Agile Cat — in the cloud

Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート

Posted in Cisco, Data Center Trends, Network, Research, Web Scale by Agile Cat on December 20, 2011

Cisco: Cloud traffic fast approaching the zettabyte era
By
Derrick Harris Nov. 29, 2011
http://gigaom.com/cloud/cisco-cloud-traffic-fast-approaching-the-zettabyte-era/

_ Gigaom

According to data released Tuesday as part of Cisco’s Global Cloud Index, IP traffic over data center networks will reach 4.8 zettabytes a year by 2015, and cloud computing will account for one-third of it, or 1.6 zettabytes. The report itself is a refreshing reminder that while public Internet traffic gets most of the attention, data centers are working hard behind the scenes to make the web run. By 2015, data center networks will handle about five times the amount of data that will travel across the Internet.

Cisco の Global Cloud Index の一部として、この火曜日(11/29)にリリースされたデータによると、データセンターのネットワークを流れる IP トラフィックは 2015年までに 4.8 zettabytes/年に達し、その中でクラウド・コンピューティングが占める比率は 1/3(1.6 zettabytes )になるとされている。 このレポートが鮮やかに思い出させてくれるのは、パブリックなインターネットのトラフィックが大きな関心を得る一方で、Web を動かす背景において、データセンターに大きな負荷がかかることである。 2015年までにデータセンター・ネットワークは、全データの 5倍を取り扱うようになり、それだけのデータがインターネット上で交換されることになる

クリックで拡大 ⇒

To wrap one’s head around the disparity in traffic, one need only look at the life of a single email message. As Cisco’s Shruti Jain explained to me, a single 1MB message sent to a handful of people can account for about 50MB of data after each email system stores, replicates, scans and otherwise deals with the message. Data centers somewhere, whether within individual organizations or those operated by service providers such as Google, handle all those tasks.

トラフィックの認識に関するズレをするためには、1つの電子メール・メッセージの一生を見るだけで良い。 Cisco の Shruti Jain が説明してくれたように、ひと握りの人々に送られた 1MBのシングル・メッセージは、それぞれの電子メール・システムにおいてメッセージをストア/リプリケーション/スキャンなどを行うことで、およそ 50MBのデータ量を占めることになる。それぞれの組織が運用する場合でも、また、Google などのサービス・プロバイダが運用する場合でも、どこかのデータセンターで、それら全てのタスクが処理される。

クリックで拡大 ⇒

Of course, we’re using the Internet for a lot more than sending emails these days, which is why data center traffic volume is growing so fast. According to Cisco, data center traffic already was at 1.1 zettabytes in 2010, and will grow at a compound annual growth rate of 33 percent through 2015. Of that, traffic coming from cloud services will grow at a CAGR of 66 percent, from 121 exabytes in 2010 to 133 exabytes a month in 2015.

もちろん 私たちは、それよりもずっと多くの電子メールを送受信するためにインターネットを利用しており、それがデータセンターにおけるトラフィックを加速させる原因になっている。 Cisco によると、すでに 2010年の段階で、データセンター・トラフィックは 1.1 zettabytes になっており、また、2015年までは 33% の複合年間成長率(CAGR)で増大していくとされる。 その中で、クラウド・サービスが占めるトラフィックは、66% の CAGC で成長し、2010年の 121 exabytes/年から、2015年の 133 exabytes/月へと増大していくだろう。

For the purpose of the study, Cisco defined cloud services as having the following characteristics:

  • Ubiquitous access. The application or service can be accessed anytime, anywhere from multiple devices.
  • Persistent personalization. The application or service can apply basic user credentials and customized preferences or settings.
  • Virtual capacity/processing. The application/service can store or process data beyond the capacity of (and separate from) the connected end-user device point.
  • Flexible delivery. The application or service offers scalable provisioning, usage-based pricing, and can be delivered on-demand.

この調査を目的として、Cisco はクラウド・サービスの特質を、以下のように定義している:

  • Ubiquitous access. アプリケーションおよびサービスは、多種多様なデバイスから、時と場所を選ばずにアクセスされる。
  • Persistent personalization. アプリケーションおよびサービスは、基本的なユザー・クレデンシャルを適用し、プリファレンスとセッティングというカスタマイズを施される。
  • Virtual capacity/processing. アプリケーションおよびサービスは、接続されたエンドユーザー・ポイント容量を超えたレベルで(あるいは、それとは切り離されたレベルで)、データをストアし処理することになるだろう。
  • Flexible delivery. アプリケーションおよびサービスは、スケーラブルなプロビジョニングとユーザー・ベースの課金に対応し、また、オンデマンドで供給されるようになる。

For cloud computing specifically, the Global Cloud Index marks 2014 as a magic year: It’s the year cloud-based workloads will surpass traditional-data-center-based workloads in total volume.

とりわけ、クラウド・コンピューティングにおいては、Global Cloud Index により 2014年がマジック・イヤーとしてマークされている。つまり、クラウド・ベースのワークロードが、従来からのデータセンター・ベース・ワークロードを、この年に上回るとされているのだ。

Consumers rule in the data center, too

Probably not surprisingly, Cisco expects consumer-based workloads to dominate the traffic on data center networks. Cisco’s Doug Webster told me although business traffic actually will grow in volume from 259 exabytes in 2010 to 744 exabytes in 2015, that threefold growth pales in comparison to consumer traffic growth, which will grow nearly 5x by 2015.

おそらく、驚くまでのこともなく Cisco は、コンシューマ・ベースのワークロードにより、データセンター・ネットワークのトラフィックが独占されることを期待している。 Cisco の Doug Webster は、実際のビジネス・トラフィックが 2010年の 259 exabytes から 2015年の exabytes に増大するにしても、コンシューマ・トラフィックが達成するとされる、2015年時点の 5倍の成長率との比較において、その 3倍という成長率は見劣りがすると話している。

Webster said it’s workloads such as streaming video and other data-intensive activities that will power the surge in consumer traffic. In fact, he said, during “Internet primetime” in 2015 — the hours when the most people are online — data centers will be 2.5 times busier than they are on average. Internet traffic increases about 25 to 50 percent during those same hours.

Webster の話によると、ストリーミング・ビデオなどのデータ・インセンティブなアクティビティを伴うたワークロードが、コンシューマ・トラフィックを急上昇させることになる。 実際に、2015年における「インターネット・ゴールデン・アワー(最も多くの人々がオンラインになる時間帯)」には、データセンターの混雑ぶりが平均の 2.5倍 に達するという。そして、その時間帯には、インターネット・トラフィックも、通常の 25% ~ 50% 増となる。

クリックで拡大 ⇒

The study notes the increase in consumer traffic levels within data centers is largely attributable to cloud-based applications. Between 2000 and 2008, it states, peer-to-peer traffic dominated consumer Internet traffic, which didn’t put a strain on data centers. By 2015, however, 37 percent of consumer data center traffic will come from cloud applications, up from 14 percent in 2010.

この調査が指摘するのは、データセンターにおけるコンシューマ・トラフィックの増大が、主としてクラウド・ベースのアプリケーションに帰因することである。 2000年 ~ 2008年 の期間では、コンシューマ・インターネット・トラフィックを P2P が占有したが、データセンターに負担をかけることはなかった。 しかし、コンシューマ・データセンター・トラフィックのボリュームは、クラウド・アプリケーションの存在により、2010年の 14% から 2015年の 37% へと跳ね上がる。

Who’s ready for the cloud?

One final aspect of Cisco’s Global Cloud Index is an assessment of how ready certain geographic regions are to support various types of cloud-based applications. While all the regions — Latin America, the Middle East, Asia-Pacific, North America, Central and Eastern Europe, and Western Europe — are capable of supporting basic applications such as email, text messaging and social networking, only the latter five can handle basic applications such as HD video streaming, basic gaming and basic video chat.

Cisco の Global Cloud Index における最後の視点は、各種クラウド・ベースのアプリケーションのサポートが、それぞれの地理的なエリアにおいて、どのように整備されているかという査定である。 すべての地域において(Latin America/Middle East/Asia-Pacific/North America/Central and Eastern Europe/Western Europe)、電子メール/テキスト・メッセージ/粗シャル・ネットワークなどの、基本的なアプリケーションへの対応が可能となっている。しかし、HD ビデオ・ストリーミング/ゲーム/ビデオ・チャットといった、別の基本アプリケーションをサポートできるのは、Asia-Pacific/North America/Central Europe/Eastern Europe/Western Europe だけとなる。

Webster said that no regions, as a whole, can support advanced cloud applications such as advanced gaming, video chat and video conferencing, but that finding is somewhat misleading. Almost every region has average download and upload speeds capable of handling those applications, but latency is the major stumbling block. And, as both Webster and the study note, there are outliers in every region (e.g., Japan and South Korea in APAC, and the United Arab Emirates in the Middle East) that are much more ready than other countries in their areas.

先進的なゲーム/ビデオ・チャット/ビデオ・カンファレンスなどのクラウド・アプリケーションを、全体的にサポートしている地域はないが、それを見つけ出すことは難しいと、Webster は発言している。大半の地域が、それらのアプリケーションを取り扱うだけの、ダウンロードとアップロードにおける平均スピードを持っているが、レイテンシーが大きな障害となっている。 そして、 Webster と調査結果の双方が、すべての地域に島や半島があるが(たとえば、APAC における  Japan と South Korea や、Middle East の United Arab Emirates)、そこに位置する国々は、周辺諸国比較して優れたクラウド環境を有している。

クリックで拡大 ⇒

One interesting finding is that while North America lags near the middle in average upload and download speeds, it leads in both fixed broadband (27 percent) and mobile broadband (54 percent) penetration rates.

面白い発見があったので記しておくが、North America におけるアップロードとダウンロードの速度が、世界の平均程度というレベルであるのに対して、ブロードバンドの浸透率では、Fix(27%)と Mobile(54%)の双方で、世界をリードしているのである。  

Overall, Cisco’s study is valuable not so much because it tells us something we didn’t know — anyone following the web infrastructure space has seen data center growth skyrocket over the past couple years — but because it quantifies just how much traffic data centers are dealing with. The good news for the growing number of individuals and businesses that rely on cloud-based applications is that although the Internet itself might be under a great deal of strain, many service providers have proven very willing to invest in resources and architectures to ensure their data centers can handle whatever loads they’re asked to deal with.

全体的にみて、私たちが知らなかったことを伝える割には、この Cisco の調査は価値が低い。そして、Cisco の研究はそれほど貴重ではない。 つまり、Web インフラストラクチャの世界を追いかけてきた誰もが、この数年でデータセンターが急激に成長してきた様子を見ているのだ。しかし、この調査は、データセンターで取り扱われるトラフィックについて、そのデータ量を数値化している。クラウド・ベースのアプリケーションに、多くの人々と企業が依存するのは良いニュースである。インターネット自体は、きわめて大きな緊張の下に置かれているかもしれないが、数多くのサービス・プロバイダが、リソースへの投資を怠っていないことが分かった。そして、データセンターを保証するためのアーキテクチャが、そこで取り扱うべき、あらゆる負荷を処理していくだろう。

Related research and analysis from GigaOM Pro:
Subscriber content.
Sign up for a free trial.

ーーーーー

TAG index今年の 2月に、やはり Cisco の Visual Networking Index (VNI) が発行した、Global Mobile Data Traffic Forecast Update for 2010-2015 というレポートを紹介しました。そちらでは、モバイル・トラフィックが、2015年までに 6.3 Exa バイトにいたると報じられていました。いやはや、たいへんな時代になったものです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィックを、7つの項目で比較する
ソーシャルごとの世界分布を グラフで参照
もうじき、.com のドメイン数が 1億個に届くという調査結果
Facebook の規模は、2004年当時のインターネット全体に匹敵する
クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
16 枚のチャートで、2011 年の前半を振り返る

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: