Agile Cat — in the cloud

Google は Android で、$ 2.5 B の年商を計上したって?

Posted in .Selected, Google, Microsoft, Mobile, Patent by Agile Cat on November 28, 2011

How much money does Google make from mobile?
By Adrian Kingsley-Hughes | October 16, 2011
Summary: Two and a half billion reasons why Google loves mobile.
http://www.zdnet.com/blog/hardware/how-much-money-does-google-make-from-mobile/15539

image

To hear some people (*cough* fanboys *cough*) talk about Android, you’d think it was an altruistic gift that Google be stowed on the world, getting nothing back in return other than endless love and affection from users.

一部の人々(ゴホッ* fanboys * ゴホッ)が Android について話すのを聞くと、ユーザーからの果てしない愛情もさることながら、利益を求めない Google からの贈り物が、世界の人々に受け入れらたと思うだろう。

Wrong!

Android is a vital component in Google plan to bring in the big dollars, and given the projectedgrowth of both mobile devices and usage over the coming years, it’s going to get a lot more important. Google’s financial figures from last Friday confirm this.

Android は巨大なドル箱であり、また、Google の戦略における重要なコンポーネントなのである。そして、今後の数年間で、モバイル・デバイスが増え続け、その使用頻度が高まるなら、その重要性はさらに増していく。先週の金曜日(10/13)に提示された Google の財務諸表から、その事実を確認できる。

Google now has activated some 190 million Android devices worldwide. That’s a big number, but a far bigger number is the $2,500,000,000 that mobile users are generating for Google yearly, a figure that’s gone up 2.5 times over the past 12 months. And it’s not hard to imagine this easily doubling to $5 billion over the next 12 months.

現時点で Google は、約 1億9000万台の Android デバイスをアクティベイトさせている。 それは膨大な数であるが、それよりも遥かに大きな $2,500,000,000/年というキャッシュがモバイル・ユーザーから集められ、これまでの 12ヶ月において 2.5 倍に上昇しているのだ。さらに言えば、今後の 12ヶ月において、それが 2倍の $5 billion にいたっても、驚くには値しない。

How is Google bringing in this cash? By doing what Google does best … ads (and you thought I was going to say search, didn’t you!). But Google can push ads all over the web without needing a device to do it. Where does Android, and specifically tablets and smartphones running Android, fit into this picture? Google CEO Larry Page tells us exactly how:

どのようにして Google は、これだけのキャッシュを稼ぎ出しているのか?Google にとって容易な方法は、、、そう広告!(あなたも検索と言おうとしただろうが、先に言ったのは私だよ)そして Google は、デバイスに広告を入れる必要はなく、Web のいたるところで、それをプッシュできる。 Android を使用するケースに、とりわけ、Android を実行するタブレットとスマートフォンのケースに、この構図はフィットするだろうか? Google CEO である Larry Page の発言を、正確に記載する:

Generally I’ve found that high usage products will make a lot of money over time for well managed technology companies, and that’s why it’s so important to run these businesses for the long term.

一般的に見て、適切に管理されたテクノロジー・カンパニーにとって、使用頻度の高いプロダクトが、長期間にわたって収益を生み出すことに気付いた。こうしたビジネスを長期的に運営することが、きわめて重要だという理由は、そこにある。

High usage products such as smartphones and tablets. Oh yes. Microsoft CEO Steve Ballmer might not have been able to see the potential of Android, but Google did. You’d have thought that Microsoft of all companies would have understood the importance of controlling the platform.

スマートフォンやタブレットなどは、使用頻度の高いプロダクトである。 なるほど!  Microsoft CEO である Steve Ballmer は、こうした Android の可能性を見いだせなかったのかもしれないが、それを Google は実現した。そして誰もが、このプラットフォームを操るこのと重要性について、Microsoft だけが理解していたと、考えていたはずだ。

googleGoogle doesn’t charge a licensing fee for the Android OS, and doesn’t keep a cut of the Android Market sales (70% goes to devs, with the remaining 30% split between the carriers and payment processors), but it does offer a great platform for shepherding users to Google properties where they can look at ads (while they do other stuff too, of course!). Then there are apps, which can also be home to ads thanks to Google’s $750 million purchase of AdMob.

たしかに Google は、Android OS に関するライセンス料金を請求していない。そして、Android Market 販売における比率を変更することもないだろう。( 全体の 70% が開発者に渡され、残りの 30% をのキャリアとペイメント管理が分配する)しかし、Google が提供する、この偉大なプラットフォームは、その資産である広告を見せつける場所へと、ユーザーたちを導くのである。 そして、広告の掲載場所としてはアプリケーションもあるのだ。 それは、Google が 750 million を投じた AdMob の成果である。

It’s interesting to see how three different companies makes money from mobile. Google is interested in the ad revenue generated eyeballs and clicks, Apple is interested in selling the hardware at healthy profit margins, and Microsoft makes money from licensing.

モバイルから収益を上げる、3つの会社について考えるのも面白い。 Google は、広告への注目とバナー・クリックに対して興味を持っている。Apple は、ハードウェアを適切な利益で販売することに興味を持っている、そして Microsoft は、ライセンスから利益を生み出すことに興味を持っている。

Android is hugely important to Google and a big threat to Microsoft and it’s Windows 8/Windows Phone plans (hence the squeeze the Redmond giant has been putting on Android ODMs, demanding fat royalty payments in exchange for patent infringement indemnity). These two companies are fighting for whatever scraps are left behind by Apple so expect the fighting (both in ads and in the courts) to escalate as the pool of potential users increases. The battlefield is going to get bloody.

結論として、Android は、Google にとって重要であり、また、Microsoft と Windows 8/Windows Phone にとって大きな脅威となる(それ故に、この Redmond の巨人は、特許権侵害損害保障と引き換えに、多額のロイヤリティー支払いを要求し、Android を ODM の対象としている)。この二社は、スクラップになろうが、Apple に取り残されようが、戦うのみである。そして、モバイルの潜在顧客が増えるにつれて、(広告と法廷で)戦いはエスカレートしていくと予想される。その戦場は、血まみれになるだろう。

ーーーーー

TAG indexGoogle が Android で、このような成長を達成していたとは驚きです。 このポストは偶然に見つけたものであり、文中からリンクが貼られている財務諸表を見ても、素人目には何が何だか分かりません。また、Android の広告で、こんなに売上があったと、Google は発表していないと記憶しています。ひっそりと黙って、しっかりと儲けるのが Google なんですね。Steve Ballmer さんが、ちょっと可哀想な気分です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft のパテント・トローリング戦略とは
Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 – Forbes 速報
Motorola が Apple に勝った – ドイツでの特許係争
EU 法廷の Apple – Samsung 対決で、Galaxy は自由を得たのか?
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!

 

すべては オープンソース になるべきだ – WordPress は語る

Posted in .Chronicle, .Selected, Linux, Miscs, SOHO with Cloud by Agile Cat on November 28, 2011

Everything should be open source, says WordPress founder
By Rachel King | November 10, 2011
http://www.zdnet.com/blog/btl/everything-should-be-open-source-says-wordpress-founder/63153

image

Summary: WordPress is one of the most popular CMS tools ever, but what elements of the open source world can be applied to your business model?

Summary: WordPress は、かつてない人気を博す CMS ツールの 1つであるが、オープンソースの世界における要素を、どのようにしたらビジネス・モデルに適用できるのだろうか?

SAN FRANCISCO — Can relying on open source technology as the backbone for an entire company really be feasible? WordPress.com’s founder Matt Mullenweg certainly seems to think so.

SAN FRANCISCO — 企業全体のバックボーンとして、オープンソース・テクノロジーに依存することで、現実として問題は起こらないのだろうか? WordPress.com の Founder である Matt Mullenweg は、大丈夫だと確信しているように思われる。

“I believe morally and philosophically that not just software, but everything should be open source,” asserted Mullenweg, while speaking at the GigaOM RoadMap 2011 summit on Thursday evening.

「私は、道徳的な観点と、哲学的な観点から、ソフトウェアだけではなく、すべての事柄がオープンソースになるべきだと信じる」と、木曜日(11/10)の夜に開催された GigaOM RoadMap 2011 サミットで、Mullenweg は強く主張した。

imageIt’s a bold statement, but it’s the ethos that Mullenweg admirably stuck to, pointing out that sites like Wikipedia replaced Encyclopedia Britannica, and how far Android has gone for mobile.

それは力強いステートメントであるが、これまで Mullenweg が磨き上げてきた理念でもある。Wikipedia のようなサイトが Encyclopedia Britannica を置き換えたことにも、Android モバイルへ向けて取り組んできたことにも似ている。

Although he later backtracked and admitted that Android is “not a great example from an open source point of view” because of things like patents, Mullenweg still noted that you can download the code and run it on almost anything.

Android については、パテントの類がつきまとうため、「オープンソースの視点から素晴らしい例とは言えない」と後述しているが、誰もがコードをダウンロードし、何らかの環境で実行できると、Mullenweg は指摘し続けている。

Describing himself as “an open source hippie,” Mullenweg explained that WordPress has been built up over the last eight and a half years of “doing right on the open source side.”

自称「オープンソース・ヒッピー」の Mullenweg は、この 8年半に渡り WordPress は、「オープンソースとして正しく運用することで」築き上げられたと説明している。

However, he acknowledged that there haven’t been many examples of big corporations with thousands of employees where the open source side is in concert with commercial side.

しかし、彼は、オープンソース側とコマーシャル側が協調する場で、たくさんの従業員を抱える大手企業が、それほどの実績を示さなかったことも認めている。

Hoping that it will be the case some day, Mullenweg cited that one of his big goals is to “democratize publishing,” and fundamentally, he wants to show through the WordPress community that this can be done right.

それが、いつか現実になるという希望を、Mullenweg は有している。 そして、大きなゴールが「出版の民主化」にあること、そして基本的に、WordPress コミュニティを介して、そのための適切な歩みが示されることを望むと、Mullenweg は発言している。

Right now, there are more than 65 million WordPress sites worldwide, and WordPress.com hosts about half of them. (Mullenweg added that the other half are spread out amongst cloud providers like Amazon Web Services and Rackspace, but also smaller hosts like GoDaddy, Bluehost and Dreamhost.)

現時点において、世界中の WordPress サイトは 6500万以上を数え、その半分が WordPress.com にホストされている。 (もう一方の半数は、Amazon Web Services と Rackspace のようなクラウド・プロバイダに広まっているが、それより小規模な GoDaddy や、Bluehost、Dreamhost なども含まれると、Mullenweg は付け加えている)

“You can create a really fantastic business that changes the world, but still does the right thing along the way,” Mullenweg posited.

「あなたは、世界を変えていく本当に素晴らしいビジネスを構築できるが、その過程において正しく行動するだろう」と、 Mullenweg が仮定している。

Mullenweg acknowledged that he gets inspirations from all areas — at least “selectively” — including from Apple and Google. But he argued that these two, “open source-wise, they’re the most kosher.”

Mullenweg は、すべての領域からインスピレーションを得ると認めている (いくつかを抜粋すると Apple や Google も含まれる)。 そして、この 2社について、「オープンソースの知識という面で、両社は最も賢明である」と論じた。

Yet WordPress has had more interesting effects more than just publishing but the enterprise world too.

その上 WordPress は、単なるパブリッシングよりもエンタープライズの世界に対して、とても面白い影響力を有している。

“One of the most interesting trends for me is that enterprise software has always sucked, but now people are complaining about it more,” Mullenweg said, explaining that so many employees are asking why does it take 10 seconds to publish here (presumably somewhere like WordPress), and 10 minutes elsewhere (probably with whatever outdated CMS system the company is still using).

「私にとって最も興味深い傾向は、エンタープライズ・ソフトウェアの品質が常に低く、それを使う人々から、いまでは不平が漏れているということだ 」と Mullenweg は発言している。そして数多くの従業員たちは、何故に 10秒で終わるものが(たとえば WordPress で)、10分もかかるのかと(旧式のCMシステム)、問い合わせしてくるようになったと、彼は説明する。

Mullenweg theorized that the “infiltration of Apple” into the enterprise has had an effect somehow, continuing on to say that he is happy that employees are no longer acting satisfied with whatever the company’s CTO picks.

Mullenweg は、エンタープライズ内への「Apple の侵入」が、どことなく効果的という理論を持っている。そして、従業員たちが、CTO が選ぶものであれば、何でも満足するという時代ではなことを、喜んでいるようだ。

Related:

ーーーーー

昨年の10月に、Microsoft は Windows Live Space から撤退しましたが、そのときに他受け船を出したのが WordPress です。そのときに、Microsoft の Dharmesh Mehta 氏がポストしたブログには、以下のようなコメントが記されています。

WordPress は、Web 全体の 8.5% 以上にパワーを提供し、2,600 万以上のサイトで用いられ、2億5000万人以上の人々に毎月参照される。 それだけではなく、Automattic 社は、ブログ・エクスペリエンスを改善することにフォーカスする、優秀な人々により構成される企業である。 したがって、Windows Live に競争力のあるブログ・サービスを持たせるために投資するより、素晴らしいブログ・ソリューションを WordPress.com からカスタマーに提供することが、ベストであると判断した。

この時、Agile_Cat は、WordPress の得体のしれない底力を感じたのですが、この Matt の考え方を聞くと、なるほどなぁ~~~ と納得してしまうのです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Windows Live Space を撤退するという Microsoft の声明
WordPress が 5000 万サイトに到達した
Agile_Cat の 9つの TOOL とは?- WordPress と Twitter だけじゃないよ!

%d bloggers like this: