Agile Cat — in the cloud

Google と Samsung が、ついに Galaxy Nexus を発表 – 日本は DOCOMO?

Posted in Asia, Google, Mobile, Samsung by Agile Cat on October 20, 2011

Google and Samsung Unveil the Galaxy Nexus
1:00 PM – October 19, 2011 – By Jane McEntegart
Source :
Tom’s Guide US
http://www.tomsguide.com/us/Galaxy-Nexus-Specs-Android-4.0-Ice-Cream-Sandwich-ICS,news-12935.html

_ toms guide

Say hello to the newest member of the Nexus family!

After months of speculation (and a delay), Google and Samsung have finally unveiled the Galaxy Nexus smartphone. The first to ever run Ice Cream Sandwich, the Galaxy Nexus boasts a 4.65-inch HD Super AMOLED display with a 1280×720 resolution; a dual-core 1.2 GHz Ti OMAP 4460 CPU; PowerVR SGX540 graphics; 1GB of RAM; either 16GB or 32GB of storage; a 5-megapixel camera capable of 1080p video and an additional 1.3-megapixel affair up front; a 1750 mAh battery; NFC; and, of course, Android 4.0. When it comes to form-factor, the phone’s screen is slightly concave, ensuring the phone is comfortable against your face when you’re talking. Similarly, the back is slightly curved to make it more comfortable to hold. Gone is the glossy black case that Nexus S users are so used to wiping finger prints off of. In its place is a textured non-slip back that should please the clumsy and the obsessive wipers alike.

何ヶ月にもおよぶ憶測(そして遅れ)の末、ついに Google と Samsung は、Galaxy Nexus スマートフォンを明らかにした。初めて Ice Cream Sandwich を搭載する Galaxy Nexus は、1280×720 pxel、4.65 inch の HD Super AMOLED ディスプレイが自慢だ。そして、Dual Core 1.2 gHz の Ti OMAP 4460 CPU と、PowerVR SGX540 グラフィックス、1GB の RAM、16GB あるいは 32GB のストレージ、1080p ビデオに対応する  5-mega pixel とカメラと、1.3-mega pixel のフロント・カメラ、1750 mAh のバッテリー、NFC、そして、もちろん、Android 4.0 が売りものである。そのデバイスの形状だが、通話中の快適さを考慮して、顔に沿ったかたちに湾曲している。 同様に、さらなる快適さを求めて、その背面もカーブしている。 Nexus S ユーザーに、いつも指紋を拭きとらせる、その筐体からは光沢が取り去られている。 その場所には、格好の悪い拭き取り動作をなくしてくれる、ざらざらした手触りの加工が施されている。

クリックで拡大 ⇒

The Galaxy Nexus features a pretty sleek and sexy design, measuring in at 0.352-inches thick. However, no matter how attractive the design, the defining feature is the OS — The Galaxy Nexus is the first ever smartphone to run Google’s Ice Cream Sandwich, also known as Android 4.0. With 4.0 come a lot of UI changes for Android. Google has adopted a completely new font (called Roboto) and changed a number of core features of the interface, such as widgets, the unlock screen, the app library (you now scroll from side to side in your app library, as opposed to that up and down rolling feature from older versions), notifications and homescreen.

Galaxy Nexus の厚みは 0.352 inch であり、スラリとしたセクシーなデザインを特徴となる。 しかし、如何にデザインが魅力的だとしても、その決定的な特徴は OS である。 Galaxy Nexus は、Android 4.0 として認識される、Google の Ice Cream Sandwich を初めて搭載するスマートフォンである。 この 4.0 により、Android の UI は、大きくの変化している。 Google は、完全に新しいフォント(Roboto)を適用し、また、インターフェイスのコアにおいても、数多くの機能を変更した。 たとえば、ウィジェット/アンロックス・クリーン/アプリケーション・ライブラリ(これまでの上下へのスクロールから、サイド・スクロールに変更)、ノーティフィケーション、ホームスクリーンなどが、変更点として挙げられる。

One of the most talked about features of Android 4.0 is the facial-recognition unlocking, which allows you to skip the passcode or pattern password route and instead opt for a system that will only unlock yourphone when you’re looking at it. Though the demo of the feature failed during Google’s presentation (the curse of live demos), it’s said to be very responsive by those who got hands-on time with it. There’s also an improved camera app, which now includes the ability to edit your photos right on your phone or take panoramas.

そして、Android 4.0 の最大の特徴として、顔認識によるアン・ロッキング機能がある。つまり、あなたの顔のみを認識し、これまでのパスコードやパスワードによる手続きをスキップし、あなたが Galaxy Nexus と向き合ったときにだけ、ロックが解除されるようになる。Google のプレゼンテーションでは、この機能のデモが失敗したが(Live Demo の呪い)、ハンズオンのチャンスを得た人の話によると、その応答性は機敏だという。さらに、カメラ・アプリケーションも改善されており、このフォン上での編集や、パノラマの作成などが可能になる。

Neither Google nor Samsung were able to give anything more than a vague ‘November’ when it came to a release date for the Galaxy Nexus, nor were they able to reveal carriers for any country but Japan (NTT DoCoMo, in case you were wondering). However, we do know that it will be sold through Verizon Wireless here in the United States.

Google も Samsung も、Galaxy Nexus のリリース日については、「November」という以外には、何も語らなかった。また、あらゆる国のキャリアにも、日本を除いて見せることができないとのことだ(NTT DoCoMo)。 とは言え、United States では Verizon Wireless を介して販売されることを、私たちは知っている。

ーーーーー

TAG indexこの Youtube の動画を見ると、ケータイと言えども、すさまじいレベルにまで、そのスペックが昇りつめている状況が、とても良く分かります。 それと、文中にある、顔認証のロック解除なんて、ほんとうにステキだと思います。 おそらく、この Samsung Galaxy Nexus と、来年こそ販売が開始されるという iPhone の間で、チャンピオン決定戦が行われるのでは、、、と思ってしまいますよね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

アメリカでは 2015年までに、モバイルが PC を追い抜く – IDC 予測
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
2016 年まで、モバイル通信コストは急上昇していく
iPhone 4S が Android 勢に圧勝というベンチマーク結果
Galaxy S II vs. iPhone 4S – マヂ 落下テスト 痛っ!
Samsung Galaxy S III の情報がリーク? – 2.0 GHz Quad-Core らしい

 

これまでの Little Data のように、Big Data も価値を作り出すのか?

Posted in .Selected, Big Data by Agile Cat on October 20, 2011

Will Big Data Create As Much Prosperity As Little Data?
by Jon Bruner :9/26/2011
http://www.forbes.com/sites/jonbruner/2011/09/26/will-big-data-create-as-much-prosperity-as-little-data/

image

 

I spent three days at the O’Reilly Strata conference on big data last week, and came away impressed by what I saw: visualizations, new ways of understanding human patterns, new kinds of business intelligence. It was the most optimistic gathering that I’ve visited in a long time: while the country as a whole confronts a dim economic outlook, the mood within this industry is strikingly positive: it’s one of the very hottest parts of the tech sector right now, and lots of presentations ended with “we’re hiring” slides.

先週のことだが、Big Data を対象とする O’Reilly の Strata カンファレンスで、3日ほど過ごしてきた。そこで聞いた、視覚化/人間のパターンを理解する新しい方式/新類のビジネス・インテリジェンスに関する話から、私は大いに感銘を受けた。 私が長い時間を費やしたのは、最も楽天的な集会であった。アメリカ全体が、暗い景気の見通しに直面する一方で、この業界におけるムードは、ものすごくポジティブである。それは、ハイテク領域の今における、最もホットなパートの 1つであり、大半のプレゼンテーションのスライドが、「人材を求む」という言葉で終わっていたほどである。

The big data revolution, which allows anyone to capture and analyze quantities of data that were too large to handle just a few years ago, stands to have a big impact on the business world, where the emphasis seems to be on big data’s role in guiding operations from an executive level. Decisions will be made with better foresight, trends will be better predicted and day-to-day operations will be better understood. I’m certain that all of this will result in better-run companies and greater profit at the institutional level.

Big Data 革命 とは、ほんの数年前まで、処理するには余りにも大きすぎたデータを、誰もがキャプチャ/分析できるようにするものだ。そして、経営者レベルでの運用を方向付け、また、Big Data の役割を強調することで、ビジネスの世界に大きな影響を与える立場にあるように思える。 つまり、さらに洞察力に富んだ判断がもたらされ、また、傾向が正確に予測され、日常業務の理解が促進されるであろう。それら全てが、組織的なレベルで適切に運営される企業に、さらに大きい利益をもたらすと、私は確信する。

clip_image001The previous data revolution–the 1990s adoption of the personal computer that we might in retrospect call “little data”–dramatically improved both worker productivity and corporate profitability by acting on every level of business from executives down to individual workers. Put a PC on your billing clerk’s desk, and he can suddenly handle twice the work he had done before. That combination of productivity and profitability led to an unprecedented improvement in household wealth across most strata of the American workforce.

前回のデータ革命は、1990年代にパーソナル・コンピュータに適用されたものであり、Little Data という名で振り返るべきものなのかもしれないそれは、経営者のレベルから、個々の労働者に働きかけることで、労働者の生産性と企業の収益性を、劇的に改善するものとなった。 あなたの伝票処理デスクに PC を置きなさい。 そうすれば、彼らは突然に、以前の 2倍の効率で働き出すかもしれない、というふうに。生産性と収益性のその組み合わせは、アメリカの労働者が構成する階層を貫いて、あらゆる家庭の富を、前例がないほど改善した。

But if big data happens at the executive and managerial levels, can it have the same positive impact on American prosperity? Sure, profits will grow as management improves. And better-managed workers, whose attention is directed to the right initiatives by cutting-edge analytics and decision-making software, will undoubtedly be more productive.

しかし、Big Data が、経営者や管理者のレベルで発生する場合に、前回のように、アメリカ経済の繁栄に対して、好影響をもたらすことが可能なのか? その答えは、『もちろん』となる。 なぜなら、マネージメントが改善されるにつれて、利益が増大するからだ。 そして、最先端の分析/意志決定ソフトウェアにより、正しい方向性へと組織をを導く、良く管理されたナレッジ・ワーカーたちが、さらなる生産性を確実にもたらすだろう。

We already see big data in plenty of consumer products–Google, as Tim O’Reilly pointed out at the conference, is a big data product, as are other new services from Foursquare’s recommendation engine to LinkedIn’s “people you may know.” But what will the impact of big data be on individual workers? Will it complement labor at every level of the business world like PCs did in the 1990s? The American economy could use a stimulative shot from the tech industry in the form of new technology that helps businesses provide value to their customers–and helps workers provide value to their employers. I imagine that big data could play a role in that sort of reform–but what will that role look like?

このカンファレンスで、Tim O’Reilly が指摘したように、Google に代表されるコンシューマ・プロダクトにおいて、私たちは多様な Big Data を、すでに目にしている。それは、Foursquare の推薦エンジンから、LinkedIn の「“people you may know」へと至る、各種の新サービスにおいても、同じことである。しかし、この Big Data は、個々の労働者たちに、何をもたらすのだろうか? 1990年代に PC が実現したように、ビッグジネスの世界の全レベルにおいて、労働を補完することになるのだろうか? アメリカ経済は、新技術という形態において、ハイテク産業からの刺激的な一撃を活用できるだろう。それにより、企業がから顧客に提供される価値を高め、また、ナレッジ・ワーカーから労働者に提供される、情報の価値が高められていく。 私が想像するには、Big Data は改革者の役割を果たすことになると思うが、その役割自体は、どのように見えるものになるのだろう?

Jon Bruner’s Popular Posts

I’m deputy editor for new products at Forbes, where I develop new editorial concepts for the Web and magazine and explore questions that interest me by writing and programming. I graduated from the University of Chicago in 2006 with degrees in mathematics and economics.  Follow me on Twitter: @JonBruner

ーーーーー

TAG indexなるほど、これまでは Little Data ですか :) とても分かりやすく、また、過激な分類ですが、Forbes という一般誌の見出しであることに、少々 驚いてしまいます。そして、Big Data に対する理解が徐々に広まり、すでに経営者層にも届き始めているのだと、この記事を読んでいて感じました。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドで Big Data をハンドリングする 6 社の事例
Big Data を探せ! アメリカの 5つの具体的な事例とは?
Google の 3つの世代を振り返る – Batch, Warehouse, Instant
OpenFlow と Big Data の 深い関係について
Microsoft が発表した、OSS ベースのクラウド・サービスとは?

 

%d bloggers like this: