Agile Cat — in the cloud

2011 年 Black Friday の勝者は Amazon

Posted in Amazon, Miscs, Research by Agile Cat on November 30, 2011

The cyber holiday weekend winner is … Amazon
November 28, 2011 |
Jennifer Van Grove
http://venturebeat.com/2011/11/28/holiday-weekend-sales-growth/

image

With mobile shoppers getting the jump on discounts by buying big on Thanksgiving Day and e-commerce sales bubbling up over the long weekend, the online holiday shopping season has arrived in full force.

モバイルを介した買物客は、Thanksgiving Day の大量購入でディスカウントを獲得し、その後に続く週末ではは e-Commerce が繁盛し、今年のオンライン・ホリディ・ショッピングのシーズンは大盛況という結果だった。

imageSo who is this year’s biggest winner on the web? Survey says, Amazon.

そして、今年のインターネット・ショッピングの勝者を判断する調査では、Amazon という答えが得られている。

Amazon sales jumped 30 percent on Thanksgiving Day and continued to climb throughout the weekend, suggesting a massive Cyber Monday climax, according to data compiled by e-commerce software and services provider ChannelAdvisor.

e-Commerce のソフトウェアとサービスを提供するChannelAdvisor が編集したデータによると、Amazon の売上高は Thanksgiving Day に 30% 増まで急上昇し、また、週末も上昇し続け、Cyber Monday にクライマックスを迎えている。

ChannelAdvisor calculates its same-store sales metric by tracking the sales of more than 3,000 retailer customers to determine year-over-year growth.

ChannelAdvisor は成長率を前年比で測るため、この週末に買物をした 3,000人以上の顧客を追跡調査し、同一店舗での売上高を基準にしている。

Amazon saw 50 percent  sales growth on Black Friday, 49 percent growth on Saturday and 59 percent growth on Sunday, making it the undisputed winner in terms of same-store sales growth, according to ChannelAdvisor data.

Amazon における成長率は、Black Friday が 50%であり、土曜日が 49%、日曜日は 59% という伸びを見せている。ChannelAdvisor データによると、同一店舗での売上比較という面では、Amazon に比類するものはないという程の、圧倒的な勝利を収めたようだ。

クリックで拡大 ⇒

Those numbers sound impressive, but comparatively speaking the online retailer and Kindle maker is a bit behind its growth of last year. In 2010, the company skyrocketed to 80 percent sales growth by Cyber Monday, albeit in a far less linear fashion (as ChannelAdvisor’s chart depicts above). And with some of the big deals Amazon is offering customers today, there’s still a chance it could have another record day.

それらの数値は印象的なものに思えるが、昨年との比較について言及するなら、オンライン小売業者であり、Kindle のメーカーである Amazon の売上は、それ程のものでもない。 2010年の同社は、Cyber Monday までに 80% という成長率を示したが、リニアな伸びとは言えなかった(上記の ChannelAdvisor チャートが示すように)。 そして、今年の Amazon の売上を見ると、土曜日に記録を更新している状況となる。

クリックで拡大 ⇒

Across the board, e-commerce sales showed 17 percent growth on Thanksgiving Day, 20 percent growth on Black Friday, 21 percent growth on Saturday and 27 growth on Sunday.

e-Commerce 全体を見ると、 Thanksgiving Day に 17%、Black Friday に 20%、土曜日に 21%、日曜日に 27% という成長率になる。

eBay has faired remarkably well, as early data from the company already suggested, and ChannelAdvistor puts the company’s sales growth at 15 percent for each day of the holiday weekend.

eBay に関しては、きわめて堅調という手データが、すでに同社から提供されている。そして ChannelAdvistor も、その週末を通じて 15% の成長率だとレポートしている。

Altogether, the data suggests that online consumers are scoffing at the idea of just two blowout holiday discount days. Instead, they’re spending continuously online and via mobile, and at accelerating levels throughout the Thanksgiving Day holiday weekend.

全体を俯瞰すると、このデータからは、オンライン消費者が、これまでの休日割引を避けている状況が見えてくる。 それに代えて、彼らはオンラインで、そしてモバイルで、Thanksgiving Day に続く週末を通じて、買物の機会を増やしている。

ーーーーー

TAG indexはてなキーワードより : アメリカの祝日「Thanksgiving Day(感謝祭)」の翌日の金曜日のこと。祝日と合わせて休暇を取得する人が多い。アメリカ国内では、この日を境に小売店が一斉に値下げをし、クリスマス商戦に向けたショッピングシーズンがスタートする。小売業界がこの日を境に赤字から「黒」字に転換する日、という願いを込めた「Black」である。日本の海外通販ウォッチャーにとっても、注目の日である。ーーー ということで、この週末、アメリカの景気は上々だったようです。 しかし、ヨーロッパは、それどころではありませんね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

子供たちが一番に欲しいクリスマス・プレゼントは、iPad だという調査結果
ニールセンのソーシャル調査でも Facebook が圧勝
Angry Birds は $1.5 Billion の賃金を食いつぶす悪いヤツ?
Android のアプリは、Top-10 が 43% を、Top-50 が 61% を占める!
モバイル・アプリ市場が、2015年には $29 billion に達する!

ARM チップは 5-watt の電力でサーバーを動かす

Posted in .Selected, Data Center Trends, Green IT by Agile Cat on November 29, 2011

Introducing the 5-watt server that runs on cell phone chips
By
Barb Darrow Nov. 1, 2011
http://gigaom.com/cloud/introducing-the-5-watt-server-that-runs-on-cell-phone-chips/

_ Gigaom

Can ARM wrestle its way into the server market? Calxeda and Hewlett-Packard think so. On Tuesday Calxeda launched its EnergyCore ARM server-on-a-chip (SoC), which it says consumes as little as 1.5 watts (and idles at half a watt). And HP, the world’s largest server maker, committed to building EnergyCore-based servers that will consume as little as 5 watts when running all out. Compare that to the lowest-power x86 server chips from Intel, which consume about 20 watts but deliver higher performance.

ARM は、サーバー市場において、自身の戦力で戦えるのだろうか? Calxedaと Hewlett-Packard は、戦えると思っているようだ。 この火曜日(11/1)に Calxeda は、わずか 1.5 Watt の消費電力を達成したという(アイドル時は 0.5 Watt)、EnergyCore ARM server-on-a-chip (SoC) を立ち上げた。 そして、世界最大のサーバー・メーカーである HP は、実行時に 5 Watt のみを消費する、EnergyCore ベース・サーバーを構築するとコミットしている。Intel が提供する、最も省電力な x86 サーバー・チップは約 20 Watt を消費するが、より高性能であるという対比がある。

imageCalxeda, backed in part by ARM Holdings, is banking that the success that ARM chips found in smartphones and mobile devices will carry over into data centers serving large, scale-out workloads. In that arena, it is facing off squarely against chip giant Intel and its x86-based architecture, which dominates the market for chips running in commodity servers. Said Calxeda in a statement:

ARM Holdings の支援を受ける Calxeda は、スマート・フォンとモバイル・デバイスから見つけ出された ARM チップを、大規模なスケールアウト・ワークロードを提供するデータセンターに持ち込むという、サクセス・ストーリーに対して投資する。 その戦場において ARM は、コモディティ・サーバー・チップの市場を支配している、大手チップメーカーの x86 ベース・アーキテクチャと正面から対決していく。 以下は、Calxeda のステートメントである:

Thanks to its mobile phone heritage and patent-pending innovations from Calxeda, the new processor consumes less than one tenth the power of today’s most energy-efficient server processors and is ideal for workloads such as web serving, ‘Big Data’ applications, scalable analytics such as Apache Hadoop, media streaming and mid-tier infrastructure such as caching and in-memory databases.

このモバイル・フォンにおける試算と、特許申請中のイノベーションに対して、Calxeda として感謝したい。この新プロセッサは、最高のエネルギー効率を誇る最新サーバー・プロセッサに対して、1/10 以下という電力しか消費しない。そして、Web サービスや、Big Data アプリケーション、 Apache Hadoop などのスケーラブルな分析だけではなく、メディア・ストリーミングや、キャッシュやインメモリ DB のような、ミドルティア・インフラ・ワークロードに対して理想的なものとなる。

EnergyCore targets web serving, big data apps

The small form factor and energy stinginess of EnergyCore, based on the ARM Cortex processor, suits an emerging and fast-growing class of web and cloud applications, but it lacks in terms of software support and currently won’t support the enterprise demand for 64-bit processors. Thus, for traditional data centers locked into the Intel x86 architecture and with lots of legacy software to run, Calxeda might be a stretch. But that might not matter.

ARM Cortex プロセッサをベースとした、小型で省電力の EnergyCore は、Web や クラウドのアプリケーションというて、急成長しているクラスに適しているが、ソフトウェア・サポートの観点で遅れを取り、また、エンタープライズが要求する 64 bit プロセッサを、現時点ではサポートしていない。したがって、Intel x86 アーキテクチャにロックされ、また、多数のレガシー・ソフトウェアを運用する、従来からのデータセンターに対して、Calxeda は歯がたたないのかもしれない。
しかし、それは重要ではないだろう。

“For big cloud companies that buy gargantuan numbers of servers and for whom the power and space issues get linearly nasty as they build up the number of nodes, this is a good solution,” said analyst Roger Kay, the founder and president of Endpoint Technologies Associates. These sorts of transactions take on an almost consultative nature, where the server vendor works with the customer’s developers, he said.

「膨大な数のサーバーを買い求める企業に対して、ノード数を増強するにつれて、電力とスペースの問題が生じてくるケースにおいて、適切なソリューションになる」と、アナリストであり、また、Endpoint Technologies Associates の Founder である Roger Kay は言う。 そして、この種のトランザクションは、サーバーベンダーが顧客のデベロッパーと共同作業する際に、補助的な特質の大半を引き受けるとも言う。

EnergyCore is 32-bit only, a fact that Intel will no doubt trumpet. “High-performance computing [HPC] needs 64 bits to deal with larger address space, but that doesn’t mean that 32-bit [processors] can’t address certain data center applications,” Kay said. “This new chip is designed to handle very large databases that in turn handle lots of queries from many end points. Think Google Earth where there are lots of simple queries — ‘show me the bits in the X-Y grid specified.’”

EnergyCore は 32 bit のみだという事実を、Intel が吹聴していくのは間違い無いだろう。 「広大なアドレス空間を取り扱うために、[ HPC ]では 64 bit が必要とされるが、32 bit の[ Processor ]がデータセンターにおいて、特定のアプリケーションに対応できないというわけではない。 この新しいチップは、大量のエンド・ポイントから押し寄せる、大量のクエリーを順番に処理していく、きわめて大規模なデータベースを取り扱うよう、デザインされている。例として Google Earth を考えて欲しい。そこでは、X-Y グリッド上の特定ポイントを表示するという、大量のシンプル・クエリーが存在する」と、Kay は発言する。

HP estimates that those big scale-out web and cloud data center scenarios represent a healthy 10 to 15 percent of the data center market, Kay noted. That’s certainly worth fighting for. Intel pegs that segment at 10 percent of the overall market.

スケールアウトしていく、この種の大規模 Web や クラウドのためのデータセンター・シナリオは、普通に考えて、そのマーケット全体の 10% ~ 15% になると、HP は見積もっていると、Kay は指摘する。 それならば、たしかに、戦う価値があるだろう。 そして Intelも、このセグメントが、マーケット全体の 10% になると見ている。

Richard Fichera, the VP and an analyst at Forrester Research, said Calxeda did its homework. “This looks to be at least three to five times more energy efficient than other chips and [energy use] is a growing concern for data centers.” Some of what Calxeda has done will be hard for competitors to replicate, he said.

Forrester Research の VP であり、アナリストでもある Richard Fichera は、Calxeda は宿題をこなしたと発言する。 「少なくとも、このチップは他に対して、3倍 ~ 5倍 のエネルギー効率を示し、また、データセンターにおいて[電力消費]への関心が高まっている」 Calxeda の成果に対して、その一部であっても、コンペティタが追いつくことは難しいだろうと、彼は付け加える。

Calxeda, like SeaMicro, which makes low-power servers running Intel Atom processors, also builds on a fabric that lets all the various SoC components communicate inside the box.

Intel Atom プロセッサを用いて低電力サーバーを提供する SeaMicro のように、Calxeda もファブリックを構築することで、ボックス内で各種の SoC をにコミュニケートさせるだろう。

Skeptics point out that big data center buyers tend to be a conservative lot, not likely to gamble on a new chip architecture. “Many CIOs will go with the devil they know. They have software that runs on Intel so why move?” Kay said. But again, Calxeda and HP are seeking out the biggest of the big data center companies — those that have a lot of in-house development talent that are not as bound by legacy software concerns.

大規模データセンターを運用する顧客は、新しいチップのアーキテクチャに賭ける可能性を持たない、保守的な人々になるという傾向を、懐疑論者たちは指摘する。 「数多くの CIO が、悪魔の選択をするようになると、彼ら自身が認識している。 つまり、Intel で実行するソフトウェアがあるため、身動きできないのだ」 と、Kay は発言する。 そして、Calxeda と HP は、最大級のデータセンター・カンパニーを探し求めている。優れた開発力を内部に持ち、レガシー・ソフトウェアに拘束されない状況が望ましい。

What’s in EnergyCore SoC?

  • Multicore ARM Cortex processor running at 1.1 GHz to 1.4 GHz
  • Supports FPU (scalar) and NEON (SIMD) Floating Point
  • 4 MB of onboard shared L2 cache
  • Integrated Memory Controller with 72-bit datapath, and ECC
  • Typical maximum power consumption (running 100% CPU load under normal conditions) is 5 watts
  • Typical idle power consumption is less than .5 watts

Calxeda and HP will start rolling out sample products later this year, with volume ramping up in 2012. Calxeda is not alone in this arena: Marvell Inc. is already in the market with its own ARM-based servers. NVIDIA is also building an ARM-based server, dubbed Denver, for HPC.

Calxeda と HP は、この年末までにサンプル・プロダクトを出荷し、2012年には増産していきたいと考えている。 そして、このアリーナは、Calxeda が占有するものではなく、自身の ARM ベース・サーバーを有する Marvell Inc もいる。 そして Nvidia も HPC のために、Denver と名付けられた ARM ベース・サーバーを構築している。

While Calxeda is tiny compared to Intel, it also doesn’t manufacture its own silicon, which could end up hurting it when comparing it to Intel, one of the last silicon vendors to own its own chip manufacturing. Fichera notes that Calxeda has no control over the distribution and sales of what it designs: The server partner has all the leverage. If someone else has a better SoC next year, Calxeda (or whatever SoC provider they use) could be gone.

Intel との比較において Calxeda は極めて小規模であり、また、自身ではシリコン・チップを生産しない。そのことが、自身のチップ製造ラインを所有する、最後のシリコン・ベンダーでもある Intel と競合するときに、Calxeda にダメージを与える可能性は否定できない。 Fichera が指摘するのは、Calxeda がデザインするプロダクトに関して、同社が供給と販売をコントロールできない点である。 つまり、すべての活用は、サーバー・パートナーが握っていることになる。来年になって、さらに優れた SoC を他社が提供するなら、Calxeda(その他の SoC プロバイダも)は消滅してしまうかもしれない。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

 

ーーーーー

TAG indexARM 成功した最大の要因は、低電力消費のテクノロジー開発にフォーカスした点です。そして、同社のライセンスにより他社製品を順に置き換え、製造に伴なう厄介ごとを回避しながら、自身のチップを売り込んできました。これまでに、以下の<関連>にあるような企業と契約を交わし、また、この記事あるように、Calxeda のようなスタートアップから、HP のような大手まで、そのプラットフォームに取り込んできました。 この低電力消費サーバー・マーケットは、ますます目が離せなくなりますね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Nvidia が開発する ARM ベースの Server CPU とは?
ARM ベースの Marvell Armada XP は、クラウドで革命を起こせるのか?
ARM A15 が登場! サーバーまでもカバーする性能
Smooth-Stone  – ARM チップで Intel とは別次元のデータセンターを目指す
ARM サーバーについて – 日本語記事のマトメ・ページです

Google は Android で、$ 2.5 B の年商を計上したって?

Posted in .Selected, Google, Microsoft, Mobile, Patent by Agile Cat on November 28, 2011

How much money does Google make from mobile?
By Adrian Kingsley-Hughes | October 16, 2011
Summary: Two and a half billion reasons why Google loves mobile.
http://www.zdnet.com/blog/hardware/how-much-money-does-google-make-from-mobile/15539

image

To hear some people (*cough* fanboys *cough*) talk about Android, you’d think it was an altruistic gift that Google be stowed on the world, getting nothing back in return other than endless love and affection from users.

一部の人々(ゴホッ* fanboys * ゴホッ)が Android について話すのを聞くと、ユーザーからの果てしない愛情もさることながら、利益を求めない Google からの贈り物が、世界の人々に受け入れらたと思うだろう。

Wrong!

Android is a vital component in Google plan to bring in the big dollars, and given the projectedgrowth of both mobile devices and usage over the coming years, it’s going to get a lot more important. Google’s financial figures from last Friday confirm this.

Android は巨大なドル箱であり、また、Google の戦略における重要なコンポーネントなのである。そして、今後の数年間で、モバイル・デバイスが増え続け、その使用頻度が高まるなら、その重要性はさらに増していく。先週の金曜日(10/13)に提示された Google の財務諸表から、その事実を確認できる。

Google now has activated some 190 million Android devices worldwide. That’s a big number, but a far bigger number is the $2,500,000,000 that mobile users are generating for Google yearly, a figure that’s gone up 2.5 times over the past 12 months. And it’s not hard to imagine this easily doubling to $5 billion over the next 12 months.

現時点で Google は、約 1億9000万台の Android デバイスをアクティベイトさせている。 それは膨大な数であるが、それよりも遥かに大きな $2,500,000,000/年というキャッシュがモバイル・ユーザーから集められ、これまでの 12ヶ月において 2.5 倍に上昇しているのだ。さらに言えば、今後の 12ヶ月において、それが 2倍の $5 billion にいたっても、驚くには値しない。

How is Google bringing in this cash? By doing what Google does best … ads (and you thought I was going to say search, didn’t you!). But Google can push ads all over the web without needing a device to do it. Where does Android, and specifically tablets and smartphones running Android, fit into this picture? Google CEO Larry Page tells us exactly how:

どのようにして Google は、これだけのキャッシュを稼ぎ出しているのか?Google にとって容易な方法は、、、そう広告!(あなたも検索と言おうとしただろうが、先に言ったのは私だよ)そして Google は、デバイスに広告を入れる必要はなく、Web のいたるところで、それをプッシュできる。 Android を使用するケースに、とりわけ、Android を実行するタブレットとスマートフォンのケースに、この構図はフィットするだろうか? Google CEO である Larry Page の発言を、正確に記載する:

Generally I’ve found that high usage products will make a lot of money over time for well managed technology companies, and that’s why it’s so important to run these businesses for the long term.

一般的に見て、適切に管理されたテクノロジー・カンパニーにとって、使用頻度の高いプロダクトが、長期間にわたって収益を生み出すことに気付いた。こうしたビジネスを長期的に運営することが、きわめて重要だという理由は、そこにある。

High usage products such as smartphones and tablets. Oh yes. Microsoft CEO Steve Ballmer might not have been able to see the potential of Android, but Google did. You’d have thought that Microsoft of all companies would have understood the importance of controlling the platform.

スマートフォンやタブレットなどは、使用頻度の高いプロダクトである。 なるほど!  Microsoft CEO である Steve Ballmer は、こうした Android の可能性を見いだせなかったのかもしれないが、それを Google は実現した。そして誰もが、このプラットフォームを操るこのと重要性について、Microsoft だけが理解していたと、考えていたはずだ。

googleGoogle doesn’t charge a licensing fee for the Android OS, and doesn’t keep a cut of the Android Market sales (70% goes to devs, with the remaining 30% split between the carriers and payment processors), but it does offer a great platform for shepherding users to Google properties where they can look at ads (while they do other stuff too, of course!). Then there are apps, which can also be home to ads thanks to Google’s $750 million purchase of AdMob.

たしかに Google は、Android OS に関するライセンス料金を請求していない。そして、Android Market 販売における比率を変更することもないだろう。( 全体の 70% が開発者に渡され、残りの 30% をのキャリアとペイメント管理が分配する)しかし、Google が提供する、この偉大なプラットフォームは、その資産である広告を見せつける場所へと、ユーザーたちを導くのである。 そして、広告の掲載場所としてはアプリケーションもあるのだ。 それは、Google が 750 million を投じた AdMob の成果である。

It’s interesting to see how three different companies makes money from mobile. Google is interested in the ad revenue generated eyeballs and clicks, Apple is interested in selling the hardware at healthy profit margins, and Microsoft makes money from licensing.

モバイルから収益を上げる、3つの会社について考えるのも面白い。 Google は、広告への注目とバナー・クリックに対して興味を持っている。Apple は、ハードウェアを適切な利益で販売することに興味を持っている、そして Microsoft は、ライセンスから利益を生み出すことに興味を持っている。

Android is hugely important to Google and a big threat to Microsoft and it’s Windows 8/Windows Phone plans (hence the squeeze the Redmond giant has been putting on Android ODMs, demanding fat royalty payments in exchange for patent infringement indemnity). These two companies are fighting for whatever scraps are left behind by Apple so expect the fighting (both in ads and in the courts) to escalate as the pool of potential users increases. The battlefield is going to get bloody.

結論として、Android は、Google にとって重要であり、また、Microsoft と Windows 8/Windows Phone にとって大きな脅威となる(それ故に、この Redmond の巨人は、特許権侵害損害保障と引き換えに、多額のロイヤリティー支払いを要求し、Android を ODM の対象としている)。この二社は、スクラップになろうが、Apple に取り残されようが、戦うのみである。そして、モバイルの潜在顧客が増えるにつれて、(広告と法廷で)戦いはエスカレートしていくと予想される。その戦場は、血まみれになるだろう。

ーーーーー

TAG indexGoogle が Android で、このような成長を達成していたとは驚きです。 このポストは偶然に見つけたものであり、文中からリンクが貼られている財務諸表を見ても、素人目には何が何だか分かりません。また、Android の広告で、こんなに売上があったと、Google は発表していないと記憶しています。ひっそりと黙って、しっかりと儲けるのが Google なんですね。Steve Ballmer さんが、ちょっと可哀想な気分です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft のパテント・トローリング戦略とは
Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 – Forbes 速報
Motorola が Apple に勝った – ドイツでの特許係争
EU 法廷の Apple – Samsung 対決で、Galaxy は自由を得たのか?
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!

 

すべては オープンソース になるべきだ – WordPress は語る

Posted in .Chronicle, .Selected, Linux, Miscs, SOHO with Cloud by Agile Cat on November 28, 2011

Everything should be open source, says WordPress founder
By Rachel King | November 10, 2011
http://www.zdnet.com/blog/btl/everything-should-be-open-source-says-wordpress-founder/63153

image

Summary: WordPress is one of the most popular CMS tools ever, but what elements of the open source world can be applied to your business model?

Summary: WordPress は、かつてない人気を博す CMS ツールの 1つであるが、オープンソースの世界における要素を、どのようにしたらビジネス・モデルに適用できるのだろうか?

SAN FRANCISCO — Can relying on open source technology as the backbone for an entire company really be feasible? WordPress.com’s founder Matt Mullenweg certainly seems to think so.

SAN FRANCISCO — 企業全体のバックボーンとして、オープンソース・テクノロジーに依存することで、現実として問題は起こらないのだろうか? WordPress.com の Founder である Matt Mullenweg は、大丈夫だと確信しているように思われる。

“I believe morally and philosophically that not just software, but everything should be open source,” asserted Mullenweg, while speaking at the GigaOM RoadMap 2011 summit on Thursday evening.

「私は、道徳的な観点と、哲学的な観点から、ソフトウェアだけではなく、すべての事柄がオープンソースになるべきだと信じる」と、木曜日(11/10)の夜に開催された GigaOM RoadMap 2011 サミットで、Mullenweg は強く主張した。

imageIt’s a bold statement, but it’s the ethos that Mullenweg admirably stuck to, pointing out that sites like Wikipedia replaced Encyclopedia Britannica, and how far Android has gone for mobile.

それは力強いステートメントであるが、これまで Mullenweg が磨き上げてきた理念でもある。Wikipedia のようなサイトが Encyclopedia Britannica を置き換えたことにも、Android モバイルへ向けて取り組んできたことにも似ている。

Although he later backtracked and admitted that Android is “not a great example from an open source point of view” because of things like patents, Mullenweg still noted that you can download the code and run it on almost anything.

Android については、パテントの類がつきまとうため、「オープンソースの視点から素晴らしい例とは言えない」と後述しているが、誰もがコードをダウンロードし、何らかの環境で実行できると、Mullenweg は指摘し続けている。

Describing himself as “an open source hippie,” Mullenweg explained that WordPress has been built up over the last eight and a half years of “doing right on the open source side.”

自称「オープンソース・ヒッピー」の Mullenweg は、この 8年半に渡り WordPress は、「オープンソースとして正しく運用することで」築き上げられたと説明している。

However, he acknowledged that there haven’t been many examples of big corporations with thousands of employees where the open source side is in concert with commercial side.

しかし、彼は、オープンソース側とコマーシャル側が協調する場で、たくさんの従業員を抱える大手企業が、それほどの実績を示さなかったことも認めている。

Hoping that it will be the case some day, Mullenweg cited that one of his big goals is to “democratize publishing,” and fundamentally, he wants to show through the WordPress community that this can be done right.

それが、いつか現実になるという希望を、Mullenweg は有している。 そして、大きなゴールが「出版の民主化」にあること、そして基本的に、WordPress コミュニティを介して、そのための適切な歩みが示されることを望むと、Mullenweg は発言している。

Right now, there are more than 65 million WordPress sites worldwide, and WordPress.com hosts about half of them. (Mullenweg added that the other half are spread out amongst cloud providers like Amazon Web Services and Rackspace, but also smaller hosts like GoDaddy, Bluehost and Dreamhost.)

現時点において、世界中の WordPress サイトは 6500万以上を数え、その半分が WordPress.com にホストされている。 (もう一方の半数は、Amazon Web Services と Rackspace のようなクラウド・プロバイダに広まっているが、それより小規模な GoDaddy や、Bluehost、Dreamhost なども含まれると、Mullenweg は付け加えている)

“You can create a really fantastic business that changes the world, but still does the right thing along the way,” Mullenweg posited.

「あなたは、世界を変えていく本当に素晴らしいビジネスを構築できるが、その過程において正しく行動するだろう」と、 Mullenweg が仮定している。

Mullenweg acknowledged that he gets inspirations from all areas — at least “selectively” — including from Apple and Google. But he argued that these two, “open source-wise, they’re the most kosher.”

Mullenweg は、すべての領域からインスピレーションを得ると認めている (いくつかを抜粋すると Apple や Google も含まれる)。 そして、この 2社について、「オープンソースの知識という面で、両社は最も賢明である」と論じた。

Yet WordPress has had more interesting effects more than just publishing but the enterprise world too.

その上 WordPress は、単なるパブリッシングよりもエンタープライズの世界に対して、とても面白い影響力を有している。

“One of the most interesting trends for me is that enterprise software has always sucked, but now people are complaining about it more,” Mullenweg said, explaining that so many employees are asking why does it take 10 seconds to publish here (presumably somewhere like WordPress), and 10 minutes elsewhere (probably with whatever outdated CMS system the company is still using).

「私にとって最も興味深い傾向は、エンタープライズ・ソフトウェアの品質が常に低く、それを使う人々から、いまでは不平が漏れているということだ 」と Mullenweg は発言している。そして数多くの従業員たちは、何故に 10秒で終わるものが(たとえば WordPress で)、10分もかかるのかと(旧式のCMシステム)、問い合わせしてくるようになったと、彼は説明する。

Mullenweg theorized that the “infiltration of Apple” into the enterprise has had an effect somehow, continuing on to say that he is happy that employees are no longer acting satisfied with whatever the company’s CTO picks.

Mullenweg は、エンタープライズ内への「Apple の侵入」が、どことなく効果的という理論を持っている。そして、従業員たちが、CTO が選ぶものであれば、何でも満足するという時代ではなことを、喜んでいるようだ。

Related:

ーーーーー

昨年の10月に、Microsoft は Windows Live Space から撤退しましたが、そのときに他受け船を出したのが WordPress です。そのときに、Microsoft の Dharmesh Mehta 氏がポストしたブログには、以下のようなコメントが記されています。

WordPress は、Web 全体の 8.5% 以上にパワーを提供し、2,600 万以上のサイトで用いられ、2億5000万人以上の人々に毎月参照される。 それだけではなく、Automattic 社は、ブログ・エクスペリエンスを改善することにフォーカスする、優秀な人々により構成される企業である。 したがって、Windows Live に競争力のあるブログ・サービスを持たせるために投資するより、素晴らしいブログ・ソリューションを WordPress.com からカスタマーに提供することが、ベストであると判断した。

この時、Agile_Cat は、WordPress の得体のしれない底力を感じたのですが、この Matt の考え方を聞くと、なるほどなぁ~~~ と納得してしまうのです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Windows Live Space を撤退するという Microsoft の声明
WordPress が 5000 万サイトに到達した
Agile_Cat の 9つの TOOL とは?- WordPress と Twitter だけじゃないよ!

いまの Facebook では、4.74 人 を介すれば 8 億人 とつながるらしい

Posted in Facebook by Agile Cat on November 27, 2011

You Are Just 4.74 Steps Away From Everyone on Facebook
9:00 AM – November 24, 2011 – By
Douglas Perry
http://www.tomsguide.com/us/facebook-six-degrees-of-separation-friends-average-separation,news-13283.html

_ toms guide


An analysis of Facebook’s 721 million members has revealed that you are connected to any one member on Facebook via a maximum average of 4.74 hops. Really?

Facebook における 7億2100万人のメンバーを分析すると、最大平均値で 4.74 人を仲介することで、どの Facebook メンバーともコネクトできることが明らかになった。本当なのだろうか?

This bit of information comes via a lengthy post called on Facebook’s Anatomy of Facebook data blog. The analysis is the most comprehensive so far, reaching, statistically, more than 10 percent of the world’s population. Facebook also noted that 69 billion friendships were evaluated. The conclusion that there are fewer than previously expected jumps between users is based on the finding that, as you can see above, only 10 percent of people have less than 10 friends, 20 percent have less than 25, while 50 percent (the median) have over 100 friends. The average number of friends is 190.

この分析は、これまでにおいて最も包括的な、世界人口の 10% にリーチする統計となっている。 さらに Facebook は、690億の Friendship が存在したとも指摘している。 前述の結論は、以前に予測されていた、ユーザー間のホップ数を引き下げるものとなる。 その理由は、10人以下の Friend を持つユーザーは 10% 以下であり、また、25人以下は 20% であるのに対して、100人以上を持つユーザーが 50% に達している。 そして、平均の Friend 数は 190人となる。

facebook_logoIf all those friend relations are connected, Facebook discovered that though 99.6 percent of all friendship pairs are connected by paths with 5 degrees (6 hops), 92 percent are connected by only four degrees (5 hops). Not surprisingly, as we get more connected, the number of hops is decreasing: The average distance in 2008 was 5.28 hops, now it is at 4.74.

もし、すべての Friend Relation が接続されている場合には、 Facebook は全ての Friendship ペアの 99.6% を 5段階(6ホップ)で結びつけ、また、92% を 4段階(5ホップ)で結びつける。 驚くほどのことではない。 つまり、私たちが、より多くのコネクションを持つにつれて、そのホップ数は減少していく。 ちなみに、2008年の平均が 5.28 ホップであったのに対して、現在は 4.74 ホップである。

This number, of course, feels somewhat strange, at least if you use the word "friendship" connections. Is any person on this globe only 4.74 friendship hops away? No. Perhaps we should consider them contact hops, but not friendship hops. Many of us may have contacts who have collected thousands of "friends" and may serve as distribution pillars of contacts. What’s more, we all may have contacts we really don’t know or never interacted with.

もちろん、この「Friendship」接続という単語に対して、あなたは少なからず、奇妙さを感じていると思う。この地球上に点在する、あらゆる人々が、4.74 ホップでつながると言うのだろうか? それは違うだろう。 つまり、接続のための単なるホップ数であり、Friendship のホップ数ではないと考えるべきだ。 多くの人々が、何千という「Friend」を集めているかもしれず、また、接点としてのセンターを担っているかもしれない。 そのうえ、すべての人々が、見ず知らずのコンタクトや、決して会話することのないコンタクトを持っているのだ。

ーーーーー

TAG indexAgile_Cat が Facebook を始めたころは、平均の Friend 数が 130人であり、それを 4段階 たどれば 3億人につながる計算だったと記憶しています。 そのころは、Facebook のユーザー数も 3億人くらいだったのでしょう。 なんというか、Facebook の良し悪しはさておき、これは世界規模の実験なんだと割り切ることも可能です。 楽しめるなら、楽しんじゃいましょう。 それと、以下のリンクも、せひ 参照してくださ~い。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook の規模は、2004年当時のインターネット全体に匹敵する
Facebook – Open Graph Beta の概説
Facebook Timeline は、新しいプライバシーを試すのか?
ソーシャルごとの世界分布を グラフで参照
Facebook の Washington Post アプリを動かしてみた!
Facebook の広告収入は、ソーシャル全体の 70% に相当するという調査結果

 

iPad 3 を加えると、Apple の PC 出荷量は HP を超えるというが

Posted in .Selected, Apple, Google, Mobile, Research by Agile Cat on November 26, 2011

With iPad 3, Apple could ship more PCs than HP
By
Darrell Etherington Nov. 21, 2011, 6:02am PT
http://gigaom.com/apple/with-ipad-3-apple-could-ship-more-pcs-than-hp/

_ Gigaom

According to new estimates by analyst firm Canalys, Apple could sell more PCs than current market leader HP during the first half of 2012. The key to Apple’s market dominance, however, is counting the category-busting iPad in addition to Mac sales.

調査会社 である Canalys の新しい見通しによると、Apple は 2012 年の前半のおいて、現時点のマーケット・リーダー HP を上回る数の PC を販売することになる。 しかし、この Apple の市場占有という調査のポイントは、同社の Mac 販売に加えて、従来からのテゴリーを破壊する iPad を、その計算に加えている点にある。

The tipping point might come sooner, but Canalys thinks the launch of the iPad 3, expected sometime in the first or second quarter of 2012, will be the key to really putting Apple’s total shipments over the edge, propelling it from its current second-place spot to first overall.

その転換点は、予想以上に早くやって来るかもしれない。しかし Canalys は iPad 3 の出荷について、2012年の Q1 もしくは Q2 になると考えているようだ。そして iPad 3 は、Apple の出荷量を爆発的に増加させ、現在の 2位のポジションからトップヘを押し上げる。

imageCanalys estimates global PC shipments will reach 415 million units worldwide by the end of 2011, an increase of 15 percent year-over-year, thanks in large part to tablet sales. In North America, shipment growth is predicted to be up around 18 percent compared with 2010, with all but one percent of that growth coming from tablet sales, and in Europe, without tablets, PC sales would actually be down from last year.

Canalys のグローバル予測によるそ、その PC 出荷数は 2011 年の終わりまでに、4億 1500万 ユニットに届くが(前年比で 15% 増)、タブレットの成長に後押しされたものとなる。 North America における 18% という成長予測のうち、従来からの PC がもたらすものは 1% だけであり、その他はタブレットに依存している。 そして Europe では、タブレットによる上積みがなければ、PC の販売は昨年から減少するという状況にある。

Apple recently crossed the five-percent mark in terms of the global PC market, when only considering Mac sales, according to Charlie Wolf of Needham. It happened thanks to 22 straight quarters of Macs out performing the general industry, with 43.8 percent growth year-over-year during the last quarter alone. With Mac sales growing, and Apple’s continued domination of the tablet market, it’s no wonder Apple will soon be on top of the game when you count the iPad among its PC offerings.

Needham の Charlie Wolf によると、Mac の販売数だけをカウントするなら、Apple のグローバル市場におけるシェアは、つい先日に 5% のラインを超えたところである。 それは、22 回の四半期を通じて、Mac の販売が伸び続けてきた結果であり、直近の四半期では前年比 43.8% という成長を見せている。 Mac 販売における成長と、iPad によるタブレット市場の占有を前提にすれば、この両者の合計が、PC マーケットのトップに駆け上がるのは、少しも不思議なことではない。

Some may see counting the iPad alongside PCs as something of a cheap move, but it actually makes a lot of sense. With the global PC market facing flat or negative growth, and tablets stepping in to replace traditional computers for a lot of use cases, it’s probably better to count them here than in any other grouping.

iPad と PC の同列視に対して、低価格帯への移行と見なす人もいるが、それは重要な視点である。しかし、 グローバルな PC 市場は、横バイもしくは減少の傾向にあり、また、数多くのケースにおいて、タブレットが従来からのコンピュータを置き換えている状況でもある。したがって、PC の販売量にタブレットを加えることは、最適な算出方法になるはずだ。

While Apple has a significant advantage now in terms of the iPad when it comes to tablet shipments, Amazon and Barnes & Noble are shaking up the low end of the market with their respective Android slates, too, so it’ll be interesting to see how those devices chart going into 2012. Who knows? Maybe Amazon will eventually become a top PC manufacturer, at least according to scoring from firms like Canalys.

タブレットの出荷数という視点で、iPad の登場により Apple がアドバンテージを有する一方で、Amazon と Barnes & Noble が、それぞれの Android スレートにより、ローエンド・マーケットを再編成している。したがって、それらのデバイスが 2012年に見せる出荷数チャートは、きわめて興味深いものになるだろう。しかし、その結果を誰が予測できるだろう? Canalys などの調査会社が提供するスコアに限定した話となるが、最終的には Amazon が P Cマニファクチャのトップに立つと予測されている。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

mobile来年の iPad の伸びににより、Apple がトップ・マニファクチャになるという予測は、かなり前から伝えられていたことです。 しかし、この Canalys のレポートによると、Apple がトップに立つのも束の間に、Kindle Fire を擁する Amazon が追い抜いていくとのことです。 そして Kindle Fire ですが、現時点では 1台売るごとに $2 ~ $3 の赤字とか。 プロダクトとしての採算を度外視している Amazon が、トップに座る PC マーケットって、いったい どのような世界になるのでしょうかね? ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iPad を PC の一部として計算すると、とてつもない地殻変動が見えてくる
Note PC の市場を奪い尽くす iPad の破壊力 – Morgan Stanley
HP/Acer/Asus/Dell は、Android タブレット・レースから脱落してしまうのか?
子供たちが一番に欲しいクリスマス・プレゼントは、iPad だという調査結果
Android の支配が続く アメリカ の スマホ市場

 

クラウドにより OS は死に絶える(要旨)

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, NIST, PaaS by Agile Cat on November 25, 2011

The Cloud Will Kill the OS: a Syllabus
Jon Stokes – posted in Blog, Featured ⋅ 8:07 pm
http://www.wired.com/cloudline/2011/11/the-cloud-will-kill-the-os/

image

One of the things I’ve been thinking a lot about since starting Cloudline is this notion that the cloud will transform the traditional IT department from a server-centric consumer and deployer of resources into a more application- and service-centric creator of resources. In a recent post, I referred to this shift as the “appification” of enterprise IT, and I summed it up as follows:

この Cloudline を立ち上げてからというもの、私がずっと考え続けてきたことに、クラウドが従来からの IT 部門のかたちを、変えていくだろうという点がある。 つまり、サーバー・セントリックなカスタマーと、リソースのデプロイメントで構成される IT 部門が、アプリケーションとサービスを中心としたクリエーターのリソースへと変化していく。 最近のポストで、私はこの移行を、エンタープライズ IT の「応用」であると述べ、また、以下のように要約した:

Viewing cloud through the lens of user-driven provisioning sheds light on two themes that I’ve seen come up again and again in multiple presentations at the Cloud Expo: 1) cloud adoption is currently easiest for and happening most rapidly in the small business (SMB) segment, and 2) while the enterprise is still in the exploratory phase with cloud, cloud computing will ultimately transform the IT department into a collection of devops teams that create and maintain a collection of “apps” and services, and it will transform the enterprise user experience into something very much like the app- and service-centric experience that consumers and SMBs now get from the web and from their smartphones…

Cloud Expo のプレゼンテーションにおいて、私が何度も繰り返して説明したのは、ユーザー駆動によるプロビジョニングにスポットライトを当てると、すでに、以下の 2つのテーマを確認できるということだ:1) クラウドの適用は、現時点で最も容易な方式であり、また、中小企業(SMB)のセグメントで急速に立ち上がっている。2) そしてエンタープライズは、依然としてクラウドの検証フェーズにあるが、クラウド・コンピューティングは最終的に、アプリケーションとサービスのコレクションを作成/保守する 開発チームのコレクションへと、それらの IT部門を変化させる。それにより、エンタープライズにおけるユーザー・エクスペリエンスは、アプリケーション/サービス・セントリックなエクスペリエンスという何らかのものに変化する。それらは、エンドユーザーと SMB へ向けて、Web と スマートフォンから供給される ・・・

Ultimately, there can be no “adoption” of cloud by enterprise IT. Instead, the cloud will effectively replace corporate IT as means by which users select and provision technologies that let them do new things and do existing things in new ways. There will still be a corporate IT budget, of course, but it’ll be spent on a combination of cloud technology and on app and service developers who push out new features in response to both user requests and the cloud’s evolving maintenance/administration needs.

究極的には、エンタープライズ IT 側で、クラウドを「適用」していく必要性が消滅していく。 それに代えてクラウドは、新しい発想を促進し、既存のものを新しい方式へと置き換えていくための、ユーザーが選択/プロビジョニングしていくテクノロジーをいう観点から、それらのコーポレート IT を効果的に置き換えるだろう。 もちろん、依然としてコーポレート IT の予算は存在するだろうが、それらは、クラウド・テクノロジーを組み合わせるためのコストと、アプリケーションとサービスのデベロッパーに対して費やされるだろう。そして、それらのデベロッパーは、ユーザーの要求に沿った新機能を促進し、クラウドが要求するメンテナンス/アドミニストレーションを発展させていく。

I’ve recently discovered that I’m at least two years behind Cisco’s James Urquhart, who has been preaching something very similar to this since at least 2009. Starting with his most recent post at GigaOm, I spent much of the day following the link trail and going back through his and others’ previous work on this topic, as well as the work of others that he links. Below is a kind of syllabus of what I’ve read that directly applies here, and it’s material that I’m thinking with and about as I try to understand the shift that’s taking place in the way that datacenter resources are organized and presented as functional abstractions to users and developers.

遅くとも 2009 年頃から、つまり 2年も前から、非常に類似した話を Cisco の James Urquhart から聴いていることを、最近になって思い出した。 GigaOm における彼の最新ポストを読み、そこからのリンクを追跡し、このトピックに関する彼の見解を参照し、また、他者のポストを参照するために、何日も費やすことになった。 以下のリンクは、この記事を書くために参照したものであり、また、このテーマについて考えるための材料である。 データセンター・リソースがユーザーとデベロッパーに提供され、また、運用されていく機能的な抽象概念となる道筋で、これから引き起こされる事象について、理解したいと思っている。

If I could boil all of the above down into on idea, it would go something like this: the cloud lets us disaggregate traditional, monolithic technological entities into discrete, independent units that can then be dynamically mixed and matched in a way that lets that each entity get exactly what it needs, when it needs it directly from the hardware with minimal overhead.

上記のリンク先から、その内容を上手くまとめられるとすれば、以下のような何かになるのだろう。私たちはクラウドにより、従来からのモノリシックなテクノロジーの実体を、個々の独立したユニットへと分解していく。続いて、何らかの方式で、それらの分解された実体を、ダイナミックにかき混ぜ一致させていく。そして、ハードウェアが最小のオーバーヘッドで、それらの分解された実体を要求するとき、必要とされるものが正確に判別されていく。

To put this in more concrete terms, the OS is the main monolith that the cloud will eventually break up into multiple discrete units of functionality. When an app gets deployed, instead of a human taking the time to wrap it in OS (where it won’t even use most of the baggage the OS brings along) and deploy it to a waiting hypervisor via a VM, some type of automation software selects the necessary functional units, bundles them together, and wraps this bundle around the app as a container so that the app can be deployed to a platform and connected to the resources it needs. In this model, the OS and VM are cut out entirely, and they’re replaced by lightweight, app-specific containers that run atop a very thin hypervisor.

もう少し具体的な用語を用いて、説明したいと思う。 つまり OS とは、クラウドが多様な機能ユニットへと、最終的に分解していくモノリスの代表格である。従来からの方式は、OS でアプリケーションをラップし(OS には不要な機能がたくさんある)、待機中のハイパーバイザへ向けて、VM を介してディプロイするところに時間をかけてきた。 こうした方式に換えて、新しい考え方でアプリケーションをディプロイするとき、何らかの自動化されたソフトウェアが、必要とされる機能ユニットを選択し、それらを組み合わせていく。続いて、コンテナとしてのアプリケーションの周辺に、それらのカタマリをラップすることで、対象となるアプリケーションはプラットフォームに展開され、必要なリソースと接続される。 このモデルでは、OS と VM は、まったく必要とされない。それらは、対象となるアプリケーションのために、薄皮のようなハイパーバイザ上で稼働する、ライトウェイトなコンテナにより取って代わられる。

The one thing I would add to the picture painted in the links above is that some of these discrete container/app combos handle essential services, so that all apps (user-facing or internal) end up talking to each other as peers and relying on one another for the basic functionality that makes the whole system run. So these cloud apps are sort of like Unix daemons or Windows services, in a very loose sense. In saying this, I’m thinking specifically about the way that Heroku approaches its own platform as collection of “apps” each with different owners and published interfaces, and also the way that Bezos (per Steve Yegge’s famous platform rant) demanded that Amazon approach its datacenter. With both Amazon and Heroku, the emphasis is on isolating functionality into discrete units, and then publishing interfaces that are the only access to those units so that peers on the platform can talk to each other and hand off tasks.

上記のリンク先に対して何かを追加するなら、こうしたコンテナとアプリケーションの組み合わせが、本質的なサービスを処理することである。それにより、すべてのアプリケーション(ユーザーから可視/不可視)が対等者として会話し、システム全体を実行するための、基本的な機能を活用していく。 したがって、きわめて大まかな表現であるが、これらのクラウド・アプリケーションは、Unix Deamon あるいは Windows Services のようなものになる。 この記事を書くに際して、私は Heroku のアプローチに注目した。 そこでは、異なる所有者と発行されたインターフェイスを用いた、「アプリケーション」のコレクションとしてのプラットフォームが存在している。そして更に、Bezos(per Steve Yegge’s famous platform rant)が要求した、Amazon におけるデータセンターへのアプローチも興味深い。Amazon と Heroku の両者により、多様な機能を個々のユニットへと分解し、それらのユニットだけにアクセスするインターフェイスを発行し、そのプラットフォーム上の対等者が会話し、タスクを受け渡すという、このアプローチが重視されるようになった。

At any rate, this is a trend that actually deserves book-length treatment, because it’s going to play out in a second, post-virtualization wave of cloud innovation that will give us a datacenter and an IT department that are very different from what we have now. Right now, virtualization has given us a state of cloud evolution that’s sort of like when land animals learned to swim and started hanging out in the water a lot; the next step is that the legs turn into fins, and when that happens the OS and VM will disappear.

いずれにしても、このトレンドは、本一冊に値する内容である。なぜなら、クラウド・イノベーションにおけるポスト仮想化の波として、それは直ぐにやって来るからだ。それにより、データセンターと IT 部門という概念は、大きく変化していくだろう。 まさに、いま、仮想化はクラウドの進化におけるステートを与えているが、その様子といえば、陸生動物が泳ぐことを学び水中に遊びはじめた時に似ている。その次のステップで、アシがヒレに変化する時、OS と VM は消滅するだろう。

ーーーーー

TAG indexとても過激なタイトルと挿絵ですが、その内容というと、過去/現在/未来をシッカリと見据えた論理が展開されているように思えます。これまで、[ VMware は知っている – クラウドでは仮想化が不要になることを ]や、[ VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる ]を読んでも、消化しきれない何かを感じていたのですが、これを訳してみてスッキリしました。 それと、この WIRED Cloudline というメディアにも注目ですね。 それにしても、著者である Jon Stokes さんは、クジラになりたいのでしょうかね :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NIST の Cloud Architecture 序文
NIST による SaaS/PaaS/IaaS の最新定義 – Jan 2011
ハイパーバイザーの肥大化を懸念する NIST
仮想マシン・イメージの取り扱いは慎重にという、NIST からのメッセージ
Elastic Beanstalk とは? – Amazon CTO の Werner Vogels が語る

 

YouTube が Disney と Pixar のレンタル権を取得

Posted in .Selected, Entertainment, Google by Agile Cat on November 24, 2011

YouTube Gets Disney And Pixar Movies For Rent
Matt Rosoff | Nov. 23, 2011, 1:04 PM
http://www.businessinsider.com/youtube-gets-disney-and-pixar-movies-for-rent-2011-11

_ Business Insider


Disney and Pixar movies are now available for rent on YouTube.

DisneyPixarの映画が、YouTube 上でレンタルできるようになった。

That’s bad news for Netflix, which lost access to more than 1,000 Disney titles after failing to renew a deal with distributor Starz. A recent deal between Netflix and Disney covered only Disney-ABC TV shows.

それは、Netflix にとって BAD ニュースである。 同社は、ディストリビュータである Starz との契約更新に失敗したのに引き続き、今度は 1,000 本以上タイトルを保有する Disney へのアクセスを失った。 Netflix と Disney における最新の契約では、Disney-ABC TV Show だけがカバーされている。

The deal only includes a few movies today, like “Pirates of the Caribbean” and “Cars 2″, but Google promises that hundreds will be coming to the site shortly. YouTube will also feature “extras” from Disney like behind-the-scenes clips.

今回の YouTube における契約は、「 Pirates of the Caribbean 」や 「 Cars 2 」といった数本の映画を含むだけだが、近日中に 数 100 タイトルが同サイトに揃うと、Google は約束している。 また、YouTube は、舞台裏のクリップといった、特別なコンテンツを Disney から入手すると思われる。

The movies will be available for rent both on the Web and through the YouTube app on Google TV.

それらの映画は、YouTube App と Google TV を介して、双方を Web から提供されるだろう。

imageDisney joins other major studios like Universal, Sony, and Warner, who made about 3,000 movies available for rent earlier this year. Rentals cost between $1 and $4 and generally have to be watched within 24 or 48 hours.

今年のはじめから Disney は、Universal や、Sony、Warner といったメジャー・スタジオと提携しており、3,000 タイトル以上の映画を提供している。 一般に、この種の レンタル料金は $1 ~ $4 である、24時間 ~ 48時間以内に視聴権を返却するようになる。

Last week, the New York Times first reported that Google and Disney were teaming up to spend about $15 million making short exclusive videos for YouTube.

先週の New York Times によると、Google と Disney の提携は、YouTube 専用のショート・バージョン・ビデオを提供するための、$15 million の予算を計上しているようだ。

ーーーーー

TAG index昨日の、Samsung による Google TV の採用に引き続き、今朝は Apple と Sharp の提携が報じられています。 そして更に、YouTube から Disney と Pixar がレンタルされるという、新しいニュースが報じられているわけですが、一連のエンターテーメント市場での、Apple と Google のつばぜり合いがヒートアップしてきましたね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

アメリカ CATV 業界を襲う、深刻な顧客ばなれとは?
Netflix の業績をインフォグラフで見る
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する

 

%d bloggers like this: