっくり返すことができるのか、とても興味深いですね。 ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

iPad 3 が Jobs の誕生日(2/24)に発売という ウワサ
Kindle Fire は iPad 2 の市場を、どれだけ侵食するのか?
HTML5 ブラウザ対決 – iOS 5 vs. Android
10億台の HTML5 フォンが、モバイル・アプリ・ビジネスを変えていく
Android と iOS が 83% を占める、アメリカのモバイル・アプリ市場

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: