Agile Cat — in the cloud

世界最大の TV Maker – Samsung が、Google TV を採用するらしい

Posted in Entertainment, Google, Samsung by Agile Cat on November 23, 2011

The World’s Largest TV Maker Is About To Give Google TV A HUGE Boost
Ellis Hamburger | Nov. 22, 2011
http://www.businessinsider.com/samsung-google-tv-2011-11

_ Business Insider

Today Samsung confirmed that it’s nearly finished cutting a deal with Google to use Google TV software to power its TV sets, the Wall Street Journal reports.

Wall Street Journalレポートによると、Samsungは 今日(11/22)、Google TV Software を用いて 同社の TV セットを強化するという、Google との契約がほぼ完了したと認めた。

クリックで拡大 ⇒

It seems like a strange move, given that Samsung’s Smart TV apps platform has been pretty successful. The platform facilitates about 50,000 app downloads each day.

Samsung の Smart TV アプリケーション・プラットフォームが、これまでに成功を収めてきたとするなら、この動きは奇異に思える。こののプラットフォームでは、およそ 50,000 本のアプリケーション、毎日のようにダウンロードされているのだ。

But, Google’s new Google TV 2.0 software is a huge step up from the previous generation. Essentially, it’s something we might actually want to use.

しかし、新たに提供される Google TV 2.0 Software は、次世代へと向かう大きなステップ・アップとなる。 本質的に、実際に私たちが使いたいと思う何かが、それでは実現されるのだろう。

Samsung has not yet decided when it will unveil the new TV sets powered by Google TV. Competitor LG will announce its Google TV sets at CES in Las Vegas this January, the WSJ reports.

ただし Samsung は、Google TV により強化される新しいTVセットの、お披露目の時期については明らかにしていない。そして、コンペティタである LGは、1月に Las Vegas で開催される CES で、Google TVセットを発表するると、WSJは報じている。

See Also:
Samsung’s Galaxy S III Could Boast A Screaming Fast Quad-Core Processor
15 BANNED Google Interview Questions That Will Make You Feel Stupid
Google Just Cut The Price Of Chromebooks To $299. It Should Keep Going All The Way To Zero

ーーーーー

TAG indexたしか、LG の Google TV に関しては、いくつかのニュースが提供されていたと思います。 Samsung と合せて、どれくらいのシェアを世界で確保しているのか分かりませんが、次世代 TV として Google TV が優位に立ったことを、示していると捉えることができそうです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

アメリカ CATV 業界を襲う、深刻な顧客ばなれとは?
Netflix の業績をインフォグラフで見る
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する

Tagged with: , , ,

クラウドは、オープンソースと伴に遍在化していく

Posted in .Selected, Linux, Research by Agile Cat on November 23, 2011

The Cloud Will Be Open Source And Ubiquitous
November 18, 2011 – by
Dana Blankenhorn
http://seekingalpha.com/article/308970-the-cloud-will-be-open-source-and-ubiquitous

_ seeking alpha

Cloud is an architecture. When you architect servers with virtualization, distributed computing and the ability to handle big data, so a single Web site or job can take power of the whole system when needed, that’s a cloud.

クラウドはアーキテクチャである。 仮想化を用いて、そして、分散コンピューティングと、Big Data 処理能力を用いてサーバーを構築するとき、シングル Web サイトもしくは単一のジョブの中に、必要に応じてシステム全体のパワーを取り込むことができる。 それが、クラウドである。

Salesforce.com (CRM) (whatever you may think of it) is not a cloud. It is Software as a Service (SaaS), something that can result from a cloud architecture but does not require a cloud. The same can be said for Apple’s (AAPL) iCloud. It too is SaaS, which could come from a cloud or from a standard enterprise set-up.

imageSalesforce.com(CRM)は、(考える得る全てにおいて)クラウドではない。つまり、SaaS であり、クラウド・アーキテクチャから得られるものではあるが、絶対にクラウドを必要とするものではない。Apple (AAPL)の iCloud についても、同じことが言える。 それは、さらに SaaS 寄りのものであり、クラウドだけではなく標準的なエンタープライズ・システムでも構築できる。

What we have learned about the cloud in the last week is that it will, without doubt, be based on open source and open standards. We know this from two news stories:

私たちが先週に学んだ確かなことは、クラウドがオープン・ソースとオープン・スタンダードに基づくことである。そして、2つのニュース・ストーリーから、それを確認できる:

  • Microsoft (MSFT) has abandoned its high performance computing architecture, called Dryad, in favor of open source Hadoop. This followed similar decisions by EMC, Oracle and IBM.
  • Microsoft(MSFT)は、Dryad と呼ばれる HOC アーキテクチャを断念し、オープンソースである Hadoop に賛意を示した。 すでに EMC/Oracle/IBM も、同様の判断を示しており、それに従う形となった。
  • クラウド企業である Eucalyptus は、オープンソースの道筋から逸れたが、その世界で信頼されるコミュニティ・マネージャーを、 Red Hat(RHT)から採用することで、もとの道に戻った。

Open source has become a cloud requirement because clouds are complicated, requiring a lot of cooperation among vendors to develop, and because everyone who has been involved in enterprise computing is rushing to the architecture just as fast as they can. Time is of the essence, in other words, and proprietary advantage has to go out the window.

オープンソースであることが、クラウドの要件になった。なぜなら、クラウドは複雑であり、開発するためには、ベンダー間における幅広い協調が必要だからである。そして更に、エンタープライズ・コンピューティングに関わる誰もが、可能な限り迅速に、このアーキテクチャを取り入れたがっているからである。 言い換えれば、時間こそが本質であり、また、プロプライエタリによるメリットは、消えて無くならなければならない。

Over the next few years nearly all Web hosting, all online services and Software as a Service offerings will become cloud based. Even phone companies are moving to the cloud, or at least their suppliers are.

これからの数年において、ほとんど全ての Web ホスティングおよび、すべてのオンライン・サービスと SaaS は、クラウドをベースにしていくことになる。 電話会社さえ、そのクラウドに移行している。もしくは、そのサプライヤーは、少なくとも移行していると言えるだろう。

Which tells us something else important.

それらの事象から、別の重要な何かを学べる。

Cloud is going to quickly become a commodity, not a differentiator, practically a requirement. Customers will differentiate based on the quality of a cloud, or its software, or the people doing the hosting. Enormous price earning multiples based on having cloud, like those of Rackspace (RAX), VMWare (VMW) and Red Hat (VMW) are going to bleed away, replaced by lower and more nuanced valuations based on product and service leadership.

クラウドは、急速にコモディティ化しており、差別化の要因や、実質上の要件ではなくなる。 そしてクラウドの利用者が、ベースとなるクラウドやソフトウェアの品質により、あるいはホスティングの品質により、エンドユーザーに対して差別化の要因を示していくだろう。 Rackspace(RAX)や、VMWare(VMW)、Red Hat(VMW)といったクラウドに対して、何倍もの巨大な株式資本を有する企業は、レッド・オーシャンへと向かっていくだろう。つまり、プロダクトとサービスのリーダーシップに基づき、また、安価で算定しづらい価値を持つ、オープンソースにより置き換えられていくことになる。

This does not mean that cloud leaders will have PE multiples similar to every other company. It just means they’re going to have to earn that leadership in the market, through sales and earnings, rather than by hyping the cloud.

ただし、他の企業と比較して、クラウド・リーダーたちの株式資本が小さいと言いたいわけではない。それらの企業は、クラウドを誇大宣伝するのではなく、マーケットにおける販売と資金調達という両面において、リーダーシップを発揮していくべきだろう。

Disclosure: I have no positions in any stocks mentioned, and no plans to initiate any positions within the next 72 hours.

More articles by Dana Blankenhorn »

ーーーーー

TAG indexクラウド以前からの企業がクラウドに取り組む場合と、クラウド有りきで成長してきた企業の間には、その規模やメンタリティにおいて、大きな違いがあると思います。その違いが、あらゆる局面におけるスピードの違いとして、顕在化してくるのが 2012 年のような気がします。 なお、この Seeking Alpha は経済誌だと思うのですが、こうしてテクノロジー・ベースの分析も取り入れ、おもしろい記事を提供してくれます。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!
クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
SaaS の広がりが、クラウド・ベンダーに急成長をもたらす
クラウドに潜む、見えないコストについて言及しておこう
クラウド・ベンダー・ロックインと闘うための 五箇条の御誓文

%d bloggers like this: